• ホーム
  • ひと
  • 小3娘になんと言うべきか、言わないべきか。

小3娘になんと言うべきか、言わないべきか。

レス27
(トピ主1
お気に入り59

家族・友人・人間関係

心配性のハハ

見てくださりありがとうございます。

小3の娘は、友達作りがうまくはなく、先生からも
教室でもポツンとしている時があります、と聞いております。
ただ、今のところ学校に行きたくないと言ってはいません。

幼稚園の時から、園や学校であったことを家で話すことを嫌がります。
表情を見ていれば、今日は嫌なことがあったんだなとわかるので
さりげなくきいてみても、聞かれる方がストレスだと言った趣旨のことを言われ、
それ以降は静観しています。

学校への行きは集団登校なのですが、帰りは自由なので、
これまでは2軒先の同級生の女の子と帰ってきていましたが、
やはり、近所だからというのが通用しなくなり、
お友達大好きなその子は少しずつ別の子と帰るようになってきました。

娘は自分で「一緒に帰ろう」と誘えない子なので、
一人で帰ってくることが多くなってきました。
防犯面では心配ですが、一人ならそれでも仕方がないと思っていました。
ところが、下校途中、友達を探して?学校の方へ戻ったりとフラフラしているようなのです。
近所の方がたまたま見つけて、何で反対方向へ歩いていくんだろう?と私に教えてくれました。

娘は聞かれることを嫌がりますが、聞いてみて
一人でまっすぐ帰ってきなさいと言うべきか、
静観すべきか。

心配ばかりで毎日ハラハラです。
こんな私に、アドバイス、お願いします。

ユーザーID:7788062642

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数27

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 探偵のような服装で見守る

    お子さんは,忘れ物を取りに帰ったのかもしれないし,家に帰るまでに、いらだつ気持ちを吐き出すためにあちこち歩いているのかもしれません。

    でも、そういうところを親が知っているのは辛いと思います。

    最近は防犯の意味で,近所の人が声をかけてくれるのはありがたいので、親も、防犯の意味で、お子さんの眼中に入らない距離で様子を見たいと思います。

    お子さんが,一人でも強くなったり、よく似た友達を探したり、そういう姿をそっと遠くでで見る方法を、考えましょう。

    ユーザーID:3367256538

  • 幼稚園の頃から、どんな感じですか?

    娘さんの様子からすると、1人の方が気楽でいいと思ってる訳じゃなさそうですよね?
    幼稚園の頃は、親同士の関わりが無いと友達付き合いが難しかったと思いますが、どうしてましたか?
    トピ主さん自身、娘さんが遊びたい相手の親御さんを誘って公園に行ったり、お出かけしたりしてましたか?
    友達と関わるというのは、園での子供同士の関わりはもちろん、身近な母親を見て学ぶと思います。
    母親は、こうやって誘っていたなぁとか、日々、感じて学ぶ。
    その頃に「○○って言って誘ってごらん?」とか「一緒に誘いに行こうかぁ♪」とママが誘うとか
    こういう積み重ねで覚えて行くことは出来ていましたか?
    こんな時、相談するママ友も居ますか?

    実は、娘が遊ぶ相手の親の中に1人、娘が学校の事を全く話してくれないと言ってる人が居て
    その人は、子供が幼稚園の頃から受け身でした。
    娘が友達を作ってくれば遊ばせてるけど、居なくても放置、子供任せ
    当然、子どもに友達関係のアドバイスをするとか、導くとかありません。
    お子さんも、ママに言っても無駄だと思っているようなんです。
    一軒家を買っても、下の子が大変で、友達は家に呼びたくないようでしたし
    よそ様の家庭の事なので、ああしろ、こうしろとは言いませんが
    なるべくしてなった感じがしてます。だから、トピ主さんのところはどんな感じなのかな?と思いまして。

    まず、子供が母親に頼りたいと思うような関係かどうか、考えてみて下さい。

    ユーザーID:3853065214

  • 大丈夫!!

    一人でいることは悪いことでしょうか?

