英語の喋り方のコツ

レス55
(トピ主7
お気に入り71

趣味・教育・教養

さんさん

英語を勉強し始めてずいぶん経ちます。最近やっと聞き取りができるようになりスピーキングもなんとか通じるようになってきました。長年勉強しているのにこんな程度?と思うレベルですが…(泣)。(とりあえず海外旅行では困らない程度)

ネイティブの先生についているのですが、先日初めて授業を録音してみました。びっくりです。こんな下手くそだったなんて。思っていた以上の下手ぶりにものすごいショックを受けています。

もともと日本語が早口なんですが、英語でも常に焦っているようなつっかえているような、ひとつひとつの単語が跳ねまくっていて、ちゃんとした文章をしゃべっていたとしても何言っているのかわからないくらいでした。

先生は今までホント苦労していたんだろうな…。

それに自分では気が付かなかったのですが、常に笑ってます。笑いながら喋っているんです。照れ隠しなんでしょうか…。無自覚で恥ずかしくなりました。

私の日本語自体が早口で跳ねるようにしゃべるクセがあるので難しいかもしれませんが、英語を普通に流れるようにしゃべるコツを教えていただけないでしょうか。(ちなみに日本語は東京生まれの標準語です)

スピーキング力がないので、その場その場での思いつきでやっとしゃべっているというのも原因であると自覚しています。

ただ日本語には必ず母音があるので、私もきちんと話さなければならない場面では単語ひとつひとつをしっかり発音してきれい話せます。ですが英語は子音終わりや次の単語につながるようになるので、そこに私の跳ねるクセがでてしまうのです。

録音には先生の声も入っているのですが、子音終わりでもしっかり単語を発音している感じです。ちゃんと子音の発音スペースを保つってことでしょうか。

英語小町の皆様、こんなダメダメな私にアドバイスをいただけないでしょうか。お願いいたします。

ユーザーID:8600796154

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数55

レスする
  • 歌はどうでしょう

    次の音に繋げなきゃいけないと思ってませんか。繋げるのをやめたらどうでしょう。演説など万人にわかりやすく発音しようとしている場合には、ネイティヴスピーカーでも次の語への音繋がりは減るみたいです。あれは必須なわけじゃなくて、緊張感なく無意識で話すと繋がっちゃうということなんでしょう。

    トピ主さんは日本語でも音飛びしているようですから、同じ癖が英語でも出るのでしょう。でも無意識に笑いながら話しているのなら、きっと緊張のあまり笑っているのだろうし、音が跳ねるのもネイティヴと同じ音繋がりなのではなく、早くしゃべってしまおうと焦って音飛びしているのではないでしょうか。

    英語の歌で練習してみるのはいかがですか。私は歌を習っていてドイツ語の歌もあるのですが、英語以上に子音をちゃんと発音しなくてはいけないらしいです。語尾に子音だけで3つくらい続くのに16分音符しか割り当てられてなかったりしますが、そこへ何とか3つの子音を押し込めるように努力しています。歌なら長さを自分の勝手で変えられないから、短い時間の中でも子音を発音する練習になるかもしれません。

    ユーザーID:0328370591

  • 真似のアウトプット

    会話はリズムです。音楽のように。
    日本語のリズムで英語を話していたり「子音終わりや次の単語につながるようになるので、そこに私の跳ねるクセがでてしまうのです」とかその辺にこだわりすぎるから「なんだかなあ」って感じになっちゃうのかも。
    それでも間違えずにしゃべり相手に意味が伝わるなら構わないわけですあなたはそれじゃ嫌なんだよね?

    日本語に日本語のリズムがあるように英語にも英語のリズムがあります。
    先生のしゃべりを細かいことは考えず音でとにかく真似してみたら。文字を追ったり子音のつながりとか気にせず彼らのしゃべりを耳で音楽を聴くように聞き、インプットしたらそのままアウトプットする。それを繰り返す。

    真似のアウトプットの反芻。それでいつか壁は乗り越えられる日がくると思う。
    語学ですから慣れです。赤ちゃんが言葉を覚えていくのと同じ道。

    でもね、語学はある程度得手不得手ってものもあったりする。
    日常的に大変難しい英語を使って仕事をしている人でも日本語のしゃべり方でしか英語を話せない人もいる(それでも十分仕事にはなる)。
    一方で文法も単語も大してわからないのにすごく流ちょうに聞こえる喋り方のできる人もいる。

    多分これは向き不向きみたいなもので、歌が得意不得意、足が速い遅い、手先が器用不器用の差みたいなものかも。
    なので仮にうまくできなくてもある程度は割り切って。頑張って下さい。

