• ホーム
  • 男性発
  • 父の実家とお墓を継ぐことを断る方法のアイデアをご教示ください

父の実家とお墓を継ぐことを断る方法のアイデアをご教示ください

レス70
(トピ主1
お気に入り138

男性から発信するトピ

レス

レス数70

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 簡単よ

    奥さん側に養子になって、縁を切る。

    それぐらいしないと、ダメなんでない?

    古のしがらみには。

    ユーザーID:5870948101

  • まず

    〜なようです。が多すぎます。

    お父様がどう考えているのか、まずしっかり話を聞いてその上でトピ主さんの考えを伝えなければ「父はこう考えているよう。自分は無理。」と考えて憂鬱になっているだけでは話が進みません。

    時間はかかります。
    でも根気よく話をしましょう。

    我が家は夫の母が山奥に独居。
    義父が亡くなり、当然即長男夫婦が同居すると思っていた事が判り驚愕しました。

    都心で働き生活している私達が仕事の無い山奥に暮らし、ご先祖様が残してくれた土地・山・家屋を守るなんてあり得ない。
    そもそも義母は年金が少なく私達の援助が無ければ生活出来ない状態。
    なのに収入源を捨てて同居して当然という支離滅裂さ。
    泣き喚き叫ばれ、話し合いは大変でした。
    説得に5年は掛かりました。
    義姉に「あんた達は母さんを見捨てた」と言われましたが、義母に関するお金の話になるとスーっと消える人に感情論で何言われても関係ありません。

    私と夫は、そもそもご先祖様が残してくれた山や土地家屋は子孫の財産として残してくれた物だと考えています。
    義母も同じ。

    ただ違うのは、義母はその財産を何が何でも守り抜くのが使命と考えているところ。
    私達夫婦は、手入れの出来ない山や土地の税金の支払いすら困るのならば、ご先祖様に感謝して、売却して、受け継いだ者が生きる為にに充てればよいと考えています。
    お墓に関しても私達は墓守り出来ませんので墓じまいをしてもらいます。

    美徳だけでは生きて行けません。
    ご先祖様は子孫が食べるにも困るような生活をしてまで山や土地家屋を守り抜いてほしいと考えて残してくれてたのでしょうか。
    子孫を苦しめる為に残してくれるご先祖様がどこにいましょう。

    外野(親戚)は色々言います。
    先日も早く子供産んでこっちに住みなさいと言われましたが48歳の私に言われても、ねぇ(苦笑)
    気にしなきゃいいんです。

    ユーザーID:8311391384

  • 一旦継いで好きにする

    親戚にお金を払って管理してもらうか、親戚とはもう縁を切って、しれっとお父様が天寿を全うしたあとに継いで、墓じまいもしくは移設してしまえばいいのでは?何もしない親戚が認めないなどと言う資格はない。

    どこかで区切りをつけないと。トピ主さんが結婚してお子さんが出来ればそのお子さんに負担がいくし、もしこのまま縁に恵まれなかったら結局お墓は放置されることになるのですから。

    ユーザーID:2148645526

  • 疑問

    仮にお墓の継承は拒否できないにしても、お墓の傍に住まなければならないと言う法律はないんじゃない?

    お墓を管理しているお寺で決めている規則などがあるのかもしれないけど、そういうのがなく親類が自分達の勝手な希望で「こうして貰わないと」と言ってるだけの可能性もありますよ?私だって来る前は「こういうものだから」と夫や姑に言われて鵜呑みにしていたのが、いざそこに入ったら「そうではない家庭も結構あるじゃない」というのがありましたからね。

    姑はしらばっくれ、夫はしどろもどろの言い訳。呆れました。

    行き来の手間と費用はかかりますが、1か月〜2か月に1回程度は帰省できるなら掃除とお参りはその際にすれば済みます。近くにあってもすべての人がそんなにマメに墓参りや掃除をしているわけではありませんし。生きてる人間の世話や介護と違い、墓石に付き切りでないと守りができないものではないのですから。

    お寺の規則などではなく親類が「墓の傍に住め」と言っている場合、お墓を建前にして主様を田舎に戻らせ、若い人手として便利に使おうと言う魂胆(運転手など)がある可能性も否定できません。

    ユーザーID:6410105278

  • 決断力を持って。

    私は30代後半で、長子。
    自分自身は東京生まれ東京育ち、父の実家が地方の山奥、
    父も祖父も長男で、先祖代々の山、家屋、墓があります。
    東京で勤めていた父が定年して、90歳過ぎの祖母の世話もあり(祖父はとうに他界)約50年ぶりに故郷の山奥に移住しました。
    (母も同郷なのでそこは揉めなかった)
    トピ主さんとほぼ条件一緒です。

    なぜ自分の事なのに、そんなに他人の言葉に流されて、迷っているのでしょう?
    まず、多くの人が言うように、親戚の言葉は無視。
    「文句があるなら、お前が継承しろ」(を丁寧な言葉でね)で黙らせてください。

    飛行機も新幹線も無くて、
    生まれた土地で一生を過ごすことが当たり前だった時代にはもう戻れないのです。

    トピ主さんが言う通り、
    このまま退職して山奥に移住したら、仕事も出会いも難しく、独身。イコール、跡継ぎ無し。無縁墓に。
    先祖代々の墓から見ればせいぜい30年くらい時間稼ぎができただけで、
    いずれ同じ場所では維持できなくなる運命だったんですよ。
    (でも、移転すれば存続はできます。)

