やりがいと低賃金

レス13
(トピ主2
お気に入り18

キャリア・職場

つるとりゅう

在宅で翻訳の仕事をしています。
最近の案件ですが、時給換算したら500円以下でした。内容は製品説明文の和訳(元は英文)です。

そこまで時間がかかってしまった理由は、内容が私がわからない専門分野であったこと、その英文がすでに別の言語から英語に翻訳されたもので、誤訳が多かったこと、などが挙げられます。

引き受ける前に案件はぱっと見て(製品の説明文だということは理解した)、報酬も確認したので、仕事を依頼してきたエージェントを責めるのはお門違いということはわかっています。

その上で、上記の理由のため今回の報酬は倍ほしい(倍といっても数千円)と伝えました。無理なら無理でいいし、もう仕事がこなくてもいいです。
ささっと訳して深入りしなければ時給500円なんて悲惨なことにはならなかったのか?とも思います。

仕事にはやりがいを感じます。でもあまりに安い対価は、やる気を削ぎます。先述のエージェントはこちらから願いさげという気持ちの方が強いですが、私はフリーランスだし、割に合わなくてもつないでおくことも必要なのかとも思います。私は他に数社と取引があり、このエージェントの割合は少ないです。

皆さんは、やりがいがあれば低賃金でも前向きに働けますか? 平均賃金が低めという業界、業種もあると思います。
今自分の中で迷いがあるので、いろんな方のケースや、考え方を知ることができればとても嬉しいです。

乱文ですみません。どうぞよろしくお願いします。

ユーザーID:1360524918

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数13

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 今回のはダメ

    フリーランスが低「賃金」なんて書き方をしてはダメです。
    さらに、今回の仕事について追加料金を要求するのもダメです。
    案件を見て、料金についても了承したのであれば
    貴方の見積もりが甘かったとして今回はその料金を受け入れないといけません。
    実際に甘かったのは見積もりなのか実力なのかは分かりませんが。

    もし、報酬アップを頼むのであればもっと最初の段階で
    この文章ならこの料金ではできないということを伝えるべきでしょう。
    フリーランスは時給では働いていません。
    出来上がってから報酬アップを要望できるなら、逆に簡単なら値下げもされるってことです。

    私自身は自営業です。
    お客様によって時給2万円くらいのところもあれば
    数百円のところもありますよ。
    自営業ってそんなものだと思います。

    やりがいがあれば低賃金なんて搾取を考えるべきではありませんし
    適切な報酬は要求すべきです。
    ただ、最初の料金設定が間違っているのはあなたの授業料だと思います。
    私もそういうお客様がいて報酬アップを依頼中です。

    ユーザーID:0795490427

  • 場合によります

    >やりがいがあれば低賃金でも前向きに働けますか?

    家計を支える必要がないならね。趣味の延長なら、お金がわずかでも入るだけましでしょう?
    生活の糧を稼ぐために働いているのなら、できるだけ高賃金で働きたいです。当然でしょう?

    主様の場合はフリーランスで組織で働くより自分に向いているからではないのかな?
    しかし、たとえフリーランスでもより高賃金になるように、仕事をシフトさせたいものですね。

    ユーザーID:5762798655

  • そんなの、いくらでもあるよ

    あとで計算すると安いことに気がつく

    たいていは代行店とか
    請負業とかで完全出来高制だと
    結果的に時給が、ものすごく安いことに
    後で気がつく

    なんで、そうなるのか
    そもそも、どうして社員ではなく
    外注するのか、それは採算が合わないからです
    なので低賃金なのである

    ユーザーID:8998542283

  • 私も在宅フリーランス

    あまりに低賃金でモチベーションの下がる仕事は、仕事の質も下がってしまうと思うので、
    すべてを終えたあとで「この賃金では今後は受けられない」と伝えるようにしています。

    それで改善されるようなら今後もその会社からの仕事は受けるし、改善されないようなら依頼を断ります。
    まあ、こういうことができるのも、私に夫がいて、しっかり稼いできてくれるからなんですが。

    結局こういうことは個々の状況によると思うので、正解はないと思いますよ。
    トピ主さんが自分で考えて決断するしかないと思います。

    ちなみに時給換算して低賃金になった理由が、ご自身にわからない専門分野である、
    という1点のみだとしたらエージェントに責任はないので、今後その分野は断るか、
    あるいは専門知識を身につけるかされたらいいと思います。
    (個人的にはわからない分野の仕事は安易に引き受けるべきではないと考えます)

    英語に翻訳する際の誤訳が多かったことが時間がかかりすぎてしまった主な原因だった場合、
    トピ主さんに責任はないので依頼元にしっかり賃上げしてもらった方がいいと思います。