    ユーザーID:2786993115

  • 音読で

    大したレベルでもないのに、おこがましいですけど、英文を音読する時も同じような感じですか。
    音読を録音して直していく事を繰り返していってはどうでしょう。

    日本語でも英語でも絶える事なく話し続けられるのでしたら、頭の回転が速い方なのでしょうね。素晴らしいですね。

    ユーザーID:3811952873

  • まずは、一言ずつ、ゆっくり話す

    発音が良くない場合、文法にも自信がない場合、相手は主さんが言ってる単語から、主さんが言いたい事を察することになります

    でも、主さんが早口になったら、
    聴いてる相手は主さんがなんと言っているのか?を考えて意味を取る時間がありません

    結果的に通じないことになってしまいます。


    文法や発音に自信ができるまでは、ひたすらゆっくり一語ずつ話して
    相手に、主さんが何を伝えようとしているのか?
    考えてもらう時間をあげる方が良いと思います



    かっこよくテンポよく喋るのは、その次の段階の目標として
    しばらくは置いておいたら?

    ユーザーID:3628862138

  • カタカナ発音でもいいので、はっきりと

    長年、海外駐在員として仕事をしてます(現在も海外駐在中)。

    主に英語で仕事をしてます。私の発音自体はそれほどカタカナでもないのですが、変にネイティブ風な発音を目指より、まずは、カタカナ発音でもいいので、一語一語をハッキリ確実に発話する、ことを目指すのがいいと思います。

    なお、外国語の会話力は、母語での会話力を目指して上達します。従って、日本語でうまく話せない場合、外国語でもうまく話せません。

    日本語会話力の向上も必要ではないでしょうか。

    親バカながら、私の駐在に連れてきた我が息子は、驚くべき速さで英語を身につけました(彼の初海外は、小学校5年生だった)。元々、コドモのくせに妙にしっかりした話し方をするヤツだったのですが、当時通っていたインターナショナルスクールの先生が、息子の英語の上達度合いをみて、「これは元々の日本語力の高さの効果である」と言っていました。なんでも、「外国語の習得度合いは、母語の確立度合いに比例する」とかなんとかいう理論があるそうです。

    ユーザーID:7535604555

  • クセを直すことから

    ゆっくり目にしゃべるように意識することからはじめてみてはいかがでしょう?
    もうトピ文の中でご自身で書いてることですけどね。
    発音についてはとりあえず先延ばしにして、まずはゆっくり丁寧に相手に伝えることを考えた方がいいかと。
    日本語の時もゆっくり喋った方がお得ですよ。
    忙しない人って評価よりも、落ち着きのある人って思われた方がいいですからね。
    英語云々よりも、まずは普段から気をつけてクセを直してみてください。

    ユーザーID:1572210491

  • 皆さんと違う意見になっちゃうかな

    一語一語をはっきりと、というレスが多いようですが、私は反対のことを思いました。

    まず「跳ねる」というのがよくわからないのですが、そこは置いておいて、英語を話す時、名詞や形容詞などの大事な言葉ははっきり話していいのですが、前置詞とか冠詞なんかは適当にモゴモゴ言って大丈夫です。
    そして、はっきりと、というのは高い音でゆっくりと、ということです。

    アクセントというより、リズムです。

    リズムをつけて話すと、相手もわかりやすいです。

    ユーザーID:2085677644

  • トピ主です

    レスをくださった方々、ありがとうございます。どれもとても参考になります。

    私は良くも悪くも頭の中で考えていることがすごく早く、実際に言葉を発する時点で頭は次のこと考えており、しゃべっている最中にその次のことを言いたくなってしまうのです。そのため、一言ずつゆっくり話すということがすごく苦手です。

    日本語だとネイティブですのでなんとかなりますが、英語だとスピーキング力がないくせに次のことを考えてしまうことで、何が言いたかったのか話の途中で自分自身わからなくなってしまいます。

    これはもうひたすら真似のアウトプットを行うしかないのでしょうね。音読もおそらく同じだと思います。歌は確かにいいかもしれません。この勉強法は目からウロコでした。

    まずは一言ずつゆっくり話す…。皆様には簡単な方法なのかもしれませんが、私にはこれが一番の難しい課題かもしれません。頭の中で考える事自体のスピードをゆっくりする練習ってあるんでしょうか…?

