夫の退職金について

レス83
お気に入り302

モンブラン

話題

先日60歳で定年になった夫から、退職金1800万円の内500万円を夫の姉夫婦のリフォーム代としてお祝い金として渡したと言われました。私には一切の相談もなくです。私達夫婦は財布は別で毎月20万円を夫から貰いその中で光熱費、食費、保険料、などの生活費を賄っています〈子供は独立して別に住んでいます〉

正直20万では足りないので私も働きに出ています。
夫の退職金なので何にどう使おうと自由だと思いますが、義姉夫婦に500万も渡して妻の私には1円も渡さずにしっかりと握っている夫に私は何なんだろうと悲しくなりました。夫はいずれ自分が先に死ぬから、それからお前が自由に使えば良いと言いますが人生どちらが先に逝くかも分からないし、超高齢になって渡されても正直嬉しくもないと思います。
夫の考えが普通で私が強欲なのでしょうか?考えがまとまりません。

ユーザーID:2161278903

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数83

レスする
  • 五百万は大きいですね

    姉に五百万、過去に何か借金していたからとか理由があるのでしょうか。
    老後資金から五百万の割合は大きすぎると思います。

    しかし、老後に二十万も生活費を渡しているご主人は、かなりご立派だと思います。二十万もあるなら、その中から貯蓄はできませんか。私の経済感覚なら、二万から三万は、貯蓄ができると思います。
    少しづつ積み立てて、あなたの老後の資金にしていったらどうでしょう。

    私自身、パートと主人がくれる生活費から、長い期間がかかりましたが、二百五十万貯めることができました。このお金は、末期をとるお金として、病院の療養費に使おうと思っています。
    同じように、時間を味方につけて、コツコツ夫婦のお金を貯めていかれたらどうでしょう。

    五百万ぐらい、十年ぐらいで貯まるのではありませんか。
    夫が使った五百万は、私が取り戻す。夫婦はプラスマイナスゼロです。

    ユーザーID:7432195821

  • あり得ないでしょ

    ご主人、なんて気前がいいの、
    それも相談もなく?なぜ?
    我が家なら まず有り得ないけれど
    かなり大きな喧嘩になりますね。
    トピ主様が家庭及び家計も支えたから
    得る事が出来たまとまったお金かと思うんですよ。
    大変失礼かと思うのですが、この支給額に対して高額過ぎると思うんですよね。
    それにまずはトピ主様にもいくらかはねぇ、どうして?どうして?
    我が家も近いうちに手元に入るらしいので、とても人ごととは思えず身を乗り出してしまいました。
    まぁ、確かに今更返してくれとは言えないでしょうから 私なら同額頂きたいですね。
    退職金って夫婦の物ですよね。

    ユーザーID:1034067452

  • 言えない事情

    あると思いますよ。妻には本当の事は言えないですよ。
    生前贈与もしくは相続で弟には多く貰えて、姉には少なかったか、相続放棄させられた。そのことが気がかりで、退職金で500万円渡したとか考えられませんか?

    あなたに本当の事を言ったら「いくら貰ったんだ?」「そのお金は家のお金だから!」とか言いそうだから言わなかった。
    文章でも強欲が見えるので、リフォーム代と言い換えて言ったのだと思います。

    ユーザーID:8471890213

  • 離婚も視野に

    他のレスに婚姻中の収入は共有財産とありますが、
    これは間違いです。
    それぞれ収入を得た者の財産ですので、
    家計を運営するための応分の負担をしていれば、
    それ以上、強制的、法律的に取り上げることはできません。

    ただし、トピ主の夫の行動は、夫婦の信義に反する行動で、
    トピ主のお気持ちもわかります。

    しかし、離婚となれば、名義に関係なく、
    婚姻中の収入等は共有財産として財産分与の対象となりますので、
    実際にされるかは別として、離婚を前提に退職金の使い方を話し合われては、
    どうでしょうか?

    トピ主の別財布の定義には疑義はあるとして、
    主な問題はそこではなく、夫婦のコミュニケーションにあるのでは、
    ないのでしょうか?

    トピ主の夫が真摯にトピ主の訴えに耳を傾けないようであれば、
    「離婚」といった劇薬も必要なのではないでしょうか?

