友だちって必要?

レス39
(トピ主1
お気に入り105

編集部からのトピ

編集部

発言小町ユーザーのみなさん、こんにちは。「読売中高生新聞」編集室です。

大人の本音を10代に伝える読売中高生新聞の連載「オトナの本音アワー」。中高生が抱える素朴な疑問や悩みについて、この掲示板で小町ユーザーのみなさんから意見を頂き、紙面で10代向けに紹介していきます。親や教師からはなかなか聞けない、オトナの本音を教えてください。

今回のテーマは「友だちって必要?」
学生時代は同級生など友だちと遊ぶ機会も多く、かけがえのない時間を過ごした人も多いと思います。大人になって今でも変わらずに友情を育んでいる人もいるでしょう。一方、学生時代になかなか友だちができずに悩んだり、さびしい思いをしたりした人もいるかもしれません。でも、大人になり社会人や家庭を持って環境が変わると、そこまで友だちの比重って大きくなかったなと感じている人もいるかもしれません。今回は大人の視点から「友だちって必要?」かどうかを振り返ってもらいたいと思います。皆さんが体験したエピソードや意見を教えてください!

※投稿の際は、ご意見とともに、お住まいの地方、年代、性別を記載してください。
※ご意見の一部は、読売中高生新聞(http://www.yomiuri.co.jp/teen/)で転載させていただくことがあります。

ユーザーID:8415740976

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数39

レスする
  • 友達は必要です

    29歳 住まいは東京です
    出身は地方で地味な私は高校時代までは友達はほとんどいませんでした。
    大学以降から自然と少しずつ友達ができてきました。個性や表現が許され、合う人が見つけやすくなるからかもしれません。

    どんなカテゴリーでも経験や知識の多い友達は貴重で尊敬できる人は大切にします。

    私は大学時代
    お化粧が好きなお友達に出会いお化粧をはじめるきっかけになりました。
    恋愛に一生懸命なお友達に出会いました。影響されて私にも彼氏ができました。
    フットワークの軽い友達に出会いました。一緒に国際ボランティアに参加しました。
    夜遊びがすきな友達に出会いました。クラブに行って日付が変わってから帰宅しました。
    就職活動に全力な友達に出会いました。私も頑張って大きな会社に入ることができました。



    友達が沢山いるとそれだけ色々なチャンスや経験に恵まれる。
    私はそう思います。

    ユーザーID:1062410279

  • 必要って

    必要か?というのがわからないのですが・・

    友人って、必要だから作るものでもないし、なる時は自然とできるのではないですか?いないよりは、良い状態ならいたほうがいいとは思います。

    でも、居心地が悪くなったら自然と答えが相互で、でてくると思うのですが。

    いない状態の時もあるから、その時に自分を保って一人でも動けるようにしておくことが大事だと思う。

    ただ、身内でとても大事な人がいれば幸せだと思う。

    友人って、遊動だから。年を経ても強い絆の人もいるでしょうけど・・

    ユーザーID:8841561377

  • 友達は人生を豊かにする

    学生時代に同じミュージシャンが好きということで偶然出会った親友。
    一時、お互い結婚子育て仕事が忙しく音信が途絶えたけど、落ち着いたらまたよく会うようになりました。
    イベントなどに一緒に行って楽しむことはもちろん、辛い時にも親身になって相談に乗ってくれました。
    本当に彼女がいてくれてよかったと心から思います。

    ユーザーID:8591524103

  • 人生は豊かになる

    40代後半ですが30年来の仲間が10人ほどいます。
    (他にも友人と呼べる人は何人かいますが)
    毎年一度は旅行に行ったり、個別で来れる奴だけで飲んだりしてますが
    会えば今も学生時代そのままに腹が痛くなるほどバカみたいに笑い合います。
    おそらく一生続くでしょう。

    友達いなくてよいという人の意見は尊重しますが、
    友達がいても一人の時間は自由に作れますし、
    一人が良いと思う部分は一人で対処します。

    要は一人の時間を大事にするも、友達と一緒も「選べる」のです。
    いない人に最初から選択肢はありません。

    現実にはそういう事だと思います。

    ユーザーID:9442313711

  • 友人について必要、不必要という観点から

    考えたことはありません。
    全方位的に社交的だった私には小中高大を通じて、そして社会人になってからも、
    専業主婦になってからも、社会復帰してからも、多くの友がいました。
    過去形です。

    60を越してから急速に友は減りました。というか、意識的に減らしました。
    疎遠から断絶となったのは、おおむね
    さりげなくとも何らかの点でこちらが気を遣わねばならなかった人、
    私と付き合ったのは実は底意があってのことと解った人、です。
    さっぱりしました。
    寂しくないかって? 全然。気楽なだけです。

    残っているのは、某私大で一緒だった2人だけです。
    何年も会わなくても長期的に便りがなくても、連絡を取れば互いにすぐ昔に
    戻れます。
    それから、何でもかんでも言いたいことが言える姉たち。
    長姉がこの冬に去って胸にひとつぽっかり穴が空きましたが、次姉が元気で
    いてくれるので有難い。
    私は末っ子。ミラボー橋ではないけれど、順当に行けば、
    月日は流れ わたしは残る、となるのでしょう。

