何をやっても怒らない温厚な大型犬を飼っていらっしゃる方に質問

レス7
お気に入り14

モネ

話題

何をやっても怒らない温厚な大型犬を飼っていらっしゃる方にお伺いしたいです。

そのワンちゃんは子犬の頃から噛まない子だったのでしょうか?
もし子犬の頃はよく噛んでいたという子は、いつ頃から噛まなくなってきたのでしょうか?またどうやってしつけたのでしょうか?

最近動画サイトを見ているとびっくりする位温厚な犬がたくさん出てきています。
どうやったらあんなに温厚な子が育つのか、先天性のものなのか興味があります。

ご回答くださるととてもうれしいです。
よろしくお願い致します。

ユーザーID:3133136424

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数7

レスする
  • 生まれ持った性格

    メスのコリー犬でした

    あまがみはする子で、しつけが甘く癖が治りませんでしたが

    何をやっても怒らないのは性格だと思います
    餌を取り上げても怒りません

    とても賢かったです

    その後、何匹か犬を飼いましたが
    全く性格が違うことに驚いたものです

    穏やかな気質は犬種や性別である程度わかりますけど

    親犬を見ると確実かな?
    ブリーダーのところに行くとある程度、わかると思います

    ユーザーID:3247692711

  • 生来の性質

    めちゃくちゃ温厚なラブラドールを飼っていました。

    小さい時から噛んだことなんて一回もないです。吠えたことすら13年の一生の中で数回あったかどうか??です。

    まぁ、小さい時はちょっとしたいたずら(脱走を試みたり、散歩中に拾い食いをしようとしたり)はありましたが、いわゆるラブ特有の破壊行為もありませんでした。完全室内飼いでしたが、破壊どころか傷つけられた家具なんていうものは一切ありません。
    ついでに、7週間で我が家に来ましたが、トイレの粗相も一回もありませんでした。

    もう、生まれついた性質だと思いますよ。もちろん、「しつけ」や「育て方」というものもありますが、よく噛んでいた犬が途中から噛まなくなるって・・・小さい内に止めさておかなければならないですよね。まぁ、うちは初めから噛んだりしたことはありませんけど。
    犬も子供と全く同じだと思います。

    ユーザーID:0734494537

  • 両方だろう

    本当に温厚で怒らない大型犬。これは、犬の先天的な個性と飼い主の躾と、両方の結晶だと思います。
    私の祖父母宅では、私が小さい頃にとても賢く温厚な秋田犬がいました。祖父母や父がいうには、子どもの頃はヤンチャな子犬で、主に大学生だった父が苦労して躾をしたそうです。苦労しましたが、もともと賢いのか飲み込みは早かったたし、無闇にギャンギャン吠える子ではなかったようです。ただ子犬の頃は、遊んでほしくて飛びついたり、じゃれて噛んだり、いたずらしたり、少し気も強くてパワーが溢れていて大変だったようです。
    父も大学生で、気力も体力もあるし時間もあるので、かなり本気で躾して犬と一緒にいる時間が長かったようです。秋田犬は、成長すると賢く温厚な頼もしい家族になりました。父の躾と犬の賢さが成功をもたらしたのでしょう。
    犬にとっての絶対的なNo.1のボスは、ずっと父でした。私達家族は祖父母宅と同じ敷地に住んでいて、犬は祖父母宅の方で寝起きしていましたが、よくうちにも来ていて、小さかった私の子守?をしてくれました。温厚で賢いので、子どもと遊ばせても安心だったそうです。
    ところがある日、うちに母方の親戚が泊まりに来ていて、たまたま私と親戚の人だけで私を抱っこして庭を散歩していたら、たまたま庭に出ていた犬がすごい吠えたのです。近くに祖母がいて止めなかったら、飛びかかる勢いだったとか。長めだけど繋がれていて良かったと…。見知らぬ人が子どもを攫っていくと思ったのでしょうか。後にも先にも、成犬になってからのその子が本気で吠えたことは、その時以外なかったそうです。ちなみに、私が生まれてからは犬は私のことを父と祖父母に次ぐNo4と認識していて、父の弟妹である叔父叔母はそりゃないよと思ったとか。
    とても温厚で賢い大型犬は、先天的な個性、そして飼い主が愛情を注ぎつつ適切な躾を続けた賜だと思います。

    ユーザーID:0317831775

  • 海外の例

    犬好きの方ならご存知かもしれませんが、ドイツ、スイス、オーストリアの犬(特に大型犬)はどれも、驚くほどしっかりしつけがされています。

    それが前提なので、公共交通機関はもちろん同伴可(犬料金が設定されている)ですし、商店やレストランも、店側が「NO」を明記していない限り、入店可、です。

    たまにギャンギャン吼えたり、あちこち走り回っている行儀の悪い犬もいますが、例外なく小型犬です。

    元々の犬種による性格に加え、「犬は家族の一員であるが、人間の命令には絶対服従」が徹底されているので、しつけの悪い大型犬がほとんど存在しないのです。つい最近、廃止されましたが、一部の国では、飼い主に審査があり、それを通らないと犬を飼えないという法律がありました。

