• ホーム
  • 子供
  • 知的に遅れのない軽度自閉症スペクトラムの子どもの就学

知的に遅れのない軽度自閉症スペクトラムの子どもの就学

レス40
(トピ主12
お気に入り61

妊娠・出産・育児

トピを開いていただき、ありがとうございます。
色々な方のご意見、親子で小学校見学に行った時の子どもの様子等から、来年度、子どもを普通学級で就学させようと心を決めました。
今からできる準備、親としてどんな覚悟をしていったらよいか等のお話を聞きたいです。

主治医より、
お子さんの場合、障害もいずれ性格の範囲内になります。
普通学級で行きましょう。
お子さんの場合、力がある子なので、将来、福祉のお世話になれないので、少しずつ今のうちから、少人数より多数の中で生活して、経験で学んでいく方が良い。
と言われています。

小学校のコーディネータの先生からは、
お子さんが素直である事、保育園でほぼ40人クラスの一斉授業を席についてしっかりと聞けている事、先生にSOSを出せる事から、普通学級の方が合っているのではないか、
と言われています。

就学相談専門機関の先生からは、
お子さんの今の特性は、普通に年長時にあり得る子も多い特性ではないですか。
普通学級で行きましょう。
と言われています。

子どもについてですが、
2歳前半に自閉症スペクトラムと診断。
その当時の特性は薄れており、今現在、息子は、DQが100以上(昨年度)、言葉も年齢等々になり、1クラスほぼ40人の保育園に通っています。月1のSTとOTと小集団トレーニングと週1の療育にも通っています。
ただ、見通しの持てないことに不安を感じやすく、疲れやすい傾向。
周りの空気を読んで行動するのが苦手。
時計は読めますが、時間を意識するのことは苦手。→声掛け等の必要性。
大きな強めの口調が苦手。
気になるものへ納得するまで理由が知りたがる傾向。
運動が不器用。→週1のスイミングとエレクトーン教室の習い事。月1の器械体操教室。
等ありますが、他害、癇癪はなく、好奇心があり、お喋りが大好きな子です。

宜しくお願い致します。

ユーザーID:7190108354

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数40

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを停止しました
  • 大丈夫

    今、小一の軽度自閉症+ADHDの子供がいます。
    保育園からも、療育からも就学相談なしで普通級でやっていけると言われました。
    年明けにウィスクとったら思ったより結果は悪くて、療育の先生がやや焦って通級は早めに申し込んだ方がと言われましたが。
    そして、そのウィスクの結果を長男が支援級在籍のため、その担任の先生に見てもらったら、この結果は次男の拒否反応から来てて、もっといいはずとは言われました。
    そこで、とりあえず就学前に支援シートを書いてもらって養護教諭と副校長と面談。
    うちの学校は少人数なのもあって目が行き届くとは思うから通級は一学期終わるくらいまで考えてもいいと。
    そして、普通級にドキドキしながら入学しましたが、なんとかやってます。
    知的には遅れてないので、算数も国語もついていけてます。
    担任の先生からも通級なしで大丈夫と。
    普通級といっても案外いろんな子がいて、知的に遅れてないと割と普通級にいくかが多めなので、通級とか利用しながらなんとかやっているみたいですよ。
    後は投薬してるので少し切り替えよくしたり、集中力を持続させるさせるためにストラテラも飲んでます。

    支援シートだけは絶対書いてもらって出した方がいいです。
    後は就学後ももし、デイとかが利用できそうなら探しておくとか。
    私の自治体は、デイに関しては気前よく受給者証を発行してくれるので、今遅ればせながら感覚統合のデイに通わせてます。
    後はスイミングをやらせています。
    身体は動かさせた方がやはりいいみたいです。

    ユーザーID:2172934635

  • 心配しすぎなような

    小学校1年生なんて、みんな「時間を意識するのは苦手」だし、「大きな強めの口調が苦手」な人は大人にもいます。専門家のおっしゃる通り、お子さんの困りごとは性格の範囲内と思います。

    もし小学校生活が始まってから、トラブルが起きてからお願いしてもいいのでは?という範囲です。

    小学校1年生の親御さんはみんな多かれ少なかれ、こどもの心配をします。
    ですがその親御さん全員が「うちの子には特別なケアを」と言ったらどうなるか…ということが心配です。
    ストレートに申し上げて、お子さんの場合は特段のケアはまだいらないと感じます。出来ないことがあまりにも目立てば学校から連絡がありますし、それからの対応でも遅くないのではないでしょうか?

    あとは家でのしつけだと思います。

    学校というのは大勢でやっていくところだから、何か言いたいことがあっても先生が話をしているときは話してはいけない、自分だけ納得できるように先生に食い下がってはいけない、話したいときは休み時間にするなどです。
    このこともどの程度今、周囲の空気を読めずに行動してしまっているかによります。今保育園である程度目立たずにやっていられるなら心配するほどではない気がします。

    ユーザーID:7571623374

  • 様子を見に行く

    子どもが特別支援課学級に通っています。
    その縁で、知的に問題は無いが情緒的に支援が必要なお子さん家族ともお付き合いがあります。

    個人的な見解ですが、自閉症スペクトラムで普通級に通わせているご家族に多い傾向は、学校生活で上手くいかない場合、自分の子どもの訴えだけを信じて、環境に原因を求めることが多いということです。
    先生の指導がまずい、友達が意地悪する等、ウチの子への理解が足りないということばかり言われるんですよね。

    でも傍から見てると、お子さんの問題の方が大きく、それ周りに求めるのは無理でしょってことも多かったりして。

    なので私はとにかくお子さんの様子を見てることをお勧めします。
    登下校の付き添いや学校公開へは必ず行く、PTAや学校ボランティアに参加する、お友達と遊ぶときは自宅に呼ぶ、公園にはついていく(途中からでも様子を見に行く)など、何がどう起こってるかを親御さんの目で見ることが大切だと思います。
    また上記のことをされているうちに学校やお友達やその親御さんとの信頼関係もできてきます。
    そうすると理解も進みます。

