妻が・・・

レス97
お気に入り107

新幹線

男性発

ボランティアに反対します。

こちらは60代、定年退職後の継続雇用で月〜金フルタイム勤務で働いています。妻も60代で専業主婦です。
子どもたちは既に独立し今は夫婦ふたりの暮らしです。

数年前から続けているボランティア活動に反対されています。
活動内容は電話による相談員で社会的にも高い評価の得られているものです。
毎月(土) 3〜4回の参加ですがそれ以外に趣味や道楽はなく日曜日と祝日は終日妻につきあっています。

最初のころは反対していなかったのですが、最近は【とにかく辞めろ!】の一点張りでいつもその事でケンカになりますよ。
『ひとりでいるのがつまらない』と言うのですが、もしかしたらボランティア仲間に嫉妬しているのかもしれません。

たしかに女性が多いですが、今までボランティア仲間どうし男女間の浮かれた噂話などは聞いたことがありません。
最近は高齢化により相談員が不足していてることから辞めづらい状況です。

こちらは相談のプロなんですが自分の事となると中々考えがまとまりません。

妻の思いはどういうことなのか、私はどう対応すれば良いのか皆さまのご意見がいただければ嬉しいです。

ユーザーID:5798417542

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数97

レスする
  • 皆さまからのアドバイスありがとうございました

    多くの皆さまからの貴重なご意見やアドバイス本当にありがとうございます。

    皆さまからのアドバイスもあり妻は後援会のお手伝いボラに毎日行くようになりました。
    元々、活発な性格でしたから協賛企業の担当者様との会話なども楽しいようです。
    以前より明るくなったように感じます。
    平日の午後だけですが続いて欲しいと願っております。

    ここに相談して皆さまからのアドバイスをいただいて本当に良かったと感じております。
    妻が何に不満を感じているのかの本音が聞けましたし同じ系列の団体に参加することでふたりの間の秘密もなくなりました。

    もう少し楽なボランティアをふたりでやってはどうかというアドバイスもいただきました。
    確かに夜勤もあり、キツイなと感じる日もあるのですが妻とも話し合って少し高めの負荷をかけておいた方が元気でいられるだろうという結論になりました。

    ふたり助け合って続けていきたいと願っております。

    皆さまからのご意見やアドバイス本当にありがとうございました。

    ユーザーID:5798417542

  • 2回目です

    「もう死にたい」という電話を深夜に受け
    守秘義務を守るのが生き甲斐なんですよね。
    長期間の訓練を受け、社会的に評価されている活動ですしね

    同ボラ活動の私の姉ですが
    老父(別居)とはまったくコミュニケーションがとれず
    姉が行くと父がコチコチに固まるので
    (私の夫が最初に気がつきました)
    私も夫もほとほと困り果てていました。

    でもトピ主さんは大丈夫ですよ
    奥様が関わってくるので、
    そこでボラ活動仲間とのバランスもとれるでしょう。

    ユーザーID:8612291928

  • 質問から離れていってませんか

    主さんが妻にボランティアを反対されている

    ここでのアドバイスにより、同じ団体で奥さんがボランティアを始める

    夫婦間の問題解決

    めでたし


    これでいいじゃないですか。
    そのボランティアの守秘義務がおかしいだとか、そんなのかなりどうでもよくて、少なくともそこで活動してる主さんは納得してるんですから、別にいいじゃない。
    外野に判ってもないくせにあーでもないこーでもない、と言われたら、そこでの活動を真剣にやっている人ほど、真面目に反論したくもなるわけで。

    ユーザーID:8830438925

  • 守秘義務でモチベーションアップ!

    >≫すごく勝手な想像を申しますと・・・

    >おっしゃってる通りです。

    面白いですね、トピ主さん自ら、守秘義務がある方が
    ご自身のモチベーションが上がると
    認めてしまったのですね。

    確かに他人の秘密を知る立場にある相談員って、
    そのこと自体がワクワクするし、
    秘密の任務っぽい感じが楽しいのでしょうね。

    しんどいこともセットだけれど、
    それすら楽しめてしまう感性なのだとお見受けしました。

    ユーザーID:9973421605

  • 残念のひとこと

    トピ主さん。
    勝手な想像を申し上げ、また想像を膨らませてよけいな心配までしたこと、お詫びします。

    実に的確に皮肉を返す言葉に、守秘義務への固執もやはり意図的なのだなと確信しましたが、これまた勝手な想像です、先にお詫びします。

    守秘義務については組織として公開している内容であろうが、「辛い、苦しい」といった相談だと内容をにおわせることがセットになっているのが問題で、私は先に3回レスしましたが、初回にてそのことを指摘しました。
    これまでの、またはこれからの相談者に万が一このトピが目に触れた場合のことに、まったく寄り添わない姿勢に誠に落胆しています。

    私も会社の名前も言えない守秘義務がありますが、具体的な運用のひとつとして、自身のSNS含め、仕事に言及の有無を問わず会社を匂わせることも厳禁です。

    今日の晩ごはんはカレーだったと日記を書いている程度でも、読み手がまったくどこの誰とも知らない場合と、どこの社員と知っている場合では、違いがあるのはわかりますか。

    所属を明らかにするのはつまり、看板を背負うことです。
    ただの日記であろうと、もしその中でささいであれ不法行為があれば「どこどこ社員の不祥事」になりうるんです。

    さて、私事ですが、40を越えたとたん持病がひどくなりまして、仕事は今月いっぱい休業中です(こんな真夜中にこれを書いているのも、不安が増して不眠症になってしまったせいです)。親兄弟や配偶者もなく、いわゆる天涯孤独、いずれ待ち受けるのは孤独死かな、という身です。
    少しずつ、身の始末などはじめているところです。

    こういう人間にとって、不安になったときいざとなれば話を聞いてくれる見知らぬ誰かがいる、そのことの安心感はわかりますか?
    あなたには絶対にわからない。
    私はこのトピで目を覚まされた思いです。
    頼れる人などどこにもいないのだ、と。

    ユーザーID:7118124521

  • 相談のプロと書かれていますが

    レス16回全て読みましたが、とても理屈ぽくて頑なな印象を持ちました。

    >妻の思いはどういうことなのか、私はどう対応すれば良いのか皆さまのご意見がいただければ嬉しいです。
    でも皆さんのレスに反発してばかりですね。

    悩み相談をするのならもっと柔軟で何でも吸収してくれるような人がいいなぁ。

    ユーザーID:9509659012

  • ご夫婦の時間を楽しんで

    こんにちは、はじめまして。

    ボランティアは主様のやりがいでもありますね。尊い役割大変お疲れ様です。

    専業主婦の奥様はご夫婦の時間を楽しみにしておられるご様子、週末は特にでしょう。
    これからまだまだ長い夫婦生活だと思うのですが、誰にでも人生の時間には限りはあります。

    ボランティアの回数を減らしてみてはいかがでしょうか。
    どんな仕事もそうですが、退き際が必ず来ます。

    ご自身の中で何を大事として今後の人生歩まれるのかご自身とじっくり向き合うのも良いと思います。
    奥様の為にということではなく、ご自身で見つめ直して決めて生きていく、為にご自身の時間を増やしてみてはいかがでしょうか。

    夫婦は双方意外と心根を伝えるのは苦手だったり、上手では無かったりします。
    奥様の胸の内を聴いてください。

    それでは
    益々お元気で楽しい時間をお過ごしください。

    ユーザーID:6700660265

  • レスします

    他人の苦しみに耳を傾けて、負える重荷を軽くしてあげる素晴らしいボランティアです。
    半端な気持ちではできないですよ。

    ユーザーID:4480279299

  • 妻が・・・

    ≫すごく勝手な想像を申しますと・・・

    おっしゃってる通りです。
    ご自身でも気付いておられるみたいですね。

    ≫あなたの書いたことは・・・守秘義務違反の可能性が・・・

    勝手な想像によるご心配、有り難うございます。
    私がここでお伝えしたことは先にお知らせした団体ホームページに書かれてることなんです。
    全て公開すみの情報から慎重に内容と言葉を選んでレス文の補足に使いました。

    ユーザーID:5798417542

  • 結局「守秘義務のある仕事をしてる俺、カッコイイ!」なんですね

    ずっと興味深くROMってましたが、失礼ながらトピ主さんはボランティアだろうが、有給の仕事であろうが、『相談員としては適性が皆無である方』としか感じられません。

    たくさんのレスの要点は
    「守秘義務は理解できるが、その受け取り方が偏っている上頑な過ぎるのではないか」です。
    我々「トピ主の団体の詳細を知らない第三者」からのその意見に対して(自分で聞いておいて)「守秘義務は必要」と論点をすり替える。
    それならばと「他のお仲間からお話を聞いてみては?」と、団体に詳しい方の意見を聞くよう促せば「守秘義務は守っていると返事された」と、またも肝心な要点を外したレス・・・。

    ここまでレスからズレたレス内容の把握しか出来ないトピ主に人生相談役などされても中身のある回答が返ってくるとは思えません。

    『守秘義務』、格好いい言葉ですね。
    『守秘義務のある仕事』、命を救うお医者さんや国家を支えるお役人のような素敵なお仕事ですね。

    ま、少なくとも私は「偏った、自己解釈義務堅固」だけの、文意の理解すら出来ない方に何かを相談しようとは思いませんが。
    (あえて言いますが、「あなたの団体に守秘義務は不要」と言っているのではありません。)

    ユーザーID:7524216141

  • 妻が・・・

    「団体概要」とはホームページのような事でしょうか?
    それなら勿論有ります。以下その内容です。
     ・団体名    →有ります
     ・活動内容   →有ります
     ・所在地    →有りません
     ・郵便送り先  →郵便局私書箱止
     ・メルアド   →有ります
     ・電話番号   →有ります
     ・相談電話番号 →有ります
     ・ボラ募集   →有ります
     ・寄付お願い  →有ります
     ・相談員の写真 →有りません
    以上のようになっています。
    当然、私が家族や知人に『ここで活動してるんだよと』ホームページを紹介することはできません。
    その理由は以前お伝えした(2)のような事態を避けるためです。


    ≫ある程度はしゃべっているのでしょう。この姉が老父とうまくいかなくて(怒ってすぐどなる・・・

    相談員としての資格や適性に欠けるお姉さまですね
    秘密を守るのは相談員の絶対条件です!

    ユーザーID:5798417542

  • トピ主さん、自覚を。たいへんなことです。

    トピ主さん、予想はしていましたが、ボラ仲間への問い方、完全な失敗ですね。

    前も書いたんですが、守秘義務のお話はメインテーマではないのに、なぜそれをメインで聞いてしまうのでしょう。

    たとえば「さいきん妻がボランティアをいやがるようになってね。詳しいことは話せないから僕ももどかしいけど妻も不安みたい」なら、「社会に関心を持つようになったから、一緒にテレビを見たりして会話が増えたよ」「休憩時間の世間話でおもしろいことなんかは話して、いい雰囲気だと伝えてる」などのヒントはあったかもしれません。
    そもそも、ボランティアだけが問題でなく、もっと構ってあげたらとか奥さまも外に出るようにしてみては、と根本的な解決をはかるアイデアもあったかもしれません。

    仲間に相談してはどうかと勧めた人の中に「守秘義務について聞いてみて」と思っていた人はいないと思います。

    あなただけが、迷走したままなんです。
    せっかく私のほかにも守秘義務は理解していますよ、そこはスルーしましょうという意見もあったのに、です。

    すごく勝手な想像を申しますと、あなたは守秘義務にこだわるほうが都合がいいんです。
    嫉妬するかわいい奥様、やりがいと責任に燃える自分、この虚像は壊せないのです。
    そう見えるんです、本当にあなたの答えは予想どおりすぎた。

    最後に、守秘義務についてつまびらかにされたこと、まったく気にされていない様子なので再度。

    私はこれかな、とひとつの電話相談を思い浮かべています。
    もし正解なら、あなたの書いたことは、正解を導くに充分な情報であった、つまり守秘義務違反の可能性が出てきます。
    もし不正解なら、別の電話相談に迷惑をかけている。
    あそこの人は内情をネットでばらすのだな、と。

    繰り返します。
    ぜひボラ仲間に、守秘義務について理解のない人たちに説明してきたよとお伝えください。
    できるものなら、ですが。

    ユーザーID:3969234397

  • 救うなら家族と自分から

    私の姉も同様のボラ活動をしていますが
    「通年で研修を受けた有資格者」
    「人を救っている」ということに誇りをもっています。
    「家族は私の活動に興味しんしんで、いつも話を聞きたがるのよ」
    と言いますから、ある程度はしゃべっているのでしょう。