    ユーザーID:2967925988

  • 別財布のデメリット???メリットでしょう。

    夫婦で財布を一緒にした夫婦の悲劇がどれほど多くあるか。

    一生分の夫婦と家族の生活費を身を粉にして稼いだ夫を、定年したら用済みと言って、一生分の家事を提供せずに、自分勝手に離婚だと騒ぎ出す熟年離婚。

    夫の金で生活してたからこそ覚えた家事を武器に、「家事も出来ないのか」「家にずっと居ると邪魔」とか罵倒する。

    妻の家事育児のおかげで稼げたお金を自分の好きに使う男性と何が違う??

    更に夫の稼いだ金で育ち、教育を受けてきた子供にも自分に有利なことを吹き込み
    「父親は構ってくれなかった。私はお母さんに育てられた!!」といわせる。

    そんな女性たちの言い分は、「妻に老後見捨てられないように若い頃から妻に気を使え!!そして、家事育児もして、稼ぎも当然差し出せ!」でしたよね。

    それが、「夫に老後見捨てられないように若い頃から夫に気を使え」に変わっただけ。

    もっとも共働きだったら、お互いに平等な立ち位置になるだけ。


    今までの熟年離婚による自分勝手な振る舞いが、若い世代にしわ寄せがいっているだけでしょう。

    ユーザーID:6303227325

  • ごく自然な感情でしょう

    奥さんが家計の足しに働きに出るような家庭で、退職金が1800万って事は、サラリーマンとしては中の上で、退職金がそのまま夫婦の老後資金になる経済状況でしょう。それと、全文読むと、トピ主さんが最も引っかかっていることは「一切の相談がなかった」こと。

    その前提で読むと、1円も渡さずにしっかりと握っているという文面は、自分の贅沢費にしろとか名義を寄越せということではなく、老後資金の決定権を一手に握って渡さないことを指しているのではと思います。

    大抵の家庭は、夫が管理したとしても、老後資金のざっくりとした使い道については、妻への相談があるのが普通です。確かに、法的には妻への権限は一切認められていませんが、子供産んで家事育児をメインで育て、ご主人が仕事に邁進できる環境作りに貢献してきたことを評価して、意見を聞いて決定に関与させるわけです。

    それなのに、自分は何だ・・・とないがしろにされたと感じるのは普通だと思います。

    これが、貯金が億で、夫婦の老後資金に全く影響がないとか、相続財産を動かしただけなら好きにすればという話ですけどね・・・。老後資金の額の増減で大きな影響を受ける相手に無断で渡すのは、不誠実な行動だと思います。

    ユーザーID:6466474661

  • 夫の場合3

    度々失礼します。

    前レスに私たち夫婦は「自分の糧は自分で稼ぐ」が信条と書きました。
    ここは四国の田舎町なんですが全国規模の大企業ならともかく、
    地方の中小企業でトピのような退職金を支払う会社なんて
    役員ならアリでしょうが、社員ではないでしょうね。

    なので退職金出たらいいな〜程度に思っていた方が、
    実際に支給された時嬉しさ倍増?なんですよ(笑)
    殆どの良心的な会社は中小企業退職金共済機構に加入して
    少額ながらも準備金として積み立ててくれてますけどね。

    ↑の事情もあって退職金ありきの老後計画なんて厳しいのが現状。
    現役であっても老後の年金生活であっても基本、
    給与及び年金で日々の生活を賄えるように、生活をスリム化したり
    捨てたり見直しを常々しておく必要があると思ってます。

    各々の退職金は好きに使えばいいと考えてますが、
    個人的に全額を家計運用に充当するのは不安かな?
    自分の病気や怪我での入院や親の介護や相続等の不確定要素があるので
    ある程度は余剰金としてプールしておきたいです。

    夫も全額退職金を使ったわけではなく纏まった支払が発生した場合を
    想定してある程度の金額はプールしているみたいですし。(笑)

    気持ちのどこかで相手の退職金を当てにしてモヤモヤするくらいなら
    自分の退職金で、相手に出来るだけ余計な負担をかけないよう
    準備していく方が結果、将来の負担が少なくて済むでしょうし、
    何事もなければそれはそれで余剰分があるのでゆとりもできるでしょう。

