私、引きこもりだったの?

レス57
(トピ主4
お気に入り169

生活・身近な話題

絵里子

54歳、専業主婦です。
大学卒業後、38歳までは営業職として働いていましたが、退職してからはずっと無職です。

テレビで「中高年の引きこもりが推計61万人」と報道されているのを見ました。
引きこもりの定義は「自室や自宅から出ない人に加え、趣味の用事などでしか外出しない状態が6か月以上続く人」とのことです。

一緒にテレビを見ていた夫が「これって絵里子も当てはまるよね」と言いました。

外出はほとんどしません。雑貨屋やインテリアショップに月に1、2回行きます。定期的に出かけているのはそれくらいです。
スーパーやコンビニにはほぼ行っていません。

食材は生協の個人宅配と、ネットスーパーの買い物でまかなっています。
夫が会社の帰りに買ってきてくれたりもします。

マンション住まいなので、外で洗濯物を干すときに近所の方と雑談のようなこともありません。
会う人といえば、生協さん、宅配便の配達員さんくらいです。
話をするのは夫以外では、週に一回くらい電話をかけてくる社会人の息子だけです。

友達はいません。外出は自分一人か夫とです(時々は帰省した息子と3人)。
直近の外出はゴールデンウイークです。家族3人で居酒屋に行きました。

2,3か月に1度、夫とカラオケに行きます。二人で5時間くらい歌いっぱなしです。
旅行もいつも夫とふたりです。

動画配信サービスで海外ドラマを見る、ネット購入した本を読む等、座っていることが多いので運動不足は気になります。
テレビを見ながら「その場足踏み」をしたり、通販で買った器具で筋トレをしています。

もう10年近く、こんな生活です。
自分では出不精だとしか思っていなかったので、引きこもり?と驚きました。

ユーザーID:1175630792

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数57

レスする
  • え、私も引きこもり?!苦笑

    >引きこもりの定義は「自室や自宅から出ない人に加え、
    >趣味の用事などでしか外出しない状態が6か月以上続く人」

     え〜!それなら専業主婦は引きこもりじゃない?!
     ちょっとその定義おかしくない?というのが印象です。
     それなら私も専業主婦なので無職だし、
     外出は愛犬との散歩、家事関連、子供関係メインだから、
     引きこもりになっちゃうの?
     ちょっとショック。苦笑

    私のイメージでは、
    独身で仕事ができるのに無職で殆ど家から出ない、
    親から経済的援助を全てして負担してもらっている、
    他人との連絡を絶っているような人だったけど。
    趣味とかで外出と化している人でも引きこもりなの?!

     

    ユーザーID:6989682927

  • 定義おかしいって思っていました

    但し、病気で療養中を除くを付け加えないと
    自宅で闘病しておられる方全員に当てはまっちゃいますよね

    主婦の方もそうです
    但し専業主婦を除くってしないと、全国民のおおかたに当てはまります
    その定義は浅はかで薄っぺらいなと、前から思っていました
    厚生労働省ですよね・・
    しっかりしてほしいです

    ユーザーID:1167287114

  • 仕事も勉強もしていない。というのが大前提ではないの?

    「引きこもり」に該当する大前提って
    仕事も勉強もしていない人じゃないですか?

    だってその定義だと
    毎日自宅で自分一人だけで誰にも会わず作業していて
    品物の受け渡しは家まで来る配達員を通して行うような職業の人にも
    当てはまってしまう例が山ほど出てくるんじゃないですか?

    予備校へ行かず自宅で浪人中の人も
    もしかしたらほとんど該当者じゃないですか?

    専業主婦は家事が仕事でしょう?
    「引きこもり主婦」とかよく言いますけど
    炊事も掃除も洗濯もせず子供はネグレクト状態で
    睡眠時間以外はずっとゲームやってるような主婦がいるとしたら
    確かに「引きこもり」と呼んでいいかもしれませんが
    主さんはそうじゃないんですよね?

    あと、問題視されている「引きこもり」って
    本人や周囲が何か困っている場合限定の概念だと思います。
    何年も家から一歩も出ていない、交流のある人もゼロ、仕事も勉強もせず毎日ゲームばかり、
    でも潤沢な生活資金があってお城のような広大な敷地の家に住んでいて
    本人(や家族)が何一つ不自由を感じておらずその状態に満足しているのだとしたら
    別に良くないですかね?