    この姉が老父とうまくいかなくて(怒ってすぐどなる、荒れさせる)
    私はほとほと困り果てていました。
    新幹線で通い、何日も泊まり込みもしました。

    トピ主さん頭が固いですよね、他の方からも言われていますが。
    思い込みとジャッジの世界に入っているような気がします。
    上から目線というのか。
    ほんとによい相談員ができるのだろうか、と私も思います。

    また、老化とはまた別の話ですが
    他人(家族ではなくて)を救うのを生き甲斐にするのは、なんだかなあ。

    漠然とした、訳の分からない不満のある奥様のほうが
    マトモな感じがしますけどね

    ユーザーID:5159429671

  • 団体概要はありますか

    トピ主さんのレス14を読ませていただきました。

    とても不思議なのですが、トピ主さんの
    ボランティア団体は、所在地、連絡先、活動内容などの
    どこにも公開していないのでしょうか。

    会社概要がない会社はありませんが、
    ボランティア団体も団体概要が公式にあるはずです。

    それらが開示されていないと、
    極端な話、オレオレ詐欺の事務所とどうやって
    見分けるのでしょうか。
    本当に、正式な団体なのですか。

    参加者が納得しているんだから良い、
    嫌なら参加しなきゃいいでしょ、
    では通用しないと思いますが。。。

    ユーザーID:4667768968

  • 妻が・・・

    多くの皆さまからの貴重なご意見やアドバイス本当にありがとうございます。

    妻は指導員さんからの勧めもあって、後援会のお手伝いボラに参加するようになりました。
    協賛企業に寄付のお願いに伺ったりバザーのお手伝いしたりといったことです。平日の午後だけ行くみたいですが続いて欲しいと願っております。

    ボラ仲間は家族に守秘義務に関わることをどのように伝えているのかというご質問ですが
    全員『守秘義務は完全に守ってる』という答えでしたが、ではそれでパートナーとモメることはないの? とは聞けませんでした。それぞれの夫婦の問題ですから。
    ただお互い相手のことには干渉しないという感じでした。

    ボランティア活動についての守秘義務ですが
    ボランティアにも様々なものがあります。何を守秘義務の対象とするかは活動内容によってそれぞれ違うのではないでしょうか。
    公園草取りボラは顔を出してるのに電話相談ボラは顔を見せないのはオカシイとか、病院ボラは場所を話せるのに電話相談は活動場所を秘密にするのはヘンとか、いうのは違うように思います。

    私の団体が厳密な守秘義務を課している理由は先にお伝えした(1)〜(3)のような事態を避けるためです。もしそれが納得いかないのなら誓約書にサインしない〈活動に参加しない〉ということになります。

    もう少しお気楽なボランティアをふたりでやってはどうかというアドバイスですが
    確かに『辛い、苦しい、もう終わりにしようかと・・・』訴えに寄り添うのは本当に過酷で大変な活動です。夜勤もあります。でももしかしたらひとりの方の人生に関われるかも知れないという思いで続けております。

    いずれにしても妻はボラ仲間になってくれたので夫婦間の秘密はなくなりました。
    助け合って続けていきたいと願っております。

    皆さまからのご意見やアドバイス本当にありがとうございました。

    ユーザーID:5798417542

  • ボラ団体

    こちらのトピに何回かレスした者です。
    トピ主さんご夫婦間での問題は何となく解決したようですが。

    トピ主さんのボランティア団体の守秘義務について、
    夫にちょっと聞いてみました(男性の意見も聞いてみたかったので)。

    配偶者に対して、居場所も時間も大まかな活動内容も教えられない
    ボランティアってあるか、聞いてみました。

    そうしましたら、夫は、
    「それは(基本的)人権に違反してるんじゃないか?
    (過剰なまでの守秘義務は、活動する人の人権違反であるという意味です)」
    「ボランティアといっても、扱いは職業と同じだよ。」
    とのことでした。

    テレビを見ていると、いろんなボランティア団体が
    取材を受けたりしていますよね。
    その人たちは、顔も晒すし、多分事務所の場所も
    わかるようにしていると思います。

    トピ主さんのボラ団体が、かなり変だという
    自覚は、持たれた方がいいと思いますよ〜。

    ユーザーID:4196857425

  • 伴侶を幸せに

    出来ず、他人を幸せにできるんでしょうか。

    まず一旦やめて、奥様と向き合えるボランティアを見つけてください。
    文面を見ると、ボランティア現場での相談者の心理状態に同化しているように思います。

    奥様が可哀想。

    私にアドバイスはいりません。

    ユーザーID:2760442237

  • トピ主様にとって誰が一番大事なのか

    全てのレスとトピ主様のコメントを読みまして、何だかもどかしくなってしまい出て来てしまいました。

    確かにトピ主様は社会的に意義のある活動をしていらっしゃいます。でも奥様の気持ちにもう少し寄り添えないものなのかな、と思いました。
    事務のお仕事を奥様がされるということですが、それでも相談員ではないのだからやはりトピ主様の守秘義務厳守の姿勢は続くわけですよね。

    トピ主様のコメントを読んでいると、何だかとても頑なな…というか縛られすぎのような印象をうけました。

    私もぴあの様のレスに一番近い考えです。
    前出の方も指摘されてますが、ぴあの様の説明のレスについてトピ主様がどのように思われたのか、お気持ちを知りたいなと思ってしまいました。

    ユーザーID:1875690248

  • トピ主さんに質問です

    >〈守秘義務規定に違反〉しないで〈だいたいの事〉をどのように妻に話せば良いのか具体的に教えていただけないでしょうか。
    ぴあの様(他の方も)の職場の守秘義務規定にに関わることを家族にどのように伝えておられるのでしょうか?


    こんな風に質問されましたね。
    で、すぐに答えがなかったからもう一度質問されました。
    そうしたら、ぴあの様が「だいたいの事」について丁寧なお返事されました。
    なのに。

    トピ主さんは、それには触れず
    「守秘義務についてのボラ仲間の解釈は皆同じでした。」
    で終わり。
    勝手ですね。

    ぴあの様提案の「だいたいの事」について、あなたはどう思ったのですか?
    その範囲のことも妻には言えないのですか?
    ……質問したのですから答えませんか?
    少なくとも私は気になります。

    ついでに。
    ボラ仲間は、守秘義務厳守の中、どのように家族の理解を得ているのか。
    何もわからない謎の行動に、家族から心底理解してもらっている人ばかりなのか。
    …この辺りも知りたいな、と、思います。

    ユーザーID:8030035216

  • 一緒に仕事をしている人に聞く

    一緒にボランティアをしている人は家族間で同じような問題は起きていないのですか?
    もし、起きていないとしたらトピ主さんの奥様に対しての態度(妙に秘密主義な感じとか、「お前には関係ない」とか)が他の人とは違うのではないですか?
    一緒にボランティアをしている人に聞けばいいのに、と思いました。

    ユーザーID:9509659012

  • あの。

    よくわからないけど、
    そこまで秘密にしないとダメなものを
    ここにくわしく書いて大丈夫?

    >全員
    >『守秘義務は完全に守ってる』
    >『守れないなら相談員の資格がない!』
    >と叱られました。

    こういうやりとりがあったなら
    お仲間がこの投稿を見たら、
    誰が書いたかわかってしまいますよね?
    それは大丈夫なのでしょうか?
    奥さんがボランティアに参加するのはいいと思いますけど
    その経緯はあまり褒められたものでもないし
    おおっぴらにはしないほうがよいことは
    主さんにもわかりますよね?

    ユーザーID:9269295852

  • とても気になることがあります。

    ひとまず丸く収まってよかったですね。

    ところで、ボランティア仲間に叱られたとか、そこはどうでもいいです。
    それより、その方たちは家族の理解をどう得ているのか、です。
    みなさん一緒にボランティアされているんですか?

    トピ主さん、ボランティアを奥さまに理解してもらった上で続けたいというのが今回の相談のきっかけだったと思います。

    守秘義務は確かに理解の大きな壁となりますが、メインテーマではなかったはずです。
    トピ主としては、みなさまから「少しくらい奥さまにお話できないものか」と言われて「その“少し”が無理だから困っている」から守秘義務について説明されたのでしょう。

    そもそも、ご自身で「嫉妬から反対?」と推測されて相談がスタートしている。

    はじめの方にすでに「週6日も一人だからでは」という「ボランティアだけが問題ではない」指摘が複数あります。

    社会と繋がっている夫と、世間の狭い専業主婦の妻。
    この構図を何人かが提示されているのに、トピ主は「嫉妬でボランティアに不満」を前提、つまり思い込んでいるから、ボランティア内容を伝えてはどうかというレスにばかり目がいき、あげく守秘義務に迷走したと思います。

    今回、奥様もボランティアに参加され、これで嫉妬も解消されるからヨシとお考えでしょうが、奥様にしたら、社会参加できる喜びのほうが大きいかもしれません。

    同様に、ボラ仲間にも守秘義務主体で相談したのではないかと推測します。

    つまり今回、根本的な解決はできていない可能性が高く、今後のためにもトピ主は「なにも解決していない」事実と原因は知っておくべきと思います。

    最後に。
    ボランティア仲間に、ネットで自分達の守秘義務について無理解な人にしっかり説明したよ、とどうぞお伝えになってください。

    ユーザーID:7118124521

  • 妻が・・・

    多くの皆さまからの貴重なご意見やアドバイス本当にありがとうございます。

    家族にはどのように伝えてるの? とボラ仲間に聞いてみました。
    予想通りというか、当然というか・・・
    『そうは決まっているが実は・・・』
    と答えた方はひとりも居ませんでした。
    全員
    『守秘義務は完全に守ってる』
    『守れないなら相談員の資格がない!』
    と叱られました。

    それで皆さまからのアドバイスにもありましたようにボランティア事務に参加することになりました。
    面接に行っております。私が仕事のためひとりで行きました。
    そこで意思確認され、養成講座生と一緒に守秘義務に関わる講座を受講します。
    守秘義務の大切さを理解した上で誓約書にサインすることによって活動場所を教えてもらえます。
    続けられるかどうかはわかりませんがこの義務は辞めた後も続きます。

    少なくとも私と妻の間の秘密はなくなります。

    多くの皆さまからのご意見やアドバイスに改めてお礼を申し上げます。

    ユーザーID:5798417542

  • 酷いことを言うようですが

    トピとレスの流れを拝見していました。
    その中で分かったことは、トピ主さんの頭の硬さです。
    そんな風に硬くては、相談員の役割を果たす事が難しい
    のではありませんか。

    世の中は、人間の数だけ何でもありの世界なんだと思います。
    ボランティアに励んでいらっしゃるのは分かりますが、
    そろそろ引き時なのではありませんか。

    相談者よりも優先すべきは、身近で大切な奥さんではありませんか。

    ユーザーID:9642085680

  • ですから他の方はどうしてるの?

    トピ主さんのボランティアの守秘義務の妥当性などはもう分かりましたし、一般的ではないと言ってもそういうボランティアが実際あるのかもしれません。
    だから早く、次のボランティアの連絡会の時にでも周囲の他のボランティアの方は家族にどう説明して、どの程度活動内容を話しているのか聞いてくださいよ。

    自分は守秘義務に従って『相談員ボランティアをやっている。それ以上のことは守秘義務により話せない』とだけしか妻に言っていないのだが、妻が何も分からないと不安に思っている。皆はどの程度、どうやって家族に説明してるの?って。


    もし全員トピ主さんのように諜報機関並みのかん口令を敷き、家族は謎の活動に不安を感じつつも我慢しているなら、それはもうそういうボランティアだという事でしょう。

    ここで守秘義務の妥当性や法的根拠を議論したって意味ないんですよ。
    少なくともトピ主さんはそう認識しているという事であって、会った事のない小町の人にいくら「それはおかしい」と言われても、でもうちの規則はそうなんだとしか思わないです。

    だからここは同じ規則のもとで活動している他のメンバーの実態を確認してもらうのが一番です。

    「事務所の場所までは言ってないけど、どこに行くかは伝えてるよ。相談案件の具体的な話はしないけど、仕事の内容くらいはで言うでしょ、普通。新幹線さんの事も実名は出さないけど話してるよ」
    「具体的内容はしゃべらないけど妻にも対応を相談してるよ。もちろん他言無用と言ってるけど」
    みたいな感じかも。

    もし本当にトピ主さん並みに何も言わずに来ているなら、じゃあどうやって家族の理解を得ているのかを相談しましょうよ。
    同じ立場にいるものが一番の相談相手でしょう?
    相手は相談に乗るプロなんだし。

    何でも「守秘義務」の一言で済まそうとするのが悪いのでは。なぜダメなのかちゃんと言葉を尽くしましたか?

    ユーザーID:1276891897

  • まだ続いている・・・!

