現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

簡単な仕事ができない 携帯からの書き込み

わこ
2019年5月28日 23:03

社会人3年目の20代女です。
ずっと事務職として働いていますが、電話対応やお茶出しなど、できて当たり前のことが未だに苦手です。

まず電話対応では、どうしても電話の音声が聞き取れず、お名前を何度も聞き直してしまったり、保留ボタンを押した途端取り次ぎ内容が吹っ飛んでしまったり…。
お茶出しも、こういうお客様にはこの飲み物、などの判断ができなかったり、応接室に入ると緊張しすぎて挙動不審になってしまったり。(廊下でお茶をひっくり返してしまったこともありました…。)

事務所に一人でいる時の電話対応等は問題なくできるので、同僚の目や耳が気になって無意味に緊張してしまうようなんです。
新卒の頃は初めだから仕方ないと自分に言い聞かせていましたが、いよいよ普通でないと感じてきました。
緊張癖ってどうしたら改善できるでしょうか?ご意見いただけたら嬉しいです。

ユーザーID:7560887545  


お気に入り登録数:4
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:5本

タイトル 投稿者 更新時間
自意識
レイン
2019年5月29日 12:17

自意識過剰なんでしょうね。
よくある「自分が思うほどひとは自分をそこまで注視してないのに」ってやつ。

客観的に職場を捉えてみたら。
例えばあなたが。同僚さんたちがあれこれするのをいちいち見てますか。
見てあれこれ考えてる?
多分、そんなことないと思うんだけど。

とするとあなたの周囲もあなたを見ていない。
気持ちを軽くする為に強い言葉で言えば「あなたなんか見ていない」。
どうお茶を出そうがどう電話応対しようが、見ているふうで聞いているふうで見てないし聞いてない。流している。

じゃなかったら自分たちの仕事ができないじゃないですか。
「みんなに見られてる、聞かれてる」と意識しすぎ。妄想だから。
、、って気づいてやってみたら。少しラクになれない?

ユーザーID:0813513544
私も緊張するタイプでした
チュン夫
2019年5月29日 13:38

私も近くに他人の目があると緊張していました。

「多少、失敗してもいいじゃないか」「会社に何千万の損害を与えるわけでもないし」「他人はそれほど自分を気にしてない」「自分だって他人の行動をいちいち見てないし」と思えるようになって、改善したように思います。あとは「場数を踏む」ことですね。

電話対応は、いつでもメモできるように準備しておいて、電話を取るのが良いです。

相手の言葉が聞き取れないのは聞き直すしかありませんが、要件など走り書きで、要点をメモします。「○○会社の○○さんからです」だけであっても、メモしなければ覚えてない場合が多いです。(他の人が取り次いだ場合でも、「誰だったっけ・・電話です」って言われることもあるし)

>お茶出しも、こういうお客様にはこの飲み物
これはいちいち判断するのではなく、場合分けして複数のパターンを作っておくのが必要だと思います。

暑い日にこのお客様だと、冷たい麦茶。こちらのお客様だとアイスコーヒーとか。

ユーザーID:9244357342
トピ主です携帯からの書き込み
わこ(トピ主)
2019年5月31日 17:21

レスありがとうございます。
自意識過剰なのは本当にその通りで、自覚はあってもなかなか治せずにいました。
気にしないように努力してみようと思います。

ユーザーID:7560887545
メモは?
シー
2019年6月6日 15:39

保留ボタンを押した途端取り次ぎ内容が吹っ飛んでしまったり…

とにかく、メモ取らないと。
すぐに取り継ぐにしても、メモを取ればいいんです。
お茶出しも、淹れる内容を覚えるのが苦手なら、自分で一覧表でも作って引き出しに潜ませておけばよいのでは。
何故、これ苦手だな、と思ったら努力しないのかな。
みんな、それぞれ密かにそういうマニュアル作ってますよ。
自分はダメなんです、ってネガティブなことばかり言って努力もしないから、誰も助けてくれないんですよ。

ユーザーID:8312314387
偉い!携帯からの書き込み
pq
2019年7月10日 7:17

40代女性です。事務職歴20年です。
トピ主さん、文章もしっかりして、ミスもちゃんと把握しています。自分のミスを認められるのは実はすごいことです。他人のミスにも寛大になれますし、傲慢になるのを防いでくれます。
私も緊張がひどい質です。会議で発表しなければいけないときは震え、ほんと自分が嫌になります
失敗したときの対策、既に実施されているかもしれませんが、試してみてください。
1.何か他のことで周りに負けない得意分野を作り自信をつける
2.ミスを防ぐためにできることをチェックリストにし、実施してゆく。(深々呼吸、家でお茶出しの練習、使いやすいメモ用紙を研究開発、頭の中で動画にしてシミュレーション、ミスのどの段階が一番苦手のなのか、10段階位にわけ分析)
3.ミスをしてしまったらミスを長引かせないために心の中で「よし!自分2号召喚!」と叫ぶ
4.上記全部をしてもダメだったら自分でやれることはやったということなので、しばらく(年単位で)この問題からお休み。
自意識過剰と気にされているようですが、周囲に気を配れる資質を持っています。周りだって色々ミスしてますので、観察してみてください。

ユーザーID:6938728649
 
現在位置は
です