    10年後、20年後程度のスパンで人生設計(随時見直しします)しているので
    夫の退職金云々で夫婦で揉める事はないですね。

    ユーザーID:3452827742

  • 50代主婦さんに同意

    うちの夫が以前永年勤続で二桁の報奨金をいただきました。
    夫がまずしたのは母親を旅行に連れて行くという企画でした。国内ですが
    豪華な旅行企画を。行くことにしたからオマエも来る?と聞かれました。
    トピ主さんと同じような気分になりましたよ。別に夫の報奨金なのでどう
    使おうが彼の勝手ですが、先にちょっといいところにでも飲みに行こうかなんて
    ものもなく真っ先に考えたのが親との旅行。500万の話とは規模が違いますが
    同類な話だと思います。うちは私の方が年収が高く私の持ち家に住んでおり、
    ぶっちゃけこの生活レベルが出来ているのは私の貢献度合い大です。
    豪華旅行だって別に自分の手持ちから出すことも普通に可能です。
    全額自分の采配をするにしても何の断りも無いのはただ寂しく虚しく感じるんですよ。
    法律なんぞを持ち出す人や妻の物でもあるという主張をする人って
    感情に溺れて論理を見ないのも法律だからと人には普通に誰でも持つ感情を
    見下す人も極端過ぎます。
    500万を援助しなければいけない事情があるなら妻には先に話すべきでしょう。
    お金入ったー、お姉ちゃんに分けてあげようーだったらそりゃ妻って何なの?にもなりますって。
    それにしても夫のお金だからと家族に冷たくても別にいいじゃないか的な人は
    自分の老後のことしか考えていないんですかね。私はもうすぐ定年で退職金が
    入りますが、夫婦の老後資金として家計として考えているんですが、それはお人よし
    なんでしょうか?今日、夏のボーナスが入ったので夫とちょっといいところに飲みに
    行こうと思います。昔報奨金のことでは残念に思ったけどそれだけで私の稼ぎは
    自分一人のものとは思わないだけの感情をまだ今でも持たせてくれる夫で
    良かったとつくづく思います。

    ユーザーID:5687435120

  • 交通整理

    複数の問題がゴッチャになっているので、レスも混乱していますね。
    整理しましょう。

    >毎月20万円を夫から貰いその中で光熱費、食費、保険料、などの生活費を賄っています
    >正直20万では足りないので私も働きに出ています

    要は、トピ主は専業主婦で、自分の小遣い程度をパートで稼いでいるんですね。
    家計管理は旦那。

    トピ主が

    >私達夫婦は財布は別で

    と言っているのは、実際にはこういうことです。


    そうであれば、退職金については、

    >妻の私には1円も渡さずにしっかりと握っている夫

    これは全くルール通りの運用です。

    家計管理は夫がして、必要な生活費だけを妻に渡す。そういうルールだったのですから。
    夫が何も疑問に感じないのは当然でしょう。

    他方、

    >退職金1800万円の内500万円を夫の姉夫婦のリフォーム代としてお祝い金として渡したと言われました。私には一切の相談もなくです

    これはやはり問題だろうと思います。
    専業主婦家庭であれば、旦那の稼ぎを妻はアテにしているので、どう使うかは、当然、一言、相談があるべきだったでしょう。
    退職金は賃金の後払いなので、宝くじとは違います。夫婦生活を基盤とする稼ぎの一部です。
    最終決定権は夫にあるにしても、妻に事前打診もなしでは、今後の協力関係を難しくするでしょう。
    しかも、1800万円のうちの500万円は大きすぎます。

    >私は何なんだろうと悲しく

    その気持ちははっきり夫に伝えましょう。
    なんで相談してくれなかったのか、と。
    その権利はあると思いますよ。

    ユーザーID:4068042911

  • 500万円のお祝い金!はあり得ない

    退職金が1800万円しかないのに親族に500万円のお祝い金!はあり得ないと思う。

    世の中の相場というのは、新築のお祝い金で 友人・職場の同僚・・・5,000円〜10,000円 、兄弟姉妹・・・10,000円〜30,000円でしょう。ちなみに私は姉から10万もらいました。

    新築であってもその程度が相場ですから、リフォームで500万円はあり得ないと思います。普通の家であれば500万円もあれば大抵のリフォームができてしまいます。

    もしその家が豪邸であればリフォームに何千万かかるでしょうけど、豪邸に住んでいる人なら、退職金が1800万円しかない人から500万円のお祝い金!など、絶対に受け取らないでしょう。お祝い金を払った人の今後の生活を思うととてもじゃないけど受け取れません。

    そもそもトピ主さん自身の家のリフォームはしなくてよい状態なのでしょうか? 仮に自分の家のリフォーム代に800万かかったとしたら、あと1000万しかないですよ。夫婦ともに85歳までいきるとして、今60才なら後25年あります。生活費が年間300万かかるとして、300万×25年=7500万必要です。トピ主さん夫婦の年金収入は年間300万以上あって、何とかなるという計算でしょうか?

