男性から発信するトピ

妻が・・・

レス97
お気に入り107

新幹線

男性発

ボランティアに反対します。

こちらは60代、定年退職後の継続雇用で月〜金フルタイム勤務で働いています。妻も60代で専業主婦です。
子どもたちは既に独立し今は夫婦ふたりの暮らしです。

数年前から続けているボランティア活動に反対されています。
活動内容は電話による相談員で社会的にも高い評価の得られているものです。
毎月(土) 3〜4回の参加ですがそれ以外に趣味や道楽はなく日曜日と祝日は終日妻につきあっています。

最初のころは反対していなかったのですが、最近は【とにかく辞めろ!】の一点張りでいつもその事でケンカになりますよ。
『ひとりでいるのがつまらない』と言うのですが、もしかしたらボランティア仲間に嫉妬しているのかもしれません。

たしかに女性が多いですが、今までボランティア仲間どうし男女間の浮かれた噂話などは聞いたことがありません。
最近は高齢化により相談員が不足していてることから辞めづらい状況です。

こちらは相談のプロなんですが自分の事となると中々考えがまとまりません。

妻の思いはどういうことなのか、私はどう対応すれば良いのか皆さまのご意見がいただければ嬉しいです。

ユーザーID:5798417542

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数97

投稿する
  • 人口の少ない地域なのかな

    >はっきり言いますが、トピ主の妻が納得できるかどうかなど、どうでもいい話。

    どうでもいい話なら、もうそれは夫婦ではないですよね。
    (上から目線な方ですね)

    でも、奥様もボランティアに参加されるそうですから、
    夫婦間での守秘義務は少なくなりますね。

    知り合いが相談してきたというエピソードがありましたが、
    人口の少ない地域なのかな、と思いました。
    つまり地域の人が、全員顔見知りな村とかで、
    誰が何をしているか、簡単に知れ渡るような?
    だったら都会とは異なる守秘義務もあり得るのかな。

    なんにせよ、うまくいくことをお祈りしています。

    ユーザーID:2672779434

  • 守秘義務云々以前の問題

    単に奥様とボランティア活動、どちらを優先するのか、ということではないでしょうか。
    奥様が納得かつ理解していないボランティア活動に毎週時間を費やすことが問題なのです。
    守秘義務を守れる範囲での説明で、納得と理解が得られないのであれば、奥様またはボランティア活動のどちらかを選択するしかないのです。

    ユーザーID:9620936169

  • 奥様は漠然とした不安を感じている

    それはトピ主さんが奥様にも守秘義務をかたくなに貫いているからです。
    子どもが休みの日に出かけるのに「どこに行くの?」「誰と出かけるの?」と聞くでしょ?
    その時「言えない」と言われたら感じ悪いですよね。それと同じです。
    「自分は信頼されていないんだな」って感じていると思いますよ。

    その日の相談内容を話せと言っているわけではありません。
    どんな人とどんな所でどんなことをしている、くらい「他人」ではない人に話せませんか?
    他の方々も「他言するなよ」とくぎを刺してその程度のことは配偶者に話していると思います。

    一緒にお仕事をすることになったようなので、そうなれば一目瞭然ですからよかったです。奥様の不安は相当なものだったと思います。
    奥様はボランティアがしたくてお仕事を始めるわけではないと思うので、辞めたいと言ったら辞めさせてあげてくださいね。

    毎週夫が出かける先のことを何も教えてもらえないなんて、秘密諜報部員じゃあるまいし。

    ユーザーID:9509659012

  • 妻が・・・

    ≫主様所属団体は守秘義務と防犯等を混同している様に感じます。

    混同しておりません。混同しているのは[子の立場です]さんです。

    ●私の所属する団体には守秘義務が規定されています。

    ●守秘義務が規定されている理由は先に書いた
    〈1〉〜〈3〉のような事態が起きるのを避けるためです。

    ●避けるべき事態のひとつとして防犯上のリスクがあります。

    ●電話相談員をやっていることを伝えられない規定がある理由は〈2〉に書いてあります。

    バザーや募金活動はどうしているか?
    のご質問ですが別組織の後援会があり外部との寄付交渉などはそちらがやってます。

    ユーザーID:5798417542

  • 職場の守秘義務

    医師、弁護士などに限らず職場には守秘義務がありますが、それは「職務上知り得た事実や情報を職務外に漏らさない」ということで

    >そもそも電話相談員をやっていることを規定により伝えられない

    のように職業そのものを守秘義務の対象とするなどおよそ考えらえません

    そのような職業、スパイくらいではないですか?