    私は悪いことではないと思います。

    やはり防犯の意味で、一人で下校するのは今のご時世心配があるのも分かりますが…
    心配なら、たまに買い物を装って道の途中で待っていてあげてはいかがでしょうか?

    我が子(3年生男子)は1年生のころ、一人でいるのはいけないことだ、と思っていたようで、やはり聞かれることを嫌がりました。

    その時に私は自分の体験談で
    「お母さんは一人でいるのが好きだったよ。特に学校の帰りは好きなタイミングやスピードで帰れたから、一人で帰ってくるのが好きだったな」
    と話し、独りぼっちは悪くないよ、と伝えました。

    それからしばらくは一人で帰ってきましたが、今は帰り道で会うお友達と学年問わず合流して帰ってきます。

    一人でいることが悪くないと思うと余裕が出たような気がします。

    あと、
    「一人の時間は想像力や心を育てる時間だよ」
    とも伝えました。

    ユーザーID:2356788146

  • 私は挨拶ができなくて隠れたり逃げ戻ったりしてたけどね

    娘さんがどうなのかは全く分かりませんが、
    私が小学校からの帰り道でウロウロ行ったり来たり、街路樹や電柱に隠れたりして挙動不審だった訳を書いてみます。

    挨拶ができなかったんですよ。
    で、小学校の指導は「挨拶ができないのは人間のクズ」で、絶対挨拶しなきゃならなかったんです。
    でもできないんですよ、どうしても。
    だから、近所の人を見つけると慌てて隠れたり道を戻ったり、横道に入って壁にひっついて「私はいない私はいない」ってしゃがんでジッとしてたり、そういうことをやってた。
    余計挙動不審だってのもまあ分かってたんだけど、どうしようもなかったのね。
    特にすぐチクるオバサン(まあトピ文の近所の人みたいな人な)だと、母親に話が行って母親が躾がなってないと責められるからすごくいやだった。

    で、私がお嬢さんなら、その行動は「そのチクりババアに気がついてどうしていいかわからずにきびすを返して逃げた」だろうなあと。

    ユーザーID:1971272489

  • これまでどうしてきたのか?

    スイッチさんと同じ意見です。
    地域柄もあるかもしれませんが、幼稚園の頃はもちろん、低学年くらいまでは、親同士で連絡を取り合って子供同士を遊ばせることも多かったです。
    低学年までは、親が放課後に介入できない家の子は学童で、放課後自由に遊べる子は、親がそこそこ介入できる状態であるので、公園に集まるにしても、送り迎え等で親同士で知り合うこともよくありました。
    親の介入がないと、夏休みに遊ぶなども難しい。
    幼稚園の頃から自分からいけないけど、友達が欲しいという子なら、親が働きかけてあげることが大切でした。

    放課後はどう過ごしているのですか?
    自分からお友達を誘ったりして遊ぶ、ということはなさそうですね。
    家に遊びに来てもらえば、かなり友達の中の我が子の様子がわかります。
    放課後、友達と遊ばないなら、何か習い事をさせてみては?
    友達ができるかもしれないし、人と触れ合う時間にもなるし、習い事で自分に自信が出てくると、一人でいることをストレスに感じない強さが出るかもしれません。
    下校が一人で心配の件も、習い事理由にお迎えに行ってしまうとか。
    下校は、私なら子供の数が少なくなり始める分かれ道くらいまで迎えに行ってしまうかも。
    子供自身の拒否の度合いによりますが。
    学校で一人と、下校一人は別問題です。

    学校でのことを話したがらないのは心配ですね。
    まずは、休み時間等のお子さんが話したがらないような話題を避けて、授業で何やったとか給食何食べたとか、答えやすい話題を繰り返してみては?
    そんな話を繰り返しているうちにポロポロ話し出すかもしれません。
    それでもガツガツ聞き出したりしないで、授業内容と同じようにさらっと聞いてあげる。
    悩みを打ち明けだしても、まずは聞いてあげて、学校等に働きかけるようなことは必ずお子さんの意思を尊重することを約束して。

