旦那の不倫発覚! 修復中ですが。。。

レス6
お気に入り55
トピ主のみ0

くみ

男女

結婚から10数年、子供も2人授かり、主人は
昨年から単身赴任で遠方におります。
ふとしたきっかけから
2ヶ月ほどまえに
昨年末ごろからの単身赴任先での不倫が発覚!
相手は近所に住んでる
バツイチ子持ち。。。
合鍵まで渡し半同棲状態だったようです。
LINEもすべて見ましたが
もちろん体の関係もあり
愛してるだの、はやく会いたいだの
完全に本気ではまっていたようで
ばれてからも
結局別れられず、
水面下でつながっていることがわかりましたが、
証拠をつかみ、しめあげたので
今は切れたと主人は言っていますが
信用はしていません

ただ私も主人をずっとないがしろにしてきたと
反省すべき点があったり、子供のこともあり
離婚はふみとどまりした。

現在、絶賛サレラリ中です。。。
今までにはなかった感情で、自分で自分の感情のコントロールがきかずな状態ですが、
ただ、単身赴任ということで、生活をともにしていないぶん、ふと冷静になるときもあり、浮気した主人を捨てたい衝動にもかられます。
気持ちのアップダウンがはげしく、心身ともに
疲弊しております。

今現在同じ経験をされている方、再構築された方
みなさん、どのようにご主人と向き合い
対処されたのか
いろいろな
意見がききたく
投稿させていただきました。
よろしくお願いいたします

ユーザーID:6010453735

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数6

レスする
  • 参考にしないで下さいね

    精神的に病んでましたので。

    第1段階、サンドバッグ
    殴る蹴るをした訳じゃなく、暴言、号泣、実現不可能な要求など、ひたすら夫を困らせました。
    私の苦しみ以上に苦しんで貰わないととても許せない。
    私以外の女の話を夫がすると、それがトリガーになるのか般若と化した。
    夫は本当によく耐え、よく反省してくれたものだと今は思えます。

    第2段階、自己嫌悪
    第1段階が酷すぎて、夫が哀れになると同時に、酷い事をする自分に驚き自己嫌悪に陥る。

    第3段階、勘違いの許し
    第2段階の自己嫌悪からか、報復はここまで。許そうと思った。
    でもそれは仮そめの許しでしかなかった。

    駄4段階、夫の油断とフラッシュバック
    許すと決めて、表面だけでもと思って夫に優しくしてみる。
    油断した夫がある若手の女優さんが、最近色気が出てきたななんて言ったものだからフラッシュバック。
    般若と化した私がヒステリックに浮気されたことの恨みを言い募った。
    それから度々フラッシュバックに悩まされる。

    第5段階、ひたすら繰り返し
    第3段階と第4段階を何度も何度も繰り返してしまった。

    第6段階、疲労期(浮気から6年)
    怒るのにも許すのにも疲れ果てて何も考えなくなった。

    第7段階、ま、いっか(本当の許しまでに7年)
    ある日突然「ま、いっか」と心底思ったのです。
    理由は分かりません。きっかけもわかりません。
    許してあげるとかも考えなかった。
    この人と添い遂げるんだなって思っただけ。
    下の子が就職して肩の荷が下りて余裕ができたのかもしれません。

    再構築中の浮気夫達に言いたい。
    1年や2年でいつになったら許されるんだとボヤくな!
    うちの夫を見倣え。
    7年、文句ひとつ言わずに贖罪の日々を送ったよ?
    1年で許されるようなら愛されちゃいなかったと思い知りやがれ!

    ユーザーID:3907771254

  • 激しい波が段々と浅くなる

    今、丁度6年経ったところです。
    私は完全に離婚するつもりだったのですが、遊びだったと土下座されて子供も懐いてるし、という、
    まあ良くあるテンプレで離婚を思い止まったものです。

    騙され女さん、凄く分かります!
    何度も仮の許し→やっぱ無理、をループする時期があるんですよね。私はここが結構辛くて長かったです。
    疲れ果てるの良く分かります。

    私は、漸く、以前の恨みつらみではなく、今、私が不安なのはこういう事だと
    冷静に夫に伝えられるようになりました。

    感情のアップダウンが直後は物凄くて、体重も病的なまでにガンガン減りました。
    その振れ幅が、何年もかけて少しずつ小さくなるんですよ。

    私は夫に感情をぶつける事は、最初のうちだけで、あとは中に溜め込みましたが、その代わり、数年にわたってものすごい勢いで身体を壊してしまい、夫は仕事に家事に育児に奔走する日々になりました。
    まあ、自業自得だとは思いますが、文句一つ言わずに支えてくれた、その頑張りを見ているうちに少しずつ落ち着いてきた感じです。

    私の中の以前の夫は死んでしまったので、その七回忌が終わった頃には、以前の夫を吹っ切って、
    新しい今の夫との生活がようやく落ち着くんじゃないかと今は漠然と思っています。

    妻と別れる気が無いなら、軽い気持ちで浮気なんかするもんじゃ無いですよね。夫見てると本当にそう思います。
    数ヶ月のお楽しみが、その後の10年弱に影響を与えることもあるわけですからね。。。

    でも、夫を許しても添い遂げる覚悟を持っても、いつでも離婚できるようにと心の準備をしている
    自分は決していなくならないでしょうね、死ぬまで。そこは確信があります。
    そこが昔とどうしても違うところです。