    そして当然どの職場でもどこでどう働いている、どんな同僚がいるという話を家族にしたくらいでは守秘義務違反には当たりません

    また、こんなボランティアをされる方は電話相談だけでなく、公開講座、バザーや募金活動、他団体との連携活動などもあり、「どこの誰だかわからない」状態になるはずはないはずなですが…

    こんな一般的でない守秘義務のあるボランティア、奥さま同様ここにレスされる方たちも訝しく思いますよ

    ユーザーID:9619839974

  • 守秘義務についてはスルーでいいのでは

    この内容を読んで、分かる人はトピ主の従事しているボランティアが何であるかも、そこに伴う守秘義務やその重さも既に分かっていると思います。

    その守秘義務内容に難癖をつけたり、自分が理解できないからとグダグダ言う人は、スルーで良いのでは。その人達に理解させる必要も意味もないと思います。揚げ足取りをしたいだけの人でしょう。

    そして、それは妻に対しても同じです。はっきり言いますが、トピ主の妻が納得できるかどうかなど、どうでもいい話。「守秘義務がある」で納得できないなら、もうそれ以上は何も話すべきではありません。「奥様が納得できるだいたいの事を伝える」なんて言うのは、女性の都合しか考えていない無責任な発言。

    私もトピ主の妻が、守秘義務を守れるとは思えません。ボランティアに参加させることは白紙に戻し、妻には妻の仕事なり楽しみなりを見つけさせるのが一番いいのでは。

    世の中定年退職した夫が「ひとりでいるのがつまらない」と言ったところで、その相手をする妻などそういません。男性もそれと同じ対応で良いと思います。結局自分がどう生きるか、何をするかは自分で決めるしかありません。トピ主はトピ主の仕事、ボランティアを生き甲斐にして良いと思います。

    ユーザーID:1927733250

  • 主様は、その守秘義務に疑問を感じる事はありませんか?

    >誤解を広げてしまった
    誰も「誤解」はしていないと思います。
    読めば読むほど、主様所属団体は守秘義務と防犯等を混同している様に感じます。

    専門職に課せられる守秘義務は、仕事上知り得た情報を開示しない=顧客、患者様等を守る=個人情報の保護の為です。
    >カウンセラーでも精神科医でもありませんから相談者の心の闇をお聴きして寄り添うだけ
    なのに
    >電話相談員をやっていることを規定により伝えられない
    のは、一般的な守秘義務ではないと思います。

    >逆恨み、或いはもっと相談を続けたいという思いから深夜に押し掛けてくる危険
    ならば、特殊な守秘義務ではなく「防犯」「自衛」手段が必要です。
    ボランティアに守秘義務を課すことで、利用者+ボランティアの安全を確保できる、自衛出来るとお考えなら、その団体の危機管理は甘すぎます。

    病院にも色々な事情のある方が来ますが、場所は知られていますし、夜中も働いている人がいます。
    職員に「病院で働いている事を話してはいけない」と言う守秘義務があると思いますか?

    家族は夜勤、当直等を把握していますし、今日は病棟が静かだから時間通りに退勤出来そう、急患が入ったから遅くなる等の話や個人が特定されない範囲での仕事の話は許容範囲です。

    逆にDV等、家族に知られずに何かを相談したい方には、通話記録やMail等も見られない様に、ご自身の電話、IPにも気を付けて等、助言し
    >包み隠さず話すことによって精神の安らぎが…
    でも、話す前に必ず話して良い相手か?確認する様に言っています。

    >〈守秘義務規定に違反〉しないで〈だいたいの事〉をどのように妻に話せば良いのか具体的に…
    主様所属団体の守秘義務は特殊過ぎるので、一般的な守秘義務の方の意見は参考にならないのでは?
    他の方もお書きの様に団体で話す事をお勧めします。
    そして団体の守秘義務・防犯+自衛の見直しもお勧めします。

    ユーザーID:7674999659

  • 妻が・・・

    ≫この部分、ますます納得しかねます。

    と言われても私は組織の運営ルールには関わっておりませんので何ともコメント出来る立場にありません。

    それよりも↓を教えていただけないでしょうか。
    ぴあの様(他の方も)の職場の守秘義務規定に抵触することを家族にどのように伝えておられるのでしょうか?

