娘に自信を持たせるためには

レス28
(トピ主0
お気に入り53

家族・友人・人間関係

デジャヴ

小学5年の娘のことで相談に乗ってください。

娘は、性格が私にそっくりです。
で、私はといえば、自己肯定感が低く、今まで生きにくさを感じながら生きてきました。理由は明白で、父親がモラハラで、お前はバカだと育てられました。夫は、理由は違いますが、自己肯定感が高いとはいえません。

そんな夫婦の娘は、親が言うのもなんですが、容姿はかなりよく、頭も悪くありません。
なのに、人のことばかり気にして、クラスで浮いていると自分で言っています。
クラスの華やかな子達に疎まれているんではないか、仲が良かった子達も自分を嫌いになったんじゃないかと、最近話してきます。

痛いほど気持ちがわかります。
まさに私もそうでした。同じ性格なんだなあとおもいますが、娘にこの先、生きづらさを感じて一生過ごして欲しくありません。娘は、顔もかわいいし、特技もあるし、成績もいいのです。
担任の先生も、もっと自信を持って行動する子でいいのにもったいないと家庭訪問でおっしゃってました。

友達とあわないなら、私立中学の選択もあると思いましたが、どこに行っても、あわない子はいます。根本的に、自分は自分でいいんだと自信をつけてあげたい。

私たちは、夫婦で、人様に迷惑をかけないよう、人の言うことをよくきいて、どうしてそんな失敗をするんだ、なんでこんなことができないんだと育ててしまいました。私の父親のように、お前はバカだ、生きているのが迷惑だなんてことは、口が裂けてもいいませんが、手放しで褒めてみとめることができません。

私は、どうしたらいいのでしょうか?。どうしたら、娘は自信を持ってのびのび生きていける人間になるのでしょうか?。
できたら、具体的に、こうしてみたら?とアドバイスいただけると嬉しいです。
よろしくおねがいします。

ユーザーID:4515736665

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数28

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 続けることが大事・・・・かな。

    私は二人の子供がいて、既に成人していますが、そんな私がこだわったのも自己肯定感を子供に高めてもらうこと。
    というのも、私も親に否定ばかりされて育ってきたので、自立するまではとても生きづらかったから。
    もっと上手に育ててくれてたら、私の人生かわっていたかもしれないのに・・と。

    子どもを育てていくのに、迷い悩みながら育ててきましたが、私がこだわったのは、子供のことを認め、褒めること。
    褒めるといっても、わざとらしく褒めるわけでなく、心を真っ白にして、子供の成長を見ていると、子供ってほんと、昨日できなかったことが今日できていることがたくさんあって、必ず褒める事なんて1日1回は見つかるんだって、育児をして気付かされたから。
    私は一度も褒められたことはなかったけど・・・。
    小学生なら、どんな子どもだって、いろんな意味で伸び盛りで褒める点はあるし、その反面言ってきかせなきゃならないこともまだまだあると思うけど、言ったことを行動に移して実行する子供を見ていると、それだけで「成長」だと感じる時期だと思います。
    だから、具体的に、理由もつけて褒めることを意識しました。

    反抗期が重なった中学のころまでそれは意識して、親とは話したがらない子供に対して部屋の外からでも、声を掛けました。

    ちなみに褒める材料は、その日その日さまざまでした。ほんのわずかなことが多かったですが、必ず褒めることありましたよ。
    意識して続けていると、子供の良いところの見つけグセがついたように思うし、純粋にすごい!と思えました。もちろん叱ることもありましたよ。

    それが一番大事だってこと、トピ主さんが一番ご存知ではないでしょうか。
    いまから難しい年ごろに入られますが、いまからでも間に合うと思います。

    意識されたらどうですか。

    ちなみに、子供たちは私に全く似ない性格に育ちました。

    ユーザーID:5901485244

  • それじゃ同じ

    ご自分でわかってらっしゃるので、今後の接し方を変えることでまだ間に合うと思います。

    >人様に迷惑をかけないよう、人の言うことをよくきいて、どうしてそんな失敗をするんだ、なんでこんなことができないんだと育ててしまいました。

    他人様に迷惑をかけないよう、とか人の言う事をよくきいて、は大事なことだと思いますが「どうしてそんな失敗をするんだ」「なんでこんなことができないんだ」の頭ごなしは結局「お前はバカだ」という打撃と同じくらい子供の心には影響すると思いますよ。

