50代半ばから犬を飼うには

レス31
お気に入り26

レトリバー・ラブ

話題

トピを開いていただき、ありがとうございます。
ずっと犬を飼いたいと思いながら50代半ばになってしまいました。
飼うなら今を逃したらもう無理という時期まで来ています。
最近はペットも長寿で20年以上、長生きしてくれる子達もいますから、
もちろん、無責任な事は絶対にしません。

経済的な問題はクリアしています。
子供のいない夫婦で私の方が多少は若いですが、
現実問題、犬より元気に長生きできる保証もないので、
これはほとんど夢に近いと分かっています。
でもやっぱり、犬を飼いたい。
私が先に死んでしまった場合、犬が困らないようにするにはどうしたらいいか、
老犬ホームしか思いつかなかったのですが、他に何か手立てはありますでしょうか?
また経済的問題、飼い主の寿命の問題以外に考えておかなければいけない問題は
ありますでしょうか?

実現する可能性の薄い駄トピではありますが、
小町の皆さんのお知恵を拝借できれば幸いです。

もし可能ならば、成犬の飼い主になりたいと思っています。子犬からは考えていません。
ハンドルネーム通り、レトリバーが大好きですが、小型犬を選ぶつもりです。
アドバイスがあれば、どうぞ宜しくお願いいたします。

ユーザーID:7997369584

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数31

レスする
  • シーズーは

    そうですね、もしもトピ主さんご夫婦が先に旅立つことになった場合は、できれば懇意にしている犬好きの知り合いに頼めたらそれが一番いいと思います。
    ドッグシェルターから迎えるのであれば、そこのスタッフさんに聞けばその地域の愛犬家コミュニティーの人たちとお友達になれるかもしれませんし、相談してみては。

    ちなみに義母が60代半ばからシーズー犬(当時3歳)をドッグシェルターから迎えました。
    義母に何かあったらその仔はうちが引き取る予定でしたがもう10年近く経ちますけど幸い義母もシニアのワンコも元気です。

    シーズー犬は性格的にも大人しく、毛も抜けないので掃除もラク、アレルギーも出にくい、それとお散歩もさほど必要ないのでとっても飼いやすいと思う。

    レトリバー、可愛いですよね。我が家はラブラドールの雑種犬なんですが可愛いです。ただトピ主さんもご存じのとおり大きくて力が強く、毎日の散歩もしっかり必要、更に毛もよく抜けますから中高年以降となると大変かな。。
    シニアの仔を迎えて老齢期を穏やかに過ごすというのなら可能かもしれませんが。早いうちからの医療費は覚悟した上でね。

    ユーザーID:6772559715

  • 保護犬を飼うのは如何でしょう?

    まず、ご夫婦ともに犬を飼うことに賛成なのでしょうか?

    犬に限らず、動物を飼うのは家族全員が賛成でなければなりません。
    あと、持ち家で室内で飼育できる環境であるか?
    家族に犬アレルギーはいないか?
    家族が散歩に行ける・病気になった時看病できる体力があるか?
    そして、最期まで看取ってあげる愛情です。

    私はラブラドール・レトリーバーを飼っていました。
    盲導犬のイメージが強く、これほどまで賢い犬は見たことがない...と思われがちですが
    2-3歳になるまでは、形あるものすべてラブのおもちゃで、座布団は綿菓子に、発泡スチロールのトロ箱は粉雪に、散歩に出かけ川を見れば、猪突猛進とばかり飛び込み帰宅後のシャンプーにへとへと、こんなバカ犬(怒)うちのラブはどこかおかしいのだろうか?と疑うほど。
    しかしラブと暮らした方は”次もラブ”となるほど愛くるしいです。

    小型犬もありかも知れませんが、レトリーバーの保護犬を貰うと言う方法もあります。
    4歳を過ぎると、おとなしくなる方なので、家庭の事情で手放されるレトリーバーならしつけも入っており良いかもしれません。
    犬種によっては、成犬になってからでは飼い主が変わると、なかなか懐かないワンちゃんもいますから。

    あとは、狂犬病の予防接種や、病気になった時に動物病院に行くのに自動車が必要です。

    元気なうちになどと淋しいことを申されず、レトリーバーと幸せなドッグライフをすごしてください。あなた自身もラブに癒され健康に気を付けるようになり、元気に過ごせるかも知れませんよ。
    ハンドルネームの通り、レトリーバー  ラブで 頑張ってください。

