現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

心の病を自覚しない祖母 携帯からの書き込み

めめねん
2019年5月25日 1:58

数年前に脚を手術して以来、祖母の様子がおかしいです。

術後間もなくは一生懸命リハビリに励んでおり、その甲斐もあって徐々に歩けるようになっていったので私達家族も安心していたのですが、当人は全く満足がいかなかったらしく、次第にリハビリの頻度も減っていきました。「自分の脚はもう二度と元に戻らない」と塞ぎ込み、現在は一日中ベッドの上で寝たきりの状態です。
祖母はよく怒り、よく泣くようになりました。健康なときから感情の起伏は激しい方でしたが、より酷くなった印象です。自分がこうなったのはお前のせいだと怒鳴られたこともあります。鼓動がおかしい、とか、便が出ない、とか、身体の不調を訴える回数が増えました。そのたびに病院で検査を受けるものの結果は全て「異状なし」。おそらく精神的なものだと思います。不安からか、毎晩家族の誰かにお腹をさすってもらわないと眠ることが出来なくなりました。祖父なんかは一晩中さすっていますが、精神的な余裕がないためか祖母からはありがとうの一言もなく、そんな調子の彼女に祖父も家族も不満を募らせています。

少しでも不安が緩和されればとカウンセリングにも通うようにしました。ですがいつも先生のことを小馬鹿にした感じで、自分は心ではなくあくまで身体の病気なのだと信じ込んでいる様子です。昔からプライドの高い人なので、そうでもしないと気持ちを保てないのかなと思います。

精神的に滅入っている人間にこのような態度をとるのは可哀想な気もします。でももう我慢の限界です。私達は、これから祖母にどのように接していけばいいのでしょうか。

ユーザーID:9302405910  


お気に入り登録数:10
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:12本

タイトル 投稿者 更新時間
介護認定は受けていますか
音吉
2019年5月26日 12:47

優しい家族に囲まれてお祖母さんは幸せですね。
でもその幸せに気づかないなんてお気の毒に感じます。

お祖母さんは介護認定を受けていますか?
高齢者は他人の前ではきちんとしないといけない、という思いが強いです。
なるべくご家庭内にヘルパーさんや家政婦さんを入れる、あるいはお祖母さんにデイサービスに行ってもらうなどして、お祖母さんと家族だけで過ごす時間を減らすようにしてください。
このままではお祖父さんが参ってしまう心配があります。

ユーザーID:8729107515
特効薬はないけれど携帯からの書き込み
受容
2019年5月26日 13:02

病気や障害を受け入れることができないのは本人も家族もつらいですね。
私も経験があります。

お祖母さまとのこと、地域包括支援センターにご相談されてはいかがでしょうか? 

ユーザーID:7671115522
う〜ん
momo
2019年5月26日 14:18

難しい問題だけど・・・
今必要なのはカウンセリングとかに連れて行って自覚させることじゃなくて、お祖母さんの楽しみや趣味みたいなものを一緒にしてあげて生きる楽しみを見つけさせることなんじゃないかな?

芸能人の誰だったか忘れたけど、そんな感じで引きこもっていた親に「何がしたい?」「退院してお酒が飲みたい」「よしじゃ、頑張ろう」なんて会話をして実際それを糧にして頑張らせ思う存分お酒を飲ませて楽しみ・・
「次は何がしたい?」「○○がしたい〜」なんてやって行ってるうちにドンドン元気になっていったって話をしてましたよ。

カウンセリングなんて誰がいきたい?
自分でも嫌じゃないですか?
多分分かってるよね・・気持ちの問題だって事くらい。
それでも楽しみがないから絶望からやる気がなくなってる。
どうせ行くなら楽しい所がいいじゃない。
今日は病院・明日はカウンセリング・・年寄りにそれで「心がおかしい」とやったところで何になるのかな?っておもちゃいますよ。
「そうでしょうね・・そんなんわかってるわ」って感じに思うだけだと思うよ。
気持は分かるけど、一緒に車でスーパーに行って美味しいモノかって帰るとか、そんな方がよほどの楽しいんじゃない?

ユーザーID:8754238364
心療内科は?
匿名
2019年5月26日 14:22

カウンセリングや精神科ではなく、心療内科の受診はいかがですか?
自分を病気だと思ってしまう病気、というのがあるんですよ。
心療内科は精神科と違い、体の不具合を診ていただけます。
さらに、体(だけの)科と違い、心とのつながりを診ていただけます。
だからちょうどいいと思うのですが。
もう一度診察に行こうと言えば行ってくれませんかね?

ユーザーID:2727913354
同病の人との集い
maimai
2019年5月26日 14:56

私は5年前に脚の手術をして、それまで杖を付いて歩いていたのが杖なしで歩けるようになりました。
私が手術を受けたのは62歳の時ですが、お祖母さんはお幾つですか?

入院している時、同室に70代の方がいらっしゃいましたが、リハビリを嫌がって面会の時いつも息子さんに叱られていました。
基本は退院したあとは自分でリハビリをする方が多いのですが、その方はリハビリ専門の病院に転院しました。息子さん夫婦は共稼ぎでリハビリにつきあうことは出来なかったし一人で頑張るとは思えなかったのでしょう。
70代でも「子どもに迷惑を掛けたくない」と頑張る人もいますが、70代はそのボーダーラインのようです。

経験から言って、同病の患者の会などを調べてみんながどのように克服しているかを聞くだけでも力が湧きます。きっと交流会をしていると思います。
思う様に回復しない、後遺症がある、などの悩みを抱えている患者は多いと思います。診療内科より前にまず交流会へ。

