妊婦さんに席を譲る美風

レス25
(トピ主1
お気に入り82

妊娠・出産・育児

ぎんねこ

トピを開いてくださってありがとうございます。

最近、妊婦さん、あるいはベビーカーを引いた妊婦さんもしくは子連れの奥さんをよく、都心に向かう電車で見かけます。私は、子供を抱えての遠距離の移動は大変なのは若い時に経験済みなので、見かけるとなるべく席を譲るようにしています。
最近は妊婦マークなるタグがあるらしく、それとなく気遣いをする日本人が増えてきて、女性や子供にやさしい社会になりつつあると、感心しています。
手すり近くに座席をとっているときは手順よくベビーカーのお母さんに席をゆずり、お子さんに手を振ったりしていますし、おなかが大きい女性には大変でしょうとさっと譲ります。

妊婦さんにやさしい社会になりつつある今の日本の美風に微笑みを感じるのは私だけでしょうか。
こんな電車の中の女性たちにやさしいトピです。

ユーザーID:8382141145

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数25

レスする
  • 有難迷惑だった

    昔の話でごめんなさいね。

    トピ主様は譲ってもらってありがたかった時期があったのでしょう。
    ですが、私は正直「座ると酔う」という状況でしたし7か月を過ぎるあたりからは一度座ると立ち上がるのが辛かったので「どうぞどうぞ!」といわれても困りました。

    先日などは子供を連れた妊婦さんがいましたので「座ります?」と声をかけましたら「ありがとうございます」というものですから席を立ちましたら・・・・・連れの子供を座らせたんですわ。

    妊婦で辛いんじゃないかって声をかけたのに。

    そういうわけで、辛そうにしていなければ譲りません。

    ユーザーID:9811953970

  • そうかな?

    現在妊婦ですが、通勤電車の中では自分の実感としては、そうでもないです。通勤時間帯以外でも、席が埋まっている時、こちらが言わない限りはなかなか先に気づいて譲ってくれる人に会うことは少ないかな。毎日往復で乗って、週に1回あればいいほうです。
    共働きが増え、既婚女性も働くのが普通になりつつありますが、男性も女性も、通勤者も、レジャー利用者も、妊婦には無関心の方が圧倒的です。お腹が大きくても、マタニティーマークをつけていても、基本的に見ていない、起きていない、スマホだけを覗き込んでいる。優先座席でも寝込んでいる人が多いです。まあ、それぞれの事情は外からはわかりませんので仕方ないですが。
    ちなみに立っているのが本当に辛いときは起きている人に声をかけて、席を譲ってもらえないか聞いてみます。反応は様々ですが大抵は譲ってくれます。

    ユーザーID:7596661638

  • どうでしょう・・・・

    >こんな電車の中の女性たちにやさしいトピです。

    トピ主さん【は】お優しいと思います。
    私は
    まだまだ、
    妊婦さんや子連れママに対しての優しさは、足りていないように感じています。
    昔よりは多少ましになってるのかな?
    どうでしょう
    マークを付けていないと、優しくしてもらえない?
    寛容さが減っている?
    そんな風に感じてしまう場面もありますね。

    トピ主さんの様な方が、もっとたくさん増えたら良いですね。

    ユーザーID:2122935804

  • 心あたたまるトピ、ありがとう。

     トピ主さん、心あたたまるトピありがとう。100%同意だよ。
     日本人はよく「席を譲らない」とか「正義感がない」と言われことがあるけど…
     ほとんどの日本人は優しいし、正義感があるよね。
     でも「よいことをして目立つ」」と言うことにかなりの抵抗感がるように思えるよ。
     「よいことをしたい、でもいかにも自分はよいことをしているんだと見せびらかすのは抵抗がある。」と言うような感じだよね。
     私も電車で席を譲るときは何も言わずにさりげなく立つようにしているよ。
     「よいことをするのは照れくさい」と言う気持もあるし「よいことはさりげなくするべき」と言う気持ちもあるよ。
     おそらく「江戸しぐさ」と言うのはこういうことを言うんだろうね。日本人はさりげなさに美徳を感じる気風があるとあると思うよ。
     さりげなく他人のために何かできるような人が増えているのはうれしいことだよ。

    ユーザーID:7119133531

  • 意外に譲ってくださいます

    まだ5か月入る手前なので目立ちませんが一応マークつけて通勤しています。

    関西圏のJRで通勤しています。
    毎日とは言いませんが、4割くらい譲ってくださいます。
    毎回、優しい人がたくさんいる…!と感動してしまいます。
    こんなに譲っていただけるなんて思ってもみませんでした。
    自分が出産を終えて、元気になって譲れる立場になったら積極的に譲ろうと思ってます。
    譲ってくださった方みなさんに、素敵なことがありますように!

