現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

うつ病のあと、自分らしさを取り戻すには 携帯からの書き込み

たらこ
2019年5月23日 0:58

トピを開いて下さりありがとうございます。
 
私は激務とストレスから昨年うつ病を患い、会社を辞めました。
一時は起き上がることすらできない状態でしたが、病院で良い先生に巡り会って徐々に回復し、薬をやめてから半年ほど経ちました。

今は無理のない職場に再就職して働いています。毎日会社にも行けるし、お弁当を作ったり、残業したり、平日は前と変わらない生活ができるようになりました。

が、休日(土日)の過ごし方が以前と全く変わってしまいました。毎週お昼過ぎまで寝ていて、特に何をするでもなく、ずっと家でダラダラしています。

よくうつ病の後は無理をしない方がいい、ゆっくり休んだ方がいいと言いますが、疲れてダラダラしているのではなくて、頭の中では何かしなくては、外に出たいと思っているのに、籠の中の鳥のように身動きが取れないのです。

キャリアアップのために勉強しよう、体を動かしにジムへ行こうとか目標は色々思い付くのですが、何も実行しないまま週末が終わっていきます。そんな自分がもどかしくて自己嫌悪に陥る毎日です。

前の自分だったら、わりと即行動タイプで興味のあるセミナーやお稽古などすぐに申し込んで参加していました。人と会うのも好きで、飲み会や勉強会などにも行っていました。

うつ病の後で性格が変わってしまったのでしょうか?
それとも、まだ完治していないからですか?
このような経験のある方、何年かかかって元の自分に戻っていったのか、もしくは戻らないのか、教えて戴きたいです。
どうしたら自分に満足して、充実感を得られるようになりますか?

ユーザーID:2822210017  


お気に入り登録数:25
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:15本

タイトル 投稿者 更新時間
おいくつですか
ロータス
2019年5月23日 10:55

人は日々変わるもの
病を挟んでいるので その影響で性格が変わってしまったとお思いですが 年齢や環境で 行動や考え方が変わるのは割とよくあることですよ

うつ病が回復して良かったですね

出かけたい気持ちがあるならそのうち出かけるようになるかも
今 ダラダラしてしまうのは雌伏期間かもね

うつ病が治りきってないなら ダラダラするのが必要だからダラダラしている
性格が変わってしまったなら休日には ダラダラする人になったんだから のんびりと過ごしましょうか

今の自分を否定してもいいことは無いと思いますよ

ユーザーID:5868408246
回復して携帯からの書き込み
2019年5月23日 11:14

まだ、回復されて心と体のバランスがとれてないと思います。まだ、不安や複雑な感じがあると思います。本来の自分自身を取り戻す、一歩出前だと思います。まず、鬱病が回復されて本当に良かったですね!まだまだ、これからです。焦らないで行きましょうね。楽しい事が沢山、待ってますね!半年後、1年後と少しずつ時間と共にバランスがとれて来ますよ。

ユーザーID:8279374445
そもそも
↑↑3R
2019年5月23日 11:40

その「自分らしさ」って本当に自分らしいのかな?
それを続けた結果鬱になっちゃったんでしょ?
ゆっくり出来てるこの機会に「本当の自分らしさ」を見つめ直してみてはいかがですか?

今まで考えてた「自分らしさ」のために色んなことに追われてたんじゃないのかな?
その結果肉体と精神に齟齬が起こって鬱症状が出たのでは?

元の自分の姿が本当の「自分らしさ」だったのかな?
親御さんや友人や周囲の環境に影響されて作り出されちゃったものって事はありませんか?

>キャリアアップのために勉強しよう、体を動かしにジムへ行こう
>わりと即行動タイプで興味のあるセミナーやお稽古などすぐに申し込んで参加
>人と会うのも好きで、飲み会や勉強会などにも行っていました

あんまり人間本来の姿とは思えないです。
世間の風潮に流されて無理をしてる感じがあります。
本当に元の姿が「自分らしい」のかな?
なんとなく「世間的にこうじゃなきゃいけない」って姿にとらわれ過ぎてる気がします。

ユーザーID:4268846536
精神病は長引くもの
未婚主義
2019年5月23日 13:06

こういう悩みは主治医にすべきと思いますが……。
精神病ってどれも長引くものなのに、昨年罹って、もう仕事復帰ですか?ちゃんと寛解してからのほうがよかったのでは?
さて、性格が変わったかどうかについてですが、
おそらく脳の機能がブレーキをかけているのだと考えられます。
また病気にならないようにと二の足を踏んでいる状況。
心の防衛反応が起こっていると思って、無理しないように。