    男性は女性と違うのでしょうか、肝胆相照らす仲とでも言うのでしょうか。
    兄は都の西北で親しくなった友人3人と、80近い今でも親密です。
    理解ある奥方連そっちのけで、あちこちガタが来た体に無理のない程度の旅を
    共にすることもあります。
    そうできるって、いろんな意味で恵まれていますよね。

    どうでもよいようなことを並べましたが、私より若くていらっしゃる方々の投稿を
    拝見して、ああ、私もそうだった、そうそう、そう考えていた、と共感する
    こと多でした。
    しかし、私の場合、年齢とともに、感じることや考えることは自分でも驚くほど
    変わりました。

    南関東在住、70代前半、女

    ユーザーID:6948900849

  • 知合いは数名いますが、わざわざ連絡してまで会いたい方は皆無

    大学時代の学友数名とは程よい距離感で長年、交際しておりましたがある時期から違和感を覚えるようになりました。

    ある十数年は介護等で自由な時間ができず、大金を投じて専門家の知恵を借りながら何とか乗り切って参りました。
    介護保険施行前のことで現在の大変さとは比べることはできません。
    他人様に話したところで相手も困るでしょうし「大変ね」で終わってしまうでしょうから辛い話は一切せずに単身で乗切りました。

    私にとって友人は楽しい時間を過ごす相手と思っていましたので、辛い時期に連絡をして相手の時間を無駄にするのは嫌でした。
    ところが全く逆の考えの方が多いと気付きました。

    相次いで重病人を出して看取っての繰返しを相手は知っていましたが、心療内科へ通院していることまでは伝えませんでした。
    そろそろ落ち着いたと相手が思った頃に頼み事で連絡が入るようになり、友人とは言え、他人様の時間をどのように考えているのか、考え方に大差があることに気付きました。
    「いつもこのような時ばかり連絡がある」
    口には出しませんでしたが、迷惑な急接近には本当にウンザリでした。
    人間関係にも賞味期限があるとわかってからは無理は止めました。

    友人と言う免罪符でいつも私を無償で利用する為に連絡をしてくる → これに一々関わる必要は一切ない
    この当然のことがなかなか決意できずに、赤の他人に時間を費やし、散財をさせられ、心労を伴いました。

    年齢が進むと健康な時間はとても貴重で特に家族が早世の者にとっては大変重要な問題です。
    散々、一家で私を利用するばかりでしたのに打切りを宣言したら逆切れした勘違いさんもいました。

    不義理な人達に良い人になることはなく、自分の時間を大切にしたいです。
    今まで無駄にした時間とお金は戻りませんが残りの人生は利用されることなくが目標です。

    ユーザーID:8367325246

  • 7月26日号の「読売中高生新聞」で紹介させていただきました

    ロゴ

    レスをお寄せいただき、ありがとうございました!
    みなさまのご意見の一部を、読売中高生新聞の7月26日号で掲載させていただきました。

    「友だちって必要?」のテーマを巡り、たくさんのご意見を頂きました。「友だち」づくりという誰もが直面する内容について、友だちがいることでどんなメリットがあったかを具体的なエピソードとともに教えてくださったり、友だちがいないとしてものびのびと人生を楽しんでいる方の投稿があったりして、中高生にとっても参考になるものばかりでした。
    貴重なご経験やご意見をお寄せくださり、改めて感謝申し上げます。

    読売中高生新聞編集室では現在、「人生最大のピンチは?」「人生最大の決断は?」について、ご意見を募集しております。

    今後ともご協力いただければ幸いです。引き続きよろしくお願いいたします。

    編集部(トピ主)

    ユーザーID:8415740976

  • 人によって定義が違うから…

    私自身は自分を変わり者だと思っていて、そんな私の変わった所を理解して一緒にいてくれる人達がいます。人生においては数人レベルです。

    いろんな人の生き様や考え方を聞くのが好きで仲良く話せる人もたくさん出会って来ました。でも、知人で済む感じで現在はどうされてるかわからない人も多いです。

    そんな人と人との出会いに於いて一番感じたのは「友達」の定義が人によって違う事です。
    自身の経験や聞いた話も含めて思いました。

    友達だから馴れ合いになるのを良しとする人もいるし、その逆もあります。自分の弱点を舐めあう関係もあれば、逆に自分の力をパワーアップしてくれる関係もあります。私の感覚では知人でも友達と表現する人もいます。その時の自分の立ち位置で友達であっても、立場が変わって疎遠になる事もあります。

    個があっての友達だと思います。でも1人では生きるのは難しい。相手を尊重しつつ一緒にいる事が出来るのが友達と思います。友達がいない時間だって長い人生ではあるかもしれない。いろんな時がある人生で必要な時もあれば独りでいる時間もある、必要かというなら必要だし、不要といえば不要。友達がいる人は○友達がいない人は×と判断しがちだけどそうではないと言いたい。どなたかも書かれてましたがそれは良し悪しで判断すべき事では無いように思います。

    ユーザーID:4778927302

  • 必要かな

    人それぞれだと思いますが人生を終える時に寂しいのではないかな? それと逆に永遠のお別れの時もとても寂しいですが、、 ただ仲良くしていたのに急にあからさまに離れて行く人もいます。そんな非常識なヤツと仲良くしていた馬鹿馬鹿しさに許せない気持ちが沸沸と沸いてきたりするぐらいなら役に立ちたいと思わなければよかったと思ったりします。
    結論は人を見極めましょうと言う事でしょうか。

    ユーザーID:0469379082

レス求!トピ一覧