    日本人って村で生きていた昔は「自分は馬鹿ですすみません、できないんです、うちの家族が馬鹿で、、お宅は凄いですね」って態度を取っておけば意地悪されないし孤立もしない、とりあえず安全だというような価値観で生きてきたところがあると思う。
    なので国民の多くが世界的にみると、自己肯定感が低めな民族かもしれないと海外に出て思うようになりました。
    優秀なのにもったいないと思うことも多いですが、でもそれが日本の風習なのである程度は仕方ない。

    褒めるのが下手なら無理に褒めなくていいですから、失敗を探して叱る育児はやめたほうがいいと思いますよ。
    なんでできないんだ、じゃなくてまずはできるところを数える。頑張ってることを「頑張ったよね」って素直に伝えてあげる。
    だけどできないこともあるね、どうしたらいいと思う?みたいな感じで接していくのがいいんじゃない。
    子供の頭で考えさせて下さい。失敗はしてもそこから立ち上がればいいんだ、失敗した自分には価値がない、だから失敗したくない、失敗するくらいならやりたくない、隠したい、そういう思考回路は元々ある能力を潰します。

    良いところ探し。そして素直に喜ぶ。わーすごいね、拍手、みたく。まずはそこから。

    ユーザーID:6329615659

  • 自信ない?

    逆に自信あるのでは?
    華やかな子に妬まれているって、自信無いならそんな事思いませんよ。

    顔も可愛く優秀で特技もある自分は凄いって思っているから妬まれているとか思うのでしょ?違います?

    人に迷惑かけないは良いと思います。
    どうしてこんな事が出来ない、そんな失敗するんだ。トピ主さんの理想があるから、誰よりも優れて欲しいから出て来る言葉ですよね。

    私の小学生の娘も顔は可愛いです。男女問わず人気あります。
    勉強、スポーツ全然駄目です。特技もありません。
    私、トピ主さんのような事一度も言った事ありません。
    ありのままで良いんだよと育てて来ました。

    娘は妬む羨む気持ちが一切ないです。
    勉強が出来る、スポーツが出来る友達を凄いよね!と素直に言葉に出して誉めています。
    大人しくて話題も無い娘なのに何故か慕ってくれる子が多いです。

    娘は自分が顔が可愛いとか興味ない感じです。勉強、スポーツ出来ないのもそれで良いと思っています。
    ありのままの自分を受け入れている感じです。

    偉そうにすみません。
    トピ主さん親子は自信がないと言うより誰よりも優秀でありたいと言う気持ちが強くて周りの反応が気になるタイプなのかなと感じましたので。

    ユーザーID:0196916333

  • 貴女が自身をもって

    貴女自身がもう答えを出してるじゃないですか。
    まず、子供より親が変わらないと。
    世間や周りとの比較や、人目ばかり気にするその考え方が、子供に少なからず影響を与えてると自覚する事だと思います。

    貴女がしてやれる事は、子供が出来た事は褒めやって、人様に迷惑をかける様な事があれば躾する、何かトライして失敗すれば一緒になって対策を考えてやる。
    けど、これって親として至極当たり前の事ですよね。

    これから、お子さんはますます多感な時期に入るので親の言うことを中々素直に聞き入れなくなると思いますが、親の言動が直接的でなくとも子供には大きな影響を与える事を忘れてはなりません。

    ユーザーID:2702934038

  • 何が大事なのか。

    娘さんはあなたの性格に似たのではありません、あなた達ご夫婦がその様に育てたんですよ。

    あなたの親の様に「馬鹿だ」と言っていないだけで、「何故そんなことをするのか」と娘さんを追い詰め、責め、否定した、これはあなたが親にされた事と一緒、言葉を変えただけでしょう?
    あなたの気持ちはどこに向いているのでしょう、結局は周りに気を使い世間体を気にするのが一番優先名のではないですか?娘さんの気持ちよりね。

    そもそもの問題はあなたがあなた自身を大事に出来ていないから。多分ご主人もそうなのでしょう。

    私も親に恵まれず自己肯定感なんてゼロでした、当然ですが子供が生まれ育てていく過程でたくさんの問題がおきましたよ。
    でも私は子供と接することで自分の生きづらさの本質に気づき、自分と向き合いたくて数えきれないくらい本を読みました。