    こういう連鎖の方が幸せだなぁと思います。

    ユーザーID:2417501579

  • そうでしょうか

    今感じるのは子連れの方はまわりに配慮のない方が増え、そうでない方は子連れの方に厳しい、お互いにぎすぎすした感じがします。(もちろん全員ではありませんが)
    お互いもう少し配慮や優しさをもつとよくなるのではと思います。
    わたしは子供がいないので、高級レストランやカフェで床にねころんだり走り回る子供を放置したり、パン屋でパンを手で触っているのを見て見ぬふりをしたり、ちょっとうんざりしています、もちろんちゃんとされている方もいるのはわかっていますが。。電車の中で妊婦さんや子供を抱いてる方、老人の方などには何も言わず席をお譲りしますが、ちょっとトピ主さんの賛美の仕方には違和感を感じました。。

    ユーザーID:4383418229

  • うーん。

    それって美風なの?
    至って普通の事では?
    わざわざ「やさしいトピです」って何だか大袈裟。

    ユーザーID:1889173300

  • さっと譲りますね

    たまにスレンダーな方だと気がつかないこともありますが
    妊婦マークを付けてる方には

    どうぞ〜 と席を譲ります。特に躊躇いはないですね。

    もちろん、お年寄りや赤ちゃんを抱っこした方に対しても同じですが。

    ユーザーID:4742488720

  • 昭和の頃から譲ってましたよ

    妊婦さんが特別クローズアップされるようになったのはいつごろからだったか。
    でも私は子供の頃から母に「妊婦さんはお腹が重いでしょ? 立っているだけで辛いから席は譲ってあげるのよ」と言われて育ったので、
    電車通学を始めた高校の頃から妊婦さんには譲っていました。
    身近にいる友人も皆そうしていましたから、世間が大々的に「妊婦さんに席を譲りましょう」キャンペーンみたいになった時は「今更?」って思いましたよ。
    私みたいに昔から譲っている人っているところにはいると思います。
    個人的には「最近」ではないように思うのですが。
    十数年前、私が妊婦だった頃も高確率で譲ってもらえましたし。

    ユーザーID:4724934415

  • 妊娠中です。元気が出るトピをありがとうございました。

    「妊娠しているのだから席を譲って当たり前!」と不遜な態度を取る一部の人のせいで、ネットでは「妊婦様」「子連れ様」と揶揄した言葉がたくさん書き込まれています。
    そういうのを当たり前に目にしていて、今回妊娠してから電車に乗るのがとても怖くなりました。
    もちろん様々な事情で座っていたい人もおられるので、席を譲ってもらって当たり前とは思っていません。
    もし譲っていただけた時は、きちんとお礼を言いたいと思っています。

    そんな気遣いがお互いに続いていくことで、世の中の過剰に批判的な風潮が少なくなればいいなと思いました。

    ユーザーID:0806427067

  • マークは救急時に使います。

    救急時に使うための妊婦マークで「席譲れ」マークではないのです。

    子供3人がいる共働き女性です。
    地下鉄2駅乗って乗り換え乗り換えで乗車時間10分ほどで勤務先です。
    電車内では空席が目立たない限り立っている(悪阻も気分が悪くなったこともなく、大変細身で身軽な体格でタッタと階段昇降)タイプなので、席を譲る機会すらありません。他人事ですね。

    ただトピ主様に誤解がある様なので。
    あのマーク、席を譲れじゃなく、スマホに夢中の若い座った女性に、態とらしく見せてる妊婦に遭遇しますが無駄な仕草かな?と思っています。

    まあ白杖や杖ついたご高齢者や松葉杖のかたがご乗車された時、優先席に座ったスマホに夢中の男性・女性に声をかけたことはありますが、妊婦の場合は2度だけかなあ。
    私の経験からいくと長身で顔も小さく腕脚もスラリとした妊婦って、(むくみゼロ型)普段から運動過多のせいか元気で電車内で30分位なら全くどうってことがなかった。
    立ったり座ったりが面倒で。
    ただ未経験の 大変 むくんでみえる腕脚顔が太っているかたは、きっと辛いだろうなあが想像できて。
    でも あんまり辛ければ、満員電車を避けるのではないかしら?とも思うのですよね。

    まあ どちらにしろ余程 空席が無い限り 電車内では座らない主義(幼稚園位から母親に躾られた)なので無関係な話なんですが。
    そのおかげカナ? 長身で大変 華奢体格なんですが、腕力、脚力ともに凄く強肩(肩幅は滅茶狭い)で超安産でした。

    まあ妊婦に席を譲る(元々 席に座る必要がないかたが。)のはいいことかも知れませんが、トピ主様達、健康で立ってもどうってことないかたが、満員電車などで先を争う様に席に座ること自体が 優しい社会から遠ざかっているとは思えませんか?

