高齢者の運転について。私だけが敵。どうすれば良いのか

レス80
お気に入り184
トピ主のみ4

金のスプーン

話題

こんにちは。90を超えた祖父が、運転をやめてくれません。
免許返上をお願いし「このままでは大変な事故が起こってしまうかもしれない」と心から訴えているのですが、なかなか取り合ってもらえません。どのように話すと効果的か、あるいは解決策があるのか、お知恵をお借りできれば嬉しく思います。

祖父の住む環境など
・祖父(歩行時は杖が必要)、祖母(車椅子)、叔母(独身、免許なし)の3人暮らし。
・自宅徒歩圏内に駅はなし。徒歩15分のところにバス停があります。
・近所に別の叔母が住んでいます。(既婚、免許と車あり)
・私の両親は、祖父母宅から車で30分程のところに住んでいます。(父会社勤め、母免許なし)

運転する機会
・祖母の通院、デイサービスの送り迎え。週4回程度
・同居叔母の通勤送迎。毎日、運転片道約30分
・週に数回会社通勤。運転片道約40分
・私用など含め、ほぼ毎日運転。

自損による擦り傷や、ぶつけてのへこみ傷が年々増えているようで、このままではいけないと考えています。通院・デイサービスは介護タクシーも利用できるのですが、祖父自身が運転する理由が無くなる為か、利用することを拒みます。 私としては祖母と叔母にも、祖父の運転に頼らないようにして欲しいのですが、そうはいかないようで…。色々な事情があるのも分かりますが、 結果的に「楽で便利」な現状に甘えている気がします。

祖母と叔母、私の両親が免許返上を促すと、逆上してしまいまともに話ができないそうです。現在は祖父に煙たがられつつも、私が帰省のたびに免許返上の話をする…という状態です。いつか大変な事故を起こしてしまうのではないかと危惧し、伝え続けています。時に言い方がきつくなってしまい、だんだんと私だけが「敵」という構図になってきています。どうにか良い伝え方や解決策はないでしょうか…。ご意見をいただければ嬉しいです。

ユーザーID:5542520832

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数80

レスする
  • タイヤをロックしてしまいましょう

    遊びに行ったときに盗難防止用のタイヤロックをつけてしまいましょう。
    いや、タイヤロックだと気づかずに走り出して発進時に事故の恐れがあるかな。
    ではタイヤを外してしまいましょう。それだけで走れません。
    タイヤを外してもジャッキアップのポイントにブロックを置いておけば大丈夫です。

    ユーザーID:2354949922

  • 一度、

    教習所へ行かせる。
    ペーパードライバー教習を受けさせればよいです。

    現在の免許制度では更新時に運転技術のテストは無いですよね。
    そこが問題なんです。

    ペーパードライバー教習で教習コースを走ってみれば自分の運転技術がどれくらいなのか理解出来ると思います。

    結局、ご高齢の方は”齢よりはおとなしく”と言われるのが一番嫌なんです。
    ですが、”自分の加齢”を自覚させないととんでもない事故を起こす可能性もあります。

    昨今、車の性能は上がって来てますので、
    ”走らせる”事はドンドン楽になってますが、
    ”止める”事の技術は基本的には変わってません。

    と言う事で”教習所へGO!”です。

    ユーザーID:8973048862

  • うちも

    うちの父も80代後半になりますが、昨年12月まで運転しておりました。

    5年程前から、運転をやめる様に家族総出で説得しましたが、絶対にイヤだと言い張り、家庭内の最大の心配事でした。
    どう宥めすかしても、事故を起こしたらと想定の話で泣き落として説得しても絶対にイヤだと。

    家族が数年かけても説得できなかったのですが
    昨年12月に
    長くお付き合いしているクルマ屋さんに車検を申し込みに行ったらしく
    そこで「この車はもう車検を通す事は難しいよ。そろそろ運転もやめたら」
    の一言で、あっさり免許を返納してくれたのです。

    家族全員、そのクルマ屋さんに心の底から感謝しています。

    今は車を運転できないことにブツブツいう父ですが
    悲しい事故のニュースを聞くたびに
    少なくとも加害者にならないで済む事を言い聞かせています。

    家族の説得って、やっぱり難しいですよね。その辛さ、本当によく分かります。
    うちは他人様からのアプローチで成功しました。
    トピ主さんのおじぃ様にこの方法で成功するかはなんとも言えませんが
    こんな成功例もあったよ、と知って頂ければと思い、投稿しました。
    頑張ってくださいね。

