親の教育じゃなくて私の努力!

レス74
お気に入り155

ゆみこ

ひと

23歳 一人暮らし 女 です。
三日前、親戚の葬式に出たときに言われた事が少し納得が行かなかったのでここで愚痴らせてください。

叔父「ゆみこちゃんは昔っから何でも出来るね」
叔母「姉さん(母)の教育が良かったのね」
母「そんな事ないですよ。でも、女の子だからちゃんと教育してて正解だと思います」
私「褒めたことないのに正解だと思ってたんだ」
母「ゆみこは褒めると怠ける子だからよ」
叔父「立派に育ったのは親のお陰なんだから感謝しないと」


納得出来ない!
兄が散らかしてたら私が片付けないと行けなかったし、何故か風呂掃除も家事も私がしないといけなかった!母に怒られたくないから覚えただけ!凄い嫌だった!ってか覚えたのは私!

お金に関しても兄は月に一万で私はお正月のお年玉だけ!バイトでも「子供が大金もつなんていやしい子!」って奪ったアレが教育!?私の金!叩かれるのが嫌だから従っただけ!
因みに取られた訳ではなく、月に一万だけ渡されて残りは社会人の時に返してくれました。

ピアノも勉強も習い事もしたくてしたんじゃない!ただ怒られるのが嫌で逆らうのが嫌でしてた!そもそも結果出したのは私!
なのにずっと怒られて叱られて褒めてくれなかった。

なのに
「結果的に成功してたんだろ?母親の教育は正解だった」
みたいな感じなのが苦しいです。

確かに私は褒められるより怒られる方が力を発揮して結果を残す子でした。叩かれるのも怒られるのも怖くて死に物狂いで努力するから。
ある意味正解だったのでしょう。
 
ただ、結果を残した先は家族に憎しみを抱く私。これが正解?ふざけないで。
一人暮らししてよかったです。恐らく、おかしくなってましたから。

ただ、それでも母の教育は正解だったのかは気になります。

正解だったとしても自分の子には絶対にしませんけど。

ユーザーID:6779108297

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数74

レスする
  • 気がついてる?

    全部、親にやらされてるじゃない。
    やったのは私って、そりゃそーだ。

    貴女が自分でやろうと決めて、やりきったことは何ですか?
    それが重要ではないですか?
    何がありますか?

    ユーザーID:6952319582

  • えー兄ちゃんどうなってんの?

    母ちゃんの教育のお陰で立派になったのなら、
    さぞかし兄ちゃんも立派になってんでしょ?
    今どうなの?

    兄ちゃんが見事な兵六玉に育ってたら、
    「ねえねえ、私の今が全部お母さんの躾のお陰なら、お兄ちゃんの今のアレも全部お母さんのお陰だよね?
    ねえねえ、今どんな気持ち?ねえねえ、ねえねえ」
    って、顔をしゅしゅっしゅしゅっと覗き込んで嫌がらせしてみたら?

    ユーザーID:5728630550

  • 自己肯定感低い?

    もう23歳でしょう?いや、23歳じゃ、まだ子どもかな?
    30代の私から見たら、青いというか、親に恨み辛み抱きながらも、未だに親に執着しすぎですよ。

    親が怖かった!嫌だった!不公平だった!私だけ怒られた!褒めてくれなかった!私は保身のために頑張った!

    だから、何でしょう?
    親のこと、嫌いなんでしょう?
    「褒めてくれなかった」って声高に言うのは、逆に言うと、誉めて欲しかった、(今も)誉めて欲しいということで、つまりは親が大好きなんですよ。親に評価されたいのです。好きというより、過去の得られなかった愛情や評価を求める気持ちだけが残り「親からの評価」「与えられなかった愛情」に夢を見て依存しているのかもしれませんね。

    でもあなたの自覚としては「嫌い」なんでしょ?嫌いな人に、今更どうして欲しいんです?あなたが親のことを嫌っている時点で、教育法が「正し」かったわけがないではないですか。

    母の事が嫌いなのに「母の教育が正しかったか気になる」のは、あなたが母の望むように「正しく」、最終的に母の期待通り「立派に育った」かどうか、結局のところ、今の自分は母にとって「合格」なのか知りたいということでは?

    もうさ、嫌いな親なら、相手に対して無関心で、割りきって「この人とはわかり合えることは一生ない」と諦める、それでいいじゃないですか?
    今更昔のこと主張して、「酷い親だね」と慰められたいですか?

