編集部からのトピ

都会暮らしと田舎暮らし、どっちがいい?

レス83
お気に入り83

編集部

編集部

発言小町ユーザーのみなさん、こんにちは。「読売中高生新聞」編集室です。

大人の本音を10代に伝える読売中高生新聞の連載「オトナの本音アワー」。中高生が抱える素朴な疑問や悩みについて、この掲示板で小町ユーザーのみなさんから意見を頂き、紙面で10代向けに紹介していきます。親や教師からはなかなか聞けない、オトナの本音を教えてください。

今回のテーマは「都会暮らしと田舎暮らし、どっちがいい?」
子どもの頃、「こんな田舎はいやだ」と思ってふるさとを飛び出した人もいるでしょう。一方で、都会よりものんびりと暮らせる田舎こそが自分の性に合っているという人もいると思います。どちらにもそれぞれの魅力があると思います。もちろん、両方の暮らしを経験していなくてもOK! みなさんが感じた「都会暮らしと田舎暮らし」についてのエピソードや考えを教えてください。

※投稿の際は、ご意見とともに、お住まいの地方、年代、性別を記載してください。
※ご意見の一部は、読売中高生新聞(http://www.yomiuri.co.jp/teen/)で転載させていただくことがあります。

ユーザーID:8302976575

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数83

投稿する
  • 田舎過ぎるのもダメだった

    当時人口2千人の過疎の山村に住んだことがあります。
    バスは2時間に1本。
    最寄り駅まで2時間かかるので、途中にトイレ休憩あり。
    その最寄駅からの帰りのバスは、最終が17時台。
    自家用車で家を出ると、20分走った隣村にようやく最初の信号と小さなスーパーがありました。

    夫が労災に遭った時には、救急車到着まで1時間。
    病院に戻るのにも1時間かかるから、その前に現場で応急処置に30分〜1時間費やしました。

    ご近所の皆さんは、とても親切でした。
    でも(だから?)、とても窮屈でした。
    住人の8割が同じ苗字で、お葬式があれば村中から1軒に1人はお参りにくるような、いわば村中が親戚の中に余所者が紛れ込んだのです。

    関所のような家があって、
    「〇〇さんの運転で〇時頃に出て行ったね」
    「帰りは△時を回っていたね」

    それが職場の上司にも筒抜けで、
    「昨日も出かけてたんだって?
     帰り遅かったんだって?
     そりゃそうだなあ、村には何にも無いから町の方が良いよなあ。」
    と嫌みを言われたりするんです。

    自然環境という点でも、ちょっと期待外れでした。
    川は鮎と一緒に子どもたちが泳いでいましたが、山は見える範囲は杉や檜が植林されていて、春には村中に花粉の雲がたなびいてました。
    「自然を守る仕事だと思って就職したのに、広葉樹を切り倒して、杉や檜ばかり植えてる。」
    と嘆いているIターン仲間もいました。

    現在は、政令指定都市のターミナル駅近くに住んでいます。
    光化学スモッグ警報も出るし、幹線道路近くでベランダに洗濯物も干せないし、うるさくて窓も開けられないのに、花火は音しか聞こえません。
    人の住むところではないなあ、と思ってしまうこともあります。

    こんな両極端ではなく、県庁所在地でもないけど一応市街地という程度が、私には一番合っているような気がします。

    ユーザーID:1014610432

  • 郊外

    大阪府、50代女性。

    キタやミナミのような都会ど真ん中にも住宅街があるのは知っているけど、あんなビル街の中で暮らすのは息が詰まる。空が広く見えて木々がたくさんあるところを散歩したい。
    でも日々の買い物に徒歩で行けない、本屋が近くにない、そういう土地には不便すぎて住みたくない。

    そういう私は都市郊外が理想です。徒歩圏内に大阪城公園や京都御所みたいな整備されているけど充分に自然の林を歩いている気分になれるところと、スーパーマーケットと大きめの本屋と公共交通機関があるところ。

    ユーザーID:1168636298

  • 大都市にいつでも行ける町が理想

    地方の県庁所在地出身で、今もそこに住んでいます。

    学生の頃は関西の大都市に住み、そのまま住み続けたいと思っていました。
    でも、家庭の都合でそれはかないませんでした。

    海外でも数年暮らしたり、いろいろ経験した後、30を少し過ぎた頃には、
    大都市の喧騒にひどく疲れることに驚きました。
    歳を取ると人間感じ方が変わるんですね。

