好き嫌いが多いから結婚できない

レス467
お気に入り1,208
トピ主のみ1

大嫌い大好き

男女

私には同い年(30歳)の交際相手がいます。
一年付き合い、お互いに結婚を考えるようになった会話が増えてきたのですが、先日「結婚を考えたら、君とは無理だと思うので別れよう」と話をされました、
理由は私の偏食です。
私は昔から偏食で、母も同じでした。
なので、食べられるものが限られます。
肉はダメ、野菜は数種類、果物も数種類、魚も白身の焼き魚くらいです。その代わりご飯や牛乳は大好きでケーキも毎日食べています。栄養はサプリメントを活用しています。これは母がそれしか食卓に出さなかったのでいつのまにかそうなっていました。
でも今まで健康診断でも家族全員正常です。
ただ、彼には私から交際を申し込んだ際、偏食のことてで一回断られており、偏食を直すことを約束して付き合い始めたのですが、何度頑張っても気持ち悪くて食べられずじまいでした。

確かに彼の言うこともわかるのですが、でも彼も私の大好きな蕎麦を食べられないので、私も旅行などで蕎麦所に行っても食べられないことが何度もあったことや、私も無理に食べようとすると気持ち悪くなるので、お互い様だと思っています。

偏食だからといって結婚を躊躇する理由が私にはわかりません。
両親も母の偏食(私よりひどい)を知って結婚して子供も元気に育っているんですから。

彼を説得したいのですが、アドバイスお願いします。

参考までに彼は蕎麦以外なら日本で一般的に食べられているものなら、好んで食べないものはあっても食べられないものは基本ないので、私の苦労がわからないのだと思います。

ユーザーID:0783372073

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数467

レスする
このトピックはもうすぐ投稿受け付けを終了します
先頭へ 前へ
121150 / 467
次へ 最後尾へ
  • ほ〜

    私がフラれるのは彼の心が狭いからだ、と?
    その心の狭い彼にすがろうとしているのは誰でしょう。
    自分から振れば良いじゃん。

    まあ、トピ主さんの事をそれほど好きじゃなかったというのと
    心が狭いというのは全然違うと思うんですけどね!

    ユーザーID:2357756864

  • わたしも嫌だ

    わたしは食事に重きを置いている人間ですので、食にかんする感覚が違う人とは深く付き合えません。

    ベジタリアンの友達もいます。
    オーガニックしか買わないという友達もいます。

    でもそれは友達であって数ヶ月に1度の付き合いだから、付き合えます。

    結婚生活となると、衣食住に対する考えが根本的に異なっていては、無理です。

    子供ができたら、子育てにおける食事をどうするんだろうと、不安になります。

    百歩譲って、肉を食べなくても魚や大豆からタンパク質は摂取できますが、
    野菜も果物も数種類ずつなんて、どうかしてます。

    季節ごとにことなる野菜や果物をエンジョイするのが、人生の楽しみだと思っていますので、
    あなたとは価値観がまったくあいません。

    料亭や旅館にいっても食べられないものばかりですよね、
    そういうちょっとした贅沢も、一緒に心から満足して味わうことができないですよね。

    逆に、日本人家庭だったら、牛乳なんて別に飲まなくても生きていけます。
    毎日ケーキなんて、これからどんな体になるんでしょう?
    考えただけでも気持ち悪いです。

    サプリメントで栄養がまかなえると勘違いしていることも異常です。
    サプリメントはあくまで補助であって、食事から栄養を摂取すべきはいうまでもありません。

    ここまで外れた人では、付き合いきれません。ましてや結婚は無理ですね。

    ちなみにわたしは45歳兼業主婦です。

    ユーザーID:9032593613

  • 説得すべきは彼、でしょ?

