恋愛・結婚・離婚

好き嫌いが多いから結婚できない

レス467
お気に入り1,208

大嫌い大好き

男女

私には同い年(30歳)の交際相手がいます。
一年付き合い、お互いに結婚を考えるようになった会話が増えてきたのですが、先日「結婚を考えたら、君とは無理だと思うので別れよう」と話をされました、
理由は私の偏食です。
私は昔から偏食で、母も同じでした。
なので、食べられるものが限られます。
肉はダメ、野菜は数種類、果物も数種類、魚も白身の焼き魚くらいです。その代わりご飯や牛乳は大好きでケーキも毎日食べています。栄養はサプリメントを活用しています。これは母がそれしか食卓に出さなかったのでいつのまにかそうなっていました。
でも今まで健康診断でも家族全員正常です。
ただ、彼には私から交際を申し込んだ際、偏食のことてで一回断られており、偏食を直すことを約束して付き合い始めたのですが、何度頑張っても気持ち悪くて食べられずじまいでした。

確かに彼の言うこともわかるのですが、でも彼も私の大好きな蕎麦を食べられないので、私も旅行などで蕎麦所に行っても食べられないことが何度もあったことや、私も無理に食べようとすると気持ち悪くなるので、お互い様だと思っています。

偏食だからといって結婚を躊躇する理由が私にはわかりません。
両親も母の偏食(私よりひどい)を知って結婚して子供も元気に育っているんですから。

彼を説得したいのですが、アドバイスお願いします。

参考までに彼は蕎麦以外なら日本で一般的に食べられているものなら、好んで食べないものはあっても食べられないものは基本ないので、私の苦労がわからないのだと思います。

ユーザーID:0783372073

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数467

投稿する
このトピックはもうすぐ投稿受け付けを終了します
  • 約束が守れなかったから

    説得もなにも、約束を守れなかったのはトピ主さんだから別れるのが筋ですよ。

    食は大切なことです、毎日の食の好みがや習慣が合わないのは厳しい。自分が嫌いな食材も家族のために料理してあげますか?味見できますか?
    なんとなくトピ主さんには無理な気がする。

    ユーザーID:1531244207

  • まぁ条件を反故にした訳だしね。

    直すって条件で付き合ったのに、
    直してないんだらか当たり前では?

    彼からしたら、なぜ逆ギレされなくてはならないのか。
    全くもって意味不明です。

    最初から条件なしで付き合ってくれる人にしておけば良いじゃないですか。
    自分で選んだ挙句にできなかったので、
    責任を彼になすりつけようとしてる。

    偏食よりそっちの方が大問題だと思います。
    自己弁護と自分の間違いの正当化が大好きなんですね。
    これで人に好きになってもらおうというのは、傲慢では?

    都合の良いように解釈するのは自由ですけど、
    周りに言えば反感を買います。
    このトピで学習したら良いですけど、
    しないなら相手にされない人生ですよ。

    人の人生に他人が絶対的に必要なことは無いんです。
    だから皆家族を作る時は信用できる人と作ります。
    直さないと誰からも必要とされません。

    皆んな暇じゃないですから。
    彼の貴重な時間を騙して付き合わせた事は、
    謝罪した方が良いですよ。
    言い訳したところでどうにもなりませんし、
    彼の中で最悪な女だった。で終わるのは避けるよう頑張ったらどうですか。

    ユーザーID:8072585597

  • 偏食はどうでもいいけど、「嫌なものは嫌」

    もう偏食は論じない。
    それはどうでもいい。
    彼に、トピ主の偏食を受容する義務などないのだから。
    嫌なものは嫌、でいいのだから。

    結婚は、数多の異性からたった一人しか選べないし、そうそうやり直しも利かない。
    だから、みんな「理想の相手」を探す。
    そこで「理想の条件」「受け入れられない条件」が出てくる。
    そこには偏見もある。

    背が高すぎるから嫌。
    丸顔だから嫌。
    血液型が…型だから嫌。
    …何でもあり。
    そこに「偏食だから嫌」があっても、何もおかしくない。

    ユーザーID:8388329342

  • 価値観の違い

    彼とは価値観が違うから仕方ないんじゃない?