    高額所得者でもないのに、自分の今後の生活のことを考えず、親族の家のリフォームに500万円のお祝い金を出すという夫も異常ですが、それを平然と受け取る姉夫婦も異常だと思います。

    これはお祝い金という範疇ではなく、リフォームの負担金であると考えるべきではありませんか! 或いは何らかの理由、例えば借金とかで姉夫婦に払う必要があった!とは考えられませんか!

    ユーザーID:4594278223

  • 離婚を勧めるレスは

    離婚を勧めるレスは、単にあなたの無知・無理をいさめる目的で投稿されており、本心から離婚がベストだと推薦しているのではないと思いますよ。

    なぜなら、
    離婚したい場合、確かに婚姻期間中に為した財産は折半されますが、
    そもそも、
    婚姻を継続しがたい事情などなにもないのに一方的に離婚を要求する妻は多額の慰謝料を支払うなどして夫に離婚を許してもらう必要があります。
    あなたが「婚姻の継続を阻む有責配偶者」になるってことです。
    それでも夫が離婚を許すかどうかは夫次第です。

    このように、離婚の提案なんてまるで現実味がない夢物語なんですから、
    それを本気で提案しているとは思わない方が良いです。

    --
    個人の心情やスキキライに関わらず、別産制は日本の法律の厳然たる原則です。

    一方、夫婦には相互扶養義務があります。
    夫が責められる点があるとするならば、今回の夫の行為が夫婦相互扶養義務に反したものなのかどうかという点です。
    今回の贈与(?)で、ご夫婦の老後に明確な悪影響がありまっとうな生活すら成り立たなくなるようであれば相互扶養義務に違背するといえるかもしれませんね。

    --
    と、ドライに書きましたが、私自身は「老夫婦は共に手をたずさえて同じものを見、同じものを食べ、一緒に旅に行き、同じ家で一生を添い遂げる。そのために財布は一緒であるべき」と考え、そのようにしています。
    高額の出費をパートナーに無断で実行するなんてのは私たち夫婦には考えられないことです。

    ユーザーID:9548763070

  • それは悲しいと思います

    トピ主さんは、自分にも半分権利があると言っているのではありません。
    夫婦別産制を誤解しているわけでもない。
    ただ悲しいのだと思います。

    >義姉夫婦に500万も渡して妻の私には1円も渡さずにしっかりと握っている夫に私は何なんだろうと悲しくなりました。
    事前に500万援助したいと相談があったら…
    夫婦で「退職お疲れ様旅行」にでも行っていたら…
    きっと違っていたと思います。

    トピ主さんを擁護する人は感情論で言っているというレスがありましたが、これは感情の問題なんです。
    トピ主さんはご主人にないがしろにされたようで、ただ悲しかったのでしょう。
    少なくない年月寝食を共にした夫婦であれば、そういう感情を持つのは普通だと思います。
    ご主人と義姉に何か事情があるなら尚更、相談してくれればいいのにと思いました。

    うちの夫も定年退職しました。
    退職金の金額は私は知りません。
    退職金から義父母に数十万円渡したいと相談されましたので、了承しました。
    500万と言われたら正直、金額が大きすぎて快諾できたかどうかわかりませんが。
    夫はとても親思いな人なのです。

    夫婦別産制だから妻の了承など必要ないと仰る方もいるでしょう。
    でも、その一言が円満な夫婦関係を築くのだと思います。
    これから先、夫婦で過ごす時間はまだまだ長いと思っています。
    お互いに感謝や思いやりを忘れることなく過ごしたいですね。

    ユーザーID:0952901914

  • 強欲ですね

    日本は夫婦別産性なので、法基準だとあなたが強欲です。

    どうしても納得がいかなければ離婚しましょう。そうすれば財産分与として自分に裁量権のあるお金は入ってきますね。

    それが幸せかどうかは分かりませんが、とも付け加えておきます。
    婚姻状態は続けたい、相手の資産に一定以上口を出したい。
    これは強欲ですので、なにかを諦めるとよいのかなと思います

    ユーザーID:7923275340

  • 老後の計画はできているのかどうか

    妻の小遣いや贅沢部分に関してなら、夫がそれよりも姉への援助を優先させるのは夫の自由。でも生活の根幹部分に関してはどのように考えているのでしょう。

    自分達も持ち家なら、リフォームが必要になるかもしれませんよね。最低でも劣化や故障による修繕は必要です。車の買い替えや家電の買い替え等も。妻との平等会計としても自己負担分は存在するでしょう。

