現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

扶養内パートに変更について

あじさい
2019年6月12日 18:23

トピを見て下さりありがとうございます。

今現在、社会保険等を支払っているパートです。
受け取る年金額が増えればいいかなと思い手取りは減りましたがこちらを選択しました。(月10万円位)
しかし、次の8月の更新で月88,000円以内のパートに変更しようと思います。(勤務先の社会保険を抜けます)
夫の扶養に入りたいのですが、ネットでいろいろ調べたのですがいまいち理解が出来ません。

今年の収入は8月から88000円だとすると115万円になります。
106万円の壁を今年は出てしまうのですが夫の扶養に入れるのでしょうか?
年収106万を超えるので自分で国保とかに入らなければいけないのですか?
相談するのは何処にしたらよいのか分かりません・・・。

ユーザーID:1322480128  


お気に入り登録数:14
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:5本


タイトル 投稿者 更新時間
会社の業務担当者に相談して下さい
匿名
2019年6月12日 20:26

金額が分かったところで実際に手続きをやるのは会社の担当者ですからね。

ユーザーID:1851727441
健保組合によって要件が違う場合があるので
tom
2019年6月13日 8:28

健康保険の扶養の要件は旦那さんの加入されている健保組合によって違う場合があります。

旦那さんの会社に確認するのが確実です。

ユーザーID:9928852090
扶養はご主人側の問題なので
もうすぐアラカン
2019年6月13日 9:39

扶養はご主人側の問題なので基本ご主人が会社の担当者に聞くというのが原則です。

扶養には社保年金と税金の扶養があります。
トピ主さんの問いは社保の方だと思いますので、社保の扶養と言うのは税金とは異なり一律ではありません。
ご主人が所属する保険組合によって規約も手続きも必要書類も異なります。
なのでネットで書いてあるのは一般論でしかありません。

ご主人に社保の扶養になるにはどういう条件なのか、どういう書類が必要なのかをきちんと聞いてもらって、それに沿ってあなたが働く条件を考えたり書類を整えるという事です。

ネットやほかのご友人などに聞いて勝手に判断してしまうと間違ったことになってしまいますよ。

ユーザーID:9204726811
難しいかも携帯からの書き込み
ひろこ
2019年6月13日 20:03

他の皆様と被りますが、旦那様の会社の総務に事前にご相談されることをお勧めします。

10年前、総務やってた時、(その会社は独自の健保組合でした)そのパターンは相当難しかったです。

奥様が退職することにより扶養に入る場合は、収入がゼロになる証明書として離職票のコピーまたは源泉票(退職日がわかるので)を提出していました。
失業保険をもらう場合は受給資格者証の受給終了印字の部分のコピーが必要でした。

しかし、収入が減る場合は、退職でないので、収入が減るのを証明できるのが、雇入れ通知書しかありません。

しかし、雇入れ通知書で、月額88000円以下の見込みと確認できても、残業した場合は、それを大きく超えます。残業しないという証明が出来ないので、なぜ、妻の給与が減るのか理由書を書いて添付していました。
(例、腰痛の為、フルタイム勤務が難しくなったため、パートタイム契約となりました。つきましては収入が月8万円になる見込みですので扶養申請致します。)
それで通らなかったら、国保に入ってもらい、3ヶ月後に3ヶ月分の給料明細のコピーで再度扶養申請していました。
それでも通らなかったら、2年待って市役所の非課税証明書を添付して扶養申請という流れでしたが、流石に3ヶ月の給料明細で皆さん扶養に入れてました。


10年経って、さらに厳しくなってる可能性もあるので、早めに健保組合か総務にご相談されるのをお勧めします。

ユーザーID:9129259494
混乱中
青空
2019年6月14日 10:27

トピ主さんが勤務している会社は従業員が501人以上いる職場ですか?
106万円の壁に該当する会社かどうかはっきりさせてください。

で、夫の扶養に入れるかに106万円はあまり関係ありません。
106万円は自分自身が社会保険に加入するかどうかだけの基準です。
小規模の会社だとこの壁は存在していません。
夫の扶養に入れるかの基準は130万円で変わっていません。
年間が115万円の見込みで、今後の収入も88000円以下の見込みなら入れる可能性もあります。
協会けんぽだと多分大丈夫です。
組合だと組合ごとに微妙に条件が異なるのでわかりません。
税金の配偶者控除も夫の年収が特別高くないなら150万円まで38万円の控除が受けられます。

ユーザーID:6265431234
 


現在位置は
です