恋愛・結婚・離婚

夫が健康オタクになってしまった

レス31
お気に入り158

Eateat

男女

もうすぐ50才になる夫婦です。
結婚が遅かったこともあり、子供は作らないことに決めています。

二人が知り合ったのは、恥ずかしながらバイキングです。
お互い友人と来ていたのですが、隣の席でお互いの大食いに意気投合してお付き合いが始まりました。
もうお察しだと思いますが、二人ともかなり太っていました。
結婚してからも楽しく食べ歩きして幸せでした。
転機は昨年秋の健康診断で私が糖尿病予備群と診断されてからでした。
夫はそれを知って、まず食生活からだと普段の食卓が一変しました(私は料理が下手なので、プロ顔負けの夫が料理担当で、掃除と洗濯等が私の担当です)
大好きな揚げ物はめったに出なくなり、野菜と魚、肉は焼いただけの脂身の少ないもの。焼くときも肉の少ない脂身で油をにじませてから焼くとか、健康第一の食卓になり、毎朝一時間の散歩もするようになりました。

夫はどんどん痩せて来たのですが、私はどうしても美味しいものが食べたくて、お互い外食にしてるお昼でたくさん食べたり間食をしたりしてなかなか痩せないまま半年が過ぎました。
最初はなにも言わなかった夫も最近イライラしてるみたいで、どうして健康に気を使わないのかと言われるようになりました。
以前は夫も健康のために我慢するくらいなら好きなものを食べて早死にしてもいいとまで言っていたのに、いきなりの変貌に息がつまりそうです。しかも夫は健康診断でなにも引っ掛かってないのにやりすぎと感じています。
人生の楽しみを奪われて最近は離婚も頭に浮かびます。
なんとかならないでしょうか?

ユーザーID:1723385538

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数31

投稿する
  • 糖尿病を勉強しましたか?

    糖尿病予備軍と診断されたのは、妻であるトピ主さんなんなのですよね。

    糖尿病の合併症、ご存知ですか?

    糖尿病の三大合併症からの、失明・腎不全からの人工透析・両足切断という人を現実に知っています。

    当方看護師です。

    好きなもの食べて早死にと仰いますが、なかなか人間そう易々とは死ねません。

    少なくとも、現代の日本の医療レベルにおいては難しいでしょう。

    早死にの前に、失明・透析・足切断の現実が待っていることをご了承ください。

    旦那さんは、妻をそんな目に遭わせたくないから頑張っておられるのでしょう。

    妻を大切に思い、愛しておられるからこそでしょう。

    それを疎ましく思い、離婚まで思い至る。

    愚かしいとしか思えませんが、危機感を抱けないのも「糖尿病気質」の一つでしょう。

    お好きになさいませ。

    私には妻想いの旦那様がお気の毒です。

    同様に、高脂血症の夫の健康管理に口をはさみ、「好きにさせろ」と罵られるたびに「好きに死ねば」と思ってしまう妻でもあります。
    私自身は健康上、必要な治療は受けており、そういう意味でも食事運動共きちんと管理しております。

    ユーザーID:1591329364

  • 糖尿病の合併症を知っているのですか?

    糖尿病予備軍の今なら引き返せるでしょう、きちんと受診していますか?
    50歳、大食いは卒業。
    夫と二人三脚で健康的で美味しいものを食べましょう。
    料理担当が夫、羨ましいです。

    ユーザーID:0004925371

  • 愛があるなら

    夫婦なら、自分が病気になるより相手が病気になるほうがイヤです。

    精神的には心配だし、肉体的には看病が大変だし。自分が病気になるほうが、ある意味楽なんです。

    だからご主人は、トピ主さんに病気になって欲しくないんですよ。配偶者として当然です。

    世の中、相手には健康を求めるのに自分の健康には無頓着、というケースは、多々あります。

    広い意味で、ご主人の愛です。ただ単に、「看病するのは面倒だな」が本音かもしれませんが。

    立場が逆だったらどうします?例えばご主人が糖尿病になると、厳格な食事制限や人工透析が必要になり、家族にも負担がかかります。

    そのときは面倒だから、離婚するか、見捨てるかすればいいや、という考えですか?

    それとも、そうなる前に対策を考えますか?

    ご主人は、「その前に対策を考えてる」んじゃないですか?

    ユーザーID:0403947162

  • 糖尿病予備軍と診断されても、トピ主は全く改める気ないって事?

    ち、ちょっと待って!