    ユーザーID:3033041392

  • いいですね〜

    妊婦さんに譲れるのが普通になるって素敵です。私も譲っていますよ。
    個別の事情までわからないのは当り前なので、個別の事情で座りたくない人のことを考慮するべきとは思いません。
    座りたくない人は他人の好意に重々お礼を言って、座れない事情を話したらいいだけです。それを迷惑と思うような捻くれた人のせいでせっかくの美風が育たない社会は困りますよね。

    ユーザーID:5069451740

  • 妊婦に対してだけではなく、周りをよく見て気遣う人は意外といる

    もうすぐ産前休暇に入る8ヶ月妊婦です。
    自転車通勤していましたが、6ヶ月目に入った時「そろそろ自転車やめて!」と主人に叱られ、電車通勤を始めました。
    一応妊婦マークをつけ電車に乗ると…予想以上に席を譲ってくださる方が多いこと。
    「メディアで叫ばれているほど世の中は冷たくない」と、電車通勤を通じて実感しました。
    (スマホばかり見ている人が多い、というのは確かに感じますが…)

    最初の1週間で3回くらい席を譲られ、あまりに申し訳なく妊婦マークをつけるのをやめました。
    しかし7ヶ月からお腹が著しく目立ってきて、マークがなくてもまたすぐ譲られるようになりました。
    お礼を言うと大抵の方は、笑顔で少し恥ずかしそうに、控えめに会釈をされます。

    本当はみんなあまり目立つことをしたくないのでしょう。ご自身も仕事で疲れているだろうし。それでも声をかけてくれるお心遣いに感謝しかありません。

    よく周りを観察していると
    ・高齢者に席を譲る若者(ヤンキー風のお兄ちゃんもいた)
    ・1つだけ空いた優先座席の前に同時に立ってしまい「あっ、どうぞどうぞ」「いいです」「いや本当に大丈夫なので」と席を譲り合う、お爺さんと赤ちゃん連れのお母さん
    ・ベビーカーを押すお母さんの乗車を手伝うサラリーマン

    妊婦に限らず、周りを気遣う人々をよく見かけ、世の中捨てたもんじゃないと感じました。
    私も気遣い出来る人間でありたい、親切心が有難迷惑になる場合もあるかも知れないけど、まずは周りをちゃんと見て必要な行動を考えることを忘れないようにしたいですね。

    ユーザーID:4709229777

  • マタニティーマーク導入の目的

    厚生労働省のホームページに
    マタニティーマークについて下記のように書かれています。

    「思いやりのある行動をお願いします。
    ●体調の悪そうな妊婦さんに気づいたら声をかけましょう。
    ●電車やバスなどで妊婦さんに席を譲りましょう。
    ●妊婦さんの近くでは喫煙をやめましょう。」

    ですから乗り物など公共の場所で妊婦さんを見かけたら
    席を代わってあげましょう。

    行政の指導のもとに行われていることですが
    実効を持つのは皆さんの思いやりからです。

    お互いの思いやりがなければ
    暮らしにくい社会になりますね。

    ユーザーID:0040488655

  • 妊婦さんと子供連れだけ・・・

    最近よくこの手のお話をよく目にしますが、素直に心に入ってきません。

    >子供を抱えての遠距離の移動は大変なのは若い時に経験済みなので、見かけるとなるべく席を譲るようにしています。

    守るべき対象は妊婦さんと子連れだけなんですか?
    経験しないと他の人への優しさは生まれないんでしょうか?


    ちなみに私は滅多に座らないので譲ることはほとんどありませんが、階段や段差のある場所では「お手伝いしますか?」と声をかけるようにしています。
    これは、自分が大変そうだなと気づいて、自分でも手伝えると感じれば誰にもです。

    最近女性に優しいばかりがクローズアップされていますが、妊婦さんや子供連れだけが対象の優しさには、他にも助けを必要としてる人もいるって事が置き去りになっているようで、この手のトピを読むと心がザワザワします。