    手間ですし、時間もお金も掛かりますが、やるとやらないとでは予後が全く違ってくると私は思っています。
    心理士さんからも医師からも「とにかく様子を見に行きましょう」と言われています。

    あ、でも何でも口を出す手を出すということではありませんよ。
    どこでどんな支援が必要かを考える情報を仕入れるということです。

    学校生活をお子さんに丸投げしないで親御さんも一緒に作っていきましょう。

    ユーザーID:2259859088

  • 学年主任のクラスの所属になれば

    私の時代は、全員医者に行き療育するわけではなかったので、療育の経験はなかったですが、年中の時は市の養護の幼稚園、年長から地元の普通幼稚園、その後普通学級に進んでいます。
    確か、新入学時健康診査の時には簡単な知能検査と衣類の着脱ができて、健康診査が十人一組で集団行動するので、それがクリアできれば大丈夫ということで、衣類は一番簡単なワンピースを着せて、名前だけはあいうえおで書けるように練習して、臨みました。無事通過したのですが、普通学級が決まった後、主人が学校の教頭先生と話して、こういう子供だということは伝えたと思います。そして、六年間の小学校生活の中でなるべく学年主任の先生のクラスになるようになっていたと思います。
    ベテラン教諭の配慮で、学級運営もうまくいき、不登校になることもなく無事成長して、大学も現役で進学しました。

    知能は、三歳の段階から普通児より上という判定でした。多少の教育上の配慮で、無事に成長しますから、心配ないと思います。義務教育の間は、成績はずっと普通だったと思います。

    今は、健康診査をクリアすることを頑張られればよいかと思います。後は外遊びものびのびと。ほかの子供も、Tシャツと短パンぐらいの着替えやすい格好で、臨んでいましたから、みんな考えることは同じなんだなと思いました。

    ユーザーID:7022690329

  • 周りが決めることだと思います

    うちの子は、医師からもコーディネータからも
    普通学級で大丈夫と言われたので普通学級で行きます
    という方がいらっしゃるのですが、
    正直、迷惑しています

    いわゆる、空気を読めず、よく言えば超マイペース
    しつこくクラスメートについて回る
    授業中だろうとしゃべりたいことはいつまでもずっとしゃべっている
    遠足や実験などで同じ班になった子が
    嫌がることが多々あります

    その子だけが授業中に歩き回り、しゃべり続けていると
    ほかの子が真似を始めることもあるのです
    教師は
    ○さんは、発達障害でほかの子とは違うので
    大目に見てあげてください
    とは言えないため、非常に遠回しで注意するので
    ひいきしていると思われ、クラス崩壊に近いこともあります

    教室の移動もマイペースなため待たされることもしばしば

    いじめているわけではないのですが、
    これでは避けられて当然だと思いますが、
    今度は、いじめられていると親子で騒ぎ出すのです

    親の目と医師の目
    でみることと、同じクラスの子たちでは
    視線が違います

    毎日一緒に学校に来て、様子を見てから決めてください

    ユーザーID:3321025472

  • お友達関係は、どうですか?

    娘は診断付かず発達遅延があり、支援級に所属だけして、普通クラスに居ました
    幼稚園の頃から友達関係ではトラブルもなく、仲の良い友達もいました
    勉強と運動の支援は、先生と相談しながら、私がしていました
    勉強が追いついてきたので、小3で支援級から抜けました。

    クラスに、勉強は飛びぬけて出来るけど、コミュニケーションが苦手な子がいて
    勉強ができるから支援には入れませんが、友達はいません
    変な子扱いだし、その子自身も、さほど友達を求めていない
    でも年々、グループで活動とか、修学旅行のようなものもあるし
    勉強は個々の問題で、友達関係の方が日々の生活では影響があるのではないかと感じています
    そちらの不安はないから書いていないだけなら良いのですが

    ユーザーID:0675347548

  • お子さんからのSOSが出たら柔軟に対応すればよいのでは

    わが子ははっきり知的障害ありで特別支援学校に小学校から通っています。
    今は高等部に在籍しています。

    小中でははっきりいうと正に障害児という感じの子がほとんど
    ですが、高等部になってからは一見しただけでは「え?このお子さんの
    どこに障害が?」と思うようなお子さんも多いです。

    受け答えもしっかりしていて学力的にも問題があるとは思えない。
    けれどやはりそれなりの理由があるから支援学校に来ているわけです。

    保護者会である保護者の方が言っていたことがあります。
    そのお子さんは小中で辛い思いをして不登校気味になってしまった
    ので高等部で支援学校を選んだと。
    見た感じだけではそのお子さんは普通に見えるし優しいお子さん
    なのですが、発達障害はあるそうです。

    お書きになったものを読む限り、小学校は普通学級で十分大丈夫なの
    ではと思います。ただ、学年が上がるにつれ、中にはお子さんがつらく
    なるケースもあるということは支援学校の高等部に来るお子さん達を
    見ている限りはあると思います。

    そしてそういうお子さんは、支援学校に来てほっとする場合が多い
    らしいのは保護者の方の多くがそう言っているのでたぶん確かなの
    でしょう。

    ですので、今後注意深くお子さんを見守り、もしお子さんが普通学級で
    辛くなるようなことが見受けられたら、高校進学くらいのタイミングで
    支援学校という選択肢もあると思っておかれるとよいのかなと思いました。

    学力的には問題がなさげなので、お友達関係がどうなるかというのが
    指標になるかと思います。思春期にもし友人関係がうまくいかないと
    お子さんにとってはつらいと思いますので。

    支援学校というといかにも障害児的なイメージかもしれませんが、
    高等部に関してはとても幅があるということをお心に留めておかれると
    よいかなと思います。

    ユーザーID:8625472127

  • ちょっと辛口ですが

    普通級で頑張ろうとお決めになられたとのこと。

    とぴ主さんは、お子さんのことを「好奇心が旺盛で、おしゃべりが大好きな子」と表現されています。とてもよいことのように書かれています。こどものクラスでみている限り、良い面ばかりではないように見えます。授業中に、先生に不必要に話しかけたり、隣席の子におしゃべりをしたりして、授業を妨げる行為がありました。非常に迷惑で、子供がストレスを感じ、席替えしてもらいました。授業の流れを理解し、黙ったりすることはできそうですか?