    車が無いと生活できない地域にお住まいなど、色々ありますが
    運転免許を取得できる年齢が法律で決まっているのだから
    運転免許を返納する年齢も法律で定めていいのではないかと個人的には思っています。

    ユーザーID:8375508010

  • みなさま、ありがとうございます

    トピ主です。みなさまのアドバイスとご意見に感謝しながら、どれも頷いて読ませてもらっています。本当にありがとうございます。 (今日のお昼休みに拝見したのですが、会社の中にもかかわらず、恥ずかしながら涙が止まりませんでした。)
    なかなかお返事できずにいて申し訳ないのですが、また改めて書き込みさせていただければと思います。

    分かりづらい書き方になっていたのですが、同居叔母(おばAとします。独身、免許なし、会社員)と、近所に住む叔母(おばBとします。既婚、免許と車あり、パート勤務)は別の人物です。

    祖父母家庭や地域の事情など、私も歩み寄りとリサーチが不足しているのだな…と感じています。
    よろしければ、引き続きご意見をいただけると嬉しいです。

    ユーザーID:5542520832

  • 最大限の任意保険に加入

    あら50既婚男性です。
     あきらめてもらうのは無理です。
     頑固じじいを説得するのは時間がかかります。
     まずは、最大限、相手にどんな損害を与えようと対象になる任意保険に加入すること。
     また、ぶつけての凹み傷があるということは、相手もあるはずです。
     傷を記録し、増えたら、咎めること。相手を確認することが重要です。
     ぶつけた相手から逃げている可能性もあります。逃げていれば既に犯罪者です。
     運転させないなら、キーを取り上げること、バッテリーを外すでしょうね。

    ユーザーID:0661652178

  • 残念ながら無理

    おじいさまを心配なさるトピ主さんの気持ちはわかりますが、現実的には無理だとおもいます。
    まず、
      ・同居の叔母さんに免許を取ってもらう。(それまでの間は自力で通   勤してもらう。   
      ・おばあさまの通院・送迎等は近所に住む叔母さんにしてもらう。
      ・買い物等はトピ主さんの両親が手伝う
      ・車の任意保険は対人・対物無制限にする。
      ・家族以外は車に同乗させない。
      ・シルバーマークは必ずつける。

    私の父も脳梗塞の後遺症で杖を使っていましたからよくわかります。
    車は便利なんですよね。何処へでも行けるんですものね。自分で運転すれぼ誰にも気兼ねなく好きなところへ連れて行ってくれるんですものね。本人にその気が無ければ,鍵を隠そうが車を廃車しようが無理だとおもいます。
    周りの家族が協力して例え一日一回ずつでも運転する回数を減らしていくしかない様に思われます。

    事故の無いことをお祈りいたします。

    ユーザーID:7564769612

  • バッテリーを外す

    鍵を隠したら、大暴れされました。

    なのでバッテリーを外しました。

    結局は、同居の叔母と祖母は「ずるい人」ですよ。

    何だかんだ言って、車の運転を容認していますものね。

    本当に免許返納させたいのならば 、

    叔母は別の交通手段を自ら選ぶだろうし、祖母もタクシーを呼ぶでしょう。

    結局のところ叔母も祖母も

    口と行動が違う人・・・・・なのですよね。

    ずるい人が側に居る限り、免許返納は難しいでしょうねぇ。

    まずは、叔母と祖母に「自らの交通手段の確保」をしてもらい

    バッテリー外しの荒業を使ってみたらいかがですか?

    ユーザーID:3357406619

  • 言えば言うほど

    二回目です。
    トピさまが一所懸命ゆえの孤立一層辛いですね。
    やはり、他の方々が申されているように車が壊れてしまうのが良いのかと存じます。いずれかの理由にしても・・・

    車のお話しではないのですが、高齢の知人が電動自転車を購入に行きましたら、店員さんから、御家族は購入について了承していますかと聞かれてしまったと嘆いておられました。しかし御家族は本人に言って貰ったと喜んでおられました。

    夫の場合、車大好きドライブ大好きゆえに歳を重ねても止められなくなるだろうし、万一事故があっても結局若い者が後始末をする結果になると、仕事上や周囲から困惑事情を聞いて思い切って退職をきっかけに決断したそうです。取り立てて不便はないし、それにタクシー会社がありますのでお願いも出来ますから。

    ユーザーID:8828105690

  • 同居の人が運転できないと無理でしょう

    「昼間家にいて、必要ならお祖父様の運転手ができる家族」がいないと実際問題としては生活が成り立たないのではないかと思います。

    同居の叔母様Aが免許を取ったとしても、出勤している時間帯は誰も運転してくれる人がいないわけですから「私用を含めてほぼ毎日運転」のお祖父様の日常は崩壊します。

    周りの人が日常の足の代替案なしで「運転止めろ」と言うことは、「事故起こすと(私に迷惑だから)運転やめろ、じいさんの日常生活なんか知ったことか」と聞こえているはず。そりゃ取り合わないでしょう。