    ユーザーID:5798417542

  • 他の人に聞いてみたら?

    トピ主さんの挙げられた守秘義務規定は言われるまでも無く分かっています。でも挙げられたその中に「家族に電話相談員をやっていること」も話せないというのは入っていないのですが、それも言えないのですか?本当に?

    他のボランティアの人も家族に「守秘義務でどこに行くかは言えない。俺が何をやっているのか聞くな」で家を出てきているのですか?諜報機関の人のように。それで納得する家族はいませんよ。

    皆それぞれに
    「(自殺しようとしている人、虐待に苦しむ人、いじめ、依存症の人、犯罪被害者などなどが想像できますが)の話を聞いて相談に乗る仕事だよ。その人たちは辛くなったり、電話できるチャンスがある時に電話してくるから、24時間いつでも受付できるように、誰かが事務所に待機していて今日は当番なんだ。万一の事があるから事務所がどこにあるかは言えないけど、新宿らへんだよ。事務所内に仮眠室があるよ」

    位の事は話しているんじゃないでしょうか?

    具体的な相談内容は話さなくても「今日は電話で怒鳴られて辛かった」「今日は前に相談に乗った人からお礼の電話があって嬉しかった」位もしゃべっていないのですか?

    それこそ周囲には相談員だらけですから、どのように家族に説明しているのかを聞いてみたらいいじゃないでしょうか。


    このボランティアはとても意義深い事です。トピ主さんが電話を取ったおかげで救われた人もたくさんいるはずです。
    でもそれはあくまでもボランティアなんです。生活が懸かっているわけでも無い。家庭を危機に陥れてまでもやらねばならない事なのでしょうか?
    何も止めろとは言っていません。
    奥様に向き合ってその不安と不満を解消するために努力すべきでは?そのためには頻度を下げるのもそうだし、守秘義務に違反しない範囲で理解を求める努力をするべきではないのですか?という事です。

    ユーザーID:1276891897

  • 私なら離婚案件

    奥様専業主婦だから、黙って耐えてるけど、
    仕事ならともかく(ここ大事)
    ご飯のタネではない趣味活動を秘密にしないといけないって、
    あなたがそれに意気込む姿勢はもうわかりました。
    ならば離婚してからにしてください。って思いますよ。

    よくある説得の方法だけど、
    奥さんが「夫に言えない内容のボランティア」やっていて
    謎の宿泊して「泊まり先も言えないの」で
    「はいはいお好きにどうぞ」ってあなた言えるの??
    蓋を開けたらやましい事はない、人助けなんだろうけど
    蓋も明けられないのだから、やましいことなんでは?と思うでしょうが。

    「妻はそいう言う活動に興味ないから」
    「社交性が無いから外に出ませんので」という論法は意味ないよ。
    全て「仮に」と言う話だから。
    あなたが妻にそれをやられて、快か不快か?
    それのみ聞いているのだから。
    実際やってるやってないは関係ないからね。

    その不思議なボラ仲間、女性が多いようだけど、
    その人たちは家族になんて言ってるの?
    家族がいるなら、人生相談で泊まる場所ぐらい言ってるよ。
    そうでないと、家族でもそんなボラ反対するわ。

    あなたの人生だから、あなたの好きにすればいいと思うけど、
    配偶者がいるのなら、配偶者が物凄く嫌がる事はしない方がいいと思う。
    それでもやりたいなら、離別か死別してからしがらみなくなってからがいいのでは?