    ユーザーID:6572306034

  • 家族・友人・人間関係ランキング

    一覧
  • 少し見守り、それから軌道修正

    下校の方向を変えてしまうのは親から見ると極端なようで、本人からすれば単なる工夫の一つではないでしょうか?
    帰るとき、門が複数あれば正門からのほうが多くの子が帰って行く、裏門からは少ない、ならば正門のほうから出て少し行ったところから戻ればいいや。
    そんなふうに。
    健気に友達を欲してるだけだと思いますし、そう思えるのは年代的に健全でもあります。

    友達が欲しくて、うまく行かない。
    けっこう辛い。けれど、それは母のほうが辛いんです。
    よくいうでしょ?本人が一番辛いって。
    でも、経験でいいますと、友人関係で苦労してる場合、本人以上に見ている母のほうが辛い。

    今、娘さんは多少「友達ほしいなあ」とちょっぴり寂しい思いしてるかもしれないけれど、
    母であるあなたがセンシティブになってるほどには悲観していないものです。
    親は先を見るから「ああ、このまま大人になっても寂しかったらどうしよう」とそう悩む。
    子どもは先を想像しないから「今日も誰とも遊ぶ約束できなかったらやだなあ」くらいしか考えていない。

    なので、「こっちに歩くほうが誰かいるじゃん?私あったまいー。誰かいないかなー」と反対側を歩いていてもそれほど悲観しないでください。
    時間があれば、そっと見守るもいいですが、その都度「ああ、また、置いてかれちゃってる・・・」とかクヨクヨなっちゃうおそれがあります。
    なので、
    「最近、帰るの遅くない?まっすぐ帰ってる?」と聞いて「え?ああ・・・まっすぐ帰ってる!」とあせって答えて
    翌日から軌道修正すればそれでいいってことにしませんか?

    ちなみに、子どもそれぞれに通学路は申請をしていて、それと違うところに寄り道してての事故は学校の補償外です。
    いくらかは本人の創意工夫の延長ということで緩やかに見守りつつも、原則、帰宅は安全第一ということにしてあげてください。

    ユーザーID:2697599823

  • 気にしすぎ

    小学4年くらいになると、行き帰り時の友人関係のトラブルが増えます。
    〇〇と一緒に帰ってたのに、△△も加わったから嫌だ、とか。
    今日は〇〇と帰りたいのに、△△に気兼ねしてできない、とか。
    無理に画策して、挙句そんなのに巻き込まれるくらいなら、一人で帰る方がマシだと思う。
    お母さん、気にしすぎ。
    習い事でも始めたらどうですか?
    放課後は友達と遊ぶのが正しい、なんて過去の話しです。

    ユーザーID:3122584929

  • 親は冷静を保つ努力を

    心配ばかりで毎日ハラハラ。
    これは子をもつ親なら当たり前ですが
    それを子供の前で悟られるのはよくないと思います。
    お子さんの前で、お母さんが非常に心配して
    心が安定してない様子を悟られたり
    ソワソワしたり、
    子供に聞きたいことをビクビクして聞いたりしたら
    お子さんは、自分が悪い子、お母さんに心配かけすぎてると
    強く思ってしまいます。

    家ではあったかく抱きしめてあげたり
    一緒に本を読んだりして
    おだやかな時間をお子さんに過ごさせてください。

    おかあさんが、あまりにもいろいろ聞きたがると
    家までも、お子さんはお母さんに気をつかって
    くつろげなくなってしまう。

    ユーザーID:1182390174

  • 真っ直ぐ帰ってきてね

     母親が、早く帰ってきてねと言うのはいいことだと思います。
    友人関係の心配は解りますが、学校だけがたった一つの世界ではないはず。
    家庭に帰れば自分の世界が合って、やることがある。そういう環境があるという事が大事だと思います。
    帰ってきたら一緒に買い物だけは行くとか、一緒にサラダを作るとか、一緒に何か必ずすることを作ってはどうでしょうか?
    可能なら、ペットを飼うのもいいですよ。
    何かしなければならない事がある、自分がしてあげなければならない命がある、これは自分の存在価値を高めます。
    友達と仲良くできなくても喧嘩しなければいいのです。いじめたりいじめられたりしなければ、一人をしっかり過ごせる人は、必ず中学、高校になれば好かれます。