    客観的に見て、お祖父様の運転がとても危険な状態なのかどうかもよくわかりません。「擦り傷、へこみ傷が年々増える」程度は高齢者でなくても下手なドライバーなら割とよくある話。ドライブレコーダーで記録してみるというのはいい手かもしれませんが、意外に安全運転だったりすると逆効果ですね。

    強硬手段については、多分同居の叔母様や叔母様Aが先に折れてしまうのでダメでしょう。諦めて「ハンドルもアシストしてくれる自動ブレーキ車」をお祖父様に贈るという太陽作戦もアリかもしれません。

    ユーザーID:1885683082

  • 90歳を超えて会社勤め?

    役員でもしているのですか?

    運転するってのも驚きですが、現役で働いている事にも驚きました。

    ユーザーID:1206303452

  • くるま社会の弊害

    最近、車に関するトピックスがあっちこっちで立てられてまあそのあっちこっちで書きまくっておりますが。

    あんまり、車をぶっ壊すというのは廃棄物処分でも大変な費用もかかることだと思うし、現実的ではないと思われます。

    ただ、どうしても車がないと成り立たない地方の生活というのがそもそも問題なのではないでしょうか。

    私は、どんな田舎でも公共交通の運行回数を東京の山手線のように一日何本でも設けてほとんど待たずに乗れるようにし、車内もリクライニングシートのような快適性でかつ全員が座れるようにするぐらいしないとダメだと思います…といったって無理に決まってんだろと思われますが、もうちょっと利用しやすい公共交通の提案を地区会とか自治会とかにやってみるべきではないでしょうか。
    自動車に依存するなんというのか、考え方を高齢者に限らず見直すべきです。高齢者の方からみれば、おまえたちは堂々と自家用車に乗ってるくせに俺だけにやめろというのは身勝手ではないかと言う不満もあると思います。そしたらもう、家族全員が自家用車を使うことをやめて公共交通ですべて移動するようにしようということになれば、当人もやめるかもしれません。それはとても無理ですと仰られるかもしれませんが。

    いずれにしても、公共交通を廃止させたために自家用車でしか移動できなくなったという地域にはそのツケが回っていると考えられます。

    ユーザーID:3048037495

  • バッテリーを外す その他

    孫である主さんが、真剣に考えていることに、まず敬意を表します。

    一番の毒は、同居おばとみました。
    そして、お父さんのお父さんなのか、お母さんのお父さんなのかわかりませんが、
    とにかく、実子がみんなで真剣に取り組まないといけないですね。

    まず、車に乗らなくてもすむように‥
    ・おばあさんのデイは、送迎はないのですか?
     私の住む周辺では、デイはほぼ全て送迎してもらえますが‥。
    ・同居おば これが一番問題ですね。おじいちゃんの送迎なしには通勤できないの?
     自分は運転しないの?(おばなら、まだ50代くらい?)
     どっちみち、おじいさんが亡くなれば(言い方悪くてすみません)じゃあどうするの?
    ・会社通勤て‥90で?もういいんちゃうの?仕事やめても。

    おじいちゃんの身の上を何より心配していることをきちんと伝えてください。
    その上で、どうしても運転するというなら、もうお父さんに言って、バッテリーを外す。
    鍵を隠す。

    これは、↑実は私たちが実母にしたことです。
    母は認知症が出ているのに車を手放そうとせず、事故が起きてからでは遅い‥と、
    私たちも何度も促し、母のきょうだいも説得し、もちろんかかりつけ医もやめたらといいましたが、
    聞かず‥‥最終手段で、鍵を隠し、念のためバッテリーも外しました。

    これで諦めて、車を廃車にし、「お金がかからず得だよ」というのも言って、
    手続きをしました。
    76のときです。

    本当に、本当にホッとしました。

    田舎では、車がないと大変なのもわかります。
    でも90ではね‥‥。
    他の方も言ってる通り、セニアカー(呼び名)とか、三輪車になってるバイクとかのほうが、
    まだしも安心です。

    頑張ってください。

    ユーザーID:5323029034

  • 返納したら感謝を!