    ユーザーID:0433896751

  • トピレス8を拝見いたしました。

    トピレス8を拝見いたしました。

    >ただ詳細な事情を話される相談者もおられます。
    >それは自身の全てを包み隠さず話すことによって精神の安らぎが得られということを知っておられる方です。

    この部分、ますます納得しかねます。
    無償のボランティア相手に
    実名で具体的な内容を話されても責任は負わない、
    あるいは「実名で話すのは禁止」とするのが本当ではないですか?
    その辺りに、仕組みとしての不味さを感じます。
    (無償のお手伝いのはずが、裁判でも起こされたらどうしますか)

    実名で相談するほど切羽詰まっているなら、
    病院、警察、弁護士などにちゃんと相談すべきだと
    私は思います。

    あと職業でもないのに守秘義務を負うのは、
    奥様は耐えられないと思います。

    ユーザーID:3325080617

  • 妻が・・・

    守秘義務規定についての補則説明をした積もりでしたがむしろ誤解を広げてしまったみたいです。

    〈1〉〜〈3〉でお伝えしたかったのは
    「どうしてこのような守秘義務が規定されているのか」
    について分かりやすくその理由をお話ししたのです。
    私の妻がおしゃべりとか言うのは関係ありません。
    このような厳しい守秘義務規定があるのは〈1〉〜〈3〉のような事態が想定されるからということです。
    だから団体は守秘義務の遵守を求めます。

    奥様が納得できるだいたいの事を伝える事はできませんか?
    というご質問ですが〈だいたいの事〉というのが難しいのです。
    そもそも電話相談員をやっていることを規定により伝えられないのですからその後に続く〈だいたいの事〉の言葉が出ません。
    妻には『相談員ボランティアをやっている。それ以上のことは守秘義務により話せない』としか言えないのです。

    お尋ねしたいのですが・・・
    〈守秘義務規定に違反〉しないで〈だいたいの事〉をどのように妻に話せば良いのか具体的に教えていただけないでしょうか。
    ぴあの様(他の方も)の職場の守秘義務規定にに関わることを家族にどのように伝えておられるのでしょうか?

    ユーザーID:5798417542

  • 守秘義務の範囲

    新幹線さんとここでレスしている人達とでは守秘義務の捉え方が違うようですね。
    もしうかつにも話してしまったらとか奥さんがSNSで等の記述です。
    ご夫婦そろってそんなにおしゃべりなのですか?
    普通家庭内で守秘義務に関係ない噂話くらいしますよね。
    でもこれは他人様に言っていいこと悪いことくらい口止めされなくても判断がつきますよね?
    それがつかないから今まで奥さんには内緒だったのでしょう?
    そんな人が誓約書を書いたからって守れます?
    向いていません。
    やはり夫婦での登録は一方が事務であっても駄目だったと断って下さい。
    会自体の信用にもかかわる事です。

    ユーザーID:4319298905

  • 妻が・・・

    相談者が実名を名乗ったりする必要はないのでしょう?

    というご質問ですが・・・
    もちろん私たちから求めることはありません。住所などが特定される情報や年齢をこちらから訊くこともありません。私たちはカウンセラーでも精神科医でもありませんから相談者の心の闇をお聴きして寄り添うだけです。基本アドバイスもありません。

    ただ詳細な事情を話される相談者もおられます。
    それは自身の全てを包み隠さず話すことによって精神の安らぎが得られということを知っておられる方です。

    その様なこともあるため厳密な守秘義務が課されています。

    ユーザーID:5798417542

  • いろいろ気になる

    トピ主さんのレス6・7を拝見いたしました。

    守秘義務についてのご説明、興味深い内容もありました。
    やはり、相談に乗ったことで、
    逆に相談者の方が逆に逆恨みされたり、
    執着されたり、ということがあるのですね。
    (その意味では、外部に場所が漏れるのが困るのは分かります)

    ところで、この小町ではハンドルネームで
    様々な相談が飛び交っていますが、
    個人が特定されることはまずないと思います。

    トピ主さんの電話相談は、相談者が実名を名乗ったりする必要は
    ないのでしょう?相談内容も、具体的な名称などは
    あげないで相談するのではないかと思うんですが。。

    つまり相談すると実名がバレる精神病院とか警察、弁護士事務所なら、
    守秘義務も分かるのですが、
    お互いにハンドルネームで話しているなら、
    そこまで守秘義務が厳しいのも、
    なんだかなぁ?と思ってしまいます。

    無料のボランティアでそこまでの重圧はやりすぎかと思います。

    ユーザーID:4196857425

  • なぜ、守秘義務について詳細説明しようと思いましたか?

    >『この仕事がなければ妻共々生きていけない、という収入源であるなら・・・』というご指摘は当たっておりません
    について

    数名からの指摘で「奉仕活動が収入源でない事は周知の事実【収入源ではないのだから】…」の後半部分が重要である事、主様にはご理解頂けましたか?