    食べることを楽しみたい彼と、食べることに関心のないあなた。
    今後一緒に暮らしてもお互い楽しくないと思うし上手くいかないと
    思います。

    栄養補給はサプリでいいよ!!と言ってくれる人と出会えると良いですね。

    ユーザーID:0314558088

  • だから他人にも強要しないでねって話

    >好き嫌いで私がこんなに批判される意味がわかりません。

    好き嫌いそのものではなく、自分の好き嫌いを認めることを要求するくせに他人の好き嫌いを認めようとしない態度が批判されているのです。
    ついでに言うなら、付き合い始めにした約束を破ったことにも悪びれないいい加減で、自分に甘く他人に厳しい人間性も批判の対象だと思います。

    好き嫌いだけについていえば、お父様のように好き嫌いを受け入れてくれる人を探せばいいことですよ。
    彼に自分を受け入れることを強要しなければいいだけで。

    がんばってね。

    ユーザーID:9001218823

  • アレルギー 

    アレルギーしってますか??
    私卵アレルギーです。赤ちゃんの時母が離乳食にとタマゴ粥食べさせたら全身痒くなって無茶苦茶引っ掻きまくって、目もかなり腫れて挙句に鼻血出したそうです。病院に連れてったら卵アレルギーの診断。アナフィラキシーショックを起こす可能性もあるので、卵は一切取らない断食療法を勧められたそうです。年齢が上がれば過敏に反応する可能性が低くなるので、その時に少しずつ摂取していきましょうとのこと。なので給食は一切卵なし。ケーキもオムライスも目玉焼きもだめ。ツナギで卵使う料理も(コロッケとか)母が卵なしのを作ってくれてました。

    大人になった今はマヨネーズとか卵料理何でも食べられます。でも3日以上連続して食べると湿疹出るので(体調悪い時は鼻血もセット)卵今でもあまり好きじゃないです。好きじゃないからあんまり食べないし冷蔵庫にも実際卵ないとき多いです。予防接種のワクチンって卵蛋白が混入してるので、もうだいぶと受けてないです。風邪ひかないように気をつけたり、卵連続で食べないよう考えてます。自分の体のサイン見落とさないように向き合ってるのわかってもらえますか?

    でもね、これあなたの偏食とは別でしょ?あなたは食べれるのにあえて食べない道を自分の意思で選んでる。いつでも変えようと思えば変えられた。元彼はそれを期待してたし、実際交際条件にも入れた。もちろんすぐには治らないだろうと覚悟しての1年でしょ?でも偏食のまま。めちゃくちゃ解りやすい別れじゃない?

    実際問題さ、元彼と一緒にデートで外食する機会あったでしょ?何食べるの?行けるレストランなんてあるの?むしろ貴女に1年間付き合った元彼かなり心広いと思うよ。

    ユーザーID:1582721107

  • なぜ、結婚だとNGだったか

    まず、アレルギーと好き嫌いは違います。アレルギーは命にかかわりますからね。
    呼吸が苦しくなって、死んじゃうんです。全身蕁麻疹が出て、あるいは脱水症状を起こすほど急激な下痢や嘔吐で苦しむんです。
    あなたが苦手なものの中にも、あるいは、あなたにとってアレルゲンになるものがあるかもしれませんが、単なる好き嫌いなのか一度調べてもらったらいいんじゃないですか?
    アレルギー科に行って、あなたが食べた後で吐いたときに食べたものを告げれば、数種類は一度に検査できます。

    それと、結婚して、子供(あなた)は元気に育っているかもしれませんが、彼は偏食の連鎖が起こるような食卓は、望んでいないのですよ。

    例えば、私の友人はネギが嫌いでした。でも、ネギの入っていないラーメンは物足らない。風味は好きなんですね。で、自分の嫌いな食材であっても、家族のためにそれらを調理することは厭いませんでした。たとえ自分が嫌いであってもね。
    逆にアレルギーだと、触れるだけでダメ、というほど重症の場合もあります。その場合は、調理もできませんし、おそらく洗浄が甘いと症状が出るので調理器具も分けなければいけない。

    あなたは、幼児期・学童期の遠足のお弁当とか、給食とか、どうしていたのですか?
    数種類の野菜と白身魚で、毎日同じような食卓でしたか?あなたのお母さんはわかりますが、お父さんは?

    ユーザーID:3145315200

  • どんな答えを求めてるの?