    ユーザーID:4657440037

  • 詮索はしないであげて

     自分と娘とを重ねてしまい、自分の事のように心配して傷つくというパターンです。
     でもあなたが娘の立場そのものになってしまったら、親や大人としての客観的なアドバイスはできないでしょう。娘さんの気持ちに寄り添うのと、共鳴してしまうとでは全く違います。
     それと娘さんだって、行動を把握しようとするような質問は不快でしょう。おそらく小さいころから「どうだった?」「何したの?」というような聞き方をしていていませんか? 自分自身が「お母さん、今日は何してたの?」「友達とはどう?」と聞かれたら嫌でしょう。
     「今日の図工は何作ったの?」とか「どんな歌を歌うの?」とか具体的な質問だったら答えやすいと思いますし、自分自身に興味を持ってくれている感じがすると思います。
     あと早く帰ってきてほしいなら、「一緒にホットケーキを作りたいから早く帰っておいで」とか「買い物行こう」とか楽しいことを用意してあげることでもいいんじゃないでしょうか。

    ユーザーID:6427361556

  • 自己肯定感

    お子さんと家族との関係はどうですか?
    一人で下校する悩みというのは枝葉であって、根本は、本人はお友達が欲しいのに人間関係をうまく築けないということですよね。
    人が最初に出会う人間関係とは家族です。世の中に出ていく前に、家族の中で対人関係を練習して自信を付けて、他人との関係の築き方を学んでいきます。

    お母さんとの関係はどうですか?信頼関係はできていますか?困ったことがあったら何でも寄り添って一緒に考えてくれると子供は思ってくれていますか?

    夫も私も実は全く社交的ではなく、私自身人との付き合いが億劫で一人でいるのが好きな面があるので、子供にはそういう悩みを持ってほしくなく、子供が出来てから特に、意識的に、誰にでも挨拶する、知らない人にも気さくに話すようにしています。

    それを見て育った子供は挨拶すると返事が返ってきて気持ちいいね!と言うし、初めての場所に行っても自分から声をかけてすぐに友達になります。何か友達同士でトラブルがあったり、気になることがあったら、すぐに報告してくれるので、解決法を一緒に考えます。

    あと気になったのは、お子さんの自己肯定感があまり高くないのかな?と感じました。自己肯定感が低いと自信がない→受け身になって話しかけない→おとなしすぎてつまらないからお友達ができにくい とならないかな。

    外に出ていく準備ができていないなら、お母さんがお友達代わりになって、本気で遊んであげたらどうでしょう。そして少しずつおしゃべりと自信を引き出してあげてほしいです。家でどんどん褒めてあげる、お子さんが興味あることにお母さんも一緒にはまってあげる、一緒にテレビをみて感想を言い合う、何でもいいです。私には存在価値があるという自信を付けてあげてください。

    ユーザーID:0207857648

  • ありがとうございます。

    幼稚園前から、児童館やイベントへ、他のママさんが驚くぐらい連れて出歩き、
    たくさんのお友達と触れ合ったり、
    自宅でパーティーを開いたりしてきました。
    実際、次女(幼稚園児)がいますが、こちらはお友達大好き!
    一緒にやろう!と誘える子です。
    長女(小3)のお友達を誘えない、自分から声がかけられないというのはもう性格だと思っています。
    わかってはいてもハラハラするのは、ある程度仕方がないにしても
    正直娘より私の心の問題かもしれないとも思います。

    見守る。
    この言葉、本当にぐさっときました。
    分かっていても、簡単そうに見えても、
    それが私にはできていないんだと。

    冷静を保つ努力。
    頂いたこの言葉は、見透かされているような気持ちになりました。
    嫌なことから逃げてうまいことやってきた私と違い、
    長女は立ち向かいはしませんが逃げることもしません。
    慌てふためいているのは実は私の方ということも十分言えます。