    主様は、レスした人は「主様に何を説明して欲しいと思っている」と予想しましたか?
    1.主様が守秘義務を正しく理解し、誤解等していない事
    2.「収入源〜」について、主様の解釈が異なる理由

    ご自身の為も含め、主様は守秘義務について誤解を解く+特殊性の説明が必要だとお考えになり〈1〉〜〈3〉の事情をお書きになったと思いますが…
    私を含め「収入源〜」が気になった人は、2を読みたかっただろうと思います。

    守秘義務のある専門職に就き、主様以上に守秘義務を理解している人も少なくありません。大きな括りで考えたら、殆どの仕事に多少の守秘義務はあります。
    そして主様にどんな守秘義務があろうと奥様が納得しているなら、他人の私達が口出す事ではありません。

    私達がレスをしているのは
    問題は「守秘義務それ自体ではない」
    奥様のニーズに応えず、奥様が不満を感じている
    そして、主様が奥様のニーズ・不満を正しく理解していないのでは?
    と強く感じるからです。

    主様は、守秘義務が原因とお考えの様ですが…
    主様とレス者も噛み合っていない、相互理解に繋がっていない事にお気づきですか?
    奥様は私達が感じている以上に、主様に自分の気持ちが伝わらない事にお悩みではないか?と心配です。

    余談ですが、主様達は善意で活動していると思いますが、弱者をターゲットにする悪い人もいるので、最近は詳細等が明らかではない所に安易に電話・相談しない様、時代の流れと共に支援・指導の在り方も変わっています。
    色々な意味で防犯は重要ですから、主様所属団体も見直しをお勧めします。

    ユーザーID:7674999659

  • トピレス6・7について。何度も失礼いたします。

    守秘義務についての丁寧なご説明ありがとうございます。
    私もそうですが、ここでレスされている皆さん、この説明を受けるまでもなくそういうものだと分かっておられたと思いますよ。


    守秘義務の内容を理解せず色々レスしているのではありません。言いたかったのは以下の通りです。
    『詳しい場所。詳しい相談内容。仲間の詳しい個人情報。……これらは伏せた上で、奥様が納得できるだいたいの事を伝える事はできませんか?』
    という事です。
    奥様には、様々な事は伏せた上で、「守秘義務があるからここまでしか話せない」と言えばわかってくれるはずでは?と言いたかったのです。


    ……とここで、ちょっと待って下さい。非常に驚いた事があります!
    ・教えたら妻がSNSにアップする可能性がある
    ・ボラ仲間が知り合いだった場合、連絡する可能性がある
    ……という点です。

    あなたの奥様、そんなにおしゃべりで節操がないのですか?
    夫から守秘義務があるから、と言われた話もペラペラ喋っちゃうの?
    そんなに我慢もできず理解もできない人なんですか?
    SNSにアップするかもしれないって、もう、最低レベルじゃないですか?そこまで信用できない奥様なんですか?

    もし私なら、夫にそういう話をされたら例え子どもにも言いません。反対に夫も、私で留めるようキツく言い渡すでしょう。




    >他の人には言わないで・・・」
    「ここだけの話なんだけど・・・」
    で始まる会話は必ず拡散することを皆さま経験ずみと思います。
    ……この経験、あなたの場合は、「妻が夫から聞いた話」にも当てはまるんですね。

    それなら、奥様にはボランティア事務員になってもらうのはやめた方がいいのでは?
    事務をしていて知り得た事を、SNSでアップするかも知れませんよ?夫の大切な話すらアップするかもしれない信頼できない人なんですから。

    ユーザーID:3902764110

  • 妻が・・・

    【続きです】

    (3)なぜ相談内容を言えないのか
    これはご説明するまでもないのですが相談者の秘密はゼッタイ守られるという前提でこの活動は成り立っています。
    相談者は秘密が固く守られているから安心して自身のプライバシーも心の闇も全てさらけ出せるのです。それが癒しに繋がります。
    誰に対する守秘義務かというと・・・
    それは〈部外者〉に対してのものです。ボラ仲間どおしは振り返りの場でお互いアドバイスし合いますから相談内容は共有されます。妻は相談員ではありませんが誓約書を出すボラ仲間になりますから〈部外者〉ではなくなります。