    確かに1年生は、はじめは落ち着かず、定型でも同じように見えるかもしれません。そんなものよと励まされるかもしれませんが、手遊びや椅子をがたがたさせるなどの行為が、著しく頻度が多かったりします。そのとき、環境や先生のせいにせず、家庭で言い聞かせができそうですか?

    例えば、時間に関しても、声掛けの必要性があるということですが、誰が声掛けするのでしょうか。友達同士でというのは難しいですよね。
    ひとつひとつは小さいことかもしれませんが、担任や学校とも連携をとりながら、解決していけるとよいのですが。

    ユーザーID:1226151621

  • 意外と低学年期は大丈夫

     おそらく、普通学級自体に問題児が何人もいる状態じゃなければ低学年期は平和に過ごせます。普通学級勧められている状態ですし、おそらく、大丈夫かと。

     が、高学年になると学習面でも、コミュニケーション面でも、周りから求められることが高度になるため、問題が起きてきます。9〜10歳の壁と言われるものですが、うちも例外なくここに引っ掛かりました。中学生になった今もかなり苦しんでいます。というか、低学年のうちは知的があっても大丈夫なこともあるのですが、年齢が上がれば上がるほど普通学級に入っていけなくなるとのことでした。

     うちの場合、一時期、IQが90くらいになったのが、高学年になって下がったので、療育手帳の申請を考えています。

    ユーザーID:1646092832

  • トピ主です。1

    色々な貴重なご意見ありがとうございます。
    どの意見も、色々な立場からのご意見で、とても参考にさせていただいています。
    まとめてのお礼で申し訳ありませんが、心より、感謝いたします。

    トピに書けませんでしたが、友達関係は、一人、とても仲の良い子がいて、いつも一緒に遊んでおり、時々、「入れて」と言われると、グループでも遊んでいるみたいです。
    息子から、「入れて」とはなかなか言えないようですので、受け身かなとは思いますが、保育園は、年中からの入園だったので、もうすでに友達グループができている中への入園でした。その割には、息子なりに、友達関係も築いていると思います。
    息子自身は、一人も好きだし、友達とのグループで遊ぶのも好き、と半々の気持ちがある様です。
    息子はクラスの中では、嫌われキャラ、疎まれキャラというより、どちらかというと、愛されキャラかなとは感じます。
    外を歩いていて、保育園の友達に偶然会うと、「○○君だ〜」と友達が近寄って来てくれます。
    息子は、照れていますが。
    私自身も息子を見て、本人はいたって真面目ですが、時々、プッと吹くような、愛らしい一面があったり、私に雑草のお花や手紙のプレゼントしてくれたり・・・
    困っている友達に対しても、優しい声を掛けたりと・・・そんなキャラの息子です。

    周りが決めるというご意見もいただきましたが、小学校は勉強をするところであり、授業妨害まで行っている場合は、学級で本人の居場所もないし、周囲の理解を得られるのは、難しいと感じます。
    息子が、小学校入学後どうなるかは分かりませんが、今、集団の中では、一斉の先生のお話のときは静かに聞く、そして、何か質問がある時は、挙手して発言することができているようです。

    続きます。

    ユーザーID:7190108354

  • トピ主です。2

    続きです。

    また、様子を見に行くというご意見には、本当にその通りだと思いました。
    学校が開かれた場であるならば、私も見学には、よく行かせていただきたいと思うほどです。
    登下校も然り。
    自分の目で見れるものならば、何が起き、今、何が必要で、どうするべきかを、子どもの共に考えていきたいと思っています。

    学校と先生との連携をできるだけ取りながらがとても大切になってくると思います。
    年度初めに担任との面談、サポートブックを渡すことは、もちろんの事、PTAやボランティア等への参加も含めて、前向きに考えていきます。

    お子さんがいらっしゃる方のお意見は、それぞれの道で頑張って見える事、とても励まされましたし、息子の事を案ずるレスを頂いた方にも、心より感謝申し上げます。

    ポチを押していただいた方々も、心が表れていると思います。
    真摯に受け止めたいと思います。
    本当に、ありがとうございました。

    ユーザーID:7190108354

  • 連携

    私も、トピ主様のお子さんと大体同じタイプの息子(現在中一公立普通級)を持つ母です。
    違うのは、お喋りはお友達とは上手く話せず受け身という事と、IQが120以上と高いという事でしょうか。(トピ主様のお子さんの100以上がどれくらい上か分からなかったので平均値と解釈しました)

    小学校は、息子で集団生活についていけるのか、IQが高い事と学校の勉強はイコールではないので(偏りがあってかえって成績が悪い場合もある)勉学の躓きも気になりました。
    私も、就学時前に幼稚園担任、発達外来、療育機関、教育委員会、公立小事前面談を経て全てで普通級のGOサインが出たので普通級に進学させました。

    結果、やはり多少の問題はありつつも(場面緘黙が出たり、集団の声掛けだけでは動けず個人声掛けが必要、運動が壊滅的だった)息子なりに成長し、高学年の時には学校側からも問題なしの評価でした。

    私が行ったのは、毎年必ず進級直後に担任に療育歴をお渡しして面談し、問題になりそうな事を事前に知って頂き、任意の教育相談等も全て出席し、息子の現状を把握する事です。

