発達検査を受ける覚悟?

レス18
お気に入り21
トピ主のみ2

たま

子供

忘れ物が多い、年齢より少し幼い小2男児の発達相談に行ってきました。
今まで学校などからそういったものを受けてみては?と言われたことはなく
「この子はやればできる子」と1年生の時の担任からも言われました。
ただ、2年生になり担任がやさしく宿題の量も減り、自主学習もなかなか進まず
今後の見通しを立てたくなり支援センターのようなところへ相談に行きました。

後日学校での様子を観察しに出向いていただけることにはなったのですが
その時にセンターの方から「発達の検査とかも受ける覚悟がありますか?」と聞かれました。

私たち夫婦の考えでは検査をしていただき、得手不得手を理解したうえで
家でできる限りのことをして凹みを目立たなくしたいと考えているのですが
【覚悟】という言葉を使われるということは、何かデメリットがあるのかなと思い調べましたがみつかりません。

地域によって何かデメリットがあったりするのでしょうか?
学校や(発達相談ではない)かかりつけの小児科などに聞いてみたほうがいいでしょうか?

ユーザーID:6057571523

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数18

レスする
  • 診断が下りた場合

    ハッキリと診断が下りた場合、受け入れられない親御さんっているにはいます。
    「障害者だなんて」って失礼な考えを持った方々です。
    もう、それだけで絶望しちゃって無理心中考えちゃう人もいますからねぇ。
    そういった偏見を持った方々が親御さん以外にも少なからずいるので、
    公表、告白すると偏見を持たれる可能性があります。
    何かトラブルがあると一方的に
    「あの子は障害があるから」と事実を確認せずに悪者にしちゃう人もいますし
    中には子供に一緒に遊ばないように言うような困った親御さんもいます。
    また本人が障害がある事を否定的に捉えてしまう事もあります。
    「僕はそんなんじゃない。」って。
    そうなると支援を受けにくくなります。
    そういう事をひっくるめて「覚悟があるのか?」って事だと思いますよ。

    偏見を回避する為に告白をひかえたり
    本人に前向きに受け取ってもらえるような説明をしたりして
    親御さんが落ち込んだりしないんだったら
    メリットしかないと私は思います。
    ハッキリした方が今後の方向性を考えやすいですし
    色々手をうてることもあるかと思います。
    ただ無理に凸凹をなくそうとしないであげて欲しい。
    認めた上で、楽になる方法を一緒に考えてあげて欲しいと思います。

    ユーザーID:6796503677

  • 要するに

    「あなたの子供は発達障害です」と聞かされて、ショックを受けない親御さんはいないということで、キチンと現実を受け入れる心構えがあるかという問いだと思います。
    そして、そういった子供の実態と真正面から向き合って、けして簡単お気楽ではない子育てと適切な支援を受けることを抵抗感なく実行していく覚悟があるか?ということだと思います。

    デメリットがあるとするなら、「やればできる子」という「信じる心」が「過剰な期待」になってしまい無理強いをしてしまいがちな親御さんになってしまう懸念。
    それは世間体が気になり、自分の子が発達障害であることを隠したり「発達障害=悪」という思い込みによるところが大きいと思うんですね。

    人間って、大なり小なり発達していない脳の部分ってあると思うんです。
    そして他者より秀でた部分も必ずある。
    すべての能力が平準化されてる人の方が珍しいくらい。
    息子ちゃん、好きなことが見つかるとイイですね。

    ユーザーID:7965309375

  • デメリットは

    障害と診断されて公表した場合はやはり白い目で見かねられないことです。
    うちの子たちは2人とも自閉症で、保育園時代は公表しても温かく接してもらうことができました。
    ただ、小学校に上がり普通級に進学した次男については先生にしか言ってません。
    それだけ問題なく学校ではやれてるというのもあります。

    まぁ、でも子供の発達検査、おそらくウィスクですよね、とって、なるほどなと思うことが多いです。
    ただお子さんによっては、そのテストででてる数字がそのままとも限りません。多少誤差があります。
    次男は拒否反応が強くすうじがひくめにでました。
    他の先生ならもう少し良くでたかなと。