    >フライパンは鉄に限るとか、包丁は砥石で研ぐものとか、変なこだわりや好き嫌いはたくさんありますが、それを私は許してるんですよ。

    それをそのまま彼に伝えれば良いじゃん。
    ここでトピ主さんを批判する方は、トピ主さんの彼ではないでしょう。

    まあ実際、私も偏食の方と住むのは難しいかなあ。

    ユーザーID:8496192077

  • 彼が「結婚は無理」って言ってるんだから無理なんです

    トピ主さんの偏食がひどいことと、彼の色々なこだわり。
    それについてはお互い様ですし、是非を論じる必要はないと思います。

    問題なのは、彼が「結婚は無理」と言ったこと。
    理由は「トピ主さんの偏食」ともはっきり言っている。
    「私はあなたの変なこだわりや蕎麦を食べない件は許しているのに」
    などといくら主張しても、彼の心には刺さりません。

    トピ主さんの偏食ぶりを毎日毎日目の前で見せられるのだと想像した時に
    「あ〜、ムリムリムリ!」となったのでしょう。
    付き合うのはまあ良いとして、結婚となると話は別。
    そういう相手と無理やり結婚に持ち込もうとしても上手くいかないと思います。

    偏食の女性でもぜんぜん気にしない(もしくは気にならないほど
    トピ主さんを深く愛してくれる)男性も世の中にはいるでしょうから
    そういう人を探しましょう。

    ユーザーID:5892608996

  • あなたの親がダメだったね

    アレルギーは好きなものでも食べられないのです。
    正直私はあなたのようなタイプの人とはお友達のもなりたくない。

    せめて子供のころお母さんが、いろんなものを食べさせてくれてたら少しはましだったかな
    毒親はつらいですね。

    彼氏さんを解放してあげてください

    ユーザーID:1523754832

  • 清々しいほどの駄々っ子だな

    あのね、好き嫌いが多いから結婚できないんじゃないの。
    価値観が合わないから結婚できないの。

    彼は食に重きを置いているけど、あなたはそうではない。
    その差が埋め難いものだったから、別れを告げられただけ。

    あなただって絶対に譲れない条件ってあるでしょ?
    彼がニートで働く気が皆無だったら?
    人に迷惑ばかり掛けるくらい酒癖悪いのに、お酒やめる気が無かったら?

    「そもそもそんな人好きにならない」って言うかもしれないけど、
    彼にとってはその対象が『偏食』だった。
    だから一度は断ったんじゃない。

    それを「治すから!」とゴリ押し。
    でも結果的に治せなかったし、「それでもいい」と思わせる存在にもなれなかった。
    これが全てです。

    ま、偏食は大きな理由のひとつではあるけど、決定打はトピ主さんの性格だと思いますけどね。

    彼の要望には応えず、このままの自分を受け入れろと言う自己中心的な性格。
    筋を通さず論点をすり替え、さも自分が正論を言っているかのように押付ける、
    頭の悪さと傲慢さ。
    偏食とアレルギーを同列に考える無知さ。
    挙句、彼氏をディスる幼稚さ。

    よく好きな人をこうも悪く言えますね。
    本当に彼のことが好きなんですか?

    ユーザーID:5025945298

  • あなたが悪い

    偏食は直すが交際のルールだったので守らないトピ主さんが悪い。
    私も偏食とよく言われますが、あなたほどじゃない・・・。
    私が食べられないのはすっぱいもの、レモンや梅干し、みかん、納豆、青い野菜、なす、トマト、あとはレバーとかうに、貝類はあさりやシジミ、ハマグリ以外はアウトです。
    偏食大魔王があだ名ですね。
    自分以上がいるとは思わなかった・・・。
    しかし私の場合は味覚鋭敏というか、そういう症状の一種らしいです。
    酸っぱいもの、すごい臭いがきついもの、青臭いもの、貝類一種独特な感じなどに鋭く反応するらしいです。
    親が医者に相談して分かり、無理に食べさせるのはやめようということになりました。という事情がありまして。食べると吐く、もどす。具合が悪くなるのは今も同じです。
    旦那にも伝えてますが「それは仕方ない」ってことでして。
    子たちにも好き嫌いじゃなくてとは言える。
    もしかしたらあなたも病気では?一度病院でみてもらったらどうかな?
    ただの好き嫌いならあなたが全面的に悪いと思う。

    ユーザーID:4702396743

  • トピ主さんの書いたものだけ読んで

    他の方のレスは読んでいません。

    批判はイヤだというので直球で。

    結婚は両者の合意がなければ成り立ちません。
    だから今のままではあなた方の結婚は「ない」。

    このシンプルな事実は日本においてはほとんど誰も反対しないでしょう。

    あなたの彼はあなたとは結婚したくないと言っているんですよ。

    偏食を直すためにあなたが努力した、でも無理。そういう過程は
    彼には関係ないんです。とにかく偏食が多すぎるパートナーと
    これから先の一生を共にする気が彼にはどうしても起きないと、
    そういうことです。