    ユーザーID:9111711660

  • トピ主です1

    マグカップさままで拝見しました。

    雑種の飼い主さま
    早速お返事ありがとうございます。

    懇意にしている犬好きの知り合い、残念ながらほぼ同世代なので、
    ちょっと無理ですね…。

    お母様、羨ましいです。
    シーズー可愛いですよね。
    レトリバーに似ている(と思っている)ミニチュアダックスが第一候補ですが、
    候補に入れたいと思います。
    レトリバーは夫婦揃って一番好きな犬種ですが、
    年を取ってから飼うのは残念ながら無理という意見で一致しています。
    車の免許もそれこそいつ返納になるか分かりませんしね。
    医療費、人間も犬も年を取るとかかりますものね。
    覚悟はしています。


    マグカップさま
    早速お返事ありがとうございます。

    保護犬を考えています。ただ高齢者のみの家庭だとなかなか難しいようです。
    はい、夫婦揃って賛成です。持ち家で室内で飼えます。
    保護犬に応募する前にアレルギーチェックもする予定です。
    心配なのがこちらが年を取ってからの散歩ですが、
    これはペットシッターさんにお願いしようと思います。
    大人になってからの躾の入ったラブなら大丈夫でしょうか?
    嬉しいお言葉です。頑張ってみたくなってしまいましたが、
    大型犬の場合、やはり犬の介護や病院への送り迎えが難しいですよね。

    ユーザーID:7997369584

  • 住居の形態は?

    小町でもたびたび出ますが、吠え声に悩まされる近隣住民は多いです。
    マンションでも、一戸建てでも。

    うちは一戸建てでしたが、隣近所の犬の吠え声にほとほと悩まされました。

    飼い主は吠えても可愛いと思うのか、年配になり耳が遠くなるのか、吠えっぱなしにさせるんですよね。

    一戸建てなら室内飼いをお願いします。
    マンションなら、防音対策をしっかりと。

    ワンちゃんと楽しい生活が送れますように。

    ユーザーID:2247031518

  • 獣医さんに預ける

    地元で出版された本に載っていた話です。

    長くお世話になっていた獣医さんに
    遺産を渡してわんちゃんが寿命を全うするまで
    面倒を見てもらうという条件で契約を交わしました。

    平均寿命まで生きるとして、その間の生活費、医療費、
    お世話代を弁護士さんを通して遺言を書かれました。

    そのほかやはり自分より若い友達に遺産を渡して
    お世話をしてもらう契約を交わした方もいました。

    ユーザーID:5060703090

  • 飼い主募集サイトか譲渡会も考えてみて

    50手前で初めて犬を飼い始めました。

    それまでも、近所のペット屋さんが廃業するから飼えないかとか、知り合いのブリーダーさんが手放したいから飼えないかとか、たまにお話はありました。
    でもペットともご縁なんでしょうね、その時は話が進まず。

    今でも不思議なのですが、ある日何かのキーワードで検索していたら、たまたま今うちにいるワンコ(5歳過ぎの捨て子)が登録されていた、犬猫の飼い主募集サイトに辿り着いたのです。

    その飼い主募集サイトの場合は、飼える環境なのかを調べる(間取り・家族構成など)トライアル申し込みシートに答えるところから始まりました。
    そしてドッグカフェでお見合い→双方に問題が無ければトライアル(〜2週間)→正式な引き渡しでした。

    成犬を希望されるなら、比較的近くの飼い主募集サイトか譲渡会はどうでしょうか。
    (どちらも検索で多数ヒットします。タウン誌掲載などもあり)

    その場合注意する事としては、犬との相性(犬には必ず好みというかクセがあるので、それで困らないかどうか)・引き取った後の病気発覚時はどうするのか・初期費用(交通費や予防接種代など)・ワンコの詳しい資料(犬種・カラー・生年月日・引き取られた経緯・既往症など)の有無などがあります。

    飼い主が飼えなくなった場合としては、家族への意思確認・信頼できる預け先(老犬ホーム)をいくつか調べて見学し手続きを頼める人数名に連絡しておく・もしもの場合は譲り受けたサイトや譲渡会の連絡先や担当者もはっきり残しておく・・などが考えられます。