    健康オタクじゃないですよ、ご主人。

    トピ主は糖尿病予備軍と診断されても、全く食生活を改める気は無いの?

    糖尿病、発症したら大変ですよ?一度糖尿病について調べてみては?

    せっかく結婚したのに、トピ主は早死してもいいから、好きな物を食べたいの?

    ご主人は自分の為もありますが、トピ主の身体の事を心配しているのでは?

    私は好きな食べ物はある程度食べるのは、人生の楽しみだと思います。

    でも暴飲暴食しまくり、欲望のままに食べるのは違うと思います。

    間食だってしてもいいけど、例えばピザ一枚食べたりケーキワンホール食べたり、ポテチ一袋食べたら、それは食べすぎ。

    でもおせんべい一枚食べたり、ゼリー1個食べたりぐらいは私は全然いいと思います。

    トピ主は食べる以外楽しみないんですか?

    私はオシャレが大好きで、標準服が入らなくなるのは嫌なので、無理ない程度に節制してます。

    例えば外食は好きな物食べますが、代わりに沢山歩くし、夕飯はご飯は控えたり、おやつはヘルシーな物食べたり。

    病気になったら元も子もないじゃないですか?

    ユーザーID:7080393608

  • 私自身の健康問題

    偉そうに言っておいて、それは何?と思われるかもしれませんので。

    家族に肥満は一人もいませんが、皆高血圧で本態性高血圧症です。

    私自身は身長163センチ、体重48キロ、BMI18.07の低体重=痩せすぎです。

    それでも高血圧です。

    一日の塩分摂取量は6グラム以下、毎日8千歩を目標にしております。

    夫は高脂血症ですが、私自身は中性脂肪、LDLも低すぎての逆の意味で低すぎて異常とされ、これもまた体質だそうです。

    夫に合わせ高脂血症に対する食事療法を取り入れており、夫の健診結果はすべて正常となりました。

    ユーザーID:1591329364

  • 危機感まるで無しですね

    満足して楽に早死に出来るらいいのでしょうけど、世の中も人間の体もそう簡単じゃありません。
    糖尿病になってからでは遅いです。
    トピ主様は50代とのこと、若かった頃より代謝も免疫力も確実に落ちています。
    太っているなら尚更必要以上に食べた分のカロリーはちょっとやそっとの運動や食事療法ではどうにもなりません。

    しかしながら急に制限するのは、食べることが生きがいだった方には酷でしょう。
    私もそうでした。
    糖尿病でこそないにしろ、LDLコレステロール値が高く脂質異常症と診断された時は絶望しました。(実は血糖値も安全ラインスレスレでしたが)
    大好きなチーズも魚卵ももう食べられない、死にたい、本気でそう思いましたよ。
    人生80年を折り返してもいないのに、このまま二度と食べずに死ぬのは嫌だと一念発起、体質改善と減量に取り組みました。
    幸い医師からは一年間様子を見て、その時に数値が高かったら投薬治療に切り替えると猶予をいただき、必死にできる限りのことをしました。

    食事前に常温の炭酸水か白湯を1杯ゆっくり飲み干してから箸を握る。
    食べ始めは必ず温かい野菜でお腹を膨らませてから。
    ご飯は麦を多めに混ぜて炊き、必ず冷ましてから少量を口に運びよく噛んで食べる。
    揚げ物は肉より魚。
    減塩調味料は大切な「美味しい」が半減するので通常の調味料を使っておかずの量を半分に抑える。
    どうしても甘い物が欲しくなったら、蜂蜜をスプーン1杯。
    粉末の難消化性デキストリンは毎日6g摂取。
    一週間に一度だけ解禁日としてチーズや魚卵を一切れ噛み締めました。
    激しい運動は苦手だったのでながら筋トレやストレッチ。
    外食より自炊最優先。
    他にも色々しましたが1年後、数値は正常に戻り体重も8kg減。
    食習慣が変わって暴飲暴食も無くなりました。

    旦那さんもついています。長生きして美味しい物を楽しめるようトピ主さんも頑張って!

