相続放棄について

レス6
(トピ主0
お気に入り28

生活・身近な話題

もうすぐ還暦

相続放棄について、ご自分で手続きされた方や詳しい方にお尋ねします。

ネットで調べた限り、最低限下記書類が必要との事ですが

1.故人の住民票の除票
2.故人の戸籍・除籍・改正原戸籍
3.放棄をする者の戸籍
4.相続放棄申述書

2は亡くなった時に住んでいた(籍の有った)住所の役所で
取れる分で良いのでしょうか。
不動産の名義変更や銀行口座の凍結解除だと、故人が生まれてからの
全ての戸籍が必要となるとの認識ですが、それと同じ物が必要とされる
ので有れば個人で全てを揃えるのは、時間的に無理だと思っております。

司法書士事務所の方に無料相談をすれば良いのかも知れませんが、何分
素人なので少し頑張れば個人でも出来る事も結局依頼してしまうかも
知れないので躊躇しております。

申し訳有りませんが、ご教示頂ければ幸いです。

ユーザーID:8609566477

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数6

レスする
  • 何年か前に

    母方叔母の相続放棄しました。

     叔母は後妻に入っており、叔母自身に
    子どもはいませんでしたが、前妻さんの
    お子さんがいらっしゃいました。
     そのお子さんと養子縁組していなかった
    とのことで、兄と姉の子(いとこ二人と
    私たち三人と合わせて5人)が相続人と
    なりました。叔母の配偶者である叔父は
    すでに鬼籍に入っていました。

     いとこと私たち皆相続放棄で意見が
    一致しておりました。(最初に司法書士
    さんの無料電話相談を利用しました。)
    亡くなった叔母の生まれた時から亡く
    なった時の戸籍謄本が必要なこと。
     相続放棄は、裁判所に手続きの書類を
    提出する等はネット等で調べました。

     その時相談した司法書士さんいわく、書類等は
    司法書士さんで整えられるが、手続きはご自分で
    して下さいとのことで。その後、弁護士さんの
    有料相談を受けまして。その弁護士さんに5人で
    相続放棄の手続きを依頼しました。叔母の謄本
    全てをこちらで請求するのは面倒でしたし。
    甥・姪5人がそれぞれ別個に手続きするのも
    面倒でしたし。

     被相続人(私の場合は叔母)の親・兄弟姉妹の
    謄本(除籍?)も必要だったかと思うので。

     余談ですが、料金は。当時で。一人二万円。
    プラス実費でした。(謄本等請求料金など。)

     私の場合は。お願いして正解だったと
    思っています。

    ユーザーID:9905129863

  • 裁判所のHPは見ましたか?

    裁判所のHPは確認しましたか。

    故人の住民票と相続放棄をする人の戸籍謄本は、必ず必要になる書類ですが、あとは故人と放棄する人(申述人)の関係によって、必要となる書類は違うようですよ。

    定められた書類を用意しなければ受付はしてもらえませんから、自分はどの立場で、どのような書類が必要なのかを裁判所のHPで確認しましょう。

    故人の死亡の記載のある戸籍謄本だけで済む関係もあれば、出生から死亡までの全ての戸籍謄本が必要となる関係もあります。

    また、住所地と本籍は必ずしも同じ場所とは限りませんし、住民票は住所地、戸籍は本籍地でなければ取得出来ません。

    面倒、時間が掛かりそうと思うかも知れませんが、結婚・離婚を何回も繰り返したとか、引越しに合わせて本籍も移していたと言うのでもない限り、本籍を移すというのは人生の中でそんなにないことだと思います。

    たどっていけば、専門家に依頼しなくても取得は出来ると思いますし、遠方で郵送で請求する場合でも依頼を速達で出し、返信用も速達分の切手を貼り、速達と封筒に明記しておけば、処理も迅速に行ってくれる役所が殆どです。

    申述書の記載自体もそんなに難しくはないと思いますし、不安なようなら一度、管轄の家庭裁判所に出向いて必要な書類や記入方法について相談をすれば、教えてくれますよ。

    ユーザーID:8046217301

  • 必要なのは相続人であることを示すもの

    被相続人(故人)との関係がわかりませんのでどこまでとは言えません。
    あえて言うなら「トピ主が相続人の一人である」ことがわかる戸籍から現在まで、ということです。

    順位ごとにいうなら被相続人が
    ・配偶者→婚姻以降
    ・子→親子関係が発生したところから(養子縁組も縁組以降、以下すべて同)
    ・直系尊属(親、祖父母)→親子関係が発生したところから
    ・兄弟姉妹→兄弟姉妹関係が発生したところから
    です。
    なお、直系尊属および兄弟姉妹が相続人の場合はすべて「自分より順位が前の相続人がいないこと」がわかる戸籍が必要です。相続放棄されていた場合はその旨の書類も必要です。
    また「相続人になりそうだから先に」という申立もできません。
    例えば兄弟姉妹の場合は親が生きていた場合は親が先順位になります。親が放棄しない限りそもそも相続人にならないわけですから、放棄もできません。