    >無給のボランティアにその様な厳しい守秘義務を課すのは如何なものか?
    >というのは別な議論です。

    その議論が中心だと思いますけど?
    配偶者に居場所や活動状況も教えられないボランティアって、
    変でしょ。ずっとそのことをレスしてるのにね。

    >参加者がその事に納得出来るかどうかということになります。

    トピ主さんよりも、トピ主奥さんが納得していないだろう
    いう話をしているんですけれどね。

    ユーザーID:4196857425

  • 妻が・・・

    ≫専門職に課せられる守秘義務は
    仕事上知り得た情報を開示しない・・・=個人情報の保護の為です。

    あまりに知識不足です。

    何を守秘義務の対象とするかは組織や担当業務によって様々なものがあり、夫々の組織で影響などを検討して決めます。
    例えば次のようなものが考えられます。
     ・新製品の開発計画
     ・製品の製造ノウハウ
     ・商品の原料配合比率
     ・入札予定価格
     ・他にもいっぱいあります
    分かりやすく言いますと、たこ焼き屋の粉の配合比率も守秘義務の対象になります。

    病院の場合は所在地情報が守秘義務の対象になっていない〈出来ない〉というだけのことです。病院がやってないのに私の団体が所在地情報を守秘義務にしているのはオカシイというのは筋違いの理論です。

    無給のボランティアにその様な厳しい守秘義務を課すのは如何なものか?
    というのは別な議論です。
    参加者がその事に納得出来るかどうかということになります。 

    ユーザーID:5798417542

  • 根本的なことを見失っていませんか

    まず、私はトピ主さんの守秘義務についての説明で、奥さまの口が軽いという発想はしませんでした。

    また、私自身、現職と前職は「食品メーカー」のように業種くらいしか言えません。履歴書にも社名は書けません。
    そういう契約を全員がしているので、トピ主の守秘義務は理解できます。

    つまり、ここで相談されても、どうしても文字だけのやり取りでお互いに行き違いは生じるし、まして自分の想像の及ぶ範囲でしかアドバイスもできないので、何度もつまびらかに説明するのは無駄だと感じて見ています。

    もし万が一、なんらかの電話相談を利用したい人がトピ主のレスを見て「ボランティアさんの家族に迷惑をかけては申し訳ないから電話はやめよう」と思ってしまったらどうでしょう?

    なんのための守秘義務かと考えれば、ここまで詳細に書くべきではなかったと思います。

    ところで、少し電話相談の類いを調べてみたところ、ホームページでも「相談の性質上、所在地は非公開」と明記してあるところがありました。

    トピ主のところもそうなら、奥さまにはこれを伝えてみてはどうですか?
    公式にも非公開にするほど慎重に取り扱うもの、だからこそどこの誰とは特定できないトピ主をいわば穴(葦)同様に安心して相手は王様の耳はロバの耳と吐き出せる。

    そもそも、「どこで誰と」などがわからないから不安とか一緒にやりたいとか聞けたようですが、奥さまとしては、定年したし夫婦ふたりでのんびりすごそうと思ったら、夫は変わらず仕事もボランティアもして社会つながり、自分は専業主婦。
    物理的よりも、人生でポツンと置いていかれている寂しさがあるのではないでしょうか。

    たいへん失礼を申しますが、日中にこれだけレスに手間をさけるなら、仕事の方を非常勤にするのも有効ではないかと感じました。

    相談員の同僚に聞けばよろしいのでは?
    どう家族の理解を得ているのか、と。

    ユーザーID:7118124521

  • だいたいの事

    まずは。
    『活動について妻に伝えた場合、SNSにアップしたり活動員と連絡を取ったりするかもしれない』との件についてですが。
    奥様がおしゃべりだから、という事が理由なのではなく、一般論として例を挙げただけだという事で理解をしました。


    また。
    守秘義務の内容については理解しています。決して
    >自分が理解できないからとグダグダ
    言っているのではありません。




    さて。
    以下のご質問についてお答えします。
    >守秘義務規定に違反しないで〈だいたいの事〉をどのように妻に話せば良いのか?

    私の意見は以下の通りです。
    1.活動場所
    『○○町△△ビルの二階で活動してるんだよ』→ここまで詳しく言わず『◯◯駅の近くのビルで活動してる』との程度で伝える。

    2.活動員
    個人が特定されないよう『ボラ仲間は、20代の女性が◯人・△代の男性が◇人』という程度で。

    3.相談内容
    奥様も、さすがに詳しい内容を知りたいとまでは思っておられないのでは?
    『辛い思いをした相談者の相談に乗る』これだけで充分かと。

    4.泊まり
    24時間受付のため、交代で深夜の業務もある。今日は深夜に活動する。担当は◯人いる。


    ……以上が私の思う『だいたいの内容』です。



    2つ目のご質問について
    >ぴあの様の職場の守秘義務規定にに関わることを家族にどのように伝えておられるのでしょうか?


    私は仕事の話を家庭内でしません。話す暇がない・家に帰ってまで仕事の話をしたくない、というのが理由です。
    夫も私の仕事内容を知りたいと思わないのか質問してきません。
    後輩の失敗で取引先に大迷惑をかけた時は『後輩が失敗して私がその尻拭いをした。その為残業となった。疲れた。』というような事は言いました。
    守秘義務?企業名・個人名を言わなければこの程度の話はOKだと思います。

    ユーザーID:3902764110

  • 奥様と分かり合える日が来ることを願います。

    >主様所属団体は守秘義務と防犯等を混同している様に感じます。

    >混同しておりません。混同しているのは[子の立場です]さんです。

    言いたい事が正しく伝わらなかったようで、残念です。
    一般的に守秘義務とは【仕事上知り得た(個人)情報を開示しない】と言う【法律上の(違反すると懲役や罰金が有る)義務】です。

    主様がお書きになった
    >避けるべき事態のひとつとして【防犯上のリスク】

    ボランティア管理が不徹底で情報漏洩の恐れがあるから、何かをする時は「リスク・危機管理(マネジメント)」と呼び、一般的な守秘義務とは異なります。
    ただ主様所属団体は、専門職ではないボランティアの方に分かり易く、言葉の重さを増す様、それらを便宜上「守秘義務」と呼んでいると思います。

    主様の反応は、本当に父にそっくりです。
    父も、私が何か意見すると「誤解している(自分は正しく、私が間違っている)」と言う主旨の反論をしていました。実際は私がその分野の専門職で、父はアマチュアでしたが…。
    父の活動に口出す事は止めましたが、主様の言葉で父と戦っていた頃を思い出しました。

    主様のお書きになった通り
    >電話相談員をやっていることを規定により伝えられない
    なら、相談員をしている事実がバレない様に振舞う必要があるので…
    >職場の守秘義務規定に抵触することを家族に
    伝える方法など、ないのでは?

    >逆恨み、或いはもっと相談を続けたいという思いから深夜に押し掛けてくる危険
    が有るのに
    リスク管理が甘い
    何かあった時にボランティアの情報漏洩の所為になる恐れ有
    ボランティアを守ってくれない団体なら、奥様が
    >とにかく辞めろ!
    と言うのも
    >高齢化により相談員が不足
    も分かる気がします。特に無償なら、心身+家族への過負荷がない事、安全確保は大事ですから。

    最後のレスにします。
    奥様と分かり合える日が来る事を願います。

    ユーザーID:7674999659

  • 人口の少ない地域なのかな

    >はっきり言いますが、トピ主の妻が納得できるかどうかなど、どうでもいい話。

    どうでもいい話なら、もうそれは夫婦ではないですよね。
    (上から目線な方ですね)

    でも、奥様もボランティアに参加されるそうですから、
    夫婦間での守秘義務は少なくなりますね。

    知り合いが相談してきたというエピソードがありましたが、
    人口の少ない地域なのかな、と思いました。
    つまり地域の人が、全員顔見知りな村とかで、
    誰が何をしているか、簡単に知れ渡るような?
    だったら都会とは異なる守秘義務もあり得るのかな。

    なんにせよ、うまくいくことをお祈りしています。

    ユーザーID:2672779434

  • 守秘義務云々以前の問題

    単に奥様とボランティア活動、どちらを優先するのか、ということではないでしょうか。
    奥様が納得かつ理解していないボランティア活動に毎週時間を費やすことが問題なのです。
    守秘義務を守れる範囲での説明で、納得と理解が得られないのであれば、奥様またはボランティア活動のどちらかを選択するしかないのです。

    ユーザーID:9620936169

  • 奥様は漠然とした不安を感じている

    それはトピ主さんが奥様にも守秘義務をかたくなに貫いているからです。
    子どもが休みの日に出かけるのに「どこに行くの?」「誰と出かけるの?」と聞くでしょ?
    その時「言えない」と言われたら感じ悪いですよね。それと同じです。
    「自分は信頼されていないんだな」って感じていると思いますよ。

    その日の相談内容を話せと言っているわけではありません。
    どんな人とどんな所でどんなことをしている、くらい「他人」ではない人に話せませんか?
    他の方々も「他言するなよ」とくぎを刺してその程度のことは配偶者に話していると思います。

    一緒にお仕事をすることになったようなので、そうなれば一目瞭然ですからよかったです。奥様の不安は相当なものだったと思います。
    奥様はボランティアがしたくてお仕事を始めるわけではないと思うので、辞めたいと言ったら辞めさせてあげてくださいね。

    毎週夫が出かける先のことを何も教えてもらえないなんて、秘密諜報部員じゃあるまいし。

    ユーザーID:9509659012

  • 妻が・・・

    ≫主様所属団体は守秘義務と防犯等を混同している様に感じます。

    混同しておりません。混同しているのは[子の立場です]さんです。

    ●私の所属する団体には守秘義務が規定されています。

    ●守秘義務が規定されている理由は先に書いた
    〈1〉〜〈3〉のような事態が起きるのを避けるためです。

    ●避けるべき事態のひとつとして防犯上のリスクがあります。

    ●電話相談員をやっていることを伝えられない規定がある理由は〈2〉に書いてあります。

    バザーや募金活動はどうしているか?
    のご質問ですが別組織の後援会があり外部との寄付交渉などはそちらがやってます。

    ユーザーID:5798417542

  • 職場の守秘義務

    医師、弁護士などに限らず職場には守秘義務がありますが、それは「職務上知り得た事実や情報を職務外に漏らさない」ということで

    >そもそも電話相談員をやっていることを規定により伝えられない

    のように職業そのものを守秘義務の対象とするなどおよそ考えらえません

    そのような職業、スパイくらいではないですか?

    そして当然どの職場でもどこでどう働いている、どんな同僚がいるという話を家族にしたくらいでは守秘義務違反には当たりません

    また、こんなボランティアをされる方は電話相談だけでなく、公開講座、バザーや募金活動、他団体との連携活動などもあり、「どこの誰だかわからない」状態になるはずはないはずなですが…

    こんな一般的でない守秘義務のあるボランティア、奥さま同様ここにレスされる方たちも訝しく思いますよ

    ユーザーID:9619839974

  • 守秘義務についてはスルーでいいのでは

    この内容を読んで、分かる人はトピ主の従事しているボランティアが何であるかも、そこに伴う守秘義務やその重さも既に分かっていると思います。

    その守秘義務内容に難癖をつけたり、自分が理解できないからとグダグダ言う人は、スルーで良いのでは。その人達に理解させる必要も意味もないと思います。揚げ足取りをしたいだけの人でしょう。

    そして、それは妻に対しても同じです。はっきり言いますが、トピ主の妻が納得できるかどうかなど、どうでもいい話。「守秘義務がある」で納得できないなら、もうそれ以上は何も話すべきではありません。「奥様が納得できるだいたいの事を伝える」なんて言うのは、女性の都合しか考えていない無責任な発言。

    私もトピ主の妻が、守秘義務を守れるとは思えません。ボランティアに参加させることは白紙に戻し、妻には妻の仕事なり楽しみなりを見つけさせるのが一番いいのでは。

    世の中定年退職した夫が「ひとりでいるのがつまらない」と言ったところで、その相手をする妻などそういません。男性もそれと同じ対応で良いと思います。結局自分がどう生きるか、何をするかは自分で決めるしかありません。トピ主はトピ主の仕事、ボランティアを生き甲斐にして良いと思います。

    ユーザーID:1927733250

  • 主様は、その守秘義務に疑問を感じる事はありませんか?

    >誤解を広げてしまった
    誰も「誤解」はしていないと思います。
    読めば読むほど、主様所属団体は守秘義務と防犯等を混同している様に感じます。

    専門職に課せられる守秘義務は、仕事上知り得た情報を開示しない=顧客、患者様等を守る=個人情報の保護の為です。
    >カウンセラーでも精神科医でもありませんから相談者の心の闇をお聴きして寄り添うだけ
    なのに
    >電話相談員をやっていることを規定により伝えられない
    のは、一般的な守秘義務ではないと思います。

    >逆恨み、或いはもっと相談を続けたいという思いから深夜に押し掛けてくる危険
    ならば、特殊な守秘義務ではなく「防犯」「自衛」手段が必要です。
    ボランティアに守秘義務を課すことで、利用者+ボランティアの安全を確保できる、自衛出来るとお考えなら、その団体の危機管理は甘すぎます。

    病院にも色々な事情のある方が来ますが、場所は知られていますし、夜中も働いている人がいます。
    職員に「病院で働いている事を話してはいけない」と言う守秘義務があると思いますか?

