• ホーム
  • 話題
  • 駐在以外で海外在住の皆様、国民年金はどうされていますか

駐在以外で海外在住の皆様、国民年金はどうされていますか

レス22
(トピ主0
お気に入り154

生活・身近な話題

さえ

我が家は移民として海外に住んでいます。

日本を発つ際に住民票は抜きましたが、同じような状況の方は国民年金はどうされていますか?

周囲の日本人の方は皆さん国民年金はおさめていないとおっしゃいますが、一方で国民年金は半分国が負担してくれるものなので海外在住でも任意で払い続けた方がよいという方もいます。

もちろん支給開始がどんどん先延ばしになったり支給額が減額される可能性は高いですが。

いろいろなお考えをお聞かせいただけると幸いです。

ユーザーID:3438950019

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数22

レスする
  • 払ってないです。

    わたしは海外に移住したのが学生の頃で収入がないのに払わないでいいと両親に言われて払ってませんでした。結局こちらに永住する形になったので一度くらいしか払ってないです。

    ユーザーID:9716289430

  • 年金通知200ユーロ。

    この通知をもらって少なさにビックリ!

    日本円に換算したら約2万3千円くらい。
    ここドイツで専業主婦3人子供を生み育てて
    義父を1年介護してこの低さも考えれば納得。

    2015年から自主的に国の年金課に1000ユーロ
    毎月払っています。私は貯金だと思って払い出しました。

    ここドイツでは67歳から年金がもらえます。
    (もう7年)
    昨年通知で450ユーロになっていました。
    このままで計算すると確実700ユーロは貰えます。
    (毎年約50から60ユーロ上がっていくので。)
    それに2%つきそうなので(これも通知に書いてありました)
    1000ユーロになる可能性があります。

    もっと早く収めていたら
    もっと貰えたのに。
    毎月収めれる金額は1200ユーロまでで
    それ以上は払えない規則です。

    ずうっと正規に働いてなかったので
    雇用者もおらず私の年金を半分払ってくれる会社もなかったです。

    ユーザーID:1973258585

  • 私は、ちゃんと納めていました。

    アメリカに暮らして30年余りになりますが、20年目ぐらいに、海外にいながら国民年金に加入できるということを知り、すぐに加入し、以来、所定の掛け金を納めてきました。

    私は、アメリカではグリーンカードを手に入れて暮らしておりましたが、行く行くは日本に帰って暮らすことにしておりましたので、日本国籍を持ち続けていましたし、何の迷いもなく、国民年金に加入しました。結婚前、若い時に10年ほど働いていたので、60歳からわずかですが年金が支払われるようになり、さらに65歳から国民年金も支払われています。

    たとえ少額であったとしても、働いてもいないのに毎月収入があるというのはとても嬉しいことで、助かっています。


    現在、こちらを引き払って日本に帰国移住するためにいろいろ頑張っているところです。

    日本に移ってからも、私の場合は、アメリカでの年金が出ますので、すべてを合算すると、ぜいたくこそは出来ませんが、何とか不自由せずに暮らしていける見込みです。特に、円高に大きく振れてしまったときには、アメリカからの年金が目減りしますので、日本でもらえる年金は大きな助けになると思っています。

    ユーザーID:9899053722

  • 国民の義務です

    日本国籍をお持ちならば、

    貰える、貰えないはさておき、

    支払うことが義務になります。

    法律に書かれていることです。

    ユーザーID:1450270400

  • 払っていました。

    ヨーロッパ某国に15年ほど住んでいました。元在住国では安定した仕事もあったのですが、いつか日本に帰る日が来る可能性もあると考えていたので、国民年金はずっと払い続けていました。

    結局数年前に良い条件の仕事のオファーを日本からいただいたので、帰国して、現在東京で働いています。払い続けてよかったと思っています。

    ユーザーID:2607011181

  • 国民年金は納めました。

    さえさんへ:
    自分はNYCに30年近く居住しています。今71歳です。こちらに来る時、住民票は矢張り抜きました。日本では会社員として働いていました。(厚生年金は給料から自動的に引かれる)。そして国民年金に切り替え、60歳(当時は)迄、年金料を払い続けました。
    今は、一年間に6回(2月毎に)年金が銀行口座に振り込まれます。そんなに大きな金額ではありませんが、でも頂けるのは有難いです。
    支給開始が今は何歳からなのか??は知りませんが、手続きをする事をお勧めします。
    では、よし。

