夫の退職金について

レス83
お気に入り302

モンブラン

話題

先日60歳で定年になった夫から、退職金1800万円の内500万円を夫の姉夫婦のリフォーム代としてお祝い金として渡したと言われました。私には一切の相談もなくです。私達夫婦は財布は別で毎月20万円を夫から貰いその中で光熱費、食費、保険料、などの生活費を賄っています〈子供は独立して別に住んでいます〉

正直20万では足りないので私も働きに出ています。
夫の退職金なので何にどう使おうと自由だと思いますが、義姉夫婦に500万も渡して妻の私には1円も渡さずにしっかりと握っている夫に私は何なんだろうと悲しくなりました。夫はいずれ自分が先に死ぬから、それからお前が自由に使えば良いと言いますが人生どちらが先に逝くかも分からないし、超高齢になって渡されても正直嬉しくもないと思います。
夫の考えが普通で私が強欲なのでしょうか?考えがまとまりません。

ユーザーID:2161278903

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数83

レスする
  • びっくりですね

    ご主人の退職金をご主人のご兄弟のお一人に?何人兄弟ですか?それ、贈与?になりませんか。それとも、ご主人が何か借金等の返済とか相続とか絡んでいるのですかね。それにしても不思議。

    我が家は主人のお給料で全て生活させて頂いています。主人も妻の収入も妻が管理、妻の退職金も妻でした。何時でも家族のために使えるようにした上での事です。
    主人の退職金は主人にお任せしています。しかも主人は自ら全て明らかにしています。
    また、最近、実家に預けたままだった自分の前職の退職金入りの通帳が〇十年振りかに出てきて、金融機関様に大変お世話になりました。とても有りがたかったです。

    ユーザーID:3861520063

  • 勝手にやられちゃ困りますね

    夫婦でしっかりと相談すべきことと思います。

    姉夫婦へのリフォーム代は
    姉夫婦が退職したときに何らかの形で返してもらいましょう。
    同じ退職金ですからね。

    ユーザーID:2700306552

  • 貯蓄が十分にあるのですか

    1800万円の退職金が1300万円に減ったのですね。
    信じられない行為です。
    これからの老後生活をゆとりをもって過ごせる貯蓄があるのでしょうか。
    僕には考えられないことです。(僕は退職金を年金払で受け取ってます)
    500万円は兄弟姉妹間の贈与ですね。
    受け取った姉夫婦の側も理解不能です。

    ユーザーID:8044771533

  • 60代夫婦の生活費

    総務省の調査では月26万円必要となっていますよ。

    直接費・社会保障費・・・・3.2
    *交際費など・・・・・・・・5.9
    *教養・娯楽・・・・・・・・2.6
    *交通・通信費・・・・・・・2.7
    *保険医療・・・・・・・・・1.5
    *被服・履物・・・・・・・・0.7
    *家具・家事用品・・・・・・0.9
    *光熱・水道・・・・・・・・2.0
    *住居・・・・・・・・・・・1.8
    *食料・・・・・・・・・・・6.2
    **合計**・・・・・・・27.5

    ユーザーID:4387555067

  • 税務上はどうなるのでしょう?

    大事な老後資金の1800万円。それがどんなに貴重なものか。
    その三分の一近くをお姉さんにあげて事後報告。お祝い金って
    10万円位でないですか?それは援助です。それにご自分の家の
    リフォームだって必要になってくるでしょう。ただ次に話す
    エピソード。夫の友達の実家が貧しくて年の離れたお姉さんが
    大学の費用を面倒みてくれたそうです。凄くお世話になったんですね。
    結婚前の事とはいえ、親と同じくお世話になった人に恩返し。
    でもちょっと待って。親のリフォームにだってそんな大金を
    無断で渡すのかな?それに受け取る方もどんな神経なのかな?
    ご主人は当然第2の就職をなさいますよね?
    ちゃんと現実を分ってもらって老後の蓄財に励んで下さい。

    ユーザーID:4259595789

  • よくわからない

    別財布で20万もらって生活しているなら別財布とはいいません。
    トピ主さんも20万出しているなら別財布と言っていいです。
    ご主人は定年後も再就職されるんですよね。
    普通なら500万もプレゼントとかありえないし、そんなことしません。
    別に資産をお持ちですか?
    まさか、残りの退職金を年金支給までの間の生活費とか考えてないですよね。
    トピ主さんも、夫の20万以外の私の働いた分は私の物なんて思っていませんよね。
    2人で、今後、毎年いくらかかっていくかシミュレーションしないと
    まちがいなく老後破産になると思います。
    家族の事をしっかりと考えている人なら、いくら姉といえ、渡したりはしませんよ。
    2人でしっかりと今後の家計を話し合わないと、大変なことになるだけです。