    ユーザーID:8600796154

  • お手本を真似る方がいいです

    英語で文章を話す際の発音が自己流ではないかと推察します。

    英語にも「標準語」に近い発音がありますから、それをお手本にしてシャドウイングの練習をすることをお勧めします。参考になるのは、ニュース原稿を読むキャスターの英語です。アメリカならCNN、イギリスならBBCのものの音源が手に入りやすいと思います。

    私は中学時代は教科書とセットになっていたカセットテープ(大昔の話なので)を、TOEICの問題集とセットになっているカセットテープを愛用していました。どちらもかなり聴き込んだので、聞き取りはもちろん、実際の発音や話し方もとても上達しました。

    ユーザーID:5371833125

  • 繋げる

    いろんな意見がありますが、
    自分なりのテンポをつかみ、ゆっくりでも一言一言切らないでつなげるように話すといいと思います。
    英語は一語一語きってしまうと違和感があります。そして強調したい部分ははっきりと強めに言う。
    日本語の跳ねるようにしゃべるクセというのは良くわかりませんが、どのくらいのテンポで話すか、日本語も英語も考えてみたらいいのではないでしょうか。

    ユーザーID:0439786849

  • sesame street

    大昔に英語版のセサミストリートを毎日見て一緒に歌ったり
    していました。

    英語を話すの上達させたければまず、急がば回れで幼児レベル
    テレビ番組、ファミリードラマ、コメディー等の動画の英語字幕
    を見てセリフ読みをするのをお勧めします。


    英語圏の子供達が学ぶ英語を幼稚園ぐらいからやるのは大事で
    基礎の英語がそこにはあるからです。

    私は日本語を話す時も英語を話す時も意識して言葉を考えて
    話していません。瞬間的にでるものです。

    例えば日本人が「てにをは」を話すときいちいち考えたり、
    強調して話さないのと同じです。

    英語の場合はかなり日本語と違いハッキリした感情的な
    気分を表現出来る言語なので相手の言葉を聞いてその日
    の気分で会話をしています。

    ネイティブの先生に教えて貰ってるならば一番いいのは、
    話したい状況に応じての英会話を学ぶことでしょう。

    初めは自分が知ってる英語で自分が言いたいことを書いて
    スピーチする。

    その後に言い換えや通常使う日常英会話のスピーチを学ぶ
    のがいいと思います。

    ユーザーID:5304405644

  • 落ち着くしかないかも

    ハインラインのSF小説だったと思うのですが、頭の回転が速すぎて考える事と話すことのスピードが合わないために高速言語というものを使うという話があるんです。つまり誰でも思考は話すよりもスピードが速いのですが、その乖離が大きいと話すスピードがゆっくりすぎて辛くなるということなのです。

    トピ主さんも話すスピードがまどろっこしくて耐えられないのだと思います。でも現実には速記のように高速で話せる言語なんてないので、頭の中で組み立てた話を溜めておいて、端からゆっくり説明していくことに慣れるしかないと思います。そもそも思考と同じスピードで話せる人間なんていないのですから。

    また、歌を習ってわかったことに一つに、こんな短い時間に全部発音できない!と感じる場合でも実際に練習してみると案外ちゃんと発音する時間はある、ということです。日本語でも跳ねる癖があるのなら、まずは日本語の音読から始めて一瞬で発音できる音の多さを実感してみるのも役立つかもしれません。

    ユーザーID:0328370591

  • 先生は注意なさいますか? 

    まさに、あなたさまが下記の如くショックを受けている箇所に関してですが… (良識ある先生であるとの前提でのことですが)

    > ネイティブの先生についているのですが、先日初めて授業を録音してみました。びっくりです。こんな下手くそだったなんて。思っていた以上の下手ぶりにものすごいショックを受けています。

    だれでも録音した自分の声を聴いて、素晴らしいなと思う人はいないと思うのです。世界屈指の歌手でも自分の録音に100%満足して音源をリリースしてる訳ではないことを見聞きします。

    録音して語学を学ぶことは、凄く効果的ですが、先生から見逃してくれてる部分に固守しすぎるのは学習効果が減るように思います。

    小生は英語を喋れないし勉強も得意でなく、家族の都合で仏語会話をカタコト程度ですが、学びましたので英語に関して偉そうなことは言えないので、まちがってたらすみません。

    その上での、話ですが、会話レッスンの教材があれば、その音源を耳にタコができるぐらい聴き込むことも大事だし、イントネーションとアクセントは日本語を喋るときよりも気にとめる必要があると思う。さらに日本人に苦手と言われてるのが音節。フランスの哲学者? 劇作家? のサルトルの名前の発音は日本語読みすると4音節になるがフランス語では一音節。誰かのご指摘にもあったように歌曲で16分音符に沢山子音をはめなければならないこともある。で、音教材がない場合陥りやすいのがゆっくり発音しようとするとき、速くなら Sartre を一音節で発音できるのに、だんだんゆっくりにすると2音節になり、4音節にもなってしまう。ゆっくりでも一音節でないといけないと小生の先生は仰ってた。

