現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

老後の蓄えはいくら必要?

みーこ
2019年6月10日 20:17

50歳の独身女性です。
最近老後の生活に2,000万円必要とか、話題になっていますね。

でも、私にしてみれば、2,000万円では足りないでしょ?!と思ってしまいます。
幸い健康で有資格者なので、70歳まで働こうと思います。
年金を先送りしたとて、将来減額されることも充分に考えられるので、70歳の時に貰える年金を10万円と仮定しています。
消費税やら税金もたくさん取られると思っています。
そうすると、iDecoと積み立てNISAを昨年より満額で開始し、それ以外に投資信託を加えて、月々10万円を投資信託に回しています。
うまくいけば、20年後の70歳の時に5,000万円が手に入ると思っています。
人生100年時代なので、残り30年で割って、さらに月で割れば、13万円になります。
年金と合わせて月々23万円あればどうにかなるかなと思っていますが、皆さんはどんな感じですか?

因みに、私の年収は600万円、65歳で減収が予想されます。
手取りは450万円で、マンションのローンは完済。

月々の出費は、20万円〜25万円。年30万円を普通預金に入れ、400万円ほどあります。
その他のローンはありません。

皆さんのお宅はどんな感じですか?

ユーザーID:9431205176  


お気に入り登録数:206
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:44本

タイトル 投稿者 更新時間
足りない。
メロちゃん
2019年6月11日 5:24

旦那63歳、現在の給料手取りで、20万ちょっと、ボーナスなし。
在職老齢厚生年金は、全額支給停止。
高齢者雇用継続給付金、厚生年金基金を、受給してます。
持ち家、ローンなし。
子供なし。夫婦2人暮らしです。
高齢者雇用継続給付金、厚生年金基金は、使わず、
給料だけで、生活してます。

生活費20万ちょっと、多少、残るか程度、
これは、毎月の基本の生活費と、定期的な通院、小遣い、趣味
程度で、家賃やローンがない状態ですから。
家賃やローンあると、基本生活費だけで、2000万不足ということだと
思います。
厚生年金で、年金額が20万ちょとある人で、
ピンピンコロリで、自分のことは、自分で出来る前提というイメージです。

ですが、持ち家なら、修繕、リフォームなどメンテナンス費用や、
車1回くらいは、買い替えるとか、
介護が必要になったら、介護費用は、施設だと、
特養など、安いとこは、空きがないかも知れず、
民間の施設で、月20万とか、25万くらいとしたら、
それで、夫婦の片方だけ施設だったら、
残った方の生活費は、別にいると思います。
なんて考えると、4000万、5000万近くあっても、
不安です。

元気なうち、働けるうちは、働くことで、不足分をカバーできれば、
貯金、資産を崩すことは、減るかも知れませんが、
それは、どうなるか、わかりません。

ユーザーID:1743688586
海外ですが
りた
2019年6月11日 14:12

海外小町です。
60代独身。仕事はデイトレです。

日本の厚生年金+国民年金貰ってます。
その他、
個人年金
配当金収入
株売買収入 があります。

賃貸マンションに住んでいます。
住んでいる国は、住以外の物価は安いので、
まあ普通の水準の生活です。

預貯金もそこそこあるので、まあ、
将来的にも大丈夫だろうと思います。

ユーザーID:2919350000
年金は扶助では無くて、補助だと・・・
恋次郎
2019年6月11日 16:04

所得獲得が衰える65歳以降については、その後の補填に2000万円が必要と、マスコミを賑わせていますが、私は年金のみに依存した老後設計は危ういと思います。

老後人生を送るには『自助・補助・扶助』と三形態が想定されますが、少子化の中で国民全員が『扶助』を要望したら、大幅な増税やインフラ建設の中止や税使途の変更など、大変な事態を招くと思います。

そこで、年金だけに頼らず自力で人生設計を模索する『自助』の姿勢が、最も大切なのではないかと思います。

私は結婚44年目、67歳三子の父です。人生の四つのボーダー(1生活費、2終の棲家の確保、3子の養育・教育・独立資金援助、4老後資金の蓄え)は、思いの外に高い壁と若くして感じておりましたので、所得が激減する(と見越した)65歳に先立つ30代から、備えを怠りませんでした。