    子育ては人生そのもの、娘さんの問題はあなたの問題です、あなたそのものを試されているんだと思います。

    「私なんて」と自分を決めつけ貶めない事、まずはあなたがあなた自身を信じる事です。
    どんなに親に苦しめられてもここまで生きてきて、結婚して子供も産み育ててるじゃないですか、立派ですよ。
    充分にあなたは頑張っている、労って自分を大事にしてあげて下さい。

    娘さんの人生はこの先ずっと続きます、あなたよりも長く。
    彼女のその長い人生をちゃんと生きるために、母であるあなたの言葉や態度はとてもとても大切です。
    偉いね、凄いね、かわいいね、と言ってあげて下さいよ、苦手だろうと何だろうとちゃんと言葉にして下さい、娘さんの人生が掛かってるんですから。

    一生のなかで、本当に大切な人間は少ないですよ、娘さんを一番大事に出来なくて何を大事にするんですか?
    世間と言う形の無いものに惑わせらず、どうか本質を見極めて下さい。

    ユーザーID:3522716970

  • 家族・友人・人間関係ランキング

    一覧
  • 育てたように子は育つ

    あなたはあなたの親御さんと全く同じようにお子さんを育ててますよ。
    『まさに私もそうでした。同じ性格なんだなあとおもいます』って
    あなたの子だからではない、同じように否定して育てたからそのように育ってます。

    『人様に迷惑をかけないよう、人の言うことをよくきいて』なら人として当たり前。
    でも『どうしてそんな失敗をするんだ、なんでこんなことができないんだ』って
    『お前はバカだ』と同義語ではないかしら?
    出来ない理由が、失敗する理由が説明できるなら誰も困りませんよ。

    『手放しで褒めてみとめることができません』
    親が手放しで褒めてくれない子供が自信のある子に育つ訳ないでしょう?
    親だけしか手放しで褒めてくれないんですよ。
    その環境を主様はお子さんから奪っています、その自覚を!

    まずは成績と特技を褒めてあげればいかがでしょう?
    これらは結果が出るものだから確実に褒めてあげる事が出来ますよね?

    『どうしてそんな失敗をするんだ』ではなく『失敗しないためにどうすればいいか』
    『なんでこんなことができないんだ』ではなく『どうすれば出来るか』
    お子さんが思いつかないならアドバイスする、成功すれば褒めてあげる。

    叱るのは悪い事をした時だけに。失敗や出来なかった事は次の成功の肥やしにする。

    否定せず、一緒に悩み、出来れば肯定してあげる。そういう事では?

    ユーザーID:1906165670

  • 自信がないのは、親がどう、とか関係ないですよね?
    トピ主さんはそうだったかもしれないけど、娘さんはトピ主さんに否定されて育った訳じゃないですから。
    自分に自信がないのは親のせい、とかいうのはやめませんか?
    子供に、あなたの親の話なんか関係ないでしょ。
    いつまで幼稚な人間続ける気ですかね。
    あなたが知らぬ間に、自分の事ばっかり考えてたり、比べてばかりなら、子供は親の顔色みるでしょうけどね。

    ユーザーID:3514753279

  • シンプルに考える

    自分の気持ちに
    負けないで下さい

    幸せになれる事だけ考えて
    トピ主さんが、愛情をたっぷり注いで下さい。


    トピ主さん
    母子手帳の後ろの方のページに
    こんな事が書かれていました

    昨日、数年ぶりに
    1枚1枚読んでみました

    「まず、お父さんと、お母さんが幸せじゃないといい子に育ちませんと」

    どうですか
    トピ主さん、母子手帳読んでみては
    どうかな。

    ユーザーID:2620701062

  • スモールステップ

    スモールステップって御存知でしょうか。
    1日ひとつでいいから、凄い・偉い・比較、を使わず褒める。
    それもスモール、小さい事=出来て当たり前と思われる事でいいんです。

    例えば寝起きが良い子だとしたらある朝突然でいいから
    「○○って寝起きがいいよね。それってこれから武器になるよー。」とか。
    お箸の持ち方が良い子なら、食事中の話題として
    「小さい頃からすぐ綺麗にお箸持てたんだよ。」
    「お箸の持ち方直したらすぐ身に付けられたのよね。」とか。

