• ホーム
  • 働く
  • 子連れ出勤、どうすれば良かったのでしょう

子連れ出勤、どうすれば良かったのでしょう

レス292
(トピ主0
お気に入り974

キャリア・職場

ダメ母

6ヶ月の子の母です。
専門職についていて、社内では私しか出来ない業務もあるため、前もって上司と話して計画し、産休中に私しか出来ない業務が入った場合は私が対応すること、
その時子供も連れてきても良いこと、等を取り決めました。
それを可能にする為に産休よりも半年ほど前からアシスタントを一人付けてもらい、私の業務の補助に特化した仕事を学んでもらっていました。

ちなみに彼女を雇用するに当たり、上記の事情は全て説明済みです。彼女も子供好きなのでフレキシブルに対応します!と意気込んでいました。

結局、前もって分かっているミーティングの際はベビーシッター等を雇い、子連れの出勤は持ち出せない書類確認や上司と二人の簡単な会議など、短時間で済んでいました。しかし先月、前日深夜に決定した朝一のクライアントとのビデオ会議があり、仕方なく子連れで行きました。クライアントも長い付き合いで子供の事を了承済みです。
上司はアシスタントの子にみてもらったら?と言ったのですが、居合わせた彼女の表情が険しくなったため、では愚図ったらお願いします、それまでは自分で抱っこしてます、と言いました。残念ながら少しすると子供がつまらないようでグズリ始めたので、上司が呼んだアシスタントの子に、ごめんなさいね、お願い出来ますか?と手渡し、お陰様で会議は無事終了しました。本当に助かりましたと丁重に御礼を言って別れたのですが。
先日、彼女が突然辞めると言い出し、上司が事情を聞くと、自分はベビーシッターでも無いのに、赤ん坊を押し付けられてすごく嫌だった。そもそも職場に頻繁に子供を連れてくるのは非常識なのに、偉そうにしてるダメ母もそれを受け入れてる周りもおかしい。との事だったそうです。
それを聞いて慌てて、嫌な気持ちに気付かずごめんね、とメールしましたが、そもそも同い年なのにそうやって上から目線でムカつく、と。
続きます

ユーザーID:4502281558

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数292

レスする
先頭へ 前へ
91120 / 292
次へ 最後尾へ
  • アシスタントが悪い

     アシスタントはとぴ主さんの言うことを聞くのが仕事です。もし、仕事内容が最初からXXしかしません、とかならしょうがないですが、彼女、最初は「上記の事情は全て説明済みです。彼女も子供好きなのでフレキシブルに対応します!と意気込んでいました。」なんですよね。なのに土壇場になって「ベビーシッターじゃない」って話が違うじゃないですか?
     会社は「あなたがフレキシブルに対応できるといったから雇ったんですよ」って逆に抗議すべきです。

     あなたは、会社が子連れ出勤をしようが、アシスタントに子守をさせようが必要な人材なんですよ。あなたにしかできないことがあるから、あなたをどんな手を使ってもキープしたい。それをアシスタントごときが何を言う。

     それにしても、「こんなこと言われて・・・」っていちいちとぴ主さんに報告してくる会社も変。だまってさっさと次の人を探せばいいのに。もしかして、とぴ主さん、人事にもかかわるようなかなり上のポジションなのかな?だったら、なおのこと、次のアシスタントは場合によっては子守もできる人、と言う人を何かに明記して雇って。

    ユーザーID:5367161132

  • 最初から、シッターも業務内容に入れておくべきだったでしょ?

    その場合だったなら、上司/主さんの不手際じゃない?

    最初から、主さんの出産育児休暇時専用のアシスタントを雇ったんだから、
    緊急時のベビーシッターをアシスタントの業務の一環として公表した上で
    アシスタントを募集してもらうべきだったと思う。


    それをしないで、急に
    「うちの子のベビーシッターして」と言われたら怒る方が当然でしょ?

