お疲れ様とご苦労様の違い

レス56
(トピ主0
お気に入り73

生活・身近な話題

ひとみ

付き合ってる彼氏が居ます。彼氏のマンションへ遊びに行った時の事です。マンション敷地内を警備員さんが見て回って居ました。私はご苦労様です。と言ったのに対し、彼氏はお疲れ様だろ!と言って来ました。どっちなんだろう?と思いました。皆さん、どうですか?

ユーザーID:3667035701

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数56

レスする
  • いい彼氏さんですね

    目上の方に「ご苦労様です」は失礼に当たります。

    ユーザーID:4340927212

  • そこは「お疲れ様です」では

    間違っているかもしれませんが
    「お疲れ様です」は目上の人を労う言葉、「ご苦労様です」は上の方が部下などを労う言葉、と聞いたことがあります。
    25の自分は「お疲れ様です」しか言いません

    ユーザーID:9218488675

  • お疲れ様

    年上の方なので、目上向けとされているお疲れ様の方があたりが良いと思います。

    ただ、お疲れ様もご苦労様も、もともとは目上に使うもの/目下に使うものという区別が昔はなかったそうです。今では大筋、お疲れ様が目上、ご苦労様は目下と受け取られていますが、一部の人の感覚がそうなっていないのは、時代と共にニュアンスが変化してきている言葉だからかもしれません。

    ユーザーID:2551443411

  • 国語的には

    国語的にはどちらでもいいです。

    ただ、サラリーのマナー教育ブーム的にな過程でそれが新人教育、社会人の常識とされた時期があります。

    当然その流れ、流派を汲んだ人たちは失礼だと怒りますね。
    ですのでリスクがあるので避けた方が無難とも言えます。

    時代劇などに詳しければわかりますが、町人が侍にご苦労さまでございましたと言うのは自分が上とは思うはずもありません。
    殿様は家来に大義であったと言います。

    ご苦労様が労いの側面から年下らにと言うなら、お疲れ様ですも言うべきではありませんので。

    ユーザーID:4754824963

  • 常識と、常識の理由

     目上や年上の人には、ご苦労様ですは失礼で、お疲れ様ですと言うべき。
     これが常識のようですね。
     
     しかし、なぜ「ご苦労様です」は失礼なのでしょうか。
     私もかねがね疑問に思っていました。

     就職を控えた大学生に、マナー教育をする立場の方と話す機会があったので、理由を尋ねてみたことがあります。
     明白な理由はないというような答であったと記憶しています。

     時代劇などで、武将が家来に対して「ご苦労!」と言ったりする。そのイメージがあるからですかと、当てずっぽうで訊いたら、そうしたこともあるでしょうとのことでした。

     明白な理由がなくても、常識がそうなっているのなら、常識に従っておけばいいと思います。

    (どなたか、確たる理由をご存じの方がいらっしゃったら、教えて下さい)

     
     

    ユーザーID:3821753562

  • 最近ご苦労様聞かないかも

    誰に対してもお疲れさまで統一しています。部下だろうが年下だろうが、上から目線と誤解されたくないのでご苦労様は言わないです。
    隣りの部署の上長が労って部下に「ご苦労様」と声かけてるのを微笑ましく思っていたのですが、なんと裏で「偉そうに!」と憤慨しているとのこと。
    昔はよく聞いたけど、最近はそう思う人が多いからなのか聞かないですね。

    ユーザーID:0131290821

  • 「です」まで言っているのに

    最近は、どの場面でも「ご苦労さま」が言えなくなりましたね。
    目上の人に「ご苦労さま」が失礼というのを最初に聞いたのは…
    およそ30年前。
    3時過ぎに始まるワイドショーの中のマナー講座でした。
    でも「ビジネスでの場面では失礼」という事だった気がしますけど。

    私も管理人さんへの挨拶は「お疲れさまです」と言いますが、
    百歩譲って…
    若い女の子が御年配の人を相手に「ご苦労さま」なら、上から目線に聞こえなくもないですが。
    「です」まで言っているのに、わざわざ指摘までしなくても…とは思います。
    彼氏は警備員さんのムッとした顔でも見たのでしょうか。

    昭和のテレビでは、御用聞きの人に奥さんが「ご苦労さま〜♪」と普通に言ってましたけど
    相手が年下の若い人だったからですかね?

    ユーザーID:7469633616

  • なるほどね!

