現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

妻が・・・

新幹線
2019年5月21日 18:51
古いレス順
レス数:97本

タイトル 投稿者 更新時間
主様は、その守秘義務に疑問を感じる事はありませんか?
子の立場です。
2019年6月4日 15:39

>誤解を広げてしまった
誰も「誤解」はしていないと思います。
読めば読むほど、主様所属団体は守秘義務と防犯等を混同している様に感じます。

専門職に課せられる守秘義務は、仕事上知り得た情報を開示しない=顧客、患者様等を守る=個人情報の保護の為です。
>カウンセラーでも精神科医でもありませんから相談者の心の闇をお聴きして寄り添うだけ
なのに
>電話相談員をやっていることを規定により伝えられない
のは、一般的な守秘義務ではないと思います。

>逆恨み、或いはもっと相談を続けたいという思いから深夜に押し掛けてくる危険
ならば、特殊な守秘義務ではなく「防犯」「自衛」手段が必要です。
ボランティアに守秘義務を課すことで、利用者+ボランティアの安全を確保できる、自衛出来るとお考えなら、その団体の危機管理は甘すぎます。

病院にも色々な事情のある方が来ますが、場所は知られていますし、夜中も働いている人がいます。
職員に「病院で働いている事を話してはいけない」と言う守秘義務があると思いますか?

家族は夜勤、当直等を把握していますし、今日は病棟が静かだから時間通りに退勤出来そう、急患が入ったから遅くなる等の話や個人が特定されない範囲での仕事の話は許容範囲です。

逆にDV等、家族に知られずに何かを相談したい方には、通話記録やMail等も見られない様に、ご自身の電話、IPにも気を付けて等、助言し
>包み隠さず話すことによって精神の安らぎが…
でも、話す前に必ず話して良い相手か?確認する様に言っています。

>〈守秘義務規定に違反〉しないで〈だいたいの事〉をどのように妻に話せば良いのか具体的に…
主様所属団体の守秘義務は特殊過ぎるので、一般的な守秘義務の方の意見は参考にならないのでは?
他の方もお書きの様に団体で話す事をお勧めします。
そして団体の守秘義務・防犯+自衛の見直しもお勧めします。

ユーザーID:7674999659
守秘義務についてはスルーでいいのでは
ノア
2019年6月4日 17:05

この内容を読んで、分かる人はトピ主の従事しているボランティアが何であるかも、そこに伴う守秘義務やその重さも既に分かっていると思います。

その守秘義務内容に難癖をつけたり、自分が理解できないからとグダグダ言う人は、スルーで良いのでは。その人達に理解させる必要も意味もないと思います。揚げ足取りをしたいだけの人でしょう。

そして、それは妻に対しても同じです。はっきり言いますが、トピ主の妻が納得できるかどうかなど、どうでもいい話。「守秘義務がある」で納得できないなら、もうそれ以上は何も話すべきではありません。「奥様が納得できるだいたいの事を伝える」なんて言うのは、女性の都合しか考えていない無責任な発言。

私もトピ主の妻が、守秘義務を守れるとは思えません。ボランティアに参加させることは白紙に戻し、妻には妻の仕事なり楽しみなりを見つけさせるのが一番いいのでは。

世の中定年退職した夫が「ひとりでいるのがつまらない」と言ったところで、その相手をする妻などそういません。男性もそれと同じ対応で良いと思います。結局自分がどう生きるか、何をするかは自分で決めるしかありません。トピ主はトピ主の仕事、ボランティアを生き甲斐にして良いと思います。

ユーザーID:1927733250
職場の守秘義務
nemui
2019年6月4日 17:31

医師、弁護士などに限らず職場には守秘義務がありますが、それは「職務上知り得た事実や情報を職務外に漏らさない」ということで

>そもそも電話相談員をやっていることを規定により伝えられない

のように職業そのものを守秘義務の対象とするなどおよそ考えらえません

そのような職業、スパイくらいではないですか?