    ユーザーID:1868911116

  • アシスタントではありませんが

    私はアシスタントではありませんが、同じような状況で同僚の赤ん坊を託されそうになり、断ったことがあります。
    男性上司は「じゃあ、しかたないよね。らんらんさん、会議の間だけお願い」と当たり前のように言われてその母親も当たり前のように私に赤ん坊を抱かせようとするので
    そりゃもうびっくりしましたよ。その場でお断りでした。
    6か月の赤ちゃんってものすごく繊細な存在なのに、預かれるわけがないでしょう、と。
    上司は「ランランさんはお子さん3人も育てているベテランだから」と言い、同僚も「ランランさんなら安心だから」と無責任極まりない発言をして心底腹が立ちました。
    私が怒った理由は「子持ちだからって子守り扱いされたこと」よりも「赤ちゃんの繊細さを一番理解しないといけない母親が仕事にかまけて赤ちゃんをリスクにさらそうとしていることでした。
    「私にも守るべき子供がいます。何かあった時法的責任を問われるようなことはお引き受けできません。お二人とも、赤ちゃんの命を何だと思ってるんですか?」と言ったら黙ってましたが。

    トピ主さん、子供について無資格で何の専門知識もない赤の他人によく赤ちゃんを託そうとすることができましたね?
    失礼ですが、あなた母親失格ですよ。
    私も働く母親ですから、大変さは分かります。人に預けなきゃ生活が回らないことだってあるでしょう。
    私自身、保育園も利用したし義母の手を借りたことも何度もありました。
    でもそれは、我が子を託す相手がプロで場所が保育施設だったからであり、義母が我が子にとっては祖母という立場であり、何よりも義母を信頼していたからです。

    あなたは朝一の会議なんか断ればよかったんですよ。
    そうすればアシスタントさんも辞めずに済んだ。
    背負いきれないような大きな責任を仕事の上下関係を盾におしつけられた人の気持ちは考えなかったんですか?

    ユーザーID:8690417044

  • 追記

    私ならどんなことがあっても絶対に6か月の赤ちゃんをいろんな人が交錯する職場になんか連れて行きません。
    朝一の会議なんか断ります。

    トピ主さん、赤ちゃんって本当に繊細なんですよ。
    うちの子は1歳半の時風邪をこじらせて入院したことがありましたが、いつも通りの日常でふとぐずりだし、親が異変に気付いてわずか1時間で容体が急変し、救急車を呼ばなければなりませんでした。
    あれよあれよという間に発熱→高熱になったんです。
    赤ちゃんは頭が痛くてもお腹が痛くても言葉にできないから、早めに気付いてあげられる体制を周囲の大人が取るべきなんです。
    トピ主さんのお子さんも会議中にぐずったとのことですが、病気で具合が悪くなっている兆候である可能性も十分あるんです。
    そういうリスクに常に対応できるような環境を我が子に与えられるのは、育てている親だけです。
    どんなに働くママが称賛される世の中になっても、これだけは親が取るべき責任です。
    そんな責任をあなたはただのアシスタントさんに求めたんですよ。
    わかっていますか?

    ユーザーID:8690417044

  • アシスタント業務にベビーシッター業務が入ってるの?

    ベビーシッター業務込みの契約でなければそりゃあ嫌に決まってるでしょう。
    私もスーツで他人の赤ちゃん抱っこは御免こうむりますよ。
    ベビーシッター業務が契約に入ってるのだったらそのアシスタントさんが非常におかしなことを言っているわけですが・・・

    まあ、もう辞めるんだからも関係ないですね。

    そこまで重要な人材であるトピ主さんの状況に応じたサポート要員を配置していない会社が問題ですね。
    会社には今後会議の時はベビーシッターも雇うよう言っておくのがいいと思いますよ。

    ユーザーID:8516302013

  • いくらなんでも、ね

    愚図る子を育児経験のない人に(しかも険しい顔になったの確認済み)預けるのは本当に頭下げて申し訳ない気持ち前面に出さないと嫌な気持ちになるでしょう。
    アシスタントに仕事の続きをお願いできるように引継ぎすべきだったと思います。子守は親の仕事ですから。

    彼女はトピ主育児の為にアシスタントになったのではなく、トピ主しかできない仕事のアシスタントになった事でその仕事内容やフォローをしながら自分がスキルアップ(分かりやすく言えばトピ主の仕事を任せてもらえる)と考えていたのでは?
    つまり、最初からトピ主とアシスタントの考えが一致してないんですよ。トピ主は自分の立場や子供の事しか考えてないでしょ。アシスタントにとっては育児はトピ主がやる事で、それでできなくなった仕事は自分が担当するという気持ちでいたのではないでしょうか。
    フレキシブルに対応しますというのは、トピ主が子守で不在でもしっかり対応します、という意味かも。