    逆に私たちは日本語をネイティヴに喋るとき、全ての母音を律儀に発音してるかどうかも疑問であると高校の英語の教師が仰ってたのを思い出す。

    なので、小生ならあまり突き詰めない。

    ユーザーID:4858932205

  • 英語云々ではなく、

    まず、日本語含め「間」を持って喋る練習した方がいいと思います。言語関係なく、喋り方に問題があるのだと思います。一時期人が喋る速さを観察していた時期があります(今もですが)。日本語にしても、英語にしても分かりやすく喋る人は(私は在米です)、早口でなく間がしっかりとあります。そういう喋り方の人の話すことは、結構皆さんしっかりと聞いているんです。

    逆に主さんのように捲し立てる喋り方の人は、皆さん聞いているようで、圧倒しているだけであまり頭に入ってない事が多いです。また、それで流暢に捲し立てているのならいいですが、つっかえひっかえでの早口は、言葉に重みがなくなり、理解してもらえてない事が大半です。
    別にコンペティションではないのだから、捲し立てる必要はないんです。意識してワザと「間」を作って喋る練習した方がいいと思います。いつもより1テンポ遅く喋るようにすると上手くいくのでは?と思います。頭の中で一呼吸置きながら考える練習しましょう。

    ユーザーID:4416048857

  • 在米20年越えさんに賛成

    私も英語はリズムだと思います。
    昔々、ラジオの英語会話のテキストにもリズムのコーナーがありました。
    学生時代はなんでこんなことが必要なのか、よく解っていませんでした。
    実際、仕事で英語を使うようになって気付きました。
    日本語はどちらかというと平板に話す傾向がありますが、
    英語はリズミックに話す言語です。
    歌うのも練習になると思いますよ。

    ユーザーID:3979311912

  • 言葉を発するのが目的化していませんか?

    私は自分も英語のしゃべり方のコツを知りたい!!と思いこのレスを開いたので、そちらのアドバイスはできないです。
    (街中で道を聞かれても殆ど聞き取れず、回答できず、ジェスチャーで何とかなるレベルで、
     主様よりも英語の知識、聞き取り、会話のどれを取ってもかなり低いと思いますので。)

    ただ、最早、英語の学習方法の問題ではないかなと思いレスをします。

    主様に欠けているのは、考えをまとめて話すことと相手に理解してもらおうとする気持ちではないでしょうか。

    普通は、相手との関係、相手の知識量、相手の立場、相手が何を考えているかなどの多くの情報を頭の中で整理して、
    自分の話したい内容を相手に伝わるように、論理的な整理をして、会話をします。

    主様は考えるスピードが速いのではなく、一度思いついた事を頭の中で整理し、相手の事を考えて話をするという
    段階をすっ飛ばして、言葉を発してしますのでしょう。

    そして、整理されていない思い付きの言葉だから相手に伝わらず、
    相手が誤認識しているかもという焦りから、相手の言葉を打ち消す様に被せる様に更に次の言葉を発する。


    もう一つは、普通の会話は相手に自分の言葉を理解してもらい、相手の反応や回答があるものです。
    主様の場合は、自分の話したいことを一方的に発しているだけなので、自分が発している途中で、次に自分が発したい言葉が先に出てくる。

    考えるスピードを遅くするのではなく、
    言葉を発する前に一度、内容を精査、整理するという段階を設けては如何でしょうか。

    ユーザーID:4799776150

  • 短いテープを数百回聞いたら、ある程度真似できました

    私は英語をまともに話せませんが、英文を見てリズムを付けて読むことなら、ある程度できます。

    それは、5分程度の短い(会話でない)語りの英語テープを何百回も(ひょっとしたら同じ5分を千回以上)聞いて覚えたからだと思います。

    最初は英文も日本語訳も見て。文章をほぼ暗記したら、英語の語りだけを聞きました。

    すると、自分の英文読み上げも勝手にリズムがついて、英語らしい発音になってきました。(発音記号が正確に発音できるのではなく、文章としてのリズムがそれらしくなりました)

    アニメなどの英語もある程度は聞き取れます。(語彙不足なので、意味は分かりませんが)洋画で俳優がペラペラしゃべるのは、まだまだ単語や文節が聞き取れず、音の塊として聞こえます。

    英文読み上げは単語で区切らず、ある程度続けて発音するような感じなので、単語毎に区切って発音すると不自然です。文章のどこで区切るのかは、プロの読み方を何百回も聞いて覚えると自然にでき、他の文章でも応用できます。

    海外旅行先で、こちらがほぼ単語で会話した欧米人も、会話の返事タイミングなどの勘ができていると、少し褒めてくれました。

    なお、英語で話すぞ!。という時は、あらかじめ伝えたい短文を考えてから、その文を読むように発音しています。

    会話が始まってしまうと、私からは単語だけの受け答えになります。

    >英語は子音終わりや次の単語につながるようになる
    そういった部分もなぜか英語らしく読み上げできていると思います。

    いくらネイティブの先生でも、アナウンサーや声優のような発声の訓練はしてないでしょう。

    だから先生と話すのは、英会話で意志疎通ができるように練習すれば良いのです。

    英文の読み上げリズムについてはアナウンサーのような読み上げのプロがゆっくりしゃべった数分程度の短い文章を飽きるほど聞き込んで真似るのが良いと思います。

    ユーザーID:9656740473

  • 要約

    トピ主さんは、日本語で喋っている時に録音してみたことはありますか?