    ユーザーID:4242362206

  • いま目を覚まさないと

    糖尿病になったからってスパッと死ねませんし、死なせられませんから。
    本当に糖尿病になってしまってからが大変なんですよ。
    下手すれば他の方も挙げてる人工透析や足の切断の可能性があり、糖質制限して毎食後の血糖値調べたりインスリン注射したり低血糖にならないよう注意したりと1日24時間半端ないストレスです。

    ご主人は今、貴方への愛情のみで生活改善を敢行しているんです。
    そんなご主人を介護の泥沼に引きずり込む前に離婚するとか、貴方が改心して一緒に健康体になるか、とりあえず貴方の方向性を決めた方がいいかと思います。

    同年代の女性としての感想ですが、40代後半になると食生活は老化に直結していると感じます。更年期で体が変わりますからカロリー燃焼も悪くなるし脂肪も付きやすくなる。何より揚げ物等の高脂質の食事をすると肌の状態が悪くなります。それに太ってると実年齢以上に老けて見え始めます。

    トピ主さんは好きなもの食べながら死にたいと言いながら、でも現実は年齢以上に老けた顔の太ったおばさんがストレスまみれの糖尿病生活への道を真っしぐらに突き進んでるだけ。

    ご主人は貴方の救世主だと思うけどな。一旦健康体になって痩せた自分を見たら絶対にご主人に感謝すると思います。

    ユーザーID:8104877839

  • ご主人の愛しか感じられない

    あなたのご主人に対する愛が感じられないんですが、旦那さんの事愛してますか?
    お金さえ運んでくれればいい、ATM夫とでも思ってるのでしょうか。

    この人(ご主人の事)のために、私も糖尿病予備軍を克服してダイエットして綺麗になろうとか思わないの?
    健康診断であなたが医者から糖尿病予備軍ですと診断されたら、そりゃご主人心配するでしょう。
    せっかく旦那さんがプロ顔負けの料理で栄養もちゃんと考えて作ってるのに、
    隠れて大食いってどういう事ですか?

    ただの肥満じゃない事わかってますか?糖尿病は生活習慣病の病気です。
    もうちょっと危機感持ってください。

    ユーザーID:6938923694

  • ご主人だって辛いのです。

    よく考えてください。糖尿病予備軍に選ばれたのはあなたです。
    ご主人は健康なのに、あなたに合わせて大好きな大食い?を含め自分も犠牲にされてあなたの健康食に取り組んでいるのですよ。
    これがあなただけ食事制限で、ご主人が相変わらず好きなものを好きなだけ食べる食生活なら「いい加減にして」と言うのもうなずけますが、二人で取り組んでいるのですよね!
    もっとご主人に感謝すべきです。

    糖尿病の合併症については他の皆さんが、耳が痛くなるほど書き込みされるでしょうから私は言いませんが、もっと自分の置かれた立場を考えてください。

    ”以前は夫も健康のために我慢するくらいなら好きなものを食べて早死にしてもいいとまで言っていたのに”
    はご主人が自分自身の事を言ったまでで、あなたが死んでもいいとは言っておられません!

    私も妻のダイエットにつき合わされ、170cmで66kgあった体重が1.5ヶ月で60kgを切ろうか、となっていますが妻は食後のポテチ、風呂上りのアイスは至福の時間と言い全く変化がありません。
    いい加減、私もブチ切れしそうです。子どもは「お父さん、お母さんのダイエットに真面目に付き合うほうが馬鹿だよ、今まで何回失敗した?」と現実を観ています。

    あなたはご主人に健康になりたいとお願いしていないので、加害者意識は無いでしょうけど、ご主人はある意味被害者です。
    心臓マヒでポックリ死ねたらいいでしょうけど、合併症を引き起こしてご主人に迷惑をかける生活を送る前に、今から取り組みましょう。

    ユーザーID:9730424534

  • 好きな物を食べて早死にって?

    あの〜。

    好きな物を食べ続けて、ピンコロで死ねるとお思いですか?
    それなら私もそうしたいわ。

    生活習慣病になったら
    あらゆる合併症に苦しみ、入退院を繰り返し、
    今は食べられている低カロリーの食べ物さえさらに制限され、
    入院費でお金は減る一方、仕事はままならず、
    旦那様は主様の介護に明け暮れるわけです。
    十年前に生活改善しておけばよかったと言っても
    後の祭りですよ。

    とはいえ、毎日制限食では味気ないですから、
    週末だけは好きな物を食べたい、
    スイーツも解禁して、と
    話し合ってはいかがですか?