    母が嫌いと言いつつ、母にとっての自分の価値を知りたがるように、「母の教育」に執着し、その「成果」としての自分に執着し、母そのものにも執着するあなたが可哀想です。

    完全なる他人、自分の人格とも人生とも無関な人、たまたま自分の母であっただけで、今後の人生においては大した影響力もない人、と、早く割りきれるようになるといいですね。

    大事なのは、あなたは、母親とは違う方法で子どもを愛するということです。

    ユーザーID:6931180733

  • トピ主 続きです。

    私が母を嫌っているのは兄との差もあります。

    例えば兄が80点を取った場合、怒られるとやる気を無くして褒めると100点を取って来ます。
    私は80点を取った場合、褒められると満足して怠け、怒られると100点を取ります。
    ある意味母親の教育は正解かもしれません。だから母は自分が正しいと思ってます。

    お陰で兄も私もそこそこ自慢の子供になりました。ただ、それで喜んでいるのは母だけです。兄はともかく私は強い怒りしかありません。
    トロフィー取ろうが一位になろうが喜んだ記憶がなく「怒られないですむ」が一番でした。

    好きでやった事は子供時代はないです。どうせ親に否定されるし横でやいやい言ってくるので。

    強いて言うなら大人になってから反対を押しきって家出当然に一人暮らしを強行したことです。
    それから好きな事してます。

    色々ぶちまけて話し合った筈なのに、今の親は無かった事にして同じように接してくるのでやはり怒りが沸きます。
    子供の時は親に捨てられたり怒られるのが嫌でしたが、今では自立しているので親がどうなろうと知りません。


    それでも謝って反省したと言うから縁は切らずに行事に参加したのに…私がバカでした。

    ユーザーID:6779108297

  • 親離れってそういうことです

    親は子供を自立させるため、その子に応じた方法で試行錯誤して一人前にする努力をします。真面目な親ほど、悪者になることも怖じ気づくことなく、断行していきます。
    トピ主さん母もそういうタイプだったのかもしれませんね。
    勉強できる環境、ピアノを習う環境、そういうものが当たり前にあって、「やらされていただけ、褒めてほしかったのに」と考えている時点で、まだトピ主さんは精神的にはお子ちゃまなんです。
    それが辛かったということでお母さんに腹が立つのなら、それが親離れの第一歩。
    近い将来、トピ主さんが結婚して子供を持った時、子供に言葉や数字、善悪を教えて一人前に社会に出す時になってようやく親の苦労が分かるものです。
    それまでは感謝しろって言ったってわからないですよ。
    ひとまずは親を恨んで、離れて自分の家庭を築く活動を始めてみるしかないですね。

    ユーザーID:0578643124

  • 親なんて

    親なんて憎しみを抱くくらいがちょうどいいと思いますけどもね。
    トピ主さんは立派に育ったと思いますよ。
    ある意味親の育て方のおかげでしょうね。
    逆にお兄さんの方が心配ですね。
    ろくに自分では何もできない人間になってそうです。
    それでも途中で自分で気づいて努力すれば、どうにかなるのですが、
    どうでしょうか。

    親の思惑はどうあれ、トピ主さんはよくやったと思いますよ。
    頑張って子ども時代を乗り越えました。
    そこで培ったものがすべてトピ主さんのものとなります。
    家事や習い事をやってきたこと、ほめてほしかった気持ちや、
    親への憎しみや、バイトして稼いだお金を
    月に1万ず使ってきて、社会人になってから残りをまとめて渡されたことなど
    それら全部を背負って、トピ主さんはこれからの人生を進んでいきます。

    長い年月がたつうちに、気持ちも変わってくるかもしれません。
    あの時のあれが今こうなったんだ!と、気づく日がくるかもしれません。
    親の育て方が良かったか悪かったか…など
    それは今のところ誰にもわからないことです。

    今親から離れ、ひとり暮らしをしているトピ主さん。
    親から離れられること、憎んでいること、
    それは別に悪いことでも何でもないと思いますね。

    ユーザーID:0462646618

  • う〜ん

    おっしゃることの意味はわかりますが、10代の子とかならまだしも、トピ主さんもう23なんですよね。
    その年齢でまだ親がどうのとかおっしゃっているのですか。。。
    いったいいつまで言い続けるおつもりなのでしょうか?