そして当然どの職場でもどこでどう働いている、どんな同僚がいるという話を家族にしたくらいでは守秘義務違反には当たりません

また、こんなボランティアをされる方は電話相談だけでなく、公開講座、バザーや募金活動、他団体との連携活動などもあり、「どこの誰だかわからない」状態になるはずはないはずなですが…

こんな一般的でない守秘義務のあるボランティア、奥さま同様ここにレスされる方たちも訝しく思いますよ

ユーザーID:9619839974
妻が・・・
新幹線(トピ主)
2019年6月4日 18:43

≫主様所属団体は守秘義務と防犯等を混同している様に感じます。

混同しておりません。混同しているのは[子の立場です]さんです。

●私の所属する団体には守秘義務が規定されています。

●守秘義務が規定されている理由は先に書いた
〈1〉〜〈3〉のような事態が起きるのを避けるためです。

●避けるべき事態のひとつとして防犯上のリスクがあります。

●電話相談員をやっていることを伝えられない規定がある理由は〈2〉に書いてあります。

バザーや募金活動はどうしているか?
のご質問ですが別組織の後援会があり外部との寄付交渉などはそちらがやってます。

ユーザーID:5798417542
奥様は漠然とした不安を感じている
maimai
2019年6月4日 19:32

それはトピ主さんが奥様にも守秘義務をかたくなに貫いているからです。
子どもが休みの日に出かけるのに「どこに行くの?」「誰と出かけるの?」と聞くでしょ?
その時「言えない」と言われたら感じ悪いですよね。それと同じです。
「自分は信頼されていないんだな」って感じていると思いますよ。

その日の相談内容を話せと言っているわけではありません。
どんな人とどんな所でどんなことをしている、くらい「他人」ではない人に話せませんか?
他の方々も「他言するなよ」とくぎを刺してその程度のことは配偶者に話していると思います。

一緒にお仕事をすることになったようなので、そうなれば一目瞭然ですからよかったです。奥様の不安は相当なものだったと思います。
奥様はボランティアがしたくてお仕事を始めるわけではないと思うので、辞めたいと言ったら辞めさせてあげてくださいね。

毎週夫が出かける先のことを何も教えてもらえないなんて、秘密諜報部員じゃあるまいし。

ユーザーID:9509659012
守秘義務云々以前の問題
ふね
2019年6月4日 20:16

単に奥様とボランティア活動、どちらを優先するのか、ということではないでしょうか。
奥様が納得かつ理解していないボランティア活動に毎週時間を費やすことが問題なのです。
守秘義務を守れる範囲での説明で、納得と理解が得られないのであれば、奥様またはボランティア活動のどちらかを選択するしかないのです。

ユーザーID:9620936169
人口の少ない地域なのかな
猫またぎ
2019年6月4日 20:45

>はっきり言いますが、トピ主の妻が納得できるかどうかなど、どうでもいい話。

どうでもいい話なら、もうそれは夫婦ではないですよね。
(上から目線な方ですね)

でも、奥様もボランティアに参加されるそうですから、
夫婦間での守秘義務は少なくなりますね。

知り合いが相談してきたというエピソードがありましたが、
人口の少ない地域なのかな、と思いました。
つまり地域の人が、全員顔見知りな村とかで、
誰が何をしているか、簡単に知れ渡るような?
だったら都会とは異なる守秘義務もあり得るのかな。

なんにせよ、うまくいくことをお祈りしています。

ユーザーID:2672779434
奥様と分かり合える日が来ることを願います。
子の立場です。
2019年6月5日 0:51

>主様所属団体は守秘義務と防犯等を混同している様に感じます。

>混同しておりません。混同しているのは[子の立場です]さんです。

言いたい事が正しく伝わらなかったようで、残念です。
一般的に守秘義務とは【仕事上知り得た(個人)情報を開示しない】と言う【法律上の(違反すると懲役や罰金が有る)義務】です。