    今住んでいる所はほどほどに発達していて、暮らしに不便はありません。
    町の景観や自然にも満足しているし、いい所だと思います。
    しかし、たまには気分転換で大都市へ行きたい、と思っても電車で3時間
    はかかります。

    友人が、関西の主要都市まで電車で1時間足らず、という小さな町に住んでいます。
    私が住んでいる所の方がコンサートホールとか文化的に豊かでいい、と彼女は
    言うのですが。

    でも、普段は静かな町に住み、その気になったら都会に簡単に行けるのって
    いいな、と思うのですが。

    ユーザーID:0027946823

  • 中間がいいです

     バスで最寄り駅まで1時間とかの田舎は住むのは大変ですがいわゆる地方都市
    ぐらいがちょうど良いです。特に高尚な趣味を持っているわけでもなく、私の
    趣味は年に何度か東京に行く程度ですむのと住居代も少なくて済んでいるので
    都会に住むまでもなかったという感じです。
     とはいえ10年ほど仕事の都合で東京近郊に住んでいた私の感覚では子供のいる
    世帯で23区外に住んでいる人は大概車は持っていました。なんとしても23区内
    となると10年くらい前ならまだしも、23区内に住みたいとなると住居代が平均的
    なサラリーマンにとっては無理があるのではと思います。
     今はなんでもネットで済みますからね。収入さえ確保できればあとはどうと
    でもなるのではないでしょうか。
     
     
     

    ユーザーID:8627895561

  • 都会に二十五年、地方都市に三十年

    埼玉県在住、五十代女性。
    東京都二十三区に二十五年在住して、地方都市に三十年在住。幼少期から、練馬区、世田谷区、品川区、大田区と、転居しながら二十五年間住んでいた。当然、幼稚園から大学まで東京の学校。東京気質というのか、時計を必ず見ながら行動するせっかちな癖が、ついている。都心の学校に通い、アーバンとはどういうものか真の髄からよくわかった。就職も日本の商業地域の日本橋、銀座、デパートのウィンドウショッピングが休み時間に出来るような環境で、おしゃれな生活を堪能した。
    その後、実家が神奈川県に移り、そのうち結婚して、埼玉の地方都市に以来、三十年近く在住している。市内は自転車で回れるほど、近く、ショッピングに娯楽に市中ですべて済んでしまう。地元でパートに出て働いているが、段々地元の人たちになじんでいる自分がいる。
    過去は東京だが、現在は埼玉、そして未来は・・。
    リラックスして、生活出来る現在と未来が有難い。住めば都である。

    ユーザーID:2848731905

  • そこそこの田舎がベスト

    若いころは都会にあこがれるのはよくある話。
    でも年取ってくるとあまりの人の多さと動きの速さに疲れてしまう人も多い。
    そして田舎の良さが分かってくるのもある程度の年齢になってから。

    とはいえ、あまりに田舎だとそれはそれで辛い。
    都会から田舎に引っ越した経験から言うなら、田舎で暮らすのは体力が必要。
    田舎に新設された団地に引っ越すなら大した違いはないけど、その土地に根差した暮らしをするつもりならまず必要なのは体力。
    田舎暮らしはのんびりしてるなんて誤解してる人は本当の田舎暮らしが分かってない。
    田舎暮らしは働き者でないと無理なのです。

    私の結論は「そこそこの田舎がベスト」。
    数万人〜1万人レベルの市、あるいは町。
    鉄道の駅があってその周辺で生活に必要なものは確保できる土地。

    年取ると物欲がなくなるから豊かな文化には興味なくなってくる。
    でもある程度の便利さと人の交流は年を取れば取るほど必要になる。
    だからこそこの結論。

    ユーザーID:5278441826

  • 地方都市がちょうどいい

    人口35万人の地方都市に住んでいます。
    車は必須ですが、家賃も高くなく、生活に不便はありません。
    建売一戸建ての購入を検討していますが、手が届く値段です。

    大阪や東京のような大都市なら何でもありますが、人が多すぎて通勤ラッシュなど、不便が多そうです。

    ユーザーID:3099842976

  • 都会育ちで地方に来た

    就職とともに福島の山の方に住んで2年目。
    出身は関東で、大学は都内まで片道2時間電車に乗って通っていました。

    東京はなんでもあって魅力的だけど、通勤ラッシュはすごいし人も多い。
    それが自分は嫌で地方に派遣される会社を選びました。
    今いるところは人口13万くらいの地方都市で、まあまあ田舎と言えるでしょうか。
    電車は1時間に2本ですが、バスが結構充実しているのと、会社やスーパーが徒歩圏内ため車を持っていなくてもなんとかなっています。