    家族は夜勤、当直等を把握していますし、今日は病棟が静かだから時間通りに退勤出来そう、急患が入ったから遅くなる等の話や個人が特定されない範囲での仕事の話は許容範囲です。

    逆にDV等、家族に知られずに何かを相談したい方には、通話記録やMail等も見られない様に、ご自身の電話、IPにも気を付けて等、助言し
    >包み隠さず話すことによって精神の安らぎが…
    でも、話す前に必ず話して良い相手か?確認する様に言っています。

    >〈守秘義務規定に違反〉しないで〈だいたいの事〉をどのように妻に話せば良いのか具体的に…
    主様所属団体の守秘義務は特殊過ぎるので、一般的な守秘義務の方の意見は参考にならないのでは?
    他の方もお書きの様に団体で話す事をお勧めします。
    そして団体の守秘義務・防犯+自衛の見直しもお勧めします。

    ユーザーID:7674999659

  • 妻が・・・

    ≫この部分、ますます納得しかねます。

    と言われても私は組織の運営ルールには関わっておりませんので何ともコメント出来る立場にありません。

    それよりも↓を教えていただけないでしょうか。
    ぴあの様(他の方も)の職場の守秘義務規定に抵触することを家族にどのように伝えておられるのでしょうか?

    ユーザーID:5798417542

  • 他の人に聞いてみたら?

    トピ主さんの挙げられた守秘義務規定は言われるまでも無く分かっています。でも挙げられたその中に「家族に電話相談員をやっていること」も話せないというのは入っていないのですが、それも言えないのですか?本当に?

    他のボランティアの人も家族に「守秘義務でどこに行くかは言えない。俺が何をやっているのか聞くな」で家を出てきているのですか?諜報機関の人のように。それで納得する家族はいませんよ。

    皆それぞれに
    「(自殺しようとしている人、虐待に苦しむ人、いじめ、依存症の人、犯罪被害者などなどが想像できますが)の話を聞いて相談に乗る仕事だよ。その人たちは辛くなったり、電話できるチャンスがある時に電話してくるから、24時間いつでも受付できるように、誰かが事務所に待機していて今日は当番なんだ。万一の事があるから事務所がどこにあるかは言えないけど、新宿らへんだよ。事務所内に仮眠室があるよ」

    位の事は話しているんじゃないでしょうか?

    具体的な相談内容は話さなくても「今日は電話で怒鳴られて辛かった」「今日は前に相談に乗った人からお礼の電話があって嬉しかった」位もしゃべっていないのですか?

    それこそ周囲には相談員だらけですから、どのように家族に説明しているのかを聞いてみたらいいじゃないでしょうか。


    このボランティアはとても意義深い事です。トピ主さんが電話を取ったおかげで救われた人もたくさんいるはずです。
    でもそれはあくまでもボランティアなんです。生活が懸かっているわけでも無い。家庭を危機に陥れてまでもやらねばならない事なのでしょうか?
    何も止めろとは言っていません。
    奥様に向き合ってその不安と不満を解消するために努力すべきでは?そのためには頻度を下げるのもそうだし、守秘義務に違反しない範囲で理解を求める努力をするべきではないのですか?という事です。

    ユーザーID:1276891897

  • 私なら離婚案件

    奥様専業主婦だから、黙って耐えてるけど、
    仕事ならともかく(ここ大事)
    ご飯のタネではない趣味活動を秘密にしないといけないって、
    あなたがそれに意気込む姿勢はもうわかりました。
    ならば離婚してからにしてください。って思いますよ。

    よくある説得の方法だけど、
    奥さんが「夫に言えない内容のボランティア」やっていて
    謎の宿泊して「泊まり先も言えないの」で
    「はいはいお好きにどうぞ」ってあなた言えるの??
    蓋を開けたらやましい事はない、人助けなんだろうけど
    蓋も明けられないのだから、やましいことなんでは?と思うでしょうが。

    「妻はそいう言う活動に興味ないから」
    「社交性が無いから外に出ませんので」という論法は意味ないよ。
    全て「仮に」と言う話だから。
    あなたが妻にそれをやられて、快か不快か?
    それのみ聞いているのだから。
    実際やってるやってないは関係ないからね。

    その不思議なボラ仲間、女性が多いようだけど、
    その人たちは家族になんて言ってるの?
    家族がいるなら、人生相談で泊まる場所ぐらい言ってるよ。
    そうでないと、家族でもそんなボラ反対するわ。

    あなたの人生だから、あなたの好きにすればいいと思うけど、
    配偶者がいるのなら、配偶者が物凄く嫌がる事はしない方がいいと思う。
    それでもやりたいなら、離別か死別してからしがらみなくなってからがいいのでは?

    ユーザーID:0433896751

  • トピレス8を拝見いたしました。

    トピレス8を拝見いたしました。

    >ただ詳細な事情を話される相談者もおられます。
    >それは自身の全てを包み隠さず話すことによって精神の安らぎが得られということを知っておられる方です。

    この部分、ますます納得しかねます。
    無償のボランティア相手に
    実名で具体的な内容を話されても責任は負わない、
    あるいは「実名で話すのは禁止」とするのが本当ではないですか?
    その辺りに、仕組みとしての不味さを感じます。
    (無償のお手伝いのはずが、裁判でも起こされたらどうしますか)

    実名で相談するほど切羽詰まっているなら、
    病院、警察、弁護士などにちゃんと相談すべきだと
    私は思います。

    あと職業でもないのに守秘義務を負うのは、
    奥様は耐えられないと思います。

    ユーザーID:3325080617

  • 妻が・・・

    守秘義務規定についての補則説明をした積もりでしたがむしろ誤解を広げてしまったみたいです。

    〈1〉〜〈3〉でお伝えしたかったのは
    「どうしてこのような守秘義務が規定されているのか」
    について分かりやすくその理由をお話ししたのです。
    私の妻がおしゃべりとか言うのは関係ありません。
    このような厳しい守秘義務規定があるのは〈1〉〜〈3〉のような事態が想定されるからということです。
    だから団体は守秘義務の遵守を求めます。

    奥様が納得できるだいたいの事を伝える事はできませんか?
    というご質問ですが〈だいたいの事〉というのが難しいのです。
    そもそも電話相談員をやっていることを規定により伝えられないのですからその後に続く〈だいたいの事〉の言葉が出ません。
    妻には『相談員ボランティアをやっている。それ以上のことは守秘義務により話せない』としか言えないのです。

    お尋ねしたいのですが・・・
    〈守秘義務規定に違反〉しないで〈だいたいの事〉をどのように妻に話せば良いのか具体的に教えていただけないでしょうか。
    ぴあの様(他の方も)の職場の守秘義務規定にに関わることを家族にどのように伝えておられるのでしょうか?

    ユーザーID:5798417542

  • 守秘義務の範囲

    新幹線さんとここでレスしている人達とでは守秘義務の捉え方が違うようですね。
    もしうかつにも話してしまったらとか奥さんがSNSで等の記述です。
    ご夫婦そろってそんなにおしゃべりなのですか?
    普通家庭内で守秘義務に関係ない噂話くらいしますよね。
    でもこれは他人様に言っていいこと悪いことくらい口止めされなくても判断がつきますよね?
    それがつかないから今まで奥さんには内緒だったのでしょう?
    そんな人が誓約書を書いたからって守れます?
    向いていません。
    やはり夫婦での登録は一方が事務であっても駄目だったと断って下さい。
    会自体の信用にもかかわる事です。

    ユーザーID:4319298905

  • 妻が・・・

    相談者が実名を名乗ったりする必要はないのでしょう?

    というご質問ですが・・・
    もちろん私たちから求めることはありません。住所などが特定される情報や年齢をこちらから訊くこともありません。私たちはカウンセラーでも精神科医でもありませんから相談者の心の闇をお聴きして寄り添うだけです。基本アドバイスもありません。

    ただ詳細な事情を話される相談者もおられます。
    それは自身の全てを包み隠さず話すことによって精神の安らぎが得られということを知っておられる方です。

    その様なこともあるため厳密な守秘義務が課されています。

    ユーザーID:5798417542

  • いろいろ気になる

    トピ主さんのレス6・7を拝見いたしました。

    守秘義務についてのご説明、興味深い内容もありました。
    やはり、相談に乗ったことで、
    逆に相談者の方が逆に逆恨みされたり、
    執着されたり、ということがあるのですね。
    (その意味では、外部に場所が漏れるのが困るのは分かります)

    ところで、この小町ではハンドルネームで
    様々な相談が飛び交っていますが、
    個人が特定されることはまずないと思います。

    トピ主さんの電話相談は、相談者が実名を名乗ったりする必要は
    ないのでしょう?相談内容も、具体的な名称などは
    あげないで相談するのではないかと思うんですが。。

    つまり相談すると実名がバレる精神病院とか警察、弁護士事務所なら、
    守秘義務も分かるのですが、
    お互いにハンドルネームで話しているなら、
    そこまで守秘義務が厳しいのも、
    なんだかなぁ?と思ってしまいます。

    無料のボランティアでそこまでの重圧はやりすぎかと思います。

    ユーザーID:4196857425

  • なぜ、守秘義務について詳細説明しようと思いましたか?

    >『この仕事がなければ妻共々生きていけない、という収入源であるなら・・・』というご指摘は当たっておりません
    について

    数名からの指摘で「奉仕活動が収入源でない事は周知の事実【収入源ではないのだから】…」の後半部分が重要である事、主様にはご理解頂けましたか?

    主様は、レスした人は「主様に何を説明して欲しいと思っている」と予想しましたか?
    1.主様が守秘義務を正しく理解し、誤解等していない事
    2.「収入源〜」について、主様の解釈が異なる理由

    ご自身の為も含め、主様は守秘義務について誤解を解く+特殊性の説明が必要だとお考えになり〈1〉〜〈3〉の事情をお書きになったと思いますが…
    私を含め「収入源〜」が気になった人は、2を読みたかっただろうと思います。

    守秘義務のある専門職に就き、主様以上に守秘義務を理解している人も少なくありません。大きな括りで考えたら、殆どの仕事に多少の守秘義務はあります。
    そして主様にどんな守秘義務があろうと奥様が納得しているなら、他人の私達が口出す事ではありません。

    私達がレスをしているのは
    問題は「守秘義務それ自体ではない」
    奥様のニーズに応えず、奥様が不満を感じている
    そして、主様が奥様のニーズ・不満を正しく理解していないのでは?
    と強く感じるからです。

    主様は、守秘義務が原因とお考えの様ですが…
    主様とレス者も噛み合っていない、相互理解に繋がっていない事にお気づきですか?
    奥様は私達が感じている以上に、主様に自分の気持ちが伝わらない事にお悩みではないか?と心配です。

    余談ですが、主様達は善意で活動していると思いますが、弱者をターゲットにする悪い人もいるので、最近は詳細等が明らかではない所に安易に電話・相談しない様、時代の流れと共に支援・指導の在り方も変わっています。
    色々な意味で防犯は重要ですから、主様所属団体も見直しをお勧めします。

    ユーザーID:7674999659

  • トピレス6・7について。何度も失礼いたします。

    守秘義務についての丁寧なご説明ありがとうございます。
    私もそうですが、ここでレスされている皆さん、この説明を受けるまでもなくそういうものだと分かっておられたと思いますよ。


    守秘義務の内容を理解せず色々レスしているのではありません。言いたかったのは以下の通りです。
    『詳しい場所。詳しい相談内容。仲間の詳しい個人情報。……これらは伏せた上で、奥様が納得できるだいたいの事を伝える事はできませんか?』
    という事です。
    奥様には、様々な事は伏せた上で、「守秘義務があるからここまでしか話せない」と言えばわかってくれるはずでは?と言いたかったのです。


    ……とここで、ちょっと待って下さい。非常に驚いた事があります!
    ・教えたら妻がSNSにアップする可能性がある
    ・ボラ仲間が知り合いだった場合、連絡する可能性がある
    ……という点です。

    あなたの奥様、そんなにおしゃべりで節操がないのですか?
    夫から守秘義務があるから、と言われた話もペラペラ喋っちゃうの?
    そんなに我慢もできず理解もできない人なんですか?
    SNSにアップするかもしれないって、もう、最低レベルじゃないですか?そこまで信用できない奥様なんですか?