    ユーザーID:3949203367

  • トピ主さんの努力

    親に感謝しろってレスもきっとつくと思うけど、家族を憎むようにしたのは親で、それがお母さまの教育の結果です。
    私は子供がどんなに優秀に育っても、家族が壊れるような教育法が正解とは絶対に思いません。
    一人暮らしが出来て、呪縛から逃れられて本当に良かったですね。今からは自分の人生を楽しんでください。

    ユーザーID:2921305729

  • 正解はあなたではなく母にとって…です

    教育だの躾だのと称し、娘を苛め虐待したお母さん。

    自分が娘から憎まれて疎まれるという副産物こそが、あなたのお母さんの得た「正解」ってことですよ。

    もう絶縁でいいよ。

    私もトピ主さんと同じ目に会ってました。
    ええ、何十年経とうと憎しみは消えません。

    こういう親に限って、「娘は今に解るから」と脳天気に考えてます。

    それは一生来ないっての。
    甘やかしたお兄さんに介護をやってもらい、あなたは自由になってください。

    あなたのお母さんがあなたにやったことは、所謂継母や姑がやることですよ。

    娘を苛めた母親がどうなるか、白雪姫の悪い母親は最後にちゃんと罰せれていますからね。
    あれも本当は継母ではなく、実母なんです。

    ユーザーID:3819642450

  • お兄さん贔屓に憤っているんですね

    お母様、長男主義で主さんをぞんざいに扱ったんですね。
    親のおかげでこうなれたって言われるのが嫌なんじゃなくて、兄妹で贔屓があったのが頭に来てるんですよ。

    将来は親に冷たくしていいですよ。
    なるべく距離をおいて、介護だなんだで寄りかかってきたときに突き放してやんなさい。

    ユーザーID:2716042585

  • セットパターンだから

    親戚が集まれば甥姪を褒めるのはごく普通。ほめると嫌味になりそうなほど現状がほめられたもんじゃないときだけ、別の話題で濁します。
    そして、甥姪のそばにその母親がいればその母親の育て方が良かったと言うのは、言及しなきゃ不自然なほど、セットもの。
    それは道端であった知人と天気の話しをするくらい、お決まりの流れです。

    ここでにっこり笑って「ありがとうございます」が甥姪の普通な返し。
    良好な母子なら「わー、なんかママのおかげになってるー(笑)」「そりゃそうよー」といってひと笑いという場面でしょう。
    なのに「褒めたこと無いのに正解だと思ってたんだ」と剣のある言い方をしたらおさまる会話もおさまらない。
    お母さんの返しも「褒めたら怠ける」とどうかと思う言い方するから不穏当に。
    ここで「えー?そうだった?」くらいでいいのにね。(まあ、相手にも「怠けるなんて、ちょっと使うワードとしてどうかな」とはちゃんと思われてますよ。)
    叔母さんとしてはこの居心地の悪い二人のリアクションを受けて、セットパターンに軌道修正するため
    「立派に育ったのはお父さんお母さんのおかげだから感謝しないと」と、今はやりの「周囲に感謝」を説く形をとるしかない。

    親戚の人からすれば、あなたがどれほど優秀でもあんまり関係ないし、
    ましてやその親の教育方針など本当はどうでもいい。
    印象に残るのは「あの親子うまくいってないな」「娘は空気を読まずにツンケンするし、まだまだ子どもだな」です。

    同じ返すなら「お母さんのおかげね」に
    「ほんと、ひとつもほめてもらえなくてずっと寂しい思いしてきたのが良かったみたいです。自分で頑張ろうって思えて。」と
    笑顔で皮肉をこめた感謝を言えばセットパターンをこわさないので要らぬ説教をいわれなくて済んだと思います。

    ユーザーID:4460839569

  • 素直に感謝なさい

    家事を覚えて損はなかったでしょう?将来かならずしなければいけないから。
    ピアノや塾を習わなかったら音楽や学校の成績も下降して
    快適な学生生活でなかったかもね。
    押し付けられた、私一人で努力してきたんだ!とでも?
    人を恨んでばかり。

    私にも娘がいます。小生意気で今時の子ですがチャンスを逃さない。
    ○習おうか!○してみない?きっと上達して上手になるよ。と言うと
    うん!やってみる。とトライします。
    先生がこれをやってみようか?と仰ると
    やったー。出来るかな?がんばろっと。