    私も、免許証の返納は医師から勧めてもらうのが良いというテレビを観ました。
    家族からどんなに返納を説得されても意固地になるそうです。
    だから、かかりつけのお医者様か、警察署に相談して説得してもらうのがいいと思います。

    現在は、同居している家族(祖母、叔母A)がお祖父様の運転のお世話になっているわけですよね。それよりも、90才過ぎても現役で働いているお祖父様に驚きです。

    車がないと生活に困る地域に住んでいるので、返納しても足となる方法を考えなければなりませんね。そうしないと、お祖父様は生活に困ると返納をしぶるでしょうし。

    同居している叔母Aはおいくつですか?今から免許を取得できそうですか?私の父は、仕事で必要となったため、50代で免許を取得しました(3年前に母が入院したのを機に返納しました。)。
    免許を取得できるようならば、叔母Aには運転して仕事に行ってもらい、仕事帰りに買い物をしてもらう。(取得できるまでは、何とか自力で仕事に行く)
    叔母Aが免許を取得できないならば、自力で仕事に行ってもらい、買い物もしてもらう。
    お祖母様は、介護タクシーを利用するか、近くに住んでいる叔母Bさんに運転を頼む。

    お祖父様の週3回の通勤は、自営ですか、それとも会社の役員さん?運転手を付けることができればいいけど、無理ならばタクシーを利用するか、叔母Bさんとトピ主さんのご両親が分担する。

    なかなか返納しない高齢者の方は、新聞やテレビとかでいくら高齢者の事故を報道していても、自分だけは大丈夫だと思っているようです。

    自損事故を起こすのもだけど、車の運転で第三者を死傷させてからでは遅いのです。被害者だけではなく、加害者の家族の人生もめちゃくちゃになります。

    免許をお祖父様が返納したら、今までありがとうと皆さんでお祖父様に感謝の気持ちを伝えてください。

    ユーザーID:6018126878

  • 祖父運転の代替を用意してください

    免許返納は必要だとおもいますが、先に祖父運転の代替を用意しましょうよ。
    生活に困ってしまうのに「返納しろ返納しろ」と言われても、祖父も困ってしまうと思いませんか。。

    デイサービスの送り迎えは介護タクシーにできるとのことなので変更する手続きをしてください。(トピ主さんが率先して手続きしてください。相手まかせにしてては何も変わらないので。)

    これ以外のことについて代替はありますか?

    ・祖母の通院→(タクシー利用ですか?お金大丈夫ですか?)
    ・同居叔母の通勤送迎→(公共交通機関で行けるなら時刻表まで調べてあげて今すぐそうしてもらってください。叔母を明日からの定期を買いに連れ出してください)
    ・週に数回会社通勤→(公共交通機関利で行けるなら時刻表まで調べてあげてください)
    ・私用など含め、ほぼ毎日運転→(公共交通機関利用?)


    いままで車運転だとバス停の位置や時刻表の読み方すらわからない可能性があるので、何時にどこのバス停でどこバスに乗るのかまで調べてあげてください。帰りのバス停の場所や時刻も調べて、一緒に往復経路の確認をしてあげましょう。

    ここまでやってはじめて他人の生活を変更できると思います。
    90才にもなると、新しい交通機関を使うのもなれなくて大変だと思います。それも手伝ってあげてやっと先に進めと思いますよ。

    ユーザーID:9812299334

  • 外堀から埋めないと

    何事もそうだけど、一人で騒ぐではなく、皆で心配している事を伝え、皆で反対しないと、当の本人は一向に辞めるということは決めませんよ。

    同居をなさているのが免許なしの叔母なのですね。

    ではその叔母から、トピ主さんの親御さんから自力で行くようにすすめる。

    そんな感じで外堀からせめないと。

    大変失礼ながら強引なやり方はいただけない。
    本人が納得するならいいが納得いかなければただ恨まれるだけです。

    免許返納されるなら、トピ主さんやご両親、そして親戚の叔母にも協力してもらい、車を出すようにされては?

    外堀を埋めて、車が無くてもいい生活に出来れば、返納すると思いますよ。

    ちなみに我が家の父は80代は道を迷うようになり、一番行きなれていたはずの、場所も迷うようになり、車もこするから、目の感覚もおかしいと家族でいい
    姉が免許所得者なので、姉が運転するから返納してくれと言って返納しました。

    返納するまでまだ大丈夫と言いつづけてましたが、前の車がなぜダメになったのかコンコンと言って、納得させました。
    バス停まで徒歩5分、病院は姉が車を出す、デイは送迎が来ます。
    そういう感じに我が家はしましたよ。

    私自身は持病があり免許なしですが父の運転が怖くて送り向かいは頼ってませんでした。

    ユーザーID:3548537115

  • 一人通勤で天気のいい日はバイク

    そちらを併用していくとか。

    便利は少しずつじゃないと手放せないでしょうし。
    ご自分のためというより、周りの人の将来のためってしないと難しいかも。
    バイクに慣れたら電動自転車とか?
    そのうち歩いてみるかってなるかも?

