現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

親の年金(教えてください)

ぶーたろう
2019年6月7日 20:52

80代の母親の年金について、分からない点が多々あり、
お詳しい方、お教えいただけないでしょうか。


父は50代前半で亡くなり、母は遺族年金を貰っていたと思います。
子(私)は20代でした。
その後、母が65歳(多分そうだったと思うのですが)になり、
自分の年金(母はずっと専業主婦でした)を受給するようになった
からか、その時から、年金がガクッと減らされたとのことでした。

私は遠方で家庭を持っており、年金についての知識がないため
どうしていいか分からず(仕事で多忙だったのもあり)そのまま
にしていました。

そして今回、また母から「今回分の支給通知で大幅に減らされて
いる」と連絡が入りました。

遅ればせながら、ネットで調べたところ、中高年寡婦加算だとか
経過的寡婦加算だとか、いろいろな制度があることを知りました。
恥ずかしながら、全く理解していませんでした。

母が自分の年金を受給し始めた時点で、遺族年金が減らされた
のはどういう理由なのでしょうか。
また、今回、大幅な減額となった理由としては何が考えられる
でしょうか。

年金事務所に問い合わせるにしても、恥ずかしながら全く知識が
ないため、あらかじめ教えて頂き、そのうえで問い合わせをした
いと思っています。

どうかご助言下さい。
情けない息子ですみません。
父は公務員でした。

ユーザーID:0762470342  


お気に入り登録数:316
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:20本


タイトル 投稿者 更新時間
わからないから相談に行くのでは?
みや
2019年6月7日 21:56

ねんきんホームページにある年金相談に電話しましょう。
内容を言って、もし対面での相談が必要だったら年金事務所での相談を予約できます。

ユーザーID:1971468680
年金事務所に問い合わせを
ノラ猫ブータン
2019年6月7日 21:59

現在は本人であれば、年金事務所で相談することが可能です。
一緒に出掛けるか、母親の委任状を貰って行かれては。

行かれる前に、「必要な書類」や手続きをか確認されること
です。難の遠慮も要りませんょ。

ユーザーID:5841891005
年金事務所に先ず電話です
ミルクティー
2019年6月7日 22:02

もやもやする疑問を晴らし、お母様もトピ主様も
スッキリしたいですね。

先ず年金事務所に電話をして、予約を取る事をお勧めします。
その時、案件と共に「知識不足な為、説明の上手な方に担当を
お願いしたい」と依頼するのです。
そして、出来ましたらお母様と共に年金事務所に出向き、説明を
受けたらいかがでしょうか。
年金事務所の方は、とても親切に教えてくださいますよ。