    観劇が趣味なのですが、気軽には行けなくなりましたがそれ以外はこっちに来て良かったと思っています。(高速バスあるので月一程度は行ってますが)
    とにかく満員電車や都会の喧騒が嫌だったのでそれから開放されたのはもちろん、安い家賃で2DKの広い部屋に住めていたり自然豊かで家から山が見えたりと環境面に恵まれているように思います。
    観光都市でもあり、休みの日にその地方の食を堪能したりするのが楽しいです。
    飛ばされたところは偶然ですが歴史や日本酒といった自分の好みと合致するところが多いのも居心地いい原因かな。
    ずっとここにいるかはわかりませんが、会社の雰囲気もいいのでしばらくはここにいたいと思います。

    ユーザーID:6830276726

  • その地への敬愛があれば・・・!

    田舎っていっても、いろんな種類がありますが・・・

    私の実家は田舎・・・といっても、本当に何もない山の中で、大規模な農家
    さんや酪農家さんも居ないです。
    100年くらい前までは、細々と自家用のお米と野菜、小麦や小豆などを
    育てながら、林業(山の管理程度)をしつつ、養蚕で収入を得ていた地域で、
    だんだんと勤め人が多くなって、農地や山が荒れて、人が少なくなって・・・
    という不便で趣も無いところでした。

    それで、嫌な部分っていろいろあるのですけど、それはそれで田舎が私の
    ベースになっていて、大人になった今は「適度な田舎がいい」です。

    大学時代などにほかの地域にも住んだし、観光や仕事で様々な場所に訪れ
    ました。親類や友人も、様々な場所に住んでいます。
    若いうちならここがいいなというところは全国にたくさん!子育ても
    子どもの年齢によって理想の場所は変わってきます。

    やっぱり、どこで育ったか、そこでどんな良い思い、嫌な思いをしたか
    ・・・それで決まってくるのかな。
    私は虫や不便さが嫌。でも自然の物は好き・・・これは今の生活の仕方に
    すごく影響しています。

    40代になった今は、実家から車で40分ほどの、私にとっての「適度な
    田舎」に定住しました。これは、夫の実家の場所なのでたまたまですが。

    憧れの田舎は、観光などで楽しんでいます。あ、あと都会もね。

    今思うのは、若いうちに頑張って、どこにでも居を構えられる力(け、経済力)
    と、どこに住むことになってもそれを楽しめるおおらかさを培っておくべき
    だったかなと。

    子どもも生まれて、周囲には転勤族の奥様が来ては去って・・・なの
    ですが、彼女らのなんとしなやかで逞しいことよ!
    どこの地域の悪口も言わず、各地の特徴を楽しんでいます。

    月並みですが、どこに住んでも「住めば都」と笑っていられる自分次第
    なのかな・・・

    ユーザーID:6781027638

  • 田舎ってどの程度のことをいう?

    私は渋谷で生まれて世田谷で育ったので、都下に嫁いだだけで
    「田舎に来てしまった!」
    という感覚でした。

    友人にいわせると、
    「徒歩圏内にいくつもコンビニがあり、最寄り駅には3路線も通ってるターミナル駅は田舎ではない」

    と言われてしまいました。

    でも私にしてみたらこれは「東京の田舎」。
    両親にも「不便でしょう」と思われています。

    まあ東京の田舎も悪くはないです。
    住めば都ですかね。

    ユーザーID:9813609411

  • 地方都市<首都圏の田舎

    私は地方の中核市出身ですが、東京都下に1駅で入れる今のド田舎の方が断然いいです。
    何を持って「田舎」とするかですが、「田舎」の何が嫌って「田舎臭い考え方」が1番嫌です。
    いくらバスの本数が多くても、人口が多くても「田舎臭い風習」があればアウト。逆を言えばバスが少なかろうと、店が遠かろうと「田舎臭い考え方」でないのなら、いいのです。
    たぶん首都圏の人が首都圏の外に行くと、町の規模問わず色々辛いと思います。個人的には自分の地元に国立附属小があるので(私は公立出身)戻ってそこに入れたい気もしますが(夫は別にそれならそれでもいいらしい)その9年間の為に、その後の子供と私の人生を棒に振りたくないので公立でもいいからここに残ろうと思っています。

    ユーザーID:5930563508

  • 田舎

    現在、都会住みですが、田舎暮らしに憧れます。
    空気もきれい、物価も安い、人間関係も良好そう。
    いつかは実現したいです。

    ユーザーID:0645868640

  • 子供と大人の違い?