    運動が全くダメで、運動会で息子と組んだりする子には本当にご迷惑をおかけしたと思います。そういう方には、お子さんにもお母さんにもお詫びと感謝の気持ちを伝えました。
    ただ、息子は学業が良い方でしたので、勉強が分からないお子さんのフォローをお願いされたり、お互い持ちつ持たれつの関係を作れたのが功を奏したようです。

    保護者が学校ときちんと連携が取れている事が大切だと思います。

    定型発達のお子さんだって、全て完璧ではありません。ただ、発達障害児であれば、考えられる問題に先に取り組める事も多いので、そういう真摯な態度で臨めば、学校を始め、クラスメートや保護者の方々にも受け入れて頂けるのではないでしょうか?
    お子さんが楽しく通学できますようお祈り申し上げます。

    ユーザーID:3972061188

  • まだ時間はたくさんあります

    発達障害がある子のためのおうちでできる就学準備
    1ねん1くみの1にち


    お勧めの本2冊です。
    上の本は保護者向け、下の本は子供向けです。


    ADHD傾向のある1年生の子供がいます。
    我が子は見通しが立たないことが不安なタイプでしたので、
    入学後の生活をイメージしていろいろ練習しました。


    発達障害がある子のためのおうちでできる就学準備
      こんなことが問題になるのか!とたくさん気づきがあった本です。
      図書館などにもあると思いますので一読をお勧めします。
      

    1ねん1くみの1にち
      写真がメインで子供が読みやすかったようです。(視覚優位です)



    入学当初は本人も落ち着かず辛い様子でしたが、
    6月に入り学校生活のリズムを理解したのか最近は安定しています。


    我が家も就学支援ファイルを作成して、学校にお渡ししました。
    担任の先生も気にかけて下さっているようです。
    機会があれば学校に出向き、先生とコミュニケーションを取るようにしています。


    トピ主さんのお子さんは指示に従えるということですし、SOSも出せるということなのできっと大丈夫だと思いますよ。
    どうぞ楽しい小学校生活を迎えられますように。

    ユーザーID:3173781427

  • トピ主です。3

    引き続き、レスいただき、本当にありがとうございます。
    まとめてで大変申し訳ありませんが、皆様からのレスをじっくり読ませていただいています。

    本のご紹介をいただきました。
    先日の小学校の見学の際に、時間割りと放課(休み時間)とチャイムのしくみを息子に教えたところでした。
    小学校のルールはたくさんありますね。

    先日の通級の授業の見学の時の着席も、45分授業のうち、2度程、姿勢がつらくなったようで、席をその場で立ち、すぐ座るということもありましたが、家で課題をする時、時間を決めて座ることも今後取り組みたいと思います。

    学校の約束事を、少しずつ教えていきます。
    親編、子ども編の本、早速注文させていただきました。
    ありがとうございました。

    また、連携が大事とのご意見、本当にその通りだと思います。
    大縄跳び等、集団競技もあると思います。
    親としてできる事と、お任せする部分もあります。
    今後も悩むこともあると思いますが、学校や先生と連携できるように、私なりに模索しながら頑張りたいです。

    皆様のお子様も、笑顔のある健やかな学校生活を送れますように、祈らさせてください。
    良い知恵を皆様に貸していただいている事、心より感謝申し上げます。

    ユーザーID:7190108354

  • 育児ブログ等も参考になると思います

    私は
    小学生の発達障害の男の子を育てていらっしゃる方のブログを読んでいます
    タイプは違っていても、共感したり、驚いたり、参考になったりしますよ。

    お友達関係、1人で遊んだり、みんなで遊んだりは
    うちの娘(小4)の先生も色々な遊び方が出来る方が良いと言ってましたよ。

    うちの子の入学時は、支援の先生に「集団指示が苦手なので・・・」と言ったら
    「集団指示って何ですか?」と、全く知識が無かったり、して驚いたこともあります。
    運動会の前の練習で予行練習が見られるので様子を見に行ったら
    「横の男の子について行ってと言ってるのに覚えてくれない」と言われて
    どうやら、娘に個別指示をしてくれてなくて、私が家で「隣の2年生のお兄ちゃんについてくの知ってた?」と聞いたら「知らなかった」と言って、それだけで翌日からできるようになったりして、先生が個別指示の意味が分かってなくて驚きました。

    学校で、友達に言われたこと、先生に言われたこと、いろいろ多すぎて忘れちゃうと言うので
    筆箱に付箋型のメモを入れて、自分で必要だと思ったらメモって持って帰ってきてね、ママも見るからと言って、色々な事を書いて帰ってきました。
    帰ってから、要らないメモを整理してあげて、話してました。

    娘が先生の説明を分かっていないような感じの時には
    連絡帳で「娘は○○で良いって言ってますが、大丈夫ですか?」と書けば、先生からお返事いただけました。

    ユーザーID:0675347548

  • 心配のし過ぎと子供の過大評価と

    両方あるように読めました。
    トピに書かれてる内容だけを見れば、医療関係者や先生方の言う通り、そんなに心配しなくても…と思います。
    でも、2歳半で診断が出てるってことは、根っこはキッチリあるので、療育等が奏功して今は特性が薄まっていても、成長段階で時々に問題は多少なりとも出てくるはずです。

    今お子さんの状態が良いことはとてもいいことですが、トピ主さんが、ちょっとそれを大きく受け止めすぎているように見えることが気になりました。

    我が子も2歳半で診断でした。
    IQが高めだったので、ずっと支援なしの普通級でいまは高校生になりました。
    ぱっと見は普通ですし、友達もいますし、生活も充実しています。
    これから先も普通の人として生きていくよりほかないですが、でもそうはいっても、本人なりの問題はやっぱり色々抱えて生きてます。
    振り返ってみると、年中から小2くらいまでが1番親子で気楽だった時期のように思います。
    療育を受けてる知的遅れのない子は、なにもしてない普通の子より勉強ができたり、逆に学校生活に適応が良い場合がしばしばあるのではないかと今では思います。
    IQが高かったりすると、それでやや優等生くらいのポジションに収まってしまうこともあったり。
    それでどうしても親の期待値が上がってしまうんですよね。
    このまま普通にやっていけるんじゃないかって。
    でも思春期に入ってくると、やっぱりいろいろ問題も見えてきて…。