    もし私なら、夫にそういう話をされたら例え子どもにも言いません。反対に夫も、私で留めるようキツく言い渡すでしょう。




    >他の人には言わないで・・・」
    「ここだけの話なんだけど・・・」
    で始まる会話は必ず拡散することを皆さま経験ずみと思います。
    ……この経験、あなたの場合は、「妻が夫から聞いた話」にも当てはまるんですね。

    それなら、奥様にはボランティア事務員になってもらうのはやめた方がいいのでは?
    事務をしていて知り得た事を、SNSでアップするかも知れませんよ?夫の大切な話すらアップするかもしれない信頼できない人なんですから。

    ユーザーID:3902764110

  • 妻が・・・

    【続きです】

    (3)なぜ相談内容を言えないのか
    これはご説明するまでもないのですが相談者の秘密はゼッタイ守られるという前提でこの活動は成り立っています。
    相談者は秘密が固く守られているから安心して自身のプライバシーも心の闇も全てさらけ出せるのです。それが癒しに繋がります。
    誰に対する守秘義務かというと・・・
    それは〈部外者〉に対してのものです。ボラ仲間どおしは振り返りの場でお互いアドバイスし合いますから相談内容は共有されます。妻は相談員ではありませんが誓約書を出すボラ仲間になりますから〈部外者〉ではなくなります。

    この活動の特殊性と守秘義務の重要性をご理解いただけたでしょうか。ここは匿名ですから上記のことをお伝え出来ますが妻には〈1〉〜〈3〉の事情を話すことも出来ませんでした。また話したら大きな負担を与えてしまうことになります。

    「他の人には言わないで・・・」
    「ここだけの話なんだけど・・・」
    で始まる会話は必ず拡散することを皆さま経験ずみと思います。
    守秘義務に関わる講座を受講しその大切さを理解した上で誓約書にサインした方以外には一切話してはいけないルールになっています。この義務は辞めた後も続きます。

    ユーザーID:5798417542

  • 妻が・・・

    多くの皆さまからの貴重なご意見やアドバイス本当にありがとうございます。

    守秘義務について説明不足があり皆さまに誤解を与えたところがありました。 改めて補則説明します。

    (1)なぜどこで活動してるか言えないのか
    もし私がポロリと『○○町△△ビルの二階で活動してるんだよ』って話したとします。それを聞いた妻や知人には守秘義務がありませんから他の人に話したりSNS にアップするかもしれません。そうするとたちまち拡散して【公然の秘密】になってしまいます。
    世の中には屈折した考えを持つ人が多数います。そうした人が過去の相談への逆恨み、或いはもっと相談を続けたいという思いから深夜に押し掛けてくる危険があります。
    〈そういうことから深夜帯の状況も話せないのです〉


    (2)なぜどんな仲間と活動してるか言えないのか
    例えばボラ仲間に妻の中学同窓生がいたとします。もし私がその事をポロリと話したら妻は他の同窓生にそれを話すでしょう。そうするとそのボラ仲間の知人、友人にその人が相談員をしてることが知れ渡ってしまいます。その中に相談を考えている方がいたらそれをためらわさせてしまいます。また過去に相談した人には後悔させてしまいます。
    実際、稀にですが知人からの相談を受けることがあります。勿論そんな時は素知らぬ風を装って相談を続けますが、その時の相談内容はお墓までもって行くことになります。

    【続きます】

    ユーザーID:5798417542

  • 5つ目のトピ主さんレス読みました

    >『この仕事がなければ妻共々生きていけない、という収入源であるなら・・・』というご指摘は当たっておりません。

    ……について、何人かの方からのご指摘の通りトピ主さんが違った解釈をされているようです。
    私の言葉が足りなかったようですので補足いたします。
    私が言いたかったのは以下の通りです。


    収入源であるなら、妻はそのお陰で生活しているわけですから、「夫が何をしているのかわからない」という状況は我慢せねばならないと思います。
    でも、トピ主さんのようにボランティアでありその活動に生活がかかっている訳ではないのなら、妻は我慢する義務はありません。妻に不安を与えた状態でボランティアを続けるのは間違っているのではないでしょうか?


    以上です。
    伝わりましたでしょうか。

    ユーザーID:3902764110

  • 解釈がおかしい

    >『この仕事がなければ妻共々生きていけない、という収入源であるなら・・・』
    >というご指摘は当たっておりません。

    私もトピ主さんが、この文章の流れを理解していないのが、
    とっても気になりました。

    同じような感じで、ボランティアの守秘義務の意味を、
    誤解しているのではないかと思いました。

    >妻も私と同様どこで〈場所〉どのような人たちと〈仲間〉なにを〈内容〉
    >しているのか子どもたちには一切話してはいけません。

    これ、守秘義務なんですか?だとしたら、
    むしろ相談者に逆恨みされないため、身を守るための守秘義務でしょうか。
    それはそれで、怖い感じがします。
    奥様を巻き込まない方がいいかも。。。

    ユーザーID:3239052344

  • 守秘義務

    3度目です。
    1度目にこの仕事がなくては食べて行けないのであればやめて欲しいというのは理解できる。
    しかし無償で家族が理解出来ず淋しくてその事で毎日喧嘩しているのに敢えてするのは如何なものかという事を書かせて頂きました。
    他にも同様のことを書いていらっしゃる方がいらっしゃいます。
    ボランティアを誰も有償だとは思っていませんしレスでもそのような事を書いている人は1人もいません。
    手弁当で奉仕するからボランティア。
    無償であるからこそ貴いのです。
    昨年ボランティアで一躍有名になられた方がおられ日本国中が感動しました。
    忙しくて出来ない人は応援する団体に寄付という形で参加出来ます。
    おそらく新幹線さんの団体も寄付を募っているはずです。

    頑なに守秘義務を通したからこそ夫婦喧嘩が絶えなかったあなたが一転し奥さんを事務員にしようとなさったのはとっても不思議。
    解釈が違っていたから揉めたのでは?
    仕事上知り得たことを話せない職種は結構あり私もそういう職種でした。
    でも喧嘩が絶えないような話は周りで聞いたことがありませんでしたけど?

    ユーザーID:4319298905

  • 主様の解釈は、少し異なる気がします。

    主様ご夫婦は、私の両親に似ている…と感じています。

    主様は
    >『この仕事がなければ妻共々生きていけない、という収入源であるなら・・・』
    というご指摘は当たっておりません
    とお書きになっていますが…

    ぴあの様がお書きになった
    >この仕事がなければ妻共々生きていけない、という収入源であるなら別ですが
    は前後の文章から、「大切な収入源であるなら別ですが【そうでないならば…】今の活動や奥様との幸せについて、再考した方が良いのでは?」が含まれている事に気づきませんか?

    私も夫も守秘義務有+主様の活動に似た部分のある仕事をしていますが…主様は守秘義務について誤解、または拡大解釈・脳内補完していると思います。

    >『辛い、苦しい、もう終わりにしようかと・・・』といった訴えに寄り添うのは本当に過酷で大変な活動
    健康的・長期的に活動を続けたいなら、聞く側のメンタルケア「も」重要で、その為に本来は身近な家族の理解を得る必要があります。

    守秘義務違反して情報共有する必要はありませんが、配偶者に説明し理解が得られないのあれば、主様には
    >相談ボランティア
    の適性が低い可能性があります。身近な方の気持ちを理解し問題解決ができない方が、他人の気持ち・ニーズに応える事ができるとは考え難いですから…。

    私の父は、主様に似た所があります。
    家族より他人に何かしたい人で、自分が正しい・正しい事をしていると思ったら、家族が何を言おうと考えを変えたり、辞める事はありません。私のきょうだいは悩んだ挙句、父が活動しているだろう団体を探し、匿名で相談した事があります。
    私達は紆余曲折の末、父との相互理解を諦めました。

    >妻のボランティア事務は可能である
    これで、問題解決になるでしょうか?
    奥様の不満は解消されるでしょうか?
    私達は母の不満・寂しさを解消する為、父抜きで楽しく過ごす方法を考え、実行しています。

    ユーザーID:7674999659

  • 妻が・・・

    多くの皆さまからの貴重なご意見やアドバイス本当にありがとうございます。

    指導員さんから妻のボランティア事務は可能であるとの連絡がありました。
    妻も一緒に行けるのなら是非やりたいと言っており来週から参加することになりました。

    当然、事務職といえ守秘義務が課されることになります。ただ相談担当には入りません〈入れません〉。 妻も私と同様どこで〈場所〉どのような人たちと〈仲間〉なにを〈内容〉しているのか子どもたちには一切話してはいけません。これは辞めた後も続きます。

    改めて申し上げるまでもないかもしれませんがこの活動はボランティアです。
    当然、往復のガソリン代を含めて報酬は一切ありません。休憩時用のお茶すらも各自持参です。
    『この仕事がなければ妻共々生きていけない、という収入源であるなら・・・』
    というご指摘は当たっておりません。

    ユーザーID:5798417542

  • 融通がきかなそう

    ぴあのさんと同じく、
    ボランティアの相談員の守秘義務っていうのが、
    なんだろう?って私も思います。

    相談している人の個人情報さえ伏せれば、
    こういうような相談があったよ、とか
    ぼかして支障のない範囲で話すこともできないのかな。

    それから交代で深夜当番になること自体も
    家族に説明できないというのは、明らかに変ですよ。
    なんかトピ主さんの拡大解釈じゃないの。

    トピ主さんの志は立派だけど、
    なんだか融通がきかなそう・・・。

    ユーザーID:3325080617

  • 家族にも秘密の場所も事務員になれば分かる矛盾

    奥さんは事務として活動出来るようになるかもしれないのですね。

    ひとりでいるからつまらないという理由だけでボランティア事務として参加すれば家族にも秘密だった場所がいとも簡単に分かるってことですよね?

    相談員の守秘義務をあれこれ書いていらっしゃいましたが奥さんが事務員になれば場所も分かるし相談員の方たちの顔も知る事になる。
    その団体の言う守秘義務って何なのってことですよ?

    だとしたら相談自体が極秘事項という本来守られて当然のことがいい加減だという事になります。
    これって誰にも知られないから相談していた人にとっては重大な事です

    ユーザーID:4319298905

  • トピ主レス4を読んで、私から3度目のレスします。

    幾度となく書いておられる以下の事情について。

    >活動の性質上、厳密な守秘義務がありたとえ家族でも話せない状況は変わりません。
    >泊まりになるのですがその詳しい事情も話すことは出来ません。

    ……なんだかね。イライラしてくるんですよね。
    守秘義務がある事は理解できますよ。
    でも、不安を訴える妻に何ひとつ納得できる説明もできないくせに、ただただ「たとえ家族であっても……」を繰り返すあなたに、多大なる違和感を覚えます。


    その違和感は
    >深夜の
    『辛い、苦しい、もう終わりにしようかと・・・』
    といった訴えに寄り添う。
    >もしかしたらひとりの方の人生に関われるかも知れないという思い
    ……こんな風に、妻以外の人の悩み苦しみにはとことん寄り添っている事が原因です。
    「あなたのいちばん寄り添わないといけないのは誰なの?」
    と問い詰めたい気持ちでいっぱいです。


    他人の苦しみにはとことん心を傾けておきながら、肝心の妻の心には「そんな事を言われても」「わかってほしい」と自分の我を通し続けているんですもんね。
    本末転倒ですよ。チャンチャラおかしい、何をカッコつけてるんですか!と思いますね。
    あなたに悩みを打ち明けている方々が、あなたが奥様を不安に陥れている実態を知ったら幻滅されるでしょうね。



    この仕事がなければ妻共々生きていけない、という収入源であるなら別ですが。
    「どこで何をしているのかわからない」と不満と苦しみを伝えた奥様に、守秘義務を守りつつどのように理解してもらえるのかを全力で考えられないあなたに、他人の相談に乗る資格はないと思います。

    ユーザーID:3902764110

  • ボランティアで、

    奥様が病んでしまったらどうするのですか?
    奥様は現にボーダー近くまで来ていますよ。

    主様のなさっている事は立派な事だと思います。
    ただ、それによって”犠牲者”を出しては意味がありません。

    失礼を承知で書かせて頂きますが、

    ご自分をヒーロー(救世主)のように思うのは止めた方が良いですよ。

    ユーザーID:9649650394

  • 妻が・・・

    多くの皆さまからの貴重なご意見やアドバイス本当にありがとうございます。
    皆さまのレスを元に妻と話し合いました。

    妻が言うには・・・
    毎週土曜日に出かけて行くが私が聞いても「相談ボランティア」と言うだけで、どこで〈場所〉どのような人たちと〈仲間〉なにを〈内容〉しているのか一切話してくれない。そこが不満であるということでした。
    それと時々泊まりで出かけるのも不信感を感じているということでした。

    と言われても活動の性質上、厳密な守秘義務がありたとえ家族でも話せない状況は変わりません。
    24時間受付のため年に数回の深夜帯の担当義務がありその時は泊まりになるのですがその詳しい事情も話すことは出来ません。

    ただ妻自身もボランティアには興味があり、出来ることがあるならやってみたいと言います。相談員は養成講座の資格がないのでムリとして事務なら可能かと思い指導員さんに相談しました。委員会に諮ってみるが多分、大丈夫だろうということでした。
    一緒に活動できれば良いなと願っております。

    深夜の
    『辛い、苦しい、もう終わりにしようかと・・・』
    といった訴えに寄り添うのは本当に過酷で大変な活動です。でももしかしたらひとりの方の人生に関われるかも知れないという思いで続けております。

    『トピ主は〈社会的な〉評価とやらが欲しいのですね』というのは全く関係ないことだけは改めて申し上げます。

    ユーザーID:5798417542

  • さみしいのですね

    これからは2人だけで生きていく…くらいの年齢になり夫に自分の知らない世界があることがさみしいのでしょう。

    ユーザーID:8020180592

  • トピ様の文章だけ読みました

    同年代の夫婦です。私共は、定年の無い仕事に夫々ついており、徐々に仕事量を減らして、自分達のやりたいことへシフトして行こうとしています。

    若い頃から、仕事に時間を取られ、自分の時間ができたらやろうと思っている事があると、定年過ぎても、各々が好きな事に専念しようとします。そして、これまでより時間の融通が効くので、二人の時間も調整して持つ事ができます。

    おそらく、トピ様ご夫婦の場合、夫はやりたい事に専念しているが、妻は、実はやりたい事というものが無い。それで、時間を二人で過ごしていると、何かやった気になり、気が紛れる。しかし、一人にされると、自分に何も興味が無い、と分かってしまい、面白く無い。

    そういう事では無いでしょうか?相手のいう事について行く、相手に先導権を持ってもらって、一緒に何かやる、、、そういう癖がついてしまっているのでは無いでしょうか?