    この活動の特殊性と守秘義務の重要性をご理解いただけたでしょうか。ここは匿名ですから上記のことをお伝え出来ますが妻には〈1〉〜〈3〉の事情を話すことも出来ませんでした。また話したら大きな負担を与えてしまうことになります。

    「他の人には言わないで・・・」
    「ここだけの話なんだけど・・・」
    で始まる会話は必ず拡散することを皆さま経験ずみと思います。
    守秘義務に関わる講座を受講しその大切さを理解した上で誓約書にサインした方以外には一切話してはいけないルールになっています。この義務は辞めた後も続きます。

    ユーザーID:5798417542

  • 妻が・・・

    多くの皆さまからの貴重なご意見やアドバイス本当にありがとうございます。

    守秘義務について説明不足があり皆さまに誤解を与えたところがありました。 改めて補則説明します。

    (1)なぜどこで活動してるか言えないのか
    もし私がポロリと『○○町△△ビルの二階で活動してるんだよ』って話したとします。それを聞いた妻や知人には守秘義務がありませんから他の人に話したりSNS にアップするかもしれません。そうするとたちまち拡散して【公然の秘密】になってしまいます。
    世の中には屈折した考えを持つ人が多数います。そうした人が過去の相談への逆恨み、或いはもっと相談を続けたいという思いから深夜に押し掛けてくる危険があります。
    〈そういうことから深夜帯の状況も話せないのです〉


    (2)なぜどんな仲間と活動してるか言えないのか
    例えばボラ仲間に妻の中学同窓生がいたとします。もし私がその事をポロリと話したら妻は他の同窓生にそれを話すでしょう。そうするとそのボラ仲間の知人、友人にその人が相談員をしてることが知れ渡ってしまいます。その中に相談を考えている方がいたらそれをためらわさせてしまいます。また過去に相談した人には後悔させてしまいます。
    実際、稀にですが知人からの相談を受けることがあります。勿論そんな時は素知らぬ風を装って相談を続けますが、その時の相談内容はお墓までもって行くことになります。

    【続きます】

    ユーザーID:5798417542

  • 5つ目のトピ主さんレス読みました

    >『この仕事がなければ妻共々生きていけない、という収入源であるなら・・・』というご指摘は当たっておりません。

    ……について、何人かの方からのご指摘の通りトピ主さんが違った解釈をされているようです。
    私の言葉が足りなかったようですので補足いたします。
    私が言いたかったのは以下の通りです。


    収入源であるなら、妻はそのお陰で生活しているわけですから、「夫が何をしているのかわからない」という状況は我慢せねばならないと思います。
    でも、トピ主さんのようにボランティアでありその活動に生活がかかっている訳ではないのなら、妻は我慢する義務はありません。妻に不安を与えた状態でボランティアを続けるのは間違っているのではないでしょうか?


    以上です。
    伝わりましたでしょうか。

    ユーザーID:3902764110

  • 解釈がおかしい

    >『この仕事がなければ妻共々生きていけない、という収入源であるなら・・・』
    >というご指摘は当たっておりません。

    私もトピ主さんが、この文章の流れを理解していないのが、
    とっても気になりました。

    同じような感じで、ボランティアの守秘義務の意味を、
    誤解しているのではないかと思いました。

    >妻も私と同様どこで〈場所〉どのような人たちと〈仲間〉なにを〈内容〉
    >しているのか子どもたちには一切話してはいけません。

    これ、守秘義務なんですか?だとしたら、
    むしろ相談者に逆恨みされないため、身を守るための守秘義務でしょうか。
    それはそれで、怖い感じがします。
    奥様を巻き込まない方がいいかも。。。

    ユーザーID:3239052344

  • 守秘義務

    3度目です。
    1度目にこの仕事がなくては食べて行けないのであればやめて欲しいというのは理解できる。
    しかし無償で家族が理解出来ず淋しくてその事で毎日喧嘩しているのに敢えてするのは如何なものかという事を書かせて頂きました。
    他にも同様のことを書いていらっしゃる方がいらっしゃいます。
    ボランティアを誰も有償だとは思っていませんしレスでもそのような事を書いている人は1人もいません。
    手弁当で奉仕するからボランティア。
    無償であるからこそ貴いのです。
    昨年ボランティアで一躍有名になられた方がおられ日本国中が感動しました。
    忙しくて出来ない人は応援する団体に寄付という形で参加出来ます。
    おそらく新幹線さんの団体も寄付を募っているはずです。

    頑なに守秘義務を通したからこそ夫婦喧嘩が絶えなかったあなたが一転し奥さんを事務員にしようとなさったのはとっても不思議。
    解釈が違っていたから揉めたのでは?
    仕事上知り得たことを話せない職種は結構あり私もそういう職種でした。
    でも喧嘩が絶えないような話は周りで聞いたことがありませんでしたけど?