    年齢:ぎり60代のじじいです。
    生まれは秋田県の過疎の村で、信号どころか幼稚園も無かったよ。
    でも、遊びの天才は不自由は何一つ感じなくて、釣りや将棋にのめり込んでいました。
    猫との共生も、大きな要因では無いかと思います。
    村の中が宇宙と言ってもいい位で、今で言えば気分は”ルーク スカイウオーカー”です。

    10歳で横浜にお引越ししても不自由さは無く、伸びのびとしたいことをする自由人でした。
    転校した小学校ですぐ将棋と短距離走で有名人になり、大人から挑戦されるというめんどくささは
    有りましたが、持ち前の奔放さは田舎暮らしを凌いで、徒歩でかなり遠くまで探検する
    今思えば”危ない子”でしたね。
    はい、警察の”おっちゃん”に派出所という所に連れ込まれて、
    名前どころか住所まで聞かれ挙句は将棋を指し、”またおいで”等と言われ
    歓迎されていたんだかそうでないのか。

    大人になり仕事をし結婚をして、名古屋に転勤です。
    36年も居ましたが、かなりの都会で何不自由のない生活を満喫しました。
    車さえあれば”座ってどこでも行ける”んです。

    今はお仕事はリタイヤして、神奈川県でパートで暇つぶししていますが、
    都会の片隅としての位置ずけといえる町で、のんびり生活エンジョイです。
    でもここは、羽田・成田空港直行列車/高速入り口そばでとても利便性の良い所です。

    結論として何処でも人生は楽しめるし、不自由は無いという事です。

    皆さんも不自由を楽しみ、自由を謳歌する人生が訪れますように。

    ユーザーID:7438506233

  • 都会派

    田舎(地方)暮らしをしたことがありません。
    生まれてずっと東京で暮らしています。

    地方暮らしは避暑のためだとか、都内の異常な輻射熱地獄を脱出する短期感ならいいでが、移住まではしたくありません。
    やはり年齢を重ねると都会の便利な暮らしはやめられません。
    車も必要なく電車や地下鉄でほとんど事足りますし、
    バス便なども頻繁にあり、利便性はどこも都会は高いですね。

    自然もたまに見るのはいいですが、庭の草木も成長しますし、
    伐採したり管理が大変なのでほどほどの自然がいいです。

    ユーザーID:4867824478

  • 都会です

    都会が良いです。
    金銭的理由で都心3区に住むというわけにはいきませんが、山手線ターミナル駅まで30分程度で行けるところには住みたい…住んでます。

    都会が良いのは色々なイベントに交通費を考えずに行けることです。映画館も美術館も大きなデパートやショッピングビルも博物館もあります。
    美味しい食べ物屋さんも食材も値段ピンキリであります。
    選択肢がとても広い。
    もちろん学校や会社も選択肢は多いです。
    あと都会が東京なら(私は他の地方の都会は知らない)中途半端な田舎よりよほど緑と自然があります。
    旅行に行こうと思えば高速鉄道や飛行機へのアクセスもすぐです。

    人間関係が選べるのも都会です。
    ただ家が近所なだけでべったりした付き合いを強制されることはない。
    あっさりした近隣関係。必要最低限の自治会。
    人づきあいは自分で選んだ自分と気の合う好きな人とすればいい。

    選んで生きるためには精神的なパワーもいるし経済力も必要です。
    でも私は都会が良い。頑張って都会で暮らします。

    ユーザーID:4242943823

  • 若いうちはどちらもいい 年を取ったら都会一択

    動けるうちはどちらでもいいです。どちらにも住みました。

    都会にはたくさん可能性がつまっていると思います。
    美術館、博物館、科学館、映画を見るとか、大きなモールでファッションを楽しんだり、習い事もお友だちもたくさん!いろんな仕事につくために夢をおいかけて頑張る。

    田舎はなんにもなくても自分で作っていける。
    自然から得る恵み。冬の雪解けから感じる春の喜び。いつでもどこでもBBQ。都会でBBQするなら場所を探してお金を払わないといけない。これは衝撃でした。春はわらび・タケノコ・たらのめ山菜祭、夏は魚をつかみ、場所取りしなくていい花火大会、秋はキノコ狩り、冬はスキー。四季にあわせて生活できる。

