倦怠期からの離婚話し

レス8
(トピ主0
お気に入り50

恋愛・結婚・離婚

にゃこ

今結婚7年目で夫28歳 6歳と5歳の子供がいる専業主婦です。
タイトルにも書いてますが、その事で一人じゃ考えが見つからないので相談しにきました

去年の9月頃からずっと単身赴任に行ってる主人の様子がおかしくて、帰ってきたときに聞いてみたら女が出来たとかではなく。急に倦怠期で一人が楽でなんも考えたくないと言われました。少しほったらかして様子をみてたのですが、年明けした今も態度が変わらず、連絡すら減りました。子供たちもパパと電話したいって言って電話してるのですが、仕事が忙しいと避けられてます。
そして、1ヶ月前ぐらいに帰ってきたときに、
もう別れたい。一人のが楽だと言われました。いきなりのこともあり泣きついて考え直して欲しい と引き留め主人の要望で当分連絡とかなしでほったらかしにして と言われたので1ヶ月連絡せず、昨日久々に電話しました。今の気持ちを伝えて主人の気持ちも聞いたのですが、気持ちはこの先も変わらず、まず一緒に生活はしたくない。一人のほういい。私たちが待ってる家には帰るつもりはない と言われました。

子供たちはバラバラになって欲しくないって言って泣いてて。私自身も少しずつ、前みたいに夫婦らしくなれるよう頑張りたいって思ってるのですが、主人の意見は違って別れたいって言ってます。どうしたらいいのでしょうか

ユーザーID:0592240947

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数8

レスする
  • ごめんね、キビシイけど…

    トピ主様に思い当たる原因が無いのなら、
    十中八九、女性かと。
    少なくとも、「気になる」人がいるんだと思います。

    良く考えてみて欲しいんだけど、子供が二人もいるのに、こんな無責任な態度や話をサラッと言う人なんて普通じゃないですよ。
    妻に冷たいのはアリですが、子供に対してこれはナイでしょう?

    子供が二人もいて、双方の両親になんて説明するんですか?
    養育費の支払いだってあるし。

    完全に冷静な状態ではないと思います。
    本当にトピの内容どおりの事情なら、もっと違う対応だと思います。

    「そうね、考えてみるわ」って事で時間を稼ぎ、業者に依頼して、調べてみたらどうでしょう。
    それか、内緒で旦那様の留守中に赴任先の部屋に行ってみたらどうですか?「話し合いに来たの」と言えばいい。
    部屋の中をみたら、わかると思いますけど。
    それと、これからの会話は録音です。
    必要な事はsnsなどでやり取りし記録に残すことですね。

    この場合は、とにかく冷静になるまで、時間を費やすことです。
    「離婚」なんていつでも出来るんですから、急ぐことなんてありません。
    それに、お子様を不安な状況に巻き込まないで。
    結論が出るまで不安でも、子供の前では負担どおりの母親であることです。

    私なら試しに、「私が養育費払うから、子供を引き取る覚悟ある?」って夫に聞いちゃうかもしれませんね。

    ユーザーID:5785365819

  • 先ずは・・

    ご主人の身辺調査をする事ですね。
    女性関係はない!なんて単身赴任なら分かりませんよ。
    大抵、男性が離婚を言い始める場合、女性の影がある事が多いです。

    それにご主人28歳で6歳の第一子が居るという事は大学出て即結婚でしょう?
    その前から主さんと交際していると考えると非常に若い頃からお二人は居る訳で、要は遊んでないんじゃないでしょうか。
    そしてここへ来て単身赴任で独身気分になった。
    本来ならもっと前に済ましておくような「遊び」や「他の女性との交際」を一切知らずに来た!みたいな・・。

    女性が居ると考えた方が自然ですね。

    ユーザーID:7051072230

  • 添い遂げる自信はありますか?

    ご主人は結婚が早かったんですね。

    女性がいる可能性もあるけど、
    自由になりたいという願望は本当だと思います。

    知人がほぼ同じ状況で、やはり夫側から離婚したいと言われました。

    夫が自由人とわかっての結婚だったので
    結婚しても、子供が生まれても、家事も育児も無理強いしたことはなく
    休日、夫が一人で遊びに行っても快く送り出していました。
    共働きだったので、金銭面で文句を言ったこともなかったそうです。

    せめて、家族のイベントは一緒に行こうと誘っていたのですが。

    それさえも「うっとしい」「俺ばっかり我慢ばかりしている」と、ある日キレて
    「離婚しよう」と、なったそうです。

    結果から言ったら、離婚しました。

    再構築するにはどうしたらいいか
    考えに考えているとき、ふと思ったそうです。

    「でも私、子供が巣立った後、あの人と一緒に暮らしたくない」と。

    そのあと、子供ととことん話し合って離婚を決意。

    離婚の際には養育費の件はもちろんですが、
    夫には必ず子供と月1回遊びに行くように約束させたそうです。

    それまで子供と父親だけで出かけたことは一度もなかったので
    「離婚したほうが、父親とスキンシップできてるし
     私も1日フリーで遊べる日ができて、逆によかったかも」と、笑ってました。