    ユーザーID:4319298905

  • 主様の解釈は、少し異なる気がします。

    主様ご夫婦は、私の両親に似ている…と感じています。

    主様は
    >『この仕事がなければ妻共々生きていけない、という収入源であるなら・・・』
    というご指摘は当たっておりません
    とお書きになっていますが…

    ぴあの様がお書きになった
    >この仕事がなければ妻共々生きていけない、という収入源であるなら別ですが
    は前後の文章から、「大切な収入源であるなら別ですが【そうでないならば…】今の活動や奥様との幸せについて、再考した方が良いのでは?」が含まれている事に気づきませんか?

    私も夫も守秘義務有+主様の活動に似た部分のある仕事をしていますが…主様は守秘義務について誤解、または拡大解釈・脳内補完していると思います。

    >『辛い、苦しい、もう終わりにしようかと・・・』といった訴えに寄り添うのは本当に過酷で大変な活動
    健康的・長期的に活動を続けたいなら、聞く側のメンタルケア「も」重要で、その為に本来は身近な家族の理解を得る必要があります。

    守秘義務違反して情報共有する必要はありませんが、配偶者に説明し理解が得られないのあれば、主様には
    >相談ボランティア
    の適性が低い可能性があります。身近な方の気持ちを理解し問題解決ができない方が、他人の気持ち・ニーズに応える事ができるとは考え難いですから…。

    私の父は、主様に似た所があります。
    家族より他人に何かしたい人で、自分が正しい・正しい事をしていると思ったら、家族が何を言おうと考えを変えたり、辞める事はありません。私のきょうだいは悩んだ挙句、父が活動しているだろう団体を探し、匿名で相談した事があります。
    私達は紆余曲折の末、父との相互理解を諦めました。

    >妻のボランティア事務は可能である
    これで、問題解決になるでしょうか?
    奥様の不満は解消されるでしょうか?
    私達は母の不満・寂しさを解消する為、父抜きで楽しく過ごす方法を考え、実行しています。

    ユーザーID:7674999659

  • 妻が・・・

    多くの皆さまからの貴重なご意見やアドバイス本当にありがとうございます。

    指導員さんから妻のボランティア事務は可能であるとの連絡がありました。
    妻も一緒に行けるのなら是非やりたいと言っており来週から参加することになりました。

    当然、事務職といえ守秘義務が課されることになります。ただ相談担当には入りません〈入れません〉。 妻も私と同様どこで〈場所〉どのような人たちと〈仲間〉なにを〈内容〉しているのか子どもたちには一切話してはいけません。これは辞めた後も続きます。

    改めて申し上げるまでもないかもしれませんがこの活動はボランティアです。
    当然、往復のガソリン代を含めて報酬は一切ありません。休憩時用のお茶すらも各自持参です。
    『この仕事がなければ妻共々生きていけない、という収入源であるなら・・・』
    というご指摘は当たっておりません。

    ユーザーID:5798417542

  • 融通がきかなそう

    ぴあのさんと同じく、
    ボランティアの相談員の守秘義務っていうのが、
    なんだろう?って私も思います。

    相談している人の個人情報さえ伏せれば、
    こういうような相談があったよ、とか
    ぼかして支障のない範囲で話すこともできないのかな。

    それから交代で深夜当番になること自体も
    家族に説明できないというのは、明らかに変ですよ。
    なんかトピ主さんの拡大解釈じゃないの。

    トピ主さんの志は立派だけど、
    なんだか融通がきかなそう・・・。

    ユーザーID:3325080617

  • 家族にも秘密の場所も事務員になれば分かる矛盾

    奥さんは事務として活動出来るようになるかもしれないのですね。

    ひとりでいるからつまらないという理由だけでボランティア事務として参加すれば家族にも秘密だった場所がいとも簡単に分かるってことですよね?

