現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

浄土真宗の仏壇管理について

みなみ
2019年5月23日 9:23

祖母が老健に入所することになり、長男である我が家に仏壇を引き取ってほしいと伯母達(あまり交流はありません)より連絡があり引き取りました。

祖父の13回忌が終了したことで法要は打ち切りとしたので、お寺さんを呼んだり特別なことは何もしなくていいと言われてました。
しかし、父が数年前位に亡くなってるので仏壇に入れてもらいたく、伯母から聞いたお寺さんに来て頂きました。
その後、命日にも来ていただきました。

いろいろと聞いてると、浄土真宗はとても自由な考え方でした。
お盆の考え方も浄土真宗ではないとのこと。

今後は命日と3回忌などの法要のみに来てもらえばいいかなと思ってます。
仏壇は花を欠かさず、毎朝お線香焚いて挨拶しています。
あと、先祖代々永代供養なのですが遠方の為、手元供養として遺骨は置いてます。
母が自分と一緒に永代供養したいと希望してます。
しかしお寺さんからは早めに永代供養した方がいいと言われました。

浄土真宗の方は年間通して法要はどうしてますか?
手元供養をしている方はいますか?
参考に教えてください。

ユーザーID:7578019143  


お気に入り登録数:34
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:10本

タイトル 投稿者 更新時間
随時「正信偈」を唱えています
チュン夫
2019年5月23日 10:34

私の実家は真言宗で、毎月の命日にお寺さんに来てもらっています。

妻の実家が浄土真宗ですが、命日のお寺さんのお勤めとかがないので驚きました。

3回忌などの節目だけに法要をしてもらっています。

通常は、随時集まった時に、「正信偈」というお経をCDで流し、みんなで一緒に唱えています。

ユーザーID:6944947226
死後のことは割と
ロータス
2019年5月23日 10:45

お盆の迎え火とか ナスキュウリの馬牛とか近所の子の家( 禅宗)は楽しそうだなって 子供の頃は思ってました
なーんでうちはやらないのかなと父に言いますと ああいうのはうちの宗派ではやらないんだよ ニッコリでおしまい
なんだそれ と 思いましたが 大人になって理解しました
そして我が家が浄土真宗であることの良さもわかりました

浄土真宗は信心というより哲学なので 死後のことは割と言いません 遺影も飾りません
もちろん 葬儀も49日の法要 三回忌もやりますが 死者の弔いというより遺族のアフターケアといった考え方と思います

他の地方ではどうなのかわかりませんが 浄土真宗のお仏壇はキンキラキン
私は怠け者なので家族の命日に花と お供えをして手を合わせるくらい
本当はキンキラキンのお仏壇をコンパクトでシンプルなものに変えリビングに置きたいのです
メメントモリというものかしら

トピ主さんの今なさっていることは充分です
後の事は お寺さんが永代供養を進めてらっしゃるんだから そうなさったら良いのでは
あなたの跡を受け継ぐ方とも相談したらいいし、そういう方がいなければ 早めに永代供養するのがいいと思います

ユーザーID:2784355896
お寺様と相談して決める
neko
2019年5月23日 10:46

浄土真宗と言っても色々な宗派があります。
大谷派、本願寺派、真宗高田派、真宗佛光寺派などなど…。

そのお寺様独自のお考えもあるかと思いますので
お寺様と相談して決められると良いかと思います。

当方は彼岸とお盆と年忌法要のみお願いしています。
檀家さんはまめに月詣りをしてもらう家が多い地域です。

手元供養は二年程しておりましたが何も仰いませんでした。
親戚の方が早く納骨しろとうるさかったぐらいです。

ユーザーID:9000796060
あまり何もしていません
下の上
2019年5月23日 15:59

実家が浄土真宗です。

母の仏壇があります。
何もしていません。

三回忌と七回忌はお寺でお経をあげていただいたかな。
それ以降はなにもしていません。もう20年たってます。

私は帰省時に手を合わせるくらい。お墓は実家の近くですがあまり行っていません。
寂しがり屋の母だったので、文句言ってるかもしれません。


祖父(次男)、父(次男)なので、大した家でもありませんし。
お寺も遠い父の実家(車で3時間)なので、全然行ってませんし、来ていただきもしません。

知人が月命日にお坊さんが来ると聞いて驚きました。
(しかも、封筒に金額記入済みのものを渡されたそうです)