    あなただって「こういう人とは私は無理」ってのがあるでしょ?
    それと同じです。それが彼にとっては「偏食の多すぎる女性は
    自分は無理」なんです。

    ではどうしたらいいか?
    偏食を直すことができないのなら、あなたの偏食こみであなたを
    好き、結婚したいと言ってくれる男性を探して結婚すればいいのです。

    結論から言えば、私はあなたを批判、非難はしません。
    でもその彼のことは諦めるしかないね、ということです。

    あなたの偏食が仕方ないことなら、彼がそういう女性とは結婚したくないと
    思うのもまた仕方ないことでしょ?

    蕎麦がどうとかいうのは関係ないです。なぜか?
    それはあなたは彼の「蕎麦嫌い」を受け入れているから。

    意味がわからない? なら彼にこう言ってみてください。
    「私、あなたの蕎麦嫌いが直らないなら結婚したくない」って。

    言いたくない? なら彼の蕎麦の問題は結婚を妨げる問題ではない
    のです。そこがあなたの偏食と彼の蕎麦嫌いの大きな問題です。

    まあ仮に言ってみたら彼はまず間違いなく「それならやっぱり
    別れよう」と言うでしょうね。

    ユーザーID:4329218080

  • 偏食を理解してくれる人を探せば?

    >彼を説得したいのですが、アドバイスお願いします。

    皆さんの大多数の意見と、彼の意見はほぼ一致しています。
    一方、トピ主さんの主張を理解できる方はいらっしゃらない。

    このことからも、トピ主さんの偏食を理解してもらい結婚する為の説得は
    不可能という事になります。

    彼と別れて偏食を理解してくれる人を探し続けるか、
    彼やここでの皆さんの意見を真摯に受け止めて、約束を反故にした事を誠心誠意謝り、
    偏食を直す努力をして彼をつなぎとめるか、
    どちらかの道しかありません。

    ただ、トピ主さんのレスを読む限りでは、自分は悪くないの一点張りなので、
    彼の事はキッパリ諦めて偏食を理解してくれる人を探すことをお勧めします。

    ユーザーID:7350464170

  • わかりやすくいうと

    皆さんがおっしゃるように
    今のあなたは結婚に向いていません
    生活の中の大きな柱である食の問題は
    これから一緒に暮らし同じものを食べる結婚の中で
    とても大きな問題だからです

    でもそれはあなたではなく
    あなたのお母様のせいであると断言できます
    あなたの食の趣向はあなたのお母様ゆずりなのですから。
    お母様が肉をはじめ多彩な食材でおいしい料理を作ってくださっていたら
    あなたの偏食は大きく改善されていたでしょう

    ほら、
    食の問題はこれくらい大切なんです
    一人の女性(とお相手の男性)の人生を狂わせるほどに
    大きな影響力を持つんです
    そして今のままのあなたが結婚して家庭を持つことは
    そうした不幸な子供を増やすことにもなるんですよ

    お母様がどれだけ素晴らしい面を持ってらっしゃるかは知りませんが
    少なくとも食に関しては良くない親でしたね
    妻に、そして母親になろうと思うのなら
    あなた自身の偏食を直すべきですけど
    最低でも嫌いな食材もバランスよく織り交ぜて
    おいしい食事を作ることだけでもできるようにならないといけないと思いますよ

    ユーザーID:1744474375

  • 私たちに怒ってもしょうがないよ。

    彼が、あなたとは結婚出来ないと言っているのですから。私たちが反対するも何もそれ以前の問題です。

    彼を説得するアドバイスを求めたのはトピ主さん。だから皆さんは、『あなたが好き嫌いをなくすしかない』と言っているのです。私たちに怒っても、それは本末転倒ですよ。

    そもそも、自分から彼に『偏食を直す』と約束したんですよね?このトピだってそうです。自分で立てた本質を思い出してレスしましょう。自分で宣言した約束を破ったんですよ?逆ギレはいけません。

    ユーザーID:7564812037

  • 批判されてるのはあなたの好き嫌いではなく

    その上からな態度じゃないですか?