    これは、夫のトピ様が何か悪いことをしているわけではなく、多分、奥様自身の問題だと思います。
    ご自分で、やりたい事が無いのに、相方はやりたい事がある、そういう意欲すらなく、単に、一緒に時間を過ごして欲しい、やりたい事がある夫に嫉妬しているのではないかな?

    こればかりは、各自の好奇心や自発的な意欲の問題ですから、誰かが何かできるものではない。もし、できるとしたら、特にやりたい事もない、、、しかし、一緒に時間を過ごすという、紛らわしの時間を共にすることくらいですが、、、トピ様には、無駄な時間になるかもしれません。

    私は、依存体質になってしまった、あるいは、自発的に何かする気がない、という奥様ご本人の問題ではないかと思います。趣味やお友達はいないのでしょうか?

    ユーザーID:2992134712

  • 日数を減らす

    奥様は「週に6日も 放ったらかされている」のが嫌なのではありませんか?

    もっとトピ主さんと過ごす時間が欲しいか、1人で楽しめない人か。

    ボランティアの日数を減らすのが一番良いと思います。

    「ボランティアを辞めればいい」という意見もありますが、トピ主さんからやりがいを感じてるいるボランティアを取り上げるのも なんだか違うように思います。

    ユーザーID:1056518802

  • 真面目も程々に、

    確かに規則で”一切家族に話してはならない”となってますが、問題ない程度で話すのは有りだと思いますけどね。

    奥様は”そういうところ”が嫌なのだと思いますけど。

    いつも思うのですが、”逆”だったらどうします?
    奥さんが外に働きに出ていたとして、
    ”今日はどうだった?”と主性問うた時に、
    ”ゴメン仕事の事は一切話せないの”と言いながら掛かってきた電話で”知らない男性”と込み入った話をしていたら…。

    離す内容は何だっていいんですよ。
    ”今日の質問は重かった”
    で、良いんですよ。
    内容は話せないのは奥さんだって理解しているのですから。

    極論で言えば、奥さんの相手もちゃんとできないのに相談員なんて…、ですよ。

    日曜休日には一緒に居る。
    との事ですが、物理的に一緒に居ても、主様は”秘密を持っている”と言う線引かれてしまっているのですよ。
    傍に居ても精神的に距離が遠い状態なんです。

    その距離を縮める努力をしない限り今の状態は解決しません。

    ユーザーID:9649650394

  • もし私だったらですが

    もし私が奥様の立場だとしたらやはり夫にはボランティア辞めてほしいと言いたくなります。
    こんなことは言えば性格が悪いと思われてしまいますが正直に言いますと、私はボランティア活動には興味がないからです。
    一緒にやろうと誘われても断るでしょうね。
    お金にもならないのに労働したくないしもっと他の自分のしたいことに時間を費やしたいからです。

    夫のボランティア活動にも理解は示せないです。
    ボランティアは人の為にしている立派な活動だとは思います。
    でもどうせなら家のことしてほしいと思ってしまいます。庭の手入れとか壊れた物の修理とか洗車とか掃除とかやってほしいことは色々ありますので。

    それに定年後は夫婦でゆっくり趣味のことをしたり旅行したり2人で楽しみたいじゃないですか。いつまで健康でいられるかもわかりませんしね。体が動くうちに残された2人の時間を満喫して思い残すことがないように生きたいと私なら考えます。

    色々と勝手なことを書きましたが奥様は全く違うお考えかもしれませんね。だとしたらすみません。

    ユーザーID:7725340640

  • 二度目です

    あらあらさんのレスに同意します。

    平日は仕事、土曜は守秘義務とやらのボランティアでは、
    奥様が面白くないのも当たり前です。

    精神科医とか医療カウンセラーとかなら、
    お仕事でお給料も出るから我慢もしますが、
    ボランティアでは我慢しがいがないですね。

    そんなことよりも、
    奥様が長年になってきた家事とか町内会の
    用事とかに参加する方が、喜ばれますよ。

    カウンセラーのボランティアは、
    完全に退職してからでよくないですか?

    ユーザーID:3239052344

  • 本末転倒

    人生の先輩に失礼な事を書くことをお許しください。

    人の役に立つ仕事だというのは分かります。
    でも一番大切な人の心をささくれ立たせている時点でその仕事を敢えてする必要があるのかと感じます。
    あなたは人を救っているつもりかもしれませんが奥さんを不幸にしている。
    その年齢の人が淋しいというのは新婚の奥さんが焼き餅を妬いて言っているのとは重みが違うように感じるのです。

    仕事の場所も内容も話せない。
    何もかもが秘密。
    それだけ個人情報が守られているという事は確かに安心して相談できる所なのだとは思います。
    でもあなたから聞かされる漠然としたことだけで本当のところは話せないのだから理解して貰うのは無理だと感じます。
    同じ所で働くのはお仲間からすれば志の高い仕事場なのに奥さんを連れてきて公私混同のように思われないでしょうか?
    辞め辛くてもやはり辞めるべきだと思います。
    奥さんの精神状態がよくないのは辞める大きな理由です。
    仕事柄精神と言えないなら具合が悪いので付き添いたいでもいいじゃないですか?

    こういうことを書くのは不謹慎かもしれませんが死に水を取るのはどちらかなのです。
    このまますれ違ってしまえば思い遣る気持ちも薄れます。
    家族を養う為であればまだわかりますがボランティアです。
    余力のある人がすることです。。
    奥さんからのSOSをもっと真摯に受け止めた方がいい。
    このままでは本末転倒。

    いつもそのことで喧嘩が絶えないのに敢えて固執するのは「崇高な仕事をしている自分」に酔っておられるのではないかと感じるのです。
    要するに自己満足。
    たった一人の家族の心も救おうとしていないのに他人の相談を受けるなんておこがましい。
    身近で支えてくれた人の気持ちを救えない人が他人の相談事に乗り満足しているって偽善だと思うのは私だけでしょうか?

    ユーザーID:4319298905

  • ご一緒にやられたらどうでしょう?

    もしかしたら、関係者の方や近所のどなたかに
    変な噂を吹き込まれた…とかないでしょうか?

    勿論、旦那さんが楽しそうにしているのが…っていうのもあるかもしれませんが
    そんなお互い理解しあえなあい様な感じの関係なんでしょうか?

    ボランティアで相談…
    奥様に、万が一疑いや嫉妬でなら
    一緒になにかお手伝いしてもらったらどうですか?
    それが無理なら、ご夫婦で同じボランティアされてる方いらっしゃいますか?
    その方達に、奥様に会ってお話していただくとか…
    疑われる様な事はしていない…
    人の役に立ってるんだ!って解って貰えたらいいんですから
    あくまでも、主様が本当にそういう事をされていないならのお話ですが

    ユーザーID:9315886764

  • それは立派な理由

    >反対する理由は『ひとりでいるのがつまらない』としか言わない

    それは立派な理由ではないでしょうか。
    それ以上、深掘りしなくても良いと思います。

    奥様をこれ以上、ひとりにしないことですね。

    トピ主さんの中では、週6日も家を空けていても、
    奥様を一人にしていることになっていない。

    でも奥様は、いつもいつも旦那が家にいてくれないよ〜と
    思っているのです。
    なんかトピ主さん、本当はわかってるんでしょうに。

    ユーザーID:2672779434

  • 小町の皆さんから頂いたレスを奥様に見せたら?

    >反対する理由は『ひとりでいるのがつまらない』としか言わないものですから皆さまのご意見をお聞きした次第です。

    その先が聞き出せてないのが問題なんですよ。

    「じゃ二人で何がやりたい?とりあえず今度の休みは、二人で映画でもみてレストランで外食してみない?ドライブでもいいよ」って誘えばいいんじゃないかな。
    徐々に時間をかけて、「妻を一番に大切に思ってるよ」って行動するのです。
    そのステップを踏んでこそ、
    奥様から「二人でこんな生活がしたいの」という具体的な事をコツコツ聞き出せるのではないでしょうか。

    要はトピ主様は、自分の生活ペースをガンとして崩す気などなく、その夫を支える妻は附属品みたいになってるみたい。
    現役時代から、何も変わらない生活なんですよ。
    現役時代も自分がやりたいことは、奥様に伺いなんて立ててなかった、事後承諾させて有無を言わせないような生活だったのではないでしょうか。
    言いたいことを、長年奥様はご近所付き合いや家事、育児、自分独りで采配し、夫に負担をかけぬよう我慢してきたように思います。

    皆さんから頂いた様々なレスを奥様に一度読んで頂いたらどうでしょうか。

    私から奥様に言えることは、世の中にはいくら永く夫婦をやっていても、敏感に「相手の気持ちを察する」事が自然と出来るパートナーばかりではないということ、その場合はハッキリと言葉で伝えないといつまでも平行線のままです、ということです。

    それとですね、私の知り合いの話ですが、
    ボランティアにのめり込むあまり、家庭崩壊した人がいました、俗にいうボランティアハイだった。
    ボランティアは、自分の生活基盤が安定してこそ、するべきこと。
    家族の中に反対者がいて、説得できなければ考えた方がいい。
    今やっているボランティアの規約にも「家族などの同意と賛同」が必要な事は明記されてませんか?

    ユーザーID:8101382759

  • 妻が・・・

    多くの皆さまからの貴重なご意見やアドバイス本当にありがとうございます。

    健康増進に向けたノルディックウオーキング素晴らしいですね。ただ今の私はボランティア活動に関わる妻の対応についてご意見を伺いたいのです。ちなみに健康増進に向けては夫婦一緒に長く続けているものがありふたり共いたって健康状態は良好です。

    ボランティアの活動内容や目的を妻に伝えて理解を得ては、というアドバイスですが活動の性質上、相談員内容は勿論のこと、どこで〈場所〉電話を受けているのかどのようなボラ仲間がいるのか、など一切家族にも話してはいけないことになっています。そこに不信感を感じているかもしれません。

    妻との話し合いやコミュニケーションが足りないのでは、というご指摘ですがトピにも書きましたように子どもたちが独立してからは日曜と休祭日は全て妻と一緒に出かけたり食事を作ったりしています。朝夕の駅までのクルマの送り迎えもやってくれていてその時もいっぱい話します。
    反対する理由は『ひとりでいるのがつまらない』としか言わないものですから皆さまのご意見をお聞きした次第です。

    引き続き皆さまからのご意見いただけたら嬉しいですです。

    ユーザーID:5798417542

  • 何か

    ズレているような…。
    なぜ妻本人と話し合わないのでしょうか?
    「とにかく辞めろ」だとしても理由が必ずありますよね?
    ここでいくら考えても憶測でしかない。
    答えを知っているのは奥さんだけです。

    夫婦2人でボランティアというのも、
    理由が違っていたら逆効果ではないでしょうか?
    余計怒らせるだけだと思うのですが。

    落ち着いて2人で話し合う時間を設けてはいかがですか?
    そもそも夫婦のコミュニケーションも取れていない人が、
    ボランティアで人の相談に乗っている場合なんでしょうか?