    >何が言いたかったのか話の途中で自分自身わからなくなってしまいます。
    日本語だと、わからなくなって話が飛んでも、「何か」は喋り続けられるために会話している気になるだけで、日本語でも常にせわしなく、内容もとっ散らかって聞き手に負担のかかる話をしている可能性が大きいです。
    仕事や交渉事などで、自分としては時間をかけて一生懸命喋って説明したつもりでも伝わっていなかった。部下にキョトンとされた。そんな経験はないですか?

    >頭の中で考えていることがすごく早く
    喋っている最中に、次に喋りたい内容があれこれと頭をよぎるのは、皆同じです。
    トピ主さんが特段早いわけではありません。

    トピ主さんは思いついた端から口にしてしまうようですが、多くの人達はその「思いつき」の中から取捨選択をし、考えをまとめてから喋っているんですよ。
    トピ主さんも、喋り出す前に要約することを心がけましょう。

    レッスンでは、即興で喋ろうとするのではなく、予めトピックを決めておいて、トピックに関して言いたい事を筋道立てて紙に書いて、読み上げるだけでスピーチになるような原稿を作ってみてください。

    試しに、前回のお題でやってみてください。
    改めて「キチンとした文法で、筋の通った文章にしよう」としたら相当難しいこと、話の「途中で」分からなくなるのではなく最初から最後まで何が言いたいのかを自分でも理解しないまま喋っていた内容が多いこと、レッスン中「たくさん」発話はしたけれど喋っていた内容自体は薄い上に散漫であったと気付くはずです。

    ユーザーID:4007917700

  • 単純に

    勉強不足だと思います。
    聞き取れているようでちゃんと聞き取れていないのだと思います。
    聞き取れなければ話せません。

    リスニングとシャドーイングの勉強が足りないのでしょう。
    笑ってしまうのも自信のなさの表れではないですか?

    日本語がどうのとか、標準語とかはあま考えずに
    変なクセも自覚しているようなら、先生に徹底的に直してもらうしかないと思います。
    聞き取りがしっかりできるようになると、スピーキングも上達すると思います。
    後は私もリズムは大事だと思います。

    ユーザーID:3737554493

  • 2度目ですが 面白い例を一つ 

    小生の知り合いで通訳(営業内容が主)を仕事にしている方がいた。
    数カ国語の会話ができるが、スペイン語通訳も母国語である日本語で喋るとき解りやすく喋れない。かたやスペイン人にはとても良くわかる。英語でも同様。それらを理由に仕事が入ってこなくなったのだが、スペイン語対英語の通訳としてのお試し仕事で、意外と重宝がらるほどの腕前を発揮できたという。

    この事実には考えさせられるものがありましたね。

    考える主は当然各々自分なのであるが(人によっては自分の脳が考えてると思う人も最近増えましたね)一方、言語に規定された、或る機能により考えているといえるのかと考えさせられました。

    巷では日本語は曖昧で理論的でないといわれてるようですが、日本語だけのせいではないと思います。曖昧で理論的でないというのは、言語の間で程度の差はあれど、自分の身体の一部にもなってる母国語使うときの特有のありようだと思います。会話は言葉が先に出て思考が誘発され、またもや言葉を発して何とはなくなくわかった気分になる。これは日常会話の普段ではないでしょうか? 極論ですが日常会話や感想文は母国語で。論理を必要とされる(言葉を発するに先立ち思考しておくことを要する)場面では外国語が適す、ということになるのでしょうか? こう考えると、だれもが日常会話に使われない死語とされてるラテン語を世界の共通言語にするというのも妥当と思われる。

    だれかのご指摘にあったようなあらかじめ会話の展開をデザインしておかなければならないような議論会話を習ってるのか、挨拶よりは複雑なお喋りなのか…
    お喋り会話なら先生から注意されてもいないことに、自分の会話の録音をきいただけで自己猛反省するより、そのテープを先生と一緒に聴いてもらってあなたさまが気になる点を指摘して頂ければいいと思う。