主様がお書きになった
>避けるべき事態のひとつとして【防犯上のリスク】

ボランティア管理が不徹底で情報漏洩の恐れがあるから、何かをする時は「リスク・危機管理(マネジメント)」と呼び、一般的な守秘義務とは異なります。
ただ主様所属団体は、専門職ではないボランティアの方に分かり易く、言葉の重さを増す様、それらを便宜上「守秘義務」と呼んでいると思います。

主様の反応は、本当に父にそっくりです。
父も、私が何か意見すると「誤解している(自分は正しく、私が間違っている)」と言う主旨の反論をしていました。実際は私がその分野の専門職で、父はアマチュアでしたが…。
父の活動に口出す事は止めましたが、主様の言葉で父と戦っていた頃を思い出しました。

主様のお書きになった通り
>電話相談員をやっていることを規定により伝えられない
なら、相談員をしている事実がバレない様に振舞う必要があるので…
>職場の守秘義務規定に抵触することを家族に
伝える方法など、ないのでは?

>逆恨み、或いはもっと相談を続けたいという思いから深夜に押し掛けてくる危険
が有るのに
リスク管理が甘い
何かあった時にボランティアの情報漏洩の所為になる恐れ有
ボランティアを守ってくれない団体なら、奥様が
>とにかく辞めろ!
と言うのも
>高齢化により相談員が不足
も分かる気がします。特に無償なら、心身+家族への過負荷がない事、安全確保は大事ですから。

最後のレスにします。
奥様と分かり合える日が来る事を願います。

ユーザーID:7674999659
だいたいの事
ぴあの
2019年6月5日 1:04

まずは。
『活動について妻に伝えた場合、SNSにアップしたり活動員と連絡を取ったりするかもしれない』との件についてですが。
奥様がおしゃべりだから、という事が理由なのではなく、一般論として例を挙げただけだという事で理解をしました。


また。
守秘義務の内容については理解しています。決して
>自分が理解できないからとグダグダ
言っているのではありません。




さて。
以下のご質問についてお答えします。
>守秘義務規定に違反しないで〈だいたいの事〉をどのように妻に話せば良いのか?

私の意見は以下の通りです。
1.活動場所
『○○町△△ビルの二階で活動してるんだよ』→ここまで詳しく言わず『◯◯駅の近くのビルで活動してる』との程度で伝える。

2.活動員
個人が特定されないよう『ボラ仲間は、20代の女性が◯人・△代の男性が◇人』という程度で。

3.相談内容
奥様も、さすがに詳しい内容を知りたいとまでは思っておられないのでは?
『辛い思いをした相談者の相談に乗る』これだけで充分かと。

4.泊まり
24時間受付のため、交代で深夜の業務もある。今日は深夜に活動する。担当は◯人いる。


……以上が私の思う『だいたいの内容』です。



2つ目のご質問について
>ぴあの様の職場の守秘義務規定にに関わることを家族にどのように伝えておられるのでしょうか?


私は仕事の話を家庭内でしません。話す暇がない・家に帰ってまで仕事の話をしたくない、というのが理由です。
夫も私の仕事内容を知りたいと思わないのか質問してきません。
後輩の失敗で取引先に大迷惑をかけた時は『後輩が失敗して私がその尻拭いをした。その為残業となった。疲れた。』というような事は言いました。
守秘義務?企業名・個人名を言わなければこの程度の話はOKだと思います。

ユーザーID:3902764110
根本的なことを見失っていませんか
クリーム
2019年6月5日 2:37

まず、私はトピ主さんの守秘義務についての説明で、奥さまの口が軽いという発想はしませんでした。

また、私自身、現職と前職は「食品メーカー」のように業種くらいしか言えません。履歴書にも社名は書けません。
そういう契約を全員がしているので、トピ主の守秘義務は理解できます。

つまり、ここで相談されても、どうしても文字だけのやり取りでお互いに行き違いは生じるし、まして自分の想像の及ぶ範囲でしかアドバイスもできないので、何度もつまびらかに説明するのは無駄だと感じて見ています。

もし万が一、なんらかの電話相談を利用したい人がトピ主のレスを見て「ボランティアさんの家族に迷惑をかけては申し訳ないから電話はやめよう」と思ってしまったらどうでしょう?