    ユーザーID:9519202303

  • それは「趣味」の範囲です

    失礼を承知で言わせていただくと、時給換算してそこまで低いとなると仕事とは言い難いですね。
    普段はそれなりで、今回だけたまたまそれならいいのですが。

    そこまで安いということは「いくらでも代わりがいる」ということです。
    それでもその仕事が好きならやればいいし、生活がかかっているなら辞めるしかありません。

    ユーザーID:9965483947

  • キャリア・職場ランキング

    一覧
  • 時給低いですが、満足しています

    郊外の学習塾で教えています。個別で3人教えても時給が1200円、ブラックです。

    今まで語学の習得にかけてきたお金と労力、時間を思うとやるせない気持ちになることはあります。語学の学習はほんとうにペイしません。

    でも、私はもういい年齢で生活のために働く必要はありません。生徒たちや他の講師の方々の若い気をいただけるだけで、ありがたいと思っています。

    同じ講師でも稼ぐことができる方はいらっしゃるでしょう。でも、私は少人数を丁寧にということを心がけてずっと教えてきました。教え始めて25年ほど。ずっとこのやり方を通すことができて、幸せだったと思います。私は現状に満足しています。

    ユーザーID:9494794467

  • やりがいだけでやれるならそれは趣味

    トピ主さんのは仕事でしょ?
    仕事なら やりがい << 賃金 じゃないの?
    まずは生きていくための食い扶持を稼げることが最低条件。
    そこを満たせないのならそれは仕事じゃないですね。

    ただし、それが後の高収入につながるのであればその時の時給の安さは初期投資といえるでしょう。
    芸人さんたちの下積みみたいなもの。
    (日の目を見るかどうかはわかりませんけどね。)
    でもそうじゃないのならやりがいがあるからとそれを仕事とするのは無しです。

    誰かに養ってもらっているのなら、食べさせてもらえるのなら
    やりがいだけでやっていけるんじゃないですか?
    趣味で小金を稼げた、ばんざい!ってね。
    やりがいと賃金は
    低賃金を許される環境かどうかにもよるんじゃないかな。

    ユーザーID:5301051421

  • 断れる為に

    その会社は切らないで別の会社のをやっていく。もし金銭的に大変ならまた他に外に派遣でもパートでも仕事をしに行くのを組み合わせるとか? 複数の収入を持ちへんな仕事は断れるといいのかも。

    ユーザーID:3791736930

  • 人生お金ばかりじゃない

    最低賃金に連動する職場で働いています。もう十一年以上になります。
    そこでいえるのは、人生、お金ばかりじゃないさ、世の中に役立つ仕事をすることが大切、それに多少のお金がついてくればよいです。修行だと思って、今の仕事にはいって続けています。
    ずっと職場にはいって思うのは、まず、賃金の不平、休みの不平を言う人は、早く離職します。淡々と業務をこなしていく人、平常心で仕事をする人だけが残る。スタンスやモチベーションが、仕事の結果によって出来上がっている人こそ、職業人として出来上がるということです。誰かのためになっている、そういう気持ちで働く人こそ長続きします。

    トピ主さんの翻訳した説明文が、世の中に変革を起こすかもしれない、世の中を変えていくかも知れない、誰かが助かるかもしれない、そう思ったらやりがいが出てきませんか。翻訳の仕事というのは、誰かに何かを伝えるそういう仕事だと思います。時給五百円は痛い勉強かもしれませんが、自分にとって何か修行になるかもしれません。それが、次の大きな仕事につながりませんか。

    私は職場で一番時給が高いけれど、手をぬかずこなしているので、おなじ一時間で、同僚よりもたくさんの案件をこなします。
    だから労力から行くと、一番低い時給だと思います。こなせる人間こそが、時間換算にすると、一番賃金が安いという実態がそこにあります。つまり雇うほうから見ると、お荷物どころか使いまいがあると思います。

    そこまで熟練するのに、日々の修業が大切だったと思います。継続こそ力、続けてこそ次につながる、そう信じて、今の仕事を励まれては如何でしょう。

    ユーザーID:0878448650

  • 悩ましいところです

    >ささっと訳して深入りしなければ
    この姿勢はむしろりっぱだと思います。フリーランスは作業になりがちです。その小さなこだわりの積み重ねがより高度な仕事・実力UPにつながるとも言えます。

    >上記の理由のため今回の報酬は倍ほしい
    これは後から言ってはいけないと思います。受けた時言わないと。発注する側も予算があります。やってみたいけど知識不充分な仕事を受けた場合はトピ主さんの責任です。

    >時給換算したら500円以下でした
    これは経費込みの計算?
    在宅フリーランスですよね?私は電気代、PC諸々経費として計算しています。
    在宅だって経費しっかりかかりますから。

    だけど実際、あるんですよね。私自身。私だったらどうするでしょう。
    1.この先、攻めていきたい分野なら、今は勉強代として安くする。ただいつまでも同じ金額
     ではやらない。なにせ生活かかってますから。
    2.さっさと切りたいけど、取引先は複数ほしいから時間の都合がつけば受ける。無理を言っ
     てくるようならはっきり断る。それで依頼が来なくなっても仕方ない。
    3.その仕事単体が安いのか、取引先そのものの予算が厳しいのか。私の取引先はみな長い
     つきあいなので、「今回は予算ないけど別の仕事でのせるから」「今回予算オーバーの
     指示だったんで、次の仕事にのっけて下さい」なんてこともよくあります。