    ユーザーID:5217884166

  • 生活習慣病の怖さ

    >人生の楽しみを奪われて最近は離婚も頭に浮かびます。
    食べ歩きやグルメが自慢で肥満なのに、その年齢で糖尿病予備軍診断さえあるのに、何で悪生活を改めようとしない主さんに驚きです。その思考なら離婚してあげてください。
    その方が夫は心身共に健康でいられるから幸せです。

    食べるのだけを趣味としている肥満妻を見るの忍びないのではと思います、健康に関心のない妻では価値観違いにもなります。
    糖尿病予備軍診断でも関心は無いからネットで調べる事さえもしない、糖尿病の怖ささえ知ろうともしないからただただ好きな物だけを腹ぎゅうぎゅう詰めの食事なんでしょう。糖尿病予備軍診断なら他の関係する数値も悪いのがあるはずだから、今で相当な努力して悪生活(正しい食生活と運動は必須)を断ち切らなければ、怖い日が突然やってきますよ。これさえ理解できないのでしょうか。
    今のままだと60歳も過ぎれば通院と薬が手放せない体(これだけならまだ良いけど)となり、不自由生活を余儀なくされますよ。はっきり言えます。

    身内などが晩年生活習慣病で苦しむのを見ているんで、20代の頃から健康には関心を持ってバランス良い食生活腹七分目と毎日の運動は欠かせない生活70年ですが(結婚して子供も二人産んでいます)、現在でも何一つ数値にも引っかからない健康体です。これも長年の努力でしかないですが私には全然ストレスもない至って普通の生活なんですよ。年取っても毎年医療費のかからない生活程素晴らしいものは無いですから。

    先ず貴女の健康意識を変えることからされた方がいいです。薬もいらない健康体で晩年を迎えたいのなら夫のやり方へ変える努力もした方がいいです。
    健康に関してもっと興味を持たれた方がいいです。
    年取ってからの健康体は唯一の財産になります。

    ユーザーID:5266935430

  • ご主人は健康オタクじゃありません

    ご主人が普通の人で、あなたが異常。

    何日か前にも、
    糖尿病を放置して片目を失明した、ものすごく後悔している。
    という書き込みを読みましたよ。
    残った片目が失明しないように、運動療法と食事療法を頑張られているそうです。

    >しかも夫は健康診断でなにも引っ掛かってないのにやりすぎと感じています

    50歳前後から一気に血液検査の数値に赤信号が付きだします。
    今数値に異常がなくても、今から健康に気をつけることはとても大切なことだと思います。
    父が糖尿病だったので、妹と二人ジムに行ったり、食べる物に気をつけたりしていましたが、二人とも50歳を過ぎてからじりじりとヘモグロビンA1Cが上がり始めました。
    今5・5ぎりぎりです。
    気をつけても頑張って、遺伝子の力には抗えません。
    夫はやはり透析をしていた父親の遺伝子を持っているようで、50歳を過ぎてから腎臓の数値が悪くなり始めました。

    タバコを吸う人が肺がんになると、全員、
    「タバコをやめるくらいなら早死にしてもいい、なんて言っていないで、やめておけばよかった。」と猛反省するそうです。
    でも、あとのまつり。

    看護師のかなさんの文を100回読んでみてください。
    脅しでもなんでもなく、本当に足を切断するんですよ。そして、すぐには死ねません。


    私はこの2年、腎臓について猛勉強して食事を変え民間療法も取り入れ、夫のクレアチニンの数値を正常値まで下げました。
    内臓脂肪は40平方センチメートルになりました。
    私が出す食事を、夫は感謝して食べています。

    ユーザーID:8557748337

  • 逆の立場ならば

    もしトピ主さんが逆の立場ならばどうします?
    旦那が糖尿病予備群と診断されても、まだ一緒に大食いします??
    で、旦那さんが病気になって主さんが旦那さんのお世話をするんですよね


    きっと旦那さんだっていっぱい食べたいはずですよ
    それを我慢して食生活を改善してるんだと思います。

    結婚が遅かったんですよね
    旦那さんは主さんと健康で長生きして少しでも一緒に長く居たいんじゃないですか?
    だから考え方が変わったんですよ。
    一生を共にできるパートナーが出来たからこそ!愛されてるんですよ



    もし、糖尿病になったら旦那さんに負担がのしかかりますよ
    好きな人に自分の不摂生でなった病気のお世話してもらうんですか?


    それでも大食いが辞められないなら
    「旦那さんに病気になったら別れて良いので食べさせて下さい」って言ってみたらどうでしょう

    ユーザーID:3793002517

  • 糖尿はほんとに怖いよ。

    トピ主さん…身近に糖尿の人がいないのかな?