    結局、子供の内はすべて親や先生が与えた環境で頑張るしかない。
    素直に「ありがとう」と言える性格でないと後々、走り続けることが出来なかったり
    歩けなくなり、転んだ時に、立ち上がれない人になってしまうのです。

    「お父さん月謝とか検定代、参加費って高いのに出してくれてありがとう。お母さんいつもおいしいごはんありがとね」と娘は検定やコンクールで賞をとった後につぶやきます。
    先生にもお礼を言わないと!と。

    人は一人で立派になれるはずがないのですから。
    素直に与えられたその環境に気づき、頑張る子、努力できる子、継続できる子は伸びます。
    単純に喜び、楽しみ、周りに感謝できる子は幸せになっています。

    沢山の人達に支えられて、今の自分があるのだと思う。簡単だけど難しいですね。

    素直にありがとうを言える。感謝できる。幸せになれる
    コツです。
    あなたが思っている以上に努力したことを、周りは分かっているといます。

    ユーザーID:0878603009

  • 結果的にはよかったのよ 自由を得て

    私は家に居場所が完全になくて、私がトピ主さまのような役を引き受ける事で他の家族は仲良くしてましたね…

    おばさんになった今、あの頃親に迎合せず言いなりにならず孤立しても考えを曲げなかった自分を褒めてやりたいですね。

    おりこうさんだった姉妹はあれはもう親と共依存関係ですね。

    束縛する親。管理されないとやっていけないいい年した娘。

    私は何もかもと欲張るのは止めました。

    中には素晴らしいご両親で何もかも手に入れた人もいるでしょうが、私は自由を得た今で充分です。

    ユーザーID:6230631449

  • 何をもって成功とするかによる

    心理学的に言うと、トピ主さんの母君の子育て方法は
    「失敗のオンパレード」です。
    (トピ主さんが失敗作ということではありません、念のため)

    トピ主さんのお母さんのやり方は、「恐怖政治」と一緒ですよね。
    怖いからやる、嫌だから頑張る、
    ということですが、実はこの「動機」というのが人生でどれ程のパワーを持っているか、ということです。

    やりたいからやる、好きだから頑張る、
    という動機で行動する時と、
    怒られたくないから頑張る、
    という時では、人生の質が全く違います。

    前者の時は、安心感や幸福感で充たされますが、
    後者の時は、恨みや怒り、悲しみに心を支配されます。

    長い人生を考えた時に、どちらの習慣を付けてあげた方がその人のためになるのか。20年で終わりじゃありませんから。

    前者の習慣がある人は、
    「心の安定感、安らかさ」
    「何が起きても大丈夫」という自信を人生に持てる、
    自分の人生に責任を持てるようになります。
    人との信頼関係が幸せを左右する事を知っています。
    自分も他人も受け入れられるので、生きるのが楽です。

    物理的に出来るようになることも、もちろん出来ます。


    そもそも、
    「何でも出来る」
    ことだけを正解とするなら、出来ない時期は誰にでもあります。

    その時期に自己否定してしまうのではありませんか。

    あなたの母親が、一人で歩けなくなったとき、優しく手を引いて散歩に連れて行ってあげたいですか。

    何でも出来るのが正解と言っていたよね、今のお母さんは情けないね、こんなこともできないの、とよく叩かれたな、
    と、嫌味を言いたくなりませんか。

    私は、そう思って当たり前だと思います。

    でもそれではトピ主さんが辛いから、
    ご自身の子育てを通して、トピ主さんの心を癒していってさしあげて欲しいと思います。

    本当は、親から教えて欲しかったものを、ご自身で取り戻してください。

    ユーザーID:5165869796

  • 結局自分

    結局自分が頑張ったからいまの自分がいるのだと思います。

    親にあれこれ言われても、なにもせずにいればそれまでですし。

    成長の結果が良い場合も悪い場合も本人次第。本人の自己責任の結果ですよ。

    ただ、うまくあなたをコントロールしたお母さまも上手だったかもしれませんね。
    あなたは母の言う通りに動いたわけですから。

    そうやってお母さまのことを憎んでいても、母の呪縛から逃れたことにはならない気がします。
    嫌いと好きは同じことですからね。

    無関心が一番です。放っておきましょう

    ユーザーID:7963420193

  • どうなんでしょうねえ

    トピ主さんが母親を恨みに思ってることは理解できるのですが、一応どれも子供を思ってやってたことのようにも感じます。
    結果的に子供がこれほど親を恨む状態が正しいかどうかはわかりませんが。
    同じように育てても子供の性格によって感謝する子もいるし恨む子もいるわけで、トピ主さんは後者だった。