    うちの子もそうなんですが自己肯定が低い子は
    「そんなの当たり前だし。」「普通だし。」「出来ない子いないし。」
    と返してきます。
    それをまともに聞いているとイライラするので
    (↑こういう気持ちは子相性に苦労されてない親御さんには解りません)
    スルーして構いません。無視じゃなくて「そうなの?」「そうかしら?」程度で。
    つまり、当たり前な事が全て娘さんの長所と、主様が心の底から信じるんです。

    可愛いのも頭が良いのも特技があるのも、当たり前な事、では無いですよ。
    あえて言えば、そこは褒めるところでは無いのです。
    容姿にけがをしたり、テストでしくじったり、特技で周りの方が伸びて来たら
    娘さんの存在意義は無くなるって事ですから・・。

    時には否定的な事もつい言ってしまうかもしれません。そういう日は、1日2回褒める。
    そして否定的に言い過ぎたな・・と思ったら
    「ちょっときつく言い過ぎたね。」って素直に言う。
    女子の高学年なら、お母さんの反省も見せていいと思います。

    痛いほど気持ちが解りますと書かれてますが
    娘さんに「痛いほど気持ちが解る」って言いましたか?
    主様の体験した具体的な気持ちも含めて話してみては。
    「全員に好かれるなんて無理よ〜。
    そのままでいいの、お母さんが味方だから」って。

    ユーザーID:6291404631

  • なにができるでもない

    言葉の綾かもしれませんが。
    ありのままでいいんだと思えるよう、「変わってほしい」。あれ?

    今は思春期。このあとパートナーを得て子どもを産み育てる年代になります。個人としての人生プランはともかく、生理的に。
    自己肯定感を高く持つためにはまずは異性に選ばれているという実感。そして安定したパートナーを得たり、子育てのための社会関係をつくるための同世代の群れで居場所を見つけること。
    これらが出来ていなければ、気持ちが落ち着かないのは仕方ないと思います。

    あなたはそれほど自己肯定感が低くても旦那さんに出会い、愛されて随分と楽になったのではないですか?
    娘さんにもそういう出会いがあれば、大丈夫だと思います。
    そして、その出会いのための手助けは親として出来ない。

    うちもねえ。娘にいいパートナー、早く現れたらいいのになあと思ってるんですよねえ。

    ユーザーID:1020146026

  • 常に肯定的な言葉かけを。

    「どうしてそんな失敗をするんだ」「なんでこんなことができないんだ」は、「お前はバカだ」をただ言い換えただけのもので、娘さんにとってはとても突き刺さる言葉だと思います。そして、それを言っていると、失敗しそうなこと・難しいことに挑戦することを避けるようになってしまいます。

    まずは、失敗探しをしないこと。完璧を求めないこと。できているとこを褒め、たとえ失敗したとしても頑張りを認めてあげてください。
    そして、もし娘さんが自信なさそうなことを口にしたら、適切なアドバイスと励ましを送ってあげてください。
    「失敗したっていい」「あなたならできる」と。

    上記は私が言ってほしかった言葉でもあるんですけれどね。
    うちの親も私の自信や希望を押しつぶすようなことしかいわず、もちろんろくに手をかけず、そのくせ過度に高い目標を設定し、できなければ「もうあなたには何も期待しない」と冷たく無視するばかり。だから私には、自信なんかひとかけらもなかったです。
    大人になっていろいろあって、やっと自己否定を脱しましたが、でもやっぱり無難にまとまろうとするくせは抜けません。子どものころに投げかけられていた「お前にできるわけがない」という言葉が呪縛になってか、成功イメージを描くことがなかなかできないんです。

    今ならまた取り返しがつくと思います。娘さんが自信を持って人生を楽しめるよう、肯定的な言葉かけを常に心がけてあげてほしいと思います。

    あと「人様に迷惑をかけないように」って、個人的にはあまり良い躾だと思いません。何となく、迷惑かけるなと言われて育った人は他人の事情に不寛容な傾向があると感じるからです(私は迷惑かけないようにしているのにあなたは何だ、みたいな)。人に寛容になれること、また迷惑と思わず人を助けられる人になることのほうが重要じゃないのかなと思っています。

    ユーザーID:0924223630

  • 人の役に立つことをする

    トピ主さんの気持ち、ご心配よくわかります。
    私も自己肯定感が低い人間です。
    ただ娘さんと違うのは、私は能力は低いです。
    娘さんは能力は高いのに、勿体ないですよね。

