20年近く通っていた歯科医師に脅迫扱いされ逆ギレされました。

レス11
お気に入り51
トピ主のみ1

MEGUMI

話題

宜しくお願いします。海外在住20年です。しかし歯の治療だけは一年に一度帰国した時に検診を受けていました。2104年頃、Drに奥歯の神経は死んでいるので、今の銀歯を外してセラミックにしないか?半永久だし、見た目も和らた時に良い。保険適用外で悩みましたが職業上プラスかなと思い入れました。それでものちの検診で奥歯が沁みる。と、伝えると、大丈夫。神経死んでるから問題ない。その繰り返しでした。2017年、顎関節症になり救急でこちらのDrへ行きました。原型がわからないので日本からレントゲン画像を取り寄せてください。すぐにメールと電話をしました。わかった。メールですぐに送るね。未だに届きません。2019年、こちらで検診を受けるとセラミックを入れてる右奥歯上下が抜歯しないといけない程になっている。慌てて抜歯しました。その説明を日本へ連絡すると初めは謝罪してきて、レントゲンも忘れていた。ごめん。治療費は私が出すので治療に専念して早く元気になって。その後治療費の具体的な話になると準備をしているとか、最後は払うつもりがなくなった。それならせめてカルテ開示はして欲しいと思い、慌てて帰国してクリニックへ行き忘れていたレントゲンを含むカルテ開示をお願いしました。二日後にすんなりいただけましたが、医院長から手紙が添えてあり、自分は何も間違った治療はしていない。日本の歯科医師のセオリーに基づき治療したので抜歯する理由がわからない。そちらのDrは断片的な情報しか持っていないのになぜ抜歯になったか?その根拠と治療情報を逆に開示して欲しい。そちらの怒りに初めは怖くなって治療費はらうといってしまった。でも自分責任を持って治療をしているので何もわからずに抜歯したDrが悪い。3年前にレントゲン画像の事を忘れていたのは日本のDrです。とても腹立たしいです。お金では無く、誰が’間違っていたのかを白黒はっきりしたいです。

ユーザーID:6499402619

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数11

レスする
  • 土地が変わるとありあり

    二本でさえ県を跨いで遠くに行くと治療の違いは出るし、トピさんの年齢がわかりませんが、ある程度の年齢になるといきなり歯に負担がくることはよくあるんですよね。逆に何故抜歯の必要性があるかを二本の医科医師にも伝えて、そちらのレントゲンも送った方がよかったかもしれません。

    私は田舎に住んでいた頃、普通の歯科でも三ヶ月待ちで、温存治療もなく、あと2〜3年しか使えないと勢いに任せて抜いたことを後悔してます。奥歯の場合、インプラントしないと安定した入れ歯を入れるのに大きなものになってしまうので、本当に失敗しました。

    医師の考え方や、レントゲンの様子にもよりますが、痛くなければ、治療して周りに影響がなければなるべく歯は抜かないのが多くなってますが、経過がわからないので、どちらの先生が正しいかわかりません。

    ただ一年に一度しか通えないなら毎回通える医師に任せた方が良いと思いますよ。

    ユーザーID:3507704528

  • セカンドオピニオンは聞きましたか?

    まあ、Xrayを送ってくれなかった日本の先生は、その点はたしかに悪いんですけど
    顎関節症と3年前のセラミックが関係がある証拠もないし
    抜歯を勧めた海外のドクターが必ず正しいとは限りませんよね?

    抜く前に、セカンドオピニオンは聞きましたか?


