現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

持病のある方、仕事を再開するタイミング(時期)

あじさい
2019年6月19日 17:07

40代前半の喘息と貧血もちの、子供なし専業主婦です。

持病による療養のために、ブランクが長くなってしまい、仕事(パート)から再開するタイミングについて悩んでいます。

喘息は、梅雨時の今、ややコントロール不良です。真夏や真冬は比較的落ち着いていますが、台風やインフルエンザの流行時期もあり、タイミングが悪いとガイドライン上では通年コントロール不良のようです。治療ステップ4に近い3。通院や薬は欠かさず、何でもないときは何でもないので普通に生活できるので、この点がなかなか周囲から理解が得られず、台風や嵐の接近や夏から秋にかけては、当初よりはだいぶ良くなったものの、医師からは、まだコントロール不良だと言われています。

貧血は、血液検査の結果を見ながら、医師の指示で鉄剤の服用を増減したり中断したりしています。貧血の方は、初夏から秋の初め(暑い時期)が辛いです。

どちらも同じ医師に診てもらっています。

そろそろパートを再開させようと考えています。

久しぶりに働き始めるので、仕事に対するブランクよりも体調の事が心配あります。

最初は短時間から週3日程度で日中に仕事を始めようかと思っていますが、なかなか思う様な求人はなく、職種も限られます。資格より経験が問われます。

働き始める時期としたら何月ごろのスタートが良いのかな?などと思っています。

喘息の事を考えると夏から、貧血の事を考えると秋からが良いのか?など思っていますが、タイミングで良い求人があれば時期を問わずに働いたほうが良いのか?など悩んでいます。

持病や子育てなどで久しぶりにパートに出た方、出ようと思っている方、いかがでしょうか?

無理をして体調を崩してはいけないという心配もありますが、逆に働き始めて体調がよくなるかな?という期待もあります。

ユーザーID:1189954517  


お気に入り登録数:3
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:3本


タイトル 投稿者 更新時間
育児介護ブランクなら4月1日スタート/持病なら無理しない
オペ後復帰社員
2019年6月19日 18:24

>持病や子育てなどで久しぶりにパートに出た方、出ようと思っている方、いかがでしょうか?

育児や介護など家族などの事情であれば、新年度4月1日就業開始が都合が良いです。
保育園や学童保育などのスタートと合わせやすい、
他の採用者と一緒に研修も受けやすい、
事務手続きも他のスタッフと一緒に処理できてスムーズに運びやすい
OJT受け入れ態勢も整えやすい、
等のメリットを感じています。

逆に機を逸した入社の中途のスタッフさんは研修も受けられずに現場に放り込まれて入社日から現場に出されて、健保の保険証の証明書すらなかなか届かなかったりして、すごく気の毒な事が多々見受けられました。

一方で、一過性の疾病の罹患であれば、完治を待って職場復帰のタイミングを計るのがベストですが、持病持ちであれば完治または寛解は難しいのですから、主治医に相談しながら体の無理のない範囲でマイペースで出来るお仕事でないと厳しいのではありませんか?

仕事の再開は「一年間通して毎日休まずに勤め上げることができる」体調になってからでも遅くは無い、フルタイム並みに体調が整った上で短時間パートタイマーでの再開をおすすめします。

非正規雇用が当たり前となった今、パートさんも欠勤なくきちんと一人分の即戦力として求められる時代です。
パートだから休める、は誤解です。
働き始めて体調がよくなるのではないかと言う期待値でしたら、ボランティアなどの社会参加をお勧めします。

ユーザーID:7532200103
断念しました
カモミール
2019年6月19日 20:35

お仕事は是非ともしたいということですか?経済的な理由では
ないのなら、気長に無理しないで探されたらいかがですか。

私も( たぶんトピ主さんよりずっと年上? ) 、持病があり、先々の予定が立ちにくいです。
事情をわかって下さる方にドタキャンでもOKと言って頂き、週に一度だけ仕事しています。

この春、子供の手もすっかり離れたので、ぶらぶらしているのも居心地悪く、
週3回、4〜5時間程度の仕事を探しました。
でも、そんなに都合のいい話はないことにだんだん気づきました。

今も、社会貢献しなくてすみません、という気持ちは少々あるものの、
仕方ない、とすっかり諦めました。

ある日突然、エネルギッシュな体にならないかなぁ、とも思います。

ご自愛下さい。

ユーザーID:3811162426
慣れだけです
ゴリラ
2019年6月20日 16:26

男性にだって女性と同じく持病を持つ方は多いはずです。しかしこのトピ主とは違って今現在働いています。ですから本当は働けるけれど、持病を免罪符に働かない状態を選んでいるというのが実情です。
男性が本当に働けない事態に陥ると、かなりの確率で妻から離婚を言い渡されます。トピ主と違って、働けなくなった男性はその配偶者に頼ることができません。その点でトピ主は非常に恵まれていることに感謝すべきです。

ユーザーID:9044567563
 


現在位置は
です