    これからの高齢者の見本となるべく働いておられると思うので、もう一歩、危険な便利に頼らずとも体が使えることを見せて頂きたいですね。

    まだワークライフバランスも見直した方がいいのかもしれませんね。

    若い人に教えられることが多いから、一緒にいる時間が増えるうちに少しずつ打ち解けていくと思います。こちらも便利にあきらめず気長に付き合っていくことですかね。

    ユーザーID:3578588196

  • 実力行使

    祖母、叔母、祖父自身が怪我したり亡くなるのは自業自得ですが、人を傷つけてしまったら責められるのは本人よりも家族です。何でそんなになるまで運転をさせるんだと。でも祖母と叔母は「毎日言っているけど聞かない」と言い訳するのでしょうね。チャッカリ恩恵を受けているにも関わらず。

    車を運転して家族に頼られているうちまだまだ認知症ではないとお祖父さんは考えているはずです。認知症になってもいいので車で他人を殺めるのだけは止めてほしいと言い、バッテリーや鍵を取り上げる事を繰り返すしかないと思います。

    あなた一人が悪者でも仕方がない。言っているだけじゃなく実力行使して下さい。口先だけだと、大事故起こしマスコミを賑わしたときに、「毎日言っていたんだけど聞かない」という、 口先だけかいというような言い訳することになりますよ。

    ユーザーID:7324292281

  • 命、返上の前に!

    「即、返上」の世界ですよ。 本人に自覚を促すしかありませんが、方法として管轄の警察交通課と相談の上運転適応力検査をさせ、適応力欠如として返上させる。少々 強制的ですが 事故を起こすのは目に見えています。生活はトピさんが今までも回っておられるので大丈夫かと。 周辺への外出であれば電動三輪車や電動車椅子(電動車椅子は役所への申請で無償と思います)。 手遅れに成らないうちに[悪者・鬼・でしゃばり]と思われようとやるべきです。

    ユーザーID:0134365388

  • 家族は無理

    私は医者から言ってもらいました。

    主治医に頼んで(こっそり)はっきり言ってもらいましたよ。
    その時は一緒についていき、一緒に聞いた方がいいですね。
    本人が信頼しているお医者様がいいと思います。

    それ事態忘れる事もあるそうですが・・。その場合は危険な状態ですね。

    それともう一つ、今後のケアもしていかないといけません。
    それが一番大変です。周りの人間が助け合っていかないとならないからです。
    後悔しないためにも、大事な事はなんなのか。祖母や叔母さんにも理解をしていってもらわないといけないかなです。

    ユーザーID:8875457800

  • そうですねえ

    お爺さまより格上の第三者に協力を仰ぐことはできませんか?

    家族というのはどうしても「俺が養ってやっている」とか「俺が面倒をみてやってる」という意識が働くので、自分より格下だと思い込んでしまうんですよ。

    なので、医者・看護師・介護福祉士・弁護士・税理士・司法書士などいわゆる士業とよばれる方や、警察官や消防士や救急隊員など公安系に所属する方、教習所の教官やハイウェイパトロールなど運転に関わるプロ、そういう専門的な知識と技量を備えた人に「あなたの運転は危険だ」と言ってもらえるように根回ししてください。

    家族の言うことは聞かなくても、権威のある人には素直に応じる高齢者ってけっこういますよ。

    ご高齢ですから持病や健康診断で定期的に病院へ行っていませんか?

    主さんが前もって先生や看護師に事情を話して、ひとこといただければいいですよね。

    高齢者教習があるでしょうから、あらかじめ自動車学校に行って「100倍きびしく指導してください」「プライドを潰してもらってかまいません」とお願いしておくのもいいかもしれません。

    多くの人からアレコレ言われていくことで、運転は危険だ、事故をおこしたら慰謝料を払わないといけない、娘や孫に自分の罪を背負わせる事態になってしまう…ということが擦り込まれていくと思います。

    ユーザーID:3436796575

  • 代替案が無ければ無理

    闇雲に免許を返上しろと言っても生活が崩壊するから無理。

    杖をついた老人が片道公称15分のバス停まで何分で行けますかね? 買物をしたとして片手に杖、片手に荷物を持って歩ききれますかね?

    恐らく最低でも25分くらいはかかるのでは?