    でも老後は都会一択。自活するのに近所に何もないと動いていけないです。病院に年寄りはしょっちゅう通うんです。車がないと田舎はいけないからね。年よりは運転危ないから徒歩圏内で全て事足りる状態にすべし。家族に頼るにしても若い人たちに負担をかけるのはあまりにかわいそうです。何かあっても他の家族も駆けつけやすい場所に住むべきだよ。今はコンパクトシティ化として、田舎のインフラはわざと整えず、中心部に住むように自治体はしかけているんだよ。

    ユーザーID:1027237043

  • 先達に学ぶ

    東海地方在住、50代女性です。

    高齢になってからどんな暮らしが必要かは先達を見ていればわかるものです。
    元気なうちはどんな土地でも生きていけます。
    ここでいう元気とは体がまあまあ思い通りに動く70代前半(個人差あり)までかなと思います。

    杖やシニアカートが必要な年齢の高齢者をどんな場所で見かけますか。
    スーパー、金融機関、役所、病院、公共施設、寺社などですね。
    最先端の大型書店やシネコン、おしゃれな街、ビジネス街は高齢者には必要ないのです。
    ある程度の規模がある都会と田舎の中間が一番住みやすいと思います。

    とはいえ、本人にとってベストなのはずっと暮らしてきた街なのでしょう。
    個人的に欲を言うなら起伏のない土地が良いです。
    土地も建物も道路も平らな方が良い。

    ユーザーID:5278441826

  • 住めば都

    田舎出身、地方都市郊外、地方都市中心部
    現在東京郊外なので

    都会の中心には住んだことないですが
    私にとっては東京郊外でも都会です

    もう少し若いうちに東京に来たら、山手線の内側に一度住んでみたかったが

    落ち着いてしまったので

    この程度の都会が住みやすいと思います

    田舎の良さもわかりますが
    やっぱり不便だなぁと思います

    人が集まって都市を作るのは意味があると思います

    昔、都会と田舎どっちがいいという答えに
    お金があればどこでもいい(何なら両方に家をもてる)
    と思ったことがあります

    どうでしょうか?

    ユーザーID:9119352793

  • 「場所は都会で環境は田舎」が良い

    都会か田舎かってよくある議論ですけど、
    ぶった切り過ぎだと思います。場所ってそんな単純じゃないです。

    「都会はゴミゴミごちゃごちゃしていて嫌だ」という人のいう「都会」って、
    渋谷駅近辺とか新宿駅近辺とかみたいなイメージですよね。

    でもそんな場所って本当に限られてると思います。

    例えば渋谷区でも人通り少なく、鳥のさえずりが聞こえ、夜は静か、
    という場所はありますよね。

    私は転勤帯同により
    電車が2時間に1本のド田舎、地方の県庁所在地、都市部の郊外、本当の都心、海外…
    とあらゆるところに3年以上ずつ住んだ経験がありますが、
    ベストは都市部の郊外かなと思います。

    地方は数年住むなら良いけど、永住するにはご近所関係などが面倒すぎる。
    まずホンモノの田舎は不便すぎ。芸術家とか自給自足嗜好とかなら良いかも。
    買い物する場所は一応ありましたが、美術館や映画館や博物館等が皆無で物足りなかったです。
    県庁所在地だとビルや文化・商業施設等もあり街自体はぱっと見そこそこ都会に見えますが、
    やはり地方の人はムラ意識が強いから疲れる。

    都心の中心部は、すごく便利ですがお金がかかる。駐車場だけでも月5万超えでしたし。

    ほどほど便利で、自然も近くにある、「都会の郊外」がベストです。
    住所は「都会っぽい地名」だけど、緑に囲まれているようなところです。
    交通の便が良いと時々田舎にショートトリップするのにも便利です。

    ユーザーID:8316596279

  • 都会すぎても田舎すぎても住みにくい。

    最近都心に引越して都会のど真ん中で生活してますが、便利なようで不便です。
    家賃はワンルーム10万超え、駐車場高すぎで車は持てない、公共交通機関が発達してるから車は必要ないだろうと思いきや、いくら気軽に電車移動できても乗り換えがあると案外面倒だし、買い物して手荷物いっぱいでまた電車に乗るとか恥ずかしいし、億劫だしで、結局休日もさして出かけずに家にいたりします。

    引っ越す前は映画で話題になった某県に住んでましたが、あそこは何もないとか馬鹿にされがちだけど住むには最強ですね。
    車こそ必要だけど足があれば大きいスーパー、ショッピングセンター、ホームセンター等生活に必要なお店はたくさんありますから。
    家賃も安いし、電車も駅で一時間待たされるなんてこともない。
    ちょっと移動すれば東京に出れるし、都会でもなく田舎でもない、その絶妙なバランスが素晴らしい。

