高齢者の運転について。私だけが敵。どうすれば良いのか

レス80
お気に入り184
トピ主のみ4

金のスプーン

話題

このトピのレス

レス数80

レスする
  • 公的機関に相談する

    家族の説得では無理のようですね。

    どの程度やってくれるかは分かりませんが、警察や交通安全協会などの公的機関に相談してみてはいかがでしようか。

    強制力はないにしても、公的機関からの働きかけであれば無視はしないのではないでしょうか。

    家族以外の力も借りて、何とか免許返上してほしいですね。

    ユーザーID:9336523898

  • キケン 子供と同じで分別が付かなくなっている。

    >祖母と叔母、私の両親が免許返上を促すと、逆上してしまいまともに話ができないそうです。

    子供も小さいときは、親が話しても言うことをききません。
    おじいさんもそういう状態だということです。

    ユーザーID:3855391269

  • 最寄りの警察署で相談できると思う

    私の父は 車の運転・射撃・狩猟・・などが趣味でした。
    病気になりリハビリが必要になり・・運転も銃を所有することも家族にとっては
    心の負担でした。

    家族が説得しても 免許証と銃器の返納はしないと ごねまくり・・
    気持ちはとてもわかるのですが もう無理だし、途方に暮れていたんですが
    警察署に相談に行ったら、入れ替わり立ち代わり警察官や署長さんまで説得に来てくれて

    もちろん警察の方に返納させる強制力はなかったので
    他の趣味にしたら?とか 家族も心配しているし・・とか優しく説得してくれました。

    ありがたかったです。

    それでも ごねまくりましたが 一か月後くらいに両方とも返納出来ました。
    すごく寂しそうでしたが 誰でも通る道だろうと思います。

    命の危険が他社にもあるのですから。

    悲しそうな顔は今でも忘れることは出来ないけれど 正解だったと思います。

    まずは相談に直接行ってみてください。

    ユーザーID:8816344586

  • 祖母と叔母を説得する

    祖母と叔母が祖父に運転させてる以上
    あなた一人が悪者に必然的になりますよね。
    本来なら祖母と叔母、
    もしくはあなたの親が説得すべきなのにね。
    孫なら言う事聞くでしょ?って。
    いい迷惑よね、あなたも。
    私は母親が骨折したタイミングで車を処分させました。
    90過ぎて元気なのも運転してるから、と
    周囲は思うのかもしれませんね。
    でもニュースになるような事件を起こす前に、と強く言い続ける
    もしくは車を処分する。
    これぐらいかなぁと思います。

    ユーザーID:4267893801

  • 毎日平気で乗っている状況を打破

    まずは家族の協力がないと無理ですね。
    結局お祖母様も叔母様も便利に使ってます。叔母様は毎日。
    免許を返納して欲しいという側が毎日便利に使っているんですよ?
    危ないと言いながら毎日平気で乗っているのですよ?

    あなたの運転が怖くて乗れないという態度を示す事が何よりも大切かと。
    『絶対に免許返した方が良いよ。運転も危なくなっているしね。
    …あら、もうそんな時間?乗せていってちょうだいね』なんて矛盾している。

    それとお祖父様、まだ会社に通勤なさっているのですよね?
    その通勤の足はどうなさるおつもり?
    まさか杖をついている人間に15分歩いてバス停までいけというの??

    まずは闇雲に返せ返せというのではなく、返した後はどうするのか、です。

    ユーザーID:1445307096

  • 難しいですよね

    親戚に高齢ドライバーがいて、
    遠い親戚ゆえに口出しもできないし
    そもそも警察官の息子がいても無理なので根が深い問題です

    話をしていても
    もう、頭が衰えて自分で判断できていないと感じます
    結局外にいる人間ですから、
    煙たがれ長が悪者にされようがしょうがないと思います


    というわけで、
    令和になったし、上皇も免許返納なされた

    他には一つずつ手放していくことかなと

    デイサービスについては、送迎もつけること

    叔母の自立(彼女が運転でれば、問題解決なのでは?)

