助けてください。2人目出産を楽しみにできない最低な私

レス38
お気に入り41

かりん

子供

現在、2人目妊娠中です。長男は小学校一年生、2人目も男の子だということがわかっています。
女の子が育ててみたい強い気持ちがあって、産み分けにチャレンジしましたが失敗。がっかりしながらも、100%の産み分けはないし…と自分を納得させようとしていました。
この春、長男が小学校に入り、乱暴な男の子に暴力を振るわれることが度々あり、心配でたまりませんでした。学校に頻繁に相談したり、子供の気持ちのケアをしたり、親子とも強いストレスを感じる春でした。
このようなことがあってから、「だから男の子は嫌だった」「また男の子でこんな心配をしながら過ごすことになるなんて」「こうやって苦労して育てても、男の子は大きくなったら親のことなんか気にも留めなくなっちゃう」……。と、ネガティブな感情で頭の中が支配されるようになってしまいました。
しまいには、何でもう1人産もうなんて思ったんだろう…とまで思うようになってしまい、ちゃんと育てられるのだろうかと不安でたまらなくなっています。
そして、小さな女の子を見ると、何で私は授かれなかったんだろうと涙が出ます。
長男は穏やかで優しい子で、私の体調を気にかけてくれたり、抱っこ抱っこと甘えん坊なところも本当に可愛いです。我が子はこんなに可愛いと知っているのに、何故お腹の子が産まれることを楽しみにできないのか…心から自分が嫌になります。
夫にも、女の子じゃなかったことが残念だったこと、男の子を育てることに不安を感じていることを吐露したら、当然ですがお腹の子がかわいそうだよ、そんなことを思ったらいけないよ、と諭されました。
食欲もなく、夜中にはっと目覚めてその後眠れなくなったり…。体調もすぐれず、もうどうすればいいのかわかりません。こんな真っ黒な思い誰にも吐露できず苦しいです。私はどうすればいいのでしょうか。どうか教えてください。

ユーザーID:4937507241

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数38

レスする
  • ありがとうございます。涙が出ます。

    こんな真っ黒な感情を綴ったトピックに対し、やさしいコメントをありがとうございます。
    非難がほとんどだろうと思っていたので、コメントを読みながら涙が出ました。

    私自身、何にあこがれてるのだろう、何に寂しさを感じるのだろうと考えると…。
    自分自身の母との関係が、特に大人になってから非常に良好だからこんなに女の子に執着するのかもしれません。
    思春期には反抗もし、社会人になってすぐの頃は専業主婦の母を心のどこかで見下していた時期もあったかと思います。
    しかし、結婚して、長男を出産してからは素直に母を思いやることができるようになり、働きながらの子育てを応援してくれる母に強い感謝の気持ちを持っています。
    孫の成長を楽しみにしてくれて、働きながら子育てをしている私の体調の心配をしてくれる母。
    この度の妊娠の際は、真夏に大きなお腹になることに備え麻の生地でマタニティワンピースを縫ってくれました。首の後ろの裏地部分には、「Karin」の刺繍が入っていました。
    私も母がしてくれたように、自分の娘が女性特有の山を迎えるようなとき、そばに寄り添い優しさを注ぎたかったんです…母の優しい心を次の世代に引き継ぎたかったというか…。

    息子は信じられないくらい可愛いですが、共感できないこともたくさんあります。これから先そういうことが増えていき、男の子特有の成長に対する悩みを越えたと思ったら反抗期が始まり、その後は親には無関心になり…と辿るのかと思うと…
    家の中で共感できる相手がいない寂しさが増すのばかりではないか…と不安と寂しさで押しつぶされそうです。
    子は親の慰み者じゃないのに、何考えてるんでしょうね。本当に自分が嫌になります。

    ユーザーID:4937507241

  • 誰にも会いたくないです

    励ましのコメントをありがとうございます。
    男兄弟がいてよかったと言うお話、勇気付けられます。
    産まれてしまえばかわいくて仕方なくなる、も、きっとその通りだろうと思います。

    今、産休を前にして仕事の引き継ぎをしています。
    取引先の方などを回って、夜のお付き合いにも挨拶と後任の紹介を兼ねて参加せざるを得なく、それだけでクタクタなのですが…。
    それに加えて、さらにひどいダメージとなっているのが、
    「また男の子なの?残念だったね」「女の子が欲しかったでしょう」「女の子だといつまでもお母さんと寄り添ってくれるもんね。男はダメだ、大きくなれば家を出て親になんか寄り付かないし結婚すれば嫁のもの」など仕事でいく先々でお腹の子の性別を聞かれて連日言われたい放題です。
    そういった発言を側で聞いてる人も、哀れむような顔で様子をうかがっていて…。
    仕事だからと思って笑顔を貼り付けていますが、おかしくなりそうです。
    夫には聞き流せばいいと言われますが、事実女の子がよかったと思っているだけに、グサグサと矢のように刺さり、やっと寝付いても悪い夢ばかり見ています。
    もう誰にも会いたくない…。でも長く休むことになる仕事はしっかりかたを付けないと…。

    ぐじぐじとしつこくすみません…ここに吐き出させてください。

    ユーザーID:4937507241

  • ありがとうございます

    みなさま、コメントありがとうございます。
    いただいたコメントなんども読み返し噛み締めています。

    現実社会では相変わらず「男の子で残念」だの「女の子が生まれるまで頑張らないとね」など、言いたい放題のことを言われ続けています。
    これらは大概年配の男性から言われているのですが…みなさん社会的地位も高く、さまざまな経験を積んできたであろろう人が、このような何の配慮も思いやりもない無神経な言葉を正に身ごもっている人に向かい投げつけるのかと、唖然としています。
    お腹の子に聞こえるからやめてくれ、と叫びたい気持ちになります。
    そして、仕事だからと我慢をして、曖昧な笑顔でやり過ごす自分に、「こんな人達のご機嫌とりしてお金稼いでるのか」と情けなくなっています。

    日々抱える感情が、悲しみや不安から怒りへと変わっていっているのを感じます。

    私はこういう人にならないように、人と対話するときには、相手が前向きに気持ちよくなるような明るい言葉をかけたい、そう思います。
    そして、息子たちが、相手を慮り、思いやりの気持ちを持って人付き合いができる素敵な男性に育つよう、たくさんの愛情を注いで育てたいと思いました。
    人のふり見て我がふり直せ、ですね。

    女の子が欲しかった。でもかなわなかった。寂しい気持ち、残念な気持ちを抱える中だめ押しをするように、男の子で残念・寂しい生活になるねと無神経にブスブスと刺された。
    踏んだり蹴ったりです。
    でも、ここから学べたこともあった、気づきがあった、そう思うようにします。

    ユーザーID:4937507241

レス投稿

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