    ユーザーID:5026002322

  • 私も引きこもりです(笑)

    50代専業主婦ですが…
    家族以外の人とほとんど交流しないのも、引きこもりの定義に入るみたいです。
    家族以外の人と交流しないことが、社会参加していないことになるそうです。

    でもね、二年後から主人が再雇用も卒業して完全年金暮らしなんですが、
    交際費ってばかになりませんよ。
    自分が社交的な性格でなくて本当に良かったと思います。
    社交的な性格でお金に余裕がないと、イライラし通しだと思います(笑)

    ユーザーID:6806779400

  • その番組見ました。「私のことだ」と思いました。

    定年後、娘たちが独立してから一人暮らしです。
    自由に暮らしているのでまさに「趣味の用事などでしか外出しない状態が6か月以上続く人」です。

    趣味の用事で週一で出かけていて、友人と交流していてもこの言い方だと該当しますよね。
    6か月どころかこの先一生「ひきこもり」ですよ。

    このテレビ見て突っ込んだ人たくさんいると思いますよ。

    ユーザーID:1864146762

  • 私も引きこもり

    私もほとんど外出しません。
    食材は生協か、足りないものは会社帰りの夫が買ってきます。

    在宅フリーランスなので仕事はデータでのやりとりか、宅配便で届きます。
    直接顔を合わせての打ち合わせなども年に1〜2回くらいしかないので、家族が留守の日中はほとんど声を発することがありません。

    そんな引きこもりライフが私的には最高です。

    ユーザーID:7506821540

  • じゃ私もそうなる

    週一回の習い事にいきますが、その場限りのお付き合いです。友達もいません。
    持病があるため2か月に一度病院に行きます。用事で外出していてもひきこもりですか?
    これだと私もひきこもりになります。

    ひきこもりの定義がおかしいです。

    ユーザーID:4905027905

  • 私もそうだったのかな

    親の介護で半年以上家にいたけど、あの時期は引きこもりに分類されるのかしら。まあ何て人に思われてもいいけどさ!

    ユーザーID:6246717358

  • えーーーーっ、じゃあ、私も?

    趣味関係で毎日出かけてますが。
    朝9時に出て23時に帰る日もあります。
    でも趣味です。

    そうかあ、私って引きこもりだったのね(爆)

    ユーザーID:3628916264

  • 家事しないなら引きこもり

    家事と言っても家族の為の家事は、専業主婦にとって仕事だと思うのでそれは引きこもりとは違うでしょう。自分ひとりの為の家事は仕事とは違う気がします。

    でも引きこもり同然とは言えるかな。私も出不精なのでパートがなければ引きこもっていたいです。

    まぁあいまいな定義だし、でもネガティブイメージなので他人に言われたら非難されてると思いますね。基本人に向けて軽々しく言っちゃだめな言葉だと思いますよ。

    例えば親の介護する為に離職し、外出もままならない人を引きこもりと言わないですよね。それと家族の為の家事をする専業主婦は同列と言えると思います。(きつさは今論点ではない)

    ユーザーID:2891618671

  • 定義としては

    その定義が間違っていないなら引きこもりの部類でしょうね。
    ただトピ主は引きこもりではなく出不精な専業主婦というのが近いのではないでしょうか?
    専業主婦には生産性の役割があるので引きこもりではないと思います。

    ユーザーID:7703159608

  • 人生のクオリティ

    ひきこもりとかっていうのはどうでもいいとして。
    ネット上では、群れる人間よりおひとりさまの方が称賛される傾向があるように思います。
    確かに群れるという語感にはいやいやといった空気がありますが、
    でも夫だけ、もしくは夫と子供だけいれば
    私は大丈夫というのはそれもちょっとどうかな?とは思います。
    これはアラカンにならなければ理解できないかもですが・・・
    1点集中でそこだけを大切にしているとそれを失った時が心配です。
    それ故に昔から隣組なるものが存在していたように思います。
    現在90歳の義母はもう20年前に夫を亡くし、子ども達も遠方です。
    それでもそれなりに楽しく暮らせて行けているのはお友達の存在だと思います。
    施設でおばあちゃん扱いされ、居住区も時間も自由にならない暮らしはいやだと
    一人暮らしを続けていけるのは「引きこもり体質」ではなかったからなんだな
    とうらやましく思ってみています。