    ペットは賢いので環境がころころ変わると不安に感じます。
    もしもの場合に頼めそうな人には、たまに会わせて慣れてもらっておいたほうが多少なりともストレスが軽減されると思います。

    トピ主さんとの出会いを待っているワンコと、良いご縁で巡り会えますように。

    ユーザーID:1942682306

  • 何事もご縁

    >保護犬を考えています。ただ高齢者のみの家庭だとなかなか難しいようです。

    高齢と言っても「まだ」50代ですよね。
    まだまだ大丈夫ですよ。

    不思議なことに、飼い主探し中の保護権って「よいこなのになかなかマッチングにたどり着けない」という場合でもひょんなことでマッチングが成立することも有るんですよね。

    それこそ人間が選ぶというより保護権ちゃんのほうが飼い主を見初めるんですよ。                                         決めるのはトピ主様夫婦でも愛護団体でもないのかもしれません。
    トピ主様ご夫婦と巡り合えるのを待っている子はいると思います。

    どうか犬種のこだわりを少し脇に置いて、保護権たちとの交流をしに行ってくださいませ。

    良いご縁に巡り合えますよ。

    ユーザーID:5502912149

  • トピ主です2

    りらさままで拝見しました。

    サラダさま

    お返事ありがとうございます。
    住居はマンションです。お隣がワンちゃんを飼っていますが、
    窓を閉めていれば声は聞こえません。こちらが開けていても
    聞こえたことはありません。
    犬を飼っているお宅は結構いて、
    外にいると吠える声が聞こえることはたまにありますが、
    家の中にいて、聞こえたことは今までありませんので、
    吠え癖のないワンちゃんを選び、気をつければ大丈夫かと思います。
    もちろん防音や足音(犬の足が滑らない対策も含めて)の対策は
    しっかりやりたいと思います。


    りらさま

    お返事ありがとうございます。
    獣医師さんに預けるというアイデアもあるのですね。
    獣医師さんのキャパもあるとは思いますが、
    相談してみるのはいいかもしれません。
    お相手が獣医師さんでもお友達でも、きちんとした契約が双方にとって必要ですね。

    ユーザーID:7997369584

  • 犬をご指名ですが

    犬をご指名のようですが、ハードルが高そうですね。

    と言う事で「猫ちゃん」をお勧めします。犬に比較
    して、飼い易いです。

    活動範囲と言うか、活動距離が短くて済む。排泄処
    理が楽、室内飼いに適している。

    犬が好きで、犬を飼いたいと仰っているのに、猫を
    進めるなんてご免なさいね。

    犬と猫の比較表を作ってご覧になればとも思います。
    猫は、毛が抜けるので大変ですが、動物臭はありま
    せん。

    犬は、始終付き合わなければなりませんが、猫は放
    置も可能です。犬は、子供みたいな存在、猫は大人
    の付き合いが出来ます。

    現在、猫を飼っていますが、犬を飼っていたことも
    あります。犬と猫で、どちらがと言うこともありま
    せんが、手数がかからず世話が楽と言うことです。

    家を空けることがあるかも知れませんょね。猫は、
    そんな時も独り?にして置けます。勿論、猫はその
    ことを分かっていて、家の中で荒れていますけど。

    ユーザーID:9989305456

  • 応援します

    私も主さまと同じように、いつも心の中でワンコとの生活に強く憧れています。夢見るお気持ち、すごく分かります!私の場合、諸事情でおそらく生涯ワンコは飼わない(飼えない)だろうと思いますが、主さまは十分条件が整っているようにみえるので、ぜひ夢を実現してほしくて、応援したくて出てきました。
    ご夫婦そろって動物にお優しそうですし、確かに犬・人間双方の寿命を考えると最初で最後のワンコかもしれませんが、50歳代なら中型犬を扱うのに、体力的にはまだ大丈夫ですよ。私の住む田舎では、中型・大型犬や、犬より大きい動物(羊や馬)を定年後の人たちでも飼っています。動物の体の大きさより、しつけを上手くできるか、住環境が適しているかが問題だと思います。もちろん介護となれば体の大きさは問題になりますが、いよいよ動かせないほどになったら、獣医さんと連携して最期を自宅でみとることも選択肢です。
    どうか良いご縁がありますように!

