現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

縁や運命 携帯からの書き込み

みみ
2019年5月21日 16:22

縁や運命ってあると思いますか?
マッチングアプリで出会った、妙に共通点の多い彼と知り合いました。好きな食べ物、嫌いな食べ物、乗っている車の車種、色、昔習っていた習い事、兄弟の年齢、行ったことのある街や旅行先など、、エスカレーター式で進級しているとこもなども同じでした。地方の方だったのに、やりとりしている中で、たまたまその日の食事のメニューが一緒だったり、など。これまでそういう経験がなかったので不思議に感じてしまいます。

ユーザーID:7341629151  


お気に入り登録数:8
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:14本

タイトル 投稿者 更新時間
人と人との交わりは全て縁
10時
2019年5月21日 17:01

人と人との交わりは全てご縁だと思います。
ただその中にはすぐに途切れる縁もあれば長く続く縁もあれば、良縁もあれば悪縁もある。
本来は良縁になるはずのものが自分の言動で悪縁やすぐ終わるご縁になれば、
その逆もある。

でも運命はないと思います。
「運命」という言葉を使う人がいると、運命と呼ぶことで
ロマンチックやドラマチックなものだと思い込みたいんだろうな、と思います。

ユーザーID:7496621916
運命は後付け。携帯からの書き込み
にな
2019年5月21日 18:33

運命なんて言葉は経験した体験の後に付いてくる言葉であり、私は胡散臭い言葉だと思います。

いい事、悪い事があったあと、こういう運命だったんだ、と過去形で使いますし。

けど縁はとても現実的な言葉だし、神社とかでも使われるし、ステキな言葉だと思います。

結局は人と人との繋がりは縁なのですから。

私も今の恋人は、良縁に恵まれたと思うだけで、運命なんて言葉は使いたくないです。

ユーザーID:4046619104
うーん
くま
2019年5月21日 21:23

真面目に答えるなら完全に結果論。

結果が出てから改めて考えると運命の相手だったということしかない。

共通点と運命は一切関係ないから冷静に。

ユーザーID:8090431160
奇しき縁
ぎんねこ
2019年5月21日 22:18

占い師によると、いくつも縁というのはあるのだけれど、その中から人間はご縁を選び取るものらしいです。
つまり、選択可能な選択肢の集まりとは言えそうです。

まあ、その結果の生き方が運命ですね。

ただ、長い間生きていくと、自分と鏡のような存在の相手が存在するのに気が付きます。ただ似通っているというだけで、相性がよくて、理想の相手とは限りません。

後は、御自分でよく考えて人生を選び取っていくことです。選択肢の一つとしか申し上げられないと思います。

ユーザーID:6313886805
合ってないこともあるでしょ
はてな
2019年5月21日 22:21

「彼」と記述があることから、トピ主さんが女性で彼が男性ですよね。
彼は「女性は縁とか運命とか信じやすいから合わせておくとワンチャンある」と考えて、合わせているんだと思いますよ。

>マッチングアプリ
男性側の目的はたいていそういうことですよね。

>好きな食べ物、嫌いな食べ物
「ああ、そうそう、それ自分も好き、嫌い」って言えばいい。

>乗っている車の車種、色
確認しました?

>昔習っていた習い事
ピアノ?水泳?英会話?

>兄弟の年齢
年が近ければそれは普通のこと

>行ったことのある街や旅行先
本当に行ってました?

>エスカレーター式で進級している
学歴ってことでしょうか。事実?

>地方の方だったのに、やりとりしている中で、たまたまその日の食事のメニューが一緒
うーん、事実かしら?
 
全て事実だとしてもマッチングアプリで知り合った人ですよね。
狙われているだけだと思いますよ。
まあ、恋愛って、「運命!?」って考えないと先へ進めないかもしれませんね。

ユーザーID:2957484170
うーん。携帯からの書き込み
あのこ
2019年5月21日 22:51

袖が触れるのも強縁ともいいます。たまたまですよお。なんというか引き寄せのような。似た人間がよってくるものです。あんまり意味はないと思いますよ。不思議ワールドに一時行っていただけです。ご先祖様の誰かの知り合いかもしれません。縁ってそんな感じがします。

ユーザーID:2049441066
出会いはすべて縁携帯からの書き込み
おかき
2019年5月22日 0:02

運命は、ただ、いろんな相手をベルトコンベアーに乗せて運んでくるだけ。

運ばれてきた相手を手元に引き寄せるか否かはすべて自己判断。

目の前に来たご縁を片っ端からすべて結ぶとこんがらがるので、共通点の多い人からチョイスするのはシンプルで理にかなっていると思います。

ただし、マッチングアプリでの出会いなので、その人がすべてだとは思わない方が良いかと。

たくさんの出会いの中でたまたま共通点が多かったから興味が出た、くらいの軽い気持ちで始めた方が執着しない分楽しめると思います。

どんな縁も、初めは細い糸のようなもの。
何度も会ってお互いを知る内に
どんどん太く強いご縁になるのだと考えてみては。

ユーザーID:6139855372
それはね。携帯からの書き込み
リリス
2019年5月22日 6:06

やりとりしてる中で、
と言う事なので全部合わせているだけ。
そう言っておけば単純な女性が引っ掛かりやすいから。
大体マッチングアプリなんてものに
「運命」や「縁」などありゃしませんて。
現にアナタ引っ掛かかってるでしょ。