お祖母さんには「健康な人にはわからない」とう気持ちがあると思います。

ユーザーID:4686570528
トピ主です携帯からの書き込み
めめねん(トピ主)
2019年5月30日 22:08

トピ主のめめねんです。
見ていらっしゃるかどうかわかりませんが…皆様アドバイスありがとうございます。参考にさせていただきます。

第三者と悩みを共有できるサロン的なものを紹介しても、外に出ること自体が億劫らしくあまり乗り気ではありません。ですが、このまま家族に依存してしまうのは祖母にとっても私達にとっても良くないことだというのはわかります。

まずは祖母に寄り添って、一緒に少しずつ外に慣れていくことから始めたいと思います。

ユーザーID:9302405910
家族がつらいことを伝える
よー
2019年5月30日 23:39

お祖母さんの機嫌のよいときに、怒ったりすると家族がとても辛いと言ってみてはいかがでしょうか?
体をさすらないと眠れないとのことですが、その間、おじいさんは眠れず体力を消耗するのよ、と話してみるとか。

私の義母(骨折->うつ病)は、「こんなにお世話してるのに、そんなに暗かったら私も辛い」と言うと、時々はっと我に返って反省してくれます。
お前のせいだと責められたことはまだありませんが、親戚以外の「どろぼう」はいるようです(笑)
こちらがお世話の限界だった時には、心療内科に入院してもらいました。

ユーザーID:1885558150
行きたいところに連れていってあげて!
kitten
2019年5月31日 6:56

優しい主さんですね!

でもね、うーん、なんていうのかな?
主さんも、ご家族も、大事な事を忘れていると思うんですよね?


自分で動けなくなると、どこにも行きたいところに行けないし
会いたい相手にも会えない

つまり、「生活がつまらない」のよ


だからカウンセリングなんかしたって、治らないと思うなぁ
だって、嫌な事をする時間を増やしても、もっとブルーになるだけじゃない?



それよりも、
「おばあちゃんの好きな藤の花でも見に、週末、みんなで出かけようか?」とか
「秋になったら、車で温泉いっしょに行こうか?」とか

楽しい事を提案して、先行きに夢を見せてあげた方が、
おばあちゃんの気分が良くなって、元気が出ると思うけど?

ユーザーID:9363384543
二度目です もし参考になれば
maimai
2019年5月31日 10:11

前回書いた患者の会(私が属していたものの場合ですが)は、ご家族が談話室に参加しているケースもありました。
病気が思う様に回復しないと心を病んでしまう方が多く、家族からの相談もあります。特に患者が高齢の場合。
病名で検索すれば、そういった談話室があるかもしれません。
参考になれば

ユーザーID:4686570528
そんなに寄り添わなくていいよ
タンドリーチキン
2019年5月31日 11:02

おばあさんはたぶん小さい頃、病気をするとお母さんにやさしくされた
逆を言うと、病気の時以外は相手にしてもらえなかったという幼少期だったのではないでしょうか。
本人は気が付いていないでしょうが、病気でいることが安心な場合もあります。
私の父がそうです。看病してくれた母のやさしさを時折言い、健康であるのに自ら病人になっていく人生です。
戦争も経験し母親が病弱であったこともあり、愛情をもらえませんでした。

おばあさんが求めているのは「お母さん」だと思いますよ。
でもそれをトピ主さんが背負うのは間違いです。
私も父を背負う事をやめました。
母親の代わりはできません。自分の人生の方が大事です。

家族だから心配もするし手助けをしますが、本人がもう変わりたくないというのなら、それを尊重してもよい、
それにより、命が短くなったとしても、その責任はトピ主さんにはないのです。
しいていうなら、このように育てたおばあさんのお母さんに責任があるということかな。

巻き込まれすぎて共倒れはいけません。
できること・できないこと、すること・したくないことを、きっちり考える時期にきました。
トピ主さんにおばあさんを精神的に救う事はできないのだと知りましょう。

ユーザーID:0959064808
心の病って、本人は自覚が無いのがほとんど
虹色
2019年5月31日 12:41

そっとしておくことが一番だと思います。

否定せず、「そうなんだ」「なるほどね」「困ったね」「辛いね」と本人に寄り添って話を聞くことです。

昔出来ていたことが出来なくなる。
老化なので当たり前なのですか、中々受け入れられないもどかしさ。
体だけでなく脳も老化するので、昔の祖母と比べてはダメです。赤ちゃんが成長するように、祖母さんも日々変化しているの。
まずその変化を家族が受け入れることです。

高齢の方が手術後一時期このような精神状態になることがありますが、半年程度で落ち着くものです。
老人性の鬱病や認知的な検査もした方が良いように思います。
必要なら薬の処方をしてもらいましょう。
一番辛いのは本人ですから。

介護認定受けてますよね。
まず老健に通ってはどうですか?
ケアマネもつけましょう。

家族と離れることで落ち着くこともあります。

そのためにも、まずは介護する側の体制を整えて、無理の無い計画を。祖父さんの精神的身体的な健康にも気を配ってあげてください。

ユーザーID:7366752668
しあわせなおばあ様ですね
レモンバーベナ
2019年5月31日 14:24

それだけ家族から心配されて、寄り添ってもらえるとはしあわせだと思います。
優しい気持ちは必要ですが、実際の医療的なケアは専門家にそろそろ任せたほうがいいと思います。

高齢者は高齢者の対応が必要です。自分の母も高齢者ですがもともとの性格が先鋭化してきます。いい時は寄り添って、わがままになった時は全部につきあっていては家族がもちません。プライドが高いから大変ですね。

おじい様のお体も心配です。寄り添いも適度にして、あとは医療機関に任せるところは任せたほうがいいと感じます。

ユーザーID:0790046209
 
現在位置は
です