    ユーザーID:6497102244

  • トピ主です3

    ICHICO様まで拝見しました。

    サト子さま

    お返事ありがとうございます。
    はい、引き取り手サイトか譲渡会でと考えていて、今でもよくサイトを見ています。
    注意事項など色々教えていただき、ありがとうございます。
    保護団体の方とつながりを保っておくと言うのも大切ですね。
    もしもの場合の人…となると、可能であれば獣医さんが理想的だなと思いました。

    サト子さんもワンちゃんとの生活を今楽しんでいらっしゃるんですね。
    私たちも我が家に来てくれるワンちゃんと縁がつながることを願っています。


    ICHICO様

    お返事ありがとうございます。
    まだ高齢者ではないですね笑。つい先のことばかり考えてしまいました。
    なるほど、そうですね、こちらの気持ちばかりではないから、
    不思議な縁で決まると言うこともあるのでしょうね。
    私たちを必要としてくれるワンちゃんに出会えるように、
    犬種も決め付けずに行こうと思えました。

    ユーザーID:7997369584

  • 獣医師さん経由でもらい受ける

    一度相談に行ってみたらどうでしょう?
    きちんと治療してくだってますし 保護してます。
    良く里や募集の看板でtますよ。

    犬の種類によっては系統的に遺伝する病気がありますから
    底のところをよく聞いて元気な子を是非。

    ミニチュア・ダックスフンドは、他の犬より椎間板ヘルニアになりやすいことは、よく知られていますよね 足が短く胴が長い特徴から腰に負担がかかりやすいためです。
    ミニチュア・ダックスフンドの椎間板ヘルニアでは、神経の検査やレントゲン検査、CT・MRI検査でどこの椎間板が突出しているかを検査しますが、重症の場合、外科手術・入院が必要になり、治療費で280,000円かかった例もあります。
    コーギーも同様。

    大型犬寿命は小型犬に比べて短いです。
    10年ならなんとか大型犬でもいけるのでは?

    ユーザーID:2411495579

  • 2度目のレスです。

    レトリーバーの保護犬を提案させていただきましたが

    外飼いのレトリーバーはラブ、ゴールデンともに躾が入りきっていない場合があります。
    躾と言っても、おトイレ・いたずら・散歩の引きなど日常の問題行動を起こさないと言うことです。
    散歩はリードのタルミで引きの力をコントロールできます。ダランとたるませた状態では肩が抜けるかと思うほど引かれますが、短く持ち横につけて散歩させればさほどの力もいりません。

    他の方が書かれていましたが、年2回の換毛期は部屋中毛だらけです。お掃除ロボットもギブアップです。

    少しレトリーバーに偏ったレスになってしまいましたが
    譲渡会などに出かけてはいかがでしょう?
    好きな犬種も良いですが、譲渡会でトピ主さんにすぐ懐くワンちゃんがいるかも知れません。
    相性と言うものがありますから、どんどんワンちゃんと出会ってみるのが最善かも知れませんね。

    親切なところならトレーニング期間で1週間ほど時間を共にさせてくれることもありますから、焦らずパートナーを探しましょう。

    私は、今は子どもの学費でワンちゃんどころではありませんが、あと数年...今のトピ主さんと同じ年齢くらいになったらまた探そうと思っています。そのために筋トレに励んでいますよ(笑)

    ユーザーID:9111711660

  • 大きい犬のほうがいいですよ

    トピ主さんと同世代の女性です。ラブラドール・レトリバーを飼っています。子供のころは小型犬を飼っていたのですが、大人になってからは大型犬ばかり飼っています。

    散歩で犬同士が会うと、小型犬はキャンキャン騒ぐけど、大型犬はどっしり構えて静かに眺めています。それに、かしこいです。わたしが落ち込んでいるとき、犬がやってきて横に座り、なにもかも分かっているような優しい眼差しで微笑みかけてくれます。もう、大型犬以外、飼えません。

    海外出張のときはいつもペットシッターさんに自宅まで来ていただいています。また、わたしや夫が病気で犬の散歩に行けないときもシッターさんにお願いしています。今飼っている子は13歳なので、わたしたちのほうが長生きする可能性が高いですが、万が一、自動車事故などで夫婦がともに急逝したら、シッターさんに引き取ってもらうことになっています。そのために遺言を書いて、シッターさんにある程度、遺産を渡すことになっています(このことはシッターさんには話していませんが、うちの子をとてもかわいがってくれており、「なにかあったら引き取るから安心して」と言われています)。