何故なら、1だけでも30万円/月×12か月/年×35年=12.600万円を要し、25.000万円、33.000万円/人×3人=9.000万円、42.000万円(政府の仮説)、合計28.600万円前後が必要と見込んだからです。

もっとも、老後貯蓄は2.000万円ではなく、5.000万円と見込み、漸く達成しました。非力な私が完遂するには『時間先取り』しか有りませんでした。故に、早期に気付いて各項目毎に同時進行させ『薄く長く蓄え』ました。

2家のローンは完済、3子供三人は全員大学を卒業、二人は結婚して一人は戸建住宅を横浜に求めました。その折々に支援しました。二男のみが独り身で残っており最後の支援予定者です。

実は30代に独立自営したので、外部流出をセーブするため、厚生年金から国民年金に途中で切替えましたので、受け取り年金額は、妻と合わせても18万円/月ほどです。それで15年前から収益不動産等を入手し、年金とは別の不労所得800万円/年に助けられています。

ユーザーID:3383069389
2000万円じゃ足りないよ〜。
こっしー
2019年6月11日 16:42

人生100年時代になると老後2000万円足りなくなるから貯蓄を、との発表に批判が集まっているようですが、なぜそんなに批判があるのでしょうか。私はその発表を聞いてそんなものだろうな〜と思いましたけど。

うちは夫69歳自営、妻60歳パートです。
厚生年金の平均受給額夫婦(妻は専業主婦として)合わせて20万円ぐらいだそうですけど、うちはそれには届きません。(夫は50代でリストラ後自営)
夫は仕事があれば後2、3年働くと言います。その頃までには2000万円貯めたいと思っています。
年金生活になれば貯蓄を取り崩さざるをおえないでしょうから2000万円ではかなり厳しいです。3000万円ならちょっと気持ちに余裕があるかな。
私も働けるうちは働き、つましい生活をして貯蓄の取り崩しを少しでも遅らせたいと考えています。
家のリフォームは終わったので、そこだけは少し安心。
でも結婚してない子供はいるし、車はもう6年目だし、まとまったお金が出ることがあれば…、不安です。

ユーザーID:1001130479
2千万円だけでは無理
contingent
2019年6月11日 17:10

数十年以上前から「年金制度は崩壊する」「3千万円の老後資金が必要」と言われてきました。何故まるで国民の多くが驚いているかのようになっているのか理解できません。厚生年金に加入している前提で種々の条件をクリアしていないと、3千万円でも足りませんから。

a. 退職時に住宅ローンがないこと
b. 60歳時点で生命保険の保険料払い込みが完了し、その死亡保険金をいつでも5年、または10年支払いの年金に転換できること
c. 退職前に自宅のリフォームが概ね完了していること
d. 退職後に自宅に20年住むとして、老後資金とは別枠で住居費用を1500万程度貯蓄していること
e. 車の買い替えが必要な場合は、その費用と維持費を別枠で数百万円確保していること

d.では、例えば自己所有郊外マンションの場合、駐車場代込みの管理費+修繕積立金が月額3.8万円、固定資産税が年額12万円とすると、20年間で1152万円必要になります。郊外のバス便の2LDK賃貸マンションで家賃が月額7万円の住居環境では、20年間の家賃総額は更新料別で1620万円です。

老齢基礎年金+老齢厚生年金の月額標準給付額が20万円では何もできませんから、車を持たず、入院治療を全くしないとして、最低5万円の預貯金切り崩しをすると、20年で1200万円の預貯金切り崩しになります。これらの金額には所得税、住民税、国民健康保険税、介護保険料は含まれていませんから、もう少し支出が多くなりますね。上記 d.の項目の別枠預貯金がないと65歳以降の20年間で預貯金が底をつきかけます。