    ほんとに怖い病気ですよ。透析も苦しいしお金がかかる。

    甘く見てると大変なことになります。

    今のうちに自分を見直しましょう。

    ユーザーID:2996490008

  • 好きなものを食べて早死出来ないと気がついた。

    糖尿病はずーっと辛いまま、ずーっと治療で生きる事が出来るので、好きなものを食べる気力もなくなりますよ。
    わたしの職場の人もそう言ってましたが糖尿病になって食欲どころか気力もなくてって本当に辛そう。

    ダンナさんはトピ主さんと結婚して早死したくないな〜と思って一念発起したんじゃないの?

    愛されてるね!

    ユーザーID:1698984027

  • 大変ですよ

    まだまだご主人と一緒に仲良く暮らしたくはないんですか。

    親戚に糖尿病(1型)を患っている50代の女性がいますが、ご主人はほんとうに大変そうですよ。
    食事制限もそうですが、ちょっと転んだだけでも骨折しやすいとかで、気を使うようです。
    彼女は一人では外出をせず、いつもご主人と一緒です。

    昨年父を大病で亡くしました。手術を何度もして闘病生活は7年におよび、母は一人で父を支えました。

    夫婦のうち一人が病気を患うと、もう一人の生活もガラリと変わります。一人が闘病中なら、もう一人は友達と飲みに出かけたリ旅行したりなんて考えられません。

    トピ主さんはそういう生活を何年もご主人に強いることになる可能性を想像したことありますか?

    私はたまたま身近な例を見て、「こんな風に夫に迷惑はかけたくない」と思うから自分の健康には気を付けていますよ。
    それでも病気になるときはなってしまうけれど、、、。

    私も晩婚で夫婦二人だけの家族ですが、だからこそ自分が好き勝手してたった一人の家族の人生を犠牲にしたら申し訳ないと思いますけどね。

    あ、もしかして、だからこそ、離婚して思う存分好きなものを食べたいってことですか。

    ユーザーID:8902227129

  • 気持ちはわかります。気持ちは。

    お付き合いや結婚の決め手が、食べることが趣味で合致したから、というのはステキなエピソードだと思いました。
    今回の話は、正しいか間違いか、良いか悪いか、ではなかなか語れない話だと感じました。

    正誤を基準に話せば、明らかにご主人が正しいに決まってる。
    でも、世の中全て正しい行動だけをしていても幸せとは言えないと思います。
    しかし、病気の予備軍と指摘されても改めない事はあまり褒められたものではありません。

    ご主人の立場になって考えてみました。
    妻に病気で辛い思いをさせたくない。辛いのを見たくない。
    妻に先立たれるのは御免だ。
    気をつければなんとかなるなら、食生活の件だし僕が管理すればよい。料理も得意だ。
    自分はその結果痩せられたが、なぜ君は変われないのか?
    おまけに栄養を考えて作ってるのに「美味しいものを食べたいから外食で摂ってしまう」と言われるとは。
    つまり、僕の作った低カロリーな料理を「美味しくないのに食べてる」ということじゃないか。

    こんな感じかな?
    あのね、この世には塩分過多、こってり料理を敢えて食べさせて夫を病気に持ち込む。という人もいるんですが、故にご主人は立派なんですよ。

    もしもあなたではなくてご主人が病気の宣告をされ、自分より先に逝ってしまう可能性があって、でもご主人は変わらず同じ生活で病気真っしぐら。だったとしたら、あなたは尊重しますか?
    延命するより好きな事をして短命でもいいなんて、家族ができた人の言う事じゃないですよ。
    自分を軽んじてるだけだとお思いでしょうが違います。ご主人のこともぞんざいに扱ってると思われてもおかしくないですよ。

    料理が下手なのは、どうしようもない場合と、練習でどうにかなるものがあります。
    美味しい低カロリーなものを食べたいなら、自分で作るか、無理なら外注も利用しましょうよ。
    ご主人が気の毒すぎるなあ。

    ユーザーID:5328089674

  • 病気になる気なら離婚してあげて

    自業自得の病気の面倒看させられるご主人が気の毒

    しかもそうならない様改善しようとしてるのに
    自分は問題ないのにそれに付き合ってくれてるのに
    当の本人が「食べたいもの食べられないなんて嫌」なんて
    1歳児みたいな我儘言うんだもの

    離婚されて思う存分お太りになられたらいいのでは?
    糖尿病になって体が不自由になって
    それこそ病院から制限がかかるでしょう
    もしかしたら診察の度に何を食べたか報告をしないといけないかもしれませんね
    更年期障害も酷そう

    50歳前後ならご両親もまだご存命では?
    そんな動けないトピ主の面倒をご両親に見させるのでしょうか?