    ユーザーID:0253453141

  • 安易に保護犬はすすめない

    50代半ば(仮に55〜58歳だとして)だったら、
    子犬から育ててもほぼ問題ないと思いますよ。

    仮に15年生きるとして75歳手前くらい。
    まあギリギリだと思いますけど、本人さえ体が動けば
    飼えない年齢ではありません。

    人も歳取りますが犬だって歳取ります。
    犬は10歳超えてきたら老化しますし13歳くらいになれば、
    散歩もほぼ走りません。そこから加速度的にみるみる高齢化
    していきます。あっと言う間に人の年齢を追い越します。

    「20年以上生きる犬」なんて(いないことはないが)
    ほとんどいません。
    というか、20年以上生きる犬なんてごくごく稀です。

    いくら食べ物や運動に気をつかっていたとしても、
    10〜13年そこらで寿命のくる犬の方が圧倒的に多いです。
    せいぜい15年前後ってところです。

    保護犬は、、正直おすすめしません。
    出生がはっきりしない(つまり犬齢が不明)場合が多く、
    もし8〜10歳くらいの犬を譲渡してもらっても、
    一緒に生活出来る時間は5年前後ってことになります。

    「どうしても犬を飼いたい」っていう人が子犬から育てず、
    出生不明の年齢も分からない犬と、数年一緒に過ごすことで
    満足出来ますかね?また保護犬って、希望に近い犬種が必ずいるわけでは
    ないし、相性が悪ければ最悪ですよ。

    中高年以上で犬を飼っている人ってね、案外長生きする傾向に
    あります。うちの話で恐縮ですが、うちの両親なんてアラ70歳で
    犬を飼い始めたんです。柴犬を。

    父は先に他界し、その後犬は15歳で旅立ちました。母は88歳で健在です。
    散歩こそ行けなくなりましたけど、餌やりなど世話をすることで
    人間が長生きすることはあるんです。

    ユーザーID:8805617579

  • 盲導犬の引退犬は?

    私も50半ばで犬が飼いたいぴよちゃんです。
    私はお隣のわんこちゃんをかわいがることで飼うことは
    あきらめていますが。。

    盲導犬の引退犬はいかかですか?
    10歳ぐらいで引退する盲導犬の余生を過ごさせてあげるのです。
    主人の上司が引退犬を引き取っていますが
    とてもおとなしいです。(そりゃ盲導犬として活躍していた犬ですものね)
    お別れまでの期間は短いかもしれませんが
    そちらのお宅では2頭います。
    ボランティア活動に呼ばれるそうで
    生活にもはりがあるそうです。

    盲導犬候補の子犬を1歳まで預かるボランティアもあります。。
    落ち着いた引退犬をおすすめします。

    ユーザーID:5145917912

  • 犬との生活は最高です!

    現在夫婦共に40代半ばです。我が家も子供のいない夫婦で、6年前にシェルターからレトリーバーの雑種犬(当時生後10週間)を迎え入れました。
    ある程度の躾けが終わるまで大変な時期もありましたが、夫婦で躾け教室に参加したり、ご近所に犬仲間が増えたり、犬が来てから毎日楽しい事ばかりです。
    犬を引き取ってから夫婦間の会話も増えたと思います。(犬が来る前から仲の良い夫婦でしたが、、。)

    質問されている内容からずれてしまいますが、ご夫婦で躾けの教室に参加されてきちんと躾をすれば、レトリーバーで保護犬でも楽しく犬との生活を満喫できますよ。
    保護犬であろうと血統書付きの犬であろうと、一番重要な事は“躾け”です。
    飼主がきちんと躾をしていれば、マンション内での無駄吠や、散歩中も引っ張られて転んだり(これ重要です!)、他の犬に飛び掛ったりすることは避けられます。
    近所に躾けがされていない中型犬を飼っているお年寄りがいるのですが、いつも散歩時に犬に引っ張られるように歩いているので、飼主が転んでしまうのではないかとハラハラしながら見ています。
    引っ張らないように躾けていれば、毎日のお散歩も楽になるんですけどね、、。

    トピ主様が良い犬に出会えるよう願っています。

    ユーザーID:3915765058

  • 大型犬を勧める方がいらっしゃいますが

    知人夫妻は「盲導犬になりそこなったラブラドール」を飼っていましたが、犬が高齢になって歩けなくなり、病院に連れて行こうと車に乗せる時、重くて腰を痛めたと言っていました。
    大型犬が魅力的なのもわかりますが、自分が高齢で犬も具合が悪くなった時はそれなりに大変だと思いますよ。
    猫でさえ、命が無くなるとずっしりと重いです。

    ユーザーID:1861387879

  • 保護犬の、しかも成犬?