    私が自己肯定感が低いのは否定ばかりした子育てをした親のせいだと、
    ずっと思っていたのですが、最近はどうもそうでもないような気がしています。
    親のせいではなく自信がないのは、もともと持って生まれた性格のような気がします。
    ある有名な自信満々な実業家の男性の自伝を読んだのですが、その方は決して肯定されて育ってはいませんでした。
    毒親ではないのですが、わりと自分勝手な両親で子供の気持ちや意見なんて全然聞かない親御さんだったようです。
    なので、あまり関係がないのかなぁ、思います。
    我が子がこうなのは、自分の育て方が間違っていたのだろうか?とか反省・後悔される方が多いけどあまり関係ないです。
    娘さんはもともと慎重な性格なのですよ。
    確かに自信があること得ですが、そのままでもいいのではないでしょうか?
    まだ小学生ですし、このままそっと成長を見守ってもいいのではないしょうか?
    娘さんはきっと将来、花開くと思いますよ。
    私も時間はかかりましたが、少しずつ自信が付いてきました。もう中年ですが…。
    ボランティアとか人の役に立つことや、人に喜んでもらえることをすれば、少し自信につながるかなと思います。
    価値を認めるって表裏一体だと思うんです。
    他人の価値を認め尊重できた時、同じく自分自身にも価値があると思えると思います。

    ユーザーID:5957946079

  • 習い事

    やってないなら、芸術系とスポーツ系の習い事をおすすめします。

    続けることが大切です。
    小5ならゴールデンエイジ。結果が出てくると思います。
    得意なことや上手にできることは、身を守ってくれるし自信に繋がりますよ。
    習字とテニスあたり、どうですか?

    勉強はもちろんです。
    うちはしっかり家庭学習を親が見ました。

    私も浮いている人間です。
    が、子どもたちは違います。

    ユーザーID:3554362874

  • 貴女は私達にとって、大事なかけがえのない存在

    両親がその想いを娘さんに伝え続ければ良いと思います。

    褒めるのが苦手なのですよね?
    親も人の子、苦手はあります。
    克服できるに越した事はありませんけどね。

    ただ、娘さんの事を愛おしく大事に想っている事を、言葉にして伝えてあげたら?
    急に言えなくても、例えばテレビで赤ちゃんが映ったら
    「貴女を出産した時、すごく嬉しかった。貴女はね…」と、
    娘さん自身の記憶のない幼い時期の思い出話をする。
    娘さんを大事に見つめて来た事を話せばよい。
    そして、もちろん今でも大切だと話せばよい。

    自信の持ち方は色々あると思いますが、褒めるのも一つの手なら、
    「貴女の存在自体が大切である。大切に想う人がいる。」
    そう伝えて、自分の存在を肯定できるようにするのも手では?

    そうすれば、学校で合わない人がいても、親は自分を認めてくれている、
    この先、自分を認めてくれる誰かと出会う可能性もあると、
    希望を持てるようになるかもしれない。

    それと、「人に迷惑を掛けない」を強調し過ぎないほうがいいと思います。
    「気を付けてても迷惑を掛ける時もある。その時は素直に謝ればいい。」とか、
    周りばかりを気にせずに、自分がどう対処するかを教えてあげるのもよい。
    失敗もまた同じ。失敗しない人間なんていませんから、同じ失敗を繰り返さないように
    考えて行動できるように促してあげたほうがいい。
    失敗を恐れずに挑戦しないと、自信の元は出来ないと思いますから。

    トピ主さん夫婦に合った方法を見つけて下さい。
    上手く行くよう、応援しています。

    ユーザーID:0719701957

  • 広い世界を知る

    既にいろいろなアドバイスが寄せられていますがそれもよし。

    更に付け加えるなら、
    世の中は広くて日頃の悩みはちっぽけであること
    それを知るために海外に連れ出し異次元の体験をさせます。

    私自身がそれで変わりましたから。

    ユーザーID:6732211987

  • 抑え込みすぎたんですね

    私にも大学生と看護学生の娘がいます

    子供らしい時期に、あまりにも抑え込んでしまうと、自己肯定感の低い子になります
    自分がされて嫌だった事を、子供にしてしまったんですか

    なんでも親の言うことを聞いて、一見いいこなんですけどね

    いいこって、子供にとってはストレスになりますよ

    兎に角ほめてあげてください
    細かい事をいちいち口うるさく言わない
    子供を支配しない

    本当にいけない事をした時だけ、ガツンと言って下さい

    親戚に、長年学校の教員をしていた夫婦がいますが、小さいうちは、ほめて伸ばす事だと教わりました

    ご飯の好き嫌いがあっても、テストの点数が悪くても、朝起きるのが遅くても、ありのままのあなたが好きだと、抱き締めて伝えて下さい

    条件付きの愛情はいけませんよ

    ユーザーID:6706386537

  • 主さんには簡単

    トピ主さんに性格が似ているのであれば、それこそ どうしたら自信をもってもらえるか、その言葉かけや働きかけは 一番ご自分がよく知っているのでは???

