夫の退職金について

レス83
お気に入り302
トピ主のみ0

モンブラン

話題

先日60歳で定年になった夫から、退職金1800万円の内500万円を夫の姉夫婦のリフォーム代としてお祝い金として渡したと言われました。私には一切の相談もなくです。私達夫婦は財布は別で毎月20万円を夫から貰いその中で光熱費、食費、保険料、などの生活費を賄っています〈子供は独立して別に住んでいます〉

正直20万では足りないので私も働きに出ています。
夫の退職金なので何にどう使おうと自由だと思いますが、義姉夫婦に500万も渡して妻の私には1円も渡さずにしっかりと握っている夫に私は何なんだろうと悲しくなりました。夫はいずれ自分が先に死ぬから、それからお前が自由に使えば良いと言いますが人生どちらが先に逝くかも分からないし、超高齢になって渡されても正直嬉しくもないと思います。
夫の考えが普通で私が強欲なのでしょうか?考えがまとまりません。

ユーザーID:2161278903

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数83

レスする
  • 強欲じゃない

    >退職金1800万円の内500万円を夫の姉夫婦のリフォーム代としてお祝い金として渡したと言われました。私には一切の相談もなくです

    気前良すぎな、夫さんですけど!
    ホントの話でしょうか?
    夫さん、隠し事ないですかね?

    夫さんの退職金ですが、夫婦の共有財産と思いますし、
    普通は、相談なしで使うとかありえません。

    ユーザーID:8733353847

  • 申し訳ないけど、興味ぶかい

    女性の社会進出が進み、専業主婦より共働きが多くなった現代、
    いよいよ「夫婦別財布」で運営してきた沢山のご夫婦が定年・老後を迎えつつあるわけですね。

    夫婦というものは一生添い遂げるもの、したがって一生家計(財布)を共にするものと信じている小生にとって、「夫婦別財布」の方々が迎える老後(退職後)がどのようものか、非常に興味があります。

    「夫(妻)の収入を夫(妻)がどう使おうと自由」という思想でこれまで来ていただろうあなた方ご夫婦(あるいは、そのように考える多数の別財布派の方々)にとって、その思想は老後(退職後)も引き続き有効なのか、もともとの思想になにか瑕疵があったのか、考えるポイントを迎えたということですね。

    ユーザーID:9548763070

  • きっと開示しない

    夫59歳で来年定年ですが、くれるはずないです。
    今でも、生活費10万以外は渡さないしボーナスが100万以上あるのに何も言ってくれません、
    子供が1人おり10万の生活費は少ないし、他の旦那様が羨ましい。
    ケチすぎます。

    ユーザーID:3273403402

  • トピ主さんの感情は正常です

    トピ文を読んで少し驚きました。退職金を兄弟姉妹に渡すことは、普通は考えられません。しかも500万も渡すなんて・・。義姉さまとご主人との間に、トピ主さんには話されていない何かがあるのではないでしょうか。

    私事ですが、最近私の親友が退職しました。彼女のご主人が前の年に退職した時、私はご主人が親友にキャッシュをプレゼントをするかな・・と思っていましたが、それはなかったようです。ご主人も親友も公務員なので、それなりの退職金だったと思うのですが・・。

    私の父が退職した時には、当時高値を付けていたNTTの株を、時価総額1000万ほど母にプレゼントしていました。父は立派だったと思います。夫婦別財布ではなかった頃の懐かしい話ですね。

    ユーザーID:4184573381

  • 良いんじゃない?