    ユーザーID:2570896014

  • 兄妹にプレゼンとする金額にしては多すぎ

    別の理由があるかも知れせんね。

    もしかしたら退職前にお姉さんから、500万円お借りしていたのかも知れません。
    何処のリフォームをしたか解りませんが小さい家なら全室、水回り出来る金額です。
    お姉さんの家に行かれて見てきたらいかがですか?
    ご主人が500万円援助したとして、義姉の手持ちのお金も使えば相当額のリフォームですから解ります。

    お姉さんも一人暮らしでは無く、ご主人も居るようですので不自然です。
    主様に言えない借金の返済かも知れません。

    主様は扶養内で働いて居たのですか?

    ユーザーID:2926736430

  • 大事な退職金です。

    500万円をあげる人もすごいけど
    それを平気でもらう人もすごい。

    500万円って簡単にあげたりもらったりする金額ではないです。
    妻の気持ちを両者ともちっとも考えてないよね。
    あまりにもひどいです。

    怒って下さい。
    怒っていいんでよ。

    ユーザーID:0500012074

  • あなたに言えない借金があった

    リフォームの代金、お祝い、という口実だけれど、
    500万円も、一度に動かしたら、お姉さんは贈与税を払わなくてはなりません。
    借金なら、返しただけです。

    別財布で、20万円を毎月渡すのが厳しかった、子供の進学時に用立ててもらった、退職金は1800万円だったが姉夫婦には「お祝い」の常識的な金額を包んでいて、実は株かなんかで損していて、目減りしたので言い訳している。

    姉夫婦が親と同居で、なら、リフォーム代を負担するのは理解できますが、親のことは書かれてないので違うのかな。

    ユーザーID:3798450946

  • 自分達のルールを理解しましょう。

     ご主人の行動は問題ですね・・ しかし、これは我が家のルールの場合です。

     私達は「お小遣い」を除き、すべて夫婦のものと考えます。月給は当然ですがボーナスや特別報奨金等の不定期な収入もすべて二人のものという考えです。個人のものでも、二人で意見が共有出来るまでは個人のものにはしません。だから退職金などをもらっても、トピの様な問題は発生する可能性がありません。
     支出も同様で、お小遣い以外の支出は共同管理です。例えば実家や親戚への仕送りや金銭援助も共有資産からの支出ですから、勝手はありません。だからトピの様な問題は発生しませんよ。

     でもトピ主さん夫婦は別財布。互いに取り決めた家計負担以外は自由というルールですよね。退職金などの臨時収入があっても月20万だけ払えば良いというルールにしたのはお二人ですよ。あなたが自由にお金を使って良いのと同様に、ご主人が誰にお金をあげるのも自由です。まして他人ではなく兄弟への贈与ですよね。

     本来は相手の自由を尊重する為の別財布であるべきですが、現実には自分自身が自由に使いたいという動機の人が多い様です。だから今回の件でも、別財布の女性からは(妻は自由だが)「夫が勝手にするのはおかしい」という自己中な意見が多いと思いますよ。

     年齢を重ねたこれからはもっと問題が出て来ます。どちらかが病気になっても、相手が準備するのは月20万だけです。それ以上の分担は相手に強要できない・・、想定外の支出への準備を相手に強要できない・・ 何かある度にストレスを溜めて交渉する・・ それが現在のルールですよ。

     すべての収入や支出に対して
    「取り決めているもの以外はすべて個人の自由」から
    「取り決めているもの以外はすべて夫婦の管理」に変えてはいかがですか? 

     今のままなら、これから起こることも受け入れるしかないと思いますよ。

    ユーザーID:8291496858

  • らりーさんの見方に一票

    トピ文を読んだときは、断りもなくお姉さんに500万円!と思いましたが、考えてみたら普通、退職金が出たときは、
    「定年、お疲れ様」、「〇〇(トピ主さん)もありがとう」、「これから定年生活だね」、「退職金どう使おうか」という話に自然になると思うんですよね。
    それがなかったということは、これまでの長い結婚生活で、そういう関係を築いてきたということです(それが悪いということではありません)。
    なのに、この件に関してだけ、「私に断りもせずに勝手なことを!」というのは筋が違う気がします。

    別財布についてですが、主さんの勘違いでなければ、お互い20万円ずつ(同額でなくてもいいけど)出し合って、月40万円で生活していると取るのが普通かなと思います。

    ユーザーID:7978194143

  • 事後承諾には訳があるような気がする

    書かれていることが事実でトピ主さんが隠していることがなければこの不誠実さにビックリします。
    情けないやら腹立たしいやら。
    別財布であったとしても、です。

    でも書いてはありませんがトピ主さんには思い当る節がおありになるのでは?
    例えばご両親が早く亡くなりこのお姉さんが親代わりであったとか。
    生活が苦しく援助してくれたとか聞いたことがあるのではないでしょうか?