    会社通勤は運転手を付けること

    ほどほど便利な土地ならば、週に数回になれば
    車を手放した方が経済的にメリットがあるはずです
    安くても月に4〜5万はかかるので(車本体や車検、ガソリンに保険に税金)

    運転機会を少なくした時点で

    車検や修理を理由に一度車を隠す

    うまくいくかはわかりませんが、車がなくなればどうしようもないわけです

    ユーザーID:7582021788

  • 裏技

    全く普及していないけど、公的機関で運転をやめさせる方法、というか裏技がネットに載っていましたよ。
    トピ主さんが同居していたら、鍵を隠すとか車を廃車にするという方法がありますよね。
    先日テレビで芸能人が高齢の親に対して強硬手段を取ったという番組をやっていました。
    説得は不可能ですよ。

    ユーザーID:1877897222

  • 運転技能検査で不合格にしてもらう

    できるか分かりませんが、運転技能検査で不合格にしてもらえませんかね?
    もしくは、ぶつけたところ車の調子が悪い(変な音がする)ので修理が必要、しばらく返って来ない。
    しばらく車のない生活を送ってもらう。
    その後、修理には何十万もかかるから、それなら介護タクシーを使った方が安い、と廃車にする。

    祖母も叔母も免許返納に賛成なら、協力してもらっては?
    とはいえ、叔母さんもよく送迎してもらっていますね、怖くないのかな?

    ユーザーID:0125648026

  • 強硬手段ですが・・・。

    車のカギを隠して、物理的に運転できないようにする事はできませんか?
    トピ主さんのおじいさまのようなタイプの方は、プライドが高く、説得に応じてくれる可能性は低いと思われます。
    私の父は現在83歳ですが、5年くらい前に脳梗塞を患い、その際認知症のような症状が出て、お医者さんから運転をやめるよう言われましたが、本人が病気である事を認識できないのと、やはりプライドが非常に高く、人から指図されると激怒する人だったので、やむおえずカギを取り上げて隠し、運転できない状況を作りました。
    県外から弟を呼び寄せ、私は泣きながら説得しましたが聞き入れようとしませんでしたので。
    本人は激怒して大変でしたが、父の運転する車が人身事故を起こして他人を殺傷するより、父の機嫌が悪い方がはるかにマシでしたしね。
    その後脳梗塞は完治して、その後運転を再開しましたが、昨今の高齢者ドライバーによる悲惨な事件のニュースに感化されたのか、今年の3月に長年乗ってきた愛車を廃車にし、免許証も今月自主的に返納してくれて、家族全員がほっとしております。
    が、トピ主さんのおじいさまが自主的に返納される可能性は低いので、強硬手段にでられるのが一番確実かと思われます。

    ユーザーID:3914320438

  • 先日免許更新しました

    トピ主祖父様ような高齢者のために、
    運転免許センター相談室など、最寄警察署は勿論
    関係各所で全力対応しますので、是非相談して
    下さいとの講習内容でした。

    という訳で、最寄警察署に先ずはご相談を。

    ユーザーID:4410731314

  • ドライブレコーダーの活用

    「安心したいから、みんなに運転を見せて」と言って、ドライブレコーダーの映像をみんなで確認する。
    本人がスルーした一時停止や運転のふらつき等、危険だったところを指摘する。
    目に見えることで自分の運転の危険さがご本人に自覚てきる(といいのだけど)。

    若しくは、こっそりドライブレコーダーにとっておいたお祖父さんの運転した映像を、誰が運転したものかを教えずに見せてどう思うか聞いてみる。

    それでもダメなら車のバッテリーをこっそり外してしまう。故障させる。

    鍵を取り上げると「家族に虐められている」と被害妄想になり、何をするかわからないのであまりお薦めしません。
    車を壊すくらいがいいと思います。
    でもトピ主さんのお祖父さんはまだ通勤しているということで、お金持ちっぽいので新車購入してしまいそうかな。
    その際には最新のアシスト車を。

    「自分たちを加害者家族にしたいのか!」と言いたいですよね。
    運転免許を自ら返納するのは判断力が鈍っていない高齢者だけとはよく言ったものです。

    ユーザーID:7507507741

  • どう説得するか?

    祖母・・・通院はタクシーを使う。デイサービスも送迎車を使う。
    叔母・・・通勤は、自力でする。

    祖父の運転をやめさせたいのに、その運転に頼るから、やめないんです。

    「運転卒業式」
    おじいさんの運転でどれだけ助けられたか、お礼し、他の手段を使うので、運転お疲れ様、とねぎらって差し上げてください。

    ユーザーID:0784200392

  • 電動カートを勧めましょう

    90歳のお祖父さんが毎日運転ですか!
    田舎か都会かわかりませんが、それは怖い。

    お祖父さんには、電動カートを紹介してみませんか?
    歩くぐらいのスピードで運転する
    免許のいらない一人乗りのカートです。
    (道路交通法的には歩行者扱いです)

    介護保険で月2400円ぐらいで乗れます。
    通院やお買い物には最適です。
    祖母さんも叔母さんも同じカートを使えば?