    あなたは偏食。治そうとしたけれどダメだった。
    彼は食べることが好きなんでしょうね。いろんな料理を楽しみたい人。

    良い悪いの観点からではなく、合うか合わないかという話しです。
    あなたが偏食である以上、結婚したら食卓に並ぶものは限られた食材。
    自分が食べたくないものを料理するのは、あなたも苦痛だと思います。
    結果、結婚したら、バラエティに富んだ食材を美味しくいただく日常は無い。
    彼には、それが苦痛だし、生まれてくるかもしれない子どもにも、あなたのお母様がしたように
    限られたものしか与えないことで偏食が連鎖する。たかが、偏食とあなたは思うのでしょう。
    でも、食を大切に考えて、バランスよく色々食べることが幸せだと思う人もいるのです。

    食に対する考え方が違うのです。足りない栄養素はサプリメントで補えばいいんだ・・という
    あなたの考えに共感できないから結婚しないという結論が出た。

    彼の人生は、彼が決めます。あなたと家族になれないという結論は受け入れるしか無いでしょ。
    あなたの食生活を受け入れる人との出会いを探しましょう。彼は、あなたの偏食に付き合わされたくない。
    まっぴらだと。彼の描く家庭像とあなたの家庭像は、違いすぎたのですよ。

    ユーザーID:1275030501

  • 次いこう!

    トピ主さんの投稿とレスのみ読みました。

    食事って毎日三回、毎日毎日のことだから感覚が違う者どうし結婚するとお互いに辛くなりそうです。

    結婚相手を選ぶ時、嫌な物や許せないものが共通してるかに目をむけてください。

    あっさり次行こう!

    ユーザーID:5792140040

  • 相性が悪いだけ

    彼氏さんは、自分の食べたいものが食卓に出ない事が嫌なだけ。

    貴女と同じ食生活をしてる彼氏を見つけてください。
    今の彼氏さんとは合いません。
    それを我侭とか言いません。

    ユーザーID:3660144952

  • 食はね

    本当に大事。
    アレルギーと、食べようとしても嘔吐してしまうことはやはり同列には考えられないかなぁと思います。
    アレルギーって一歩間違えると死にいたることもあります。
    それくらいの知識ありますよね?
    食べようとしても食べられないのも確かに可哀想ではありますけどね。
    うちの子もどうしてもダメだと吐いちゃいますからね。
    なので、なんとなくはわかります。

    結局、小さい頃から偏食で育てられて、負の連鎖が繰り返されてしまってるのはやはり結婚する上では憂慮するんでしょう。
    まぁからも独特のこだわりもあるようですが、偏食には比べようがありません。
    それぐらい重いことと考えてください。

    それと、やはりトピ主さんにそこまでの魅力がないんですね。
    彼自身、自分のこだわりが強いことに自覚がないことも考えられそうなので、余計にトピ主さんの偏食はダメなんでしょう。
    それでも、偏食が世間ではトピ主さんがどう思おうと、これだけマイナスの評価があるということは認めないとね。

    そういう意味ではお別れして正解かもしれません。
    こだわりの強い人でその自覚もなく、他人に強要してしまうタイプは結婚には向きません。
    そういう意味ではお互い様ですね。

    トピ主さんの偏食を認めてくれるステキなパートナーが見つかるといいですね。
    食に興味のない人もいますからね。

    ユーザーID:7004303453

  • 物事には許容範囲がある

    トピ主さんの食べられない物の多くは食べ慣れていない「食べず嫌い」でしょう。
    母親が自分の嫌いな物を料理しない食卓にのせないのは聞きます。
    トピ主宅は極端過ぎて異常なのですよ。
    結婚すれば食事のことは毎日直面することで、あまりにかけ離れていては苦痛になる人は多いでしょう。
    トピ主さんは実父のように、偏食を容認してくれる人を探せばいいでしょう。
    価値観が合わないから結婚は無理と言った彼を非難するのは間違っています。

    ユーザーID:6733859471

  • 彼が狭いとかそういう問題じゃない

    偏食でもあなたの母は父から選ばれた。
    でもあなたはそうじゃない、彼もそうしない。

    偏食でも、それを超越する魅力があれば彼は躊躇しなかったでしょう。
    偏食含め、あなたという女性と1年交際して出た結果です。

    >別れたがっている彼に説得と称して無理やり結婚を迫ろうとする、その姿勢が受け入れ難いのです

    そのとおり、説得してまで結婚はするものじゃないですよ。

    あなたの文章を読んでいて感じたことですが、考え方も偏っていると感じました。
    彼の好き嫌いのくだりでは、理論破たんしていますよ。
    彼のこだわりを許すことと、超偏食をいっしょくたにすること自体不思議です。