    ユーザーID:0758777431

  • 最近まで払ってました

    国際結婚で海外に住んでいる者です。

    海外転出届をだせば、
    必ずしも年金を支払う義務はないと聞いています。

    日本で働いていた期間に8年ほど年金に払っていましたが、
    年金受給の資格ができるまではと思って
    最近まで払っていました。

    海外で収入を得ることは楽な事ではないうえに
    出産後は年金を納めるのは苦しかったですよ。

    市役所で「子どもに遺族年金なんてないよ」と言われ、
    もうやめようと思ったこともありました。

    私の場合、数年に一回帰国する程度なので、
    うっかり残高不足で預金口座から
    引き落とされてないこともありました。

    そんなこんなでも、がんばって働いて
    なんとか受給資格ができるところまで
    払い続けられて良かったです。

    実際に年金をもらうまでには
    まだまだ月日がありますが、
    毎月定額を受け取れるというのは
    安心ですからね。

    参考までに。

    ユーザーID:4181468007

  • 納付しませんでした

    年金に関する私の関心と理解が深まった15年ほど前にはちょうど帰化しましたので納付できなくなりました。まあ、そのまま日本人のふりをして納付するという手もありましたが…。

    勘違いしている人がいますが、国外在住の日本人の国民年金加入・保険料納付は任意であり義務ではありません。日本年金機構の「国民年金の任意加入の手続き(日本の年金制度への継続加入)」をお読みください。

    現在、毎月1万6400円ほど払うと、65歳から受給できる基礎年金がひと月当たり135円づつ増えます。率にして0.83%ほど。十年間受給すると「モト」が取れますね。

    ところで、投稿を読んで気づいたことがあります。ご案内のように、基礎年金の半分は国庫負担(税金)です(残り半分は保険料から)。この税金部分は日本国内在住の人たちが所得税や消費税で納める金ですが、国外在住者は日本には納税していないのでまるまるおトクになるわけですね。

    しかしこの問題は、ひところ問題になった第三号被保険者つまり厚生年金加入者の配偶者は保険料負担なしで国民年金を受給できることに比べると、少なくとも半分は自己負担しているし、多分人数はずっと少ないし、また例えば年金制度未整備の国に暮らす邦人保護などの観点からも直ちに廃止と言う議論にはならないのではと思います。

    あ、私自身は一昨年から厚生老齢年金の特別支給分を受給しています。隔月で2万8千円ほどですが、ま、楽しみですね。65歳になったら一旦お休みで、70歳から老齢基礎年金と合わせて隔月で7万円ずつ受給の予定です。

    ユーザーID:3255156421

  • 払ってません

    欧州在住、今現在45歳。
    どうせ私が年金貰えるような年齢になったら、支給額はかなり減って雀の涙程度なんだろうな、と思って。
    それに海外在住者の国民年金はは任意であって、強制や義務では無いですし。
    これからも払う意思は無いですね。

    ユーザーID:7461409992

  • 国籍ではなく、住民票です

    国民年金は、海外にいても国籍が日本なら義務、と書いてる人がいますが。
    国民年金は、海外に住民票を移した場合は、義務から任意に変わります。
    私は仕事で2年間、海外に住民票を移しました。
    出国前に年金事務所で、任意になりますが、納めますかどうしますか、と聞かれました。
    私は帰国後は日本で暮らす予定でしたので、2年間は任意で納めていました。

    海外に住民票を移したことがないと、詳しくは分からないですよね。
    トピ主さんは、引退後に日本の年金を受給するのでしょうか。
    それぞれのメリット、デメリットを考慮するのが良いかと。