    ユーザーID:3778771310

  • 奥様の気持ち

    >また夫婦ふたりでやれるようなボランティアを紹介いただければと。

    奥様はボランティアはやりたくないと思います。
    トピ主さんにもっと家にいて、家とか家族のことに
    時間を費やして欲しいだけだと思います。

    要は奥様の話し相手になったり、家事をしたり、
    (風呂掃除、庭掃除、エアコン掃除等々、
    専業主婦だからといって奥様が全部やることではない)
    家にいて読書などしてお過ごしください。

    そういう時間が足りないのだと思います。

    ユーザーID:3325080617

  • なぜ奥様と直接向き合わないのですか?

    二度目のレスになり、すみません。

    >また夫婦ふたりでやれるようなボランティアを紹介いただければと。

    どうして「ボランティア」に拘るのでしょう。
    奥様が何を思っているかなど、奥様にしかわかりません。
    限られた情報の中では、他人に聞いても憶測でしかないのです。

    なぜ奧様と向き合わないのですか?
    奥様に聞くのが一番だと思うんです。
    それが出来ない状況、話し合えない、夫婦で問題を共有出来ないのがマズイのでは?

    実は私の夫もそうなんです。
    私のご機嫌をとろうと、勝手に他人に相談して、あれこれ憶測しトンチンカンな行動を取り、私の逆鱗をますます買ってしまう(笑)
    確かに、「言わなくても察してよ」の感覚が強い女性もいるかとは思いますが、地雷を恐れて遠回りし目的地を見間違えると、その方が厄介だと思うんです。

    夫婦の事は夫婦でしか、わかりません。

    ただし、すでに奥様が本当の気持ちを言うか言わないかはわかりませんけど。

    ユーザーID:8101382759

  • 2度目のレス

    トピ主さんは、ボランティアに拘っておられるようですが、
    奥様向けのボランティアにお取り組みになられては如何で
    すか。

    拙宅では、妻の頸椎骨折(年齢的なもの)を機会に、二人で
    ノルディックウオーキングに取り組んでいます。お蔭様で、
    頸椎骨折も再発せず助かっています。

    年齢的に身体活動が不足する年頃だと思います。身体が思
    わしくないと気が付いてからでは間に合いません。悪くなる
    前から始められたらどうですか。

    私が1年前に始めていて、最初は妻もバカにしていたよう
    ですが、私の体調が良い事を目の当たりにして、一念発起
    した様です。

    今では、サークルに入って一緒に活動したり、基本一日置
    きにウオーキングに出掛けています。(10,000歩前後/回)
    身体の歪み矯正や体重管理、内臓脂肪の抑制などに効果
    があります。

    夫婦で一緒に活動するものがあれば、トピ主さんの相談活
    動にも理解が得られ易いのではないですか。暫く、休会す
    るのも有です。

    ノルディックは、ポールを使って歩くものでポールを持つ
    と何故かモチベーションがアップします。
    意外にウオーキングも奥が深いですょ。私は、今年で6年
    目に入ります。費用も余り掛かりません。

    ユーザーID:4209354762

  • 週に6日も家にいない

    トピ主さんは、定年後なのに平日フルタイムで勤務。
    土曜も毎週ボランテイアでいないのですよね。
    そのボランティアは、継続雇用の期間が終わってから
    するのでは、ダメなのでしょうか?
    あるいは1週間置きにとか。半日程度にするとか?

    週に6日も家にいないのは、私も寂しく思うと思います。
    日曜、祝日は一緒といっても、祝日なんてそんなにないですよ。
    奥様、長い間ずっと孤独に耐えてきて、
    いやになっちゃったのでしょう。

    ユーザーID:8207763928

  • 辞める必要は無いと思う

    そんなに求められるって幸せですね、
    と思いレスしましたが…
    奥様はお友達や趣味はないんですか?

    トピ主さんは長く勤め上げて、その
    人生経験を生かしてライフワークと
    してボランティアに取り組んでいる
    のですよね?

    日曜日や祝日は奥様と2人の時間も
    取っている。

    まあたまに土曜日のボランティアを
    休んで温泉旅行くらい良いかと思い
    ますが、完全にやめる必要はないと
    思いました。

    奥様がどんな方かわかりませんが、
    奥様も自身の老後について考えて、
    趣味なりボランティアなりに取り組んで
    みたらどうでしょう?

    自分は趣味がない、友達も少ない、
    仕事もない、だから夫にはボランティアは
    やめてほしいと言うのはちょっと勝手な
    気がします。(違ったらすみません)

    うちはアラフィフの夫婦ですが、夫は
    多趣味ですから、もし私がやめてほしいと
    言ったら、自分は長年苦労して働き
    家族を養ってきた。老後は楽しみたい。
    君も好きなことを見つけて楽しんだらいい
    し、もちろん2人で旅行にも行こうと言うと
    思いますし、私もそうするつもりで、
    今はコツコツ働いて貯金しています。

    ユーザーID:8831846107

  • 妻が・・・

    【 続 き 】

    奥様をボランティアの交流会に招いて、仲間にして・・・というご意見ですが活動の性質上、家族や友人は呼べないことになっています。
    相談員をやっていることを同居の家族以外には伝えてはいけないことにもなっています。
    ので『トピ主は〈社会的な〉評価とやらが欲しいのですね』という指摘は当っておりません。

    多くのご意見に有りました妻も一緒に参加するというのが一番良いのですが相談員になるには一年間、養成講座を受講しなければならずそれは年齢制限で無理な状況です。
    ただ事務のお手伝いなら〈資格なくても〉可能かもしれませんので今週、指導員さんに聞いて見ようと思っています。

    資格のない者は事務手伝いボラもダメということなら皆さまのご意見にもありましたように相談員は辞めて夫婦ふたりでやれるようなボランティアをこれから探そうかとも考えております。

    引き続き皆さまからのご意見いただけたら嬉しいですです。
    また夫婦ふたりでやれるようなボランティアを紹介いただければと。

    ユーザーID:5798417542

  • トピ主さんレス読みました。私から2度目です。

    >ただ電話相談は辛い苦しい状況の方に寄り添う会話ですので『楽しそうに』というのは全くありませんしボラ仲間とも暗い相談の反省についてですからこれも『楽しそうに』という場面はありません。でも妻は楽しそうにはしゃいでいる姿をイメージしてイラつくのかもしれませんね。

    ごめんなさい。
    ここ、確かにそうなんですけど、私の言いたかったこととチョット違うんです。

    あなたの場合、ボランティアで相談者の方のお話に耳を傾けてアドバイスをなさっているんですよね。そして、ボランティア仲間ともそれについて話し合いなどをされている。
    もし、私の夫がそういうことをしていたら
    「私の話は上の空でいつもめんどくさそうに聞いてるくせに……」
    「私との会話なんてほとんどないくせに」
    「よその人の相談には真剣に乗ってるんだね。」
    「話のわかるいい人として振舞ってるんだね。」
    と、イライラします。
    一家を支える為の仕事なら、その反動で私との会話が面倒なのかな?と少しは理解を示すことができるかもしれないんですけど……

    ただこれも、トピ主さんさんが奥様とのコミュニケーションがきちんと取れているなら心配いらない話です。あくまでも、私たち夫婦の場合の私の気持ちです。
    ご参加までに。

    ユーザーID:1830083253

  • 奥様はボランティアってところが気に入らないのでは?

    あなたは定年後に社会での居場所と存在意義を見いだせて生き生きとした第二の人生を送っている。これは大変すばらしいことだし、正しい老後の姿だと思いますよ。

    奥様はボランティアってところが嫌なんじゃないかな?
    定年後にも働いてお金を稼ぐっていうならそんなクレームはつけないけど
    「家族の為に一銭にもならないのに、見ず知らずの人のために時間を使って働くなんて・・・」って。それがまさにボランティアなんだけど、理解できない人には理解できないです。
    つまりは、定年後に女房を放っておいて道楽を始める亭主に業を煮やすって図です。(道楽ではないですけど、奥様はそう思っているのかも)

    もうね、これは価値観の違いなので話し合おうが無理なんです。
    主さんもたまには奥さん孝行で、定年後の夫婦の理想のイメージとされているような温泉旅行などに行ったらいかがでしょうか?
    そういう風にしてやるうちに、あー私のこともちゃんと考えてくれる。
    と安心できるんじゃないかな?
    そんな単純じゃないかな?

    しかし、人の社会的な活動の足を引っ張る女性は一定以上いますね。
    別の話ですが、女性が女性の足を引っ張るってこと結構あるんですよ。
    失礼ですが、奥様もそういうタイプだったのかな?

    ユーザーID:5190415513

  • 妻が・・・

    多くの皆さまからの貴重なご意見やアドバイス本当にありがとうございます。

    次の言葉が心に響きました。
    ≫夫が大好きだから嫉妬している。という場合だけではない、複雑〜な気持ちがある事を知っていただきたいです。
    ≫楽しそうに、真剣に、自分のわからない話を他の女性としていることがいやなんだと思います。

    長く相談業務に携わりながら女性の微妙な心理や妻の気持ちが分かってなかった自分を恥ずかしく感じております。

    ただ電話相談は辛い苦しい状況の方に寄り添う会話ですので『楽しそうに』というのは全くありませんしボラ仲間とも暗い相談の反省についてですからこれも『楽しそうに』という場面はありません。でも妻は楽しそうにはしゃいでいる姿をイメージしてイラつくのかもしれませんね。

    【 続 く 】

    ユーザーID:5798417542

  • 夫婦逆のパターンですが参考になるでしょうか

    夫は定年後毎日自宅にいます。
    妻の私は週3回のパートの他、ボランティアに2か所、習い事を2か所、その他おつきあいなどもあって平日の昼間はほぼ家にいません。
    別に夫と一緒にいるのが嫌だから出歩いてるわけじゃありませんが、昔からの縁であれこれ当てにされてるのです。
    パートは私が50代だから続けているのです、年金まだもらえませんから。

    夫は出かけたがらない人なので自宅にいてくれるのは全然構わないのですが、毎日出かける私を微妙な目で見ることもあります。
    「お前は現役でいいよな。俺なんか」という、嫉妬というより自虐の目です。

    私に言わせりゃ、夫は40数年も最前線で働き続けた人なんですから老後ゆっくりすれば良いじゃない、です。
    私が現役?ちょっとパートしてるだけなのに。
    ボランティアや習い事も夫がいてくれたからできたことなのに。

    置いてきぼりにされたような寂しさがあるのかも。
    そう言えば私も出産後専業主婦になったとき、似たような思いをしたことがあります。
    働いてる人は皆輝いて見え、自分だけ家でくすぶっててどんどん社会から離れていくような。

    解決策、、、う〜ん、相手に自己肯定感を持たせることかな。

    ユーザーID:0518032576

  • 珍しいパターンですね

    どちらかといえば、女性の方が、配偶者なしでの楽しみを見つけられる傾向が強いのですが。
    妻さんは性格的に、それができないんでしょう。

    主さんと一緒に居たいというのとは、違うと思います。
    本当にそうお考えなら、妻さんも一緒にボランティアをすると思う。

    妻さんは、ボランティアをする気はない。だってつまらないから。
    主さんが一人だけ楽しそうに生き生きと過ごしているのが許せないのです。

    この問題は、解決が難しいと思います。
    主さんがボランティアをやめれば、表面上は丸く収まるでしょう。
    ですが、二人だけで引き篭ってこの先の長い余生を過ごせますか?
    きっと息が詰まる。
    今はボランティアをやめて欲しいと言っている妻さんだって、主さんと二人だけで引き篭って過ごすと、息が詰まると思う。

    本当は、妻さんが自分の楽みを見つけられれば良いんです。
    でも、悲しいことに、妻さんは女性に珍しくそれが出来ない人なんです。

    主さんがボランティアを辞めたり減らしたりすることで根本的な問題解決できるとは思えません。
    どうすればいいか?
    うーん、難しいですね。

    ユーザーID:4507512986

  • 『ひとりでいるのがつまらない』が本当の答えでは?

    トピ主はボランティア活動に生きがいを見出しているのに対し、
    妻はトピ主と一緒にいる時間が大事ということでしょう。

    仕事とボランティア、妻との割合を見直すしかないかなと思います。

    たぶんトピ主は妻につきあうのが時間が若干うっとうしいのではないかと想像しています。

    そうなるとこの問題の解決は難しいですが、妻のことが大事ならもう少し時間をわりあてましょう。

    まあ私に言わせればトピ主の妻は依存していて子供っぽいですけどね。

    ユーザーID:7705411548

  • 逆に....

    家族が反対しているのに、無理矢理続けなければならない理由はなんですか?
    仕事ならしょうがないと思いますが、所詮ボランティアなのですから、
    辞めたところでなんの問題があるのでしょうか?