    ユーザーID:0843062531

  • 食が合わないって無理なのよ

    だから彼も一度はお断りしたのよ。
    主さんが変わるって言うから信じて付き合ったけど、変われなかったしこれ以上無理強いもすまい、と別れを切り出したのです。

    彼はもう主さんに期待してないし、変わることも強要しません。
    だから、主さんも彼に自分の価値観を押し付けるのは止めましょう。
    お互い無理したって、続きませんから。幸せにはなれませんから。

    食は生活の基本。主さんも彼も、譲れないし、変わる気もない。
    誰に何を説得するのか?
    もう、別れるしかないんですよ。

    主さんの食生活がどうとかは、コメントしません。私には関係ないので。
    でも、言ってしまえば、私でもお断りするとは思いますね。受け入れてくれる人を探すしかないんじゃないですか。彼にはその気はないのがハッキリしたので。

    ユーザーID:7712411871

  • アドバイスはありません

    まあ、トピ主さんもかわいそうだと思います。
    育ってきた環境が、そうなのでは…

    でも、これだけたくさんのレスをもらって、偏食が酷いのは普通ではないことと、偏食を補うのがサプリでは良くない事が、いい加減に理解できたでしょう?

    自分の家庭が普通ではないんだと、目を覚ました方が良いですよ。

    それに、ご飯と牛乳が毎日は良いとしても、ケーキが毎日なんて…食生活が悪すぎます。

    約束を破った以上、その彼とはもう無理でしょう。でも、この先の事を考えて、少しは食生活を変えていかないと、お相手を探すのは間違いなく困難ですよ。

    ユーザーID:4715787153

  • あと何十年後のあなたの健康が危うい

     彼と付き合う事で偏食が改善されれば良かったのに 

    せっかくのチャンスを逃したのですね。

    食べ物で性格も変わったり、病気も改善するって言われてるぐらい、

    食べ物って大切なんですよ。

    偏食を直そうとしないって まるで子ども。

    >その代わりご飯や牛乳は大好きでケーキも毎日食べています。栄養はサプリメントを活用しています。

    自ら病気になろうとしているのですか?!

    母親も偏食のままで元気だから 余計なお世話って思ってるの?

    偏食のひどい母親のDNAを引き継いでいるから、

    あなたは確実に 母親よりは丈夫な体ではない と思います。

    数年後、体に異変が生じるかも・・・。

    更年期が早い、いつもだるくてイライラしてる、集中力がない、キレやすい性格など。

    (まるで昔のアメリカ人の食事です。

    近年アメリカ人の癌が減ってきたのは 日本食を取り入れたり食生活を直したからです。)

    アレルギーのある子が間違えて食べて亡くなったニュース 知らないの?

     彼が蕎麦を食べられないのは 死に直結するからであって好き嫌いではないです。

     (彼もアレルギーがなければ蕎麦を食べていたでしょう。)
     
    結婚うんぬんの前に 自分の体の事を考えましょう。

    食べられるものが増えたら頑固な性格もなおるかも。
     

    ユーザーID:4973251591

  • 彼の心は狭くない。

    トピレス読みました。
    「彼の心が狭くて振られるのは最悪しかたがないとして、好き嫌いで私がこんなに批判される意味がわかりません。」
    と彼だけの価値観だと思っているようですが、皆さんにこれだけ批判されているのはみんな同じ価値観だと思いますよ。
    彼と別れてもまた、別の彼とも同じ問題で揉めてしまうと思います。
    結婚とは生活です。それ程、衣食住がとても大事です。
    食の価値観が合わないと結婚生活は上手くいきません。楽しくないのです。
    毎日、仕事から帰ってきて美味しい夕食を共に笑顔で食べることが生活をつないで行くのです。
    幸せを感じるのです。
    そして食は命も繋ぐもの、体を健康に保つ役割があります。
    あなたはお母様から栄養はサプリメントで補えば良いとしつけられて来ました。
    これは一般的ではないしとても不健康な価値観だと思います。
    今から偏食全てを治すのは難しいかもしれませんがある程度は治した方が良いです。
    貴方の人生の為に。

    ユーザーID:8950744491

  • レスします

    トピ主さんは誰かに説得されたら好きでもない男性と結婚出来るのですか?
    もし出来るのなら、なんと説得されたら結婚するのですか?