    タクシーと皆さん言いますが、最寄りのバス停が15分もかかるのなら、最寄りの駅まで片道最低2千円は掛かるのでは?往復なら4千円。ほぼ毎日運転しているようなら週に2万8千円。結構な額じゃないですか?

    老人なら週一の外出でも躊躇する金額かと。

    老人だからこそ身体への負担から自動車が楽という面を無視して免許返上を迫る昨今の風潮は老人イビリにしか見えません。

    むしろ若い人なら徒歩15分でも平気でしょ? その感覚を老人に押し付けても何の解決にもならない。

    もしどうしても彼らの為に返上して欲しいなら、彼らの体力や経済観念に見合った代替案を真剣に考えて下さいな。

    叔母さんはまだ若いのだから考慮に入れずとも、祖父母が今の生活に近い利便性を担保する代替案があって初めて交渉可能な事ですよ。

    例えば免許を持ち運転できる親族が複数同居するとか。(日中不在なら意味無いし)

    毎週末に少なくともお父さんやあなたが祖父母宅に行き、買物などに付き添い、平日は近場に住む運転の出来る叔母が足代わりになるとか。

    そのぐらいしなきゃ無理なのでは?

    ユーザーID:8061098596

  • 現役で働いていれば無理です

     人間60歳を過ぎると、年齢で一括りにはできません。私は還暦おやじですが、今年車を買い替え、マニュアル車にしました。もし、次に買い替えるとしても、マニュアル車にします。マニュアル車を運転できなくなったら免許を返納するつもりです。
     オートマ車は、歩行不自由の老人でも運転できてしまいます。ヨーロッパはいまだにマニュアル車が多いので、爺も婆も運転は上手ですね。
     さて、あなたのお爺様はどのような車に乗っておられますか?私は、最新の安全装置つきの小型車に買い替えをお勧めします。もっとお勧めしたいのは、マニュアル車で自動ブレーキ付きの車です。スイフトとかデミオです。
     マニュアルに乗れなかったら、車を降りるべきというのが私の考えです。私の父は86歳で、毎日運転しますが、擦り傷ひとつついていません。私が週一で監視しています。

    ユーザーID:5473244043

  • 引っ越すことも考える

    私の父は先日、90歳で免許を返上し、長く乗っていた自家用車を廃車しました。
    両親はエレベーター無しのマンションの4階に住み、日々の運動機会は多いほうだと思います。
    高齢者運転技能試験でも問題無しと言われてきました。
    それでも心配で、10年前から返上を促していましたが、以前は生活の範囲が広かった(病院が遠い等)こともありなかなか返上してくれませんでした。
    ここ数年の高齢者の事故のニュースを見て、ようやく本人の決心がつきました。
    病院を近くに変更する、利用するスーパーを近場にするなど、生活を少しずつ変えることからはじめて、先日ようやくすべての手続きが完了しました。
    大きな事故もなく本人の気持ちも切り替わって結果としてはよかったですが、10年あまりヒヤヒヤしっぱなしでした。
    ちなみに、私も両親もバス便が良く病院やスーパーが徒歩圏内にあるような街に住んでいます。
    マンションは郊外の一軒家にくらべたら手狭だし、町並みも古くなっていますが、この便利さが将来絶対に役に立つはずと生活のコンパクト化を工夫しながら暮らしてきました。
    いま、両親を見ていて高齢になったらやはりこのような環境が必要だと痛感しています。
    同じような高齢者が増えているので、古い町並みでも賑やかです。

    ユーザーID:4021104975

  • 心配は分かります、が...

    一番近いバス停まで徒歩で15分。
    デイサービスに連れて行くにしても杖ついた老人が車椅子を押していかなければならない。
    アナタが同じ立場だったらやりますか?週4回も!
    だったらタクシー呼べばってなるけど誰がタクシー代払うの?
    主様が払ってあげるの?
    だったら誰も文句言わないんじゃない?

    ユーザーID:2270019086

  • 私は、こう伝えました

    現在87歳の実父が免許証を返納したのは、約3年前。
    その数年前から、私たち3人の姉妹は、ずっと返納を提言していました。しかし、なかなか
    言うことを聞いてくれず、増えてきたうっかりミスなどを指摘すると不機嫌になり、時には
    怒鳴りかえさりたりしました。

    私は、思いきって言いました。
    「もし事故を起こしても、私たちは何もしてあげられない。経済的にも負担する気はないし、
    実際そんな余裕はない。私たちも年を取ってきて、この先親の不始末にお金を使うつもりは
    ない。精神的にも、支えてあげられない。事故を起こす前に、縁切りさせてもらう」