    自分だったらどういってもらえてたらよかったか、両親がこうしてくれればもっと自信もてたかもしれないのに。。。 そういう事を考えて自分が そうすればいいのです。

    すぐには変わりません。しかし 心がけていけば変わることもあるでしょう。

    ユーザーID:3592621736

  • 自分を緩める

    私の場合、自己肯定感が低いので、自分を守るためにプライドが高くなり、生きづらくなりがちですが、トピ主さんはいかがですか。

    自信がないので完璧主義となり、頑張り過ぎます。
    ただ、それが普通なもんだから、子どもにもその基準を求め追込みがちです。

    子どもを変えるには、まずは自分が変わる方が早いです。
    完璧主義を緩めて、少々失敗しても良いんだなあ、今まで頑張ってきたなあと、自分を自分でほめてあげてください。
    そして、我が子も良く似てるなあと、共感して受け入れれば親子関係も変わり、娘さんもかわるように思います。
    我が家はそれで、少し変わってきたように感じてます。
    思春期中なら、なんとか間に合うそうです。
    お互い頑張りましょうね。

    ユーザーID:6046113628

  • アイデンティティの確立は、まだまだ先です。

    思春期に入ったら「自分は、何者なの?」という葛藤だらけの日々です。
    そこに自信があっても、なくても、
    自分はこれでいいんだ!と、受け入れる。

    そういう気持ちになるまでは、まだまだ彼女には経験も時間も必要です。
    それが出来なくて、拗らせている人もたくさんいますよね。

    親はただ、子供に安心感を与える存在でいた方がいいと思います。

    今を見ることも大事ですが、子のもっと先を見ながら、
    子供の成長時間に合わせて、もう少しゆったりと育てたらいいですよ。

    以下、→は、「ではなくて、」という意味で、あなたに伝えます。

    人様に迷惑かけないように。
    →掛けてしまうのは仕方ない。でも迷惑掛けたと思った時は、
    相手にとって何が迷惑だったのかを、自分で考える。その後が大事。

    人の言うことをよく聞いて。
    →人が言う(話す)ことをよく聞いて。

    なんでこんな失敗するんだ。
    →失敗するのは当たり前。でもなんで失敗したかは、自分で考えること。
    次、同じことがあった時にはどうするか?これが大事。

    なんでこんなことが出来ないんだ。
    →出来なくて当たり前。以下同文。

    まあ、子供は褒めろ。受け入れろ。と言いますが、
    決してそれだけでは、子の自己肯定感は育ちません。

    生まれ持った性格や、あなたの家庭で育てているから、
    そうなってしまう。というのもありますし、
    兄弟間で同じように育てているのに、と悩む家庭もあります。

    何が子供のためになるのかは、分かりません。
    反面教師という言葉もあります。
    親を見て、己を見つめる子もいます。

    子育ては、親の都合で私はいいと思っています。

    ただ、大人である親が信念を持ち、無垢な子供に対して、
    責任が持てるのであれば。という条件付きですが。

    親の芯さえあれば、子供は早々ぶれません。

    あなた自身の考えがぶれるのであれば、
    その都度、修正、更新してもいいんですよ。

    ユーザーID:2559360140

  • 自分、自分ではなく

    トピ主さん、自分で答えを書いてますね。娘さんの自尊心を奪ってきたのは、トピ主さん夫婦だと。

    謙遜は日本の美徳ですが、卑屈とは違います。「人様」云々は、トピ主夫婦の劣等感を、自分の子供で解消しようとしてるだけですね。俯瞰でみれば、誰もそれほどトピ主家族の動向に注目なんてしてませんって。自己肯定感がないというより、トピ主夫婦の自意識過剰の子育てということじゃないでしょうか。子育てを頑張ってる私達を褒めて!っていう、子供が置いてけぼりの子育て。それも一人っ子に対して両親揃って同じ姿勢だと、子供の心のよりどころが無いですね。