    子供がなくて老夫婦だけではリフォームにかけるお金が少なく我慢せざるを得ない状況にたたされてた等。

    御主人にとっては大変感謝すべき事柄であっても結婚前の事であり姉弟間であればあなたからすれば当然のことのように思えた。
    こんな事をご夫婦で話し合われたことはなかったでしょうか?
    その時にあなたは助け合うのは姉弟だから当たり前、それにお礼なんて他人行儀と言って反対しませんでしたか?

    だから相談すれば反対される、だったら渡してしまい事後報告にしようとなったのではないかと感じました。

    大切な老後資金の退職金の一部を妻であるあなたに断りもなく贈与するなんて普通なら考えられません。
    妻に改めて渡さなくても老後資金や旅行などに当てるとするのが妥当でしょう。

    他に考えられるのはギャンブルなどで借金があった、他に女性がいたなどですが・・・・・・。
    何か心当たりがあるのでは?

    ユーザーID:3675505690

  • 理由がわからないからなんとも…

    姉にポンと500万円贈与はびっくりですけど、
    (うまくやらないと贈与税が概算でも53万円…)
    理由が、姉夫婦が年老いた両親を引き取って同居する為のリフォームだったとしたら、
    そりゃあ弟夫婦も500万円くらい出しても当然とは思いますね。
    だから理由が不明なのでなんとも言えません。

    あと、うちもトピ主さんと同じく夫婦別財布です。
    毎月固定金額をお互い家計用口座に入金し、それでやりくりしています。
    ボーナス時はお互い10万円ずつ家計口座に貯蓄とかあとは決めの問題です。
    よく「家計折半は妻の産休育休の時云々」って否定的な意見もありますが、それも話し合って決めれば良いこと。
    うちは産休育休期間は妻の家計負担は半分くらい免除にして、その分夫が負担しました。
    退職金もお互い1000万円老後資金として家計に入れる、とか決めるかな。
    だから退職金も家計に入れて残った分はお互い干渉しないと思います。

    ユーザーID:0174010063

  • ん〜?

    トピ主さんの「別財布」の意味がいまいちつかめないのですが…。

    夫が自分の親戚に500万円渡すなら、トピ主さんの親戚にだって500万円欲しいでしょ。片方にだけっておかしくありませんか?

    ただ、それがスッと言えないトピ主さんご夫婦の関係が、よくわかりません。
    夫婦なのに言えないんですか?

    ユーザーID:4679373053

  • 対等な立場なら

    夫がその退職金から姉に500円渡した。これに対抗する行為はトピ主がその親兄弟姉妹に500万円渡すことです。夫がトピ主の親兄弟に渡す行為ではありません。

    ユーザーID:6338612939

  • 私は夫の退職金はすべて夫の自由にさせ消えました

    トピ主様の家計が良く分らないのですが、別財布って、夫様の収入から毎月20万だけしか頂いていない?
    今まで、住宅費、教育費等はどうされていたのでしょうか?
    家庭の貯蓄額は、トピ主様が二人分を把握されているのでしょうか?
    私たち夫婦は長年共働きでしたが、家計や貯蓄は私(妻)がほぼ管理していました。
    日頃から、夫の小遣いは惜しまず、相場より多くしていたと思います。
    でも、夫の収入でなるべく生活するように頑張って、自分の分はしっかり貯蓄(笑)結果、夫の退職金以上私名義の貯蓄は残りました。私の退職金もあり。
    それで、夫の退職金(トピ主様家より多い)はそっくり、夫の自由にと。
    でも、私は、仕方ないと、まあ、生きているだけで良い。
    お金は、あればあるだけ、なければないだけ。
    それに、夫様はまだ60歳、年金支給65歳まで頑張って働いてもらいましょう。出来ればもっと、70歳まで(笑)
    元気で長く働けば500万位すぐ稼げます。

    ユーザーID:9928126468

  • ゴリラさん

    そこなんですよ、トピ主さんは夫から生活費として月々20万円もらってるわけで、最初は専業主婦だったと思うんですよね。
    でも足りないから働きに出た、とあるけどパートなのか、退職金のある正社員なのか?
    正社員で自分の退職金がある程度あれば、ここまでモヤモヤしないんじゃないかな〜と。
    (あと、退職後に生活費はどうしてるのかも微妙に気になる)