    今現在私は夫婦でダイエット中です。
    PFCバランスコントロールし、週に4回は夫婦でウォーキング、週に2、3回筋トレしてます。

    最初の内は夫に対して「やりすぎなんじゃないか」と思いましたが
    筋肉がついてきて喜ぶ夫を見ていたら健康的だしいいかと思ってきました
    夫が「女性のダイエット」に関しても調べたりしてくれてアドバイスしてくれます。
    2人一緒だから続けられているというのも大きいと思います。
    それに以前より夫婦仲がよくなりました。


    トピ主さん、せめて1週間に1回だけ好きなものを一つ食べさせてもらって
    他はご主人の食事に任せてみてください
    そうしたらトピ主さんだって痩せますし
    痩せて来たら動きやすかったり快適さを感じて頑張ろうと言う気になれるのでは?


    そんなこと誰も思ってないし好きな時、好きなだけ食べたい、勝手なことするなとしか思えないのなら
    離婚しましょう

    ご主人は健康に、トピ主は不健康に生きていくほかないです

    ユーザーID:7437211914

  • 夫の愛情だと気が付かない愚か者

    要はトピ主の健康診断でこのままでは危ないって分かったからですよね。
    それを夫は、自分も犠牲になって(犠牲というか、一緒に頑張ろうという
    意味で)食事を変え、体質改善しているわけです。

    妻であるトピ主が本当の病気になったら悲しいからやっていること。
    つまりはそれも愛情表現の一つ、妻の健康まで考えて料理しているんです。
    それを理解せず、昼食のドカ食いやら間食をしているんです。

    独身だったら健康のために我慢なんてする必要もないし、
    検診で引っかかるまでは誰もがそう思うものですが、
    所帯を持ち、仲良く暮らしてきたパートナーを失う恐れが
    あるなら、そうも言ってられません。そりゃ前言を翻しますよ。
    夫は至極まもとな思考回路です。

    人生の楽しみって、トピ主が食べるだけ食べて病気になることじゃなく、
    夫からみればいつまでも配偶者が健康でいられることなんです。
    なんとかしなきゃならないのはトピ主の方です。
    そこが分からないなら本当に離婚ですね。

    ユーザーID:5258461545

  • 糖尿病をなめていますね

    自分は親戚に糖尿病からの合併症で亡くなった者もいるので、
    かかったら最悪半年程の闘病で死ねるガンよりも怖いと思っています。

    目が見えなくなったり、歩けなくなったり、
    QOLが著しく下がった状態で余生を送らなければいけない・・・
    末期の方を何人か見ましたが、尊厳も何もありませんよ。

    しかも多くの場合、不摂生で起こる病気ですからあまり同情もされません。

    今の状態で介護が必要になったら、旦那さんから熟年離婚案件でしょう。

    一度病気について勉強したり、身近に考えてみるべきです。

    太っているだけでは「予備軍」とはいわれません。
    HbA1C値など基準値でない部分があったのでしょう。

    ユーザーID:5977988904

  • 50歳過ぎたら1日2食でいい

    色んな考え方があり、意見が割れるのは当然かと思います。
    私は糖尿病を患いながら20年も30年も生きたいとは思わないですね。
    一方で、好きなものも食べずに長生きしたいとも思わないです。

    だれでも健康寿命を延ばしたいです。
    だからそこは運動と食事のバランスを取るしかないのではないですか。
    50代は食べた分を消化するのに、代謝が落ちているので容易ではありません。
    だから50歳過ぎたら、1日2食ぐらいがちょうどいいかもしれません。
    その代わり2回の食事は好きなもの食べたらいかがですか?

    ユーザーID:8141717906

  • 糖尿病による実例

    以前糖尿病により失明した方が近所にいました。色々本当に大変そうでした。全く見えない世界ってどうですか?貴女耐えれますか?
    意外とね、皆さん糖尿病でもそこそこ長生きなんですよ。
    でも不自由な体でです。
    後透析に通っている方がぽそっと『注意されていたときに生活を改めていればこんな不自由な生活にはならなかったのに』と言ってました。
    皆さんがおっしゃるように簡単には人間死ねません。糖尿病の合併症ってかなり大変なものばかりですよ。歯槽膿漏も進んでまともに食べれなくなる人もいます。
    こんなにいいご主人で貴女のことを考えてくれているのに罰当たりですよ。