    今なんてスーパーひとつ探すのも大変です。高級志向のところばっかりだし、安めのところは敷地が狭くて種類があんまりないです。
    都心部なんてたまに遊びに行くからいい、腰を据えて住む場所じゃないなって実感しました。
    メリットはテレビで話題になるお店に歩いて行けるとか、運が良ければ芸能人に会えるくらいですかね。

    皆さんと同じ答えになりますが「都会か田舎か」の答えとしてはどっちとははっきり言えず、やや都会、またはやや田舎くらいの中間都市が最強!
    っていうのが自分の経験としての結論ですね。

    ユーザーID:0280545930

  • 終の棲家は田舎です。

    九州の田舎住まいですが、市の繁華街まで車で30分で行ける過疎地域に住んでいる一人暮らし70歳女性です。
    大都会に住んだこともあるし、子供世帯は都内23区住みで年1回は滞在したり別の子供も関西住みなので良く出かけているけど、田舎の我が家に早く帰りたいのが本音です。

    鳥のさえずりで朝は目が覚めます、空気も綺麗で隣近所は離れているし、家の中をドタバタ走り回っても音も気にすることも無いし、気楽な生活しています。ただ車必須ですが、車で5分も走れば病院、コンビニ、スーパー、役所、銀行、郵便局などあるので生活には不便はしません。こうしてネットもできるのでPC、スマホが大活躍でネット通販も良く利用できる現代なので、田舎の不便さは感じていません。ネットバンキングも出来るようになったので、ますます田舎不便はないですね。因みにミニバスは走っています。

    田舎ゆえに(夫の故郷でもある)広大な土地はあるので、ガーデニングも趣味にできるし、何よりゆったり楽に生活できるのがこの年齢になれば本当に幸せなんです。高齢町内会なので、活発な活動もあまり無いので制約もかからないです。
    幸い若い頃から健康には十分に気を付けて来たので、今でも病院薬いらずの体で毎日の運動も欠かさず、クラブにも属しているので毎週2回は仲間と外のスポーツを楽しんでいます。

    田舎に終の棲家を15年前に作った時点から(それまでは住宅地の賑やかな所でした)、ここが最後の住いだと思っています。
    育った昭和時代の頃から比べれば現代の利便さは、田舎でも都会でも何ら変わらないので、どちらを選ぶかは個人の問題になるでしょうか。ネットが出来る時代になり、世界は一つになり海外の友人ともやり取りできるし、田舎に住もうが海外旅行に行くにも不便も無いです。田舎生活を満喫しています。

    ユーザーID:7607307125

  • 隣の芝生が青く見えるものでは?

    私は政令都市出身の40代女性です。
    現在は仕事の関係で地方の田舎に住んでいます。
    子どもの頃は都会は車や工場が多く空気が悪いし人も多くてゴミゴミしていてずっと嫌でした。自然豊かな田舎でのんびり生活することが憧れでした。
    しかし、いざ田舎に住んでみると、自然が厳しく田舎特有のよそ者排除意識が強かったりで想像していたようなほんわかのどかな生活とはほど遠いものでした。
    子どもたちは、小学生までいた都会から田舎へ引っ越し、のんびりと育ったと思います。お受験はなく大手予備校などもなく、それでもそこそこの国立大に入れたので教育的にはコスパが良かったと思います。中高生が遊ぶような場所もないので親としては安心でした。
    でも子どもたちは何もない田舎が面白くないようでした。
    進学は都会ではないものの田舎ではない程度の地方都市へ。学生が遊ぶ場所くらいはあって買い物にも困らない。行こうと思えば日帰りでも都会に行けるような場所でほどよく住みやすいようです。

    テレビ番組で見かける田舎へ移住した人たちはみんな都会からですよね。田舎暮らしの良さを熱心に話されていますが、それは都会を知っているからこそだと思います。
    田舎しか知らない若い人に田舎の良さを知れと言ったところで分かるはずはありません。都会に憧れるなと言う方が無理です。

    都会にも田舎にもそれぞれ良い部分と悪い部分があり、それは両方に実際に住んでみないと比較できないと思います。
    できれば双方に住んでみて、好みに合わせて終の棲家を決めたらいいのではないでしょうか。
    ちなみに私たち夫婦は定年後は、都会まで新幹線などで一時間程度で行ける田舎とは言えない程度の地方都市で、車がなくても何とか生活できる交通の便の良い場所に住みたいと思っています。
    要するに都会でもなく田舎でもない場所がベストです。