    わが家なんてそれ以外に予定している使途は殆どが夫由来ですよ。姑の施設費用の補填や葬儀費用、義実家の解体や整地、身辺整理費用。農業(兼業)経費の補填、田舎の冠婚葬祭費用。

    夫の退職金(5年後に支給予定)は1割弱の夫小遣い以外は私の管理と言うことで話が付いています。夫は「俺が長年苦労して働いたご褒美がたったこれだけか」と言いますが、私だって自分のブランド品や貴金属を買うわけではなし、夫が楽しく使えないだけで夫が背負った経費には違いないので仕方ありません。

    「まさか葬儀に手ぶらで行けないでしょう?貴方が正確に続柄説明できないくらい遠い親類の葬儀で、香典と籠盛や花で2万飛ぶのに、これからおじおばクラスの近い人たちが何人控えていると思ってるの。額も件数も確実に増えるんだよ?」

    と言ったら

    「あ」

    と一言。そこまで考えてなかったそうです。ここで「あ」なんて言う人でなければ日々の生活費だけ毎月定額で私が預かって、それ以外は本人管理でもよかったのですけどね。

    ユーザーID:2349323875

  • 夫婦別産制に対して

    感情論で反対意見を言ってる人がいますが、
    法律なんです。
    ここで夫婦別産制を述べてる人を言い負かしても
    法律が変わるわけではありません。
    それがこの国の制度なんです。
    夫婦で助け合いながら生活するのは自由です。
    生活費をいくら渡すのか、出し合うのか、
    それぞれの夫婦がお互いに納得して決めればいいんです。
    でも法律は法律なんです。
    たとえば裕福な家庭のご主人がなくなった場合
    「夫婦の資産は共同財産ですから」
    といくら主張しても相続税は取られるんです。
    再度言います。
    ここで言い負かしても法律は変わりません。

    ユーザーID:4726239935

  • トピ主さん宅は、多分レアケースで、何か事情ありかも。

    感謝かもさんのケースであれば、私もれいこさん同様、感謝かもさんの主張に同感です。

    権利義務の法的な問題ではダースベイダーさんの書いていることが正しいのかもしれないけれど、ごく普通に思いやりのある夫婦であれば、専業主婦世帯であれば、たとえ義務でなくても、妻は自分の労働力を自分ためにも夫のためにも同じように提供しますし、夫は自分の稼ぎを自分にも妻にも同じように提供するものですよね。

    もし、妻の労働力の恩恵を当たり前のように受けていながら、自分の稼ぎなのだから自分で勝手に使うという夫がいたとしたら、人間性を疑います。

    逆に、もしも夫が稼ぎの恩恵を受けながら自分の親の介護はしても夫の親の介護など知らないといい、夫に「じゃあ俺が仕事やめて介護するから、これからはお前が稼いでくれるんだな」と言われて慌てふためく妻がいたとしたら、愚かだなあとも、その妻の人間性どーよ、とも思いませんか?
    それと同じです。


    ただトピ主さんのケースは、ご主人「俺が貰った退職金なんだから俺のもの」な人なのでしょうかね。
    ちょっと違う感じじゃありませんか?
    「まあまあどーせあとで全部お前にやるんだから、いいだろ」みたいな感じで。

    本当にトピ主さん宅の収入が、退職金としては1800万であったなら、それは低くもないが高くもない。
    退職金1800万の人の年収が1800万なはずはなく、金額にフェイクがないなら、生活費20万をポンと渡す夫。そのお金、どこから来てるのだろう。

    例えばですが、給与所得とは別に不労所得があるとか?
    実家から得た不動産などで。
    (姉への500万も、それ絡みである可能性もある。)

    もしそうだとしたら、トピ主さんは、夫の給与所得だけでなく、夫が実家から引き継いだ財産の恩恵を受けていることになり、早まって緑の紙なんて用意したらそれらの恩恵を全て失うことになります。

    ユーザーID:7855411765

  • トピ主さんが知らない事があるのかも

    トピ主さんがショックなのは分かりますが、ご主人とお姉さんの間で500万を渡したい程の事があるのかもしれません。

    親からの愛と兄弟姉妹からの愛って同じ様に見えても実は違うと思います。
    姉がしてくれた事に感謝をしている弟、お金に換算出来ないけれど出来る限りの気持ちを表した。

    親に愛情深く育ててもらったら感謝は勿論ですが自然な事でもあると思います。ですが、これが兄弟姉妹だと当たり前で終わらない事もあると思います。 私は兄弟姉妹からお金では表せない程愛情をかけてもらいました。