85歳以降は介護付き有料老人ホームに入居するとして、その入居一時金は自宅売却で賄うことになります。月額利用料は20万円以内の施設を選びます。

【結論】年金は月20万円必要。不動産に加え、預貯金3千万円+住居費1500万円=4500万円以上の金が必要でしょう。

ユーザーID:4036653891
専業主婦です
白兎
2019年6月11日 17:29

自営業の夫と子供と暮らしています。
2000万、で足りるかなあ。
体が動くうちは旅行にも行きたいし、趣味も楽しみたいので。

使い切る2000万というよりも、うちは親から相続した家や土地を切り売りせず、株や投信もやってきたのでそれらの収入でやっていくつもりです。そんなに多くはありませんが、夫婦が暮らすには十分です。
だからうまくいけば資産は子供にそのまま残せます。

やはり、子供がいると何かは残したいんですよ。使い切るという考えはありません。
便利な場所に家を買ったので、いざとなれば家を賃貸に出して少し狭いマンションに移っても構わないと思っています。

今、話題になってる2000万。ピンときません。
だって・・・年金だけで老後が賄えると思ってる日本人なんています?
若い時から、子供の教育費と老後のためのお金。このために働き、貯蓄してるんだけどな。

年を取れば家賃が負担だと思うから、頑張って家も建てるんだよ。

テレビでやってるモデルケース、家もなければ貯金もない。それは自己責任じゃないの?と思っちゃう。
会社勤めなら定年までしっかり努めれば年金はそれなりにもらえてどうにかなりますよ。
自営業なら元気なうちは働く。そうすれば人間らしい暮らしは出来るはずです。
税金も年金も出来る払いたくない、でも十分な年金や福祉は受け取りたいなんてそんな国があるんですかね?

ユーザーID:4997439341
二千万円は乱暴な数字
50代半ば
2019年6月11日 17:58

私の周りでも年金が100年安心だ
と思っている人は見たことありません。
国民もバカではないので、わかっていますが、
やっぱり国が数字を提示すると
無責任に感じ取られてしまいます。
暮らしている地域の住宅事情や物価も違うので
一律2000万円必要というのは乱暴な数字という印象です。

生活費はトピ主同様に月額25万円でやっていけますが、
それと医療費は夫婦で500万×2名=1000万円は用意しておく算段です。

ユーザーID:3050653599
全然足りないけど、ある分でやらざるを得ない
かんだ
2019年6月11日 18:06

トピ様こんにちは
今、老後資金2,000万円不足の話でもちきりですね。

私もアラカンおひとり様ですし、子どもの教育費や住宅の心配はないものの、トピ様の試算と非常に近い考えで100歳まで生活費月々20万円ほどでシミュレーションしました。

ただこの老後資金2,000万円のお話しを見ても、様々な試算を見ても
何故か決定的に抜けている項目があるのです。

・おひとり様には付きものの、身分保証、任意後見(弁護士)などの費用がない。
・人生終盤の介護・生活介助、施設に要する費用がない。
・医療費は、予想以上にかかる場合もある。

老後資金2,000万円とは最低の生活費のみで、おそらく足りないと思います。高齢者に必ずかかってくるこうした費用を、何故試算では入れないのか、仮定計算できないというより、必要以上に不安をあおらない意図さえ感じます。
今回の2,000万円のお話しだって、報告書を見ると「〜だから資金準備しましょう。投資信託しましょう」という話で結んでありますしね。

私は、月20万円は生活費として、それ以外に、
・身分保証、生活介助に対する費用。
・90歳すぎて、任意後見等必要になる費用。
・施設入所、介護に要する費用。(70歳すぎたらサ高住に入るつもりです)
も全て含めてシミュレーションしています。つまり生活費×2位必要です。
早い段階で、様々な手を打っておく必要を感じます。

老後資金2,000万円とは本当に最低の生活費のみだと思います。おひとり様(単身世帯)の生活費だけなら月15万円でも足りるかもしれません。だけど90歳近い母を見ていると、金銭管理も諸申請も助けなくしては難しい状態です。まして自分の意思で生活ができなくなったら?