なんのための守秘義務かと考えれば、ここまで詳細に書くべきではなかったと思います。

ところで、少し電話相談の類いを調べてみたところ、ホームページでも「相談の性質上、所在地は非公開」と明記してあるところがありました。

トピ主のところもそうなら、奥さまにはこれを伝えてみてはどうですか?
公式にも非公開にするほど慎重に取り扱うもの、だからこそどこの誰とは特定できないトピ主をいわば穴(葦)同様に安心して相手は王様の耳はロバの耳と吐き出せる。

そもそも、「どこで誰と」などがわからないから不安とか一緒にやりたいとか聞けたようですが、奥さまとしては、定年したし夫婦ふたりでのんびりすごそうと思ったら、夫は変わらず仕事もボランティアもして社会つながり、自分は専業主婦。
物理的よりも、人生でポツンと置いていかれている寂しさがあるのではないでしょうか。

たいへん失礼を申しますが、日中にこれだけレスに手間をさけるなら、仕事の方を非常勤にするのも有効ではないかと感じました。

相談員の同僚に聞けばよろしいのでは?
どう家族の理解を得ているのか、と。

ユーザーID:7118124521
妻が・・・
新幹線(トピ主)
2019年6月5日 7:46

≫専門職に課せられる守秘義務は
仕事上知り得た情報を開示しない・・・=個人情報の保護の為です。

あまりに知識不足です。

何を守秘義務の対象とするかは組織や担当業務によって様々なものがあり、夫々の組織で影響などを検討して決めます。
例えば次のようなものが考えられます。
 ・新製品の開発計画
 ・製品の製造ノウハウ
 ・商品の原料配合比率
 ・入札予定価格
 ・他にもいっぱいあります
分かりやすく言いますと、たこ焼き屋の粉の配合比率も守秘義務の対象になります。

病院の場合は所在地情報が守秘義務の対象になっていない〈出来ない〉というだけのことです。病院がやってないのに私の団体が所在地情報を守秘義務にしているのはオカシイというのは筋違いの理論です。

無給のボランティアにその様な厳しい守秘義務を課すのは如何なものか?
というのは別な議論です。
参加者がその事に納得出来るかどうかということになります。 

ユーザーID:5798417542
まだ続いている・・・!
猫またぎ
2019年6月5日 11:30

>無給のボランティアにその様な厳しい守秘義務を課すのは如何なものか?
>というのは別な議論です。

その議論が中心だと思いますけど?
配偶者に居場所や活動状況も教えられないボランティアって、
変でしょ。ずっとそのことをレスしてるのにね。

>参加者がその事に納得出来るかどうかということになります。

トピ主さんよりも、トピ主奥さんが納得していないだろう
いう話をしているんですけれどね。

ユーザーID:4196857425
ですから他の方はどうしてるの?
クルミ
2019年6月6日 9:36

トピ主さんのボランティアの守秘義務の妥当性などはもう分かりましたし、一般的ではないと言ってもそういうボランティアが実際あるのかもしれません。
だから早く、次のボランティアの連絡会の時にでも周囲の他のボランティアの方は家族にどう説明して、どの程度活動内容を話しているのか聞いてくださいよ。

自分は守秘義務に従って『相談員ボランティアをやっている。それ以上のことは守秘義務により話せない』とだけしか妻に言っていないのだが、妻が何も分からないと不安に思っている。皆はどの程度、どうやって家族に説明してるの?って。