    トピ主は仕事は自分でするからその間の子守を頼むのが当たり前と思っていた。
    アシスタントは子守は母であるトピ主がするのが当たり前で、その間できない仕事やクライアントへの対応は自分がサポートするつもりでいた。

    自分しかできない仕事というのも分かりますが、子供を育てるうえでその仕事を他人に渡す事も必要なのでは?
    せっかく産休前から対策できる時間があったのに「子連れ出勤で仕事は渡さないからフォローを付けてくれ」という姿勢がそもそもどうなのかと思いますよ。会社も考えナシだと思いますが、当の本人が自分がやると言えばできるものとして進めてすまったのかと。
    仕事を誰にも任せないなら保育所やシッターをフル活用する準備をすべきだったのでは?

    子連れ出勤が認められるのは社内託児所がある場合だけだと思います。
    普通に考えて、乳幼児がいたら仕事にならない事くらいわかるでしょう。

    ユーザーID:1526540359

  • もしかして

    確かに、その人はトピ主さんに特化したアシスタントだったのでしょう。
    しかし、早朝のビデオ会議に呼ばれたのは、ベビーシッターをする為じゃなく、彼女も会議の内容を把握する為だったのでは?
    それなのに、会議を外された形ですよね。

    大した内容でも無く、議事録?や、トピ主さんからの具体的な指示が有れば、その件に関しては問題ないのだとしても。
    顧客との打ち合わせの席を外されると言うのは・・・。
    彼女が言いたいのは、そういう事では?

    それなのに、トピ主さんの上司が、うっかり地雷(彼女は外された打ち合わせだったのに把握している前提で指摘されたとか)を踏んだのではないでしょうか。
    上司も、そういう都合の悪い所は隠してませんか?

    ユーザーID:0124928052

  • アシスタントの認識不足

    アシスタントはベビーシッターじゃない!と怒ってらっしゃる方が結構いますが、小町のトピだから簡潔に書いてあるだけで、

    >産休中に私しか出来ない業務が入った場合は私が対応すること、
    >その時子供も連れてきても良いこと

    このあたりについてきっちりアシスタントに説明したからこそ

    >彼女も子供好きなのでフレキシブルに対応します!と意気込んでいました。

    この返事だったんじゃないでしょうか?

    いつも彼女にベビーシッターばかりやらせているのではなく、例外的な緊急案件で子どもを見てもらうことになったのは、まさに「子ども好きなので」できる「フレキシブルな対応」かと思います。

    アシスタントはベビーシッターじゃない!ということを主張するなら、最初に主張すべきだった、アシスタントの認識不足以外の何物でもないと思います。社交辞令を真に受けたとか書いてる人もいますが、仕事の面接の場でそういう話しをされたら社交辞令ではなく本当に自分にできるか考えて回答すべきじゃないですか?社交辞令で応える場面じゃないです。だからこそトピ主さんは額面通りに受け取ったわけで。そんなときに社交辞令で軽い気持ちで返したアシスタントが悪いとしか思えません。

    ユーザーID:2604895044

  • 教訓に

    今後は旧でも対応できるシッターなり保育園なりを確保することですね

    上司がいったからと、保育やったことがないような人によく預ける気持ちになりますね
    会社に甘えすぎだと思いますよ

    ユーザーID:7061693179

  • そういう器じゃなかったアシスタント

    私がアシスタント、として考えると、会社もクライアントも了承済み。
    子守も含めての仕事であるなら、全力で子守しますが。

    残念なことにそのアシスタントさんは認識が甘かったんだなと思います。

    次はもっといいアシスタントさんがつくといいですね。

    ユーザーID:3212964471

  • つかえないアシスタント

    アシスタントの彼女は子供好きなのでフレキシブルに対応しますって言っておきながら
    本心はトピ主様の仕事を自分のものにしようと考えていたのだと思います。

    いざ、子どもの面倒を頼んだら態度が豹変。
    わかりやすい人ですね。

    どうすればよかったのかということですが、
    これは人選ミスなので仕方がなかったとしか言いようがないです。

    トピ主様を批判している人がいますが、会社が許可していることをおかしい非常識といっていますが会社が許可したのです。なんらおかしいことはありません。
    トピ主様が気に病むことはありません。
    アシスタントが自分の立場を勘違いしているだけですから。

    ちなみに私は育休を取らず仕事に復帰しました。
    どうしても子供を連れて行かざるを得ないことがありましたが会社が対応してくれました。今も学校関連で日中学校に行かないといけないとき会社は融通をきかせてくれます。