ユーザーID:4153156917
まだ長引いていると思います
チュン夫
2019年5月23日 17:15

私も上司のパワハラでうつ病になり、1年間休職後に復帰し毎日定時で帰りました。

でも、3年くらい本来の調子が戻らず、趣味をやってもイマイチ楽しめず、そうしているうちに仕事が忙しくなって、また出勤できなくなり、1年間休職しました。

その後も、調子が戻らないままでしたが、定年退職の半年前ごろからだんだん上向きになり、定年退職したころにはほとんど元通りになりました。

うつ病と診断されてから、元通りになるまでに10年はかかったと思います。それも定年退職という「仕事のストレスから解放される」出来事がからんでいるかもしれません。

今は趣味もがんがん楽しめて、いろんな計画を立てたり実行したり、毎日がそれなりに充実して楽しいです。

>どうしたら自分に満足して、充実感を得られるようになりますか?
今はダラダラ過ごしても「ダラダラした方が良い」と思うようにしましょう。

いろいろやりたいことが思いついても、体が動かない限り無理をしない方が良いと思います。

本当に良くなってくれば、頭と体の状態が昔のように一致してきます。

ただ、うつ病は完治したと思っても再発可能性は十分にあるので、今でも定期的に通院しています。

ユーザーID:0380580431
元には戻らない
燦々
2019年5月23日 17:46

大変でしたね。回復されて何よりです。
私も重度の鬱を患い、数か月寝たきりでした。食べられない、眠れない、人の会話が理解できない(思考回路の停止?)、自殺願望・・・入院を勧められましたが、なんとか自宅療養で回復しました。

人それぞれなので、私とトピ主が同じだとは限らないのですが私の体験として。

私は恥ずかしながら何度か自殺未遂をしました。何故なのかと聞かれても「とにかく死にたかった」としか言いようがないのです。それが鬱です。
ですから、回復してからは頑張らないことにしました。
何があっても、人に何を言われても「死ぬよりまし」だからです。

その後結婚したのですが、専業です。仕事はストレスなのでしません。
夫の仕事をたまに手伝います。
育児も保育所、シッターなど使えるものはすべて使いました。
結婚して数年は育児が大変なのもあって、精神的に不安定な時期もありましたが15年たった今では安定しています。

鬱になった、ということは「ストレスをためやすい性格である」ということを認識すべきです。ほかの人がもっと頑張っていようと関係ありません。
自分のキャパは他の人よりずっと小さいのだと認めるべきです。
毎日コツコツやっていれば、ストレスをあまりためずに生活できるペースがつかめてきます。
頑張りすぎない。元の生活に戻す必要はないのです。
生まれ変わると言ったら大げさですが、新しい生活スタイルを模索すべきです。

ユーザーID:0256512840
がんばらない
時間薬
2019年5月24日 12:15

私も鬱傾向があります。

最初は自分が鬱になったことが衝撃でしたが、それがもともと持っていた自分らしさだと納得し、鬱は自分の頑張りすぎを知らせてくれる非常警報として便利に利用しています。

私の場合、なんらかのエピソードで調子を崩すと、回復までにはかなりの時間を要します。
調子の崩れ方が重いほど回復までに長い時間がかかります。
私は服薬がなくなってから、少なくも一年くらいはかかっているような感じです。

自分らしさのカテゴリーに、ストレスに弱い、苦手な状況がある、を書き加え、さらに、自分の心身の状態を自分でモニターする、調子を崩さないように早めに休む、余裕のある生活をおくる、自分を責めすぎず、ハードルを低く設定して自分で自分を褒めて励ます、というようなことに気をつけて生活しています。

主様は真面目で自分に厳し過ぎるのではありませんか?
今は、上昇志向や、こうあるべきというような理想のかたちを封印した方が良いのでは?それが鬱の一因ではありませんでしたか?

がんばらない、降りていく人生もあっていいと思いませんか?