ユーザーID:0092902522
年金の未納期間がありませんか?
年金受給者
2019年6月7日 22:59

厳しい言い方ですが、65才から年金が減らされたのではなく、

年金保険料納付に見合った年金額になったと言うべきだと思います。

・65才で年金額が減少した件

 65才までは、遺族年金+中高齢寡婦加算

 65才以上は、老齢基礎年金+遺族年金+経過的寡婦加算

 になります。

 年金保険料を満額納めていれば65才以上の年金額は以前より増加します。

 ところが、年金保険料が未納ですとその分、年金が減額されます。

 未納の原因は2つあります。

 1つめは、昭和61年4月以前の未納。

 専業主婦は、これ以前は任意加入となっていましたので、納めていなったのではないかと思われます。

 
 2つめは、遺族年金受給時の国民年金保険料の未納。遺族年金を受給していても国民年金保険料の

 納付義務はあります。法定免除であれば半分の期間、申請していなければ全期間が未納期間となります。

 この未納期間により、お母様ご自身の年金が保険料に見合った額の給付になったと言うことだと思います。

 保険料の納付期間は、年金証書に記載されていますので、ご確認されたらと思います。


・最近年金が減額になった件

 年齢により減額になることはありませんので、たぶん年金の「現況調査」において寡婦の申告をしなかった等

 により源泉される所得税が増えたのではないかと思います。これも年金振込通知書で確認できると思います。

ユーザーID:9897541703
やはり年金事務所かなぁ
ひるあんどん
2019年6月7日 23:53

まず老齢年金と遺族年金は両方受け取ることが出来ず、いずれか一方の受給になるはずです。もしくは遺族厚生年金の2/3と自らの老齢厚生年金の1/2を受給にするかです。

考えられるのは、遺族年金より受給額が低い受給方法に切り替えてしまったこと可能性でしょうか。子供(トピ主)が規定年齢を超えると遺族基礎年金が減額されることがあるのですが、当時は既に子(トピ主)が20代とのことですので、これは関係ないかもしれません。

ただ細かい計算や要件が色々とあるようなので、やはり年金事務所で確認するのが一番早いと思いますよ。

ユーザーID:4888146056
詳しくないけど
暇人
2019年6月8日 0:18

とりあえず、扶養親族等申告書を送ったか、お母様に確認しましょう。
年に一度送付されてくる書類です。
基礎控除を使うのに必要です。
もし送っていなければ、年金から天引きされるもののぶん、振込額が減っているはず。
後期高齢者保険料、介護保険料、住民税などが年金からひかれます。
この合計額が源泉徴収されているとしたら、そりゃあ年金は減っているでしょう。

ユーザーID:5682564782
理論武装してから問い合わせ
さらしな
2019年6月8日 0:19

というお気持ちはわかりますが。
良いことないです。

「遺族年金」はいろいろなパターンがあり、いちがいに言えません。

例えば、現在は、20代の妻は5年で打ち切りです。

20年以上婚姻を続けていること、とか。
細かいことあるんです。

お母さんのときは、65歳になった時点で「自分の年金を受け取るか」「遺族年金を受け取るか」選べと言われたはずです。

通常は遺族年金のほうが金額が多い(専業主婦が長ければ)ので、遺族年金を選びます。

現在は、自分の年金の上(でないと、自分が払った分はまったく反映されないことになるので)に、遺族年金で支給されていた分まで補充という形になったはずです。

遺族年金はバブル期に上げすぎたとかで、毎年、少しずつ下がってます。

が。

80代になって、いっぺんに下がるような要素があったかわかりません。

それが、お母さんだけの特殊事情なのか、誰にでも当てはまることなのかもわかりません。

お母さんのおっしゃることが本当ならば(そろそろ認知症の心配も必要なので、こんな失礼な言い方になってすみません)、ご本人が「減額の理由」を問いたださないと、何も変わらないと思います。

金額に納得いかないのなら、トピ主さんが付き添って、年金事務所を訪ねたほうがいいですよ。

あ、どこも混んでるそうですから、電話して予約してくださいね。

ユーザーID:5671050186
最初から年金事務所で聞いたら? 
なぎさ
2019年6月8日 0:34

トピに書いた事をそのまま年金事務所で聞けばよいと思います。
全く知識がないなら余計にです。
掲示板で中途半端な(失礼!)情報を頭に詰め込んで年金事務所に行くと、相手はトピ主さんを多少知識のある人だと誤解して会話するかもしれません。
だとしたら、最初から「知識がない」と前置きしたうえであれこれ聞く方が良いと思います。

ユーザーID:2642631976
年金事務所に行かれる事をお勧めします。
2019年6月8日 7:04

事前調査など必要無いと思いますよ。

年金事務所はデータに沿って教えてくれますから。
減額された通知と年金手帳を持って、母親を連れて聞きに行ってください。

年金受給額は色々な要素が加わります。
素人に教えて貰って解る知識などありません。
その人その人で違いますから。

ユーザーID:7938415968
順番が違う
左近
2019年6月8日 7:28

まずは年金事務所に確認です。

素人に聞くなんて選択肢はありません。

ユーザーID:7240804594
介護保険料など?
うさ
2019年6月8日 7:59

介護保険料も値上がりしたし、
住民税も天引きだし

自分の年金の支給が始まる時、たしか、どちらを頂くか
選択するはず。
で、今まで、後払いだったものが、天引きになったから、
減らされた、と言う感覚になったのでは?