    ユーザーID:1519085490

  • 心と体力に余裕

    電車で席を譲ることって、心と体力に余裕がないとできないことだと思います。
    現在妊婦でマタニティマークをつけてますが、電車に乗るときはバックの中に隠してます。座りたいなと思うときは、確実に座れる電車を選びます。そして、電車で座れた場合にマタニティマークを出します。
    私がかつてそうだったように、座った席の前にマタニティマークをつけた方や高齢者が立つと、あーついてない…と思いつつ席を譲っていたからです。もちろん顔には出さないし、笑顔で譲ります。
    なので、トピ主さんの言うように席を譲るという光景に微笑みを感じると言うことはありませんでした。純粋にそのように思う人は、心と体力に余裕のある方だと思います。

    ユーザーID:5390525437

  • 譲ってもらった人は次にバトンを渡してほしい

    優先席に限らず、家族3,4人でお子さんも大人一人分取って座らせている人を時折見かけます。最近は子供を膝に乗せる親御さんもほとんどみかけなくなりました。
    そして、残念なのは、このような家族の前に、お年寄りや同じ子供連れ、妊婦さんが立っても、家族連れの誰も席を譲るところを見たことがないのです。
    本当にゼロ。
    譲られて助かった方も、譲られずつらかった方も、譲られるということのうれしさはわかっているはず。
    お子さんを通学させている親御さんたちは、空いているときは座ってもいいけれど、
    お年寄りや妊婦さんには席をゆずるようにしつけてくださいね。

    ユーザーID:0300676932

  • 素敵な事

    過去に自分が大変だったから、その時代を振り返り親切にするって、とっても素敵な行為ですね。

    妊婦時代に10回につき2回の割合で席を譲って貰って優しい人多いなと素直に人の親切に感謝できる人もいる。
    一方で妊婦時代に10回につき2回しか席を譲ってくれない。まだまだ周囲に無関心で妊婦に席を譲る人が少ないし、ギスギスする事が多い。それに困ってるのは妊婦だけじゃないしって文句ばかり言う人もいる。
    面白いな。

    皆が自分が出来る些細な親切を積み重ねていけば良いのです。あれもこれも困ってる人、全ての困っている人に手助けなんて出来る筈ないです。私はトピ主さんは素敵な人生を歩まれて、周囲に恩返ししてくれる優しい人だと思いました。

    ユーザーID:5694077263

  • 変えていかなければならない

    公共の場で大変そうな人がいたら親切にする。
    それが必要であれば受け入れる。必要なければ、説明して断る。

    それだけのことなのに、知らない人との会話がなさすぎて、殺伐としていますよね。

    偶然目の前の座席が空いたので、近くの人に「どうぞ」と譲ったら、「すぐ降りるので」と言われましたが、それを契機に、その車両内で譲り合いが始まり、なんとなく温かい雰囲気になりました。

    トピ主さんは
    > 妊婦さんにやさしい社会になりつつある
    と書いてますが、まだまだ全然。
    私たちで変えていかなければいけないと思う。

    ユーザーID:6237846513

  • 妊婦じゃなかったのですが。笑

    40代の中年女です。
    友人と食事して、帰路の電車に乗ったのですが、たまたま優先席のところで立っていると若い男性に席を譲られました。

    (やだあ!わたし、そんなにオバアサンに見えるってか?)と憤慨しながら、「いえいえ、大丈夫です!元気です!」とお断りすると、男性が、私のお腹あたりに目をやり、「座ってた方がいいですよ」と席を立ちました。

    ああ・・・・。じっと我が腹を見る。(涙)

    私はひどい胃下垂のせいで、満腹になると腹部がまんまるく外に突き出てしまうのです。痩せているだけに、腹だけが異常に目立つのです。

    「いえ、この腹は赤ちゃんではなくてですね・・・」などと言えば、男性に恥をかかせてしまいます。ここは男性の顔を立てるべく、妊婦を演じるしかないと思い、その男性に厚くお礼を申し上げて座ってしまいました。乗っている間中、バツが悪くて、電車を降りるまで寝たふりをしてました。(汗 

    ユーザーID:4184276046

  • 妊婦さんの先にあるものそれは

    三十年近く前のアメリカ旅行のことですが、ロサンゼルスでバスに乗った時のこと。

    大きなスーツケースを二十四歳の私が、よっこらしょとバスのステップをもって上がろうとしたとき、立っていた黒人の男性が、さっと持ち上げるのを手伝って、さっとナイトのようにもとに位置に戻っていきました。おそらく海外では、妊婦さんどころか、レディーファーストの習慣が完全になされているのだと感じました。
    もちろん、おなかに子供を宿している女性を配慮するのは、アメリカの男性にとって当然のことでしょうし、また同性の私たちにとっても女性の中でも健康的な部分で脆弱さのある人たちを保護し守るのは当たり前のことだと思います。子供というのは我々社会にとっても未来につなぐ希望だからです。特に子供連れの女性の方が妊婦さんであることも多く特にそれを目にすると、子供を複数持つことに大変さがよくわかるので、絶対に譲るようにしています。