    おはようございます。
    これは、彼氏の言い分が正解のようです。
    「ご苦労様」は、主に目上からの言い方で、
    「お疲れ様」は、同輩・あるいは目上に対しての
    言い方だと聞いたことがあります。
    とりあえず誰に対しても、
    「お疲れ様」を使っておけば
    無難だということでしょうね。

    ユーザーID:4100330840

  • 遠い記憶ですが

    ご苦労様・・・それをするのに、例えば能力以上のことを求められているため苦労する。
    お疲れ様・・・何かをすれば、誰でも疲れる。

    というわけで、
    「お疲れ様」は目上でも可。
    「ご苦労様」は、目上に対して使うのは失礼。
    (自分より人生経験がある人が、自分が苦労だと思うようなことは簡単であるはずだから、目上に使えば馬鹿にしているととられる)

    と、30年前の新人教育で習った気がします。

    ユーザーID:4020091312

  • 会釈だけでいいかも

    会社ではお疲れ様は同僚
    ご苦労様は上司が部下へかける言葉 要するに上から下へです

    警備員さんへ言葉をかけたいのであれば
    いっそのこと、軽い会釈だけでもいいかと思う

     

    ユーザーID:9167346175

  • 自分が上だと思った?

    警備員より自分の方が立場が上だと勘違いしたから「ご苦労様」だったのでは。
    私は「お疲れ様」しか使いません。目上の人にも後輩にも。
    使い分けしない方が楽だしね。

    ユーザーID:4726504028

  • 素敵な彼氏

    私も上司にご苦労様です!を連発していて怒られました。

    いきなり怒られて、ショックでした。

    ご苦労様というのは、上司が部下に言う言葉だ!そうです。

    彼氏に怒ってもらって良かったじゃないですか。

    常識人の彼氏でいいですね。

    ユーザーID:5446585217

  • 私の場合

    目上には「お疲れ様です」が適切だと思いますが
    入居しているマンションの警備をするのがその方のお仕事です。
    入居者は警備員さんから見るといわばお客様ですから
    「ご苦労様です」でも構わないのでは?

    私は自宅に商品回収に来るクリーニング店の方やお米の配達担当の方
    どちらも年上の方ですがいつも「ご苦労様です」と言っていますよ。

    立場が読みにくければ「ご苦労様」の後に「でございます」をつければ強い敬意が宿るので
    「お疲れ様」では過剰になりそうな相手だとしても
    「ご苦労様」では失礼になりそうな相手だとしても
    いずれの場合にも堂々と使えますよと新社会人の折に受講した研修で習いましたよ。

    他の方も仰っていますが主さんは「ご苦労様」でやめず「です」をつけていますし
    入居者の連れという立ち位置でもあるのですから
    何も問題ないのではないでしょうか。
    ちょっと彼氏は融通の利かないマニュアル君に見えますね。

    ユーザーID:7961694293

  • どちらも言わない

    私は管理人さんには「こんにちは」です。
    アラカン、子どもは独立してますが、わが子が「ご苦労様です」「お疲れ様です」
    を使うことは許しません。まあ好みの問題ですね。

    ユーザーID:0554434749

  • そうなんですか?

    私は公共のことをなさっている方(横断の旗振りとか)に対しては「ご苦労をおかけしてます」という意味で「ご苦労さまでした」と言います。

    警備員さん相手なら「ご苦労さまです」でいいんじゃないかなあ。
    「お疲れさま」は会社の同僚が「お先に失礼します」と言ったときに「仕事、大変だったよなー」って意味で言うんでしょ?

    「ご苦労さまです」がいけないのは、「職場の上司」でしょ?

    会社で、自分より役職が上の方。
    会社での「ご苦労さま」は「大変なことをやらせてすまないね」って意味なので。

    「お疲れさま」と「ご苦労さま」の区別を気にするのなら、そこから気にして欲しいですね。

    ユーザーID:4358843631

  • マナーに厳しい現代

    昭和の時代,ごくろうさまは普通に使っていましたよ。

    それがご苦労様は,上の立場の者が「いや〜,ご苦労,ご苦労」みたいに,立場の低いものに対して使う言葉だ,と言われ始め,めっきり使われなくなってしまいました。

    マナーの達人,みたいな人がマナー講座などの番組で言って,
    「へー,そうなんだ!!」
    等とびっくりされるというパターンのものです。

    そういうもの,多すぎませんか。

    お通夜だって昔は暗い色の服でよかったのに今はきっちり喪服でいかないとマナー違反。
    目上の人への了解の言葉は,
    「わかりました。了解しました。承知しました。」すべてだめ,
    「かしこまりました。」が正しい,という。