    会社がトピ主様を必要としているのです。これからも子育て大変でしょうが頑張ってくださいね。

    ユーザーID:0717519939

  • 傲慢な母親

    職場内で自分しか出来ない仕事を抱えているワーママです。子どもは現在2才。2年半近く育児休業を取り、この春復職しました。

    あなたの仕事の重要性を認めてくれる会社でもなく、上司でもなく、クライアントでもなく、大切にすべきは一番身近であなたと一緒に仕事をする相手です。あなたはそれを怠りました。

    アシスタントというのは、大きな仕事が上手く回るように、影に日向にサポートするのが役割りなので、決して目立つ評価を受けるわけではない、地味なお仕事かもしれませんが、それがなければどんな偉業も達成出来ない、重要なポストなのです。

    まるであなたの手足のように、あなたがアシスタントの方をぞんざいに扱って来たのがよく分かります。

    その方が雇用されるにあたって、たとえそれにシッター業務が明確に含まれていたとしても、子どもがいることは完全にあなた個人の事情であり、会社がどこまでもあなたの都合を優先し、あなたが仕事だけ考えていればいいようにすることを保証しているわけではありません。

    見てもらっている間、何か不都合はないか、困ってしまうことがあるなら、母親として出来ることはないのか、そういう気遣いはしましたか?何より、子どもを面倒見てもらっていることに、きちんと感謝をしましたか?

    保育園や幼稚園に子どもを預けていても同じことです。保育料払っているのだから当然とばかりに、自分のことしか考えず、やってもらって当たり前。そんな傲慢な気持ちは何処かにありませんでしたか?

    仕事は契約に基づくものですが、それを履行するのは人の心です。

    魚心あれば水心。
    アシスタントの方の一方的な嫉妬や逆恨みなんかではないと思いますよ。

    何が悪かったのかしっかり反省し、他の働く母親の立場を悪くしないよう改めて下さい。

    ユーザーID:1576766096

  • わかってないな

    >次からアシスタントを雇う際には、ベビーシッター業務込みであることを
    >更に念押しするしかないのかな。。。

    念押しではなく、契約してください。

    そもそも保育士でも看護師でもない、まして子持ちでもない人にいきなり
    6か月のこどもを預けるなんて無謀だしいい加減な会社としか思えません。

    そんないい加減な会社だから主さんみたいな人も重宝されるんでしょう。
    前にそういういい加減な会社でやはり超優遇されていたママさん社員が
    いたのでなんとなく雰囲気わかります。

    みんな口に出さないだけで、社員含めてうんざりしてた人が多かったですよ。
    上司が了解した=周囲も好意的、ではありません。
    マタハラと言われて悪者になるのがいやだから黙ってるだけ。
    表面上はにこにこしてるだけ。上司がいいと言ってる以上仕方ないもの。

    そして上司が優遇すると、ママ社員もつい態度が大きくなるんですよ。
    人情からすると仕方ないとも言えるけど、これは自戒した方が本人の
    ためだと思う。無意識になっちゃうから自分で気をつけるしかないです。

    ユーザーID:9868800360

  • 「ベビーシッターを頼む」とハッキリ言いましたか?

    肝心なところが分からないのですが、トピ主さんはアシスタントさんに「ベビーシッター役を頼むことがあるかも」「会議の数時間、席を外して子供を見てもらうかも」とハッキリ伝えましたか?「私が子供を見れないときは子供を見て欲しい」とかどうとでも解釈できる曖昧な言葉ではありませんでしたか?

    曖昧な言葉だった、と想定しテレスします。
    トピ主さんとアシスタントさんで認識に齟齬があったのかもしれません。
    トピ主さんは「やむをえないときはアシスタントさんにベビーシッターも頼める」と思っていたけど、アシスタントさんは「子供の世話をするのはトピ主さん。私がするのはトピ主さんの仕事のフォロー」と思っていたとか。匿名さんもおっしゃっていますが、「あなたの急な休みや勤務体系・業務の変化に対してであって、それこそトイレに行く間くらいなら子どもも見るつもり」の解釈だったのでは。
    それがいきなり子供を任されたので「そんな話は聞いてない!」となり、それまで我慢していた日ごろの不満が噴出したのではないでしょうか。

    ユーザーID:0921193455

  • フレキシブルな対応って

    そのテレビ会議に、トピさんの代理でアシスタントが出席する、ってことじゃないですか?