    一番効いたのは、次の一言だと思います。
    「運転しなければ、少なくとも、加害者にはならないから」

    そして父は返納してくれました。3ヶ月ほどは、運転できないストレスで八つ当たりしたり
    しましたが、やがて慣れて、自治体のタクシー補助券や、本数の少ないバスを利用して外出
    するようになりました。時にはリュックを背負って、20分ほど歩いてスーパーや郵便局、床屋
    などに行くようです。
    もちろん、同じ市内に住む私も病院の送迎や買い物などを請け負うことがあります。仕事が
    あって大変ですが、父は運転しないという安心感は大きいです。

    一度、車を維持し続けた場合の費用をみんなで計算しました。
    ガソリン代・任意保険料・自動車税・車検代をはじめ、3年に一度は夏タイヤ冬タイヤの購入。
    ガレージはあるのでかからないのは駐車場代のみ。でも、出掛ければかかることがあります。
    その合計を年平均すると、約40万円。車自体の買い替え費用は含みません。

    月に数回、1万円ずつタクシーに乗って年に40万円使うことはまずない。
    それどころか、事故を起こす心配がないのは、お金に代えられない。
    我が実家の場合は、このようにまとまりました。

    ユーザーID:2843652042

  • 利用者を減らしていこう

    先ず、ご本人以外は乗らない。会社勤務の叔母さま。
    車をあてに出来なくなるのは時間の問題。ご自分の足で15分間
    最寄りバス停まで歩きましょう。そして公共交通機関を利用して
    通勤してもらいましょう。その方が健康の為にもいいです。雨で
    歩くのが嫌ならタクシーでしょう。
    おばあ様も介護タクシーにすべきです。多分バリアフリー。或いは
    数名の仲間と一緒で楽しいかもしれません。バリアフリーならそこを
    強調すべきです。あとはご自身の問題。90才を越えて働いてらっしゃる
    って事ですか?この事も他の人たち迷惑していませんか?これを除けば
    あとは私用ですね。確かに運転出来なくなるというのは足を取られる位
    辛いとはお察しします。でも高齢者の事故の報道が出る度に、いたましい
    犠牲者と共に、運転を阻止できなかったご家族の人生も狂ってしまう
    のではないかと思います。叔母さまもどちらかの妹ということですから
    退職も近そうです。これからの免許取得は難しいでしょうね。
    酷でも、頼らない事から始めてみてはいかがですか?そして説得を
    続ける。私のご近所の奥さんのお父様は鍵をとりあげたら、別な車を
    買ったそうです。その位執着するし、一方で交通の便のいい所(地下鉄駅1分)
    のご主人は65才で運転をやめました。元々好きではなかったと。
    私は近くの息子夫婦には殆ど頼みません。お金出してタクシーに乗って
    出かけた方が気楽です。駅まで10分。いいウォーキングと心得てます。
    でもショッピングモールが郊外というのは辛い。数千円かかります。
    どうしてもでなければ行きません。ご自分の励みになるからと家族を
    乗せる事からやめていただきたいです。大事が起きる前にやめて
    くれるといいですね。

    ユーザーID:1578099237

  • トピ主さんは、部外者なのでは

    祖父母さん宅のご心配を為さっている様です。祖父母さんの心配を為さるのは、一義的には祖父母さん宅、二義的にはトピ主父母宅なのでは、そして次に心配をするのがトピ主さんなのではと思います。

    説得を成功させようとされるなら、公的機関から説得して頂くことです。しかし、運転免許の失格に該当する点がなければどうしようも在りません。

    問題点を上げます。
    若し運転を止めたら、誰がサポートなさるのですか。
    トピ主さんは、サポートが難しいのではありませんか。

    運転を止めろと言い乍、関係者が祖父の運転に頼っている不思議。
    厳しいことを言うようですが、口で非難しながら、手は出さないのが現状ではありませんか。

    叔母さんは、自分で通勤する事。買い物は、父母が毎週お手伝い為さる事が先ではありませんか。「止めろ止めろ」と言っているだけ。

    自身の兄が言っていました。免許返納を皆さんに言われて止めた。
    止める前は、サポートすると言っていたが、次第に煩わしそうな雰囲気を感じて、「何故返納したのか」と残念な思いをしたと。