    上記の話は最近ネットニュースで見ました。
    誰にでも「かしこまりました」と言う必要あるのか,
    分かりましたで十分だ。
    マナー講師による,へーと言わせるマナー講座が多すぎる弊害だ,
    ということでしたが,とても納得できました。


    話が飛びましたが,ごくろうさまの話はだいぶ浸透してきてしまっているので,言われた人が目下に思われた,と不快になるといけませんから,私は言うならお疲れ様ですね。

    でも。
    ご苦労様にはご苦労様でしか伝わらないニュアンスがあると思っているので,それが使えない現状は残念に思います。

    ユーザーID:1054430394

  • 気持ちを込めて。

    「お疲れ様でした」が、無難かも。
    「ご苦労様」は、目下の人に。
    言うなら「ご苦労様な事でしたね」でも良いと聞いたことがあります。

    宅配・郵便など「有難うございました」か、「ご苦労様でした」と言います。
    特に重たかったり、何種もあった場合は、「お手数を おかけしました」と言います。

    ユーザーID:1598338417

  • どちらも言いません。

    その代わり「お世話様です。」と声をかけます。

    ユーザーID:7164189867

  • もう何も言わない方が良いかもしれない

    何だか…
    「です」を付けようが、「ございます」を付けようが、
    「お疲れさま」も「ご苦労さま」も言わない方が無難ですね。

    名前を出してごめんなさい。
    つーさん様がご提案の「会釈」が一番良いかもしれません。

    うちの管理人さんは…
    出る時は「いってらっしゃい」
    帰った時には「お帰りなさい」と言ってくれます。
    それに対して「おはようございま〜す♪」「お疲れさまで〜す♪」と応えてます。

    顔見知りの心安さがありますが、行ってきます♪ただいま♪では違う気がするので。

    第三者から見れば、上から目線に聞こえかねないんですね。
    言葉遣いって難しい。

    ユーザーID:7469633616

  • そのうちなるようになる

     この「ご苦労様」問題は、なかなか難しいです。

     日本語に非常に詳しい高島俊男さんが、ご苦労様は目上から言う言葉としつつ、じゃあ代わりにどう言えばいいのかといったら...著作で色々な状況を想定しつつ困り果ててましたからね。

     多分、この「ご苦労様」やそれに類似する言葉を目下から言うことそのものが、昔の日本文化にはなかった(そういう状況では何も言わなかった)のではないかと思います。もし言うことがあるとしたら、ものすごく大仰な言い方をすることになったのではないかと。

    ユーザーID:7552142838

  • 「お疲れ様・ご苦労様」問題はさておき

    マンションの警備員さんへなら、「お世話になります」でいいのでは?
    何となく、ですが。

    ユーザーID:8488270819

  • 使い分けてます。

    郵便局や宅配便、新聞等の配達等の人から受け取る時や、仕事途中と思われる場合には「どうもご苦労様です。」と言います。

    ほかにもタクシー降りる時も「どうもご苦労様でした。」と運転手さんが年上の方でもそう言って降りてます。
    逆に「お疲れ様でした。」じゃ変ですから。

    それ以外や仕事が終わった人とかには「お疲れ様でした。」にしています。

    その時の雰囲気で、気持ちがこもっていれば使い分けてもいいと思う。

    ユーザーID:2898796334

  • 「ご苦労様」はやめました

    昔、家の修繕に来てくれた人に何気なく「ご苦労様でした」と言ったところ
    その人の顔色がかすかに変わったのを感じました。
    年齢は私とそれ程変わらない人でしたが、何というか今で言う「上から目線」に
    聞こえたのでしょうね。

    私もとっさにその気持ちを感じ取り、以来「ご苦労様」という言葉を使うことは
    なくなりました。
    代わりにその時の状況に応じて「お世話になりました」か「お疲れ様でした」を
    使い分けています。

    ユーザーID:2129199770

  • どっちも言わないな

    他人が住むマンションの警備さんなら笑顔で会釈だけ。
    自分はそこの住民ではないから、これでも失礼ではないと思います。

    自分が住むマンションであれば「ありがとうございます」「お世話になってます」ですね。

    以前に最寄り駅で高齢の清掃員さんに「いつもありがとうございます」と出勤時に声をかけてみたところ、あまりそういうことはないらしく、なんだかすごく礼を言われました。
    感謝すべきはこっち(利用客)のほうですけどね。

