現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

上から言う癖をなおしたい!!

すみ子
2019年6月12日 22:48

はじめまして、すみ子(40代)と申します。

幼少期より、文章や発言にまとまりがなかったため、難しいことを伝えるときは、一呼吸おいて、頭の中で整理をして、丁寧に相手の目を見て伝えるよう意識してきましたが、どうやら、上からものを言うと捉えられてしまいます。

感情的になると、声が大きくなったり、高めになる癖もあり、意識をして治していこうとおもっているのですが、恥ずかしながら、この年になってもなかなか治せません。

きちんと、敬語で話しているのですが、面識の薄い人から「真面目」や「硬い」、挙句の果てには「カチンとくる」人もいるらしいのです。

やわらかい口調になりたいと思っていますが、皆さんは、どのように意識付けていますか。

ユーザーID:5258435882  


お気に入り登録数:38
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:16本


タイトル 投稿者 更新時間
話し方教室携帯からの書き込み
あけぼの橋
2019年6月13日 0:31

柔らかい口調で話せる人ってそれだけで「お得」ですよね

私も話し方で人生ずいぶん損しました

自分で気をつけているつもりでも、高圧的だったり強い口調になっているらしく人間関係がイマイチでした

そんな時に旧友から誘われて話し方教室に行ってみました

元アナウンサーの講師から発生の仕方や滑舌の良し悪し、口調やトーンを教えてもらいました

目からウロコの世界でした
こういう技術って身につけると「お得」だなぁ、とある意味感動しました

もし興味があればカルチャースクールなどの話し方教室を覗いてはいかがでしょうか?

育った場所によって口調の強さは割と決まりますが、意識することで変われますよ

ユーザーID:8513070968
そうですね。携帯からの書き込み
リリス
2019年6月13日 0:45

アナタがどんな話し方をするのかはわかりませんが私が実践しているコツを教えてあげます。
それはね、口角を上げてゆっくり話す事です。
人は口角を上げてキツイ言葉は言えないんですよ。
鏡の前で口角を上げる練習してごらんなさい。

ユーザーID:3597072736
これからの人生、もう同じ悩みで大切な時間をムダにしないで!
意識進化
2019年6月13日 0:59

意識して直そうと思っても直らないというのは、「本気」が足りないからではありませんか?
100%コミットする(決める)と、人は変われますよ。

まず、コミュニケーションにおいて、感情的になるといいことはありませんよね?
感情的にならないとコミットしてみてください。ブレたら、また「私は感情的にならない!」と何度でも自分に言い聞かせるのです。
声が大きくなったり、高めになると分かっているのであれば、「声を大きくしない、高めにしない」
素直にしなければいいだけだと思います。

そもそも、なぜ感情的になってしまうのでしょうか?
自分の言いたいことが伝わらず、イライラしてしまうのでしょうか?
相手をコントロールしたいけど、思い通りに動いてくれないのでしょうか?

トピ主さんは、何のためにコミュニケーションをしているのでしょうか?
「きちんと」とか「敬語を意識する」ということにフォーカスして、肝心な、「相手に何を伝えたいのか、どうすれば相手の問題解決になるのか?」という視点を忘れていませんか?

上手に伝えることがゴールではなく、相手の立場に立って、相手が理解して行動変容できることを考えてみてはいかがでしょうか?私もまとまりがないのですが、トピ主さんが円滑なコミュニケーションが取れるようになることを願って、一生懸命書かせていただいています。

この考え方を前提に、周りから聴かれやすい雰囲気をつくるなど、気配りをしてみてはいかがですか?

話し方の書籍などで学習するのも一つの手だと思いますが、言葉に気をつけたところで、意識が変わらなければ相手には見透かされてしまうと、私は思っています。

これを機に、トピ主さんの今後の人生における在り方を考えてみてください!

ユーザーID:2690861310
難しいですね…
横浜っ子じゃん♪
2019年6月13日 2:00

他人と話す時は意見を「言わず」に「聞き」ましょう。
自分の意見が正しいと思い込んで居るから失礼な物言いになるのでは?
意見を言う時のコツとしては「こうでしょう!」とは言わずに「こうですか?これは如何でしょう」と聞く。
話す時にも聞く姿勢を崩さない方が好感が持たれますし、相手も乗り易いです。
話上手は聞き上手。そう言うことだと思います。

ユーザーID:5209278745
ポイントは…。携帯からの書き込み
接客のプロ?
2019年6月13日 2:21

鏡で笑顔の練習。
ゆっくり話す。

相づちを入れ、相手の話しをしっかり聞いて、一旦受け止める姿勢を持つ。
愛嬌は大事デス!