    余談ながら、これらの国では、ペットショップで犬を販売することは禁止されており、一定の手続きを踏まないと、犬を入手できません。

    ユーザーID:1588077809

  • アラスカンマラミュートを飼っています

    大型で非常に温厚です。

    生後半年くらいまではかなりやんちゃで噛みついてきましたが、

    噛むたびに叱る、
    噛みつきそうになったらストップをかける、
    言う事をきいたら、大好物の犬用クッキーをあげてほめる、

    という感じで単純な繰り返しを習慣づけたら、そのうち噛まなくなりました。

    噛まなくなると同時にマラミュート犬本来の温厚な気質が優勢になってかなり賢くなりました。

    15歳の今はすっかり好々爺で、縁側で日向ぼっこをしながら、親戚のよちよち歩きのお子さんにくちゃくちゃにされながらも、マラミュートは使命感が強いらしく子供たちの見守り役をまっとうしてる感じでしょうか。

    噛みつきというか、甘噛みは犬種にかかわらず小さいうちはありますよね。
    でも、習慣づけと時期が来れば治まると思います。

    ユーザーID:1832661905

  • 性格と躾

    犬とずっと暮らしていますが、
    タイトル通り、生まれながらの性格と躾だと思う。

    本当に温厚な子でも仔犬の間だけ甘噛みはしていましたよ。
    でも人に対して噛むというより遊んでるだけの程度でした。
    その犬は他の犬よりも躾しても直ぐに素直に覚えました。
    躾けらしい躾をしていないような感覚に陥るくらい。
    だから本来持っている気質や才能も影響すると思います。

    噛み癖は噛んだ時に直ぐいけない事だと示すだけです。
    歯が当たっただけでも大袈裟に痛い!と示して、
    駄目!といつも決まった言葉で教えるうちに噛まなくなるはず。
    噛み癖だけでなく、何でも根気強く諦めず躾けることが大事。
    一貫性を持って躾ければ、そのうち必ず覚えてくれます。

    躾けは犬にとっても人間にとっても、
    信頼関係を築く上でとても大事なことだと思います。
    諦めずきちんと躾けしてあげることは、
    将来的にもお互い幸せになれるものだと実感しているし、
    犬とは言え人間社会で共存して生きていくには必要だから。

    甘やかしたり、一貫性なく躾け困っている飼い主もいますが、
    犬が何よりも被害者で可哀想だと思います。
    躾け次第でどんな犬もある程度のレベルまではできるのに、
    それさえも放棄している飼い主が多いですよね。
    それで愛犬家以外の人にも迷惑が掛かるケースもあるのに。

    何よりも惜しみない愛情で接することが大切だと思います。
    そこから躾にも繋がるものじゃないかな?
    犬は本当に最高のパートナーだといつも感じるし、
    純粋で忠実で私には不可欠な存在です。

    ユーザーID:8730596401

  • 躾をしっかり

    ウチは中型犬ですが、中型とは言え襲いかかったら大変なので、人様に迷惑をかけないよう、それはそれは躾に時間をかけました。

    もちろん犬の個体差もありますが、きちんとしたブリーダーから迎えたワンちゃんなら性格はあまり問題ないのではと思います。

    大切なのは子犬時代の躾です。躾はワンちゃんだけではありません。飼い主自身もトレーニングを受けなければなりません。ワンちゃんに厳しくトレーニングしても、飼い主自身がダメダメでしたら犬も飼い主をボスと認められなくなり、言うことを聞かなくなります。

    私が一番最初に受けたトレーニングでは、とにかく犬を一杯触るようにと言われました。自分たちだけでなく可能なら近所の人とかよその子供とかにも。なぜなら子犬時代に触られまくっていると、突然子供に耳とか引っ張られても動じなくなるからだそうです。そのかいあって、ウチのコはどこを触られても怒りません。

    また、子犬なのでクィーンクィーンと鳴くこともあったのですが、トレーナーはそれさえも厳しくしてましたね。無駄吠えしないように。初めて飼い主になった私はびっくりしましたが、その厳しさのおかげで今無駄吠え一切しません。けたたましく吠えまくる犬に出会っても大丈夫です。スピークと言わない限り吠えないのです。

    また、ウチのコは他の犬と遊ぶより飼い主と遊びたいコなので、他の犬にオモチャを取られても全然気にしません。これは多分性格ですね。

    どうしてもワンちゃんかわいさに躾が甘くなったりしてしまうかもしれませんが、かわいいからこその厳しい躾です。しっかり躾をすれば、あとは本当に飼いやすい賢い犬になります。

    あと、噛み癖ですが、子犬のときはある程度しかたがないこともあります。歯の生え変わる時期はかゆいそうで甘噛してきました。そのため私の手は傷だらけ。でも歯が生え変わってからは噛んだことは一度もありません。

    ユーザーID:1268342377

レス投稿

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