うちの母は、父の遺族年金の他に、民間の保険会社で掛けていた個人年金が、
10年間の確定年金だったようで、それも2つ掛けていた。
10年経ったら、当然、支給が終わり、兄が、
年金減らされたと騒いでいたけど。
社会保障である遺族年金と、個人年金を混同していましたよ。

予備知識なくても、良く教えてくれますよ。

年金のホームページより、社会保険事務所に行って、
聞く方がわかりやすい。

ユーザーID:7429582212
せめて
ハムトマト
2019年6月8日 13:07

年金に関する基礎知識を徹底的に頭に入れといた
ほうがいいですよ。丁寧に解説された書籍が多く
ありますから、徹底的に読み込みましょうよ。

話は上級・応用編に近いところもありそうだから
まずは、基礎と出来れば中級くらいまで知ってな
いと、それを知ってるものとして説明されると
相手が何言ってるのか分かりませんよ。

そして、日本の年金システムは建増し建増しで
複雑ですから、聞きかじった話だけでは頭で整理
できず、結局話をたどって基礎に行くしかない
ケースがありますから、当面は時間を割いて
今回の件を解析されたほうがいいと思います。

ユーザーID:1197636190
なんだかな
シトロン
2019年6月8日 15:54

早くに伴侶を無くされた事はお気の毒ですが、私としては最初から独り身で失業しても誰の扶養にも入れずもれなく国民年金の支払いの催促がくるので、同世代でも夫はもういなくて子供ももう成人しているのに、遺族年金を貰う側の人もいるんだなって、制度はしっているけどスゴーク理不尽です。

まぁ私もトピ主さんのお母さんの立場なら、そりゃあ辞退なんかするわけもなく頂ける物は当然の権利として受け取っていたと思うので、トピ主さんのお母さんは何も悪くないけどさ。

ユーザーID:9863188709
中高齢寡婦加算
遺族年金受給者
2019年6月8日 17:18

遺族年金が65歳で少なくなるのは
遺族厚生年金にプラスされている「中高齢寡婦加算」を
受給できなくなるからでは?
これは、本人が65歳になり、基礎年金を受給できるまでの
繋ぎとして頂けるお助け加算です。

今現在は58万位ですが、国民年金を全期間支払っていれば
65歳から基礎年金が78万位出るので
65歳からその差額20万程増えることになりますが
国民年金を払っていない期間があるのなら、減ることも考えられます。

ユーザーID:3115483335
行ったことがあります
梅雨子
2019年6月8日 17:27

私は年金事務所に行ったことがあります。遺族厚生年金の選択が必要でしたが、何も言わなくても最も高額なものを選んでくれました。そういう説明も受けました。納得いくまで説明してくれます。

なので、とりあえず電話して、用意するものを聞いて行ってみるのが良いと思います。代理人のみでも良いはずなので委任状の要否も聞いた方が良いでしょう。

>自分の年金(母はずっと専業主婦でした)を受給するようになった
>からか、その時から、年金がガクッと減らされたとのことでした。

総額が減ったということでしょうか?総額はあまり変化していなかったりしていませんか?
年金は生活費ですから総額が突然減ると困りますよね。増額に関しても同じ考え方のようで、大きく変動しないように何かが増えると何かが減るように配慮されているようですが。

>年金事務所に問い合わせるにしても、恥ずかしながら全く知識が
>ないため、あらかじめ教えて頂き、そのうえで問い合わせをした
>いと思っています。

年金は詳しい人であっても複雑なので、まずどの制度に該当しているのかを知ってから調べてみた方が良いと思います。

ユーザーID:4556267087
お近くの年金事務所のGo!
にょんこ
2019年6月8日 18:02

あーー!これはね、難しいです!
素人がどうこうの話じゃなくて、「調べないとわからない」やつです。

私の母が亡くなった時、年金を止めるために年金事務所に行ったのですが
(まずここ。電話で連絡じゃなくて、直接行かないとダメっぽいですよ。例外もあるかもしれないけど)
もうねーものっすごい複雑でした!!