    長男も年長の時にとったビネーと3年生になってとったビネーでかなり数字が違い驚かれました。
    長男も年長時はまだまだ人見知りが残っていたようです。

    ユーザーID:8117502507

  • 誰にも言わなければいいんです

    発達障害の検査は大事です。あなたも図書館から沢山発達障害の本を借りて、嫌になるまで読みましょう。医療にすべて丸投げしないで自分でも知識を得たら、怖くなくなります。むしろ子育てを理知的にできますよ。

    発達障害の検査は、小児精神科でできます。
    うちの子も受けました。知的な遅れはありませんが自閉症スペクトラムでした。
    先生には「誰にも言わなくていい、世の中には偏見を持っている人もいるから誰にも言わないで子供を守って。療育を頑張るんだ」と言ってもらいました。
    以降、同じ悩みのあるママとは話し合いますが、誰にも言っていません。
    成績はトップクラスですが人間関係でつまづきがあります。
    発達障害をだまって見逃していいことはありません。
    人間関係で必ずつまづき、いじめになるからです。
    人間集団の中でどんなに頭が良くても最下位の烙印を押されて馬鹿にされて生きていくことになったらひどく傷つきますから、二次障害で引きこもりや鬱精神障害になったら可哀想です。

    知り合いにうかつにママ友に発達障害のことをうちあけたことで、「障害児」というあだ名をつけられたお子さんがいます。ひどいですよ。人間悪というものがありますから、言う必要はありません。でも必ず子供のために受けてください。

    私は我が子が周りと行動が違うので悩んでました。でも区の保健師さんなどは「大丈夫、個性の範囲ですよ」と言うから悩みました。ある日、やっぱり検査をすべきだと思い、周りと夫を振り切って自己負担で紹介状無しで予約しても半年待ちで大学病院に行き、しっかり診断してもらいました。やっぱり発達障害でした。でもほっとしました。私が悩まなくても子供が悩まなくてもいいと分かったのです。子供が悪いわけではない、私の躾でもない、脳の特徴だと理解できそれからは一生懸命療育をして本を沢山読んでます。

    お互いがんばりましょう

    ユーザーID:9248386725

  • 障害時の親になる覚悟があるかってこと

    発達検査のデメリット、子供にとっては何もないですよ。むしろメリットのみ。検査をして苦手分野が分ければ生きやすくなるはずです。

    発達検査のデメリットは親の方。「発達障害」と言われて親が受け入れられるかどうか。それだけだと思います。

    ユーザーID:7328262600

  • トピ主のたまです

    早速のレスをありがとうございます。

    受けることに彼自身のデメリットは何もないとのことで安心しました。

    幼いころから保育園に通い、集団の中にいる彼を見ては何とも言えない違和感を持っておりました。
    1歳半・3歳・5歳と検診がありましたが、「様子見」以外の回答をいただいたことがなく、で療育的な教室へ行きたいという親の願いも聞き入れていただけず。
    「今は(息子が通うような教室は)ないです。出来たらお知らせします」と。
    ただ、常に「異常なし」ではなく「様子見」なのでその気があるのは間違いないだろうと思って育ててきました。

    今でも友達と遊んでいる姿や下の子(3つ違い)のお世話をしている様子を見ると、何ら違和感がないのですが
    字を書く・絵を描くなど課題をやるとなると「やる気がないのか!?」と思うほど(幼稚園児並)です。

    でも、きっとこの苦手な部分が彼の特性なんだろうな思うと同時に、高学年になるとこの特性がさらに目立つのではないかと思っています。
    親としては(親の主観ではなく)検査結果をもとに、特性として先生にお話をしておけば「怠けている」など思われなくて済むのかなと期待していますが、どうなのでしょうか。

    ユーザーID:6057571523

  • レスを読みましたが…それはどうかな?