主様にも時間が必要だと思います。

自分の心と体が健康でいられるような生活を送ってください。
無理しなくても選べる道はたくさんあると思います。

時間薬で少しずつ良くなると思いますよ。
焦らずに、ご自身の体と心の声をよく聞いてあげてください。
お大事に。

ユーザーID:9334290032
レスします。
たまこ
2019年5月25日 17:53

激務による鬱なんですね。私も同じく激務による鬱経験者です。
9年間まともに睡眠が取れない生活でした。
激務による鬱の場合、完全なるオーバーワークの結果だと思います。
脳が耐えられず限界が来たのです。
極限まで、脳を追い込んでいるので、回復しても前と同じとは
いかないようです。後遺症というか、耐性は確実に落ちています。
現在は、負担の少ない職場に転職されているようなので大丈夫だと
思いますが、また負担が多いなら鬱症状は出てきますよ。
一度、動けないほどの鬱病になってしまったのなら
自分の限界値を把握して、無理しないようにするしかありません。
過去の自分と比べると、非常に悔しいと思いますが悪化するのも
困るので、前のように出来なくなった自分を自覚し受け入れることも
重要と思います。また今後は運動などで体力を付ける、脳に出来るだけ
負担をかけない思考やライフスタイルを確立するなど、自分で耐性を
高める努力はできると思います。
私は考え方を変える方向で昔よりも鬱になりにくくなったと思います。
自分のキャパシティをしっかり把握することはとても大事だと思います。

ユーザーID:7085798066
ありがとうございます。携帯からの書き込み
たらこ(トピ主)
2019年5月25日 18:38

コメント下さってありがとうございます。
温かいお言葉嬉しいです。

鬱の時は頑張りすぎてはいけない、そう言い聞かせてきました。
最初のうちはダラダラしているのも心地よいというか、休めるのが嬉しくて苦に感じていませんでした。
でも回復してきた最近、こんな状態で良いのかと焦りを感じています。
まだ頭が上手く整理できないというか、バランスが取れてないのでしょうね。

ご指摘の通り、理想ばかり追わないで、ストレスに弱くて頑張れない自分を認めないといけないですね。
まだまだできる気がするのは頭で考える上だけで、現実は追い付いていないのかもしれないです。

ユーザーID:2822210017
元気なころの生活に慣れてないだけだと思う
通りすがり
2019年5月26日 2:38

徐々に心身を慣らしていけばいいですよ。
最初から元気印でスタートするとエネルギーがもちません。

最初は単発の講座とかどうでしょう?
アロマとかヨガとか体験入学とか。

単発なら気兼ねなくやめられますしね。

うつ病でも性格はそう変わらないと思います。

ユーザーID:9653643278
絶望しないでね
時間薬
2019年5月26日 9:28

2回目です。

私も最初の仕事を鬱で辞めてしまったのですか、その後、自分の適正に合った資格試験を受け、その資格を使って働いています。
今の方が自分らしいと感じています。
鬱を持っていても、自分と上手く付き合いながらでも人生を楽しめますよ。
だから、今は焦らずにギアチェンジしてくださいね。
月単位、年単位で少しずつ回復すると思います。

キャリアアップのためならまず本を買うだけ、運動するなら部屋でできることからしてみてはどうでしょうか。
ハードルを低くしてスモールステップで少しずつがいいと思います。

無理のない範囲で、心と体の調子をモニターしながら、自分を自分でリハビリするつもりで慎重にお過ごしください。
鬱が回復し始めると、以前の自分と比較できるくらいの余裕が出てきて、辛くなることもあります。
でも、絶望しないでくださいね。回復している証拠です。まだ上手く歯車がかみ合っていないのでしょう。

主様の思い描くご自身の姿とは違うのかもしれませんが、今の状況から得られることも少なからずあるはずです。

今まで知らなかった世界を体験していると思えるようになって、私は楽になりました。
元の自分に戻るのではなく、新しい自分になるイメージです。

どうか無理せずにお過ごしくださいね。
お大事に。

ユーザーID:9334290032
再就職できてるだけで万歳です
nono
2019年5月26日 21:12

トピ主さんはうつになる前も 激務で働いてた上に休日も色々予定を詰め込んでる方だったのでしょうか?

だとしたらエネルギー切れて当然かもと思いました

そして今、再就職できて残業までしてるってかなり無理されていませんか?
大丈夫ですか?

私も過去に鬱で治療を受けてたんですが 投薬治療と一緒に精神療法のカウンセリングを受けていました。今思うと保険適用で精神療法が受けられる病院はとても少ないそうで、私は恵まれていたのだと思いますが、それがあったから どこか安心して、例えば精神的にきつくても来週のカウンセリングで話そうと思えたりで 徐々に動ける範囲が増えてきて回復したと思えたり、またダメになったら どうしてだろうと心理士と一緒に考えたりできたのでそれが支えでしたが、なぜどこの病院でもそれが一般的にはならないのでしょうね?