    会話は、滅裂でさえなければよくて、非論理的が普通だと思う。

    ユーザーID:4858932205

  • 私の同僚

    輸出業務についています。
    ほとんど話す機会はありませんが、航空券だけで一人旅できる程度のレベルです。 私の同僚に、有名国立大卒がいます。 彼はペラペラなのですが、正直、彼が話しはじめると、抑揚がないため、聞くにたえません。日本人の私でさえ、そうなので、欧米人なんて、ほとんど聞いていません。失礼になってはいけないため、皆、聞くふりをしますが、その後に繰り返される質問等から、聞いていなかった、もしくは、理解できなかったんだろうな、と感じます。 
    というわけで、抑揚を大げさにつける、のはいかがでしょうか? 私は、ペラペラではありませんが、重要単語を大声で、長く伸ばして発音します。 わざとらしいけど、わざとやっています。これだけで、結構、きちんと通じますし、聞くふりをされた、と感じたことは、一度もありません。

    ユーザーID:6928265915

  • 短い文章から

    自分も勉強中なので、偉そうなことは言えませんがお役に立てましたら嬉しいです。
    私も英米在25年さんに同意で、いったん自分の勉強法を見直し、恥を忍んでpre-Kから始めました。
    そう、幼稚園入園前からです。
    テキストはまさかの塗り絵でした。(やりましたよ!笑)
    しかし、面白いことにこれが一番効果あり。
    いま小1年生まで進みましたが、なぜeを長い音で発音するのか、iを短い音で言うのか、口にしみついてきました。
    それは単語の構成に秘密あり。不思議ですよね〜。
    アルファベットも最初から、お手本の音と同じく言えるまで繰り返しました。自分の脳が知らない音は絶対に喋れません。
    たしかに早く喋ったり、難しい単語や文章を言ったりする方が「英語喋ってる!」って感じなんですけど、やっぱり基礎って大事だと思いました。
    いままでgonnaは言うけど発音も抑揚も全然駄目だと逆に恥ずかしくなってきました。
    いまではもっと英語が楽しくて仕方ないです。
    これが学生時代だったらな〜とちょっと後悔もしてますが。
    あと、跳ねまくっている、とありますが、半クエスチョンのことでしょうか?
    それはおそらく日本語でも半クエスチョンで喋っているからかな?と思いました。
    「ここにある?お店のコーヒー?すごく美味しかった!」
    私は半クエスチョンが大嫌いで、日本語でも絶対にそうしません。
    だとしたら日本語の癖から直してみてはどうでしょうか?
    お互いに頑張りましょうね!

    ユーザーID:5349001493

  • トピ主です

    皆様、引き続きのアドバイスありがとうございます。トピを立てたときはあまりの下手くそさに驚いてしまいパニック状態でしたが、皆様のアドバイスを何度も読むことで少しずつ光が見えてきたようです。

    先日レッスンがあったのですが、今までは英語を話すことだけに一生懸命で、自分が舞い上がっていると気付いていなかったことがわかりました。たったこれだけですが、気付いたことで話している自分自身を客観的に見ることができ、なんとなくこれがゆっくり話すというコツかもと思えた次第です。

    今はフリートークの他、発音重視のレッスンをしてもらっていて、発音ができるようになるとリスニングもできるようになってきたかなという段階です。

    今後自主練習では、発音に気をつけながらニュースなどの音源をひたすら真似ることをしてみようと思います。ニュースはダウンロードできるものがあるのでいくつか候補があるのですが、歌を歌うとしたら何がおすすめですか?

    実は最近、幼稚園レベルから始めていれば今頃高校生ぐらいになっていたかもと考えたことがありました。今からでも遅くないですね。アメリカの小学生の教科書も探してみようと思います。

    半クエスチョン…。日本語が跳ねるのは単純に早く喋るからだと思いますが、英語が跳ねる原因は自信のなさから一つ一つ半クエスチョンで喋っていたからかもしれません。日本語からゆっくり話す練習をするのも必要ですね。

    私の日本語が早いのは、聞き手はもう意識が先に行っていると思うあせりからだと思います。私は相手の話の出だしで内容と結論までを予想してしまうクセがあるので、昔はつい話の腰を折ってしまいがちでした。今はそれがどんなに失礼なことか自覚できるようになったので、話が終わるのじっと待つようにしています。そうすると自分の話したかったことを忘れることもあるのですが、余計なことを言わずにすんでいるかもしれません。

    ユーザーID:8600796154

  • トピ主です

    すみません、トピからずれてしまうのですが、リスニングの質問もしてよろしいでしょうか?