    無縁墓になって周囲にも迷惑をかけるより、
    生前から墓の移転や墓じまいを考えるほうがよほどご先祖様のことを考えています。

    親には
    1 夢を見させて、亡くなった後は粛々と自分の計画通り進めるか。
    2 生きているうちに現実を直視してもらうか。
    どちらも一長一短あり。

    私は両親にはっきり伝えてますよ。
    両親と同じく、定年まで東京で働くこと。私達の世代は最低でも65歳まで働くことになるであろうこと。
    私が65歳の頃、両親共に90代であり、年齢的に亡くなっているかもしれないこと。
    たとえ定年しても(父母にとっては故郷でも)私にとっては住んだことのない土地。
    わざわざ移住したり、墓守をするつもりは一切ないこと。
    私が祭祀を継承したら、墓参りに行けないので、墓じまいをすること。等々。

    ユーザーID:6422166675

  • 男性から発信するトピランキング

    一覧
  • 処分はできる

    民法に書かれている通り、
    お墓の承継(祭祀承継者)は“とりあえず”拒否はできません。
    ただ貴方が思うほど深刻に考える必要もありません。

    まず民法にどう書いてあろうとも、
    1・本人の意思に反して移住や職を強いることはできません。
    2・祭祀継承者となりその義務(墓の管理、法事等々を放棄)を怠っても
      法的に罰せられることもありません。
    3・祭祀承継者には墓じまい、処分する権限がある。

    ですから貴方が地元の親戚と疎遠になってもいい覚悟さえあれば、
    どうってことのない問題です。

    とはいえトピ内容から想像する貴方の性格では難しいかもしれませんね(笑)

    マイルド?な提案としては、
    1・お父様に地元に帰るつもりはない。
    2・死後祭祀継承はするけれども墓の掃除を業者に依頼したり、
      規模を縮小して今まで通りにはできない。
    3・場合によっては墓じまいするかもしれない。
    と伝えて半ば諦めてもらうか、他の親戚を祭祀継承者に指定してもらう。です。
    (※結果遺言で相続人から外される可能性もあり)

    それも難しいということでしたら、しばらくはのらりくらりとかわして、
    お父様の死後祭祀を承継して、出来る範囲で受け継ぐ。
    もしくは貴方が自分の次に適当と思われる親戚を継承者に指定して、
    断られた場合は墓じまいすると宣言すれば解決します。

    このとき指定された地元の親戚は、現在の貴方と同じ?立場になるわけで、
    地元に住んでいる立場上、断ることはできないと思います。

    ユーザーID:9554165090

  • 放置しかない

    お父様は今おいくつですか?
    まだお若いですよね。お父様がお元気なうちは適当にやりすごす。
    そうだねえ、そのうちねえ。考えとくよ〜と言って揉めない程度に。

    あなたが東京生まれということは、お父様も若い頃は東京で働き所帯を持ったということ。
    時々通って墓守はしてもよいと思うなら、すればいい。
    身内はとやかく言うでしょうが、一人っ子も多い中、世の中の墓なんて多数が無縁仏になる時代です。

    私も同じような状況ですが、口うるさい親戚が(皆高齢)いなくなるまでは適当にやりすごす予定です。
    その後、うるさい人たちがいなくなったら実家の墓は墓じまいします。

    ユーザーID:4988486754

  • さようならの時期が来ているのでは

    一言、その家族と親戚いります?と答えておきます。

    かかれてる内容からはただただトピ主にとってマイナスな存在にしかなっていないような。
    家族、親族にメリット・デメリットを求めるなというならば、今現在東京で働いているトピ主に対しての配慮がまったくないのは何故なのでしょう。

    これから衰退していくだろう地方のわがままな家族、親族は本当に必要ですか?

    トピ主がコト消費として家族、親族の面倒をみたい!というならば、彼らの面倒を見ることがトピ主の幸せですので、それはそれでいいと思います。

    墓はただただ離壇し、墓じまいすればよいだけですよ。

    離壇、墓じまいは許さない、トピ主が東京で働いていることは考慮しない、トピ主が墓を継げ。
    この条件を押し付けられるなら、自分ならばですが「これまで長いことお世話になりました、ありがとうございました」と返しますね。

    ユーザーID:0422823850

  • 先走り過ぎじゃないかな

    独身男です。
    最近、親がなくなったので、私が自然に檀家を継いでいます。

    当たり前のことですが、お墓を継ぐには親が亡くならないといけません。
    お父さんもそんなことは当然知っているでしょうから、主さんが継いでくれるのか心配しているのですよ。
    だから、お墓について聞かれたら、「全部俺に任しとけ」とでも言って安心させてあげたらいいと思います。
    それも子供の仕事だと思いますよ。
    で、実際継いでから、お寺と相談したらいいのです。

    ユーザーID:8398245358

  • 逆ですよ。

    継いでおしまいなさい。その後あなたが自由にしたらいいんです。
    墓仕舞いなり何なりと。今時珍しくもなんとも無いですから。

    継ぎたくないのなら、どのみち親戚筋にはやいのやいの言われる
    んですから、今の段階で拒否して父親親戚から煩く言われるより
    継いでから、対親戚で何か言われたらあなたが、時代が変わったと
    一蹴したらいいんです。

    ユーザーID:4711233592

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