    ユーザーID:0854661552

  • 納付できませんでした

    以前、海外に住んでいました。日本の住民票は抜いていました。
    出国するとき、その当時住んでいた地方自治体に相談したところ、月に4万なにがしを払わなければならないと知り(自分ひとり分です)、自分には多額すぎたので、あきらめました。

    その後、数年間、海外にいましたが、日本で(再)就職でき、帰国しました。

    それから遡って、払えるだけ払いました。多額でしたので、とても辛い支払いでしたが、それでも年限の制限の関係で、古いものは全部は払えなかったと思います。(支払い可能な年の分だけ払込用紙が来たので、詳細はわかりません。)

    当時は25年間分納入しないと年金がもらえない仕組みだったと思いますが、最近、10年払えばもらえるようになりましたよね。これで助かりました。

    知り合いが言ってましたが、アメリカでも確か10年払えば年金が受給されるのではないでしょうか。州にもよるのかもしれません。もしアメリカにお住まいなら、アメリカ1本にしてもいいかもですね。

    移民されていても日本の年金が受給されるかどうか、トピ主さんご家族の状況にもよるでしょうし、きちんと確認した方がいいのではないでしょうか。

    ユーザーID:1514816673

  • ずっと払っています。

    海外在住、25年です。
    私はずっと払い続けています。
    なぜなら、90%今住んでいる国で老後も過ごすでしょうが
    万が一、帰国して住むことになった時に年金が少しでもあるのと
    無いのとでは、安心感が違います。
    また、国は潰れることな無いので。

    ユーザーID:1160861425

  • 払っていません

    住民票ぬいているので払っていません。

    在住の国では、永住権があって20年以上住んでいれば年金がもらえるので(働いてるとか関係なく、65歳以上全員が一律の金額もらえる)すでに受給資格あります。

    たまに長期で日本に帰る時は住民票入れますが、その際年金はどうされますかと市役所で聞かれますが、在住国で手続きしているので(数か月でまた出国することも説明します)必要ないですと伝えるとそれ以上聞かれることもありません。

    ユーザーID:5493996966

  • 日本年金機構の協定相手国別を見る

    私は去年10年間支払った分は支給されることを聞いて
    年金機構サイトを読んでネットで計算したかったかっ
    たのですが米国からうまく出来なくて帰国した時に
    役所と年金相談所に行き年金手帳をもって事務所で
    計算して頂きました。

    現在住んでいる国と自分の国民年金額と厚生年金
    の過去のクレジットを換算してこれから支払った
    場合、支払わない場合と支払う場合、支払いの仕方
    まで聞いてきました。

    私は50代ですが私の計算してもらった時点では年金を
    払った分の1,5倍は65才から支給されるようでした。
    そう考えると悪い投資ではないとは思います。

    ただ、年金は生きてて貰える保険なので人それぞれ
    寿命が違うのと25年間支払えば60才から30%減額で
    支給可能らしいのでちゃんと相談するといいと思います。
    私はこれを聞いて最低限4万円でも支給されたら携帯代や
    ガソリン代にはなるので長生きして頂くつもりです。

    私は他に色々な投資しています。


    まだ働けなくなるまでかなりあるので健康管理しながら
    無理せず頑張ります。

    ユーザーID:3716751900

  • 払い続けています

    20年以上海外暮らしで国際結婚ですが、
    年金は払い続けています。

    ユーザーID:8997886343

  • ずっと払っていました

    東南アジアに30年在住ですが、480度、一度も欠かさず支払いました。

    都内に、海外在住者の年金払い込みを代行してくれる社団法人だったか、
    そういう法人組織があり、そこを通じて払いました。
    具体的には、その法人に銀行口座を通知、そこから引き落として貰うと言う形でした。
    確か1年まとめて払うと、少し安くなったと記憶しています。

    都合40年間払ったので、65歳以後は厚生年金と国民年金の両方を貰っています。
    どちらも日本の銀行口座に二ヶ月ごとに振り込まれます。

    海外在住者は年に一度、在留届を領事館で出して貰い(年金の居住調査のためなので、費用は無料)、
    それを年金機構に郵送します。
    ちょっと面倒くさいけど、二ヶ月に一度、約10万円貰うためなので、我慢我慢。