    ユーザーID:4142024345

  • 一度痩せてみたらいかが

    健康オタクというからサプリだの民間療法だのにはまっているのかと思ったら、ものすごく正統派の健康法ではありませんか。
    うらやましいなあ。
    そんなご主人がいて、ダイエットのお手伝いをしてくれるのなら、私なら大歓迎です。

    私も人生(特に美味しいもの)は楽しみたい方ですが、糖尿病は怖いです。
    覚悟を決めて一度健康的に痩せてみたらどうでしょう。
    普段の動作も楽になるし、ファッションも楽しめるようになるし、いろいろな意味で生活が快適になるはずです。

    そして、血糖値が正常化したら、たまには手綱を緩めて、お二人で美食を楽しむ時間を作ればいいんです。
    メリハリのついた食生活なら、ご主人も喜んで付き合って下さると思いますよ。

    体重が○○キロになったら××レストランに行く。
    血糖値が○○になったら、××を食べに行く。
    そんな約束をしてもらうのもいいかもしれませんね。

    ユーザーID:3243775736

  • 病気のデパート

    糖尿病は病気のデパートですよ。

    全身的な症状として代表的なものに「高血圧」があります。
    また「すぐ膿み易く」風邪から肺炎になり易いことが挙げられます。
    頭部では、眼の「糖尿病性白内障」「糖尿病性網膜症」があります。また脳血管の障害として「脳梗塞」「脳血管性認知症」になり易いです。
    胸部では心臓疾患特に「心筋梗塞」が代表的です。
    腹部内臓では「糖尿病性腎症」が有名で、末期には人工透析が必要となります。
    脚に起こりますと、足の血管が詰まり「糖尿病性壊疽」と呼ばれる状態になります。進むと足を切断しなければならない事態になります。

    というようなことが病院のサイトに書いてありました。

    食べたいだけ食べてピンピンコロリを目指しても無理なんですよ。
    食べ物を制限できずに、この先に苦しい苦しい人生が待ってていいんですか?
    旦那様の愛情を理解できないなら、別れてあげてください。

    ユーザーID:3773125562

  • 私、糖尿病です

    糖尿病は、1回発症したら、完治することはありません。生涯、ついて回ります。
    私自身、糖尿病です。
    看護師ですが、糖尿病です。
    ヘモグロビンA1Cが7.0までなったので、さすがにこれではいけないと、食事療法を開始しました。
    だって、看護師として、糖尿病の人たちの悲惨な経過を、さんざん見ていますもの。

    現在、体重は10kg減り、ヘモグロビンA1Cも6.0〜6.1程度に落ち着いています。
    このままコントロールして行けば、薬物療法を行わずに行けそうと、医師から太鼓判を押されています。

    でも、私は、ビックリではなく、エールをポチッと押しました。
    書いてある料理の内容を見たら、主さんが可哀想過ぎるもの。

    私の食事療法ですが、「糖質制限」です。

    今の糖尿病患者の食事療法は、脂質制限やカロリー制限より、糖質制限が主流になってきています。

    ただし、糖質制限は、きちんと勉強しないと、ついついカロリー制限と併用したりしたら、体を壊します。
    でも、ちゃんとしたやり方をしたら、ストレスためず、具合が悪くなることもなく、長く続けていけますよ。

    巷には、糖質制限の料理本も山ほどあります。
    その中で、主さんが好みそうな料理が紹介してある本を選び、旦那さんに作ってもらいましょう。

    脂肪は我慢する必要はありませんが、揚げ物には注意が必要です。
    何故なら、揚げ物は衣のせいで意外と高糖質だからです。
    それも、衣を工夫することで解決します。
    スライスアーモンドを衣にすると、低糖質で美味しくて、もう最高!…ま、値段もイイですけど(苦笑)。

    甘いものも、今は低糖質のものが沢山出回っています。
    昔から糖尿病患者に使われていた還元麦芽糖は、自然な甘さで、それでいて糖としての代謝がされないため、オススメです。

    工夫すれば、美味しいものを沢山食べられます!

    頑張ってください。
    いえ、一緒に頑張りましょう!

    ユーザーID:2002003369

  • 他人としては、お好きに・・・としか

    糖尿病、怖いですよ。

    親族にいました。
    食事制限なんて嫌、甘いものが食べたいと入院しても他の患者さんのお見舞いのお菓子をもらったりして、目が見えなくなって足を切断して亡くなるまで入院していたと思います。

    好きなものを食べて早死にと書かれていますが、実際は家族が大変な思いをして面倒をみることになるのでは?