    なので親としてできる覚悟は、我が子に期待しすぎず、何があってもがっかりしないこと、と私は思ってます。
    小学校入学する日に1番自分に言い聞かせたことは、6年間で友達が1人もできなくても仕方ないと思うこと、でした。
    でも、結局放課後に遊ぶ友達もたくさんできて、高校生の今でも、連絡とったりしてるようです。
    期待しすぎないこと、熱心なお母さんには大事かなと思います。
    自戒も込めて。

    ユーザーID:0465168170

  • トピ主です。4

    引き続きレスいただきまして、ありがとうございます。
    皆様のレスに心から感謝しております。

    心配し過ぎ、過大評価のご意見をいただきました。
    私自身の気持ちを探るきっかけをいただき、ご意見に感謝しています。
    私自身、心配のし過ぎはあるかもしれませんが、息子を過大評価はしてないと思っています。

    あるがままを知る、受け止める、これが、私の息子への原点であり、愛情です。
    がっかりとか、自分の感情に振り回されているのは、勿体ないと思ってしまう。
    息子の様子を見て、今、そうなのか、そういう状態なのか、と受け止め、じゃあ、息子の為に何ができる?今、何が必要?の観点で見ていると思います。

    私自身は、石橋を叩いて渡るタイプなので、ましてや、自分の人生でなく、息子の人生をサポートする立場なので、さらに、慎重になっており、息子の就学についても、一年かけて悩み抜き、ようやく、通常級+通級の選択に落ち着いたところです。

    この発言小町でも皆様にご相談させていただき、皆様からお力を頂き、今の選択になりました。
    息子の特性として、不安を感じやすい、そして、一度その気持ちに落ち込むと、その気持ちから抜けづらいというのがあるのも、それが、私のさらに慎重さに拍車をかけ、心配し過ぎに映っているかもかもしれません。

    でも、心配って、相手のあることで起こる気持ちだし、私自身は息子の笑顔のある未来の為に悩む事なので、幸せな悩みの種だとも感じています。
    これからも、成長していく息子を見守り、息子をサポートできる立場であることを誇りに思い、私も未熟者なりに日々成長できたらと思います。

    また、ブログ等もご紹介いただきました。
    付箋のアイディア等も、ありがとうございます。
    皆様の知恵は、子ども思うからこそ生まれたアイディアで、勉強になります。

    色々な視点からのアドバイス、学ばせていただいています。
    ありがとうございます。

    ユーザーID:7190108354

  • 小1の息子同じタイプ。私と夫は暗躍してます

    公立に行かせましたがうちの子なんかよりもっと問題があるんじゃないかというお子さんがいます。

    今の問題は、息子が友達に押し切られることです。
    〇〇をちょうだいちょうだいと言われるとあげてしまう、言うことをきいてしまうと言って家で泣きます。言葉が遅かったし今も言葉がとっさに出ないので内気だし言うことを聞いてしまうんだと思います。
    息子には、嫌になったらその場から逃げること無視することを教えています。

    運動音痴すぎる息子は鬼になると誰にも追いつけません(可哀想でしょうがない)。

    家では甘えん坊で明るくていたずらっこの息子ですが、外では内気で大人しいので、何か被害にあったときのことを考えて大声の練習をさせています
    「やめて」じゃなくて「やめろ!」と大声を出させています。「もっと大きい声で!」と掛け声をかけています。嘘つきの子にも言い返せないでいたので「嘘をつくな!」と大声を出させていたら実際に大声で言い返せました。その子はびっくりしてごめんと言ったそうです(息子の成功体験)

    私も夫も時々用事をわざと作って、校門まで息子を迎えに行って息子の同級生とお喋りをしています。そして息子の背後に親がいることを知らしめています。
    家にも呼んで遊ばせて、私と夫が見守っています。

    医者からは、「自閉症スペクトラムで受身の子供の場合、小学校に入ったら
    からかいといじめの心配がある」と言われてました。

    今日添い寝をしていたら、息子が年少の時に戦いごっこで負けた話をしたので「〇は悲しいことや悔しいことばかりずっと覚えているのね。でもね、あなたも強くてね、戦いごっこをしてお友達を泣かせたこともあるんだよ」など言って息子の記憶を書き換えて勇気づけています。息子は「本当?!」と驚いてました。
    もともと男は原体験が一生強く残るから幼少期の経験は大事と思っていました。それが発達障害とは・・でも負けません

    ユーザーID:5334767676

  • お互いに頑張りましょうね

    2回目ですが、トピさんのお気持ち痛いほど分かります。
    本当に精いっぱいお子さんのためにされてきたのだなと思います。

    私の子供は公立ですが、小学校に入るとびっくりですよ、うちの子なんかよりよっぽど問題があるんじゃないかって子が堂々としていますからね。

    うちの子も不安をずっと持ち続ける子なので、なるべく恥をかかさないようにしています。(だから小学校の対応は完璧)
    小学校の先生にもこまめに連絡を入れています。