    トピ主さんだって自分の退職金、自由に出来るって事でしょ?
    自分だったら、というかうちも別財布ですが
    まぁ500万も姉に渡すなんて、
    ドブに捨てるようなもの・・・と感想を持つでしょうが
    夫のお金、どうしようと自由ですから。

    別財布でやっていて、そこに問題が起きた事はないですし
    夫のお金を欲しいとも思わないし
    自分のお金の使い道を詮索される行為も好まないので
    私は夫さん派です。

    ただし、親兄弟と言えども大金はあげないけど。
    大金使うならやっぱり夫(いれば子供も)とですね。

    ユーザーID:8142447726

  • 普通ではないと思うけど

    トピ主さんの家ではおそらくそれが普通なのでしょう。

    別財布と言うことですが、トピ主さんは自分の財布のお金を使うときに夫に報告しますか?
    トピ主さんの稼いだお金を夫に渡したりしているのでしょうか?

    別財布で相手のお金の使い方がわからない、貯蓄がどれだけあるかもわからないという夫婦なら、夫が自分の判断で勝手にお金を使っても別におかしいことではないとも思えます。

    私のところも夫婦別財布ですが、これはそのほうが管理が楽だからです。
    お金を使うときは事前に報告するし、貯蓄額も定期的に確認しています。

    ユーザーID:7766428964

  • 別財布だから考え方が違うのかも

    トピ主さんの書き込で、夫婦別財布で足りないから働きに出ると書いてありました。
    別財布というのは、生活費を折半するというやり方です。
    なので、夫が20万なら妻も20万という感じになりますが。
    だんなさんの収入と、トピ主さんが同じくらい稼いでいたのでしょうか?
    家事も、折半でしたか?
    書いてもらうと、わかりやすいです。
    1800万の退職金なら、900万ずつという考え方もあるのかもしれません。
    私も同年代で働いていますが、夫の稼ぎはすべて家庭の収入だと思っています。
    姉のリフォーム代とかは、考えられないです。

    ユーザーID:3909747954

  • 別財布?

    あれ?

    >毎月20万円を夫から貰いその中で光熱費、食費、保険料、などの生活費を賄っています

    >正直20万では足りないので私も働きに出ています。

    んん?
    何をどう別財布にしているんですか?

    なんかトピ主様のいう「別財布」って

    ・夫から20万の生活費を貰っている
    ・それでは自分の洋服や娯楽費が出ないので自分もパートで働いている
    ・夫は20万以外の残りは自己管理
    ・トピ主様はパート代を自分のために使っている

    こんなふうなのか?と想像してしまいました。

    我が家もいわゆる別財布夫婦です。
    夫婦ともに正社員です。

    住宅ローンから生活費他、毎月出ていく金額は折半。
    外食などは言い出しっぺが奢る(笑

    被服費は完全別財布。
    娯楽費は誘ったほうが奢る(いわゆる夫婦デート)
    互いの実家へのアレコレも双方の采配で管理。
    個人の貯金も自己管理

    で、我が家の定年は8年後(夫65歳の時)の定年退職金は夫の物だと私は思っております。
    同時に、私の定年退職金も私の物だと思っています。

    定年退職後も別財布のままで行けると思っています。

    具体的には毎月夫婦二人で住宅ローン以外のところで15万ずつ折半。
    年金定期便での年金受給予定額はそれ以上となっています。
    もちろん予定よりも少なくなることは想定しています。

    別財布をしている分、将来自分がどの程度の生活を「楽しみたい」のかまで視野に入れて財テクしているんですよね。

    パートナーの退職金を欲するって、それ別財布ではなかったんじゃないですか?

    ユーザーID:3849006048

  • 夫は間違っている

    退職金は在職中の給与の後払いだと言われています。
    だから夫のもので自由に使うことが許されるというのは間違っています。
    夫婦で話し合うべきです。
    しかもその額なら贈与税が発生するでしょう。

    夫がどうせ残った財産は妻のものになるのだから、
    と楽観しているのも間違っています。
    その前に妻に介護してもらわなければならないとしたら、
    今のうちに妻の機嫌を取っておかないととんでもないことになるでしょう。
    どうして世の夫どもは、老後も妻が甲斐甲斐しく尽くしてくれると
    思い違いをしているのでしょうか。
    身体の自由が利かなくなったときに何を頼んでも放置される惨めさに
    思いが至らないのでしょうか。