    付き合うときは好き嫌いを治す前提で付き合ったのに開き直り
    自分の苦労が分からないとか
    彼の器が小さいとか

    自分の事を棚にあげすぎだから批判されてるんだと思いますよ。

    自分は偏食でも料理はいろんなものが作れる(自分がダメな食材も取り扱える)ならまだ話し合いの余地はありそうですがなんだかそれもしなさそうですね。

    結婚とお付き合いは違います。デートの度に制限された食材での食事は出来ても毎日は辛い。
    だから結婚できないならトピ主がどこか治そうとしない限りは無理だと思いますよ。

    ユーザーID:3621016571

  • 結婚って単調な生活なのですよ

    だからこそ、その生活をより自分の理想に近いものとして送れるような
    相手を伴侶に迎えようと考えることが良いのだと思いますよ。
    それゆえに価値観といったものも勿論ですが、衣食住への考え方は
    ある程度、同じ人でないと、お互いが苦労すると思います。

    貴方のような極端な偏食の持ち主と結婚すれば、そりゃ食生活はまともには
    送れない訳ですし、子供が生まれれば、その子供の成長にも悪影響を
    及ぼしそうと考える人は多いと思います。

    要するに貴方との結婚はリスクが高過ぎるということなのですし、キチンと
    した食生活を送れるように育ててくれなかったお母様を恨んだ方が良いと
    思いますよ。

    結婚は愛情だけでは出来ません。
    貴方と結婚することで、偏食のリスクを大きく超えるだけのメリットが
    あれば、彼も考えを改めてくれるかも知れませんが、貴方と結婚することで
    どんなメリットが彼にはあるのでしょうか?
    それを彼にプレゼンするしか手立てはないと思いますが・・・

    ユーザーID:7075531131

  • 縁がなかった

    彼氏さんにとって
    「食」>「あなたの長所」
    だったのですよ。

    これから
    「食」<「あなたの長所」
    となるような人を探しましょう。

    でもアレルギーと偏食はあくまで別よ。
    そこはちゃんと理解してね。

    ユーザーID:5479714301

  • 好き嫌いは関係ない。価値観が違うから結婚できない。

    彼は恐らく、できない約束をして平気で破る人との結婚が無理なんです。
    そもそも彼はトピ主さんのこと好きじゃないのに条件出して仕方なく付き合ってあげようと思ってくれたんですよ。約束を破って人を裏切るトピ主さんの方が心狭いような…
    彼の心境は「お金貸して。後で返す。」「今散らかってるけど後で片付ける。」これを毎回全然やらない人にイラッと来るのと一緒です。
    トピ主さんは彼の心が狭いと言ってイラッとしてるようなので、これで目出度くお別れできますね。次に行きましょう!
    新しい彼は偏食家がいいですね。文句言われないですからトピ主さんのストレスも溜まらない!

    しかしトピ主さん、30にもなってアレルギーと死の関係性を知らないなんて恐ろしいです。
    例えば赤ちゃんにジャムや蜂蜜を食べさせたらボツリヌス菌のアナフィラキシーショックで死んじゃうことがあるんですよ。
    結婚を考えるような歳なら、いつか子どもができた時のために、ちゃんとアレルギーについて勉強して下さいね。
    蕎麦、小麦粉、ナッツアレルギーも死に至る危険性の高いアレルギーなので、偏食家とは違います。
    私が中学生の修学旅行で班長をした時、同じ班の子が「蕎麦アレルギーで、お店に近づくのも危険だから、班のルートを決める時は考えて欲しい」と言われました。蕎麦枕も呼吸困難になると保護者から申告があって、先生がホテルを決める時の参考にしてました。
    私は中学生でもこの流れを理解出来たので、トピ主さんも知識をつければ理解出来るはずです。もう言い訳しないで。

    極度の偏食家は精神病という事があるので、トピ主さんはご自身について検査してもらって、克服のヒントを見つけられたらいいですね。
    催眠療法というのがあるらしいですよ。脳にインプットされてしまった苦手意識や恐怖心を取り除けるそうです。

    ユーザーID:4281131992

  • 二度目です

    ここで、「みんなひどい!」ってキレて何か状況が改善しますか?