    ユーザーID:1880829817

  • 本人に危機感を持たせる。説得では難しい。

    運転している人は私も含めて「十分運転ができる」というプライドを持っているので、具体的な根拠もないのに、危険だからとか、高齢だからとか、他人の例などを言っても、説得できないと思います。

    「このままでは大変な事故が起こってしまうかもしれない」という訴えも、本人に危機感がない限り、とりあってもらえないでしょう。

    時々擦ったり、車体を少しへこませるような傷は「ちょっと手違いしただけ」だと思うので、本人の危機感にはつながりません。(片側のライトがなくなるほど破損するとか、走行不能になるほど破損したら考えるかもしれません)

    他のレスにもあるように警察や免許センターへ相談するのが必要だと思います。

    そして、自分の反射神経や運動能力が衰えていることを実際に自分で実感させるのが良いです。

    免許更新時の検査では(試験官だけが判定するのではなく)自分で自分の反射能力・運動能力をチェックできる実技テスト項目はないのですかねぇ。

    JAFの高齢者運転応援サイトでは能力のチェックやトレーニングができます。

    トピ主さんとお祖父さんが同じチェックをして点数を比べ、どのくらい点数が違うのかを本人に実感させるのも良いと思います。

    >自損による擦り傷や、ぶつけてのへこみ傷が年々増えている
    決してお祖父さまを擁護するわけではありませんが、62才の私も自宅の車庫入れや狭い場所で、(若い頃から)年に数回は車を擦ります。へこんでいる個所もあります。タッチペンは塗りますが、いちいち修理しないので傷は年々増えています。

    増えた傷がどんな状況で発生したのかを知ることも必要です。1〜2週間ごとに1ヶ所以上の傷が増えているとすれば、大問題だと思います。

    ユーザーID:7040061530

  • かかりつけ医に相談

    まさに、こないだテレビでしていました!そういうときはお医者さんから話してもらうといいそうです。

    高齢の親からみると、娘息子は『自分よりも人生経験が未熟』という思い込みがあるんだそうです。娘息子を育てたのは親である自分だからと。

    だから娘息子の意見に従うつもりはない!プライドがゆるさない!みたいになっちゃうんだって。困りますね。

    トピ主さんは若いお孫さんだから、なおさら聞く耳を持ってくれないですよね。

    その点お医者さんなら社会的地位も高いし高齢者からも一目置かれているので、説得されやすい。

    いつも診てもらっているかかりつけの医者に対しては、これからも診てもらいたいので文句も言いにくいそうです。

    90過ぎで杖も使っているなら、整形外科とか内科とか病院にお世話になってますよね?

    医学的観点からも、上手に説得してくれそうな頼りになりそうな先生はいませんか?

    もしお祖父さんが信頼してる病院があるなら、一度先生とお話しして頼んでみたらどうでしょうか。

    ユーザーID:0533451383

  • 踏み間違い防止装置

    どうしても免許返納に賛成してもらえない場合、せめて最新の衝突安全機能の付いた車(あるいはマニュアル車)に買い換えるべきと思うのですが、それも無理なら、最低でも踏み間違い防止、誤発進防止装置を取り付けてあげて下さい。
    自動車用品専門店などに行けば、数万円程度で取り付けてくれます。

    これを付ければ、最も危険性の高い、アクセルとブレーキの踏み間違い事故は防げると思います。

    ユーザーID:5816526511

  • そりゃもう

    友人の母(会社員・元警察官)と伯母(地方公務員)は友人の祖父(母と伯母の父)と
    2対1で取っ組み合いをして免許を取り上げ、車を廃車にしたそうですよ。
    最悪事故を起こしても、自損事故でお金で解決できればいいんです。
    他人に危害を加えてしまうと、何をもってしても取り返しがつきません。
    地方で娘2人を立派に育て上げたと言えば聞こえがいいですが、
    昭和の頑固じいさんだったそう。
    車を運転できなくなったことよりも、すでにおばさんの域に入った娘2人が本気になって立ち向かってきて、羽交い締めをして免許を取り上げ、車や免許を処分したことの方がショックだったそうですが…。
    本気で事故を予防したいなら、きれいごとでは解決しないですよ。
    免許を身分証代わりになど持たせておいていいこともないです。
    そもそも高齢者には保険証があれば事足りるし、今はマイナンバーカードもあります。
    友人の母も叔母もその子どもの世代も社会的な立場があります。
    高齢者が事故を起こしても、人によっては罪の意識が芽生えるかも怪しい。
    そうなると責任を負うのは家族ですよね。
    トピ主さんの従兄とかはいませんか?高齢者は息子なり孫なり男性が社会的地位を失うかもしれないということには敏感なので、そこから責めてみてはいかがでしょう。