    >社会的にも高い評価の得られているものです

    トピ主はその評価とやらが欲しいのですね。
    妻を蔑ろにしてまでも。

    これまでも仕事を理由に、妻を大切にしてこなかったのでは?
    妻も仕事なら仕方ないと我慢していたのに、この先もそれが続くと思ったら
    もう絶望しかないのかもしれませんよね。

    継続雇用が終わるまでは、仕事だけでいいのではないでしょうか。
    自分の人生ばかりを豊かにしないで、妻の人生にも関わってあげたらどうですか?

    ...と奥様の気持ちを想像してみました。
    私自身は「亭主元気で留守がいい」タイプの、働く妻です。(笑)

    ユーザーID:4692159147

  • 夫婦元気で一緒にいられる時間はもう限られてます

    今まで、仕事や家事育児で、それぞれご夫婦で頑張ってこられたと思います。
    定年後も働きボランティアまで引き受け、立派な事だと思います。
    これ、対外的に、他人から見れば…の話です。

    奥様としては、定年後は「夫婦でこんな事したり、あんな事したり…」と旦那様と一緒に楽しむ生活を夢見ていたのではないでしょうか。
    それなのに、旦那様は今まで通り外にしか目が行ってない。家庭を、妻を軽んじているように感じるのではないでしょか。

    既に、夫婦とも、いつなんどき病気で倒れてもおかしくない年齢です。
    元気で動き回れる時間は、そう残されていないかもしれませんよ。

    奥様とちゃんと向き合って、これからどう生活していくか、奥様の希望を聞いてあげてください。
    ご夫婦でゆっくり長期の旅行なんて良いと思いますよ。
    習い事でもいい。
    意識を家庭に持っていってください。

    しばらく奥さん孝行してみたらどうですか?
    元気なうちは気付かないものですが、病に伏せると後悔するものだと思います。

    ユーザーID:8101382759

  • 考えてみました

    ・奥様を連れて行く。(見学させたり、隣に座らせ、主さんのメモを見ながら一緒に考えて貰ったりする。後々奥様も参加してもらう。)

    ・参加回数を半分に減らす。(それにより、一泊旅行や、夫婦で楽しめる趣味を増やす)

    ・全く辞める。(夫婦で出来るボランティアや趣味を始める)

    ・疲れる事、友達を増やす事、生きがいを持つことを目的に、奥様に仕事をして貰う。(掃除や弁当屋や工場、介護職、シルバー人材センター等、探せば有ると思いますので。)

    ・仕事が嫌なら、ボランティアや習い事、サークル活動を勧める。地域に色々有ると思うので、それに参加してもらう。

    ・子供達が望めば、子供達の手伝い。 独身なら部屋掃除や惣菜作り等。孫が居れば、保育の手伝いで息抜きをさせてあげる。

    ・お願いして、時間のかかる作業をして貰う。(壁紙の張り替え、部屋の模様替え、家具の買い替え、ペンキ塗り、障子やふすま張り、老後を見据えて断捨離、もし奥様が倒れた時に何処に何が有るか一目で分かる様に物の分類と表示書き、屋根裏部屋や物置の不用品をネットで売る、パソコン内に録り溜めた写真の整理、財産の整理と資産運用の勉強、保険の見直しや家計簿の見直し・・・等。)

    どうでしょうか。

    ユーザーID:2032417591

  • 夫婦の価値観って、離れたり近付いたりの繰り返し…

    トピ主さまのような現在ゆとりのある立場の方が無償で社会貢献してくださるって、素晴らしい事と思います。

    妻さんも子ども食堂やファミサポに興味持つタイプならば、共通の話題に事欠かないでしょうに…

    価値観のズレって、広がると結構マズいんですよね…

    しかし、いちばん身近な人間に不満な気持ちを持たせて、他人にボランティアというのは矛盾しているような…

    背景がわからないので、もっと深いところで不満があるのではないかなあと想像します。

    ユーザーID:2316814648

  • どちらが大切なのか

    >妻の思いはどういうことなのか
    トピ主さんが感じている通り、ボランティア仲間に嫉妬しているのだと思います。楽しそうに、真剣に、自分のわからない話を他の女性としていることがいやなんだと思います。
    たぶん、私も同じ立場だったらいやですね。

    >私はどう対応すれば良いのか
    「そのボランティアを辞める」の一択だと思いますよ。
    ボランティアと奥様とどちらが大切なのか、考えてください。
    そのボランティアがトピ主さんにとってやりがいがあって、そして辞めづらいのも、もちろん奥様はわかっています。
    でもいやなんですもの。
    辞めてもらえますか。
    辞める理由は家庭の事情を適当に作って辞めればいいと思います。
    遠方の子供に会いに行く回数を増やすためでもなんだっていいんです。
     
    奥様と一緒にできることを、奥様と一緒にすればいいじゃないですか。
    もしくは奥様が気持ちよく送り出してくれることを探せばいいのではないですか。

    ユーザーID:7266759648

  • 同じボランティアに取り組んでいるらしい

    幾つかポイントがあると思います。
    先ずは、一部の女性は「実利」のないことは理解しません。

    次に、女性は旦那が他の女性と絡むことを良しとしないも
    のです。と言う事は、トピ主さんが愛されていると言うこと
    でもあります。

    今更ですが、トピ主さんが参加するボランティアの目的に
    ついて説明し、理解を得る努力が欠けていたのではありま
    せんか。

    目的、仕組み、重要性、役割り、持ち出し費用、消費時間
    などなど。
    トピ主さんは、何故このボランティアに取り組むかについ
    て、確りと考え伝えることが必要なのではありませんか。

    自分が取り組んでいるボランティアですが、相手も一緒に
    取り組んでいると考えられるようにできたら。

    ユーザーID:9423164348

  • 幸せですね!

    40代後半ですが、週末は子供は塾や部活、妻は
    友人とお出かけ、夫は趣味のスポーツ…など
    バラバラに過ごしてるよ!
    定年後夫婦2人なんて耐えられない!って言う
    奥さんが多いなか、奥さまはあなたと一緒に
    過ごしたいなんて、お幸せですね。

    平日はお仕事で、土曜日もボランティアに
    行かれたら週末に遠出や、一泊旅行などに
    行けないとか不満があるのでは?

    お子さんが独立した後の専業主婦なら
    平日は趣味やお友達とランチとか行かれない
    のでしょうか?奥さまも生きがいや楽しみを
    持たれたら一番良いのですが。

    もし奥さまが平日も退屈なさっているなら
    土曜日のボランティアを減らしたり、
    ボランティア後に外で待ち合わせて、デート
    みたいに外食するとかどうですか。
    長年専業主婦だと、夜に飲みに出るって
    なかなか機会がないですしね。新鮮かも。
    夕飯も作らなくていいし。

    いずれにせよ、求められてるって幸せだと
    思いますよ。喧嘩しないで。

    ユーザーID:8831846107

  • 嫉妬だけではない

    女性が多い場所は参加する事を妻が嫌がる場合、その妻の気持ちはただ単なる「嫉妬」というわけではないケースもあると私は思います。
    私がそうだからです。

    お互いアラフィフの夫婦です。
    夫が、あるスポーツのチームに入っています。そこには女性チームもあります。
    時々、試合が女性チームの試合と同じ会場になることがあり、そんな時は一緒に行動したり打ち上げをしたりします。

    私はそれが嫌です。
    なぜなら。
    家で、私の話を聞こうとせずろくに喋らず自分本位に生きているくせに、他の女性とは張り切って喋ったり荷物を持ってあげたりしている姿を想像すると気持ち悪いからです。虫唾が走るほどの嫌悪感です。軽蔑すらします。
    「なに張り切ってんの?」とドン引きです。

    夫が大好きだから嫉妬している。
    という場合だけではない、複雑〜な気持ちがある事を知っていただきたいです。

    トピ主さん夫婦が仲良しで会話も弾んでいるなら、大丈夫だとは思いますが。

    ユーザーID:1830083253

  • 女性だって逆の立場だときついですよね

    定年したご主人と終日一緒だと 私だとキツイなあと思ってしまうから、それぞれ 自分の好きな時間があったほうが良いと思います。

    自分の時間や趣味、一人の時間を楽しめる人もいれば そうでない人もいるのでしょう。

    トピ主さんの奥様は 専業主婦で趣味も特にない、友達もそれほど多くないのでは?
    週末やることがあったり、1人でリラックスできる人であれば、夫のボランティアに止めるように言わないと思います。それと嫉妬深く、疑っている、自分に自信がないのかもしれません。

    奥様を安心させるために、1度ボランティア後に待ち合わせでもして スタッフさんたちと食事に皆で行ったり、またはボランティアにいっそのこと参加をさせてみたりしたらどうでしょう。

    ユーザーID:8513467570

  • いや…逆に

    なんで辞めないんですか?ボランティアでしょ?

    人手不足で辞めづらい、仲間どうしで浮いた話は聞いた事ないとか、関係ない。
    自分が辞めたくない言い訳にしか聞こえない。

    ケンカしてまで続けたいって何?私には、女性が多いので楽しいんだな、としか読めませんでした。

    あなたの大切なのはボランティアですか?奥さまですか? 
    一緒にいてほしい、と思う奥さまを放ってまで、行かなきゃならないんですか?

    よその相談に乗ってる場合じゃありませんよ。

    ユーザーID:6287588756

  • 不安を解消

    例えば男性の多いボランティアだったら奥様は賛成するのでしょうか?何もない真面目にやっているということがわかればいいのではないですか?

    ユーザーID:1089538758

  • 真逆ですね

    妻としては「亭主元気で留守がいい」になるだろうと思うのですが、真逆ですね!
    あなたが外で生き生きしていると、悔しいのでは?
    関心を自分に向けてほしいのかもしれません。

    専業主婦ですと、内向的な方のでしょうか?
    奥様が習い事でもされて、お互いが外で元気に過ごすのが理想だと思うのですが。
    その頑固さは、ひょっとして認知症の始まり?なんて、失礼でした。

    ユーザーID:1025161466

  • お疲れ様です。

    主さんの推測通りだと思います。

    女性関係がどうとかではなく、
    主さん一人が「楽しそうに」生きていることが、奥様は許せないんですよ。
    奥様の「つまらない」という苦しみを、主さんにも理解させたい。

    奥様には、友人や趣味があまりないのでは?

    私の両親は主さんのお宅とは逆で、専業主婦の母の方が活動的。
    父は友人もほとんどおらず、飼い犬だけが喜び、という人でしたから、父が引退後に、母があちこちのサークル的な活動に出ることを面白く思っていないようでした。

    同じように父は、「外で男と会ってるんだろう!」と被害妄想全開で母に食ってかかっていました。

    主さんのお宅も、本来なら専業主婦の奥様が自由に動ける立場になったのだし、女性はそういう集まりが好きな傾向があるので、お互いがお互いのコミュニティで楽しく活動できれば良かったのでしょうが、生憎奥様は、そういうタイプではなかったようですね。

    一つの提案としては、そのボランティアに奥様も一緒に参加するとか、
    新たにどこかのコミュニティに、主さんと二人で参加してみると良いかもしれません。
    奥様はその一歩が踏み出せないだけかも。
    最初は一緒に参加して、そのうち奥様だけでも新しいコミュニティに入れるようになれば、お互いを尊重した生活ができると思います。

    ただ、もし奥様が、他人と関われない人だったら、この作戦は新たな苦痛でしかないと思いますので、奥様の性格をよくみて行動してください。

    ユーザーID:3789434451

  • ボランティア同士の交流会

    ひとりでいるのがつまらない

    本当にそうおっしゃったんですか?亭主元気で留守がいい、なんて言葉がありましたが、奥様は主様にべたぼれ、熱々なんですね。

    いや、冗談や皮肉ではないですよ。本当にそういう奥様は私が知る限りでは少ないです。たいていは、定年退職後家に夫がいるので具合が悪くなったとか、奥様の方がボランティア活動していて、夫が妻が出かけるのに不満だとか、そういう話が多いのです。

    奥様のために回数を減らすか、ボランティアに奥様を誘うか、交流会があるなら奥様をボランティアの交流会に招いて、仲間にしてしまうのはいかがですか?

    依存性が強いのか、嫉妬なのか、誰かが何かを吹き込んだのか?例えば「毎週行くなんて多すぎるわ、好きな女性でもいるんじゃないの?」とかです。

    奥様の気持ちが今一つつかみきれないので、「やめたくない」という立場からの話し合いではなく「やめてもいいんだけど、なぜ?」というスタンスで話し合うことが先かと思います。

    「とにかくやめろ」の一点張りなら、辞め辛くても、やめて、奥様と一緒にできる楽しみを見つけることをお勧めします。

    ユーザーID:6347147241

レス投稿

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