    「だってだって、彼だって洋服の好みが〜!」とか言って、彼が「そうだな。オレもワガママだった。」って言ってくれるんですか?

    そうじゃないですよね?

    彼が、「好き嫌いが多すぎるから結婚できない」って言っている以上はそこをどうにかするべきじゃないの?
    説得って言ったって、あなたが全く変わらない状態で、どう説得するの?

    アレルギー検査は受けたことがあるんですか?
    そこまで言うなら受けてみて、アレルギーがあればさすがに彼も「好き嫌い」とは言わないんじゃないですか?

    今のまま「あーだこーだ」言ってても何も変わらないと思うんですけどねえ?

    ユーザーID:1855424911

  • 無理なんだよ

    お互い様とあなたは言うけれど
    彼の結婚の条件がそう言う人ではダメなんでしょう。

    付き合う時だって偏食をなおす約束で始まったのが無理だったのだから
    結婚はあきらめましょう。
    彼が気の毒。
    レスであーだこーだ言ってますが 彼が嫌なんだものどうしようと無理。
    あなたも、努力しても無理なんでしょ?
    結婚しても不幸になると思います。
    すべて受け入れてくれる人を探しましょう。

    恨むならお母さんを恨みましょう

    ユーザーID:9538690781

  • でもね、実際

    私のパートナーもものすごく偏食があります。いまだに食べられないものが多いです。
    子供も小さい頃は好き嫌いが多かったです。しかし私自身が料理が好きで子供に色んなものを食べさせてきたので大人になった今はほとんどの物を食べる事は出来るようになりました。

    まぁ私もパートナーには偏食をなくして欲しかったですが、絶対条件ではありませんでした。
    結婚してから食べられるようになった物がいくつもありますしね。私も彼女も努力しましたよ。
    私のパートナーはトピ主さんほど価値観が狭くなかったし、多少の障害や困難を笑って過ごせるだけのユーモアと包容力がありましたので一緒になろうと決心しました。
    私個人のケースですからトピ主さんカップルに当てはまるとは思いませんが、偏食があっても結婚できないって事はないんですよ。
    ただその場合お互いの資質(性格・価値観)がうまく合致しないとできません。
    私のところは上手くいきました。

    トピ主さんたちの場合どちらも譲れない性格ですからどうやっても上手くいくとは思えませんよ。
    彼は「絶対に偏食NG」、トピ主さんは彼の価値観を認められない。これでどうやって上手く収まるのでしょうか?

    ここではトピ主さんが相談してきていますから、トピ主さんに出来る事を教えましょう。
    トピ主さんが頑張って偏食を克服する事です。
    彼を変えようったって変えられません。ですからトピ主さんが変わるしかないんですよ。
    彼の意見を受け入れて死ぬ気になって偏食を克服するだけです。それほど困難じゃないでしょ?
    他の人が普通に食べてるものです、アレルギーじゃなければ食べても体調崩す事はありません。
    そうやって彼の価値観を受け入れない限り、二人の関係はおしまいって事です。

    彼の服装や持ち物の価値観を受け入れてるんですから食の価値観を受け入れられないって事はないでしょ?頑張ってください。

    ユーザーID:1068958222

  • 偏食よりも約束を守れない不誠実さが無理

    多少の偏食は仕方ないとしてもトピ主のは限度を超えているし、直すと言いながら一年間も放置でしょ。
    彼にしたら断ったのにしつこく食い下がってくるから条件を付けて妥協したのに、トピ主はそれを反故にした。
    彼にしてみれば、最初にもっときっぱり断っておけばよかった…と後悔しているでしょうね。
    彼にとっても貴重な一年を無駄にさせたんですよ、トピ主は。

    何を言われても彼は偏食は受け入れられないんです。
    彼の将来の計画には、偏食の妻は存在していません。
    妻には栄養バランス良く何でも食べられる人、子供にも栄養バランスのいい食事を作ってくれる人を望んでいるんです。
    トピ主はその基準に満たなかっただけでです。
    結婚は互いの同意が合って始めて出来るものですから、彼がNOと言えばそれまでです。

    でも、世の中には偏食でも気にしない人もいるでしょうから、そう言う人を探せば?
    その方がお互いに平和で穏やかに暮らせますよ。

    ユーザーID:1629988961

  • 合わないもんは仕方ない

    トピ主は彼に次の様に言われたらどうするの?
    「俺と結婚したいなら、吐くほど嫌な物でも料理して食卓に上げる様にして」とか、「俺が作ったものは嫌いな物でも食べて」とか。
    一回や二回の話じゃなく、この先何十年と続けなきゃいけないって話だよ。
    それって、耐えられる?