    ユーザーID:4296284745

  • 田舎暮らしを満喫した後は都会へ

    50歳女性、アメリカに住んでいます。 渡米して20年余り、現在は小さな田舎町に住んでいます。 

    日本にいた頃は東京近辺で過ごしました。子供だった頃から田舎や自然が大好きで、地方にある両親の実家に行くとワクワクしていました。 ずっと田舎暮らしが夢でした。

    アメリカに来てその夢を実現させました! ログハウスを建て静かな田舎で自然を満喫しながら暮らす毎日。 朝は鳥の鳴き声、夏の夜にはたくさんの蛍。 冬には薪を燃やして暖炉で暖まる生活。 本当に満足です。

    ただ、あと10年ほどして仕事をリタイヤしたら、東京かその近辺に引っ越す予定です。 田舎暮らしは素敵だけれど、体力が必要。 買い物や医療機関に片道30分も車を走らせるのは年を取ってからは不便ですし、車の免許も早いうちに返納したい。 実際に田舎に住んでみて、田舎暮らしは体力がある若いうちがベストだと実感しました。

    将来は、美味しいレストランやデパ地下にすぐ行けるような場所に住み、いろいろな設備や施設が身近に整っている場所で過ごしたいです。 

    ユーザーID:9799315433

  • 都会に出て後悔。

    元は首都圏内の県庁所在地に住んでいました。
    諸事情があり横浜市に引っ越してきました。

    正直今すぐにも戻りたい。
    二人暮らしですが、給料は変わらないのに、家賃は倍になりました。駐車場も一台だけなため、車を一台処分。
    アパート管理も杜撰です。
    住む人が幾らでもいるせいか、アパート探しでは古い建物ばかりで、やっと見つけても毎月管理費を払っていますが2、3ヶ月に一回植木のみで全然管理がされていません。

    町も物価はあまり高くありませんが(むしろ安い?)、店の家賃が高いせいでしょうか、どこを見てもあまり質が良くありません。
    お洒落なお店やカフェは多いと思いますが、そんな毎日は行きませんし
    日常的に必要なお店も沢山ありますが皆小さく同じようなラインナップしかなく、田舎の大きい一店舗の方がなんでも揃いました。

    道路は最悪です。
    山から海に斜面になっており、坂も多いせいか道の作りがひどい。真っ直ぐ進めずくねくね曲がり、地図で上から見れば繋がっていても実際には段差があり通れなかったり
    車は混むし、歩行者や自転車も多いし。
    皆さん自分優先で通るから危ないと思うことも多々あります。

    公共交通機関が発達してるとはいえ、逆に駅周辺にしか何もなく、観光地向きですね。
    田舎出身からしたら、その駅に向かうのも、駅の中を歩くのも、駅から遠いとこに歩くのもしんどいです。満員電車も。
    車なら座って荷物も乗り広々とどこにでも行けるのに。

    まず、アパートにしろ道路にしろ、お店にしろなんでこうシンプルに作れないのだろう。
    3しか入らないとこに、4のが売れるからと4も5も無理やり入れるからわけわかんない構造になってるんですよ。
    一度全部やめてシンプル、真っ直ぐに作り変えたい。

    お店も結局決まった所にしか行かないし、田舎の県庁所在地あたりが何だかんだ都会過ぎず、田舎過ぎず一番住みやすい。何ごともほどほどですね。

    ユーザーID:8298697953

  • どちらかと言えば田舎

    横浜市在住、50代後半男性。
    生まれは東北の大きな市、育ちはおおむね横浜→都内→横浜です。

    今だからではなく、昔から出身地が好きですね。
    都合がつけば帰りたいです。

    都会暮らしの良い所は、簡単に言えば遊ぶ場所が多い、若者が多めと言う所ですかね。
    私の青春時代は都会は公害もひどかったし、仲間を作って遊ぶには便利だった事は事実ですが、現代は少なくとも情報面では都会も田舎もあまり差は無いですし、無理に人が多い都会で暮らすことは無いかなと思います。人が好きな人は別ですけどね。

    田舎暮らしは、それはそれで大変だと言うことはある程度走っています。自分の田舎は大きな都市ですが、交通機関なども含めた利便性では都会に軍配が上がります。通勤は怠いですけどね。

    ユーザーID:1621823101

  • 都内の下町にすみたい

    私は独身の頃は都内にひとり暮しでした
    でも、仕事が忙しい時は、ほとんど家と会社の往復だし、遊ぶにしても、会社の近くの駅周辺で、カラオケとか飲みに行ったりぐらいでした
    もっと遊んでおけばよかった