    病気になっても好きなことをしたいならご主人と別れたらいいと思います。
    そうしたくないなら、糖尿病の勉強と対策をしたうえで「たまに」好きなものを食べるなど行動してみては?
    通院するようになって血糖値の薬を飲んでいるから好きな生活で大丈夫とかはやめた方がいいですよ。

    ユーザーID:3118727601

  • 食べる以上に運動する

    糖尿病は早死にどころか、10年20年続く生き地獄です。
    ましてや、医療水準がどんどん進歩している現在はなかなか死ねません。
    四肢切断の上、失明、という状態が長期間続く可能性もあり得ます。
    詳しい症状は皆さんがレスしてくれているので、じっくりご覧になられた方がよろしいのではないでしょうか。

    ユーザーID:6594306217

  • 健康オタクというから、

    あやしげな健康食品でも買いあさっているのかとでも思いきや、ごくごく普通じゃないですか。

    >夫も健康のために我慢するくらいなら好きなものを食べて早死にしてもいいとまで言っていたのに、
    きっとご主人は、正しい知識を得たのでしょう。
    美味しい物を食べ続けて、ある日パタッと死ねるというわけではないと。


    最初にレスしているかなさんの言うとおりです。
    トピ主さんは糖尿病の怖さを知るべきです。

    >糖尿病の三大合併症からの、失明・腎不全からの人工透析・両足切断という人を現実に知っています。
    >好きなもの食べて早死にと仰いますが、なかなか人間そう易々とは死ねません。
    >少なくとも、現代の日本の医療レベルにおいては難しいでしょう。
    >早死にの前に、失明・透析・足切断の現実が待っていることをご了承ください。

    生きたまま足先から壊死して腐っていくのは悲惨ですし、視神経やられて目が見えなくなったりするのも嫌でしょう。
    歯茎や歯、舌がやられたら、もう美味しいものも味わえなくなってしまいますよ。
    でも、簡単に死ねるわけじゃない。

    また、事故や骨肉腫での足切断なら同情されても、自堕落な生活をした上での2型糖尿病の合併症では、自業自得だと言われ世間からも白い目で見られるという現実もありますし。
    (個人差もあるし病気差別はいけないとは思いますが、事実そういう目で見られがちなので。)

    人生を楽しみたければ、運動もする、健康に良いもの(塩分脂肪分多すぎないなど)を食べる、トピ主さん好みの美味しいものも限度をわきまえてそこそこ食べる、くらいにしておいたらいかがでしょうか。

    ユーザーID:4274518491

  • もうご覧になっていないのでしょうか?

    私の知り合いにも食べ歩きが好きなご夫婦が何組かいます。例に漏れず体格の良い方々が多いです。

    そしてそういう場合、女性の方が先に健康を害しています。同じような食事をしていると、筋肉の少なく代謝の低い女性の方にダメージがあるのでしょう。

    まだ読んでおられるのならば、みなさんのレスに真摯に向き合ってください。

    ユーザーID:9416953246

  • 人生は学びだよ

    あなたは何のために結婚したの?
    遅い結婚で子供も作らない、夫婦二人で仲良く暮らそうということじゃないの?

    お互いに食べることが好きで食べ歩きが趣味で。
    太ることなんか気にしないで楽しく食べて生きて行こうって。
    今まではそれで通用した。

    ところがあなたの身体に黄信号が灯った。
    まあ50代ってそういう齢で、若い時のままは通用しないもの。
    ご主人は考えを改めた。
    存分に食べる楽しみより、元気なあなたと長く暮らせる方を選んだんですね。

    だけどあなたはそんな夫が疎ましく、今の夫婦生活より今まで通りの食べる楽しみの方が大事。
    ならば離婚でいいんじゃないですか。

    そうすればあなたはまた好きなだけ食べる生活に戻れます。
    夫の方も無駄な努力でイライラしなくて済むし、食費も浮く。
    そのうちかかるであろう多額の医療費も長い介護の苦労も、その末のやもめ暮らしもなくなる。
    バツイチという経歴は残るけど、健康的な体と食習慣が得られたんだからトントンだ。

    もしかしたらあなたは夫を健康的にするための、学びの救世主だったのかもしれないね。
    でも、じゃああなたはこの結婚で一体何を学んだんだろうね?

    ユーザーID:9892002495

レス投稿

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