    皆さまのお言葉、肝に銘じ温かく見守ろうと思います。

    ユーザーID:7788062642

  • 正面からでなく。

    確かに心配ですね。なにか得意なものを娘さんと一緒に探し取り組みましょう。問題に正面から向かうより 本人の好きなものから…絵・楽器・英会話…自信をつけさす事から。

    ユーザーID:9636802014

  • あれこれ聞くより行動を

    結論から言えば、このまま静観していても問題なく成長されると思います。
    自分の世界は親が介入したところで何も変わらないという自覚のあるお子さんな気がします。

    それでも親としては心配でたまらない、ということであれば、お子さんの世界を詮索するのではなく、根本から支えるような活動に参加されるのも一つの方法です。

    学校の本部役員の活動、登下校見守りボランティア、子供会役員、地域のお祭り活動、スポ少など、親子でがんばる活動はたくさんあると思います。

    うちの息子、といってももう結婚して父親になりますが、かつて小学生の頃はポツンとしていて、それは心配し、親同士の付き合いで外堀を固めようとしたり、地域のお囃子団体に参加して忙しくくっついて歩いたり、小中学校で役員活動幹部みたいなことも引き受けて、まあそれは親子セットみたいな知名度で息子が孤独にならないように動きまわりました。
    ですが、それは結局は親の気休めだった部分もあると思います。
    そういう活動を通して、地域の人たちからは一生懸命に地域に根差しているご家庭という評価を得て、先生からの評価もよくなります。
    ですが、その評価と「友達がたくさんできて子供が幸せそうにしてる」ということとは全く別です。

    子供の性格は根っこの部分は変わらないのです。
    1人でいて寂しくない、あるいは寂しいけど、拘りが強くて人が離れていく、100%自分が信頼した友達以外は関わらないほうが気が楽、というような子もいるのです。
    まさにうちの子がそうでした。後々になって子供の頃に書いた作文を読んでつくづくわかりました。
    親の安心のために子供を誰かと比べて多数派に当てはめようとしてたこと、反省をしています。
    そんな子でしたが、一人前に社会人になり結婚しましたし、親友と呼べる友達も少ないけれどいますよ。

    ユーザーID:1685144229

  • 娘さんの良いところを認めてあげて欲しいなぁ

    トピ主さん、娘さんが辛い思いをして欲しくなくて、
    つい色々と考えてしまう母心、とても分かります。
    娘さんに笑顔で過ごして欲しいですよね。

    とはいえ。
    私は子ども時代、母にそのように見られているのが一番嫌でした。
    母が、「友達と楽しく遊んでいる娘」を求め、それに応えられるように
    遊んでくれる友達はいないかなぁ、
    私が一人でいると分かったら母は如何思うのかなぁ。
    私は、自分より母の気持ちの方を心配して、対応しようとしていました。

    本当は。
    「ひとりでもいいよ」
    「どんな状態でも、私はあなたが好きよ。見守って応援してるよ」
    「あなたのこんなところが素敵だよ。お母さんは好きだな」
    「大丈夫。いつでも見守ってるよ」
    そんな風に、私を信じて見守って欲しかった。

    今、振り返ると、母の心配は
    「娘が心配」と言いながら
    「娘の親である母がどう見られるか心配」
    「母の理想的な状態にない娘は認められない」
    だったんだなぁと思っています。

    友達とのことより、
    母の心配という名の視線が辛かった。

    ユーザーID:6073303692

  • 話し合う。

    お母さんの心配な気持はわかります。

    娘さんにとっては、突き詰められると疎ましいのでしょう。

    「もし、悩んだり悲しい思いをしてるなら話してね。
    手紙に書いてくれてもいいし。
    日記を書いては?」くらいに。

    自分から行動し、友だちを作ろうと頑張ってるのでしょう。
    心の成長期、一生懸命です。

    今は心の中で応援、見守るしかないのでは?