もし全員トピ主さんのように諜報機関並みのかん口令を敷き、家族は謎の活動に不安を感じつつも我慢しているなら、それはもうそういうボランティアだという事でしょう。

ここで守秘義務の妥当性や法的根拠を議論したって意味ないんですよ。
少なくともトピ主さんはそう認識しているという事であって、会った事のない小町の人にいくら「それはおかしい」と言われても、でもうちの規則はそうなんだとしか思わないです。

だからここは同じ規則のもとで活動している他のメンバーの実態を確認してもらうのが一番です。

「事務所の場所までは言ってないけど、どこに行くかは伝えてるよ。相談案件の具体的な話はしないけど、仕事の内容くらいはで言うでしょ、普通。新幹線さんの事も実名は出さないけど話してるよ」
「具体的内容はしゃべらないけど妻にも対応を相談してるよ。もちろん他言無用と言ってるけど」
みたいな感じかも。

もし本当にトピ主さん並みに何も言わずに来ているなら、じゃあどうやって家族の理解を得ているのかを相談しましょうよ。
同じ立場にいるものが一番の相談相手でしょう?
相手は相談に乗るプロなんだし。

何でも「守秘義務」の一言で済まそうとするのが悪いのでは。なぜダメなのかちゃんと言葉を尽くしましたか?

ユーザーID:1276891897
酷いことを言うようですが
ノラ猫ブータン
2019年6月6日 13:49

トピとレスの流れを拝見していました。
その中で分かったことは、トピ主さんの頭の硬さです。
そんな風に硬くては、相談員の役割を果たす事が難しい
のではありませんか。

世の中は、人間の数だけ何でもありの世界なんだと思います。
ボランティアに励んでいらっしゃるのは分かりますが、
そろそろ引き時なのではありませんか。

相談者よりも優先すべきは、身近で大切な奥さんではありませんか。

ユーザーID:9642085680
妻が・・・
新幹線(トピ主)
2019年6月6日 13:57

多くの皆さまからの貴重なご意見やアドバイス本当にありがとうございます。

家族にはどのように伝えてるの? とボラ仲間に聞いてみました。
予想通りというか、当然というか・・・
『そうは決まっているが実は・・・』
と答えた方はひとりも居ませんでした。
全員
『守秘義務は完全に守ってる』
『守れないなら相談員の資格がない!』
と叱られました。

それで皆さまからのアドバイスにもありましたようにボランティア事務に参加することになりました。
面接に行っております。私が仕事のためひとりで行きました。
そこで意思確認され、養成講座生と一緒に守秘義務に関わる講座を受講します。
守秘義務の大切さを理解した上で誓約書にサインすることによって活動場所を教えてもらえます。
続けられるかどうかはわかりませんがこの義務は辞めた後も続きます。

少なくとも私と妻の間の秘密はなくなります。

多くの皆さまからのご意見やアドバイスに改めてお礼を申し上げます。

ユーザーID:5798417542
とても気になることがあります。
クリーム
2019年6月6日 18:43

ひとまず丸く収まってよかったですね。

ところで、ボランティア仲間に叱られたとか、そこはどうでもいいです。
それより、その方たちは家族の理解をどう得ているのか、です。
みなさん一緒にボランティアされているんですか?

トピ主さん、ボランティアを奥さまに理解してもらった上で続けたいというのが今回の相談のきっかけだったと思います。

守秘義務は確かに理解の大きな壁となりますが、メインテーマではなかったはずです。
トピ主としては、みなさまから「少しくらい奥さまにお話できないものか」と言われて「その“少し”が無理だから困っている」から守秘義務について説明されたのでしょう。

そもそも、ご自身で「嫉妬から反対?」と推測されて相談がスタートしている。

はじめの方にすでに「週6日も一人だからでは」という「ボランティアだけが問題ではない」指摘が複数あります。

社会と繋がっている夫と、世間の狭い専業主婦の妻。
この構図を何人かが提示されているのに、トピ主は「嫉妬でボランティアに不満」を前提、つまり思い込んでいるから、ボランティア内容を伝えてはどうかというレスにばかり目がいき、あげく守秘義務に迷走したと思います。