    先生と映画を見ながらリスニングのレッスンをすることもあるのですが、まったく無音としか思えない音があります。何回か聞けば聞こえる音もありますが、聞こえない音は何度聞いても聞こえません。音がそこにあることさえ認識できません。でも先生には当たり前ですが聞こえています。

    「It's」などは実際に「's」しか言わないこともあるようで、それはそれでそのしゃべり方を覚えるしかないようなのですが。

    これはひたすら聞き続けることで聞こえてくるのでしょうか。皆様は聞こえるようになりましたか?脳が排除してしまった音を復活させることが本当にできるのか不安です。

    ユーザーID:8600796154

  • ヘッドホン

    リスニングは難しいですよね。ただ本当に発音しているかどうかは、ヘッドホンでお聞きになるとよくわかると思います。
    聞こえていないだけの場合は、ヘッドホンで何度もしっかり聞くと聞こえてくると思いますよ。

    語尾の子音もヘッドホンだと聞き取りやすいと思います。

    聞き取れるようになると、歌など一つの音符だけで文章を載せて発音しているものも、自分の口でも歌えるようになるので、舌が回るようになるものだと思いますよ。

    ユーザーID:3811952873

  • 読売中高生新聞がお勧め

    たびたび書いてごめんなさい。
    読売中高生新聞というのをご存知でしょうか?
    タイトルどおり、中高生向けに時事などを分かりやすく書いている新聞で、そのほかに学生向けの英語ページがあります。
    そのなかの「ティーンのぶっちゃけ英会話」というコーナーがあり、紙面と連動してイーオンの英会話講師が動画で解説してくれます。
    読売新聞の公式HPにも動画があるのですが、私のお勧めはYouTube版です(もちろん配信は読売新聞社)

    YouTubeは設定の切り替えで字幕がでるので、外国人講師が喋っている言葉をテキストに起こしてくれます。
    講師は全て英語で喋っているので日本語の字幕が本来の動画です。
    しかし、予想外の事も話しているので、言い回しなどが本当に役に立ちます。
    聞き取れない時は字幕設定をオンにして、見られるのが嬉しいです。

    最初は動画だけ見ていたんですが、紙面の解説も読みたくなり、大人ですが購読しています。
    正直なところ読みたいのは英語の部分だけなんですが、週1発行なので料金面は気になりません。

    「・・・英会話」は易しめですが、学生向けなのでその他も簡単な英語・・・ではないです。
    高校3年生も読む新聞なので「えぇぇ」と思う記事もあります。
    動画は無料なので、よかったら試してみてくださいね!

    ユーザーID:5349001493

  • まず、日本語での癖を見直す事をお勧めします。

    >日本語自体が早口で跳ねるようにしゃべるクセがある
    >言葉を発する時点で頭は次のこと考えており、しゃべっている最中にその次のことを言いたくなってしまう
    >一言ずつゆっくり話すということがすごく苦手
    >何が言いたかったのか話の途中で自分自身わからなくなってしまいます

    トピ本文・主様レスを読み、主様は相手に分かり易く順序立てて説明する事も苦手なのかな?と感じます。推敲可能な書き言葉でも、どんな風に書いたら相手が分かり易いだろうかと考えを纏めてから書いたと言うより、自分の言いたい事を頭に浮かんだ順に書いている様な印象です。

    一般的に、日本語は
    起承転結が好まれる傾向有
    大事な事を最後に言うのに、…の様に文末が曖昧である事有
    日本人は行間や空気を読む事に慣れている人が多く、主語等が無くても文脈から脳内補完し意味を分かってくれる事が多い

    一方、英語圏は
    結論を先に言う事が多い
    ある程度のレベル以上の話なら、論理的思考が求められる
    主語抜きでは文章として成立しない
    「忖度」を良しとしない=思考・気持ちは言語化した方が良いと考える人は多い
    等、根本的な考え方から異なる部分があります(勿論、例外もあります)。

    英語で日本語と同じ様に思考が飛躍したり、考えを纏めずに話していたら、流暢に話したつもりでも、日本人相手に日本語で話している時以上に相手は意味が良く分からないと感じる可能性が有ります。
    母語で出来ない事を他言語で行うのは難しいので、日本語の話し方から癖を見直す事をお勧めします。

    >聞こえない音は何度聞いても聞こえません
    専門的な説明の詳細は省きますが…赤ちゃんの脳や構音機能等は、どの言語にも対応できる状態ですが、成長と共に母語に特化した発達をします。日本人がRとLの聞き分け、発音が苦手なのは、日本語にその区別がないからです。当然ですが、母語が英語の方にも苦手な事はあります。

    ユーザーID:4428700432

  • 聞こえない音

    最初のレスに書きましたが、文章の中の大切な部分以外の単語は適当にモゴモゴ言います。
    なので、聞き取れない部分は大切ではないんですよ。
    でも、聞き取れなくても文法がわかっていれば、それがどんな単語なのかわかります。