    ユーザーID:3883946593

  • 私がそうでした

    私自身が娘さんのような子供でした。
    ずっと一緒にいてくれる友達がいる時はいいけど、1人になってしまった時にすっと輪に入っていけない子だったので、ちょいちょい1人ぼっちになってしまってました。
    高校生になってもそんな感じだったので、同じクラスの女子に挨拶するだけでおどおどしてしまい、下駄箱に誰かいたらいなくなるまで離れた所で待つぐらいの人見知りでした。
    今は40代の子持ちの主婦ですが、私も子供の友達関係がすごく気になってしまう方なので、トピ主さんの気持ちわかります。

    私の母は大して詮索もしなかったですが、救いの手を差し伸べてくれることもなく、たまに「あんたは友達いないよね」と馬鹿にして来たのですごく嫌でした。私にはやってみたい習い事がいくつかあったのですが、それらは全て却下され、やりたくない習い事をさせられていました。極度の人見知りだった私ですが、成人してからは自分のやりたかった趣味に打ち込み、今ではその趣味関係の友達がいっぱいいます。共通の趣味を持った友達となら話は尽きないですし、趣味を通じて常に知り合いが増え、その中でも気が合う人とは仲良くなり、頻繁に連絡を取り合ってます。娘さんも学校以外に打ち込めるものがあったり、自分の居場所があれば、学校で1人でも気持ちは大分違うのじゃないかと思います。また、その打ち込めるもので仲間ができたり、友達ができる可能性もあります。
    トピ主さんは優しいお母さんのようなので友達を作れないことを馬鹿にしたりはしないと思いますが、「自分から声かけてごらん」って言うのは、優しく言ったとしても、できない子にはプレッシャーだと思います。
    でも一生そうかというと、そうでもないです。大人しかった私ですが、今は割りとはっきりものを言う方だし、初対面の人とも話ができます。娘さんも成長過程で大きく変わるかもしれません。

    ユーザーID:2608623361

  • 気持ちに寄り添ってあげて下さい

    今はアラサーですが、娘さんと似たようなタイプだったかもしれません。
    親に色々と話すのがどうも苦手でした。
    ただの口下手なんだろうと自分で解釈していましたが、大人になって気付きました。
    どうも、親に話すと、親の価値観を押し付けられ、更に不安になるようです。
    例えば、今回のケースだと、恐らくトピ主さん自体が娘さんに友達がいない事が不安ではないでしょうか。
    だから、その価値観に基づいて色々教えたくなる。
    ただ実はその無意識の親の不安のせいで、不安が倍増していたように感じます。

    子供なんて幼いです。不安を特定することすら難しいことがあります。
    私自身、今思えば、「友達がいないと感じているのが不安なんだね(不安の言語化、共感)
    友達に関係なく、私は私で、素敵だよ。(不安の解消)」みたいな、感じで話して貰えたら安心できたのかな、と。
    こんな感じで聞いてもらえる両親だったら、不安を抱え込まずに話す事が出来るようになっていたのかもしれません。

    ユーザーID:1515757959

  • みんな

    >幼稚園前から、児童館やイベントへ、他のママさんが驚くぐらい連れて出歩き、
    >たくさんのお友達と触れ合ったり、
    >自宅でパーティーを開いたりしてきました。

    あの…。世の中の人はみんなパーティ好きで、パーティ好きは必ず正しい事なのでしょうか?
    私の母もあなたのように、私の友達やその母親を招いて色々催しては、自己満足に浸ってました。
    パーティがお好きなら、ご自身のお友達を招いたらいいですよ。
    子供をダシにしないでほしいです。

    ユーザーID:8552347109

  • 辛い

    読んでいて胸が痛くなりました。
    何も出来ないのがもどかしい。

    馬の合う友達が出来るのを待って
    静観するしかないと思うのですが
    胸が痛くなります。

    お子さんにいい友達が出来ますように。

    ユーザーID:6385720437

  • とにかく一緒になって落ち込まないで

    他のことならともかく、友達関係は相手のある事ですからなかなか難しいですよね。

    ひとつだけ言えるのは、だからこそあなたには何もできない、という事。
    だから、ハラハラしたり追求したりせず、どーんと構えているてほしい。
    もしお子様が悩んでいたとしても、わかるよ辛いね、と気持ちをわかってあげるけど、でも、大丈夫だよ何とかなるよ。お母さんは味方だよ。とあなたは大らかでいてあげてほしいです。