    彼はね、嫌なんだよ。
    トピ主にそんな苦行を何十年も強いるのも、自分がトピ主の嫌いなものが食卓に一切上がらない食生活に耐え続けるのも。
    もしかしたら、蕎麦を食べるのもかな?
    だから、結婚出来ないって結論を出したの。

    狭量っちゃあ狭量なんだろうけど、食って生活の基盤だからね。
    そこが合わない、合わせられないっていうなら、生活を共にしていくのは難しいよ。
    結婚出来たとしも、長続きはしないだろうしね。
    彼の結論は正解だと思うよ。

    ここでご両親を引き合いに出しても駄目だよ。
    お父さんはお母さんの偏食を認め、お母さんの嫌いなものが一切食卓に上がらなくても構わないと思って結婚してるからね。
    付き合うのに偏食を直す事を約束させた彼とは、根本的に違うんだから。

    ユーザーID:8706211094

  • レス読みました

    皆様のご意見を何一つ理解していない
    彼のファッションのこだわりと偏食を一緒に考えるあたり、本当に思考能力が弱い方だというのはよく分かりました

    一度吐きそうになっただけで投げ出すとか、好き嫌いを減らす努力も全くしていない辺りからも自分にすごく甘い人だというのもよく分かりました。


    貴方がいくら持論を展開しようが彼や小町の皆様がNOと言ってるんだからもうゴチャゴチャ言わずに黙って去りましょう。


    そしてこれからも変わり者として

    何でもかんでも同列にして考えて。
    食べられる僅かなものだけ口にしながら生きたらいいじゃないですか。

    それで何の問題もなかったんでしょう?
    ならいいじゃない現状のままで。


    貴方が常軌を逸した人であることは大いに結構なんですよ?困るの貴方だけですから。
    でもつきまとうのは迷惑だから彼に執着するのはやめよう。

    大抵の人は貴方のようなぶっとんだ人とは関わりたくもないものなの。
    それだけは理解して納得してね。

    ユーザーID:4357218602

  • それが好き嫌いなんですね。

    トピ主さんのレス読みました。

    誰でもこだわりや好みは、ありますね。
    私も、好き嫌いの多い人は嫌いです。一緒に食事してても楽しくないから。
    生活を共にすると、必ず食事を共にします、楽しみで美味しく食べたい大切な食事が、毎回暗いものになるのは、人生つまらなすぎです。
    週一のデートでは我慢できても、一緒に暮らすのは無理でしょう。

    自分がどうしても受け入れられないもの、この場合食べ物の好き嫌いの多いトピ主さんと毎日一緒に暮らすことは、トピ主さんが食べられないで吐いてしまう物を毎回食べろと言われるに等しい事なんでしょう。

    とはいえ、重篤なアナフィラキシーショックを起こす可能性のある蕎麦アレルギーと、吐き出してしまうトピ主さんの好き嫌いとを同列にしてしまう、
    その理解力のなさも、嫌われる要因ではないですか?事の重大性を認識できない人って、色々危ないもの。

    ユーザーID:4718420570

  • 好き嫌いを容認せよと強要するから批判されるのです

    >そんなに悪いことですか?
    >食べ物に限らず、好き嫌いなんて誰でもあることじゃないですか。

    話をスリかえようとしてますよね!

    食べものだからこそ問題なのに、食べ物以外を含めての議論にするのはムリですよ。

    トピ主がどんな偏食であれ、相手が容認するならかまいません。
    相手が嫌だと思っているのですから、どうしようもないですよ。

    彼にとってトピ主は、トピ主が食べられない食べものと同じなのです。彼はトピ主と生活を共にはできないのです。

    諦めて、偏食を容認する人と交際しましょう。

    ちなみに、私の妻もかなりな偏食です。しかし、家族の食事は普通の家庭と同じものを作っています。自分が食べられないものでも、調理して提供するのです。食卓には、妻以外が食べられるものと、妻もたべられるものが出ているのです。
    トピ主さんはそういう努力を生涯続ける気がありますか?