    >検査結果をもとに、特性として先生にお話をしておけば「怠けている」など思われなくて済むのかなと期待していますが、どうなのでしょうか。

    今まで様子見できていたのなら、グレーゾーンである可能性が高いのかな、と思います。
    はっきり診断が付くラインなら合理的配慮を望む事も可能ですが
    その傾向はあるものの診断が付く程ではない場合、配慮を頂けるかは微妙なところです。
    そういう子は沢山いますから、「特別扱いは出来ない」と判断される事もあります。

    反対に「怠けている」と思われてどのような問題があるのかな?と私なんぞは思ってしまいます。
    親が本人が怠けている訳じゃないと理解していれば、人生のわずかな時間を過ごす先生に多少思われても別にいいんじゃないかと。

    私には発達障害児と定型発達児の子供がいますが
    定型発達児は「こういう事が苦手ですね」と言われて
    「そうですね。」で終わっている感じです。
    それでキツく先生に当たられるような事は無かったです。
    発達障害児の方はサポート無しじゃ授業を受ける事自体がままならない。
    そういう子に配慮がされる、と思ってます。

    また、診断がつこうが付くまいが、他人の評価を大きく捉えず
    「貴方は貴方でいいのだ。素晴らしいかけがえのない存在なのだ。」と
    子供に思ってもらえるような関わりが大切だと思ってます。
    どっちにしたって他人は好きなように捉えるんですから。
    いちいち出会った人に説明なんかしてられないし。
    と、明らかに一般的でないとわかる子を持つ親である私は思います。

    ユーザーID:6796503677

  • 主さんのコメントを見て

    主さんのコメントを見てレスします。
    私の次男が学習障害で注意力欠如です。

    小2で診断を受けました。内容は、筋肉が弱いため指先のコントロールが困難であるので整った文字を書くことは一般の人の何倍も努力が必要であること、特性として漢字を覚えるのが苦手で、何度も練習してもできるようになるものではないこと、ということでした。

    それは担任の先生が変わるたびに伝えてきました。理解してくださる先生がほとんどでした。

    発達障害で一番怖いのは、本人は怠けていないのに怠けていると決めつけられ、責められて本人が「自分はダメな人間なんだ」と感じてしまうことです。それを避けるためにも、検査はしていただいたほうが良いように思いました。

    ほかの方のおっしゃる通りで、診断が出ても「本人にとって有利になる」時だけ言えばいいのです。普段は黙っていても全く問題ありません。
    次男は高1ですが、入学前から学校には伝え、次男に関わるすべての先生に伝えてもらってありますので、今のところトラブルはありません。担任の先生が尽力してくださり、板書をタブレットで撮影する許可もいただいています。(書字が苦手なので板書を時間内にキレイに書けないため)

    タブレットに関してはさすがに小中学校ではNGでしたが、中学の時は英単語の書き取りをPC入力させてもらっていました。綴りを確認するという意味では同じだからです。字はキレイではありませんが、それで叱責されたことはありません。

    長男は障害はありませんが字がやはり乱雑で、「読めないから」という理由で減点されたことがありましたが、次男はそれより何倍も読みづらい字ですが、それが理由で減点されたことがありません。配慮を感じます。

    診断があることでこのような配慮を受けられます、という例でした。参考までに。

    ユーザーID:8341911861

  • 幼くて純粋ですから守ってあげて

    発達障害のおこさんは知的な遅れはなくても、他のお子さんより全体的に幼くて純粋です。とても傷つきやすいです。だから子供の頃はなるべく怒らないようにとペアトレーニングで教えられました。

    うちの子もなんか幼いです。発達障害の子供は他の子より0.7歳も精神的に幼いといいますから、しょうがないのかなって思います。

    超優秀な私立中学に入った、ADHDで自閉症スペクトラムのお子さんがいましたが、お母さまは「どんなに頭がよくてもやっぱり幼くて、精神年齢は小学4年生なのよ」と言っておりました。


    子供を守るためにも診断は必要です。あとトピさんが図書館から本をかたっぱしから借りてきて、発達障害の本を読んで知識を得ることですね。
    子供を守るためにね。私はまず本を読みました。子供は可愛いし大変ですが二十歳過ぎればただの人、世の中をちゃんと生きてほしいからこそサポート頑張ってます。

    ユーザーID:9248386725

  • 発達検査、いいと思います

    WISCでしょうか?
    発達検査を受けることによるデメリット自体は特にないと思います。
    お子さんの得意不得意や、取るべき対策、学校に配慮してもらいたいことなどが分かると思います。