    ユーザーID:9179325658

  • 高齢母に言ったこと

    私の母も最初は全く取り合ってくれませんでした。
    なので私は言いました。

    いつかもしお母さんが事故を起こして人様に
    何かあった時、私はお母さんを一切助けない。
    一緒にお詫びにも行かないし全部をひとりで
    負ってもらうと。

    数日後、母から車を手放したと電話がありました。
    おそらく大きな要因は以下の3つです。

    まず私の本気が伝わったこと。娘は本当に
    自分を見捨てるだろうとわかった。
    次に、母にまだそうなった場合を想像する力が
    残っていたこと。ありありと想像したら
    怖くなったのでしょう。
    最後に母は女性なので、男性にありがちな
    運転=プライドという考えはなく、車は単なる
    便利ツールでしかなかったことです。

    ちなみに私はペーパードライバーです。
    運転には自信がないのでこの先も一生運転
    するつもりはありません。必要があるときは
    タクシー利用。費用もこちらの方が安いです。

    困難なことだと思いますが、健闘を祈ります。

    ユーザーID:0128983458

  • 言えば言うほど

    運転免許は特に返上したらとか運転やめたらが本人にしたら納得しがたい。親に説教する気か果てはバカにしてるのかになりますよね。
    免許書換や車検、定期点検が一応チャンスだとは思いますが。ただ家族としてはさすがに高齢になっているのだから、即運転は止めさせたいですよね。多分、ご近所さまからも家族はは何しているんだと心配していると思います。
    夫はこの先を考えて、退職と同時に車を所有しない選択を致しました。夫婦共に、ある意味とても気が楽になりました。

    ユーザーID:8828105690

  • 簡単

    自転車も自賠責保険に入る事

    原付、車等の鍵を寝ている間に没収あなた達が管理をする

    家にはおかない

    多分、車の保険等すら入ってなさそう。

    口で言うより行動

    鍵はどーしたと言われたら

    知らない とぼけちゃって?

    と誤魔化せば良し

    元気ならバスと電車で通勤してと言えばよし

    まともな運転認知と体力があるならバスと電車で通えるよね?って

    ユーザーID:6906821903

  • 廃車

    車を壊しちゃえばいい。
    方法はいくらでもあります。
    車の修理業者に相談して、故障→廃車にしちゃえばいいんです。

    その後ものらりくらり車のディーラーに連れて行かない、ディーラーにも手を回しておく。

    うちの義父は最終手段でこれやりました。

    高速走行中にトンネル内で
    「メガネが曇っとる」と言って外して拭き始めた(無論両手で拭いていた)ときに
    夫と決意しました。
    助手席の夫がとっさにハンドルを握って事なきを得ましたが、義父は「大げさじゃ」とどこ吹く風。

    人生であんな恐怖した瞬間はなかった。

    ユーザーID:3940884093

  • 説得は無理

    その状況では説得は無理だと思います。
    私も経験がありますが、高齢者にとって車の運転=自分はまだまだ元気であるという証明、なのですよ。
    だから意地でもやめません。
    私の義父は80過ぎて骨折し、杖が必要になったときに物理的に無理になりやめました。それまではいくら説得しても無理でした。

    説得は無理です。味方がいるなら鍵を隠す。車を処分する(多分、古いですよね)。
    怒って暴れようが家族に暴言吐こうがそうするしかないです。

    昨今高齢者の運転が問題になっていますが、個人的には公共機関の発達した都市部限定でも免許は75歳くらいで取り上げるべきだと思います。
    私は都市部在住ですが、80過ぎて明らかに運動神経、反射神経が弱っているのに日常的に運転する人が多いです。
    地下鉄、バス、は高齢者はほぼ無料で乗れますし、タクシーで市内移動してもたかが知れています。
    都市部での事故は他人を巻き込む可能性が大きいので、法整備を望んでいます。

    ユーザーID:9268443781

  • 「免許返せ」と言うだけではダメ.