ユーザーID:2749068640
真宗門徒です
今回は匿名で
2019年5月23日 16:18

そもそも仏壇とは言いません。
お内仏です。
朝晩のお勤めをするのがベストですが
朝は忙しく、夕食前に皆でそろって正信偈を唱えます。
一日無事過ごせたことへの感謝のお礼です。
うちはCDとかは使わず
正信偈でお寺さんが唱えるところを
主人が唱え(リードする)、後はみんな一緒に唱えます。
節回しは代々伝わってきたので、私一人でもうちの子供でも唱えることはできます。

供養に関しては同じ宗派でも地域性がでるでしょう。
うちは100回忌までします。
それで弔いあげです。
お盆は普通にしますし、彼岸会法要、報恩講、真宗の勉強会といろいろな
寺の行事もあります。
祥月命日にはお寺さんが毎年家に来て下さいます。
これは長く続いているお家はけっこう大変です。 

お寺さんによっては門徒も忙しいと思います。

真宗は火葬場でお骨あげの時に
分骨しますよね?
その分骨を手元供養しているということでしょうか?
分骨はトピ主さんの宗派がどちらかは知りませんが
総本山である東本願寺か西本願寺におさめにいくはずです。
だからお寺さんが早く永代供養しろと言うのではないでしょうか?
あと永代供養したらたぶん「永代経懇志」が必要だと思いますよ。
簡単に言えばお布施です。

お寺さんの言うことを聞いていたほうが
あとあと揉めないですむかもしれません。

ユーザーID:0117974154
実家が浄土真宗ですが
ぎんねこ
2019年5月23日 19:12

実家の両親が浄土真宗大谷派です。手元供養というのは、一切していなくて、四十九日で、お墓に納骨しています。
あとは、新盆の時は、住職に読経に来てもらいましたが、浄土真宗自体、お盆の飾りつけや御膳はありません。しかし、気持ち、世間一般のように、新盆だけは、白提灯を飾り、飾りつけや御膳をしました。迎え火と送り火も玄関前でしています。
あとは、一周忌、三回忌、七回忌、十三回忌と、法要は続きます。

法要の時、御寺の住職さんに、家に来ていただき、読経していただくことも可能なんですが、その時、仏壇のお飾りが、正しいかどうか、見ていただくといいと思います。教本に書かれていますが、一番上の一段目は、ごはんを盛る金の器が載る台があり、ごはんを炊くたびに、お供えをします。中段に長い飾り台がありますが、左から、生花、高炉、鶴の燭台と飾ります。お水やお茶は供えません。

お寺さんに、祭り方を指南してもらうほうが、正しい仏壇の祭り方になるので、お寺さんの家庭訪問も、考えられたほうがいいと思います。

法要の時のお布施は、いくらでもよいと言われますが、都市部の平均ぐらい、御車代、御膳料、お供えなどはお渡ししています。

ちなみに実家は神奈川県です。ご参考までに。

ユーザーID:5057557957
ご意見ありがとうございました
みなみ(トピ主)
2019年5月30日 13:54

返信が遅くなってすみません。

当初は伯母達のいきなりのお願いに戸惑ってました。
私たち家族は家を継ぐのが一人しか居ないのもあってお墓や仏壇は所有せずに過ごしていく予定だったからです(家族全員の意見一致してました)
伯母達が処分という選択をしなかったという事で伯母達が元気な間だけでも大事にするしかない、そんな考えでした。
祖母が亡くなった場合なども想定して処分できなかったのかもしれません。

初めての仏壇との暮らし、戸惑うことばかりでした。
でも日が経つにつれ亡き父のこと思うとザワザワしていたものが少しずつスーーーっと消えていく感覚がありました。
なんとも手を合わせてると哀しみが薄れ心が落ち着くのです。
お寺さんに読経してもらうと更に安心感が増します。

手元供養の件、今はまだ手元に置いておきたいです。
浄土真宗では亡くなったら仏様になるので苗字もなければ仏壇にも祀られてない、遺骨にも魂はないという考え方とのことで無意味だという事なのですが、やはり遠い場所に納骨するよりしばらくは手元で話しかけたいのです。
必ず東本願寺に納骨するということは家族で決めたので時期を見て納骨したいと思います。