    個人的なお勧めは
      ・WISCを受け
      ・お子さんの傾向と対策を把握して、学校側と話し合い
      ・必要があれば診断書をいただいて放課後等デイにつながり
       (ただし、診断名を付けることは慎重に!)
      ・どうしても必要ならば診断名をもらう
    です。



    発達障害の診断名をつけてもらうことのデメリットとしては、保険の加入制限があるようです。
    Webで検索すると入れる保険が制限されたりという記載もありますので、よくお調べになったほうがいいと思います。
    このあたりはドクターもご存じないことが多いようですので、ご自身でお調べになり、納得された上で診断を受けるとよろしいかと。



    我が家では発達障害を念頭にWISCを受けました。
    児童精神科を受診しましたが、まだ困り感が小さかったので初診時に診断名はまだ欲しくない旨を伝えて先生にも了解を頂きました。
    (診断を付けるのが早い・投薬に躊躇しないと噂の先生でしたが、ご理解いただけました)

    療育を受けたかったので診断書が欲しかったのですが、こちらも療育が必要な旨をご記載いただき、診断名は記載なしです。

    先生からは、薬を飲みたければ診断名をつけるからね、と言ってもらいました。
    診断名を付けることのメリットがデメリットを上回ったら、診断名をつけてもらおうと思います。


    その後、スクールカウンセラーの先生と面談したときに、学校側としては診断名は特に重要ではなく、
    どのような対策を取ればいいのかが知りたいのだ、と言われました。


    このようなケースもあるということで。

    ユーザーID:2740305483

  • デメリット

    考えられるデメリットをお伝えします。

    トピ主子に関わる人が診断を受け入れられるかどうかです。
    もし、検査を受けたとして。まず検査結果が出るまでは蛇の生殺し状態です。
    診断がつくのか、つかないのか。
    何かしらの診断がつかなくても、発達障がいのグレーであることには変わりありませんので、このままずっと、周りの子はできるのに自分の子は‥とムラムラとやり場のない落ち込みを抱えながらの生活になります。
    いくら個性、オンリーワンだといっても、テストで得点が取れなかったり、成績が悪かったり、集団行動がとれなかったり、人間関係で失敗が続くと人はどうしても比べてしまう生き物なのです。

    もし、何らかの診断がついてしまったら。
    母親が受け入れる事は当たり前ですが、子供本人が受け入れられるのか、父親に理解があり自分の子が障がい者である事実を受け止められるのかがまずもっての問題です。
    父親は自分の子が言い方は失礼ですが、出来損ないだと認めるのはとても難しいのです。診断がついて障がい者受給者表を申請するのに自分名前を書きたがらない父親は大勢いますよ。
    父親の件が片付いても次は双方の両親・祖父母への説明ですよ。発達障がいは脳の障がいですから躾けうんぬんは関係ありませんが、高齢の方はしつけ方・育て方が悪いからだと受け入れられない事が多いです。そりゃそうですよ。今まで凝り固まった価値観で生きてきた高齢者。いきなり孫が障がい者だなんて理解が追い付かないのです。

    親族に理解が得られても、次は子供の学友とその両親。
    障がい知れ渡れば距離を置かれる可能性があります。例え何もないのだとしても、君子危うきに近寄らずと言いまして、学友の親はリスク管理としてトピ主子を排除したいと考えても仕方がないからです。

    ユーザーID:8561633197

  • 子供に告知はしない

    子供に告知をすすめるのは早すぎます。

    我が家は子供に告知はしません。

    みんなにも隠しているし子供にも言いません。

    いう必要はありますか?

    告知なんてしなくていいです。

    世の中、変わった個性の強い人ばかり。その中でやっていくために勉強(療育)は必要です。でも告知してどうするの?