    相談員の守秘義務をあれこれ書いていらっしゃいましたが奥さんが事務員になれば場所も分かるし相談員の方たちの顔も知る事になる。
    その団体の言う守秘義務って何なのってことですよ?

    だとしたら相談自体が極秘事項という本来守られて当然のことがいい加減だという事になります。
    これって誰にも知られないから相談していた人にとっては重大な事です

    ユーザーID:4319298905

  • トピ主レス4を読んで、私から3度目のレスします。

    幾度となく書いておられる以下の事情について。

    >活動の性質上、厳密な守秘義務がありたとえ家族でも話せない状況は変わりません。
    >泊まりになるのですがその詳しい事情も話すことは出来ません。

    ……なんだかね。イライラしてくるんですよね。
    守秘義務がある事は理解できますよ。
    でも、不安を訴える妻に何ひとつ納得できる説明もできないくせに、ただただ「たとえ家族であっても……」を繰り返すあなたに、多大なる違和感を覚えます。


    その違和感は
    >深夜の
    『辛い、苦しい、もう終わりにしようかと・・・』
    といった訴えに寄り添う。
    >もしかしたらひとりの方の人生に関われるかも知れないという思い
    ……こんな風に、妻以外の人の悩み苦しみにはとことん寄り添っている事が原因です。
    「あなたのいちばん寄り添わないといけないのは誰なの?」
    と問い詰めたい気持ちでいっぱいです。


    他人の苦しみにはとことん心を傾けておきながら、肝心の妻の心には「そんな事を言われても」「わかってほしい」と自分の我を通し続けているんですもんね。
    本末転倒ですよ。チャンチャラおかしい、何をカッコつけてるんですか!と思いますね。
    あなたに悩みを打ち明けている方々が、あなたが奥様を不安に陥れている実態を知ったら幻滅されるでしょうね。



    この仕事がなければ妻共々生きていけない、という収入源であるなら別ですが。
    「どこで何をしているのかわからない」と不満と苦しみを伝えた奥様に、守秘義務を守りつつどのように理解してもらえるのかを全力で考えられないあなたに、他人の相談に乗る資格はないと思います。

    ユーザーID:3902764110

  • ボランティアで、

    奥様が病んでしまったらどうするのですか?
    奥様は現にボーダー近くまで来ていますよ。

    主様のなさっている事は立派な事だと思います。
    ただ、それによって”犠牲者”を出しては意味がありません。

    失礼を承知で書かせて頂きますが、

    ご自分をヒーロー(救世主)のように思うのは止めた方が良いですよ。

    ユーザーID:9649650394

  • 妻が・・・

    多くの皆さまからの貴重なご意見やアドバイス本当にありがとうございます。
    皆さまのレスを元に妻と話し合いました。

    妻が言うには・・・
    毎週土曜日に出かけて行くが私が聞いても「相談ボランティア」と言うだけで、どこで〈場所〉どのような人たちと〈仲間〉なにを〈内容〉しているのか一切話してくれない。そこが不満であるということでした。
    それと時々泊まりで出かけるのも不信感を感じているということでした。

    と言われても活動の性質上、厳密な守秘義務がありたとえ家族でも話せない状況は変わりません。
    24時間受付のため年に数回の深夜帯の担当義務がありその時は泊まりになるのですがその詳しい事情も話すことは出来ません。

    ただ妻自身もボランティアには興味があり、出来ることがあるならやってみたいと言います。相談員は養成講座の資格がないのでムリとして事務なら可能かと思い指導員さんに相談しました。委員会に諮ってみるが多分、大丈夫だろうということでした。
    一緒に活動できれば良いなと願っております。

    深夜の
    『辛い、苦しい、もう終わりにしようかと・・・』
    といった訴えに寄り添うのは本当に過酷で大変な活動です。でももしかしたらひとりの方の人生に関われるかも知れないという思いで続けております。

    『トピ主は〈社会的な〉評価とやらが欲しいのですね』というのは全く関係ないことだけは改めて申し上げます。

    ユーザーID:5798417542

  • さみしいのですね

    これからは2人だけで生きていく…くらいの年齢になり夫に自分の知らない世界があることがさみしいのでしょう。

    ユーザーID:8020180592

レス投稿

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