    例えば、
    I'm going to the post office.
    だったら、はっきり聞こえるのはgoingのgoの部分とpost officeで、まあ最初の音だからIも聞こえるかもしれませんが、聞こえなくても話の流れで誰のことを話しているのかはわかりますよね。
    goingのing部分も、なんとなく聞こえる感じかな。
    でもgoの後に何かついててこの文脈なら、はっきり聞き取れなくてもなんて言ってるのかわかります。

    to とかtheは、別に聞こえなくても問題ありませんから、はっきりとは発音しません。

    もう一度書きますが、話す時には全部をはっきりと発音する必要はない んですよ。

    もしかしたら、トピ主さんに必要なのは文法なのかもしれませんね。
    文章の構成がある程度わかっていれば、単語全部を聞き取ら(れ)なくても、何が言われているかわかりますから。

    単語一語一語を聞きとえるんじゃなくて、文章で捉えて、何が言われているのか把握してみてください。

    なんて、偉そうに言いましたが私もわからないこと、沢山ありますよ。
    20年以上住んでてもこうなんですから、トピ主さん、全然ダメダメじゃないですよ。

    お互い頑張りましょう。

    ユーザーID:2085677644

  • トピ文章自身も相当走ってる感じがしますが 笑 

    どうなんでしょうか? 
    多くを同時に解決せんと、焦ってる感じが伝わってくる。

    > 今後自主練習では、発音に気をつけながらニュースなどの音源をひたすら真似ることをしてみようと思います。

    ひたすらでなくてもいいですよ 笑 
    1週間に3.5時間猛練習するよりも、1日に30分毎日の方が効果的です。

    > これはひたすら聞き続けることで聞こえてくるのでしょうか。

    少しの時間でも毎日の刺激が耳にタコを作ります 笑 小生もよく笑う

    書き言葉でも韻を踏むというように、多くの方々のご指摘の如くアクセント、イントネーションやリズムを味わいながら、発語を楽しむのが、走ってしまうのを防げます。お師匠から注意されればその箇所を是正します。棒読みは味わいが乏しいので、知らず知らずの間にテンポを上げたり、尻上がりワンパタンで代償しようとするからです。時々相手の目や表情を見て話すのもテンポキープには有効です。一息で喋ろうとせず、たっぷり息を取るのも肝要(アクセントの一つ前の音を意識できるようになる、延いてはアクセントを意識することにも)
    自分の語りは、脳が生み出す思考だけが担ってると思われがちですが、自分がふと発した言葉、それに反応する相手、聴衆の表情、頷き、相槌、避難、静けさ、それらすべての呼応が語りを担ってると考えております。会話の稽古にはそれらを感知することも含まれてと思う。まずは英語(外国語)で走る癖を是正するのがいいと思います。
     
    で、

    > 先生と映画を見ながらリスニングのレッスンをすることもあるのですが、まったく無音としか思えない音があります。

    聞こえない音は映画のセリフですか? 子音は母音よりも周波数が高いので、古い録音では録音されてない可能性あります。特に重子音はその傾向あり。その箇所を先生に生の声で再現してもらうのも工夫の一つと思います。語学教材では練習により聴き取れます。

    ユーザーID:4858932205

  • トピ主です

    しばらくぶりにセサミストリート見ました。すごいです。子供向けなのにスピードは普通だしモンスターはハッキリ発音しないしで、私ではちょっと難しいと感じるレベルです。それにしゃべる文のひとつひとつが短く、練習するのにちょうどいいかもしれません。

    歌もあること忘れていました。セサミストリートの歌をCCで見ながら歌ってみたら全然追いつけなくてびっくりです。良い教材であることを思い出させていただき、ありがとうございます。

    また、「ティーンのぶっちゃけ英会話」今アップされている分を全部MP3にしてUSBに入れました。車での移動中に聞いています。ティーン向けとのことでちょっと簡単なのかななんて思っていたら大間違い。音声だけで聞いているとわからないところがあり、こちらも私にはとっても勉強になります。

    英会話の教材音源は、ちょっと声が張った英語が多いのですが、「ぶっちゃけ」はすごく自然な会話になっていてとてもいいです。教えてくださってありがとうございました。

    それからヘッドホンで聞くということ、そのとおりですね。映画をヘッドホンで聞いたことがありませんでした。無音と思えるような「聞こえない音」の場合はヘッドホンで聞いてみることにします。

    皆さん、ご自身の経験談やアドバイスほんとうにありがとうございます。また何か思い出されたアドバイスなどありましたら、何度でもレスしてください。よろしくお願いいたします。

    ユーザーID:8600796154

レス求!トピ一覧