    その時が来たらトピ主様は夫に
    私の500万円を姉に貢いだ分のお世話は差し引くわね、
    とこの悔しさをぶつけてください。

    ユーザーID:9640984056

  • トピ主さんが普通です

    別財布だったとしても退職金は夫婦の共有財産ですよ。
    老後の資金として夫婦2人の生活費になるものです。
    気前よくと言えば聞こえは良いけれど、将来を考えたら失礼ながら愚かなええかっこしいだとしか思えません。
    不動産収入や潤沢な企業年金など退職金が無くても心配のない状況なのでしょうか?
    それに500万を一度に贈ったら義姉に贈与税がかかるのですが、そういう視点からも「バカなの?」と言いたくなりますね。

    ユーザーID:9659932130

  • 別財布?

    生活費全般を旦那様が出しているんですよね?

    その項目だけなら20万円で十分かと思います。

    トピ主さんの収入と支出の内訳はどうなっていますか?

    ユーザーID:7282895600

  • 多分ね

    夫婦別財布というのはそういう事なんだと思います。
    今更ですよ。

    ちなみに、夫婦二人で月20万で足りないっていうのは驚きです。
    住居費の割合が高いのでしょうか。
    ご主人から、「妻は渡したら渡しただけ全部使ってしまう」と思われてる可能性はないですか?

    ユーザーID:8480630637

  • あらー、貴方の入る施設のレベルが下がっちゃうわねー

    男性は老後の蓄えという感覚が弱い人が多いですね。
    自分の老後は妻に看取らせるから老後資金は要らない、って考えなのでしょう。
    でも妻の老後なんて知らない、っていうエゴイズムです。

    私なら、
    「あらー、貴方自分の老後資金をお姉さんにあげちゃうなんて、凄い太っ腹ねー。
    もう、そんな残金じゃあ、相部屋とか凄い田舎の施設にしか入れないわよ??
    これからは節約して暮らしてね?それともまた仕事に出る?」
    って聞いちゃいます。

    つまり、暗に「お前の老後は看ないぞ自己責任で片付けろよ」
    って脅しをかけます。
    これからインフレ(スタグフレーション)が懸念されます。
    ご主人は働くという手段を無くすのに、経済観念は大丈夫なのでしょうか?

    だいたい、女に妊娠出産家事育児という仕事上のハンデを負わせておきながら「俺が稼いだ金は全部俺のものだから好きに使う」などと主張する人って、失礼ながらバカですよね。
    他人の仕事を妨げれば、その補填は義務だと思いますよ。
    私なら恥ずかしくてそんな事出来ません。

    ご主人が育休取って、保育園の「お迎え」も、夕食作りも、病児の看護のための欠勤も引き受けたならまだ別会計も分かりますがね。

    ユーザーID:8994325627

  • 500はないな

    500万はないですよ。
    税金だってかかりませんか?
    事情なり、理由なり聞いてみたらどうですか?
    たとえばご主人が親の家土地すべて相続したのでその相殺分とかならわかる話ですけど。

    ユーザーID:5096725517

  • リフォームの目的による

    そのリフォームが「『夫・姉』の親を姉夫婦が引き取って自宅介護するため」だったら快く了承します。

    そうでなかったら子供や親戚に、
    「姉夫婦の家のリフォーム代をうちの夫が出した」
    と言いふらしますけどね。

    ユーザーID:3435132637

  • 姉にリフォーム代500万円贈与するって・・・

    一介のサラリーマンがする行為とは思えません。
    退職金の1/4以上ですよ?自分たちの老後はどうするの?

    それって本当に姉に渡ってますか?渡してるとしても、金額は本当に500万円?

    実は借金があって、その返済にすでに充てられてるとか、可能性ありませんか?