    >私の業務の補助に特化した仕事を学んでもらっていました
    仕事をするためのアシスタントであって、子守するためのアシスタントじゃないよね。
    打ち合わせや、社内の業務に子連れであることを受け入れていたとしても、子守するのは違うんですよ。




    子ども二人います。子供会に入っていました。会長も務め、次の方にバトンタッチしました。新しい会長さんは子ども3人のベテラン・・・かと思いきや・・・
    あるイベントで、会長さんが説明しているとき、会長さんの一番下の子がぐずり始め、副会長さんがなだめていましたが、かんしゃくを起こし収まりません。
    副会長さんが会場から連れ出そうと(そのぐらいうるさくて)抱きかかえると、力一杯たたいたり、ほっぺたをビローンと左右に引っ張ったりしました。それでも副会長は離さず退室したのですが、この時私は、説明を副会長に代わって、自分の子は自分で面倒見るべきだと思いましたね。そのための「副」です。平然と説明を続ける会長さんに驚いたし、叩かれた副会長さんを気の毒だと思いました。

    上司もあなたも、人に子どもを預けることを簡単に考えすぎだと思います。
    あなたの子どもはあなたしか守れませんが、仕事はあなたじゃなくても誰かができます。そのためのアシスタントでしょ。テレビ会議なら、あなたの自宅もつないでもらいなさいよ。あなたしかできない業務で会社にとってメリットがあるならそのぐらいの投資はしてくれると思いますけどね。

    ユーザーID:2925421791

  • トピ文で判断するしかない

    簡潔に書いているだけで
    子守りをお願いする事も説明してあるのでは?
    なんて意見も出てきましたが
    我々はトピ主様を実生活で知っている訳でも
    やりとりを現場で見た訳でもないので
    トピ文でしか、判断する事ができません。
    私には、彼女が了承しているのは
    「業務の補助」
    「子連れで出社する時もあること」
    この2点しか読み取れません。
    アシスタントの認識不足ではなく
    お願いする側のトピ主様の説明不足
    だと思います。

    ユーザーID:7653240768

  • どうもこうも

    雇うアシスタントを間違えただけ。

    辞めてもらって、新しい良い人材に来てもらいましょう!

    ユーザーID:0839405222

  • シッター込みで了承したら

    トピ文には

    >私の業務の補助に特化した仕事を学んでもらっていました。

    と書かれている。
    補助に特化した仕事に子守り含むとは考えにくい。

    「子供連れのアシスタントなんだからそんなの当然でしょ」
    という意見を読むと
    シッター込みで了承したらそれこそ大変なことになりそうですね。

    「シッター込みで入ってきたんでしょ!」と
    あれやこれやと全部押し付けられて
    不備があれば文句を言われ、何かあったら責任を負わされ。

    子連れ通勤がOKの会社は増えつつあるけれど
    それって母親が責任をもってお世話のするのが前提としてのことじゃないのかな


    新しい働き方の見本になりそう
    なんて書いている人がいるけれど、
    やりたい放題の人も絶対にでてくるよね

    ユーザーID:4413241202

  • よく話し合ってみたらどうでしょう?

    >上司が事情を聞くと、自分はベビーシッターでも無いのに、赤ん坊を押し付けられてすごく嫌だった。

    アシスタントの方、トピ主さんに直接言ったのではなくて、上司に聞かれたから理由を言ったんですよね。
    そもそも上司が「子連れでいい」と許可したのだから、アシスタントが上司にその件について考えを言うのは問題ないと、私は思います。
    むしろ言ってもらって良かったのでは?
    しかも「子供を連れてくるのをやめさせて」と訴えているわけではなく、自分が辞めると言っているんだから。

    普通に考えて、6ヶ月の他人の赤ちゃん、子持ちの私でも怖くて抱っこすら出来ません〜。

    ただ、赤ちゃんの世話をさせたのが今回一度きりの事なんだったら、少し時間をおき、お互い少し冷静になってから話し合うのもいいかもしれませんね。
    アシスタントにしてみれば突然赤ちゃんを託され、どうにもならずにパニックになってしまった、一時的な感情かもしれないし。

    ユーザーID:8479906894

  • 会社が欲張り

    今は育休も取らず産後復帰して時短をフル活用し働いているが、たまに預け先がない時に子連れで出勤しているのですよね?