    親の立場で言うと褒めて伸びるタイプなら楽ですね。我が子は叱らなくてもやらなくちゃって思うタイプでどちらかと言うともっと気楽に考えていいんだよ、失敗は誰でもあるんだよって教えてやらなきゃならない子でした。親を恨むことはないだろうけど自分を責めるタイプでこれはこれで心配なんですよ。

    トピ主さんが自分の子供だったらやっぱり悩むだろうなあ。叱った方が伸びるタイプで成果を出すのはわかってるけど恨まれるなんて嫌だから好きにやらせる、放置するのがいいのか、いや、恨まれても親として子供にできることはやらねばって使命感で行動するべきか。トピ主さんの親は後者だったんじゃないのかしら。恨まれたって子供が将来困らない方が親としては成功なんですよね。子供にとっては違うんだろうけど。でも放置されてたらされてたで、トピ主さんタイプの性格のお子さんはやっぱり親を恨むと思います。なんでちゃんと叱ってくれなかったの!甘やかした責任とってよ!って。

    どんな時でも他人のせいにする子と、自分を反省する子って基本的に変わらないと思う。持って生まれた性格だから。

    ユーザーID:3154055001

  • 自分の好きなように生きれる年齢

    今まで我慢してきたんだね〜。
    でももう23歳、自分の好きなように生きたらいいと思います。
    お母さんやおじさんは変わらないと思いますよ。あなたが自慢なんでしょう。

    「努力したのは私」確かにそうかもしれません。私も耳が痛いです。
    うちの長女は学校側から学力の高さを指摘され勉強に力を入れるようになりました。ピアノもそろばんもやらせたらとにかく頑張る子でしたが、私はやりなさい!と言ったり怒ったり叩いたりはしませんでしたので、ただ長女は頑張る子だったのかもしれません。
    勉強も頑張り続けています。
    嫌じゃないの?と聞いたら、体育よりは好きという変な答えでしたが、嫌いなこともあるんだろうなと察知しました。
    そんな娘はやはり高校生になっても学力はとても高く国立医医へ進学予定です。
    自慢の娘ではありますが、これまで頑張ってきたのは娘であり、娘が平和に幸せに成長できるよう陰ながら応援していくつもりです。
    しかし視点を変えると、その学力を見出すために情報を調べ、転塾し塾代を支払い、習い事を続け月謝を払い、陰ながら親の努力はありました。
    現在高校生の娘と中学生の娘の年間の教育費は200万です。
    これは捻出する親があって、頑張る娘があって、娘の学力維持向上へとつながっています。
    お母さんはお金の部分も含めて言われているのではないでしょうか。

    人間人それぞれ価値観は違います。
    頑張ったのはあなた、それだけでいいじゃないですか。
    頭の中のものは誰にも盗まれません。一生の財産です。
    その財産を持って、今から自分の好きなように生きられてください。
    どうか、幸せになってくださいね。

    ユーザーID:6407732055

  • 許してあげなよ

    子供が犯罪とまでいかなくても、何か悪さをすれば「親の教育が悪い」って言われるんだからさ。
    良い子に育ったら「親の教育が良かった」って言われないと割に合わないよ。

    そう言われた親が「いやいや子供自身の努力です」って謙遜する姿が美しいのであって、プンプン怒る子供の姿は美しくない。
    よく、スポーツなどで成功した人が親への感謝を口にしますよね?
    本人が血の滲むような努力をしたことを言うよりも、親への感謝を口にした方が美しく映り、より多くの尊敬を集めます。
    なにより、子供が猛練習なんて初めはいやだったに違いありません。
    でも、猛練習することで上手くなり、成功体験を重ねることで猛練習の必要性を認識していくことが多いので、最初に強制してくれた親に感謝するのは自然な流れです。

    自分の子には絶対にしない・・・
    果たしてそうできるかな?
    自分が子供の年齢の時にできたことが、我が子は全くできない。
    自分がちょっと頑張ればできた成功体験を子供に伝えないって、そんな我慢ができますか?
    言い方の違いだけど、もっと繰り返し頑張りなさいって応援が、子は強制されたって受け取るかもよ。
    評価者はあなたではなくあなたの子供なんだからさ。
    気が付けば同じことをしているって良くも悪くもアルアル話。
    だから高学歴家庭出身の子弟は高学歴になりやすい。
    遊びたい盛りの子供を机に座らせる。
    言葉が優しいだけで、実は誘導という名の強制をしているんです。
    言葉が違うだけでね。