    難しいね。まず同居の叔母に一人暮らししてもらいましょう。
    それだけで(叔母のための?)通勤送迎運転分は無くせます。
    まずは減らせるリスクは減らしましょう。

    家庭環境的に同居の叔母が免許なしっていうのが一番の問題だと思います。
    もし叔母が免許所持者だったら叔母が運転すれば、
    通院やデイ、通勤だって出来ます。
    しかも休日に出掛ける際も叔母の運転で行けるでしょうし。

    とは言っても、叔母が免許を持っていても”危ないドライバー”なら
    話になりませんけど・・。

    高齢者が運転するのは、必要に迫られて(身近な家族に運転出来る人がいない)
    っていう場合と、自分はまだまだ現役でいつまでも好きな車を運転したい、
    っていう欲求ですよね。

    「もう危ないから自分で運転するのはやめて」と言えるのは、
    祖母だろうと思うんですけど、これぐらいの年代の人は男性に向かって
    そこまで言える人も少ないのと、通院やデイに行くのに楽ってことも
    あってかやはり言えないんですよね。

    教習所の技能講習など連れて行って、高齢ドライバーとしての
    認知力を知ってもらうことです。教官から「これではもう運転は危険です」と
    ハッキリ言ってもらうことでしょう。

    免許証返納を言い続けることは大事だと思います。
    いくら煙たがられても、二次被害者を出す危険は何としても避けなければ
    なりません。

    ついでに申し上げておきますと自動車保険の中身はどうなっていますか?
    対物はもちろん対人は無制限保障になっていますか?

    掛け金ケチって対人保障上限5千万円とかだとどうしようもないですよ。
    散歩中の母子をもし轢いてしまったら何億も補償請求されますから。

    手厚く保険を掛ける、その掛け金が家計を圧迫する・・という論法で
    (運転終了・免許返納まで)持って行っても良いと思います。

    ユーザーID:3406843089

  • 皆が一丸となるしかありません。

    ・祖母の通院、デイサービスの送り迎え・同居叔母の通勤送迎・会社通勤など運転しなければならない時があるから運転するのですよ。
    車がない状態で生活するしかありません。通院・通勤・送迎などは祖父に頼らないように手配する。今はなんやかんや言いながら、祖父の車に頼っているのですから、拒否されるのは当然です。
    誰も使わなくなれば、自然と廃車になっていきます。ただし、皆さんの本気度がどの程度かによりますが。それと医者(権威者&第三者)に意見してもらうのは一つの手ですよ。

    ユーザーID:8368884812

  • 免許センターや警察に相談

    90歳で運転は危険です。
    その歳の方はとても頑固になるので自分の意見を曲げることは難しいです。
    事故でも起こさない限りは運転を続けたがりますし、特に身内の説得は聞きません。
    免許の更新に行っていると思うのですが認知症のテストなどしているご年齢です。
    免許センターと警察に電話をして先回りして免許の更新ができないようにできないでしょうか?

    私の両親も70代で車がないと生活できない田舎に住んでいますので今後とても心配です。
    食料や生活用品はコープや私たち兄弟で何とかしますがちょっとした病院などはどうしようかなと思います。
    親の介護をするようになるころには自分たちも高齢なので・・・
    でも今から80歳になったら運転は控えてねとは何度も言ってあります。が父が免許センターでなんか褒められたらしくまだまだ乗る気満々です。

    やはり免許センターか警察に相談、市役所等の相談窓口も事故の多い今は対応してくれると思いますので是非相談してみて下さい。

    ユーザーID:0427243172

  • 疑問

    なぜ自力でしかも車もちの人(叔母)が毎日送迎してもらっているの?

    何かしらの持病がありとかならわかるが、そうじゃないなら送迎はいらないよね。

    トピ主さんは孫にあたりますよね?なら親と一緒に、1つ1つお爺様が車が無くても生活に困らないように考えてあげてください。


    車がないと困るもの お爺様の住む周辺がわかりませんが想像で
    ・病院
    ・薬局(処方箋薬局)
    ・スーパーなど
    ・バス停が遠い 徒歩15分は結構な距離だよ。

    いろいろ、マイナス面を書き出して
    これならどうしたらを考えてあげる。
    ・病院の通院は、タクシーで 自転車で行けるようなら自転車で
    ・デイサービスはデイサービスに送迎をお願いする。
    ・スーパーは自転車又は、トピ主さんのご両親と一緒に買い物。
    トピ主さんが口を出さず、子供である親が手を出すこと。
    言っても聞かないのは当たり前、だって不便なところに住んでいるのですから
    叔母にお任せせず手をだしてあげましょ。