    ユーザーID:0334549213

  • 贈与税が

    けっこう高いんじゃないですか。
    退職金にかかる所得税以上に贈与税がかかりそうですね。
    ご主人、わかった上での贈与なのかしら。
    夫婦間であっても然りですよ。

    ほかの方も言及されてますが、
    ご主人から20万もらって足りないから奥さんも働きに出て別財布ということは、
    奥さんも20万円家庭にお金を入れてるってことですよね。
    自分の稼ぎはほとんど家庭に吸われてるのに、夫は私に一円もくれないと嘆いてるってことしょうか。
    まぁ確かに寂しい気分になりますね。
    生活費の中でも一番大きくかかる住居費を書かれてませんが、これはご主人が一人で?それともトピ主さん一人?

    ご主人、今まで大金を目にしたことがなかったのでしょうか。使い方が先を考えてなさそうな気がして。。
    残りの1300万はあっという間になくなっちゃいそうですね。

    ユーザーID:0540514604

  • 別財布のデメリット

    最近は別財布という家庭も増えてきているようですが、別財布のデメリットが露呈した形だと思います。
    別財布はあなたの稼いだお金はあなたの物、私が稼いだお金は私の物という考えですから、退職金も自分の物だと考えても不思議ではありません。
    家庭のお金という価値観ではないのですから、別財布である以上退職金を当人がどう使おうが勝手だということです。

    >義姉夫婦に500万も渡して妻の私には1円も渡さずにしっかりと握っている夫に私は何なんだろうと悲しくなりました。

    別財布にしておきながら、都合の良い時だけ夫のお金を欲しがるなんて強欲ではありませんか?
    気持ちは分かりますが、別財布である以上仕方がないことです。

    私は別財布には反対です。
    いまだに根強い給与の男女格差がありますし、女性は妊娠出産育児の負担が大きく収入がない期間があったり昇給が送れたりもします。それなのに家計は別々なんて平等ではありません。
    夫婦になり一つの家庭を共に築いているのですから、家計も一本化し二人で家計についてオープンに話合いルールを決めるのが理想だと思います。
    お互いに高給取りでお互いが散財しても死ぬまで困らないくらいならば、自由にすればいいと思います。ですから、必ずしも別財布がダメだというわけではありません。
    しかし、あなたのように結局夫のお金の使い方に文句を言うのであれば、別財布家計の理論から外れるのではないでしょうか。
    別財布を選択したのでしたら、デメリットも受け入れるべきだと思います。

    ユーザーID:3940098418

  • 別財布の意味がわからない

    トピ主さんも、自分の退職金から500万を自由に使えばいいのでは?
    親兄弟にあげても、自分のお小遣いにしてもいいと思います。

    夫婦別財布というからには、それぞれの収入から生活費を出し合って
    残りは各自が管理するということなので、退職金の使い道を決めておかない限り
    夫のしたことに文句は言えないような気がします。
    ..とはいえ、それは夫婦の老後資金と考えて欲しかったことは、よくわかりますが。

    夫から月20万もらって生活費にあてて、足りないから働いている?
    トピ主さんはいくら生活費を負担しているのでしょうか?
    少なくとも、2人で出し合った生活費は20万を超えているはずなので、
    そこそこ貯金も増えていくと思うのですが。

    退職金の使い道や、老後資金に対する考え方の違いは、夫婦別財布の落とし穴だと思います。

    ユーザーID:9958727706

  • ちょっとした心づかい

    トピさんはご主人の退職金の半分はもらいたいと思っているのですか?
    夫婦別財布でそれなら強欲かなと思いますが…。

    トピ主さんにもおこづかいとして 例えば10万円ほどあげていいのになぁと思いました。
    この解釈で合っていますか?