    ユーザーID:8167063910

  • よく頑張りましたね

    ゆみこさん、よく頑張りましたね。
    私は怠け者だったので、立派だなと素直に感じました!
    努力は自分の力を使わないと出来ない訳ですから、とても努力家な人だと感じました。
    怒られ様が褒められ様が、怠け者だった私より、ゆみこさんはとてもご立派だと思います!

    ユーザーID:8112429641

  • 言い方ひとつですよね。

    お金の事に関しては最終的にはきちんと残しておいてくれて渡してくれたのなら毒親とは思いませんし同じ兄弟でも性格によって教育方針や生活に対する口出しを変えるのはある意味理にかなっていると思います。

    兄弟で同じように育てたのに片方は素直に、片方はぐれてしまって・・・なんてケースも多いですから。

    ただ、どういう育て方をしても結局最後は自分自身ですよね。
    親からレールを敷いてもらっても本人にやる気がなければどうにもなりませんから。
    そういう意味ではトピ主さんの頑張りが一番の要因ですが、良くも悪くもお兄さんに比べて厳しかったからこそがんばれたという面もあるのでは?

    お母さまも、親戚から言われた時に「女の子だからと甘やかしてはいけないと思って結構厳しく当たることも多かったんですけど、本人がそこで反骨精神を出して努力して頑張ってくれたんですよ」とでも言ってくれれば、トピ主さんもそこまでもやもやする事もなかったと思います。

    ユーザーID:4433696177

  • トピ主です。

    皆さん、貴重な意見本当にありがとうございます。
    私は確かに母に執着しているんだと思いますし、母に認めて貰いたい…というか、謝って欲しいんだと思います。
    自分の非を認めて、二度と怒りや不機嫌でコントロールしない事を誓って欲しいんです。
    話し合った時に誓ってくれたのに…。 

    刺々しい態度は牽制もかねてます。
    母は隙あらば昔のように怒りや不機嫌でコントロールしてきたり、それが正しいと証明したがるのでチクりと釘を刺してます。

    母には確かに金をかけて貰いましたが、私がやりたいと思った事は何一つないので感謝の気持ちは沸きません。

    恐らく母の中では、まだ私は不機嫌になれば自身のご機嫌を取り叩いて怒れば死に物狂いで期待に応えようとする子供なんです。

    そして私もまだ子供です。
    大人な対応をしたいですがもう親にはいい子とも思われたくないので、子供っぽい刺々しい態度をとっています。
    お母さんがキレるタイミングを知っているのでキレる前に私がキレて封じる…なんか壊れてますよね。
    「私は縁を切ってもいいけど、お前が謝ったから切らないでやっている」
    親子でこんな立場になっているのがそもそも可笑しいかも…。



    因みに兄はいい人です。
    嫉妬心を抜けばとても優しい兄でしたし、よく遊んでくれました。互いに関心がなく干渉する気がないからこそ普通に仲の良い兄妹です。
    世間話か将棋しかしませんけど。

    ユーザーID:6779108297

  • お母さん、大正解!自分でコントロールできることが「大人」です

     皆さんのご意見の通りです。トピ主はまだまだ23才の大きな子供。トピ主が年齢ではなく、「本当の大人」にならない限り、お母さんは大変ですよ。本当の大人ってわかりますか?自分の特性を理解し、「自分をコントロールでいること」なんです。まだまだ母親にコントロールされているのなら、自分で自分をコントロールできるようになりましょう。上手に、自分を褒めたり、戒めたりできるようになりましょう。
     よかったですね、自分を見直すことができて。

    ユーザーID:5829631741

  • まだまだ23歳は子供なんだなあ

    若いころの感性ですねえ。懐かしいなあ。
    お母さんのやり口はきっと酷かったんでしょうね。それは分かります。
    親が不機嫌になると子供はいたたまれないですものね。
    お兄ちゃんとの差別も辛いですよね。難しいところです。
    バイト代に関しては、娘に大金を持たせるのが怖かったのかなあとも思います。きちんと返ってきてますしね。

    しかし、不機嫌にならないとやってくれない子供っているんですよ・・・。
    親も自分の時間も金銭も体力も全て投資してますから、必死なんですね。
    ご近所の手前なんて言葉は、私も若いころは鼻で笑って軽蔑していましたが、今の年になると身に沁みますよ。

    本当にひどい母親は何も投資しません。自分に投資します。
    あなたのピアノや勉強(塾に行きましたか?)もその他習い事も、子供にさせるより自分が遊興に使った方が、楽だし輝いていられるし子供に恨まれないし。
    時間もお金もね。

    母が子供に構うのを当たり前だと思っていませんか?
    母親が自分と縁を切りたいなんてあるわけないと思っていませんか?