    ユーザーID:5585557708

  • う〜ん

    引きこもりの定義には疑問があるけど

    正直、トピ主さんの状況なら私でもひきこもり…と感じます。
    特に悪い印象を持たない方のですけどね(笑)

    別に外に行け、友人を作れ、外を楽しめ。という風にも思いませんが
    やはり老後を考えると外に行かない生活はダメだと思いました。
    自分の祖父母や親戚を見ていても如実に感じます。

    勿論、全ての人に当てはまる事でもないし、人それぞれなんでしょうけどね。

    多分、トピ主さんのご主人は心配なんですよ、色々な意味で。
    なので、そんな心配は無用という事を証明していけば良いのだと思いますよ。

    ユーザーID:3782256875

  • ひきこもりですねぇ

    そのニュース私も見ました。
    おもしろかったので高校生の知り合いの子に話を振ってみたら
    「それはひきこもり。勉強も仕事もしてなかったらニート」って言ってましたから
    トピ主さんはひきこもり主婦なんじゃないでしょうか。
    在宅勤務の人もひきこもりだそうですよ。
    彼らにしたら「ひきこもり」は別に普通にいる人の事で
    「ニート」は“ヤバい”んだそうです。

    ユーザーID:1780698271

  • ご、ごめんなさい、

    トピ文を読んで吹いてしまいました。
    と、言うのも私もほぼ同じですので。

    ”ほぼ”と書いたのは週に一度、メンタルクリニックへ通っているからです。
    先生から”かなり良くなっているから月イチ程度に減らしますか?”と聞かれましたが、
    ”いえいえ、週一で外にでる理由を作らないと引きこもりになるので”と言ったら、笑いながら、
    ”そこまで回復しているのなら、でもそういう理由ならば週一通院も良いでしょう”

    との事です。

    って事で、”太陽の光を浴びる”為にはやっぱり外に出た方がよいですよ。

    あとね、54歳、これから加齢に寄りドンドン筋力が落ちますよ。
    もっと言えば”その場足踏み”って老人がけがをしない為の最小限の運動だと思ってました。
    通販の筋トレ器具もあれってほぼ有酸素運動になりませんし、ちゃんと体に負担を掛けるような使い方をしないと意味が無いですよ。

    と言う事で、主様の行動は”出不精”では無く”引きこもり”です。

    御主人も主様の体型とか普段の生活を見て”いいかげん外に出ろよ!”って意味で言ってるんですね。
    梅雨の前の今、外は気持ちが良いですよ。

    ユーザーID:4225140898

  • 私も引きこもり!

    趣味はカラカラです!
    平日はヒトカラに行ってしまうほどカラカラが好きです。

    週末も友人と泊まりで家を空けます♪
    好き勝手して不良嫁だと思っていましたが、私は引きこもりでした。
    そう評価されると家を空ける罪悪感が減り自信が持てました。


    もっともっと羽を伸ばさなきゃ!

    ユーザーID:7904640175

  • 専業主婦は引きこもりじゃないと思います

    ですが、トピ主さんの生活は引きこもりかも…
    そんなに外出しなくて体調悪くなりませんか?
    専業主婦でもスーパーや散歩、ウォーキングくらいしないと運動不足や陽に当たらない生活で鬱になりそうですけど。

    メイクは身だしなみはどうされてるのでしょうか?
    美容院は?
    老けますよ。

    ユーザーID:5783430257

  • 但し書きが必要ですよね〜

    但し、有職者は除く健康な人のみ、とかいうやつ。
    働けるのに働いてない健康な人。ね。

    主婦はそれこそ、家事が仕事なので、十分働いてるから引きこもりじゃないです。

    家で仕事してる人も、病気で寝たきりの人も、違います。

    健康なのに、働かず、どこにも行かず、な人のことを引き篭もりと言います。

    定義が無茶苦茶ですよね〜〜

    誰が決めたんだろう。

    ユーザーID:0108870842

  • 専業主婦は除くのでは?