もしも可能であれば そういった病院を探してみるのは良いのではないでしょうか

うつをやると性格が変わるわけではなくて 激務や休みなしを何とも感じてなかった自分が
うつ病という病気で あれは身体に悪かったと気付かせて貰えるのでは?
それで もっと楽に生きてみる方法を模索できるのではないでしょうか?

ユーザーID:2400623303
私は病院には行ってませんが…携帯からの書き込み
カエデ
2019年5月27日 0:06

OLです。
休みの日はダラダラするって、普通です笑
働いてなかったら引きニートです。
でも週7日間のうち5日も働いてるんです。
休みの日は休んで当然です。
書類整理やシーツの洗濯、買い出しに衣替え、やらなきゃいけないことは沢山ありますが私も体が動きません。
ダラダラ寝ることを優先し、気が向いた時にやります。

時間と体力低下は比例するので、昔の行動していた自分と比べることは無意味。
私も休日は出歩く派でした。5年前までは笑

高校生と中年の100M走タイムを比べることは無意味ですよね?それと同じです。

年齢も気力も体力も含めて今のあなたがあなたです。

ユーザーID:5302778229
新しい自分が育っているところなのでは?
まりた
2019年5月27日 3:10

週末ダラダラしてしまう・・いやいや、ダラダラではないと思うなあ・・

毎日お弁当作りして、会社行って仕事して、残業もして
週末は掃除や洗濯もしているんですよね?
それでいて
勉強やジムに行くことをしていないから
それを「ダラダラ」と表現なさっていますね?

ファッション誌、月刊誌などで、ライフスタイルを学んでしまうと
過剰にキラキラの人生が「目指すべき生活」のように思ってしまう人が多いのですが
それはやればやっただけ達成感があり、新しい発見もあるし楽しいんですよね。
そういう生活には快感がある。
だからいつの間にかお金を使って自分に投資しないと、人生がダメになってしまうかもという不安症になってしまう。

向上心ある優等生タイプの、全てにおいて合格点を出さないと
自分を許せない性格の人だと確実にそうなるのですが、
トピ主さんもあてはまりませんか?

キャリアアップのためのスクールに通う、
体力増進、健康のためにジムに通う・・
でもね、それは「広告宣伝」によって植え付けられた意識です。

勉強は自宅でできるしジムに行かなくても運動はできるのに。

「キラキラ生活」を実行できるのって学生時代や社会人3年目くらいまでじゃないでしょうか・・

自分で用意してしまった自分の課題と、現実の世界が要求する仕事や人間関係の課題を
両方こなして取り組んでいるうちにやがてパンクしてしまうものなんですよ。

今の状態はたぶん、あなたの中で現実のあなたにふさわしい「自分らしさ」を
作ろうとしているからこそのものなのではないでしょうか。

自分への投資をするなら取組みやすいものから始めてみるといいですよ。
一日5分の英単語学習とか、ウォーキング1時間とか。
試してみてくださいね。きっと満足できると思います。

ユーザーID:8639406800
うつ病体験者です
ノラ猫ブータン
2019年5月27日 23:43

トピ主さんと同様に仕事に打ち込み過ぎてダウンしました。
その経験から、情報提供したいと思います。

既に沢山の情報を入手されていると思いますが、うつ病は
再発し易く、慢性化し易い病気です。なので、確りと治す
ことが大切です。

とは言え、そう簡単に治癒克服とならないのも現実です。
自身は、30代の中頃に発症して、もう大丈夫だと思う迄
に15年前後掛かりました。克服できたと思ったのは、そ
れから更に10年掛かりました。

症状は、だんだんと良くなって来ますが、無理をしては
なりません。体調管理を一番に為さることです。
症状が軽くなったら、少しずつ「心理学」を学ばれると
良いのではないかと考えます。

うつ病は、自分が気付かなければ克服が難しい病気です。
うつ病になりやすい性質、性格、人柄があります。うつ
病は、精神の生活習慣病ではないかと思います。

感情的思考をできるだけ抑制しながら、理性的な思考に
努めることができる様になれば、気持ちが楽になります。
自身は、産業カウンセリング協会のカウンセリング資格
にチャレンジして、人間の心理について学びました。

気持ちが進まないなら、無理を為さることはありません。
ただ、うつ病の原因を確かめておかなければ、再度同じ
病気に曝されることになるのではと思います。

原因探しも、心理的に耐えられるようになってから取り
組まれてはと思います。
うつ病は、治る病気で克服できますから、焦らないで
ジックリ付き合って下さい。

ユーザーID:0839445050
 
現在位置は
です