    >あと、蕎麦はアレルギーだと許されるんですよね。

    許されますよ。蕎麦だけですからね。
    そして、蕎麦アレルギーはアナフィラキシーショックによって「死」に直結することが珍しくありません。好き嫌いの範疇を超えていますので。

    >彼の心が狭くて振られるのは最悪しかたがないとして、

    トピとは全然違うじゃないですか!!

    >「結婚を考えたら、君とは無理だと思うので別れよう」

    それを

    >彼を説得したいのですが、アドバイスお願いします。

    でしたよね。彼の心は狭いです。説得はムリ。おそらく大多数のオトコは心が狭いです。

    >これは母がそれしか食卓に出さなかったのでいつのまにかそうなっていました。

    とありますが、彼が恐れているのはコレです。
    トピ主と結婚したら、食い物がトピ主の偏食によって制約されるでしょう。それだけは避けたいのは誰しも当然です。

    ユーザーID:6152199839

  • 説得は無理

    > 彼を説得したいのですが、アドバイスお願いします

    偏食を直す事を条件に付き合って貰えたのに、直せなかったんでしょ?
    守れなかったんだから、振られてもしょうがないよね。
    説得は無理です、別れを受け入れましょう。

    ユーザーID:4290145278

  • 原因と結果

    私だって許してるんだからあなたも許せ!という考え方は
    傲慢以外の何者でもありません。
    正直、本当に30歳という大人の女性なのか?という印象です。
    小学生が駄々をこね、屁理屈で対抗しているのと一緒ですよ?

    食べ物に限らず、と全てを勝手にひとくくりにしていますけど
    全然違いますよ?
    フライパンは鉄に限る、包丁は砥石で、と言っているという事は
    あなたには全く理解出来ないかも知れませんが、
    彼は食生活や栄養面に重きを置いている人と分かります。
    これが分からないという事は、あなたはそもそも料理そのものをしない人なんだと思います。
    する必要性がない食の好みですしね。

    アレルギーというのはアナフィラキシーショックにより
    命の危険を伴う症状が出る事を言うので
    「気持ち悪いから食べたくない」というのとは全く異なります。
    あなたのはただの精神的なものです。

    物事には「原因」と「結果」があり、
    彼を心が狭いと糾弾するのは勝手ですが
    世間はそう見ていないということは理解した方がいいと思います。
    あなたの世界観と一緒の人はかなり少数派ということです。
    納得出来なくてもそうなんですよ。それが現実です。

    仮に、彼と一緒に居たいからなんとか好き嫌いを克服したい
    …と考える人だったら今もっと違う未来だったと思います。
    周りの人の反応も今とは全く違ったものだったと思います。

    あなたは、好き嫌いの問題の前に、非常に傲慢で我儘これが一番問題です。

    ユーザーID:9684269765

  • 結婚

    トピ主と、結婚したくてしたくて、何でも許せる
    くらい好きじゃないんです。
    どんなに不安要素あっても、結婚したいくらい好き
    じゃないんです。
    付き合ってるなかで、偏食で食べたい物、美味しくた
    べられないなんて嫌だったのでしょう。
    こっちは美味しい美味しいって食べてるのに、嫌そうな
    顔されたり、、、。店選びから面倒です。
    そんな人でも、好きだから一緒に居たいって人もいます。
    彼にとっては、結婚したくない、ただの理由です。
    多分、偏食じゃなくても結婚したくないのでしょう。
    嫌と言ってるのに、説得なんて出来る訳ない。
    正直、このトピ主さんのレス見てると、人の意見の意味
    が分からない、彼氏の言っている事の意味が分からず、
    価値観が違うので結婚出来ないのでしょう。優しさが見
    えない、、、。