    もしトピ主さんがパートで家事を一手に引き受けていたなら、モヤモヤする気持ちもわかります。
    でも、仮にパート代を結構稼いでいて大半は自分のものにしていたとしたら、トピ主さんの個人的貯金だって500万円くらいあるのでは?という話になる。

    奥さんが500万円親戚に渡すのが対等、というのが条件によって変わってくると思うんですよね。

    ユーザーID:4679373053

  • 今さらですが、なぜ500万も?姉夫婦なのかな。

    たぶん、何か事情があると思いますけど。
    親の面倒をみてもらったとか、これから介護してもらうとかでは?
    それか昔、相当な借金を肩替りしてもらったとか…何かしら恩がなければしませんね。

    息子の新築祝いとかならわかりますけど、姉夫婦って?
    本当に姉夫婦なんでしょうかね。
    普通なら、トピ主様にも電話でお礼の一言ぐらいあっても良さそうですけど。
    私なら、それとなく姉夫婦に電話で「その後リフォームどうなりましたか?」って聞いちゃうかも。
    (リフォームしてなかったらどうしょう)

    でも、夫婦でこれはないな。
    同じだけの稼ぎが双方にあるのなら、わかるけど。
    事前に説明があるならまだしも事後承諾って。
    それに、贈与よね、退職したてなら、税務署はいりませんか?

    お子様達はどのように思っているのでしょう?
    お子様達にそれとなく相談してみたら、どうですか。

    ユーザーID:2313632323

  • 500万円は多すぎですが

    夫婦2人、その支出項目で20万で足りない?
    夫婦別財布とは?

    何かおかしすぎます。

    ユーザーID:7282895600

  • 贈与税

    気前良いですが、贈与税かかりませんか?

    ユーザーID:2205801012

  • リフォームのお祝いって聞いたことがないけれど

    リフォームのお祝いじゃなくて リフォーム代そのものですね

    水回りのリフォームならそのくらいかかります

    あるいは 何らかの借金があって その返済にまわしたか 子供の結婚費用か?

    退職金は 夫だけのものではないですよ

    主さんも500万 先にもらっていいと思います

    ユーザーID:3763759289

  • あげる権利ともらう権利

    あげる権利ともらう権利を混同してはいけません。
    トピ主夫は自分のお金ですからお気に入りの誰かにあげる権利はあります。しかしいくら夫のお金であるからと言って、トピ主がそれをもらう権利はありません。
    妻が退職金を夫にプレゼントしたという話があればよいのですが。ほとんどないと思います。

    ユーザーID:6338612939

  • とぴ主の退職金

    とぴ主の退職金のうち500万は好きに使ったら?

    夫の退職金は私に頂戴っていうのは
    ありえないでしょう

    ユーザーID:6792231053

  • 義務教育で習ったはずなのに知らない人が多過ぎる

    退職金は夫だけのものじゃないと強弁する人が居るけど、他所の外国の話でもしてるの?
    ここ日本は、民法762条で夫婦別産制を規定されている。
    つまり、夫の退職金は夫だけのもの。
    ついでに給料も夫だけのもの。
    当たり前だけど、夫の金の使い道は夫だけで決めていい。
    逆に、妻=他人には、口出しする権利も浪費する権利も1ミリもない。

    離婚したら退職金は分割対象にはなるが、自動的に半分貰えると思ったら大間違い。
    あくまで婚姻期間に応じた額しか対象にならないので、例えば、勤続40年の夫との婚姻期間が10年の妻が離婚した場合、10年分しか分与されない。
    当然、妻の退職金も分割対象になることを忘れずに。
    慰謝料とかもそうだけど、女は常に金を貰うだけで、何時如何なる時も払わなくていい、なんて事はないから。

    ユーザーID:8024278019

  • 夫の場合

    結婚26年50歳代後半で共働き子供なし、10年半前より完全分離型二世帯住宅にて
    夫の両親(80歳代半ば)と同居している長男の妻です。
    夫はSEで私は経理事務をしています。

    ウチでは結婚当初から生活用の口座(夫名義)を新規に開設し
    各々の給料の額に応じた負担割合で生活費を出し合って
    その中でやりくりをしています。

    数年前に夫は早期退職で一度退職し、グループ会社に翌日再雇用されました。
    業務内容と勤務地はそのまま変わらず、給与面では手当なし昇給なしに。

    退職金が夫の口座(家計用口座とは別)に振込まれると、一応聞かれましたね。
    ま、元々「自分の糧は自分で稼ぐ」が信条の夫婦なので
    「好きにすればいいんじゃない?」と返事をしましたよ。(笑)