    これは私の勝手な想像ですが、トピ主さんのご主人のお姉さんは優秀で自分も高等教育を受けたかったけれど、弟の為に我慢したとか、小さい頃にとても優しくしてもらって感謝しているとか、口には出さないけれどご主人には姉に感謝している事があると思いました。

    トピ主さんが義姉さんをどう思っているか分かりませんが、ご主人は長年の気持ちをやっと返せたと思っているかもしれません。

    ユーザーID:3971702310

  • 感謝かもさんに大いに同意

    お金は稼いだ人だけの物だと言うなら、何も結婚する意味ないでしょう。
    お金も自分の好きに使えるし…

    感謝かもさんの意見に賛成です。

    ユーザーID:2280815490

  • 別産制なら年金の半分弱と退職金の750万弱等貰って離婚

    22歳で就職、28歳で結婚、60歳で定年なら、婚姻後の夫婦の預金・年金・退職金の32/38のうち、半分は離婚時にトピ主さんが受け取れます。
    ご主人が別産制を主張されるなら、年金と資産を分割してもらって離婚するという法に則った対応が可能です。
    単身になるのでスケールメリットは消失しますが、義理親の介護がこれからなら解放されるでしょう。

    別産制って変な制度というか、『妊娠出産家事育児は女にさせて、稼いだ金は俺の物!』って出来ちゃうんですよね。
    パタハラ問題が騒がれていますが、別産制なら男性にも育休や時短や病児の看護休暇を取ってもらって、女性もきちんと仕事を続けた方がいいですね。
    それで夫がパタハラに遭っても、妻は当然の『権利』を主張したのみで、悪いのはパタハラ加害者ですから、妻を責めるのはお門違いですね。
    知り合いの奥さんが権利意識の明確な人で、毎日毎日定時で帰る羽目になり出世コースから外れましたが、別産制なんですから仕方ないですよね。

    ユーザーID:8994325627

  • 普通は500万も「贈与」しないから、

    もやもやするなら理由を聞いてみたらいかがでしょうか。

    これが、「昔、姉に学費を出してもらったから。」などであれば、ご主人の収入は、お姉さまが学費を出してくれて進学できたためと考え、納得できますよね。

    もしも、いきなり1800万もの『大金(?)』を一度に貰ったため、金銭感覚がおかしくなって5万と50万と500万の区別がつかなくなっているなどでしたら、夫婦でファイナンシャルプランをよく話し合って、計画的に老後資金を使っていかないとならないですし。

    一般的には、好きに使う権利があるからといって、いっきに退職金から500万も人に贈与しないですから、何か理由があるんじゃないでしょうか。

    ユーザーID:7855411765

  • 夫の場合2

    2回目です。可能性の話なんですが。

    ご主人の親が亡くなって相続が発生した時に
    相続申告上、義姉さんが相続放棄してご主人が全相続した場合、
    近い将来ご主人の退職金が振り込まれるから
    その時に内々で遺留分に相当する金額を渡す、と話し合っていたかも。

    渡したお金を何に使おうがそれは義姉さんの自由ですし、
    自分の退職金の使い道を決めるのもご主人の自由裁量な訳で
    ↑のような経緯があった場合の可能性もあると思います。

    私自身は大学卒業後から現在に至るまでフルタイムで(転職あり)
    仕事を続けている所為か思考的には男性のレスの考え方ですね。
    退職金は「退職報奨金」ともいうんですが、
    退職者の長年の業務の功績とか実績に対して支払われるものです。

    頑張ってきた自分への最終評価が退職金とも言えるから、
    配偶者から当然のように要求されたら、いやちょっと違うんじゃね?
    と思いたくもなるかな。(笑)

    夫婦の有様は其々だから正解はないけど、
    夫の退職金を当てにするくらいなら
    自分が頑張って働いて手にしたお金の方が気持ちよく
    好きに使える気がすると思うのは私だけかしらん?