    どうすればいいか
    トピ主さんは出来るだけのことをしていたので、過ぎた事は考えてももう仕方がないのでは。
    クライアントの都合を断るわけにはいかないし、子どもだって大切だし。
    確かに私がアシスタントの立場なら馬鹿にされてる気がして辞めますね。
    ベンチャーかなんか分からないけれど、トピ主さんくらいなりふり構わずでいないと生き残っていけない。
    かたやアシスタントは正規雇用じゃないような気がしますが…。
    もしそうなら、上司もトピ主さんも契約というものを理解していない。
    雇うべきはベビーシッターであって、彼女は別業務(しかも専門職)のアシスタントです。
    召使いじゃない。
    滅私奉公して報われる会社じゃないとトピ主さん不在中も感じていて、今回の事は引き金になっただけだと思います。
    上司のフォローの仕方次第では辞めるまではいかなかったと思いますよ。

    専門職の業務は引き継がず保育士の資格は持っているけれど事務派遣で働きたい人とかを採用すればいいでしょう。

    私は孫がいてもおかしくない歳ですが、他人の赤ちゃんの面倒見たりあやしたりするのはご免です。
    赤ちゃんは可愛いですが、どっちり太った子やヨダレの凄い子には手を出しません。
    職場用の服を汚したくないし。
    今どき総務だとしても自分の担当業務がなく、ただ座っていて、いつでも誰の頼み事でも応じられる便利な社員なんて、リストラされちゃっていないと思いますけど。
    無期雇用の法律が出来るぞとなった頃から単純な事しか頼めない人は次第に居なくなって、今は契約社員でも担当業務持って忙しいですからね、勘違いした社員は総スカンです。

    ユーザーID:9380882845

  • 想像でしかないですが

    もしかしたらアシスタントさんは

    小さな子供がいても働ける会社にする為に頑張っていたのでは?
    働く女性同士支えあえたらと。

    でも、子供そのものの世話を押し付けられるなんて…
    それはないんじゃないかなと思います。

    どこまでちゃんと契約内容を説明していたのかですね。

    それと日頃の積み重ねなのだと思います。

    仕事のアシスタントではなく
    私のアシスタント扱いしてたんじゃないですか?

    ユーザーID:0413838909

  • 会社とあなたのリスク管理がなっていない

    仕事でも、育児でも、「自分しかできない」と、仕事を囲い込み、独占し続けることこそが
    最大のリスクですよ。そのリスクを認識せず、「自分しかできない」状態が自分の仕事人としての価値を高める、としか考えていないのであれば、組織人として甘すぎます。あなたがすべきは、産休中まで自分が出てこなくてはいけない状況を作る前に、会社に訴えて必要なスキル、資格を持った人を補充してもらい、仕事を完全に引き継げる状態にしてから産休、育休に入ることでした。会社(上司)のやり方もまずい。もし産後休中(6週以内)にあなたを業務で呼び出し働かせることになれば法律違反ですよ?本当に会社として、これを正式に認めているのですか?

    これがあなたがフリーランスで、会社に雇用されているわけではなく個人事業主として、その会社から仕事をもらっているだけなら、話は別ですが。

    あなたがいなくても他の誰かが代わりに仕事をできるようにしておくこと、これは育児も同じ。母親しか出来ない仕事なんて、出産と母乳の授乳だけ。父親など他の人でもいつでもあなたの代わりに子どもの世話ができる状態にしておく(普段から分担する)ことが一番のリスクヘッジです。

    この業務は「私しかできない」と思い込むことが、他人に助けをもとめたり仕事を分担共有する選択肢を自ら狭めることになり、結局自分で自分の首を締めることになる。

    仕事上で後進を育てること、育児においても自分以外の人の手を適切に借りることが(万が一あなたが倒れても被害、損失を最低限に止め)、結局は業務(育児)を滞りなく円滑に進める一番のリスク管理になり、それによって、(あなた自身ではないが)会社組織全体や育児ケアを受ける子ども本人の利益になるのです。

    そういう視点で、自分(と上司)の選択したやり方のまずさを、今一度見直すことはできませんか?