    そのような言葉があるのなら、同じ言葉を元彼にかけてみればいかがかしら。

    どんな言葉で説得されても結婚出来ないと言うのなら、
    あなたが元彼を、どんな言葉で説得しても無理でしょう。

    >確かに彼の言うこともわかるのですが
    と書いてあるけど、

    >ただ、彼には私から交際を申し込んだ際、偏食のことてで一回断られており、偏食を直すことを約束して付き合い始めたのですが、何度頑張っても気持ち悪くて食べられずじまいでした。

    なんでこの話の前あなたの家族の偏食の話が出て、「ただ…」に繋がるのでしょう?
    彼にとって結婚するのはあなたで、家族は関係ないよねえ?

    そもそも彼は「結婚を考えたら、君とは無理だと思うので別れよう」と言っています。
    別に偏食が原因で結婚出来ないとは言ってないですよ。
    だから偏食を直そうが「トピ主さんとの結婚が無理」なのです。

    ユーザーID:6274576118

  • 私も偏食

    私も偏食ですが、トピ主さんが食事だけじゃなく考え方自体が極端すぎてびっくりです。

    食事の話ではなく、一般的なものと置き換えてみてください。
    好きなものを楽しめず、嫌いなことが続く日々。
    それが結婚を通して一生続くのであれば、価値観の相違として相手のことが好きでも成立しません。理解できないなら社会を知らず子供ってことです。

    食事、子どもの教育、お金、この3つの価値観の相違は、お互いが好きでも結婚へ至らない、生活が困難になる定番です。

    トピ主さん、食事だけじゃなく、価値観の押しつけも、偏っています。普通の人は、若さでトピ主と付き合えても、結局のところ最後は受け入れられないと思います。普通の感覚じゃない人で、似た価値観の人を探すべきです。

    ユーザーID:3637091961

  • 彼のことは諦めてください

    別に貴女の偏食自体は悪いことではないと思います。
    ただ、それを誰かに強いるのは悪いことだと思います。

    彼が貴女の食生活に合わせるとすると、食事に著しく制限がかかるわけでしょ。
    そりゃ普通に何でも食べられる人からすれば苦痛ですよ。
    逆に貴女が彼の食生活のスタイルに合わせるとすると、貴女は食べられないものを無理に食べないといけなくなる。
    これもまた苦痛ですよね。

    つまり、貴女と彼の結婚は、人間の生活の中でも特に重要な「食生活」に苦痛しか生まないんですよ。
    少なくとも彼には貴女の偏食に合わせる意思はないし、かといって偏食に合わせさせようと強制する権利は誰にもありません。

    つまり、貴女は彼のことを諦め、貴女の偏食を受け入れてくれる新しい男性を探すしかないんです。

    ユーザーID:8123087851

  • 好き嫌いが批難のメインでは無い

    多くの皆さんが主の事を非難しているけど、主の好き嫌い、偏食を責めて
    いる訳では無い。

     偏食を直すことを約束して付き合い始めた

    のに、断られた事を蔑ろにし、自分の偏食を正当化している。

    彼は「偏食の女性」とは付き合えないとはっきり言っているのに、直すと
    (結果的に)嘘を付いて、その上別れを切り出した彼を批難する好ましくない
    性格と問題をすり替えている強かさが、レスをくれた皆さんが不快だと思い
    主を非難している訳なので、主はまず自分に都合の良い思考回路と約束を
    守らない傲慢さを直した方がよろしいかと。

    まあ、誰にも好き嫌いは有ると理解しているようなので(元)彼の好き嫌いも
    認めて、彼とは関わらない様に。

    でも、正直面倒臭い思考回路の人だなぁ・・・・主は。

    このトピを見て、主に賛同し主の事を好きなってくれる男性がいるだろうか?
    失礼な発言だとは思うけどね。

    でも、人には好き嫌いが有るからわからんね。

    ユーザーID:0166952445

  • 男女 逆の場合

    おつきあいしている彼が好き嫌いが多いです。正直困ります。
    レストランに入って食べれるものを食べるからいいよと言われても 彼の好きなものがある店を選びます、自分が食べたいものがなくても。
    毎回同じようなものを食べます。彼はそれでいいようです。私はいろいろ食べたいけど。
    結婚したら何を作ったらいいんでしょう。悩みどころです、お母様は毎日何をこの人に食べさせているのか気になって仕方ありません。
    食に興味がないようです。
    ↑そんな人もいるので、見つけてください。

    残念ながら この彼氏はたぶん私と結婚しますが、他にもいると思います。

    人を変えることはできないので、自分が変わるしかないですよね。
    あなたが食べられなくても 作ってあげられますか?