    告知は反対です。

    ユーザーID:9248386725

  • 匿名さんのあげたデメリットについて

    横槍を入れる形で申し訳ないのですが。

    >もし、検査を受けたとして。まず検査結果が出るまでは蛇の生殺し状態です。
    検査を受けてから、結果が出るまでおおよそ数時間です。
    ただし申し込みをしてから検査を受けるまでは数か月かかる場合もあります。

    >このままずっと、周りの子はできるのに自分の子は‥とムラムラとやり場のない落ち込みを抱えながらの生活になります。

    違うと思います…。その逆です。
    自分の子はできない、でもそれは子どものせいではない。と落ち込まずに済むんですよ。

    父親が受け入れられるかどうかは、確かにわかりません。
    でも検査を受けずに「お前のしつけが悪いんだ!」と言われ。出来ない特性を持つお子さんが「どうしてできないんだ!怠けているからだ!」と怒鳴り続けられるよりははるかにマシだと思いませんか?

    >双方の両親・祖父母への説明
    言う必要はありません。

    >次は子供の学友とその両親
    言う必要はありません。

    また、今は検査を受けるお子さんが多いので、一クラスに数人はいますよ。
    だからむしろ子どもたちのほうがそういった子を「あっさりと受け入れ」ます。そういう子っているよね、そうだね、っていう感じみたいです。

    私はこのようなデメリットにくらべてメリットは多大だと考えます。
    うちの子の場合は、二次障害の防止と薬の処方が大きなメリットでした。薬が合ったようで忘れ物はゼロになりました。

    ユーザーID:8341911861

  • 私も、匿名さんの件で

    >何かしらの診断がつかなくても、発達障がいのグレーであることには変わりありませんので、このままずっと、周りの子はできるのに自分の子は‥とムラムラとやり場のない落ち込みを抱えながらの生活になります。

    私は診断が付けは支援が受けられるけど、診断がないと自力でやんなきゃいけないな。ぐらいで、周りの子と比べて落ち込むなんてなかったです。
    一般的ではないですが、出来ないところもあれば突出した所もあるので。第一親の理想通りの子供なんているわけないと思っておりました。

    >父親は自分の子が言い方は失礼ですが、出来損ないだと認めるのはとても難しいのです。
    ホント失礼な物言いですね。夫は診断は受け入れましたが「出来損ない」なんて思ってません。
    ハンデのあるものに偏見意識が強いんですね。

    >いきなり孫が障がい者だなんて理解が追い付かないのです。
    私の親も夫の親も
    「昔っからこんな子いたけど、今は診断名付くのね。それで支援が受けられるんならいいんじゃない?」って驚くぐらいあっけなく受け入れてくれました。
    因みに「親の育て方が悪い」って言われた事ありません。
    「大変ね。息抜きもするのよ。」と労われた事は多々ありますが。

    診断は支援を受ける為に必要なもの。
    別に偏見の目に晒す事では無いと思います。
    そして診断が付いたからといって、出来損ないとレッテルを貼られるものではない。
    ハンデがらあっても充実した人生を送る人は幾らでもいますし
    ハンデが無くても残念な人生を送る人もいくらでもいます。
    ハンデのある方にも尊厳を持って接することが出来ていれば
    自分や我が子に何かしらのハンデを持ったとしても、尊厳持って生きていけると思います。
    貴方も私もいつハンデを持つかわからない。
    その時に強いのは他人を尊重できる人だと思います。

    ユーザーID:6796503677

  • 発達検査を受けさせるデメリット

    発達障害の子どもを育てています。
    発達検査を受けさせるデメリットは私は次のように思います。

    1.知的障害の診断がついてしまった場合、支援学級、支援学校の検討をしなければならない
    発達検査は自閉傾向やADHDの傾向を調べる検査ではなく、単純に知能面の成長を調べる検査です。
    得意不得意の差が大きければ、自閉症やADHDの診断の補助材料になりますが、全体的なスコアが低ければ知的障害の診断は確定します。
    (知的障害は確定しても発達障害かどうかは様子見、ということも可能性としてはあります。)
    小学校2年生くらいである程度、学校の勉強について行けていれば心配ないかもしれませんが、念頭に置いた方が良いと思います。