    今は都内から電車で一時間かからないぐらいの郊外に住んでいます
    ほどよく田舎なんです
    前はコンビニしかないし、車社会なんです
    バスはあってないようなもの

    昔からのしきたりというか、しがらみが多いです
    町内会に入らないと生活しづらいし、地域活動も活発なのでめんどくさいです
    都内は、病院も多いし、便利ですよね


    年取ったら、もっと都会にいきたいなあ

    ユーザーID:4881079941

  • それは

    50代女性、新潟県在住です。悩ましい問題ですが、どちらかといえば田舎かもしれません。

    わたしは大学のときに東京に出て、それから結婚までの15年間を東京で過ごしました。わたしにとっては、東京は第二の故郷です。いまでもたまに遊びに行きますし、大好きなので、いまだに住みたい気持ちはあります。一方、田舎は、本当は嫌いな気持ちがあります。自然が好きなわけでもないので、何もないつまらない場所だと思ってしまいます。生活にも不便なので、利点があまり浮かびません。とはいえ、空気と水は最高においしいと思ってはいますが。そういうわけで、気持ち的には、田舎より都会のほうが好きです。

    でも、最近、思うことがあります。一般的に、田舎は人間関係がわずらわしく、その意見もよくわかるのですが、都会でもそれは同じかもしれないと思うようになったのです。違いは、見えるか、見えないか。田舎の人間関係はすべて顔が見えています。もめごともありますが、人間対、人間の関係です。でも、都会は、見えない相手にいつも見られている感覚があると思うのです。どこの誰かはわからないけれど、いつも誰かに見張られている感覚。人間対、人間プラス何か、という感じ。うまく言葉にできませんが。相手の顔が見えないぶん、よけいに怖さを感じます。もちろん、そのような感覚はなく、気にならない人も多いのでしょうけどね。

    また、田舎では、都会で思う以上に自由に暮らせます。たまたま場所に恵まれていたこともあるかもしれませんが、隣近所に対するストレスは、都会のときのほうが強かったように思うからです。だから、どちらかといえば、田舎がいいと思うようになりました。とはいえ、いま東京に引っ越しとなったら、うれしさも感じるはずですし、楽しく暮らせるでしょうけど。

    ユーザーID:0530359717

  • 当人次第

     関東・60代・女

     都会でも田舎でもそこで暮らす当人次第だと思います。

     田舎だと旅行程度では解りませんからね。特にその土地で過酷とされる時期にせめて3ヶ月でも生活してみて、やっていけたら問題無いんでしょうけど。

     田舎では個の力だけでは生活が完結しない分部もあるし。田舎でも会社勤めなら街中とさほど変わらないんじゃないですか?

    ユーザーID:1832034270

  • 故郷なら田舎でも良い

    奥多摩で産まれて、4歳で東京23区に引っ越して成人しました。
    今は神奈川県の大和市に在住です。
    私鉄駅から徒歩6分の場所に自宅があります。
    奥多摩の生家は、JR駅まで徒歩90分です。

    私は、故郷の田舎に住めます。産まれ故郷は、やはり良い。
    しかし、どちらに住みますか。と問われたら
    70歳の高齢者なので今の家。都会の家。

    ユーザーID:1368023475

  • 「都会」と「田舎」の定義から

    都会暮らし、田舎暮らしといいますが、どの程度のことを想定しているかです。
    23区内マンション住まいの方からすれば都下の団地住まいは田舎でしょうし。。。・
    私は都下の一戸建てに住んでいますが(かなり山のほう)、一応東京都住、地方の人には「東京は都会だしいいなあ」と言われますが、よっぽど地方の県庁所在地などの都市のほうが都会です。

    私の理想は田舎暮らしで、夫と「いつか北海道に16000坪の土地かおう!」なんて言ってましたが50近くなって「ああ無理だ」と思います。買い物に必ず車がなきゃいかれないところというのが昨今怖いのです。逆に都会暮らしは窮屈で空気が汚くて歩かなくなりそうでいやです。
    理想は、徒歩15分〜20分圏内に、総合病院、スーパー、雑貨売りの大型店舗(ホームセンター)、薬局がある適度な田舎です。そのくらいの距離ならタクシーに乗っても1000円前後で何とかなりそうです。とにかく70歳程度で免許を返上したいのです。

    ユーザーID:5800564354

レス投稿

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