    ご参考になれば、嬉しいです。

    ユーザーID:7653513380

  • 在米です。

    40代、永住権ですが、50代または60代で日本に帰国予定です。日本の方が好きで、できれば50代以降は日本で生活したいので。20代から国民年金は欠かさず納めています。

    ユーザーID:6771733856

  • 再開しました

    海外在約15年です。3年ほど前から任意加入で1年分前納という形で支払っています(銀行自動引き落とし)。ちょっとお得です。
    月額400円の付加保険料もつけています。

    実は、日本を離れる時に大ポカしてしまいまして。

    それまでの厚生年金から国民年金に加入する手続きをしなかったんです。
    まだ若かったし、年金について大して考えていなくて。

    この歳になって主人に注意されたこともあり後納を試みるものの、
    「国民年金に未加入期間の後納はできない」の回答。10年以上の未払いが大きい、、、。

    日本に居た時もフリーターをしていたりで未納期間が多く、年金を貰う事は出来ますが満額には程遠いです。
    それでも無いよりましですし、貯金だと思って支払っています。

    一時帰国の際に年金事務所に行くのをお勧めします。
    私のところはすごく丁寧に対応してくれ、その場でやるべき手続きが全て済みました。

    ユーザーID:7825061484

  • 住民票は関係ないのでは?

    海外在住25年です。ですが住民票は日本にあります。
    住民税は払っておらず、健康保険も入っていません。
    国民年金は払っています。

    昨年、住民税を払っていない(請求もなし)ことで、このままでは年金の受領に支障が出るのでは?と疑問に思い市役所に問い合わせたところ。住民票はあっても住んでいる実態はないので税金の支払いはしなくて良い。
    年金は受給可能との回答をもらって安心しました。

    その時、別段住民票を抜くようにも言われなかったのでいまだにそのままです。
    この話をすると、皆さんなんとなく納得いかないようですが、確かに住民税は払っていませんが住民としての恩恵も何も受けてないので良いのでは?と考えています。何か間違っていますでしょうか?

    ユーザーID:8234061816

  • あと数年

    退職して日本を出た時から国民年金は、年一回の一括で、日本にいる家族(本籍地在住)にお願いして払っています。あと数年で丸40年のはずです。厚生年金10年と、カラ期間なしの国民年金を払い込んでいるので目減りするとはいえ、受給額は馬鹿にはならないと思います。

    日本を出たときは、永住するか否かもわからないし、この年になってどれほどの老後資金があるかなんて予想もつかなかった。何分女性一人ですからね。日本にいようがアメリカだろうが、老後資金が潤沢になるとは考えもしませんでした。私にとっては、保険の一種です。

    ユーザーID:5975048159

  • 住民税(COCOさんの疑問)につきまして

    年金受給資格と本邦居住、住民登録有無、或いは日本国籍であることは無関係ですから、所定の年金加入実績があれば将来受給できるはずです。

    住民税は前年度の所得に対して課されるので、所得申告をしていなければ無所得として課税されないだけだと思います。また所得源泉が本邦内になく1年以上国外居住なら非居住者としてそもそも納税義務はないかもしれません。

    しかし当該自治体の住民として登録されていて、企業などの健康保険組合に加入していないなどであれば国民健康保険料の納付義務はあり、もし未納付だと過去二年分遡って請求されるのではないでしょうか?

    特定の意図がなければやはり転出届を出して住民登録を抹消するのがスジでしょう。

    ユーザーID:3255156421

  • クレジットカードで払ってました。

    東南アジアで現地採用で26年働いてました。その間、住民票は日本に置かず、最初は父が払ってくれていました。
    父亡き後は自分でクレジットカードで払ってきました。現地のクレカだったので、レートにより月ごとに差異が出ました。
    クレカで払えることを知ってる人は少ない印象ですね。


    去年、帰国した後は熟年結婚した夫の扶養に入ってます。

    ユーザーID:4377640367

レス求!トピ一覧