    裁判所が知りたいことは
    「被相続人(故人)がどこの誰でどこで死んで、その相続人は誰ですか?その相続人が放棄したいんですね?」ということですから、その書類を揃えればいいんです。
    不動産等で被相続人(故人)の出生以降すべての戸籍が必要なのは、相続人を確定させるためです。

    あくまで概略です。
    遺言等で相続人が親族等でない場合はまた変わってきます。
    その場合は司法書士や行政書士、弁護士等にご相談ください。

    ユーザーID:1541305544

  • 個人で出来る

    相続放棄にまず必要なのは、相続放棄の申請書です。
    管轄の家庭裁判所に行って書類を貰いに行きましょう。

    相続(相続放棄含め)は被相続人の死を知ってから3ヵ月が期限で、
    とりあえず申請書を貰いに行けば、何が必要かはその窓口の係員が
    教えてくれます(窓口の係員は弁護士ではないですが聞けば詳しく
    教えてくれます)。

    あれこれ迷って、悩んで3ヵ月ギリギリよりも、
    分かっているなら(仮に必要書類やら記述内容が不備でも)、
    まずは書いて裁判所に提出すればいいのです。

    3ヵ月もあれば、基本的には個人でも十分に揃えられる時間は
    あるはずです。相続放棄をする、ということは故人に借金などでしょうけど、
    どれぐらい借金があるのかを調べるのに、相続放棄期間の延長申請は
    可能ですよ。

    ただし普通の暮らしの人なら1ヵ月がせいぜいです。商売でもやっていて、
    事業が多岐に渡るような方のこと(口座内容とか借金とか)を
    調べるのに3、4ヵ月では少ない・・って場合にのみ2ヵ月とか
    3ヵ月の延長が認められます。
    (認められるというのは家裁の弁護士の判断で、です。
    もちろん認められないこともあります)。

    したがいまして、相続放棄をする意思があるのなら、まずは何が何でも
    家裁へ行って、申請書を貰い、期限内に相続放棄をする人全員の記述と
    最低限の書類を提出することです。

    借金など調べることに延長申請は可能ですが、故人あるいは自分の書類を
    揃えるのに3ヵ月もかかりませんから、書類を揃えるという理由では
    延長申請はほぼ通りません。

    司法書士に無料相談しても、ネットで調べても揃える書類は同じです。
    個人で揃えられない場合は無料じゃなく有料で専門家に頼むしか
    ありません。

    ユーザーID:9922315997

  • ざっくりですが…。

    相続放棄は経験してないレスですみません。

    数年前、相続の手続き(預貯金、有価証券、不動産、相続税もろもろ)を個人ですべてやった50代の専業主婦のおばちゃんです。
    「時間」があれば、個人でやることは可能だと思います。たぶん私の場合だと税理士や士業に依頼したら30万以上かかったのではないかと思います。

    とにかく必要なのは「時間」と「フットワーク」です。
    書式など細かい所はネットでも、図書館でも調べられます。

    その程度の素人が言うことなので、適当に読んで欲しいのですが。
    トピ主様が問題視されている戸籍の件ですが、
    故人との関係で、必要とする戸籍が変わって来るはずです。
    故人の出生からの戸籍は、兄妹とか祖父母とかの場合で、トピ主様が故人と親子や配偶者の関係なら、そこまで必要としてないはずです。

    戸籍よりも問題なのは、申述書などの提出後の裁判所からの書類の方が内容によっては面倒かもしれません。

    士業の無料相談に是非行ってみてください。
    なんなら裁判所でも教えてくれるのでは。

    故人との関係や事情によって必要な書類が変わって来るので、その方が確実です。

    相続の開始があったことを知ってから3ヶ月を越えてしまってた場合や、「放棄」ではなく「限定承認」にしようかなと思うなら士業を頼ることです、この場合、司法書士ではなく弁護士の方が場合によっては適してるかもしれません。

    頑張ってください。

    ユーザーID:0872000543

  • 最近、相続放棄しました

    ウエブで「裁判所」「相続放棄」の2つのワードで検索すると、裁判所のHP該当ベージが出ます。
    そこに書いてある通りに行えば、簡単に自分だけで出来ます。相続放棄の申述書PDFや、書き方書例もあります。
    トピ主さんの疑問に対する答えも、そのページで説明されています。

    配偶者、または第1順位相続人(子、あるいはその代襲者)が相続放棄する場合は、被相続人の最後の戸籍謄本と住民票除票(または戸籍の附表。私は同居人でなかったので住民票附表が入手出来ず、代わりに戸籍の附表を提出しました)の2通を出すだけです。
    第2順位相続人以降の立場の人は、被相続人の生まれてから死ぬまでの全ての謄本が要求されます。

    私は、第1順位相続人の立場だったので簡単に済みました。被相続人の戸籍がある市役所を訪れ、その足で近くの管轄家庭裁判所に出向き書類を提出。PDF用紙に記入済み持参したので、窓口であっという間に受付完了。800円の収入印紙だけで全てが済みました。

    ユーザーID:4077773858

レス求!トピ一覧