    だとしたらまだ子供だということです。自覚があるようでそこは偉いなあと思います。
    親戚の前で、母親につんけんしているのを見たら、その子はまだ子供だなと思うだけです。
    母親の株を下げるということは、その親に育てられた自分の株も下げるということです。
    お母さんのおかげね、は波風立たない大人同士の単なる話のネタです。
    「色々大変でしたが、頑張りました。今では感謝してます」と親を立てる返事が返ってきて初めて、この子はえらいな、頑張ったんだなと一目置かれるようになるのですよ。

    ただ、お兄さんのことを褒められるとぴ主さんは、きっと大丈夫だろうなと思います。
    まだまだ23歳。きっと今から色々経験しますよ。
    大人になったらおばあちゃんになったお母さんに優しくしてあげてください。

    ユーザーID:3719938708

  • 共感

    そうですよね。
    子供って親には褒めて欲しいものです。何時も緊張していなければならない、不安でいなければならない家庭なんて嫌ですよね。結果がどんなに良いものであろうと、あたたかい家庭に居たかったですよね。

    >母「ゆみこは褒めると怠ける子だからよ」
    >叔父「立派に育ったのは親のお陰なんだから感謝しないと」

    でもトピ主は何か言い返せたりが出来なかったりしませんか。だとしたら、それがこのやり方の悪い影響と言うことです。
    出したい感情を素直に表に出せないことは良いことではありません。それは心の成長を阻むものです。

    >正解だったとしても自分の子には絶対にしませんけど。

    そういうことなんだと思います。
    愛情が全てだと思います。我が子に対する愛情とは不安を感じさせず年齢に応じた成長へ導くことです。

    自由を得ることができて結果的にはよかった、という考え方は良いですね。そうかもしれませんね。私はこの考え方を受け入れます。あと、子供に絶対にやってはいけない態度、と言うものの具体例を体験しているということも良かったことかもしれません。

    ユーザーID:8431001080

  • たくさんの習い事って

    お金かかりますよ。少なくとも教育にお金はかけてもらったのでは?と思います。
    とぴ主さんが高卒なのかどうかわかりませんが充分にお金をかけてくれるのも親の愛です。
    私は大学に行きたったですがお金がないから無理、と言われ、国公立めざすほどの情熱もなかった私は近くの短大へ行きました。
    それでもかなり感謝していますけれど。
    周りは親が大学行きなさいって言ってくれる友達ばかりでうらやましかった。
    その後自分のお金で留学して今は語学必須な仕事に就いています。
    23歳で努力した結果って・・・これからじゃないのかな?

    ユーザーID:4320424288

  • ある程度の成果を残し、自立した人間になった

    他人は、人の心の中まで見れないので、精神的健やかさがあるか判定はできません。
    外に現れている、学歴、人柄、立ち振る舞いなどで判断した場合、
    トピ主さんへの育て方は成功していると判定されるのでしょう。

    私も97点でも「学校で習ったことなのに何故100点が取れない?!」と叱られ、
    色々な締め付けや体罰を食らって成長しました。
    しかし、どこへ行っても目上の人から可愛がられ、褒められ、育ちがいいと言われるので
    親の育て方は間違ってはいなかったとは思いますよ。

    親と同じ育て方を子供にはしませんが、ある程度厳しくしていても、
    我が子は同じ年頃の子より立ち振る舞いはきちんとしていますが、同じ年の私よりは出来ていません。
    そう考えると、どこまで厳しくするのが正解かは難しいですね。

    子育てするようになると、トピ主さんの考え方も変化すると思いますが、
    親は親だし、自分は自分です。
    そう思えないなら、親との距離をもう少し離してはどうですか。