    これからの生活もあるのに義姉に500万円は多いと思います。

    ユーザーID:1778298727

  • 夫婦二人で20万で足りないのか・・・

    >正直20万では足りないので私も働きに出ています。

    ・・・足りないの??
    そっちの方が衝撃ですが。

    トピ主の収入と家計への貢献度は?
    トピ主の稼ぎが全部お小遣いなら、強欲かなとも思う。

    うちも共働きで別財布だけど、お互いクレクレは無いです。

    ユーザーID:4602931574

  • 貸与ではないですか?

    どう考えても1800万円から500万もお祝いで送るなんてあり得ませんね。
    本当にお祝いですか?貸与ではないですか?

    本当にお祝いだったのなら、トピ主さんの知らない預貯金が少なくとも5000万円以上はあると感じます。
    別財布という表現からもご主人にいくらの資産があるのかご存知ないのでは?

    他所の家の懐事情を詮索してしまいましたが、トピ主さんは安心してお暮しになればいいと思います。

    ユーザーID:2090593606

  • 500万円だと「贈与税」の対象になるのでは?

    500万円だと「贈与税」の対象になるのでは?
    夫の姉夫婦さんが来年の確定申告できちんと処理しないとトピ主さんの旦那さんが後々にチェックが入るかも。

    一応、「贈与税」を納付するのは贈与される側だから、夫の姉夫婦が税金を払うのよ。「貸し付け」の形を取った方がいいかも。どんな形になろうともちゃんと書面で残しておきましょうね。

    ユーザーID:0008766608

  • うーん

    >正直20万では足りないので私も働きに出ています。
    トピ主様のいう別財布ってどういうやつ?私もICHICO様と同じようになんだか違和感です。
    収入があるから別財布にできるというのが私の思う別財布であって、夫からの生活費が足りないから働きに行くっていうのは財布が同じというイメージなんですけど、どういうタイプの別財布?

    ちなみに、我が家では定年退職後の退職金はもちろんお互い自分で管理するのが当然という感覚です。なぜなら我が家ではそれぞれ自分が管理するお金の中からの大きな買い物はほうれんそうするし、家族共通の貯蓄というものもあるからです。つまり、別財布の夫婦の考え方が『「夫(妻)の収入を夫(妻)がどう使おうと自由」という思想、(あるいは、そのように考える多数の別財布派の方々)』という考え方は失当だと思います。財布を同一にしている夫婦のほうが夫の稼ぎは家のもの妻の稼ぎは自分のモノ、(つまり妻だけ別財布)という意識が強いというアンケート結果があったのですけれど、今みあたりません。すごく古いけれど面白いアンケートなので、探してみてください!これによると共働きの夫婦のほうがお互いの稼ぎは家族のお金という感覚だそうです。


    別財布なら折半という方もいらっしゃいますが、我が家は折半にはほど遠く私(妻)はあまり生活費を出せない別財布、別財布も色々ですね。

    ユーザーID:5808589932

  • お返し、お礼かも。

    ご主人の「実の姉」ですよね。

    きょうだいで子供の頃からトピ主さんは知らない、援助を
    姉から受けたとか、母親代わりになってもらった、良き相談相手だったとか
    あるんじゃないですか。

    「お姉さん」ですからね。何かと世話になったお礼の気持ちでは。

    リフォームならお姉さんの体調が悪くてその為のリフォームかな、と思いました。

    ユーザーID:9455178202

  • 結婚して独立した別世帯

    のきょうだいに500万のリフォーム代を出すのは、一般的ではありません。
    姉がねだったのか、姉に何か弱みがあるのかわかりませんがお祝いとしては限度を越えていると思います。
    (親子間じゃないのだし)

    姉には贈与税がかかりますよ。
    きちんと申告しないとね。

    万が一自分たちの老後資金が不足してきたらどうするのでしょうか?
    泣きつかれた子どもが迷惑です。

    姉夫婦も資金の出どころが退職金とわかっていて受け取っていたら、かなり図々しいですね。(億単位の退職金ならともかく)