仏壇の飾り方はネットで調べたりして並べました。後はお寺さんが来られた時に細かい部分や間違ってる部分を直して頂きました。古い木の板がたくさんあり先祖代々の名前が書いてあるタイプでしたが、お寺さんの勧めで過去帳を購入し、祖父と父のみ名前を入れて頂きました。

仏壇に対する思いに変化があったことで自分がしているだけでは足りないのでは?と疑問があり今回投稿させてもらいました。
皆さんの意見を参考にやはり自由な宗派なので我が家なりに無理のないようにしていきたいと思います。

最後に、いろいろ教えてくださり有難うございました。

ユーザーID:7578019143
宗派はそれほど関係ない(元は同じ仏教なので)
マリオ兄弟
2019年5月30日 15:30

浄土真宗といっても全国どこでも同じ考えかどうかって
ことはありません。もちろん日本最大級の宗派ですから、
大体のスタンダードは同じだとしても、地域によってや
僧侶の考えで大きく変わることもあります。

まず、年間通しての法要については、真宗であろうが浄土宗であろうが、
禅宗であろうが「家族・遺族がその気ならやってください」という
スタンスですよ。お寺だってお金儲けですから「やらなくてもいい」なんて
ことはあまり言いません。

私は京都在住で真宗系仏教系学校を卒業していますから、級友の中には
お寺の子供も居ました。成人して僧侶になり、お盆にはバイクに乗って
檀家まわりを熱心にしていますよ。(あえて寺名は申しませんが)
有名巨大寺院を組織の頂点として、周辺末寺は頂点のお寺へ「上納金」を
納めないといけないのです。

つまりは儲けないとやっていけないのですね。そこに宗派がどうこうとかは
二の次なんです。もちろん教義はありますよ。親鸞聖人なんて
そもそもユルいお方(笑)で、他とは違う解釈をされ民衆に広がった。
それを「自由な考え」と解釈するのは勝手です。
ある意味、フリーな宗派とも言えます。
だから日本最大宗派になったんでしょう。

ちょっと話はそれましたけど、今後の法要に関しては
いろいろな事情を考慮してやらない(出来ない)なら、やらないでいいです。
それはどの宗派でも同じです。法要をすすめる僧侶はそりゃ営業ですから
すすめてくるだけの話です。

遺骨を持った手元供養に関しては、これは宗派がどうこうではなく、
可能な限り埋葬とか永代した方がいいです。
先にも書きましたけど宗派の問題じゃなく「後処理」の問題なんですよね。
もしご自身が事故で他界されたらどうなります?誰が埋葬・永代するんですか?
という話になります。生きているうちに永代した方がいいです。

ユーザーID:1929251747
納骨について
ぎんねこ
2019年5月30日 21:21

御寺の住職がなるべく早く納骨せよ、というのには古くから言われている話では、四十九日の中でも少し早目に納骨するように、言われています。
仏壇の位牌(浄土真宗では御軸)や、墓石には生が宿る言われていて、そういう状態にするのが早くしたほうが霊魂にとっても良いからではないでしょうか。
扱いとしては位牌や墓石は、いろいろいじったり粗末にするとたたりがあるといわれています。
住職さんに良く聞かれたほうが良いと思います。

お骨と言っても、故人の亡骸の残骸であることには変わらず、そこに生はあると思います。なるべく弔う肉親から、場所をはなして、御祭りされたほうが良いかと思います。祖母が言っていましたが、お骨はさらしの袋に入れてできれば早く土に帰したほうが理想だそうです。

お寺さんとよく相談されたほうがよいですよ。

ユーザーID:5057557957
手元供養について
みなみ(トピ主)
2019年5月31日 13:40

お寺さんが早くした方が良いと言われた理由がよく分かりました。
私たち兄弟3家族が納骨ができるので、私に何かあっても誰かが・・
とのんびり構えておりました。
それでも何よりみんな揃ってる時に納骨できるのは今だけなのかなと思い始めてます。

一番は一緒に納骨してほしいという母の気持ちでした。
母を説得し、一緒に東本願寺へ永代供養しようと思います。

気にはなっていたので少し肩の荷が下りる感じがしております。
お二方、ありがとうございました。

ユーザーID:7578019143
 
現在位置は
です