    2.「発達障害」というレッテルを貼ってしまう
    理解できる人にだけ話せばいい、という方もいますが、習い事などでも「配慮を必要とする子どもには対応できません」という所は残念ながらあります。
    「普通」の子どもの中での活躍の場は狭まりますよ。
    部活動も支援学級に通っている子は参加できない中学校もありますし、なかなか難しいと感じています。

    3.家族や周囲の理解を得られるか?
    知的障害や発達障害に対して正しく理解して、子どもに深い愛情を注ぐのは、誰にでも出来ることではありません。また、祖父母などは世代的に知的障害や精神障害への偏見がある場合もあります。
    地域によって、サポート体制が全然違うので、調べてから受けさせた方が良いですよ。
    特にトピ主さんの地域は「様子見」のお子さんレベルでは療育をして来なかったということで、診断がついても支援がほぼ無い可能性もあります。

    うちは子どもが育て難い子で、親の言い訳のために診断を受けさせた部分もあります。
    幼稚園の制服を着せるのも、席に座らせるのもムリでした。
    でも、子どもの成長を感じる度に「良かったのかな?」とも思います。

    ユーザーID:5890544124

  • うちも検査しましたよ

    うちの長男も検査しました。
    検査を受ける際に、”覚悟”という言葉は使われません
    でしたが、”大丈夫ですか?””受け入れられますか?”
    といったことは言われたように記憶しています。

    両親共に、またはどちらか片方が検査の結果を受け入れ
    られない場合も結構あるのだと言われましたが、うちの
    場合は、夫婦そろって長男への接し方に限界を感じて
    いたところだったので、揃って納得した上でした。

    検査結果が出てすぐに学校に相談に行って、結果表も
    見てもらって、面談もしてもらいました。
    おかげで学習支援を受けられるようにもなったし、
    先生方の対応も変わったと思います。

    6年生になった頃、本人にも話して自分の特性について
    理解してもらいました。

    親の感覚だけで話すよりも、客観的な書面があって
    我が家は助かりました。お守りのように今でも大事に
    とってあります。

    苦手なことだけじゃなくて、得意なこと、秀でている
    点も検査で分かるので、受けて損はないと思います。

    ユーザーID:5808306130

  • ありがとうございます

    色々お話をお聞かせいただきありがとうございます。

    せっかくレスを頂いているのに1週間近くも放置ですみません。

    知的障害の可能性も覚悟したほうが良い・グレーゾーンの場合の問題など
    私自身では考えもつかなかったことが色々見えてきました。
    週末夫婦で再度話し合って我が家の方針的なものも考えていきたいと思います。


    また何か進展や相談などありましたらご相談させてください。

    ユーザーID:6057571523

  • うちの場合は・・

    ある日、突然でした。
    保育所に行ったら先生が「この日に検査をとりました。行って下さい」

    訳も分からず、行ったら発達障害でした。
    違う保育所を指定され、翌月から行きました。

    私の場合は、かなり強引な先生でしたし私も疲れていたので、アッサリしたものでした。

    結果から言うと、良かったんですがね。
    正直、少し気分が悪かったです。

    専門家、先生は何人も見ているので分かるんですよ。
    診断が出たらショックを受けますが、ここで挫けてはいけません。

    小学校も支援級を指定されましたが、ショックを受けてはいけません。
    逆手を取って頑張りましょう。

    支援級の生徒を苛めてはいけない、という暗黙の了解があるので皆、優しくしてくれます。

    勉強は塾に行かせたり、家庭教師をつけるなりして成績を上げましょう。
    成績が良いと学校から、普通級に行きませんか?と言ってくれます。

    私は学校から言わせました。こちらから普通に行かせろ、と言ってはいけませんよ。

    その代わり私のパート代が、全て塾、家庭教師、通信教育費に消えました。
    先日、成績表をもらいましたが「これなら大丈夫です」と担任から言われました。

    5年で帰る予定です。

    発達障害は小3までに成長がみられないと難しい、そうです。
    今から備えて、幼児教育、塾、に行かせた方が良いです。

    兎に角、小1からの成績には注意して下さい。
    衝撃は大きいと思いますが、まだ序の口。

    常にショックと隣り合わせですが、頑張らないといけません。

    ユーザーID:9838575332

レス投稿

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