    シニアカーの選択もあるし、バスのカードを買ってあげるのもあり。

    まずは口だけではなく、こうするからと言っておいて行動を。

    ユーザーID:3548537115

  • クルマを売ってVRゲームを買う

    運転するクルマをさっさと無くしてしまうのが一番です。
    ですが、その場合、喪失感も酷いでしょうから、クルマを売って、そのお金で、バーチャルリアリティで運転を楽しめるゲーム機を買って上げるのはどうでしょう。
    ただの小さなコントローラーのやつだと面白くないから、ハンドルやアクセルやブレーキペダルが付いて、VRのゴーグルなんかで楽しめるやつが良いと思います。

    ユーザーID:5867370879

  • 周りの人間も率先して車を出す

    父は昨年免許を返納しました。
    正確に言えば更新しなかった。
    ちなみに86歳の時でした。

    父は頭もしっかりして運動神経もよく高齢者教習も合格していました。
    それでももし事故った時に家族が責められています。
    ずっと運転をやめるように言ってました。
    で、同じように怒って話し合いになりませんでした。

    やめるきっかけは父の病気です。
    透析をやっていることもあってたびたび入院をしていました。
    息が苦しくなって座り込むようになり本人も『もし運転中にこの状態になったら…』と思って免許更新をやめました。

    おそらく体調が良かったなら運転は続けていたかもしれません。
    なぜなら不便になるのが一番つらいからだそうです。


    住んでいる地域の交通事情もあります。
    バスや電車がないなど不便だったり買い物ができない状態なら車の運転は必要になります。
    レスを読むとバス停も遠いしなんだか不便そうです。
    そういうのもあって意固地になるのだと思います。

    思うにこういうのは周りも協力するべきです。
    週末にお父さんや、運転できる叔母さんなどが車を出して『買い物に連れて行くよ〜』と言って連れて行ってあげることです。

    免許を返納しても私たちが乗せて行ってあげるよ。
    今運転しなくなってもこういう風に生活できるよと提案するのも手だと思います。
    こういう感じで根気よくアピールしてあげれば少し前向きにならないでしょうか?
    ちなみにうちは妹たちがこれをやってます。
    安心して生活できているようです。

    一番怖いのは運転を出来なくなって急にぼけてしまう事です。
    だから本人が了承して運転をやめるのが一番だと思います。

    父は運転をやめたら外に行かなくなり足腰が弱って行きました。
    ぼけてはいませんがそうならないように電話とかして対策しています。

    ユーザーID:6344182494

  • 車が壊れたことにしまえばいい

    例えば車が壊れてしまった場合、お祖父さんは買い替えされると思いますか?
    買い替えをしない可能性が高いのなら、車屋さんにお願いしてエンジンがかからないなど細工してもらい、なにかしら車が動かない理由を作ってはどうでしょうか?

    同居叔母さんの送迎もあるでしょうが、免許返納が先かなと思います。
    片道30分くらいなら原付免許を取得してバイク通勤はどうでしょうか。一日で取ることが出来ます。

    週に数回の会社通勤もこれを期にタクシーに切り替えたとしても
    車の購入費・維持費よりは安く済むんじゃないかと思いました。

    多少不便にはなりますが、人は不便であれば解決しようと動くと思います。
    お祖母さんや叔母さんは自家用車の便利さをご存知なので説得は無理かなと思います。

    ユーザーID:8424518718

  • ご近所さんは車を処分しちゃいました

    車があるから乗るのだ!ということで、そのおうちのご主人は自分の不便を
    我慢して車を全部処分してしまいました。当然家族も了承済み。

    ご高齢のおじいちゃまががんとして言うことを聞いてくれず、何かあった時の
    ダメージを考えたらタクシー代の方がまし、という結論に至ったようです。
    事故起こした本人よりも家族の方が将来がある分、絶対受けるダメージ大きいですからね。

    どうせ数年後には本当に運転は無理な状態になるのだから、それまでの我慢という
    ことですね。これは「万が一」に対してどのくらい真剣に備えるかという
    問題のかなり極端な解決法ですが、確実ではあると思いました。

    この家のおじいちゃまは「運転できる自分」が好きなので、家族の送迎では
    満足しなかったってのもあります。あとはどの程度田舎かも関係するでしょうね。
    だから踏み切れる人はそう多くないとは思います。

    ユーザーID:9601805170

レス投稿

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