    あと、家にお友達を呼んでください。
    私は子供が幼稚園の時に医者から提案を受けてそうしたのですが、我が家というホームグラウンドに友達がくると、子供は堂々とできるそうですよ。そこで人間関係を学んだほうがうまく行くと聞きました。私は当初は神経質で家を汚されたくない人間だったのですが、医者にアドバイスを受けて以来、悩んだけどプライドを取っ払いお友達を呼んで何度も我が家で遊ばせました。おもちゃで遊んだりテレビをみたり一緒におやつを食べたりです。ある日大人しい息子がお友達と堂々と喧嘩をしたときすごく嬉しかったです。ただ息子の性格は変わりませんけどね。でもこれは私立の幼稚園の話で、今は公立に行ったので、また近々、小学校のお友達を家に呼んで遊ばせるつもりです。

    他の友達に声掛けするのはいいですよ。手を振ってくれますし、他の子供も可愛いです。

    トピさんの深い愛だったら必ず息子さんは大丈夫です。

    ユーザーID:5334767676

  • 成るように成る

    うちは、以前は学童の方がうまくいってるなんて話しましたが、最近では学校で面倒見のいい女の子にフォローしてもらいうまくいってるようです。
    少人数のため通級勧められないのが、とっても不安です。
    そして、学童では逆に徐々に学校の壁がでたし、本人とってはきついことも増えてきました。
    学童には同じ小学校からは兄を含めたしょうがいじわくで入っている子はいますが、通常級の子はいないのできついみたいです。
    やはり学校が違うと話も合わない…。
    同じ学校の子は女の子も多くお世話好き。
    うちの子に今夢中になってくれている女の子もいるほどです笑

    学校内にも学童あるから、そちらに移ろうかなとも話してはいるのですが、やはり保育園の時にあそんでいた、あそんでいた環境も捨てがたい様子。

    うちの子にはやや複雑な思いをさせてしまいました。

    小学校自体は本当にこちらが予想したよりもうまくいっていて私の方がびっくりしてます。

    ユーザーID:2172934635

  • 周りの理解と先生の協力

    うちの子はIQ1100?程度の中途半端な値をさ迷い、低学年の内は苦労しました。
    空気を読まないので突発的に授業中なのに
    大声で自分の話をしたり、
    用事を思い出したら立ち上がって教室から出て行こうとしたり。
    最初は副担任がサポートをしなければ学校生活も厳しかったと思います。周りが何か突発的な言動をしたら、
    「座ろうよ」と言ってくれたりしたので高学年の頃には
    落ち着いてきました。
    ただ手先が不器用で図工の時に立体を書けない、運動会の時に振りを覚えられないからペアを組む子に迷惑をかけるなど、苦労はしました。
    しかし先生やクラスメイトがフォローしてくれ、
    分からない程度の失敗で済みました。
    3年生までは勉強もそこそこでしたが、4年以降は壊滅的に字が汚い、雑、という要素のせいで成績ががた落ち。
    算数はお手上げ状態です。国語は漢字を間違える、気持ちの理解度が低い為躓きました。社会や理科も覚える集中力が低い為、苦労しています。
    普通学級では難しい点が出てきました。
    本人は周りとの温度差や距離感を感じないので、傷ついていません。
    周りがどう見ようとマイペースで明るい性格なので、そこだけが救いです。
    男の子なので喧嘩をした時に他人に害を加えなければそれだけでも良いと思います。投薬はしないで通っています。

    ユーザーID:8992629594

  • 親の力

    低学年時の我が子の同じクラスには、なんらかの脳の特性を持ったお友達が二人いました。
    授業中に急に立ち歩く等、あったようです。
    でも、我が子のクラスで本当に問題になっていたのはそのようなお友達ではなく、「育て方で問題が出てきた」タイプのお子さんたちです。

    悪いと知っているのに意地悪する、先生のいないところを見計らって意地悪する、先生に理由を聞かれた時平然と嘘をつく。

    彼らの言動をみるに、親の愛情が足りなくて、親からありのままを認めてもらえなくて、寂しくて悲しくて学校へ来て荒れているというように私は思いました。

    このようなタイプの子供から我が子を守るには、子ども本人の自己肯定感と、親の見守り能力が必要です。

    トピに書かれているのを拝見し、トピ主さんなら大丈夫なのではないかと思いました。
    親が学校へ行く機会を積極的につくり、先生と良く連携しながらお子さんを見守っていくことは必要かもしれませんが、その能力が、トピ主さんにあるような気がしました。お子さんの脳のタイプが分かってから、とても勉強されてきたようにも感じました。

    お子さんが社会へ出て行く時どのような力が必要か、お子さんが楽しめる環境か という観点で選択することをお勧めします。
    親は我が子を第一優先して良いのです。自分のこどもを優先できない親の子は、学校で問題を起こすようになります。

    ユーザーID:2111118093

  • トピ主です。

    お久し振りです。
    皆様のご意見、全て読ませていただいております。
    あたたかいご意見、励まされるご意見等、本当にありがとうございます。

    もうすぐ、就学時検診です。
    就学ですが、色々な事を考えて悩みぬいた結果、通常級&通級で心に決めました。
    その理由は省かせていただきますが先日、小学校のコーディネーターに、就学の最初の1か月くらい、朝の一時間目だけでもボランティアできないかの相談をしてきました。息子が、気が散りやすい理由で声掛けが必要な子に違いないし、初めての事に不安を抱きやすい為、学校の決まり等のフォローを息子のそばでできたらと思ったからです。(私は以前小中学校の正規教員をしておりました。)
    しかし、私の自治体では、親のボランティアは、医療ケア児に対してはあるけれど、発達障害児への親のボランティアは前例がないと言われ、学校レベルを超えると言われ、私は教育委員会に行く覚悟であることも話しました。
    だって、どちらも、障害児には変わりないからです。
    色々とコーディネーターの方とは、本音で話させていただき、私の母が鬱病からの自死で亡くなっており、苦しんだ母を見ている為、息子には二次障害にだけはさせたくないこともお話しさせていただきました。最終的には、通級の先生が1か月間、通常級に入っていただく形で、学校体制を変えていただくというお話で落ち着きました。