    友人の奥様はお肉が食べられないそうです。なので、「お肉料理は最悪だよ」と言います。でも惚れた弱みなのでしょう、お肉はお店で食べるもの!だそうです。
    あとは 彼があなたにどれだけ惚れてくれるか! 

    あなた次第ですよ

    ユーザーID:2423936221

  • 好き嫌いが多いから振られたのではなく

    約束を守らなかったから、克服しようとする努力が見られなかったから愛想をつかされたんですよ。

    二言目には「だって〜」っていつも言っていたんでしょうね。

    >紺の服は嫌だとか、スリムなズボンは嫌だとか、スーツはシングルがいいとか、私物はなるべく赤がはいってるのものを選ぶとか、フライパンは鉄に限るとか、包丁は砥石で研ぐものとか

    これは次元の違う話です。

    アレルギーは命に関わるものです。彼は間違ってもトピ主さんと結婚しないでよかったです。そば粉の入ったものでも平気でだしそうだものね。

    ユーザーID:1115421135

  • 偏食だけなら批判しないが

    別れたがっている彼に説得と称して無理やり結婚を迫ろうとする、その姿勢が受け入れ難いのです。

    「偏食を批判するな」じゃなく「私の偏食を嫌がる気持ちがわからない。嫌がらずに私を妻にするべき」でしょ、トピ主さんの元々の論旨は。

    彼にだって結婚相手を選ぶ権利があるんです。
    無理強いはいけませんよ、トピ主さん。

    ユーザーID:1685733846

  • 相手に「がまんさせる」関係は続かない。

    トピ主さんの願いは彼にトピ主さんの偏食を「トピ主さんのために彼が一生がまんし続けてほしい」なのです。

    そういう関係は不幸でしかなく、長く続くわけがありません。

    ご両親がうまくいってるのは、お父さんが偏食にがまんし続けることになってもお母さんと一緒にいたかった、または、元々食べることに関心が薄く食事は栄養補給でしかないと考えている人だったから、なのでしょう。

    彼はそのどちらでもなく、きつい言い方になりますが、がまんし続けるほどトピ主のことを好きになれず、毎日の食事は生きるための活力・楽しみと感じる人だった。

    美味しいごはんを妻や子どもと楽しみながら生活するのが、彼の希望なのでしょう。

    お二人は生き方が合わない「ご縁がなかった」人たちなのです。

    極端な偏食を治せないなら、お父さんのような人と出会うしかないと思います。

    ユーザーID:0426562119

  • あなたに分かる日はやってこない

    アレルギーと好き嫌いの違いが分からない人には、彼の気持ちはわからない。
    そして、彼の気持ちも戻らない。(もともとなかったともいうのか・・・?)

    ユーザーID:8040802158

  • 好き嫌い

    誰にでも好き嫌い、こだわり等ありますよ。
    それが共通してる所と違う所が、誰とでもあります。

    好き嫌いやこだわりがあるのは自然な事だし、
    それを誰も誰にもとがめる事も、とがめられる事も無いと思います。

    なら、お付き合いしていたい異性に限らず、友人、知人とどうしたらお付き合いしていけると思いますか?

    自分の意見や考えも相手の意見や考えも、お互いに大切にする事だと思います。
    我慢するとか、譲るばかりでは無く。

    歩み寄る様に、彼と一緒にいたいなら何か自分が出来る事はしましたか?
    料理なら彼も満足する物と、自分の食べられる物を作るとか。

    食べられない物を食べる必要は無いと思います。
    でも開き直って何もしないとか、外食でも彼の行きたい店に行けない時に、「いつもごめんね。ありがとう」とか、思いやりの言葉も無いとかでは無いですか?