とはいえいいも悪いも、そのような資金が用意できない方は当然多い。それでも100歳近くまで人生歩まれるわけです。今後多くの問題が生じることでしょう。

ユーザーID:4576030504
使い切れない金額です
おこち
2019年6月11日 19:17

>70歳の時に5,000万円が手に入ると思っています
貯蓄に加えて、この金額が確実なら、大丈夫です。

一切のローンがないことが、トピ主さんの強みです。
貯蓄予想金額は、使い切れない金額です。

70歳になると気づきますが、買いたい物がない。欲しい物がないのです。
ショッピングモールにでかけても、欲しいものがないのでお金を使わない。
一度、下着類を全部、季節の衣料を半減して断捨離しました。
新たに購入しても貯蓄が減らない。
生涯で一番高価な乗用車を購入しても貯蓄の数字が僅かに減るだけ。

>人生100年時代なので
無理です。寝たきりで達成する人は居るでしょう。
僕は75歳まで、と考えてます。
企業のOB会の役員をしてますが、多くの人は75歳から80歳で亡くなってます。

ユーザーID:9728999315
伝え忘れ!
かんだ
2019年6月11日 19:46

トピ様すみません。伝え忘れました。
シミュレーションされているなら、以下も含めてください。

・年金の将来支給予測(5年ごとに発表されます)
 支給額はぞっとする位減っていきます。私は70歳受給を目指します。
・介護保険料、後期高齢者医療保険料 
 毎年予想が発表されています。将来的に上がる一方です。
・固定資産税、所得税、市県民等

なぜ、これらが必要費用に加えられていないことが多いのでしょうね!

ユーザーID:4576030504
毎月20万程度では、生きていけない
るい
2019年6月11日 21:09

年金の月20万そこそこでは、生活出来ないと思います

固定資産税、家電製品の買い替え
ガス器具等の買い替え
修理、
車の購入、維持費、
冠婚葬祭費用
医療費、などなど

これを月で割って
毎月の年金収入から除けておくと

実際に生活に使えるお金って
とても少ないんだと思います

毎月、いくら赤字になるのやら?

夫婦2000万では
足りないと思いますよ

子供がいない場合
夫婦同時期に介護状態になったら施設代も必要

夫婦二人で、毎月50万は飛んできますからね
70代で認知症になって
90代まで生きてたとしたら?

2000万ぽっちでは無理でしょ

ユーザーID:0560770616
トピ主です。なぜ、iDeCoや積立NISAをやらないの
みーこ(トピ主)
2019年6月11日 22:08

皆様、レスをしていただいてありがとうございます。

皆様老後資金について、よっぽどの高収入の方でない限り、色々と苦労なさっているかと思います。

で、こういう話題になるといつも疑問に思うのが、なぜ投資信託をやらないのかと言うことです。
しかも今は、iDeCoや積み立てNISAの制度があり、投資で得た分の税金20%が非課税になります。
欧米諸国では、小学生の家から投資について学ぶといいます。

私のように、投資信託を含めた投資をやって老後資金を貯めていらっしゃる方はいらっしゃいますか?

ユーザーID:9431205176
年金夫婦で20万位です
年金暮らし
2019年6月11日 22:28

足りませんよー月に5万不足して年間に60万 
30年生きたら1800万です。100%足りませんよ
あああ5000万貯めてたら良かったです。

ユーザーID:8671523553
個人年金
やま
2019年6月11日 22:51

何歳まで生きるかわからないので、貯蓄だけでは不安です。

私は月15万円を終身でもらえる個人年金に入っています。
それだけではインフレリスクがありますので、少しずつ不動産にも投資しています。目標は賃料収入で月15万円です。

idecoやNISAも満額してますが、全体から見ればお小遣い程度です。

ユーザーID:3085289812
年金だけで暮らせると思うことが信じられない
かまぼこ
2019年6月11日 23:25

だってこの先年金はどんどん減っていきます。国民年金なんか今だって満額もらっても1人月額70000円ぐらいですよね。
老後に年金だけでどうにかなるのは、夫婦とも大企業の高給正社員だったりキャリア公務員だったりの人たちだけだと思います。
それだってちょっと厄介な病気になったりしたら生活は破綻します。

私は60歳、夫は69歳のリタイア夫婦です。私の個人年金と夫の厚生年金合わせて一ヶ月手取り40万ちょっと、持ち家ローンなしですが、
決してぜいたくはできません。金融資産もそれなりに持っていますが、マンション管理費、税金、水周りの老朽化などなど出費は多いです。