ざっくり推測すると、トピ主さんのお母様はどこかで未納期間があったんだと思います。
でもその未納が、意図的な未納だったのか、それとも勤め先の関係で未納だったのか、わかりません。

私の母の場合も未納期間があったんですけど、それを調べていく中で、家族も知らなかった勤め先があったことがわかったんですよ。
もう父と結婚した後だったので父は知っているはずなんですが、あまりにも昔過ぎて、しかも短期間なこともあってか、「そんなの知らない」と言ってました。
(別に変な仕事じゃないです。至って善良な普通の職業です)

だからお母様本人も忘れてる何かしらのことが、今の年金額に関わってるんだと思いますよ。
多分言われれば「あー!」ってなるんだと思いますが…

ちなみにうちの母の時は、もう亡くなった後で、受給を止めるだけだから簡単だと思ったんですけど、なんかいろいろあーだこーだめんどくさかったです。
こちらに非がある話っていうんじゃなくて、「過去のこの職場の納付内容が不明なので、問い合わせれば納付分が返ってくるかもしれません」とか言われて。
ぜひ問い合わせてみて下さいとか言われたんですけど、もう面倒で何もしてません…
仮に返ってきても数万だろうと思うし…
(ちなみに、私が動かなくても年金事務所から手続きしてくれたやつもあって、そっちのほうで何万か返金は受けました。これももう、内容忘れた。たった2年前のことだけど、もう複雑で複雑で覚えてらんないわ)

なので一刻も早く年金事務所行ってきましょう!

ユーザーID:7343369112
自分自身の年金の手続き漏れ
どんちゃん
2019年6月8日 18:13

うちの母はこれでした。

何年か前にTVで
「夫の死後、遺族年金もらっていたけれど自分の年金の申請漏れがあったために年金額が減った」
という事例をやってたそうです。
つまり遺族年金は、自分の年金をもらう時になったら、自分の年金分引いた残りが乗っかるシステムなんですが、自分の年金手続きをしてなかったために「本来乗っかる部分」だけが支給されていた、という話です。

母が年金事務所に問い合わせたところ、まさしくそのケース。
「なんで当時の係がちゃんと説明しなかったのか」と平謝りされ、10年分以上(!)の自分がもらうはずの年金をちゃんと払ってもらったそうですよ。

「自分がもらう年になったら減るなんておかしいと思ってたんだけど、手続きしなきゃいけないなんて知らなかった、今までもらえてたから自動的に手続きするんだと思ってたわ」とホッとした顔で言ってました。

年金事務所に問い合わせをお勧めします。
ちなみに母は80歳です。

ユーザーID:5330472625
年金通知が来ていませんか携帯からの書き込み
たぬき
2019年6月8日 18:49

お母様宛に、年金の通知が来ていませんか。それに支払い変更がある場合には変更内容が書かれています。確認して下さい。
年金事務所に聞くも良し、またお父様が勤務していた共済組合に問い合わせてみても良いかと存じます。
かつて、年金手続きを行いました。御理解できるまでどうぞ、ご健闘を。

ユーザーID:9478979242
ミケ携帯からの書き込み
ミケ
2019年6月8日 19:06

当たり前に単純な理屈なんです。
説明聞いたらすぐにわかります。
年金事務所または年金ダイヤルに聞いて下さい。

ユーザーID:0028260031
年金事務所へ携帯からの書き込み
年金者
2019年6月8日 23:31

予備知識は必要ないと思います。年金に関するもの全て 年金事務所に持参して説明を受けられた方が良いと思います。他の方のレスにもあるように年度によっては経過措置、切り替え申請などあり、年金はそれぞれが そのまま 貰えるわけでありません。 できればご実家で年金定期便も含めて 行かれたほうが良いです、知らない事は恥ずかしい事でありません。

ユーザーID:5892619718
 


現在位置は
です