    私なら好き嫌いで2人の行動に制限がある事より、思いやりの無い行動で嫌になると思います。

    私にも好き嫌いはあるし、こだわりもあります。
    だから、トピ主さんの気持ちわかります。
    嫌な物は嫌だし、こだわりたい所はこだわりたい。

    でも、自分の好き嫌い、こだわりが関わる人との関係に及ぶなら、一緒にいたい人達との関係に影響があるなら、譲れる範囲は譲ったり、感謝の気持ちは言葉にします。
    思いやりの行動や言葉にします。

    私も許されてるから、他人の好き嫌い、こだわりも許しますよ。 だけど我慢はしません。
    相手にも我慢はさせたく無いです。
    自分の好きな人達に、自分の好き嫌い、こだわりで我慢させたく無いです。

    許すのは、我慢とは違います。許すは、それでも良い。という事。

    好き嫌いがある、こだわりがある。のは誰でも一緒。
    だから開き直っていたら、ただのワガママだし思いやりも無いと思います。
    開き直ってませんか?

    ユーザーID:4126656609

  • 結婚は「生活」だからです

    無理ですよ。
    あなたと結婚なんかしたら暗い未来しか浮かばなかったというだけではないでしょうか。
    服の趣味はその人自身のものですが、偏食はその家庭そのものに影響します。

    結婚してその食生活を彼に強いるのですか?
    それとも別々のものを作って食べる?
    家族は増えても偏食のまま?

    どれも彼が思い描く形ではないというだけです。
    同じものを食べておいしいねと言える事ってとても大事だと思いますよ。
    でも世の中にはあなたのお父さんのように食にこだわらない人もいると思いますので、そういう人とお付き合いされたらいいと思います。彼の事は解放してあげてください。

    ユーザーID:7508216751

  • レス読んでわかる

    好き嫌いを肯定する奴って
    問題をすり替えて自分を肯定するのね。
    フライパンにこだわることと好き嫌いを並べることに驚きを禁じ得ない。

    ましてや蕎麦アレルギーと
    自分が嫌いな食べ物で吐くことを同列に扱うなんてもっての他。
    かたや命に関わること
    かたやただのワガママだ。

    食べ物の好き嫌いだったらまだ救いようがあった。
    好き嫌いを論点をずらしてまで肯定しようとする
    その見苦しさがトピ主の品位を下げていることに気付かなければ
    未来はない。

    ユーザーID:6365201623

  • 彼目線のレスが多いので

    トピ主さん視点での出来事を書いてみます。

    ・彼に交際をもとめたものの、偏食を理由に断られる
    ・偏食を改めるのを条件になんとか交際
    ・1年付き合い、偏食のまま
    ・お互いに結婚を考える
    ・別れを告げられる
    ・偏食を理由に結婚を躊躇するのは分からない
    ・彼のこだわりを私は許している
    ・好き嫌いは悪い事ですか?
    ・彼の心が狭くて振られるのは仕方ない

    突っ込みどころ満載なので皆さん突っ込んでおられますね。
    では私も…

    お互いに結婚を考える会話が…
    結婚を考えてたのはトピ主さんだけ。
    彼は別れを考えていたのでしょう。

    彼のこだわりを許しているって…
    許して欲しいのはその人と関係を続けたい人が言うセリフ。
    そもそも彼は許して欲しいとは思っていないでしょう。
    あなたと別れたがっているのだし。

    好き嫌いが悪い事だ!なんて言ってますか?
    彼は最初からイヤだって言っているのに、あなたが改めなかったのでしょ?
    で、好き嫌いは誰でもあるとか、仕方ないとか言われても理由になっていない。
    会話が成り立っていない、論点をずらしてごまかして自分を正当化している。

    振られるのは彼の心が狭いから…
    自分の行動には非がないと?
    彼に責任転換ですか?

    許しが必要な、偏食を認めない、心が狭い彼氏となんて別れればいいのに。
    なんで執着するのか不思議。

    本当は欲しくて欲しくてしょうがない。
    でも手に入らないと分かると、悪口。
    酸っぱいブドウ理論。
    その上、悪いのは相手、自分は悪くない。

    相手が自分の思い通りにならない時に
    ごまかして、論点をすり替えて、
    自分の気持ちを偽って、相手のせいにするのですか?

    これほどお互いの考えがすれ違っているのも珍しい…
    ほとんど一方的に絡まれてるような彼が気の毒。

    ユーザーID:6274576118

先頭へ 前へ
91120 / 467
次へ 最後尾へ
レス投稿

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