    今の自分を、自分が作ったと胸を張って言えるのは、多分40過ぎてからですよ。

    ユーザーID:2694765867

  • それも一つの教育方針

    トピ主さんの親御さんのようなやり方も一つの教育方針としてあってもいいと思います。

    「獅子は我が子を千尋の谷に落とす」という言葉がありますよね、これだって同じようなことだと思います。

    自分を谷底へ落とすような親をその子が慕うわけがない、おそらく憎むことでしょう。
    ですから嫌われる、憎まれることになるのを承知で突き落すのでしょう。

    トピ主さんのご両親も同じだと思います。

    ただ、トピ主さんのご両親の場合、子供に嫌われることになるという覚悟がなかったのかな?とは思いますけどね。

    ユーザーID:4954513448

  • これまた教育の結果ですね

    手柄は私のモノ。

    そういう母。

    そしてあなたも手柄は自分のモノと言っている。

    同じ道を確実に歩んでいます。
    子供にはしないといいつつ、しっかり影響をを受けているので気を付けて下さいね。
    あなた自身、お母様が育てたように育っています。
    子供は育てたようにしか育たない。
    そんな先人の言葉が思い起こされます。

    ユーザーID:8411390866

  • 大感謝したけれど…

    >片付けないと行けなかったし、
    どこに行くの?ってな冗談はさておき、

    事情は異なるけれど(父の長期入院で母がWワーク)中3の始めから高2始めまで
    長女の私が家事全般(次妹が本当によくアシストしてくれ風呂掃除どころか掃除全般、洗濯物等もしてくれたので実質、買い物、料理、末妹のお迎え、世話等)していました(1度、末妹が洗剤の箱ひっくり返して片付けないと足の踏み場もなく…妹がちょっと泣きながら掃除していて…二人を抱えて何故か「ごめんね」を連発してしまいました。)

    高校の先輩と結婚したのは23歳の時。
    高倍率の就職戦線を勝ち抜いて男女差なしの憧れの職場を退職など勿体ない限り。
    超多忙で女手4人(幼少時は+2+お手伝いさん)な環境で育った夫に家事など期待できるはずもなく…どころか、なんか家事全般、大好きで、働いてオカネを稼ぐことも好きで…

    大型物置や電気系統のガテン系も得意、洋裁も得意で料理も得意で、
    まあ我ながら何も困らない。
    子育ても実家、義実家の協力もあり、何一つ困ることがない。
    末妹の世話で慣れていたし。

    23歳で結婚時、共働きで家事も全部って多忙過ぎるから夫の収入が安定(ペーペーの研修医だった)したら専業主婦がいいかも〜って周りに勧められましたが、慣れているせいか楽々。

    妹もキャリア専門職で家事全般やって子育てもやっていますが、要領がいいのか順調だし楽々と申していますね。

    当時、習い事も塾にも行けなかったけれど国立大現役(妹なんか東大)も、
    要領よくを覚えたからだと思う。

    子供には一応の家事は小学生から仕込んでいます。
    末妹は可成り頓珍漢になっちゃいました。甘やかされたからでしょうね。
     

    ユーザーID:2728553734

  • ayh5さんのレスに共感

    お母さんのおかげできちんと育った、お金をかけてもらったという意見もありますが、私は子育ての目標は、子供が幸せな人生を自立して送れるようになることであって、決して家族のことを憎みながら、有名大学に行ってエリートになるではないと思います。

    結果的に成功も表面だけの成功ですよね。内面では家族のことを愛したいのに憎しみと折り合いがつかない苦しみを抱えたまま生きて行くのに、感謝を周りから強要されるって、私はとても正解とは思えません。
    23歳なのに、という意見もありますが、親にされたことはいくつになっても昇華できないものなんですよ。

    私の両親は一生懸命子育てをしたと思いますが、愛情の注ぎ方が下手だったのでしょう。特に長女は優秀ではありましたが、有名国立大卒業後、家族との関係がこじれまくって病んでいます。やはり、愛情不足(教育にはいくらでもお金を使ってもらった)のせいか、還暦近いのにいまやいつ死ぬか分からないほど弱っている両親に、昔の恨みつらみをぶつけています。そんなに嫌なら、連絡してこなければいいのにと思いますが、執着しまくって、子供のころ欲しかった愛情が埋まらないんでしょう。

    ゆみこさんは病んだりせずに立派になられて良かった。私は個人的にayh5さんのレスにとても共感しました。

    ユーザーID:2921305729

レス投稿

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