    ユーザーID:4135472043

  • お子さんが居ると色々大変

    ダメ母さん、お疲れ様です。
    子育てとお仕事の両立は大変だと思います。


    ここで一つ気になったのは、会社側の対応です。
    ダメ母さんにしか出来ない仕事なら、当然フォローするのは会社側。
    それをアシスタントさんに、きちんと説明していたのでしょうか?
    アシスタントさんは、子連れでの出勤を承知しているが、
    世話をする事は承知していなかったのでは?
    「子供好きです」という若い女は、幼稚園児とかその位の子供を言ってる事が多い。
    赤子のお世話の間、仕事の手は確実に止まる訳です。
    彼女の役割が大切な仕事の補助なら、それ以外の事を頼むべきではない。
    クレームが出る位だから、子供を預けたのは一度や二度ではないんでしょう。

    ダメ母さんにしか出来ない仕事とは、本当に誰も代われない仕事なんですか?

    ユーザーID:8188495007

  • 保育も専門職の仕事

    保育士は国家資格です。
    市町村の子育てサポーターですら、それなりの研修を受けてから任命されます。

    他人の子供、特に赤ちゃんが安全に健やかに過ごせるようにするには、
    それなりの知識と技能が必要です。
    誰でもできる仕事かのように、仕事ついでに業務アシスタントに子守をさせるのは、
    考えが甘いし、何より専門職の方に失礼ですね。

    また、ベビーシッターならば万が一の保険にもはいっていますが、
    アシスタントに預けている間に何かあったら、誰が責任を負うのですか。
    安全に対する思慮が足りなさすぎです。

    子連れで仕事してもいい(でもおとなしい子供だけね!)なんて、
    大人に都合のいい幻想ですよ。
    トピ主さんご自身の環境が変わったのです。
    自分の働き方について意識改革をする局面に来ているのだと思います。

    ユーザーID:6425281376

  • ベビーシッターを任せると伝えていたか

    上司やトピ主さんは緊急時にはベビーシッターもお願いするつもりで伝えていたかもしれませんが
    愚図った時の子守についてはっきりと明言していなかったのではないでしょうか?

    子供をお願いする事もあると言われていても、
    具体的にミルクを飲ませるとかオムツ交換をお願いするとか言われていなければイメージ出来ないと思います。

    その方は、お子さんがいるから打ち合わせが中断になったり、急遽会議に代理で出席する事は想定していても
    子どの世話を任せられるとは思っていなかったと思います。
    どうすればよかったかと言えば、任せるつもりだった業務を具体的に一つ一つ説明すべきでしたね。

    産休半年前から働いていたら既に一年以上働いていたはずですよね。
    アシスタントの子って言うような仕事具合ではなく、立派なアシスタントだったのではないですか?

    ユーザーID:2008554556

  • 産休中は仕事をしなければいい

    子連れ出勤については会社の同意を得ていれば、何とも思いませんが
    クライアントの了解を得ていても、会議に子連れで出席はないかな。失礼だと思う。

    トピ主さんは専門職で私にしか出来ない仕事とおっしゃっていますが
    その状況をつくっている会社、上司、トピ主さんに問題ありですよね。
    仕事を抱え込んで、人に渡さない様に思えてしまいます。

    その状況でアシスタントになったとしたら、仕事が出来る人程、イヤになると思います。

    ユーザーID:8301223659

  • トピ主さん別に悪くないです

    別にダメ母ではないです。そのときにできる最善の策だったと思います。
    自分をダメ母と卑下する必要はありません。ナンセンスです。

    あえてどこがダメだったのか想像するなら、シッターを手配できないタイミングでビデオ会議を決定したこと、子供がいないアシスタントの女性に安易にシッターをさせた上司です。

    おそらく彼女が子持ちだったらここまで反発しなかったと思います。
    子育て経験がない女性は、子育て経験のない男性とほぼ同じです。機嫌の悪い赤ちゃんをどうしていいかわからなかったで。突然抱っこしろと言われてさぞ困ったことでしょう。こういうこともあるかもしれないと事前に具体的に彼女と話し合いできていたらまた違っていたかもしれません。

    でもたぶんこの件が決定打になっただけ。彼女は日ごろから違う不満があったのだと思います。今後ちゃんと話し合いをしたうえで、それでも彼女が辞めたいということであれば辞めさせればいいと思います。「上から目線でむかつく」とか言ってくる時点でなんだかなと思いますし、子連れ出勤OKと会社が決めたことなのに非常識と主張するのもおかしいです。

    もっといいアシスタントに出会えますように。

    お子さんが大きくなるにしたがって、不便もなくなりトピ主さんができることが出産前に戻ってきます。それまで踏ん張りどころです。応援しています。がんばって。

    ユーザーID:8302745631

  • 認識の違いがあったのでは?