女優になった気分で、相手からの見え方を意識して、イメージ通りに演じるつもりで!(笑)

頑張って下さいネ。

ユーザーID:7226202497
何を話すかによりますが.....
さかな
2019年6月13日 3:20

私の後輩ですが、言葉遣いがいつも上から目線で周り中の反感を買う人がいます。何度も上司から注意されてます。

「ハサミ有りますか?」と聞くと「使って良いですよ」と言います。彼女の許可が必要になる言い方です。ただ「どうぞ」と貸せば良いのに。

書類を出そうとする時に「私が持っていってあげますよ。」と言います。気を利かせる決して悪い人じゃないんですが、この場合も「宜しければ持っていきましょうか?」かなと。「〜してあげる」は禁句レベル、使わない方が良いのに。

文章だとニュアンスが上手く伝わらないかもしれませんが、相手の意思を尊重する言い方が人間関係で大切なんだなぁと思う次第です。
他にも「〜したら良いんじゃないですか?」「それって〜ですよね?」「〜って聞いてますが間違ってますか?」などなど。後輩を反面教師にして色々考えながら言い方に気をつけてるうちに気づいたんですけど

「思いつきですみませんが〜したら良いかもしれないですね」「それってもしかしたら〜でしょうか?」「私の聞き違いかもしれないんですが〜じゃなかったですか?」ってちょっと引いた言葉を足せば相手の受け取る印象が違ってくると思います。

こんな感じのワンクッション、ズバっと切り込まない言い方はどうでしょうか。

ユーザーID:8164862277
他人に注意したり、意見したりしない…。「お願い」する
kitten
2019年6月13日 3:35

ここで、言いたい放題に、真っ向から人に意見したり、注意したりしている私が言うのも、おかしいですが、
人に意見したり、注意したりすること自体が、1000%かっきりくっきり「上から目線だ」と思うんですよね

こっちが上から目線な行動をするのに、言い方だけ丁寧にしたって、注意される方の受け取り方が変わるわけないと思いません?



だから、私は、普段の生活では、人に意見したり注意したりしません。
(我が子やその友達には、注意も意見もしますが、当然、上から目線です)



何か、自分が他人にしてほしいことや、変わってほしいことがある場合(例えば、相手が100%間違っている場合であっても)
「申し訳ないけど、お願いできる?」と言う言い方でお願いします。

これは夫でも、部下でも、取引先でも、目上の人でも、変わりません。

「お願い」ですから、当然、優しく言うし、下手に出ますし
聞いてもらえたら、喜びます。もちろん、お礼もします。

お願いだから、ダメって言われることもあるけど、こっちがあきらめれば良いだけだし
もし聞いてもらえたら、こっちは喜んでお礼するので、
どちらでも、相手とはいい関係でいられます

そういうことがあると、相手からの要求やお願いも、もちろん聞くし
相手にも、またお願いしやすいです



蛇足ですが、
ここは、歯に衣をきせない意見を聞きたい人がトピを建てる場だと思っているので、失礼でも「上から目線で」本音を書くことにしています

ユーザーID:5761927551
そこまで考えてはいないけど
ココア
2019年6月13日 4:17

うーん、特に毎回意識づけているという自覚まではないですけど、発言する時は相手が不快にならない表現をするのは大前提にありますよね。

なので、ひと呼吸おくなら、これから言おうとすることをもし他人が自分に言ってきた場合、どういうふうに言われたら自分は快適だろう?とかって考えて言い方を選んでみたら。

よく周囲を観察してみて下さい。
「ああ、あの人、話し方が上手いなあ、ああいう言い方っていいなあ」というのがきっとあると思う。そしたらそれを真似することから始めるんでいいのでは。

ユーザーID:7606081071
筆写でインプット
リタ
2019年6月13日 8:43

婉曲表現を脳に焼き付け、習性となるまでその思考パターンを刷り込むしかないと思います。
頭と心で、努力しようと思っているだけでは、空回りして身に付かないと思います。
女性用の手紙の書き方の本の例文を毎日1文でもいいから手で筆写するのが良いと思います。身体と使う、つまり手を動かすと脳にダイレクトにインプットできます。

ただし、ネット掲示板の文章は不適です。みんな普段口にだせない内容をストレートに書きますから。

書き言葉と日常の話し言葉に違いはあるけど、根底にある言葉の技術や思考順序は同じです。
あと、断定的な言い方の人は「〜とは思いますが、(私の意見は間違っているかも知れないし、貴方の方がよく御存知かも知れないが、一応言ってみます」」というニュアンスを匂わす言い方を知らないと思います。

ユーザーID:3760220965
感情的になる
匿名
2019年6月13日 9:00

感情的になるということは、自分の正しさを主張したい、相手に認めさせたいという考えに捉われている状態ですから、高圧的=上から目線になってしまうものなんではないでしょうか。更に敬語を使うと表現が硬くなる。

冷静になって相手を自分の思い通りにしようとするのではなく、自分の主張を整然とまとめて相手に伝えることに主眼を置いてみるというのはいかがでしょう。

感情がぶつかり合うと冷静になるのもなかなか難しいですけどね。
私は悪くないという気持ちを一旦脇に置いて、俯瞰して状況把握出来るよう努めましょう。

ユーザーID:3096156666
感情的になってはいけない
2019年6月13日 9:25

感情的になると、どんな話し方をしようと相手はカチンときます。
殆どの人は感情的にならないように我慢します。

リカちゃん人形は子供が緊張しないように、
片方の視線を少しそらせています。
トピ主さんは相手の目をしっかり見るのではなく、
相手の瞳より1センチそらせたところに視線を持っていくと良いのではありませんか?