    とりあえず外野は忘れて、娘が喜ぶ顔を見たいなという単純な気持ちでいたらどうでしょう。どんな見かけだろうが、自分の子は可愛い可愛いと育てるでしょうに。可愛いく生まれたのも一つの個性、お勉強だってできるのに、肝心の親が周りの目を気にしてばかりで全然褒めてくれない、飴と鞭の鞭ばっかり。いったいどうやったら、たった10年かそこらしか生きてきてない子が、親の劣等感を読み取って、「ああ、お母さんたちも大変だったんだな」と哀れみ理解し、自信に満ち溢れた性格になるよう自分で育てていけるんですかね。


    自己肯定感の基本は、親からの無償の愛情と言葉、これに尽きます。これをないがしろにしたうえで、なおかつ「私はどうしたらいいでしょう?」と聞いているトピ主さんは、自己肯定感がないというより、自己中心的な人としか思えません。

    ユーザーID:1566528984

  • 本当の気持ちを伝える

    「あなたが上手く出来ない事があっても、お母さんはあなたが好きだけどな」って言ってあげる。
    「こうなって欲しい」より、もっと正直な、根本的な気持ちを与える。

    そうなって欲しかったのは、娘さんが大切だったからで、幸せになって欲しかっただけで。
    「欲しい」「欲しい」と聞こえるけれど、本心の「愛している」が伝わらないと
    クラスでも、変な交流に巻き込まれるのでは

    ユーザーID:6940167135

  • 言葉が強いかそうで無いかだけで

    結局否定して育てたのですから、お嬢さんも自己肯定感が低くても仕方無いですよ。

    素直にお嬢さんの長所だけを見て、良いなぁ、素晴らしいなぁ、と思った時に、その都度そのままお嬢さんに言葉にして伝えると良いですよ。

    明日の朝起きて来たら、
    『おはよう。今日も可愛いよ。』
    って言えば良いです。

    思春期を過ぎると人の思考のクセは固まってしまって、中々変わらないそうです。
    ですから、今が最後のチャンスです。
    主さん、頑張って。

    ユーザーID:7394521383

  • 私も

    母から否定されて育ちました。
    褒められるときは、「あなたは、ここは良いけどあそこはもっとダメだからそれが良くなればいいのにね。」とダメ出しをされて褒められたとは思いませんでした。
    そして自信の無いまま育ち思春期には今度は自信が無いことを責められました。
    「なんでもっと堂々としないのか、なんでそんなに自信が無いのか!ウジウジするな。」と。

    矛盾してる、なぜ否定ばかり?と問いただすと、「あなたには誰も厳しく言ってあげられる人はいないでしょう?だからお母さんは心を鬼にして言ってるの」と。勘違いも甚だしいです。

    そんな経験をして育ったのでついコメントしました。

    主さんはご自分で気づいていらっしゃるからお嬢様はお幸せです。これから変えていけばいいですし全然間に合います。

    人を褒めるためには、まず自分です。
    おそらく主さんは謙虚なタイプだと思います。自分で自分をこっそり褒めてください。ご両親にしてもらいたかったように、自分で自分を褒めてあげられると、人を上手に褒められるようになります。
    小さな事でもいいから、
    今日はこれをした、私はすごい。偉い!と独り言でも嘘でも構いません。
    こんな事出来て当たり前。そう思って自分を見ていると、お嬢様の事も同じように見えてしまいます。
    不思議ですが本当です!

    ユーザーID:8576481816

  • 子供って

    子供ってそんなものじゃないでしょうか?私には、子供らしい悩みだなぁと思いました。もし、本当に自信がなかったら、顕著な症状が見られると思います。例えば、異常にピアノを練習するとか(楽しそうじゃなく)
    とか、異常に何かにこだわる(リレーが1番じゃないと、どうしよう)とか。ラインを送る回数が増えるとか。本当に自信がないんだなぁと思われる行動って、直ぐに分かると思います。

    ユーザーID:8865893088

  • 劇団

    容姿がいいとのことで、劇団や子役事務所に応募してみてはどうですか?別に将来タレントになりたいわけじゃなくても、役を演じることで自分とは違う性格の人物になることが経験ができます。

    おそらく娘さんはかわいいのでクラスの華やかグループから妬まれているのでしょうね。自分がかわいいってことを自覚するようになったら自信がつくと思いますよ。

    その他、例えば武道を習うとか。精神が鍛えられて心も体も強くなれるでしょう。

    なんでもいいんです。学校とは違う場所を作ってあげてください。心が強くなったら浮いていることなんて平気になれます。それも一つの個性ですから。

    ちなみに私は人と同じは好きではないです。浮いているってある意味私には褒め言葉です。

    ユーザーID:9924218429

  • 大丈夫。

    まだ小学5年生でしょう?