    私も歯医者に抜歯〜インプラントを勧められた歯が2本ありますが
    セカンドオピニオンを聞いて、歯の高さを減らす保存治療を選んで
    その後多分5年くらいたちますが、無事に痛みもなく使っています。


    どっちが正しいかったのか?
    それも大切ですが、
    いきなり治療に進む前に、セカンドオピニオンを聞いて
    ほかのやり方はないのか?
    確認するというやり方を覚える方が、先々役に立つと思います

    ユーザーID:7674010114

  • トピ文だけで判断すると

    アナタが悪いと思う。

    このトピ文がとても読みにくく、余計な情報も多いことからみると、日本の医師にも現地の医師にも、必要かつ正確な情報が届いていなかったことが推察されます。

    日本からのレントゲン画像が欲しくて、連絡しても忘れられてたのが2017年の出来事なら、なぜ2018年の一時帰国の際に、直接訪問のうえ申し入れなかったの?

    また、電話でもメールでも、しつこく連絡すればよかったんじゃないの?

    歯科治療は国によってやり方や保険適用の範囲が大きく異なるので、永住あるいは長期駐在前提なら、現地で完結させるのが賢明だと思います。もちろん、居住国が途上国であるなどの場合は別ですが。

    私は仕事の都合で10年以上、某国に居住継続中ですが、そうしてます。

    ユーザーID:7264971020

  • なんで

    あっちゃこっちゃで治療受けるかな?歯の治療だけは帰国
    してやってたなら、貫くべきだったし、なんでレントゲン
    の取り寄せを何度も何度も催促しなかったの?あなたにも
    落ち度かなりあると思うけど?

    2017年から2019年何してたの?催促しまくるか、帰国して
    見てもらえばよかったじゃない。どっちつかずみたいなこと
    するから、責任の擦り付けあいになる。何で抜歯しないと
    いけないのか、事細かに聞きましたか?言っきますけど、
    歯医者は削って抜いてなんぼなところあるからね。言われる
    まま、されるままになってたんじゃありませんか?

    誰が間違ってたって、あなたも 間違っていたからね。
    納得いかないなら訴えればいいけど、これは拗れるから
    時間とお金がかかるばかりだと思うけどね。

    白黒云々するより、これに懲りて良心的な歯科を探した
    ほうが精神衛生上も断然いいから、そちらにエネルギー
    注ぐことをおすすめしますね。

    ユーザーID:2457583764

  • 時系列で整理してください。

    改行も無く更に時系列が解り難いから、
    何処の誰が何をしたのか、何が為されなかったのが読み取り難いです。

    誰のミスなのかはっきりさせたいのならもう少し整理した方が良いですよ。

    ちなみに、主様のPCには”改行”と言う機能は付いてないのですか?
    ただでさえ整理されてない文章がより読みにくいです。

    ユーザーID:1590597340

  • 海外は要注意

    私の親戚も抜かなくてもいい歯をドイツで抜かれました。後で知ったのは、抜かなくても治せるけど、ドイツでは抜くと歯医者が儲かるからだとか。でもそんなことは知らなければ、医者が抜くと言えば従うのが患者ですよね。本当に失敗だったと言っていました。

    ユーザーID:8125654204

  • あなたが悪いかな

    まず、文が読みにくいです。改行しましょう。「こちらのー」と書かずに「在住国のー」と書きましょう。でないと、あなたが何処にいるのかが私たちには分からないので、読解するのに時間かかります。

    何故、在住国にかかりつけ歯科医師をつくらないのですか?その国は発展途上国で医療に信用がないから?国によっては日本の歯科よりも、よほど技術も知識も良い(高い)国があります。そういう場合そちらでかかる場合が良かったりしますし、何よりもいつでも行けますよね。
    あと、2017年にレントゲンを催促したのなら、2018年の帰国時に更に催促しなかった理由は何故ですか?そんなにあっちこっちで受診するから、訳わからなくなるのだと思います。

    ユーザーID:0983860467

  • 20年近く通っていた歯科医師に脅迫扱いされ逆ギレされました。

    読みにくい説明不足な文章でごめんなさい。
    日本で暮らしている時から通っているクリニックだたので帰省のたびに、治療の必要だった所は全て治してもらっていました。
    カルテの中にはセラミック前から、右顎関節症と書いてありました。(単語だけなので意味はわかりません)