    ユーザーID:3452827742

  • 噛み合うわけがない

    >妻側の立場だと、夫婦なのに退職金を全部自分のために使う勢いってどうなの?という素朴な疑問。…ハッキリ言えば人間性を問うてる。

    妻側の女性は「夫婦なのに」や「人間性を問う」のように、感情の問題にすり替えることでありもしない権利をあるかのように主張しているだけだと思いますが。
    「夫婦なのに」や「人間性を問う」と感じること自体は否定しませんが、だからといって妻の意向に反した夫が悪いかのような言い分は違うでしょう。

    夫からすれば「姉夫婦に支援したいから、自分のお金から500万渡した」ということ。
    お金の所有者である夫の「姉夫婦に支援したい」という気持ちと、所有権のない妻の「夫婦なのに」等の不満に思う気持ち、どちらが優先されるべきかなど言うまでもないでしょう。この夫を批判する人は、そこからしてズレています。

    一方が感情に任せてありもしない権利をあるかのように振り回し、好き勝手言えば論点が噛み合わないのは当たり前。
    恐らくあなたは「権利の有無」で押し通す夫側が悪いと思っているのでしょうけど、違います。間違っているのも話を噛み合わなくさせているのも、「夫のお金を妻の意向通りにしないのが悪い」と滅茶苦茶な主張をする妻側です。それが分からないか、頭では分かっていても都合が悪くて理解したくないから緑の紙を振り回しているだけでしょう。

    仮に夫に「妻に金を渡したくない」という気持ちがあるにせよ、そう思わせる原因がこれまでの夫婦関係にあったのです。夫だけが悪いなんてあり得ません。

    ユーザーID:2788076645

  • 制度を知らないのだから噛み合うはずがない

    >夫両親の世話は嫁がするなんて、嫁の善意と良心で成り立っていた
    権利の話とは別物な単なる夫婦間の役割分担の話ですね。

    >「夫婦別産制だから、何をしようと俺の自由だ」なんて言われようものなら
    何か誤解している様ですが、こんなことは言っておりません。
    権利のある側がそれをあげると言う。
    権利のない側がそれが欲しいと言う。
    他の方も指摘しておられますが、この違いを混同していませんか?

    >高齢になると女の人の方が生活力には困らないようですし。
    あなたが社会問題に無知なのはどうでも良いですが、あなたの主張と現実は真逆。
    発言する前に、せめて単身高齢女性の貧困率くらいは理解しましょう。
    高齢になるほど女性の方が生活に困っています。
    周到な準備(笑)とやらをして緑の紙を書いた人ほど、貧困リスクは高まります。

    >夫婦なのに退職金を全部自分のために使う勢いってどうなの?という素朴な疑問。…ハッキリ言えば人間性を問うてる。
    別に押し通すつもりなんてありませんけど。
    権利もないのにさも自分のものでもあるかの様に振舞うのはどうなの?と人間性を問うています。
    夫婦間の相互リスペクトを否定していません。
    普段から互いをリスペクトする様な関係なら妻も夫の退職金の恩恵に授かれるでしょう。(夫婦を逆にした話は聞いたことがありませんけど)
    実際、現実ではこのパターンが多いですが、多いというだけで決められたものでは無いってことです。

    ユーザーID:7520970321

  • なるほどなぁ…

    ここのレスが微妙にかみ合わないなぁと思ったんですが、理由がわかりました。

    夫側の立場だと、とにかく「権利の有無」で押し通したい。

    妻側の立場だと、夫婦なのに退職金を全部自分のために使う勢いってどうなの?という素朴な疑問。…ハッキリ言えば人間性を問うてる。

    そりゃ論点が噛み合わないですね。
    緑の紙を用意する妻がいるわけだ。

    ユーザーID:4679373053

  • 太っ腹


    退職金が1800万しかないのに500万もあげるなんて考えられない。

    夫の退職金は夫のもの とは思っていますが、なんだかな・・・。

    リフォームなんて自分の甲斐性でしなきゃおかしかろうに。


    とぴ夫は老後をどう考えてるのでしょう?

    義理姉夫は恥ずかしくないのでしょうか?

    ユーザーID:8311587291

  • 夫婦別産制、退職とともに緑の紙を夫に渡した妻

    夫婦別産制だから、夫の退職とともに緑の紙を渡した奥様を何人か知っています。
    もちろん財産分与も年金分割も。
    用意周到に事前に準備をなさってるようですね。

    離婚にいたる事情は他にもあるんでしょうけど、どなたも「退職金を使い込まれたら困るでしょ?手元に残ってるうちに別れないと」とおっしゃいました。

    夫婦ってなんでしょうね。
    結局、心遣いや労り合い、お互いに感謝の気持ちがなくなったら終りなんでしょうね。

    なんか世知辛いと言うか、「夫婦別産制だから、何をしようと俺の自由だ」なんて言われようものなら、私も緑の紙を用意しょうかなと思っちゃいますね(笑)
    高齢になると女の人の方が生活力には困らないようですし。

    前レスにも書きましたが、姉夫婦へのお祝いって怪しい(笑)