    金銭面の不安はあるようですが、知人一家は毎日が楽しそうですよ。

    ユーザーID:4852577339

  • 浮気かな

    とりあえずご主人の身辺調査がさきです。
    ご主人のしようとしていること、すごく無責任ですよ。

    ユーザーID:3115029885

  • 難しいですが、対処の方法はあります

     既婚者が、家族の存在を負担に感じるのは、珍しいことではありません。自由気ままに振る舞えた独身時代を思い出し、現在と将来に拘束感を抱いてしまうのは、無理からぬことだとも言えます。
     取り分け、トピ主様のご主人のように、若くして家庭を持ち、しかも単身赴任という形で一人暮らしを経験された場合、その気持ちは強くなるのではないでしょうか。

     問題は、拘束感の解消が、離婚でしか実現出来ないと思い込んでしまうことです。
     この思い込みの背後には、家族とは共同生活を送るべきもの、出来る限り一緒に居るものという、強固な常識があります。
     常識の通りなら、自由は離婚によってしか得られません。果たして、そうでしょうか。

     時に共にあり、時に孤独を楽しむ、そんな家族(夫婦)の在り方を想定してもいいように思います。
     自宅の他に、マンションかアパートを用意して、孤独になりたい時には、一時、そちらで一人を楽しむ。あるいは、自宅の中に個室を設けて、自分だけの時間と空間を確保する。ご主人だけでなく、トピ主様もそのようにする。

     こうした生き方を、冷淡と考えるべきではありません。
     人恋しくもなり、人が煩わしくもなるのが人間であるなら、これは家族の仲を保つ効果的な方法だからです。

     ただ、これを実現するには、(物理的な問題を克服するだけでなく、それ以上に)皆が、先に述べた〈常識〉に捕らわれないでいる必要があります。
     かなり困難なことだとは思いますが、それさえ出来れば、今回の問題は解消するように思います。

     

    ユーザーID:3616103884

  • うーん

    お別れしかないかもしれない。

    あとはご主人の不貞を見つけて不貞による離婚か、不貞は見当たらずに性格の不一致による離婚。

    ご主人にはご主人の言い分がトピ主さんにはトピ主さんの言い分があると思うけど、夫婦関係を構築してこなかった二人の問題としか言えない。
    その結果として例え浮気があったとしても離婚希望というご主人の答えが全て。

    女性の存在が本当にあるとするならそれは浮気ではなく乗り換え。
    トピ主さんと離婚をして別の女性と暮らしたいというご主人の意思だから。
    ただ、それを何らかの方法で証明できないなら浮気の事実はないということになる。

    ご主人側もお子さんとのお別れもあるから相当考えたと思う。

    トピ主さんは離婚という現実を突きつけられて慌てて夫婦関係の再構築を考えている様子だけど、本来お別れ前に何らかのサインがあるはず。
    それすら見落としている程度の夫婦関係しか築けていないならお互いに離婚が良いのかもしれない。

    ユーザーID:5715043452

  • それは

    専業主婦で子供が小さいのに、若い夫婦が
    別々に暮らすから、ご主人寂しいんでしょ。
    帰宅したとき、パパーって可愛い子供達の
    賑やかな声が聞けないって寂しいことよ。

    お子さんの転園、転校と、家族バラバラに
    なるのとどちらが大事ですか?
    やり直したいなら子どもさん連れてパパの
    ところに飛び込むだけです。
    何の問題がありますか?

    ユーザーID:4685134473

  • 待ってるだけだったの?

    男性です。

    女性が居るかどうかは判りませんが、女性以外が理由の可能性も十分高いと思います。ところで、トピ主は専業主婦とのことで、働いておられないのに何故単身赴任を選んだの?

    「去年の9月頃からずっと単身赴任に行ってる」とのことですが、トピ主はご主人が定期的に帰ってくるのを待つだけだったのですか?転身赴任先にトピ主だけや家族で訪問したり、任地近くで行楽や家族で過ごしたりすることは無かったのでしょうか?

    だとしたら、一人寂しく任地で働いているのに、家族は自分(夫)をほったらかしで、自分の存在意義が感じられなくなった...としても頷けます。

    倦怠期と言うよりは、妻であるトピ主や家族との距離感が薄れてしまった代わりに、独り身生活の気楽さ・自由さに心を奪われてしまっているのでしょうね。

    >>少しほったらかして様子をみてた...

    この選択は良くない(個人的には最悪の選択)だと思います。子供も居るし専業主婦だって忙しいし色々大変という話を小町で見聞きしますが、専業主婦の前に妻...ですよね?家事や育児で大変なのは重々承知していますが、妻である以上は目と心は常に夫優先(でも実際の身体は子供優先で動く)でないと、妻としての存在価値なんて無くなってしまうのでは?ましてや離れて暮らしているのなら、尚更だと思いますよ。

    夫婦は互いに手を握り合っているから「夫婦」でいられるのだと思いますが、その力加減は常に半々一定ではないですよ。それを怠ってしまっていたのではないですか?

    実両親・義両親にでも子供を預けられるのなら、とりあえず夫の元に駆けつけたらどうでしょう?トピ主が「妻」であること、夫の傍に居たいことを実感すれば、少しは夫の気持ちの傾きが変わるかもしれません。

    ユーザーID:5631798337

レス求!トピ一覧