    2018年は姑の介護で帰国できませんでした。
    そしてこれも余計な情報ですが、帰国時の予約もメールでしますが、医師本人と約束するも何度も日にちを間違えられました。

    18年前に銀の被せが取れた時、こちらのクリニックへ行きましたが、これは日本で入れた被せで自分はそんなに綺麗にできないから。’と、断られて、慌てて日本に帰り治療受けました。

    自分の至らなさ、愚行がよく勉強になりました。
    ありがとうございました。

    ユーザーID:6499402619

  • いろいろ疑問

    在外期間が長いけれど現在地の歯科が信用できないから帰国して歯科治療を受けていた。
    しかし日本の歯科医の対応に不信感を抱いた、客観的に見て皆さんはどう思いますか?というトピックですよね。

    やはり在外期間が長い方はできるだけ現地で診療してもらう方がいいと思います。
    トピ主さんはこの先も現地滞在予定なのですよね。

    そして今年現在国で歯科検診を受けて慌てて抜歯した。
    これはレントゲンを撮らずに抜歯したのですか?
    現在国の歯科を信用していないはずなのに、なぜ慌ててしまったのでしょう。

    >日本の歯科医師のセオリーに基づき治療したので抜歯する理由がわからない。そちらのDrは断片的な情報しか持っていないのになぜ抜歯になったか?その根拠と治療情報を逆に開示して欲しい。

    これは日本の歯科医の疑問がもっともです。

    >そちらの怒りに初めは怖くなって治療費はらうといってしまった。

    歯科医が恐れを抱くほどの怒りをトピ主さんは歯科医にぶつけたのですね。

    レントゲン写真を送ってもらうのは日本の歯科医の好意に頼っていたのですか、それに対して対価を払う予定でしたか。

    ユーザーID:6315283129

  • 肝心なことがわからない

    結局抜歯をしなければならなかった理由は、何だったのですか?

    顎関節症やセラミックにした治療との関連は?


    白黒はっきりさせたいのなら、一番大切なそこをわかりやすく
    書かなければ判断できません。


    レントゲンの件や日本の歯科医の対応にお怒りのようですが、
    何度も催促することが必要だったと思いますよ。


    またクレームを言うのであれば、現地の歯科医の診断を伝えることも、
    必須でしょう。


    まずは、日本での治療に問題がなかったかに焦点を絞って考えた方が
    いいのでは?

    ユーザーID:1519049140

  • その現地の歯医者も日本の歯医者も、大丈夫?

    在米です。
    二十代前半まで日本に住んでいました。歯が悪くて歯医者の常連でした。
    虫歯で簡単に神経を抜かれて、神経の残っている歯は10本もありません。

    アメリカに来て数年は良かったのですが、流石に冠が外れたり、
    歯茎が腫れたりで、泣く泣く此方の歯医者に行きはじめました。

    アメリカの歯医者は、よその歯医者のレントゲンを信用しません。
    CTスキャンだったら別でしょうが、日本からの古いレントゲンを見ても
    役に立つとは思えません。日本の歯医者の昔の根の治療は、全ての神経を
    取りきれてなくて化膿する事が多いのですが、そう言った状態はその時の
    レントゲン写真で判断します。その為に、自分に非があると思った日本の
    歯医者はレントゲンを送るのを躊躇ったのでは?と思ってしまいます。

    現地の歯医者も、何故そこでレントゲンを取らないのか?
    そう言う設備の無い国なのでしょうか?

    私事ですが、日本での神経治療のやり直しの為に、
    アメリカで何百万円もかけました。
    根の治療の専門家の所に行ったので、今のところ大丈夫です。
    ダメになった歯はインプラントに。お金は日本では信じられない程
    歯にかけています。 やはり、半年に一度のクリーニングと、
    ストレスの為に噛みしめるのをやめる、等でかなり改善されますよ。

    お大事に

    ユーザーID:4743499128

レス投稿

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