ユーザーID:6145364082
縁や運命はあると思います
yuki
2019年5月22日 9:42

でも、主さんの列挙した共通点の数々は、縁だの運命だのに結びつけるには弱いですね。

その出会った彼と主さんは縁はあったのです。
『袖擦り合う(振り合う)も多生の縁』という言葉がありますよね。

主さんという線と、彼という線が、今回交差したんですよね。
縁があったからですね。
重要なのは、その線の行く末です。
交差しただけで離れて行くのか、交わって続くのか。。


運命とは。
人生に訪れる見えない大きな流れのこと。
これは自分の努力などで変えられるものらしいです。
変えられないものは『宿命』というそうです。

ユーザーID:2898902527
良縁も悪縁も自分で感じるもの
無常の風
2019年5月22日 10:21

出会うとすれば、あの人だけには出会いたくなかったという出会い方が、一般的ではないかと思います。人生は、そういう悪縁や悪運だらけではないでしょうか。悪縁や悪運に苛まれて苦労しているのが現実です。もしも今のあなたの出会いが、良縁や好運と思うことが出来るのであれば、とってもラッキーです。大切にしましょう。

ユーザーID:0039983167
どうなんだろう
2019年5月22日 11:01

ただの偶然?話合わせてるだけかな?

例えば旅先で出会った人に好意を抱いたが連絡先も解らず諦めていたが
偶然地元で再開し交際に至った・・・なんてのは縁があったんだなと思いますが。

ユーザーID:3417066848
無題携帯からの書き込み
みみ(トピ主)
2019年5月22日 15:49

話を合わせてるだけ、とか、私の質問の答えに後出しで答えて共通点が多いように思わせてるだけ、という意見もありますが、私は自分から質問してるだけなので、合わせるとかは一切ないです。合わせたくても合わせられるような会話ではありません。だから不思議なんです。なので彼の答えを聞いて内心びっくりしていました。遠い地域の方とまずマッチングすること自体滅多にないですし、仮にやりとりが始まっても会うこともできない為続きません。旅行先は全て友人と写った写真なども見ていますし、嘘でもないんです。
運命とは思いませんが、なんらかの縁があったのかなぁとは思ってしまいます。

ユーザーID:7341629151
気をつけつつ
どんちゃん
2019年5月23日 14:14

どういう運命の相手かわかりませんが、
かの「アナと雪の女王」でアナが見事引っかかったのが
「なにかが突然に変わりそう」「僕も同じこと考えていた」
「何が好き?」「サンドウィッチ!」「僕と同じだ!」

つまり、アナの好きなものや考えを聞いて「僕と一緒だ!」という演出をしてるのです。

トピ主さんが尋ねてその返答が一緒ならいいんですが。

答えを合わせるのって簡単なんですよ。

ちなみに私と夫はお互いの「パートナーはこういう人がいい」が見事に一致した「運命の人」だと思ってます。

ユーザーID:5517429045
共通点の多さが縁の強さの指標とは限りませんが 
pax
2019年5月23日 17:16

縁も運命も日常的によく使われる言葉ですね 笑

運命という言葉には深刻みがあります。過去形で「こういう運命だったのか」にとどまらず、哲学的にはなんか未来を過去形でみてしまうという感じの…

縁という言葉は、仏教的であると同時に、ライプニッツの予定調和をどうしても思い出します(小生はこれらの専門家じゃないので自信はないですが)。人生で出会う事柄は単に if, then でのアルゴリズムで成し得る技でなく、自然(ピュシス:ほったらかしの自然でなく、自ずと生成する事象、事柄)のなせる技。巡り巡っての出会いというニュアンスもありますね。
小生は女性と縁がなかったのも縁だと思うし、縁がないのに配偶者が居るというのも縁だと感じますね。不思議ですね。

で、レスのタイトルですが逆の例もあります。
母の友人の娘の話です。彼女の男性先輩と、小中高大さらに大学院も職種も同じだったとういのだが、縁談どころか母が知りうる期間、約0年で言葉を交わしたのは3回だったというのです。
母も含めその友人は皆「これほど一緒やったのに、交際しなかったのはよっぽど縁がなかったんでしょうね」と言ったそうです。
小生もそう思いますね。

ユーザーID:4483758480
 
現在位置は
です