    笑って過ごせる時間を増やしてください。
    家族の楽しい思い出を増やしてください。

    両親から愛されていると100パーセント信じられたら、それだけで凄い自信です。
    その子の生涯の支えになります。

    好きな事や運動に没頭して、気力を奪う考えを振り払う方法を、教えてあげるのも良いと思います。
    それはまったく成人してからも同じことなので、役立つスキルです。

    娘さんが別人になるのを両親が望み続けたら、余計深刻に自信喪失するでしょう。

    自分を受け入れて人生を楽しむ見本に、親がなれるでしょうか。
    誰にとっても、難しいですよオ。

    似た者家族、一緒に成長しようでいいと思います。

    ユーザーID:1493157305

  • 私も自信のないタイプでした。

    子供の頃からオドオドしていて自信がなかった私ですが、社会人になり私に自信を与えてくれた人がふたりいます。

    一人目は、彼氏。
    何をやっても、可愛い、すごいと褒めてくれました。

    二人目は会社の上司。
    何をやっても、自分が責任を取るから好きにやりなさい、と言ってくれました。

    私は自信のない性格が両親のせいだなんて思いませんが、この二人に出会って初めて自信が付いたのも事実です。だから、もしかしたら、自信のある人って、こんな風に育てられたのかな?と思うことはあります。

    結局は当人の性質が大きいんだけど、敢えて自信のある子にしたいなら、二人のような対応は良いきっかけになると思うんです。

    些細なことでも褒めてあげる。
    そして、もうひとつ大切なのは、社会と立ち向かうときにセーフティネットを十分に感じているってことです。

    私の父は悪い人ではないですが、正直、器が大きい人間ではありません。私が何かやらかしてしまったとしても全力でカバーしてくれそうな安心感がゼロなんです。私が昔、上司に感じた安心感、それは父性的なパワーなんだと思います。そのおかげで仕事に関しては少しずつ自信を持っていきました。

    いま、私は上司の立場です。
    自信がない若い子は多いです。
    だから、私はとにかくつまらないことでも褒め、私がリカバーするから大丈夫だよ、と安心させる、この二点を心掛けてます。

    ユーザーID:7345944360

  • 心から褒めてあげて

    ご自分で答えを書いていらっしゃるじゃありませんか。ご夫婦で、どうしてそんな失敗をするんだ、なんでこんなことができないんだと言って育てたんでしょう?原因は、手放しで褒めて認めることができない子育てなのだから、子供をけなすのをやめて、手放しで褒めて認めればいいんですよ。
    小学五年生なら今始めないと間に合わないですよ。10年かかって委縮させられた心は戻すのに10年かかる覚悟で、育児書をたくさん読んで勉強して下さい。顔も可愛くて特技もあって成績もいいお嬢さんを、あなた方ご夫婦はどうしてそんなに罵倒するのですか?
    私にも同じ小学5年生の息子がいますが、毎日心から褒めています。寝る前に「今日も○○がいてくれて楽しい一日だったよ、有難う。」と言います。本当に心からそう思うから。
    褒めて可愛がって育てたので、自己肯定感だけはものすごく高いので、人にどう思われるかとか、人と違うことを心配しません。マイペースですが、自分も受け入れられて育っているので、自分と違うタイプの子も上手に受け入れられます。
    小さい子供にとっては、親の声は神の声です。その親御さんに褒められなくてどうやって自信をつけるんですか。
    お嬢さんの人生を台無しにしたくなかったら、認めることができませんなんて言っている場合ではないと思います。ただお嬢さんのいいところを褒めて、否定するのをやめるんです。今までやりなれてないなら、本を読んで勉強して下さい。ネット通販で探せばいくらでも良い育児書は見つかります。せっかく良い子なのに親のせいで自信が持てないお嬢さんがとても不憫で可哀そうです。

    ユーザーID:0419896586

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