    強いて夫に言ったのは「余剰分が残る金額ならローンの繰上げ返済に充当する?」
    くらいです。
    ウチでは夫が60歳で住宅ローン完済になるよう節約とやりくりをしていて
    早目に完済した方が楽になるので。

    最終的に夫が決めたのは15年以上修理しながら乗っていた車を売って
    2シーターの趣味のスポーツカーの新車に買い替えたのと
    レース仕様のマウンテンバイクを1台新車で購入したくらいかな。
    因みに事前に相談とかはありません。
    予算内で購入する分には私は特に異存はありませんから。

    他の方のレスに年金生活になった時の別財布の夫婦への質問がありましたが
    自分の人生設計は独身時代から各々計画的にしているので
    どちらかが亡くなったとしても生活に困らないようにしています。
    金銭面で言えば自立自活している大人が二人一緒に生活している、
    そんな感じでしょうか。(笑)

    ユーザーID:3452827742

  • やりなおしさんのレスを良く読んだ方がいい

    >別財布だったとしても退職金は夫婦の共有財産ですよ。

    勘違いしている女性が多いですが、ここ日本にはこんな制度はありません。
    家族を生活難に追い込むほど個人で使い込む様な場合を除いて、離婚しない限り、夫の財産は夫のものなんですよ。
    「退職金は夫婦二人のもの」や、そうした思想の根底にある「家計管理は妻が一括で行う」なんて、主に夫サイドの善意と良心で成り立っていた何の拘束力もない慣習でしかないんですよ。
    いい加減理解しましょう。

    ユーザーID:5261768864

  • なんとなく夫の思考が理解できた

    やりなおしさんやダースベイダーさんのレスを読んで、なんとなく夫の思考が理解できました。

    うちもギリギリの生活費しか渡されず、足りない分を働きに出ようとしたらそれも反対。
    まあ自分の不労所得があるので足りない分はそこから出していましたが。

    自分は使いたいだけ使っているのに、家族にはなぜこんなにケチるのかと思っていましたが
    夫の財産は夫のものという考えだったからなんですね。

    ちなみにうちの場合、夫のお金は夫のものというなら妻の時間と労力は妻のものということで、
    夫のお世話は最小限になりました。
    夫の両親が年取ってお世話が必要になってきましたがそれも必要最低限。

    家事がまったくできない夫はいまになって後悔しているようですが
    知ったこっちゃありません。
    それこそ夫のお金で外注でもすればと思ってます。

    ほんと、夫両親の世話は嫁がするなんて、嫁の善意と良心で成り立っていた
    何の拘束力もない慣習でしかないことをいい加減理解してほしい。

    ユーザーID:1465444401

  • 夫婦別産制、退職とともに緑の紙を夫に渡した妻

    夫婦別産制だから、夫の退職とともに緑の紙を渡した奥様を何人か知っています。
    もちろん財産分与も年金分割も。
    用意周到に事前に準備をなさってるようですね。

    離婚にいたる事情は他にもあるんでしょうけど、どなたも「退職金を使い込まれたら困るでしょ?手元に残ってるうちに別れないと」とおっしゃいました。

    夫婦ってなんでしょうね。
    結局、心遣いや労り合い、お互いに感謝の気持ちがなくなったら終りなんでしょうね。

    なんか世知辛いと言うか、「夫婦別産制だから、何をしようと俺の自由だ」なんて言われようものなら、私も緑の紙を用意しょうかなと思っちゃいますね(笑)
    高齢になると女の人の方が生活力には困らないようですし。

    前レスにも書きましたが、姉夫婦へのお祝いって怪しい(笑)

    ユーザーID:2313632323

  • 太っ腹


    退職金が1800万しかないのに500万もあげるなんて考えられない。

    夫の退職金は夫のもの とは思っていますが、なんだかな・・・。

    リフォームなんて自分の甲斐性でしなきゃおかしかろうに。


    とぴ夫は老後をどう考えてるのでしょう?

    義理姉夫は恥ずかしくないのでしょうか?

    ユーザーID:8311587291

  • なるほどなぁ…

    ここのレスが微妙にかみ合わないなぁと思ったんですが、理由がわかりました。

    夫側の立場だと、とにかく「権利の有無」で押し通したい。

    妻側の立場だと、夫婦なのに退職金を全部自分のために使う勢いってどうなの?という素朴な疑問。…ハッキリ言えば人間性を問うてる。

    そりゃ論点が噛み合わないですね。
    緑の紙を用意する妻がいるわけだ。

    ユーザーID:4679373053

レス投稿

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