    正気ですか?
    犬を飼う中でもっとも難しい条件ですよ。
    成犬の躾直しの難しさをご存じないようです。

    50代半ばなら犬の寿命を考える程でもないでしょう。
    確かに20年生きる子も中にはいますが、出現率は極めて小さいと思っていいでしょう。
    20年も生きることがとても珍しいから話題になっているだけです。

    どうしても気になるなら、フレブルやパグなど短命種を選ぶといいでしょう。
    15才まで生きる方法なんて本が出るくらいです。
    20才なんてギネス級ですからね。
    まあ、見るからに不細工な犬種ですが、そのブサカワが愛おしくなる犬種でもあります。
    飛行機には載せられませんから、旅行は車で行ける範囲になります。

    ユーザーID:0230387488

  • 保護犬

    ぜひぜひ保護犬をおすすめします。
    私51才女性、去年の11月から保護犬を飼い始めました。
    私もず〜〜っと犬が飼いたくて(昔は飼っていました)約20年ぶりに飼いました。
    いろいろな保護団体に登録したり実際に会いにいったりたくさんしました。
    条件が厳しくてたくさんお断りされました。。
    でも!!! 今の我が家の犬に巡り合えました。とてもとてもかわいくて愛しくて
    、うちに来てくれてありがとうという気持ちでいっぱいです。
    うちに来た時は4才で、今は5才になりました。
    人が大好きでとてもいい子です。保護されてる犬はもっと年齢が上のわんこもたくさんいます。
    きっとトビ主さんを待ってるわんこと巡り合えると思います。

    ちなみに個人的にですがペットショップでの販売は望ましく思っていません。

    ユーザーID:7079285142

  • ネットの保護犬情報は微妙

    ちゃんとした団体か確認しましょう。詐欺も増えています。
    また保護犬と言っても千差万別。
    難しい環境で育ったコは初めて犬を迎える人には向かないコも多いです。
    ぶっちゃけ小型犬で5歳のコだったらヒトの30代半ば。
    もし保護犬を迎えるとしたら虐待とかでこじらせていないコを見つけましょう。
    愛情だけでは難しいです。
    トピ主さんの年齢であれば子犬から迎えても良いと思いますよ。
    皆さんもおっしゃっているシーズーは穏やかで良いと思います。
    良いご縁がありますように。

    ユーザーID:2451894393

  • ぜひレトリバーを

    私も同じく50代半ば、レトリバー系保護犬と暮らすものです。
    トビ主さん、レトリバーと暮らしたいなら
    年齢的に今が最後。ぜひぜひ一緒に暮らしてみてください。

    私は実家でいつもシェパード等大型犬や中型犬と暮らしてきましたが
    レトリバーは経験なく、憧れの犬でした。
    30代で初めて、レトリバーの保護犬男の子推定2歳と暮らし始めました。
    体重30kg超え、力は強く、ご飯はたくさん食べ、毎日散歩2時間以上ですが
    性格は穏やかで、普通の犬よりとても飼いやすいです。
    レトリバーは人が大好き、心が通じ合い、人間が一人増えたようで
    いろんな所に一緒に旅行に行き、かけがえのない経験となりました。
    保護犬といっても、愛情をもって毎日接していれば
    子犬から育てた時と、何一つ変わることなく、心は通じ合うのは間違いありません。

    今もレトリバー保護犬2代目の男の子と暮らしています。
    私共も子供はおらず、50代となったいまでは、主人とも「大型犬はこれが最後だね」
    と話しています。
    振り返れば、人生で自分の犬と暮らせる期間はとても短いですね。
    もちろん、老年の看取りはそれなりに大変ですので、それだけは覚悟いただいて
    ぜひぜひトピ主さんには、レトリバーと暮らす楽しく貴重な経験をして頂きたいです。