    続きます。

    ユーザーID:7190108354

  • 続きです。

    ただ、私としては、学校任せていいのか・・・という思いもありますし、支援員も小1の4クラスに(1クラス30人以上)に1人しかいない事も少なすぎると思うし、親のボランティアを受け入れられないのなら、支援員を増やせないかと考えました。
    しかし、違う自治体に居る教員時代の仲間たちに色々と相談した結果、教育委員会に今から訴えても、ボランティアの件も支援員の増員も予算の関係で、息子の来年度の就学には多分間に合わない。ボランティアの前例を作ることも大変な事であり、時間を要するし、支援するというボランティアのハードルが高いのなら、見学という形だけでも、最初の数か月見させていただけないか・・・これなら現実的に可能な可能性か高いと思い、これで、打診することに決めました。
    小学校で息子が何ができて何ができないかを私自身も知りたいし、学校任せでなく、そのできない部分を家庭でもフォローできるのならしていきたい、息子の成長を一緒の見守らせていただきたいと先生に訴えてみようと思っています。
    また、以前息子が通っていた療育園の先生にも相談し、息子のサポートブックを作るのは、もちろんの事、学校の取説みたいなものを作ってはどうかと提案されました。靴は下駄箱の板の下で脱ぐ、履く等、本当に基本的な事をまとめた素案を、今度、コーディネーターの先生にお渡しし、うちの息子のように、通常級でも支援級でも居場所をなかなか作りづらいそんな子どもの為に、役に立つものを一緒に作らせてもらえないかとお話しするつもりです。
    私一人の力はとても小さいし、私の原動力の主体は息子の為だけれど、いずれ息子のようなそんな子供たちが少しでも過ごしやすくなれるよう、今後頑張っていきたいです。

    皆様、ご意見、本当にありがとうございました。

    ユーザーID:7190108354

  • ちょっと違う…

    以前「様子を見に行く」とレスしたものです。

    進学先が決まって良かったですね。
    おめでとうございます。

    ただトピ主さんにはご理解いただけたかなと思っていたのですが、ちょっと違った解釈をされてしまったようで…。

    私が「見に行く」と申しましたのは、あくまで「学校に過剰な要求をしないため」なんです。
    様子が分からないと責任の所在を学校のみに求めてしまいがちなので。

    あと、学校、先生やお友達、またお子さんとの関係も大事ですから、いかにも監視のようにではなく、さり気なく様子を伺えるように、登下校つきそいやPTA役員、放課後遊びの見守りなどを提案したつもりなんですけどね。

    「学校に丸投げしない」のと「親が出て行く」というのもちょっと違って…。
    あくまでも親は家庭でのフォローです。
    心配なお気持ちはとってもよく分かりますが、親が学校生活に入り込んで良いことはそうないと思うんですよねえ(学校から要請があった場合は別ですが)。

    正直にいうと今のトピ主さんは、私の懸念していた「自閉症スペクトラムで普通級に通わせているご家族に多い環境に原因を求めてる」タイプになっちゃってるなという印象です。

    就学期になったら、「親は子の前を歩かない」ということも大事だと思うんです。
    親と子は別の人生ですから、子どもが転ばないように手を引くのではなく、子どもと別の道を歩きながら手を振るカンジといいますか。

    まだ何も始まっていませんよ。
    そんなにアレコレ考えたって、必要かどうかも分からないんです。
    トピ主さんの不安はお子さんにも伝わります。
    「君なら大丈夫!行っておいで!」と一人で送り出し、上手くいかないところだけ学校と連携しながら工夫するで良いのでは?
    お子さんの力を信じ、人生を尊重しましょう。

    ユーザーID:2259859088

  • そろそろ卒業様、レスに感謝します。

    主治医にも言われた言葉ですが、息子は素因を持っている、ただ、環境によっては2次障害は発症しない・・・
    私が一番心配しているのは、2次障害です。
    ましてや、健常児でも大変な就学。
    その時期を少しでもスムーズにできないか・・・
    初めてのことに対して、不安、恐怖を感じる子ですので。
    大きくなってからの転びと違うのです。まだ、小さい段階で、心が未発達で、形成されている段階の転びは、発達障碍児にとって、良くないと聞きます。
    また、軽度の発達障害児ほど、2次障害を発症する確率が高いという事も先日の講演会で知りました。
    そして、見学も、ずっとさせていただくつもりはなく、あくまで、息子が小学校生活に少しでも慣れるまで。
    担任と離れる時期も相談していくつもりですし、もちろん、息子にも言うつもりですし、息子の自立を阻害するのは良くないと思っています。
    監視とか、そんな関りを求めていては、先生との関係も良いものにもならないと思います。
    ただ、先程も書かせていただきましたが、小学校生活で息子ができる事とできない事を私自身が知りたい、そして、できない事のフォローを家庭でしていく、学校と一緒に息子の成長を見守りたい・・・それに尽きます。
    それを、主治医にも、教員仲間にも話し、私の考えを後押ししてくれています。
    ボランティアの受け入れをしている自治体もあります。その友達の教員は、親がいるメリットの方が大きいと言っていました。例えば、子どもを叱った時、その理由を親が丁寧にその場で説明する等です。
    まだ、自治体によって、発達障害児の親のボランティアを受け入れる学校は様々だと感じています。
    子ども達が笑って過ごせる、その為にはどうするのが一番良いか・・・を皆が模索する、それが大事なのではないでしょうか?