    席を必要とされているのは、妊婦さんばかりでないというのは、わかるし、賛否両論なのはよくわかりますが、あえて、妊娠期の女性にスポットを当てたのは、女性の妊娠というのが社会的に祝福されることであり、また、それに祝福の援助の輪を広げることが、公共の場で広まってほしいからです。
    出産は命をかけるほど大変な出来事です。それにエールを送ることをぜひとも広めていってほしいです。

    何十年前の日本から比べると、公共のマナーがよくなってきている美風を感じます。まだまだ捨てたものじゃない日本、それを感じたいです。

    ユーザーID:8382141145

  • 席を譲ったら、

    バスで席を譲ったら、
    「あら、いいんですか?」
    「はい、どうぞ」

    ここまでは、よかったのに、
    照れ隠しで、

    「私、まだ若いので」

    と、言ってしまい、そのあと、
    バス車内が凄まじい空気になった。

    そういうパターンもあることを
    想定して譲らなければ、という思い出・・。

    ユーザーID:8413041882

  • 気持ちはありがたかった

    お腹の大きな妊婦のとき、よく譲っていただきました。でも立っていたいのでお断りしました。臨月近いと、立っていたかったです。座る方がしんどかったし。

    それより、産後に赤ちゃん抱っこするようになってから、めったに譲ってくれる方がいないことに、驚きました。臨月より赤ちゃん連れの方がよっっっぽど重くて身体しんどくて座りたいのに。

    私だけじゃなくて、臨月は運動した方が良いものなので(元気な妊婦に限った話で、妊娠の状態によるのですが…)、妊婦に席を譲りましょうより、赤ちゃん連れに席を譲りましょうの意識が浸透するといいな。

    ユーザーID:7368981804

  • 悲しいかなそうでもないんです

    私はよく通勤電車で立っている妊婦さんを見かけますよ。
    だいたい妊婦さんは優先座席エリアにはいますが、席を譲ってもらえてない方多いです。
    基本的にオジサンはタヌキ寝入り。絶対気付いてるはずなのに!
    ひどいときには女性車両でもそうです。
    女同士でも助け合えないなんてって信じられなくて心底悲しくなります。
    私は妊婦さんのタグとヘルプマークを見かけたら絶対譲るようにしています。

    ユーザーID:8215482524

  • 皆さん結構譲ってくださってビックリしました

    妊婦様という言葉が世の中に出てきてしまいましたし、世の中冷たいなんて意見もありますが、ほんの一部なんですよね。
    私自身、一度通勤で妊婦さんに席を譲ったら次の日もその次の日も前に立たれて、さすがに辟易したことはありますが…
    そのときは車両を変えました。


    昨年の残暑厳しい頃に出産しました。
    産休に入るまで電車通勤していました。
    下りですが、政令指定都市なので、まあまあ混んでいました。
    中期以降は、手足のむくみと痺れくらいでほかは超元気妊婦だったのですが、6ヶ月くらいから朝の電車でほぼ毎日席を譲って頂き、ありがたいやら申し訳ないやら…
    OLさん風のお姉さん、ギャル風の女の子、会社員風のおじさま、そろそろ席を譲られる方では?という感じの初老のおじさま…
    男子高校生のグループで、座っている友人に譲るよう促してくれた子もいました。
    (帰りは通勤緩和を利用して時間を早めていたので、悠々と座って帰りました)

    気づかなくてごめんなさい!とよく言われて恐縮してしましました。
    席を譲るのって、気付いて、かついろいろな余裕があったらで良いと思うんですよね。
    少しの勇気も必要ですから。

    私も、何ともない時には必要な方に席を譲るように心掛けています。当たり前のことですけどね。
    断られることもあるのですが、「お、おぅ…」となってしまうので、自分がお譲り頂いた時はありがたく座らせていただきました。
    もし短い一駅だけだからいいや、というときは、しっかり理由とともにお礼をお伝えしました。
    自分が正しい!とは言いませんが、譲っていただいた方も少しの気配りが必要だと思うのです。
    子連れのお母様にはよく断られていたので…子供が生まれるまでは「座ると赤ちゃんは結構ぐずる」なんて知りませんでしたから…

    まとまりがないですが、皆様いつもありがとうございました。
    仕事に復帰したら今度はまた譲る側になります!

    ユーザーID:4130017592

レス求!トピ一覧