    ユーザーID:6859796708

  • 犬種はよく考えて

    その年齢なら十分子犬から育てられますよ。

    20年も生きる犬なんて滅多にいません。
    他のレスの方の言われるように、そんなに長生きするから
    話題になり、あたかも「犬は長生きする」みたいな書かれ方しますが、
    犬は結構短命です。

    12〜13年前後ってところです。
    うちの柴犬は昨年亡くなりましたけど15年でした。
    ブリーダーさんに言ったら「長生きしたね」って言われましたよ。

    13歳を過ぎたあたりから「18年も20年も無理だな・・」って
    分かります。

    レトリーバーや秋田犬とか大型犬種はもう少し短い寿命です。
    大型犬の難しさは、やはりお世話ですね。
    大きい犬種ほど散歩時間は必要ですし、人間が「意図して大型化させきた」
    から、どうしても無理が出ます。特に後ろ足。

    小型・中型犬でも後ろ足に持病あったり早期に衰えが出ますけど、
    大型犬は最初から「無理して大型化した」わけで、案外早くに
    歩けなくなる犬はそれなりにいます。

    同様に小型犬種も「意図して小型に改良」されたわけで、
    あまり長生きの遺伝子を持っていない犬種は多いです。

    繰り返しますが、犬が20年も生きるってまあないです。
    交配段階で長生きの犬を掛け合わせたとか、飼育条件が良かったとか、
    そういうのはあるでしょうけど、どんな犬種でも20年近く生きるって
    いうのはあり得ません。

    全犬種含めて12〜15歳平均寿命ですから、
    そんなに悩む必要もないし、その年齢なら十分飼えますよ。

    ただし保護犬はおすすめしません。
    保護犬は良くも悪くも個体差I(性格差)があるので、
    「過去、犬を飼っていた経験がある」くらいの人でないと
    扱いが難しいです。

    ユーザーID:8805617579

  • 近所で見かけるのは小型が多い

     長く生きなくても何らかで犬が自分で歩けなくなった時に、抱えてクルマに乗せたり降ろしたりができるかどうか。

     よく見る番組の決まり文句は「あなたの生活に合った種類を選びましょう」です。

    ユーザーID:1506917997

  • 飼えるのでは?

    今、主様は50代半ばとのこと。55歳だとして(そのままでごめんなさい)
    ラブが15年生きたとしても70歳。(大型犬は往々にして小型犬より短命です)

    犬のためにご夫婦二人で体を鍛えれば、いけるのでは・・・?と思います。

    うちには、今年10歳になる黒ラブ(オス)がいます。

    小さい時にはそりゃあもう乱暴者でした。
    とにかく甘噛みをする。甘噛みでも痛いものは痛い。
    歴代の犬の中で、流血したのはこのコが初めて。(家族2人やられました)
    悪気じゃないんだけど、とにもかくにも「粗雑で粗暴」
    ただ、家具を噛んだり傷つけたりしたことは一度もないですね。

    困ったことはとにかく拾い食い。散歩中に何でも拾って食べるので犬より先に発見して拾うという技を習得しました。

    で、そんな悪いコ?が今やもうとても楽ちんなワンコですよ。人の言葉はほぼ理解していますね。(自分に利益のあることなんか100%理解してます。)

    とにかく歴代の犬に比べて性格が明るい。
    そして人の側にいるのが大好き。
    仕事が大好き。(毎朝新聞運んでます。また「あれ取ってきて」というと、指さした先の物を持って来れるので、ウッドデッキの下などに落ちてしまったものを拾ってもらえる)
    遊ぶのが大好き。(物を隠して探す遊び。物を投げて拾って来る遊び)

    あ、いつの間にかラブについて語っていました。失礼しました。

    とにかく最後のチャンスであるのは確かですから、トライしてみてはいかがでしょうか?