    私も子どものことでは色々経験しましたけど、
    ・気持ちをわかってあげる、受け入れてあげる。
    ・でも、一緒に落ち込んだり悩んだりしない。
    ・お母さんにもそんな事があったという体験談を話す。

    ……こんな感じで乗り越えて来ました。
    お友達関係のこういった事は、お友達もあなたも誰も悪くないんだという事も伝えてあげてほしいです。

    ユーザーID:7276112314

  • それはそれで・・・やりすぎでは?

    ママ友とかいなくて、付き合いもない、人も極端だけど
    >幼稚園前から、児童館やイベントへ、他のママさんが驚くぐらい連れて出歩き、
    >たくさんのお友達と触れ合ったり、
    >自宅でパーティーを開いたりしてきました。
    これは、これで、極端ではありませんか?長女の方は楽しんでいたのでしょうか?
    丁度良い関わりってありますよね?次女の方には合っていたようですけど・・・。
    娘にこうあって欲しいという押し付けが見えると、子どもは引きますよね。

    で、その幼稚園の頃からの関わりのある子たちの中に、娘さんと気の合う子はいなかったのですか?
    お子さん主体で、お子さん同士が仲良い人のママさんと仲良くするという関係はないのですか?
    イベント的な関わりではなく、ジックリ仲良くするというような。

    学校でのことを聞かずに我慢しているのは良いと思います。
    家に帰ってきてから楽しめるようなことはありますか?
    ママと2人でジックリとか。

    うちは、マウンティングして来る子が友達で、ずーーっと我慢してましたが
    最近、キレてこじれて、嫌な事は嫌と言ってみたり、先に帰ると言って帰って来たり
    毎日、ごちゃごちゃやってまして、相談されて、アドバイスしての毎日ですが
    とりあえず、好きそうな本を借りて置いたり、揉めた頃にswichを買ったり
    オヤツを手作りしてみたり、家で楽しめることを増やしてます。

    ユーザーID:8907844272

  • 1人でいることに自信をつけさせる。

    うーん、うちの母親そっくり〜。
    でもトピ主さんほど重症じゃなくて良かった。

    私は、一人で良い派でした。
    たしかに友達といたら楽しいです。
    でもねー、自分が友達といて楽しい時って、
    一人では暇な時とか、帰り道で如実に一人だと目立つって時です。

    要するに、私も友達を利用してるんですよ。
    そのことがわかってたので、友達作りは積極的でない。
    だって四六時中ベッタリつきまとわれたら面倒です。
    だから、都合のいい時だけの友達が欲しい。

    でもうちの母親は、友達がいるかどうかを気にします。
    小中学校の時は、すごくプレッシャーでした。

    トピ主さんのところなんて、小さい時は
    家でパーティ?児童館に行きまくり?
    怖いです。
    多分、娘さんは私みたいな人間に近いと思う。
    だからトピ主さんの期待に応えないと…と思って、
    別に一緒にいなくてもいい友達に固執してしまうんです。

    勿論実際に寂しいのかもしれないですが、
    対人スキルもないのに友達を作っても、
    その友達に手酷く裏切られたら去られたらしたら余計に傷つきます。
    トラウマになったら大人になっても友人作れませんよ。
    余計な事はさせないのが1番。

    学童行ってるわけでもないなら、
    習い事はどうですか?
    教室に行く以外にも通信や短期もあります。
    一人で集中力を養うってのも手です。

    因みに私は大学で自分の好きな分野に行ったら、
    一気に友達が増えました。
    なーんだ、会話が合わなかったのかぁ。
    という感じです。今まで友人トラブルもなし。

    集中力も高く、自分一人で進めるのが得意だったので、
    専門職で順調。
    家族もいるし友達も居ます。
    私が1番辛かったのは、小中高かなぁ。
    昔の私に、友達なんて別に居なくてもいいよー。
    と教えてあげたい。

    ちなみに子供は明るく友達も居ますが、
    私は友達はいなくてもいいよ。
    どんな貴方でも好きと伝えています。

    ユーザーID:1873226681

  • 胸がキュンとなります

    トピ主さんの2回目のレスも拝見しました。

    お友達が増えそうな場所へ連れて行くことは実行しつつ、見守る態勢も大切ですね!
    私もそう思います!