    なんて、自分も似た状況であったりするので、たいしたアドヴァイスになってなくてごめんなさい。自分以外に頼む先がない分野があると発言力も強くなります。いい仕事できるようがんばりましょうね。

    ユーザーID:8077424914

  • トピ主です ありがとうございます

    青空さん
    ありがとうございます。
    〉出来上がってから報酬アップを要望できるなら、逆に簡単なら値下げもされるってことです。
    本当にそうですね、後から追加料金を請求するのはダメですね。認められなくても当然だし、そんな非常識なことを言い出す人(トピ主)にはもう何も依頼しない、となってもいいと思いました。仕事に私的な感情を挟むのはご法度ですが、今回はなぜかやりきれないような気持ちになり、それをエージエントにぶつけてしまったのかもしれません。
    いい授業料でした。

    ぺルーのぺギーさん
    そうですね、家計は苦しいわけではないですが、私の収入も必要です。とはいえ時給500円ならその分節約した方がましというレベルですよね。形態としては組織で働くよりフリーの方が合っています。だからフリーのメリットも享受しているわけなので、高収入を目指したいと思います。
    ありがとうございます。

    う〜むさん
    その通りですね。格安で外注しても、私のように大して考えず引き受けてしまう人がいるから、成り立っているのですね。むなしくなります。レスありがとうございます。

    ねこさん
    〉結局こういうことは個々の状況によると思うので、正解はないと思いますよ。
    その通りだと思います。正解はないですね。なので、皆さんはそれぞれの環境で、どのように判断されているのか知りたかったのです。ねこさんの働き方、考え方を教えていただけて、とても参考になります。
    私も、夫の収入で必要分はまかなえるためにこのような働き方をしています。
    とりあえず専門でない分野は断ります。よく確かめず引き受けた私が甘かったです。

    ユーザーID:1360524918

  • トピ主のコメント(2件)全て見る
  • トピ主です2 ありがとうございます

    梅雨さん
    そうですね、私も仕事として受け止めるには悲しいと思うくらいでした。新しい知識が増える喜び、文章に携われる、語学力も活かせる、とこの仕事の好きな部分は確かにあります。でも収入も必要なので、今回のようなことは続けられないですね。そのバランスが難しいです。

    ムーンウォークさん
    そうですね、語学の学習はペイしないようですね。もちろんムーンウォークさんの書かれたように、それでも稼げる人は稼げるんでしょうし、またそれでもあえて独自のやり方を貫くことが幸せという場合もあるのですね。本当に自分次第なんですよね。私はどうしたいのか。家庭としてはどうすべきなのか。その辺をすり合わせる必要がありますね。ありがとうございます。

    たらったらさん
    食い扶持を稼げないのなら仕事ではない、その通りですね。明確です。現実には夫の収入で時給500円のときがあってもなんとかなりますが、やはり私一人分の食い扶持も稼げないのは1人の大人として居心地がよくないですね。何だかすっきりしたような気がします。ありがとうございます。

    ひとみさん
    そうですね、断りたいけど断れないというのは避けたいですね。心の余裕の有無にもつながりますね。いろいろ手を出せるのはフリーランスのいいところでもあります。現在昼間は通学しているので、やはり時間に自由のきく仕事を探してみます。ありがとうございます。

    ぎんねこさん
    〉私は職場で一番時給が高いけれど、手をぬかずこなしているので、おなじ一時間で、同僚よりもたくさんの案件をこなします。だから労力から行くと、一番低い時給だと思います。
    有能でいらっしゃるぎんねこさんなら余計、いいように使われていると思ってしまうことはありませんか?私は経験も長くないし、技術や知識も大してないくせに、今回の件で憤慨していました。ぎんねこさんのような前向きな考え方は素敵ですね。いい参考になります。

    ユーザーID:1360524918

  • トピ主のコメント(2件)全て見る
  • ブラック企業かと思ったら

    フリーランスならよくある事ですよね?
    私もフリーランスです。

    時間かけるほど成果は良くなりますし、クライアントのOKが出なければやり直し。
    でもそもそも時給で働いていないし、報酬見積もりを出すのも自分でしょ?
    後から追加で料金請求するのは、最初にそういう場合の条件で合意していなければあり得ないと思いますが。
    ちょっと不誠実な印象。
    自分は客を選ぶ側という意識がありそうですが、フリーランスなんて、いつ顧客が皆引き上げるかわからないかと。
    なので、最初に案件の難易度を自分で見抜いて、お互い納得いく金額に落とし込むスキルが必要です。

    そして、大きめ(金払いの良い)のお客様には少し大く見積もり、小さめの顧客でも楽しそうな案件なら安めでも受ける、と
    適宜対応して、合計額で生きていけるように考えています、私は。
    ある種のリスク分散ですね。そうやって出来るだけ多く細くても繋がるのが大事だと思います。

    見誤ったら、自分の経験不足のせいだと諦めます。
    やりがいも収入も両立出来る交渉術が必要かな。

    ユーザーID:2509225620

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