    そう考えると、別にトピ主さんが間違っているわけでもないとは思うけど。
    その方はトピ主さんの上司じゃないしね。

    ユーザーID:2430952726

  • 外部の人なら

    外部の人に対して「お疲れ様です」は言わないです。

    自分のマンションの警備員なら、
    自分の周りを警備してくださっているのですから、
    「お世話になってます」か「こんにちは」でいいと思います。

    でも、トピ主さんは、そのマンションの住人ではないので、
    挨拶するとしたら、「こんにちは」です。

    ユーザーID:1173224152

  • こんにちは、でも良かった。

    「こんにちは」でも良かったのでは。
    わざわざ上から目線的に「ご苦労様です」は無いと思う。

    社長上司などが部下に対して「ご苦労〜」とか「ご苦労様」と使う言葉だと思っています。
    だからと言って貴女が年下の人間に「ご苦労様」も無いと思う。

    ねぎらうつもりだとは思うけど普通に害がない言葉は「お疲れ様です」です。軽い会釈と共にです。
    彼がマンション住人だから警備員より上の立場なのよという意識が強かったのでは。
    それが態度に出たんです。

    ユーザーID:9263248762

  • お世話様ですって便利。

    目上、目下で使い分けるって、仕事では教わりましたけれど、
    彼氏さんは、そう教わったのをしゃくし定規に覚えているのでしょう。

    でも、そもそも目上の基準ってなんでしょうか。
    例えば、年下の上司には、ご苦労様です、って言っていいの?
    とか、
    若い社長が、年上の平社員にご苦労様って言ったら失礼なの?
    とか、応用が必要な場面っていろいろあるんですよ。

    ビジネス上ではまだいいですが、日常生活ではどうしたらいいのか
    わからない場面がありますよね。

    そういう場合はほかの方も書いておられるように「お世話さまです」が
    便利です。
    お世話様って、わたしは上京してから覚えました。地方では使わない言葉でしたが、
    使ってみると便利です。目上の感じでもなく目下の感じでもなく、使えます。
    お世話になっておりますは敬語になってしまい堅苦しいですが、それよりくだけていて、
    親しげです。便利ですよ。

    ユーザーID:4110454510

  • 社長だけ

    新入社員の頃(25年前)、「ご苦労様」は上の立場から下の者に対して使う言葉だから使ってはいけない、と教わりました。
    職場では上司・同僚関係なくお互いに「お疲れ様です」でした。
    「ご苦労様」は社長からしか言われた事はありません。

    今は専業主婦ですが、その頃の刷り込みで誰に対しても「ご苦労様」は使ったことないです。

    ユーザーID:6511911375

  • どちらかというと

    彼氏さんの「お疲れ様」かなぁ。
    マナー講習なんかで「お疲れ様」は目上へ、「ご苦労さま」は目下へって言いますから。
    でも、警備員さんは彼氏さんのマンションに雇用されてる人だから
    「ご苦労様」でもいいんじゃないかなって思います。

    正直どっちでもいいじゃん。
    こういう細かい言い換えめんどくせ〜って思います。

    ちなみに以前、職場での午後以降の挨拶は「お疲れ様といいましょう」と言われたので
    その通りにしていたら、勤め先の大学の先生に「別に疲れてないよ」と言われました。
    「そういう杓子定規なビジネス用語って理解不能だな」って。
    たしかにね!でもそういわれてもこっちも困るんだけどね!って思いました。

    ユーザーID:6858703444

  • 仕事途中で「お疲れさま」?

    彼氏押しのご意見が多いですが、仕事の最中の人に「お疲れさま」は違和感があります。
    日勤の管理人さんが勤務を終えて帰る時に出会ったのなら、迷わず「お疲れさまでした」でしょうけれど。

    どうも、「ご苦労さま」は失礼らしいぞ、という認識が広まって、代替案としての「お疲れさま」が乱用されている気がします。
    二つは意味が違うし、丁寧度に差があるという言葉でもないと思うのですが。

    まあ、言葉は生き物ですから、「お疲れさま」の方が丁寧で汎用できるというのが一般認識になっているのであれば、それはそれでいいのですが。

    私自身の感覚としては、(主に肉体的苦労を伴う)作業の最中にねぎらう時には「ご苦労さま」、その仕事の終了をねぎらう時には「お疲れさま」ですね。
    暑い中重い荷物を運んでくれた宅配の方には「ご苦労さま」、それで仕事が上がりでもなければ「お疲れさま」は言いません。

    幸い、自分より年上、目上の方からサービスを受けることは少ない年齢になりました。
    自分の感覚で使い分けさせてもらっています。

    ユーザーID:4331833038

レス求!トピ一覧