今回、奥様もボランティアに参加され、これで嫉妬も解消されるからヨシとお考えでしょうが、奥様にしたら、社会参加できる喜びのほうが大きいかもしれません。

同様に、ボラ仲間にも守秘義務主体で相談したのではないかと推測します。

つまり今回、根本的な解決はできていない可能性が高く、今後のためにもトピ主は「なにも解決していない」事実と原因は知っておくべきと思います。

最後に。
ボランティア仲間に、ネットで自分達の守秘義務について無理解な人にしっかり説明したよ、とどうぞお伝えになってください。

ユーザーID:7118124521
あの。
まり
2019年6月6日 21:04

よくわからないけど、
そこまで秘密にしないとダメなものを
ここにくわしく書いて大丈夫?

>全員
>『守秘義務は完全に守ってる』
>『守れないなら相談員の資格がない!』
>と叱られました。

こういうやりとりがあったなら
お仲間がこの投稿を見たら、
誰が書いたかわかってしまいますよね?
それは大丈夫なのでしょうか?
奥さんがボランティアに参加するのはいいと思いますけど
その経緯はあまり褒められたものでもないし
おおっぴらにはしないほうがよいことは
主さんにもわかりますよね?

ユーザーID:9269295852
一緒に仕事をしている人に聞く
maimai
2019年6月7日 13:21

一緒にボランティアをしている人は家族間で同じような問題は起きていないのですか?
もし、起きていないとしたらトピ主さんの奥様に対しての態度(妙に秘密主義な感じとか、「お前には関係ない」とか)が他の人とは違うのではないですか?
一緒にボランティアをしている人に聞けばいいのに、と思いました。

ユーザーID:9509659012
トピ主さんに質問です
える
2019年6月8日 11:28

>〈守秘義務規定に違反〉しないで〈だいたいの事〉をどのように妻に話せば良いのか具体的に教えていただけないでしょうか。
ぴあの様(他の方も)の職場の守秘義務規定にに関わることを家族にどのように伝えておられるのでしょうか?


こんな風に質問されましたね。
で、すぐに答えがなかったからもう一度質問されました。
そうしたら、ぴあの様が「だいたいの事」について丁寧なお返事されました。
なのに。

トピ主さんは、それには触れず
「守秘義務についてのボラ仲間の解釈は皆同じでした。」
で終わり。
勝手ですね。

ぴあの様提案の「だいたいの事」について、あなたはどう思ったのですか?
その範囲のことも妻には言えないのですか?
……質問したのですから答えませんか?
少なくとも私は気になります。

ついでに。
ボラ仲間は、守秘義務厳守の中、どのように家族の理解を得ているのか。
何もわからない謎の行動に、家族から心底理解してもらっている人ばかりなのか。
…この辺りも知りたいな、と、思います。

ユーザーID:8030035216
トピ主様にとって誰が一番大事なのか
hiro75
2019年6月8日 22:04

全てのレスとトピ主様のコメントを読みまして、何だかもどかしくなってしまい出て来てしまいました。

確かにトピ主様は社会的に意義のある活動をしていらっしゃいます。でも奥様の気持ちにもう少し寄り添えないものなのかな、と思いました。
事務のお仕事を奥様がされるということですが、それでも相談員ではないのだからやはりトピ主様の守秘義務厳守の姿勢は続くわけですよね。

トピ主様のコメントを読んでいると、何だかとても頑なな…というか縛られすぎのような印象をうけました。

私もぴあの様のレスに一番近い考えです。
前出の方も指摘されてますが、ぴあの様の説明のレスについてトピ主様がどのように思われたのか、お気持ちを知りたいなと思ってしまいました。

ユーザーID:1875690248
 
現在位置は
です