    最初の二年は根競べのようなところがありますが、いつの間にか「賢い家族」になっています。

    年を取ってもしも老犬介護が必要になっても、手押し車のようなものとか、重い家具を動かす要領でやれば、移動させるのも楽勝とはいえないまでも、できないことはないのでは?と思います。

    50代半ばならギリギリいけるのではないかと私は思います。

    ユーザーID:5912869285

  • 保護犬飼ってます

    先代犬と現在も中型の雑種の保護犬を飼っています。

    トピ主さんとは近い年齢かと思うので、
    経験上感じたことを書かせていただきます。

    まず、これから大型犬を飼う場合は
    やはり「運ぶ」ということを頭に入れて置いて欲しいです。
    我が家は13から15キロの中型犬ですが
    ワンコも自分も元気なときはかろうじて抱っこできますが、
    病気の時やお別れの時(ごめんなさいね!)はかなり重く感じます。

    我が家は子犬から保護犬を飼っていますが、
    雑種の保護犬を迎えるというのは若かったからできたことかも。
    雑種はどのような大きさに育つかわからないからです。

    保護団体から譲渡されましたが、関わった故に疑問に思うこともあります。
    団体も色々あり、疾病をかかえたまま(わからずに)譲渡されたりもします。
    なので、保護犬でなくてはいけない!なんていうことは全くないと思います。

    成犬から迎えることの難しさを仰る方もおられるようですが、
    それ以上成長しないということの利点もありますし、
    しつけをきちんとして飼いやすく譲渡してくださる所もあります。

    子犬から飼うことの大変さ、そして楽しさを知っている身としては
    成犬から飼うことばかりをオススメするわけではありません。
    私がこれから飼うのなら成犬から飼いますが、
    それはもう子犬から育てたことがあるからかと。

    トピ主さんにも是非幸せなワンコライフを送って頂きたいと思います。
    大変なことも沢山あると思いますが、
    この温かい命との暮らしは何にも代え難いことですから!

    ユーザーID:6469982635

  • 生活面ではどうか

     最近は犬飼いに対する飼わない側の目が厳しいです。散歩は運動が第一義でトイレが目的ではありません。

     飼ってからトラブルを起こさないように、生活面でも犬中心がどこまで可能かを検討がひつようです。近所では散歩が短いからなのか、無駄吠えも聞こえます。

    ユーザーID:8082719306

  • ペットロス

    ミニチュアダックスフントを飼っていました。
    4キロと小柄で賢い子でしたが、16歳で旅立ちました。

    溺愛していた私は当然のようにペットロスになりました。
    その時、私は50歳代半ばでしたからペットロスからの回復も早かったですが、今から飼い始めて70歳半ばでペットに死なれたら立ち直れないかもしれないです。

    我が子同然に可愛がっていた「家族」に先立たれるダメージも考えておいてください。

    ユーザーID:3322506385

  • 飼ってもらいたい

    60歳の女性です。
    現在、10歳になるミニチュアダックスを飼っていますが、5年前に夫を亡くし、この子に大変助けられています。

    子供たちはこの子が亡くなって私がペットロスになるのを恐れ、そろそろ次の子を迎えてはと進めてくれます。
    私の場合は、子供たちが後を引き受けてくれるのですが、
    別の方が書かれているように、お礼を用意して、知り合いやお身内(ペット好きな方)にお願いしておくという方法もあると思います。

    私は、ミニチュアダックスをお勧めします。
    お顔や性格も、レトリバーに似ているそうですし、何よりも小型犬で、大型犬よりもお世話が楽です。

    お散歩も大変と思えば大変ですが、その分、この子の健康のためと思うと、お散歩も苦にならないし、自身の健康のためにもなります。

    トピ主さんのような優しくワンコのことを思ってくれる方に、本当にワンコを飼ってもらいたいです。

    あの、欠点も書いておきます。
    うちの子は、クリームなので、小型犬と言いながら、結構大きい(7キロ)ため、声も大きい。
    後、前の子はパピヨンだったのですが、その子と比べると、抜け毛も多いです。

    でも、でも、ものすごっくフレンドリーな性格です。

    ユーザーID:5551267092

  • ペットショップの売れ残りは

    わが家もアラフィフで高齢の犬に加えて新しく新しく猫を迎えました。犬もいるしかなり悩みましたが売れ残りで格安の理想のハチワレちゃんと出会いほぼ即決でした。

    確かに保護動物を迎えるのは良いですが、大型の成犬ってかなりハードル高くないですか?

    エサ代、薬、美容院にホテルと全てにお金が高いです。そしてトレーニングは必須、レトリーバーは暑さにかなり弱いです。

    飼いやすいのは断然シングルコートの小型犬だと思いますよ。

    売れ残りで大きくなりお安くなっている子を迎えるのも一つの保護ではと思っています。 

    ユーザーID:6211471467

レス投稿

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