    ユーザーID:7052609983

  • そういう人格はなおらない

    奥様に、女がいることがばれて、反省した演技しても、また、やりますよ。今度は別の女と。
    もっとばれないように。

    もともと、自分の欲望のためならなんでもする。家族も裏切れる人格なんです。

    一回限りの、浮気がばれて、旦那さんをしめあげて反省させたって、思っているのは、奥さんだけだと思う。

    それ以前にもあった可能性が高いし、今後もある可能性も高い。

    反省の演技をしてるけど、ばれなかったら、ずっとやってますよ。

    反省したふりをしてても、結局、奥さんに申し訳ないと思う人は、最初から浮気なんかしない。

    だから、うそつきなんです。

    例えば、児童虐待だって、ばれて公的な機関に叱られたから、反省したふりをしてるだけで、もともと子供の事を愛してたら
    虐待なんて、絶対にしない。

    迫真の演技をしながら、心の中ではどう思っているかはわかりません。

    チェ、ばれちゃった、今度はもっと、ばれないように、やらなきゃ。くらいにしか思っていない。

    残念だけど、ご自分の結婚相手は、ひどい人だった、ひどい人の子供を産んでしまった、ってことなんでしょうか?

    ユーザーID:9332738217

  • わかる

    騙され女さん、ぷーちゃんさん。
    どちらの書き込みも分かる〜と思いました。

    私の場合は不安定期間を乗り越えて7年目ごろに「ま、いいや」と憑き物が落ちたかのように落ち着きました。

    それまでに夫がひたすら低姿勢だったのが大きいと思います。
    夫自らの申し出で携帯GPS機能でいつでも居場所を把握できるようにしてくれました。
    仕事後もすぐに帰ってくるようになりました。
    許すというかもういいやと思えるには夫の態度がとても重要だと思います。

    7年かけて「夫も私と一緒に居たいのだな」と本心から思えたことで安心できたというか、たかが浮気なんてもういいやと思いました。
    本気でないと7年も妻の言いなりなんて無理だと思うので。

    7年間夫の態度を見て来て、あれ(愛人)は本当に浮気で私が本気だと実感できたんです。
    愛人のほうはあっという間に捨てたけど私にはGPSまで自分でつけて生活を変えたわけですから。

    一応夫のことを攻撃し過ぎないようには気を付けました。
    私のほうに離婚したくない気持ち(愛情)が残っていましたので、夫を責めたとしても責め過ぎないように逃げ道は残しつつコントロールはしていました。

    ユーザーID:6089985846

  • 一年経った者です

    騙され女さん、ぷーちゃんさん、今は専業主婦さん、レスに大変励まされました。
    そして、トピ主さん、一緒に励まされてくれていると嬉しいです。

    私は主人の浮気発覚から一年経った者です。”とりあえずは”再構築すると決めましたが、
    まだ泥沼の中で浮き沈みをしている状況で、この一年間の記憶も途切れ途切れです。
    この自分の状態に、自分でも「もっと頑張らなければいけないのでは」と思っていた時にこのトピ、助かりました。
    「7年かかるそうです」という言葉を添えて、主人にこのトピのURLを送りました。
    しっかり受け止めてくれていました。

    お礼まで。

    ユーザーID:0377552723

  • フラッシュバックが怖かったけど恐る恐る読んでみた

    みなさんの傷跡がひしひし伝わり、共感しました。

    私は突破口が欲しくて、裁判の場で慰謝料請求しました。

    まさか自分がそんな事を実行するなんて思ってもみませんでした。

    いちばん驚いていたのは夫かもしれません。
    報復とか、恨みとか、そういうものから最も遠い所にいる人間だと私の事は位置付けていたでしょう。

    その私が鬼のような顔をして、弁護士さんと打ち合わせし進めていく姿に夫はショックを受けていました。

    今思い返せば、私が常軌を逸した行動に出たのは、夫と相手女性がいかにも大人の男と女の恋愛のようにいつまでも酔っていたからなのでしょう。

    耐え難かったのです。

    私にとっては離婚するよりもつらかったのです。

    そこから脱する為に真実を知りたかった。
    離婚も辞さない覚悟を決めて。

    裁判はとても生々しいものでした。

    裁判をして本当によかったです。
    最初は私がこんな事…と恐れもありましたが、裁判では面白いくらい私の疑問が解け、驚きの事実が次々明らかになりました。
    相手女性の経歴がほぼ嘘だったのには笑いました。

    夫の酔っていた大人の恋愛はこれで終わりました。

    それから長い夢から醒めた夫の懺悔と後悔の日々が始まるのでした。

    しかし今でも震撼します。

    想像を超えていたからです。
    本気で略奪を狙われたら「まさかそこまで」と普通の人は考えるでしょう。

    私は不倫そのものもそうですけど、こういう企みにホイホイ乗った夫が今も許せません。

    今もあの恐怖の体験は、私をダークサイドに陥れます。
    夫にも私の受けた同じ恐怖を味合わせたいですよ。

    それでも裁判で現実を直視し、憑き物が取れたようになった夫と離婚する踏ん切りはつきません。

    あの間だけ、記憶を消してしまいたいです。

    今目の前にいる夫はよく私の知っている夫です。

    それでも毎日上の空で冷たい目で私を見る夫が、今も度々蘇るのです。

    ユーザーID:6078325870

レス投稿

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