    出す方も受け取る方も理解できないです。
    人のお金をあてにしてまでリフォームする神経がわからないですね。
    分不相応な感じがします。

    ユーザーID:5851142251

  • トピ主さんの言う「別財布」って

    たぶん「夫が給与を妻に預ける形ではない」というだけの意味ではないでしょうか。
    双方が自分の生活費を自分で稼ぐ、という今日的なニュアンスではないのでは。
    おそらく「全額家に入れて小遣い制」という形だけを「財布が一緒」と定義しているから、
    そうでないやり方は「財布が別」という感覚/表現になるのでしょう。
    どちらかというと「別財布」ではなく「定額制」、あるいは
    「片務的ノルマ制(トピ主さんが家にお金をあまり入れてないなら)」でしょうね。

    と、なると。
    緑鍵盤さんのおっしゃる「別財布の夫婦が老後どうするのか」は
    私も大変興味深いのですが、残念ながらこのケースは
    それにはあたらないのかな、と思います。

    で、トピ主さんが置かれている状況に対して思うのは
    ご自分が求めていた夫婦の形に気付くのが遅かったですね、ということだけです。
    互いに贈り合うことに喜びを見出せる夫婦になりたかったのなら、
    それだけの成熟を果たした相手を選ぶか、結婚後に両者が成熟を果たす必要がありました。

    それをせずにこれだけ長いこと「取引」を続けてきてしまえば、
    今更方向転換は難しいでしょう。
    強欲だとも、いいとも悪いとも思いません。
    ただただ「望んでいた関係性の構築に失敗した」という事実があるだけだと思います。

    ユーザーID:7389552330

  • 夫の考えは疑問

    >いずれ自分が先に死ぬから、それからお前が自由に使えば良い

    寿命は、自ら決められないですから何の根拠もない話です。

    統計では平均寿命より5年間長く生きる人が多いという見解があります。

    これからどれだけ医療費が嵩むのか、
    10年先は誰にもわからないのに、
    考えのない行動だと言わざるを得ません。

    老後資金について考えてやっている行動でしょうか?

    ユーザーID:3195645599

  • もう渡しちゃったんですね。

    普通なら

    離婚レベルです。
    ただ年齢が年齢なので
    今後どうやって共同、夫婦生活していくか・・・
    今は絶望のど真ん中で考え中でしょうか。

    よく考えてください。

    ユーザーID:6816641932

  • 「別財布」なのに何言ってるのか

     トピ主は「別財布」という言葉を使っている。その定義がトピ主と夫で違うかもしれないけど、夫が「月20万渡せば残りは自分の自由に使ってよいのが別財布の定義」と思っても全然不思議ないです。別財布なのに、なぜ退職金の使い道だけ、トピ主に相談しないといけないの? 感情的にはそうかもしれなくて、そこに共感してる人もいるけど、夫婦のルール上は、そんな義務はないと思います。

     夫が「いずれ自分が先に死ぬから、それからお前が自由に使えば良い」と適当なことを言ってるし贈与税も考えてなさそうだから、全然計算してないかもしれませんが、次の計算も成り立ちます。

     月20万を負担するのが夫の義務であるから、仮に今後無収入だとしても、退職金1800万から500万引いて、1300万あれば20万円の5年5カ月分です。そのお金が尽きる65歳には年金受給が始まって、夫は引き続き月20万を出すことができる。つまり、これからもずっと妻との約束は守るつもりなので、それ以外のカネ500万についてどうこう言われる筋合いはない。夫に貯金があればさらにゆとりもあるでしょう。そのお金は自分が死ねばトピ主に遺すことになる。「超高齢になって渡されても正直嬉しくもないと思います」って、働きたくても働けない後期高齢者になってからお金に不自由しても構わないってこと? そのほうがよほど問題だと思います。

     話は戻りますが、別財布と言ってるのに、なんで夫が使い道を説明しないといけないのか、トピ主は感情だけで言ってるように思います。

    ユーザーID:0885866327

レス投稿

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