一呼吸置く時実際に息を深く吸うと、威圧感があります。
一呼吸は心の中だけでしてみてください。

そして、真面目、硬い人が好きな人も多いですよ。

ユーザーID:8965722374
偉いね
絹子
2019年6月13日 9:43

かなり意識の高い方なんですね。
アナウンサーみたいなイメージを感じました。

でも最近では,隣のお姉さん的な、庶民的な人が人気ですよね。
やっぱり,同い年になった気分とか、同じ同じって,共感から入るのがいいような気がします。
誰でも,どこか似たとこを探して,気持ちが分かるような感じで。

ユーザーID:0779343377
上から目線でアドバイス
esezou
2019年6月13日 9:54

この掲示板で意見交換して皆さんに叩かれて見るといい。

では早速、

>上からものを言うと捉えられてしまいます。

捉えられてしまいますって上から目線だよね。

私は悪くないのにあなたの捉え方がぷんぷんという匂いがする。

上からものを言うと捉えられることが多いと感じますとか謙虚にね。

ご参考まで。

ユーザーID:9206000626
前は私もそうだった
けちん
2019年6月13日 11:00

30代女性です。
私も前は感情的になったら早口で声が大きくなっていました。
言い方が本当に怖いと言われていましたね。言われる方が悪いとさえ思っていました。
今は誰からも穏やかだね〜、控えめだね〜と言われます。
自分でも感情的に発言することがなくなったので、穏やかになったんだろうな〜と思っています。

私が変わったきっかけは、とっても穏やかで笑顔がかわいいスタッフと一緒に働く期間があったからです。
それも時期を変えて3人と出会えました。
私はどちらかというとクールでバリバリ即決断、部下から相談があっても「で?要件は何?」と返すようなタイプでしたが、この3人のおかげで感情的にならずに穏やかに過ごすことがこんなにも他人に伝染するのかと学ぶことができました。
最初は3人それぞれを真似しました。そこから派生して自分なりのコミュニケーションの取り方を積み重ねていき今に至りました。
今では家族にでも感情的にはなりません。感傷的になって涙を流すことはあります。
タイミングがよかったのか、子供達も全く感情的じゃなくなりました。多感な時期ですが子供たちはとても素直で冷静です。

誰かそういう素敵な方を見つけて真似てみるのもひとつの手かもしれませんよ。

ユーザーID:2819845428
後輩の同僚も
nyanya
2019年6月13日 11:17

普通にしゃべっているつもりらしいですが、よく電話をガチャ切りされてます。

やはり「偉そう」「上から目線」「怖い」と思われてるようです。

主様のように自覚は有るらしいのですが、普段の会話でもふてぶてしい感じは否めません。

私は口角を上げて(口元だけ笑顔を作る)話すようにしています。
ちょっと柔らかい話し方になりますよ。

ユーザーID:1107653733
習慣は第二の天性という言葉もあります
笑顔は基本
2019年6月13日 11:50

トピ主さんの「上から物を言う」も習慣の結果だと思います。
それは幼少期からの習慣だから無意識でしょう。
きっと当時はそれが主さんにとっての最善だったのだと
思いますよ。

大人になると、これはもう意識しないと自分を変えるのは無理。
意識しても難しいです。でも意識しなけりゃ完全に無理だけど
意識して努力すれば十分可能性はあるでしょう。

たとえば私は甘いものが大好きです。でも一方にはもう2、3キロ
痩せたいなという気持ちもある。でもおいしそうなスイーツを見ると
痩せたい気持ちをちょっとどけてしまいます。その時の自分への
言い訳が「次からがんばろう」です。はい、これではいつまでたっても
痩せませんね。

そういう意味で、意識進化さんのおっしゃる通りだと思います。
本気でそうなりたいならもう「私はそうなる!」と決めることだと
思います。私もダイエット以外ではそうしてできるようになった
ことがあります。

決めたら次はあけぼの橋さんのご意見を取り入れることを私なら
お勧めしたいです。その道のプロに習う、これほどの近道は
ないと思います。

お手本を見つけることと、どうしたらそのようになれるかを学ぶことは
別のことだと思いますので。

たとえば素晴らしい演奏を聴いたとします。
自分もあの楽器であのように弾けるようになりたい!
そうしたらどうするか? 初心者ならプロのレッスンを受けることが
最善ですね。お手本の演奏を何度聴いても実際にやり方を習わなければ
自分もできるようにはなりません。ほんのひと握りの天才なら聴いた
だけでできるかもしれませんが普通はできませんよね。

自分はどれだけ本気か? そのためにどこまでやれるか?
まずはそこをもう一度ご自分に問いかけてみてはどうでしょうか。
私の経験では、何かをできるようになりたいと思ったらまずは
目標を明確にすることが効果的でした。

ユーザーID:1231426015
 


現在位置は
です