    ユーザーID:2313632323

  • なんとなく夫の思考が理解できた

    やりなおしさんやダースベイダーさんのレスを読んで、なんとなく夫の思考が理解できました。

    うちもギリギリの生活費しか渡されず、足りない分を働きに出ようとしたらそれも反対。
    まあ自分の不労所得があるので足りない分はそこから出していましたが。

    自分は使いたいだけ使っているのに、家族にはなぜこんなにケチるのかと思っていましたが
    夫の財産は夫のものという考えだったからなんですね。

    ちなみにうちの場合、夫のお金は夫のものというなら妻の時間と労力は妻のものということで、
    夫のお世話は最小限になりました。
    夫の両親が年取ってお世話が必要になってきましたがそれも必要最低限。

    家事がまったくできない夫はいまになって後悔しているようですが
    知ったこっちゃありません。
    それこそ夫のお金で外注でもすればと思ってます。

    ほんと、夫両親の世話は嫁がするなんて、嫁の善意と良心で成り立っていた
    何の拘束力もない慣習でしかないことをいい加減理解してほしい。

    ユーザーID:1465444401

  • やりなおしさんのレスを良く読んだ方がいい

    >別財布だったとしても退職金は夫婦の共有財産ですよ。

    勘違いしている女性が多いですが、ここ日本にはこんな制度はありません。
    家族を生活難に追い込むほど個人で使い込む様な場合を除いて、離婚しない限り、夫の財産は夫のものなんですよ。
    「退職金は夫婦二人のもの」や、そうした思想の根底にある「家計管理は妻が一括で行う」なんて、主に夫サイドの善意と良心で成り立っていた何の拘束力もない慣習でしかないんですよ。
    いい加減理解しましょう。

    ユーザーID:5261768864

  • 夫の場合

    結婚26年50歳代後半で共働き子供なし、10年半前より完全分離型二世帯住宅にて
    夫の両親(80歳代半ば)と同居している長男の妻です。
    夫はSEで私は経理事務をしています。

    ウチでは結婚当初から生活用の口座(夫名義)を新規に開設し
    各々の給料の額に応じた負担割合で生活費を出し合って
    その中でやりくりをしています。

    数年前に夫は早期退職で一度退職し、グループ会社に翌日再雇用されました。
    業務内容と勤務地はそのまま変わらず、給与面では手当なし昇給なしに。

    退職金が夫の口座(家計用口座とは別)に振込まれると、一応聞かれましたね。
    ま、元々「自分の糧は自分で稼ぐ」が信条の夫婦なので
    「好きにすればいいんじゃない?」と返事をしましたよ。(笑)

    強いて夫に言ったのは「余剰分が残る金額ならローンの繰上げ返済に充当する?」
    くらいです。
    ウチでは夫が60歳で住宅ローン完済になるよう節約とやりくりをしていて
    早目に完済した方が楽になるので。

    最終的に夫が決めたのは15年以上修理しながら乗っていた車を売って
    2シーターの趣味のスポーツカーの新車に買い替えたのと
    レース仕様のマウンテンバイクを1台新車で購入したくらいかな。
    因みに事前に相談とかはありません。
    予算内で購入する分には私は特に異存はありませんから。

    他の方のレスに年金生活になった時の別財布の夫婦への質問がありましたが
    自分の人生設計は独身時代から各々計画的にしているので
    どちらかが亡くなったとしても生活に困らないようにしています。
    金銭面で言えば自立自活している大人が二人一緒に生活している、
    そんな感じでしょうか。(笑)

    ユーザーID:3452827742

  • 義務教育で習ったはずなのに知らない人が多過ぎる

    退職金は夫だけのものじゃないと強弁する人が居るけど、他所の外国の話でもしてるの?
    ここ日本は、民法762条で夫婦別産制を規定されている。
    つまり、夫の退職金は夫だけのもの。
    ついでに給料も夫だけのもの。
    当たり前だけど、夫の金の使い道は夫だけで決めていい。
    逆に、妻=他人には、口出しする権利も浪費する権利も1ミリもない。

    離婚したら退職金は分割対象にはなるが、自動的に半分貰えると思ったら大間違い。
    あくまで婚姻期間に応じた額しか対象にならないので、例えば、勤続40年の夫との婚姻期間が10年の妻が離婚した場合、10年分しか分与されない。
    当然、妻の退職金も分割対象になることを忘れずに。
    慰謝料とかもそうだけど、女は常に金を貰うだけで、何時如何なる時も払わなくていい、なんて事はないから。

    ユーザーID:8024278019

レス投稿

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