    専業主婦の中でも、第3号被保険者は確実に、引きこもりの数には入ってないでしょう。
    第1号被保険者の中で、無職で未婚、親と同居。。。あたりがカウントされるのかな。

    専業主婦は、非労働人口に含まれてるけど、ニートや引きこもりではないでしょう。

    ユーザーID:3056105311

  • 引きこもり生活中

    私も!テレビ見てずっこけました。

    同じく絶賛引きこもり中です。
    子どもは手がかからなくなってきましたが、夫は仕事で不在がちだし、時には趣味のジムに行ったり趣味の買い物行ったりしつつ、「家を守って」ます(苦笑)

    家では花や野菜を育てたり、パンを焼いたり、ピアノを弾いたり、ネットサーフィンしたりしてマイペースに過ごしています。お家大好きです。

    引きこもりの、どの部分が問題で、どの部分について支援が必要なのかを明確にする必要があると思うのですが、そもそもの定義はこれでいいのかって思いました。

    ユーザーID:2882602968

  • 社会との接点がないからでは?

    仕事をしている人から見れば引きこもりだと思うんですけど。
    これがもし、子供がいれば何かしら幼稚園や学校なり子供を通して家族以外の人と接点がありますよね。
    介護の場合は介護するケアマネジャーさんやデイサービス施設の人などと関係があるし。

    あ、でも子供が乳児だったら育児教室なども利用せず自宅に子供とずっといると
    引きこもり状態だと言われます。

    自分が思っているイメージと社会が定義する言葉のイメージは違うので仕方ないと思います。

    ユーザーID:2885435321

  • だんなさんはわざと言ったのでは?

    嫌味半分?私ならちょっとそう思います。

    ユーザーID:8580470090

  • はい!です

    そうなると、立派な引き込もりの一員でございます。
    三食昼寝おやつ付き。電話も留守電機能利用しています。
    兎に角、介護等で長年貯まってしまった家事を少しでも片づけたいのです。終活に向けて婚礼家具さえ始末したいのでその準備で外に出るより室内活動優先。生活用品はまずネット活用。そんなふうに、頑張っているのでございます。引き込もりですかね。

    ユーザーID:7045162404

  • 引きこもりではないけれど…

    引きこもりかどうかより、もう少し外に出た方がいいかも。

    専業主婦、私もそうでした、夫が亡くなるまでは。
    夫が亡くなる前も、専業主婦でしたが、結構外には出ていました、何やかやと。

    専業主婦って、外との関わりって、夫や子供たちです。
    それ以外には、なかなか持てなかったり、持たなくても、家族との関わりで十分だったり。

    でも、少し外に出てみませんか?

    家族って、いつまでも家族ではないんです。
    とても失礼なお話だけど、夫婦でもどちらかは先に亡くなります。
    子供も、新しい家族を持つ。

    で、ずっと、子供の世話になりますか?

    私は自分の人生と子供の人生、別だと思っているので、子供といつまでもカラオケに行きたいとは思いませんが、
    トピ主さんはどうでしょうか。

    ユーザーID:5935601647

  • 幼児のいない専業主婦は立派な「ひきこもり」です

    >その定義は浅はかで薄っぺらいなと、前から思っていました

    いいえ、そんなことは全然ありません。

    問題になっている「ひきこもり」の定義は、働けるのに働かずにぶらぶらしている人間の数を数えることを目的としているからです。

    調査の対象年齢が15歳から65歳に限定されているのもそのためです。
    義務教育を終える前は働けないので、不登校で家に閉じ篭っていても、この「ひきこもり」には入りません。
    中学生の不登校児は、医療やカウンセラーの関与が必要な人間、という意味の「ひきこもり」には入りますが、今回の定義からは外れるのです。


    専業主婦の殆どが、医療やカウンセラーの関与が必要な人間、という意味の「ひきこもり」でないことが誰でもよく知っています。
    しかし、今回の調査の目的は、焙り出せば労働市場で使えるはずの人間の数を数えるのが目的なんです。

    幼児がいれば家の中でケア労働をしていることになりますが、子供が中高生になって自分のことを自分でできるようになったら、ケア労働もなくなります。

    そうしたら、専業主婦は、働けるのに働かずにブラブラしている奴、そのもの。
    立派な「ひきこもり」です。

    トピ主の一日を見れば、そのことは明らかでしょ?