    直ぐには間に合いませんが、自動車メーカーに「高齢者用自動車」の開発をお願いしたいと思います。現状の技術で直ぐに製品化できるのでないかと思います。

    軽自動車より小型(二人乗り程度)、スピードは時速50キロ限度、安全装備の装着(自動ブレーキ・自動車庫入れ・左右前後危険ブザー)などなど。

    自身も高齢ですが、「自転車代わり」に乗れる程度の自動車を造って販売してくれんかなーと思います。

    ユーザーID:1452182479

  • 説得は不可能。トピ主が同居する。

    自分だけが「敵」というタイトル。それは免許返納が「正義」であるという考えであり違和感を覚えました。

    地方に住んでいます。高齢者の運転は当然です。
    じぶんも高齢者になっても運転をするでしょう。いや、運転します。
    高齢者に免許返納をさせるのに
    「なぜ、運転するのか?」
    理由を見つけて、それをなくせば返納すると思うのでしょうが
    全く違います。
    運転するのに理由などないのです。しいて言えば家にいても退屈だからです。祖母やおばの送迎を運転の理由としていますが、たとえ用事がなくても理由がなくても運転したくなるとおもいます。
    新聞のチラシを見て、新しいお店が出来たら行って見たくなる。
    友人と楽しい会話を続けたい。

    トピ主が「あなたは徒歩圏内しか移動してはいけない」といわれて納得できますか?
    それを可能にしていた移動手段なのですから、理屈ではムリなのです。
    トピ主が「同居して運転手をする」といえば可能性がありますが。

    かといって心配もわかります。
    可能な方法としては、自動車教習所などで運転能力検査をしてもらう。これを毎年以上の頻度で繰り返してもらう。
    また、クルマは何にのっているのかわかりませんが、オートマやハイブリッド車は止めてマニュアル車に買い換える。
    または、原付バイクだけにする。

    ユーザーID:1773103957

  • 誰が運転しても車は事故を起こすもの。老人だけのせいにしないで

    車の事故は別に老人に限りません。

    あんな大きな鉄の塊が高速で走行するんだから、誰が運転したって、そりゃ時には人くらい轢きますよ。
    なんの不思議もない。

    ただの確率の問題です。
    実際、老人でない運転手による事故だって、全国で毎日何百と起こっているわけでしょ?

    老人が運転手だと少しだけ事故の率が高いだけ。

    若い時にはしないようなミスでの事故もありましょうが、若い奴は若い奴で特有の事故パターンもあるわけで、だから車の保険の料率が若い方が高かったりするんでしょ?

    年齢に関係なく、車を運転する人は、確率論的に言えば、毎日、何百万分の一かの人を轢いているんだということを自覚すべきです。

    明日、あなたの番が来るかもしれないんですよ。
    車を運転していれば、誰でも毎日毎日、ヤバい橋を渡っているんです。
    年寄り運転手狩りをしても、順番がやってくることは変えられません。

    事故で破局を招くのが怖いのなら、年齢に関係なく、あなたも車の運転を止めましょう。明日にでも。

    ユーザーID:3659072953

  • 今すぐ運転やめさせて!!断固たる対応を!!迷惑です。

    縁起の悪い表現が混ざりますが、お許しください。
    私なら次(↓↓↓以下)のように伝えるまたは、お祖父ちゃんの実子からそう伝えるように動く。
    そして、お祖父ちゃんが反論したりして運転やめないようなら、車の鍵を取り上げバッテリーも外すなど物理的に運転不可能にします。いつ加害者になるかわかりません。危険過ぎます、周りに迷惑です。
    私の母はタクシーもバスもわずかしかない田舎で独り暮らし(近くには運転できる身内もいない)ですが、72歳で自分で決めて免許証返納、車を処分しましたよ。
    率直に申しますが、お祖父様のような方に大切な人が死傷を負わされたら、怒り狂いそう、恨んでも恨みきれないです、お祖父様ご本人や運転を止めさせなかったご親類を。

    ↓↓↓

    おじいちゃん、人殺しする前に運転やめて。
    もしおばあちゃんやおばちゃんを死なせてしまっても、後悔しないの?
    罪のない他人様の人生をめちゃくちゃにするリスクをどう考えているの?
    おじいちゃんは「俺は大丈夫」と思ってるかも知れないけど、そんなの何の根拠もない浅はかで自分たちにだけ都合のいい考えに過ぎない、おじいちゃんが本気でそう考えるような人だったら、孫の私はとてもがっかり。そんな人であって欲しくない。

    〜〜〜〜〜

    そりゃあ不便でしょうけど、人様を死傷させる事の重大さを良く考えてもらってください。妊婦さん、幼い子やそのご家族、未来ある若者などなど、いつどんな人を巻き込むかわからないんですよ。お祖父さんに、「まともに」判断してもらってくださいね。ご本人判断能力なければ、周りが措置を取りましょう。

    ユーザーID:4615561286

レス投稿

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