    ユーザーID:3889151315

  • たぶん逆効果でしたね

    長女さんの自分から行動できないのは性格だとおっしゃるなら、トピ主さんが出歩いたりパーティーを開いたりは逆効果だったと思います。
    そういう性質を持った子は、人の集まりの場において余計に消極的になる場合が多いんですよ。(性質に気づいてフォローができていたら大丈夫なこともありますが。)

    >他のママさんが驚くぐらい連れて出歩き
    何事もほどほどにしないと、マイナスになりますよ。

    過ぎてしまったことは仕方がないので、今から出来ることは自己肯定感を育むことが一番ですね。

    ユーザーID:1333564100

  • 似たタイプの娘がいます。きっといいお友達もできますよ。

    中1の娘がいます。うちも自分から誘えない子でした。

    放課後、誰々ちゃん達が遊ぶ約束してたと聞くと、偶然を装って公園に行ったりしてました。でも自分から「入れて」と言えないから、その子達の周りをウロウロしてたそうです。
    きっと誘って欲しいんでしょうね。それがわかるから、我が子が可哀想で。

    昔、幼稚園の先生が言っていたのですが、「今日は楽しい事あった?」と聞くのはタブーだそうです。子供は親が、自分が楽しく過ごした事を期待しているのを察知できるから。
    楽しかった事がなかった時に心苦しくなってしまい、架空の「楽しかった話」をする子もいるそうです。
    お子さんが学校の事を聞かれるのを嫌がるのも、こういう心理かも?

    友達の話以外でも、話したがりませんか?
    今日は困った事はなかった?今日の給食は当たりの日だった?暑いと鼻血出す子いるよねー。いない?プール寒くなかった?
    こう言った話題も嫌がりますか?
    「ただ今日あった事を聞きたいだけなんだ」って思ったら、自分から学校の事話してくれる様にならないかな。

    まっすぐ家に帰らない事に関しては迷う所だけど、我が家はダメって言ってます。寄り道してたでしょ!!と怒りはしないけど、ダメなことだよと折に触れ伝えています。

    いつもの時間に帰ってこないと、誘拐されたのかと心配でたまらない。決まった通学路を通ってくれないと、探しに行けない。
    下校時刻に災害が起こった時、巻き込まれたかもと思っても助けに行けない。と、理由も説明してます。

    ただフラフラしてたお陰で友達と会って一緒に帰れたと言えばその時は、嬉しいであろう気持ちに共感する事を優先します。

    寄り道しないで帰ってから友達探しに行きなさい!と徹底させてしまうと、急いで帰ろうとして不注意から事故に遭ってしまう事が心配。

    ちなみに娘は今、少しずつ自分から声をかけれる様になって自信をつけつつあります。

    ユーザーID:5897776968

  • とろろさんの意見

    とろろさんの意見にホロリときました。
    40年近く前の私の気持ちを代弁してもらったようです。

    私の母は社交的で華やかなタイプだったので
    引っ込み思案な私が理想の娘でない苛立ちを
    いつも感じていました。

    友達が少ないこと、本当はそんなに辛くなかったかもしれない。
    それより、人気のない自分が母から失望されるのがとても悲しかった。
    とても、愛情深い母だったのです。
    それは、よくわかっています、今でも。
    心配をしてくれていたことも。

    今は三人の子供がいて
    性格はそれぞれです。
    私は母の言葉を反面に、対応するようにしています。

    ユーザーID:7026811282

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