    ユーザーID:3983604154

  • でもそれはトピ主さんのせいだけではないよね…

    トピ主さんのような小姑がいます。

    夫は第二子なので、姑は食にわがままに育ってしまった小姑を見て危機感を持ち、今で言う食育を夫には人並みにしたみたいです。

    小姑に同情するように、トピ主さまにも同情します。

    小姑はとても苦労をしています。
    調理も当然苦手なので、今もご馳走=買ってきた惣菜です。

    自宅で出汁を取ることもしません。
    そもそも旨味もわかっていません。

    ですから、外で美味しいものを食べて感動して、それを自宅で作ってみる、なども出来ません。

    小姑が会食の席で選り好みをして、周囲から冷ややかな目で見られているのを涼しい顔で見ている姑にも疑問です。

    好き嫌いを容認して、小姑の欲しがるものだけ与えて躾を放棄していたのは姑なのになあ…と内心感じてしまいますよ。

    そしてその小姑の子も、焼き肉やステーキは好きでも繊細な味付の和食は食べませんね。美味しくないとほとんど残してます。
    その残骸は、招待した側の気持ちを萎えさせていますね。

    ユーザーID:1151589621

  • 別れた理由は偏食では無い

    偏食を批判されて御立腹のようですが
    偏食に対する考えは人それぞれです。
    トピ主様が偏食を一生貫くのを良しとするならば
    元彼がそれを受け容れないのもまた良しなのです。

    相容れない部分も含めて愛し、結婚生活を送っている夫婦は多く存在します。
    残念ですが元彼は、トピ主様に対してそこまでの気持ちは無かったのです。

    元彼はトピ主様を愛していないので、別離を選択した。
    理由は其れだけです。

    ユーザーID:2582180105

  • 価値観の違い

    結婚するにあたって誰しも相手に求める譲れない条件があると思います。
    彼には「偏食がないこと」がその条件であり、わざわざ交際前にその条件を提示していてくれていたけれども、あなたはそれをクリアできなかったので仕方がない結果だと思います。

    偏食がダメな理由は聞いてますか?
    想像するならば、彼もそれなりの食へのこだわりというか、食べることが好きな人なのでしょうね。
    自分もそうですが、そういう人ならば、好きな人と美味しいものを食べてその喜びを共有したいという気持ちは強いと思います。

    結婚してからの毎日の食事はどうするつもりなのでしょう?
    仮にあなたが専業主婦になって食事の準備をするとして、毎日あなたが嫌いなものもきちんと美味しく出せますか?
    そういうことまでは話し合っていないんだろうなと思いますが、食って毎日欠かせないことだから彼にとっては重要なことで、たまのデートの食事で嫌いなものを避けるのは許せても、毎日の結婚生活を想像して無理だなと感じたのかと思います。

    偏食のあなたにはおそらく理解できない価値観の違いみたいなものですから、彼も妥協ない部分だと思います。
    だからわざわざ交際前に偏食を治すことをあなたにお願いしているのです。

    食に関心がない男なんていくらでもいますから、そういう人を見つけて一緒になった方があなたにとっても幸せだと思います。

    ユーザーID:5015371867

  • どうした?

    >彼の心が狭くて振られるのは最悪しかたがないとして、好き嫌いで私がこんなに批判される意味がわかりません。

    彼氏さんの意見の方が、筋が通っていると思いますね。
    付き合う時も、条件を明確に出しているし。

    トピ主さんが条件を満たさないのに、付き合い続けるのは我儘だと思うし。
    結婚を考えるのは図々しいので、批判されているのです。

    親御さん、好き嫌いはさて置き、もうちょっと性格良く育てたら良かったね。
    娘さんは、客観性に乏しいので、愚痴り下手と言うか。
    保身が強くて、話をすり替えたり、逆切れが過ぎて攻撃的に見えるので、自分で「悪者キャラ」のレッテルを自分に貼るタイプです。
    客観性が有ると、もう少し上手く愚痴って慰めて貰えます。

    ネット掲示板では、偏食と小食の人はトンデモ自論を展開し「これだから偏食(小食の人は付き合い辛い・・」と言われがちです。

    勿論、偏食や小食でも、言われない人もいます。
    その違いは、親の躾けや育ちなんだろうなと思います。

    ユーザーID:1847805902

先頭へ 前へ
121150 / 467
次へ 最後尾へ
レス投稿

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