現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

それでも嫌いになれません

トピ主
2019年6月4日 23:11

トピを開いていただき、ありがとうございます。

ちょうど1年前。年老いた母と2人で暮らすため、小さな一軒家を購入しました。
築35年の中古一戸建て。
古いな…と、正直思いましたが、「施工したハウスメーカーの長期サポート継続あり」「建築時から現在までのメンテナンス履歴すべてあり」「優良中古物件の認定を受けている」と言われたので、それならば安心と思い、思い切って契約しました。
内覧時、基礎部分が、まるで新築のように綺麗だったので、案内してくれた担当者に「最近補修したのですか?」と尋ねましたが、「基礎の補修履歴はありません」と即答されたので、それも決め手にもなりました。

引き渡し翌日に、玄関ポーチの基礎が、一部剥がれて鉄筋が露出しているのを、見つけました。
古いからな。これくらいは仕方ないよね。
その時は、その程度にしか思いませんでした。

引っ越して、1ヶ月経たずに、別の場所が膨らんできて、ある日ポーチと同じように、コンクリートが剥がれ落ちて、鉄筋が露出しました。
慌ててメーカーのサポート部門に連絡したら、「寒冷地特有の、結露によるポップアウト 現象というもので、簡単な工事で直ります」「ついでに内外装のリフォームもしましょう」と勧められました。
購入特典の割引も受けられると言われたので、思い切ってリフォーム工事をお願いしました。
ただ。工事の打ち合わせの間も、基礎の剥離が止まらなかったため、「基礎の工事については、1年様子を見てから」と、途中で取りやめました。
夏になる頃、基礎の剥離は一旦収まりましたが、今年も雪解けと共に、またはじまりました。
1日のうちに、コンクリートの表面が剥がれ落ち、クラックが生じ、これはただ事では無いと思い、ネットで検索したら、ポップアウト ではなく、爆裂や露筋と呼ばれる、重大な瑕疵である事を知りました。

(すみません。長くなったので続きます)

ユーザーID:9846789105  


お気に入り登録数:3
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:3本

タイトル 投稿者 更新時間
トピ主(続きです)
トピ主(トピ主)
2019年6月5日 20:25

内覧の時、基礎が新築のように綺麗に見えたのは、ペンキを塗ってあったせいでした。
綺麗だった基礎は、一冬越えた今は、まだら模様になっています。
ペンキが剥げた下からは、以前やった補修跡が浮かび上がってきました。
今分かってるだけで、20箇所くらいあります。うっすら黒くなってきている場所もあるので、多分もっと数は増えると思います。
補修跡のいくつかは、再び割れて剥がれて、錆びた鉄筋が剥き出しになっています。

仲介担当者からは、「売りに出す3年前の定期メンテナンスのデータを元に査定した」「売主が別の業者に頼んで補修したので、メンテナンス履歴には残ってなかった」「査定方法にも仲介方法にも問題は無い」「今後もハウスメーカーの指示通りメンテを行えば、長期保証は継続する」と言われました。

買った家の庭には、広い庭が付いてます。
荒れ放題だった庭木を伐採してもらい、母と2人で去年一夏かけて、草むしりをしました。
その甲斐あって、庭では今、前の持ち主が植えた、牡丹とあやめが咲いています。
春にはチューリップとクロッカスがたくさん咲きました。
以前住んでいた家から持って来た、父が植えた芝桜も無事根付いてくれました。
毎朝、雀がやって来て、砂浴びする愛らしい姿も見せてくれます。

基礎の瑕疵を見ると、仲介したハウスメーカーへの不信感と、騙した売主への憤りで、胸が苦しくなります。

けれど、母と暮らすこの家の事は、どうしても嫌いになれません。
むしろ、瑕疵の事が分かってからの方が、愛おしさが増したように思えます。
どうにかして、この家を直してあげたい。
けど、ハウスメーカーとは別の会社で、見積もりを取ってもらったら、180万円かかると言われました。
「瑕疵の原因は、建築時の施工ミス」だとも。

見積書が届いた日は、母に知られないよう、お風呂場で独り、涙に暮れました。

ユーザーID:9846789105
トピ主です
トピ主(トピ主)
2019年6月6日 20:44

ひとりではやりきれず、吐き出すように上げたトピに、目を止めて下さった方々、ありがとうございます。
瑕疵の事があって以来、人間不信気味になってましたが、ポチして下さった人がいるのを見て、とても嬉しく思っています。

ごめんなさい。今日もまた、もうちょっとだけお話しさせて下さい。


今朝。カラスが屋根の上で踊ってる音で、起こされました。
何を馬鹿な事をと、思われるかもしれませんが、本当なんです。
うちの屋根は真っ平らで、ビルやマンションの屋上のように、防水シートが張ってあります。
去年リフォームして、張り替えてもらったばかりなので、ピカピカです。
そこに、今朝一羽のカラスが舞い降りて、タッタカタッタカと、軽快なステップを踏んでる音で、目が覚めたのです。
本当に、タップダンスのように、見事なステップでした。
カラスは滑り台を滑って遊んだりもすると言うので、我が家の屋根の踏み心地や、足音の響くのが面白くて、遊んでいたのかもしれません。
15分ほどで本日の公演は終了しましたが、すっかり目が覚めてしまったので、今朝は6時前に起床しました。
母を起こさないよう、そうっとリビングでコーヒーを飲んでたら、窓辺を黒い影が過ぎりました。
何かと思って外を覗いて見たら、雀が水浴びをしてくれたらと期待して、庭に設置した皿から、カラスが水を飲んでいました。
「さっきのカラスかしら?」と思い、気配を悟られぬよう、息を殺して眺めていると、カラスは底の浅い皿から水を飲もうと、必死に首を捻っています。
子供の頃、絵本で読んだ、お皿からスープを飲めず、困っていた鶴のよう。
最近は嫌な事ばかりでしたが、愛嬌のあるカラスに今朝は心なごまされました。


週末に、ハウスメーカーのメンテ担当者が、基礎の様子を見に来ます。
瑕疵の本当の状態を知って以来、はじめて顔を合わせます。
胸中複雑で、今からとても憂鬱です。

ユーザーID:9846789105
また嘘を吐かれてました
トピ主(トピ主)
2019年6月9日 15:13

今日、ハウスメーカーの、メンテナンス担当の人が、やって来ました。
話の流れで、仲介担当者からは、「残っていない」と説明されていた、新築時からのメンテナンス履歴が、残っている事を知りました。

また、嘘を吐かれていた事が、ひとつ分かりました。


ハウスメーカーは、あとどれだけ私に嘘をついているのでしょうか。

メンテナンス担当者は、基礎の瑕疵は表層的な物で、躯体に影響のあるものでは無い。
メーカーの謳い文句通り、60年安心だと請け合います。

基礎の瑕疵は、先月見に来た時より、数が増えていると言われました。
塗装が剥げてきた部分からは、更に補修跡が浮かび上がってきています。
他にもよく見たら、古い補修跡がいくつも…。

最低限の補修だけでも、数十万はかかるようです。

ユーザーID:9846789105
 
現在位置は
です