    家事をやっている、というのかも知れませんが、夫婦二人分の身の回りのことなんて屁でもありませんよね?
    そのわずかな家事すら、勤めている旦那に一部押し付けているのでしょう?

    それに、間違いなく「ひきこもり」に該当する若者だって、自分の身の回りのことくらい自分でやっています。
    幼児のいない専業主婦と変わりませんよね?

    ただ、「ひきこもり」という言葉が紛らわしいのも確かです。
    NEETという概念を使うのが、この場合、最も妥当だと思いますが、変えるように政府に言いましょうか?

    ユーザーID:9180436955

  • でも。。

    専業主婦は除外とか、お家大好きコメントありますが、実際、専業主婦で宅配食材を使用していても、月に1,2回の外出ってありえます??
    確かに用は足りる現代ではありますが。。

    他人とのコミュニケーションが月に1,2回って、いろんな意味で問題ありませんか?
    認知症の問題とか脳の活性化考えると、人と関わる時間って大事に思うんですが。。。

    ユーザーID:7896321376

  • ちょっと安心しました

    五十代前半の専業主婦ですが、旦那は遠方で仕事のため(家は田舎の旦那が住んでいる処にある)病院通院目的で子供と都会に暮らし、たまに田舎に戻り、生活をしてます。 今は病院通いを週一と月一、冬以外は週2で近所に買い出し。 病院帰りに古書店やランチに子供といく。あとは家で録画したテレビやレンタルDVD(なるべく外に出るため借りにいく)観たり、本を読んだりしています。 年に数回だけ友達と会い、毎日、旦那とは電話してます。 専業主婦は五十代から引きこもりが多いと聞きましたが、私は更年期の45歳から5年間がほぼ病院と車で旦那と近くに買い出し以外はしてない生活だったので、最近はコンサートにいけるようにもなってきて嬉しく思ってます。 引きこもりがひどいと筋肉がダメになるので家で軽い運動やストレッチをしてますが、あまり食べなくても太りやすいので効果なし。 引きこもっていても痩せている人が羨ましいです。自分ではかなりの怠け者だと思っていたけど、家事をしていればそれなり許されるのかな?と少し安心しました。

    ユーザーID:2558348096

  • 私も朝からびっくりしました!

    これって、みんな当てはまるんじゃないのー?!
    趣味とか以外の用事ってなに?!
    でした(笑)

    ユーザーID:3831966398

  • わたしも引きこもりです。

    わたしの場合、「仕事には出かけるが趣味などの外出が困難、
    近所の歯医者や美容室にはかろうじて出かける」引きこもりです。
    これも新しい引きこもりの定義に当てはまるのかも。
    日常の買い物なども、会社の帰りに駅のコンビニやドラッグストアにたまに入るぐらいで、
    あとはすべてネット通販に頼っています。
    数年前、職場でのパワハラが原因で、娯楽での外出が困難になりました。
    以来、休日はずっと引きこもっています。
    年末年始やゴールデンウイークなどの長い休みが苦痛です。

    ユーザーID:7778209228

  • そのままの定義じゃ、引きこもりだらけ。

    下手すると、個人商店経営者だって、その定義だと引きこもりになってしまいます。
    配達や買い出しに行かず、商品は業者から納入され、家=商店の場合。

    イラストレーターやウェブデザイナー、会社員でもオフィスの出勤はせずに会議はネットで仕事は自宅のパソコンで、という人も、引きこもりになってしまいますね。

    他の人も書いてますが、勉強や仕事をしていないことが大前提なのではないでしょうか。
    (もしかして健康面から考えて、広義の引きこもりには、自宅勤務の会社員も含めるのかもしれないですけれど、少なくとも一般的には。)

    専業主婦というのは、夫との同意の上での分業で、自分だけの食い扶持以外もお金を稼ぐという仕事と、自分の分以外も家事を行うという仕事を、それぞれが行っている、という状態。
    仕事をしているので、一般的な意味での、引きこもりとは、違うと思います。

    ユーザーID:5684364921

レス求!トピ一覧