世間では年金だけで大丈夫だと思っていたのかと今回驚いています。

ユーザーID:0803355521
老後の2千万円は足りない気がする。。。
チイコ
2019年6月12日 0:34

50才の女性です。(夫の転勤の都合で現在は専業)

投資信託は最近盛り返したものの、一時期半額にまで目減りしたので遊び程度に抑えています。
あの毎年の運用手数料で地味に削られていくんですよね。。。

確定拠出年金は給与引き落としで夫のみ満額積み立てしています。

NISAについては、現在保有している株がNISA以前に購入したものなので、活用せずです。
(株式は、投資した元本は既に引き上げ済みです)

定期預金と普通預金以外の資金ですが、

夫:社内預金、退職金、確定拠出年金、保険会社の個人年金、金融系個人年金

妻:投資信託、株式、共済積立、外貨預金、生命保険の積立

という感じです。

夫65才の退職の時点で、住宅ローン完済、貯金8500万円。
妻62才で4000万円から6000万円(株式が現在の1/2から1.5倍の変動の可能性として)。

家賃かからないので、やっていけると思ってます。

ユーザーID:5743037270
元本割れ
ポメちゃん
2019年6月12日 1:37

うちは、預貯金以外に、株も、投資信託もやってますが、
うちが、最初に株を買った時は、

日本人は、安定を好み、元本保証にこだわる人が多いかと
思います。
それが、投資をやらない最大の理由なのかも。
元本が0になるだけでなく、
借金を抱えたという話しもありますが、
これは、原因が信用取引とかであることがわかって、
リスクコントロールできる人ならいいのですが、
そういう管理が出来ない人もいます。
つまり、株とか投資はギャンブルというイメージを
持ってる人もいるかも知れません。
今は少額投資できるけど、
大金がいると思ってるとか?

>欧米諸国では、小学生の家から投資について学ぶといいます。
日本は、そうではないから。
学校からも、親からも、お金のことは、教わる人は、
少ないでしょう。
自分から知ろうとして、興味を持たないと、
年金のことすら、理解しきれてない人もいるかもって思う。
iDeCoや積み立てNISAなんて、知らない人いるかも?

ユーザーID:1743688586
強ち間違いではないと思う。
まるやねころく
2019年6月12日 5:32

SNSやメディアが普及して、世論がヒステリックになりがちだと思います。

ある金融関係者が2000万円という言葉に過剰反応して
これから議論できる機会を消してしまったと言っていましたが本当にそうだと思いました。

介護も人手不足、ホームに月何十万も払うことを考えたら普通に必要だと思っておいた方が良いと思います。
特に晩婚晩産て60過ぎにお子さんが大学に入る方。
ローン組んで新築マイホームなんて建ててる場合では無いと思います。



あと15年、どうやって貯めようかなあ。

ユーザーID:5025256919
減るからです
まめ
2019年6月12日 7:44

>なぜ投資信託をやらないのか

10年くらい前にやってはみました。買ったとたんにどんどん減っていき、10%以上減ったので、なんとか5%減まで持ち直した時に解約しました。若い時から始めて数十年もち続けるならいいかもしれないけど、中高年になってからでは増える時期を待っている間に寿命が来そうです。トピ主さんはなぜ順調に増えているのでしょう。たまたま?それとも投資の目の付け所がいいのでしょうか。

ユーザーID:6184905674
正確な予想は不可能
須臾
2019年6月12日 9:40

平成が物価も所得もほぼ横ばいだったせいか、20年後30年後50年後を「現在と同じ物価水準」で予測立てようとする人多いですよね。

社会ってそんなに長期間安定するものですか?
物価が2倍とか10倍とか100倍とかになる可能性は?
逆に技術革新で10分の一や100分の一になったりしませんか?
(エネルギーに関しては水素その他に転換すれば相当安くなると私は思ってます。)

世の中の仕組みだって20〜50年もあればどう変わるかわかりませんよ。
はっきり言って、お金では何億円持ってても無価値になる時はなります。
現物で持っておくのが一番確実です。

ユーザーID:7397396360
 
現在位置は
です