    ユーザーID:7190108354

  • うーん

    心配な気持ちはわかるんですが、私も4月は教室に入るところまで行こうかとか悩んでましたけど、あまり悩む必要がなかったですよ笑
    今は女の子に囲まれて楽しくしてますし。
    いろんな女の子に積極的に話しかけられて、モテモテの生活笑
    意外に親が思ってるよりコミュ力あるのかな?って思ってます。
    わたしはクラス委員を引き受ける勇気がなくて、結局引き受けなかったので、学校での様子はよくわからないんですが、授業参観は、親がいるのでちょっと普段と違うかな?みたいな様子になりますが、運動会ではずっとお友達と話して楽しく過ごしてました。 
    たまに集中力を欠くこともありますが、比較的うまくやってます。
    洋服のこだわりもだいぶ薄くなり?某スポーツブランドの服なら着るってなりました。
    また、今はラグビーのユニフォームが気に入って、レプリカ手に入れて、毎日きてます笑

    子供はどんどん変わります。子供を信じてそんなに先回りしてあげなくてもとおもいますよ。
    普通級でいけるってなったんですよね?
    5月くらいまで乗り切ったので、私は安心してフルタイムでの仕事を始めることに決めました。
    手放す勇気も必要です。
    まぁ、うちの子はうまく行きすぎた例かもしれませんけどね。
    その代わりデイや学童では色々ありました。
    デイでもこんなところやめるとひっくり返られたり。
    未だにやはり、チョコチョコ特性を出してます。
    でも、先生たちもデイの人は特にそういう子たちの集まりの場なので、うまく導いてくれてます。
    通級もどうなんですかね。私もちょっと前は肯定派だったんですけど、割と微妙という話も聞きます。
    他の授業潰してまで通う効果って得られるんでしょうかね。

    ユーザーID:2172934635

  • 学校以外の居場所作り

    学校というある意味特殊な空間(環境)は健常者であっても生き抜くには厳しい世界です。目に見える成績で評価され、学業は勿論、運動や協調性などありとあらゆることが詰まっていて、全てが将来に直結する。学校生活において
    >子ども達が笑って過ごせる、その為にはどうするのが一番良いか・・・を皆が模索する、それが大事なのではないでしょうか?
    ↑この考えは愚問です。まずは既存する環境の中でどう対応・順応できていくことが大事なことであって、模索とは既存の環境を始める前から変えることではありません。今は学校も連携を強め、ケアは厚くなっています。学校生活の主体は子ども本人で、親であっても大人の介入は最小限にしましょう。学校生活が始まって先生からの報告を待ってからでも遅くないと思いますよ。先生から○○は苦手みたいです。など、どうしても困ってることがあれば連絡があるはずです。その時に学校や主治医を含め”模索”するのです。人生、笑って過ごすことは誰もが望むことです。でも、学校生活の中で経験した悲しいことやショックなことも大人になれば良い経験です。経験は財産ですよ。人より苦労が多くてもその分、得る物が多ければ徳ではないですか?学校は自閉症には厳しい世界だと思います。だからこそ学校以外に息子さんが心を許せる場所を作りましょう。息子さんが自信を持て人間関係を築きやすい、将来に繋がる場所・環境を自宅以外にあると大きく違うと思います。自閉症にとって大事なのは”自分に自信を持つ”ことですよね?一つでも自信を持てる物があれば大きな武器になります。

    ユーザーID:5554427402

  • 学校以外の居場所作り2

    ”動物介在教育”まだまだ浸透は薄いですが、自閉症児のお子さんには効果があるのではないでしょうか?
    健常者だからこそ許されない厳しい社会があります。自閉症持ちだからこその社会もあります。己の道を歩む中で交わる時があれば交わる基本はそれで、スタートラインとゴールは一緒です。ゴールは自立すること。自立までの道のりは各々、苦労の過程も全て違いますが日本国民として課せられてる物は一緒です。”自立して納税すること”誰にとっても厳しいことです。ボランティアの人数や親の介入制度ではなく、他の方も言われてる、高学年・思春期にどう乗り越え自立に繋げるか、学校のように教師が入れ替わる環境ではなく、長く息子さんの成長を見守れる環境が大事だと思います。
    美味しい食事と安心して眠れる環境が何よりも大事です。息子さんにとってその環境を作れるのは母である主さんです。
    動物の力に触れてみてはどうでしょうか?

    ユーザーID:5554427402

  • レスありがとうございます。

    個別で失礼します。
    >麦ごはんさん
    私は後手に回るより、先手を打つタイプです。
    学校で何か問題が起こってからでも遅くはないのかもしれませんが、想定できる範囲をあらかじめ考え、息子が小さいうちはそんな対応法で、サポートブックも然りで、私は動いていきたいと思います。どの方法が良いという訳ではありませんが。
    また、小学校は厳しい世界・・・確かにその面もあると思いますが、一日の大半を過ごす学校生活はできることなら、できるならば、楽しく過ごしてほしいと思っています。小学校以外の居場所も作ることも大事だと思いますが、まずは、学校生活で一日の大半を過ごすのですから、第1のような気もします。その為に、今、動いているのです。そして、色々な手段を打ってでも、不登校になったら、その時は、学校以外の居場所を本格的に見つける。とにかく、不登校になろうが、私は二次障害(心の病等)にさえならなければ良いのです。また、家庭は心の一番の居場所なので、大事にしてあげたい気持ちは一緒です。
    また、そんなに学校は閉鎖的なものでしょうか?親の介入は最小限、そうした方が良いのでしょうか?
    健常児の子とは違います。ひまわりのように、太陽に向かって自然に伸びていくものではなく、発達障害児は、朝顔のように、支柱さえあれば、綺麗な花を咲かせることができるのです。学校任せにするのではなく、出るところは出る、私はそうしていきたいと思っています。情報交換も大事だと考えます。子どもの成長を学校と一緒に見守り、支えたいという視点で動いていきたいです。
    また、動物はうちにも居ます。本当に健気で毎日癒されています。
    色々な考え方は、とても参考になります。
    ありがとうございます。

    >ローヴィさん
    お子さんが健やかに成長されており良かったですね。
    ただ、うちの息子もローヴィさんのお子さんと同じようになるとは限りません。
    そこが難しいですね。

    ユーザーID:7190108354

レス求!トピ一覧