    「会社とトピ主さん」、「アシスタントさん」に認識の違いがあったのではないですか?

    会社とトピ主さんは、何かあれば子供をアシスタントに預けてトピ主さんが仕事をすることが優先との認識。
    アシスタントさんは、何かあって子供に手をかける時はトピ主さんが自分で見る、その間は自分が仕事を変わるという認識。

    初めに子供の子守も頼むかもしれないということを話していたかですよね。
    さすがにぐずる他人の赤ちゃんを子守するのは容易ではないですよね。ご機嫌な時の赤ちゃんならまだしもね。

    会社の理解のもとに子連れで出勤して仕事をする場合は、あくまで自分が子供を見ながら仕事をすることが前提かな?と思いますね。ビデオ会議で済むなら自宅でできるように対応できないものなのかな?今後も踏まえて当日急な対応もしてくれるベビーシッターさんを探しておいた方がいいのでは?

    そもそもトピ主さんしか出来ない業務にしている会社が問題ですけどね。

    ユーザーID:0634118717

  • 認識が不明確

    まず、アシスタントがどうゆう立場、正社員、バイト、派遣社員で雇ったのかがよく判りませんが、トピ主さんの”業務の補助”の中にはベビーシッター業務も含まれていたのでしょうか? そこはとても重要な部分であるし、社会人として仕事をする以上、認識のズレを避けるために、十二分なコミュニケーションと取ると思うのですが、その部分が全く抜けています。

    そして、百歩譲って、アシスタントの方に子供を預けるにしても、その会議に出席する前にオムツの事、ミルクの事、など事細かく説明しましたか? 

    トピ主さんの文章を読んでいると、会議中にぐずった我が子を、上司が呼んだアシスタントになんの説明も無いままに「ハイ」と渡したように感じます。 それじゃ「上から目線」と言われていも仕方無いですよね。

    こうゆう細かいこと一つ一つから、トピ主さんの普段の態度が「専門職の私の為にやって当然」を醸し出しているのではないでしょうか。 こんな事書くと「そんなつもりは全く無い」と言い出しそうですが、トピ主さんがどういうつもりかでは無く、他人がどのように感じているか、が重要なのですよ。

    ユーザーID:4655984696

  • どうすればよかったか?

    今後の課題として

    会社

    1.子連れ出勤を許可する方針なら、専任の保育士を置くなど、子連れ社員も他の社員も業務に集中できる環境を整える。

    2.子連れ出勤を許可する方針であることを社内外にアナウンスしておく。職場に子供を連れてくるのは非常識と言われても、会社の方針である以上文句を言われる筋合いはない。

    3.後進を育てるつもりがないのなら、それ相当のリスクがあることを覚悟すべき。今回のように突然の会議に出席を強いても普通は対応できないし、トピ主さんのケースのように無理をさせると会議自体は滞りなく済んでも、職場の人間関係にヒビが入ったり、場合によっては訴えられかねない。

    トピ主さん

    1.自分しかできない仕事を任されているほどの能力お持ちなら、当然の権利は主張する。産休中に出勤するのがご自身の希望なのか会社からの無理強いなのかはわかりませんが、産休すらしっかりとらせてもらえない会社なんてリスクが高すぎる。

    2.出産前と同様に100%の力で働けると思ってはいけない。成人でも病気になったり、家庭の事情などで突発的に会社を休むリスクはある。赤ちゃんがいればそのリスクは3倍になると思ったほうが良い。特に今回の場合産休中なのだから「子供の預け先がない」というのは十分な理由になると思う。

    3.家庭の事情で周囲に迷惑をかける前に家族内やお金を払って第三者に頼む方法を考えておく。今後、会議中に保育園から突然お迎え要請が来たり、出張の朝に突然発熱とか、「よりによって今!?」という状況が多々発生するので。(私の友人は重要な案件の日は待機費用を払ってまで病児対応のシッターを確保していました。)

    私は今回のトピ主さんやトピ主さんの会社のやり方には全く賛同できませんが、同じ働く母親としては頑張ってもらいたいと思っています。
    今後良い方向へ向かうことをお祈りしています。

    ユーザーID:6629011260

先頭へ 前へ
91120 / 292
次へ 最後尾へ
レス求!トピ一覧