どんな国家資格持っていますか?

レス12
(トピ主0
お気に入り18

生活・身近な話題

進次郎

60歳で定年となり昨年65歳で退職した高卒の男です。

皆さん、どんな国家資格持っていますか?

国家資格と言っても多種多様で取得に試験があるもの、講習で取れるもの

もあると思います。

私が取得した資格は

1 18歳から昨年まで石油会社で働いていましたので、業務上必要な資格で
全て受験して取ったもの
甲種危険物取扱、 一級ボイラー取扱、 乙種高圧ガス(機会)、
  衛生管理 消防設備士  エネルギー管理士  公害管理者(大気) 

2 興味本位で取得した資格
宅建、 不動産鑑定士、 二級建築士、 家屋調査士、 行政書士

3 現在は長年やってきた英語のレベルアップを目指しています。
  国内・国外問わず旅行に行って外国の方と話すのが楽しみです。 

因みに、今年4月から不動産会社で2日/週 アルバイトに行っています。
 

ユーザーID:3437392998

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数12

レスする
  • 業務命令

    私(62・男)は病気で44歳のときに引退しましたけれど、電気通信技術者でしたから業務命令で、

    自動車運転免許
    玉掛技能者
    無線技術士
    無線通信士
    特殊無線技士
    電気通信工事担任者
    電気工事士
    電気主任技術者
    電気通信主任技術者
    ボイラー技士
    高圧ガス製造保安責任者
    危険物取扱者
    酸素欠乏危険作業主任者
    特定化学物質等作業主任者
    安全衛生責任者
    家庭電器機器修理技術者
    高等学校教員免許

    資格・免許名には 「一級・二級・一種・二種」などの種別がありますが、どちらが上位というわけではない資格もありますから省略しました。

    その他、業務命令されるも、国家試験受験前に人事異動で新しい職場ではその資格が不要になり、取得しなかったものでは、

    消防設備士
    土木施工管理技士
    その他、作業主任者資格が数種ありました。

    まさか在職中に、こんなにたくさんの資格・免許が必要だとは思わなかった。
    転勤族でしたから、転勤するたびに新しい資格・免許が必要になりました。

    なんで「家庭電器機器修理技術者」の資格が必要なの・・・と上司に質問しましたら、出向先で家庭電器機器の取り付け・修理の業務があります・・・とのことでした。

    それじゃ教員免許は・・・

    「君が持っている無線技術士の免許と業務経験から 文部省へ申請して 所定の手続き 審査を受けると教員免許が授与されるんだよ」

    ということもありました。私も1975/4 高卒で就職しました。

    ユーザーID:2007814054

  • 私も高卒・・・

    私も、高卒です。女性で、まだ現役なので参考にはならないかもしれないですが・・

    自動車運転免許
    電気通信工事担任者
    電気工事士
    電気主任技術者
    電気工事施工管理技士
    消防設備士
    酸素欠乏危険作業主任者
    安全衛生責任者
    応用情報技術者

    あと、ベンダー資格で、
    Cisco CCNP

    公的資格で、
    簿記

    です。

    ユーザーID:9205222613

  • 絶句!

    トピ主さん、
    興味本位で不動産鑑定士?
    確かに学ぶには興味がないと上手くいかないとは思いますが、
    恐れ入りました。

    ユーザーID:1196248609

  • トピ主です

    皆さん、レスありがとうございます。

    ひよこぴよ さん
    ・職種によって資格が必要なものがありますよね。
     中に必須ではなかったものもあると思いますがたくさんお持ちだと思います。
     特化則、酸欠、防火管理者は私も持っています。
     高校の教員免許も凄いと思います。

    musememory さん
    ・私の知らない資格もあって凄いと思います。

    何も持たないオヤジ さん
    ・おっしゃる通り高卒の私にとって難関だったのは不動産鑑定士、エネルギー
     管理士(当時は熱管理士と言っていました)、公害管理者です。
    ・18歳〜55歳の間に取得資格しましたが、現在と違って当時簡単だったのは
     宅建です。1年間の独学で一発合格でした。今はかなり難しいそうですね。
     でも、当時でも合格率は20%なかったと思います。

    自分で言ってはなんですが、私の頭脳の自己評価としては上の下ではないか

    と思っています。

    ユーザーID:9861561068

  • レスします。

    横レスですが、ひよこぴよさん、電気がらみはそうみたいですね。
    私は建築業界にいますが、他の業種は経験年数でも免許が取れるのに、電気だけは試験がつきものというのが多いです。
    それにしても凄いですね

    ユーザーID:9205222613

  • ご謙遜を、上の上ですよ

    知らない方に説明しますと。

    不動産鑑定士は三大国家資格と呼ばれ、二次試験受験資格に「大学卒業」がありました(2006年に撤廃)。
    高卒で合格されたと言うことは、高卒でも受験できる一次試験からの合格となります。
    この一次試験、合格すれば司法試験の一次試験突破と同じ(大卒程度)とみなされる難関でした。

    一次試験を受験しないために大卒を手に入れる人が多かったですよ。
    また2年間実務経験を積まねばならず(これも2006年に撤廃)、実務経験を積んでようやく不動産鑑定士補として登録できる。そこから1年実務補習後に三次試験。実務実習で躓いて最終的に鑑定士補にもなれない人が多かったんです。知り合いにいたんですよ、実習先とトラブって大変だった人が。

    つまりこの長期のシステムのため、司法試験ほどではないけれど難関三大国家資格と呼ばれています。
    これを突破した、しかも別のお仕事しながらというのは驚異的です。私が指導校に勤務していた30年前でも、優秀な大学卒業の方でも業務として2年間集中して受験されていましたから。

    ご自身をそんなに卑下されなくてもいいと思いますよ。
    上の上と言って差し支えないと思います。

    ちなみに私は50過ぎて一念発起、社会福祉士に今年合格しました。家族の助けを得て、頑張りました!
    今年は宅建を受験予定です。30年前と比べて難しい〜!

    ユーザーID:6909040007

  • 命令に従わねば 配置転換

    「musememory」さん 私が取得した時代は現在とは試験制度が変更になっているものもあります。

    なにしろ「業務命令」。命令に従わねば解雇されることはないにしても配置転換なることはあります。

    電気・通信・無線系の免許は自動車運転免許と同様、「従事者免許」ですから職場の管理者・監督者が免許を持って従業員を指導する という制度ではなかったからです。現在は一部制度が変更になっているものもあります。

    作業主任者免状は、当時は「実務経験 半年〜1年必要」で、自ら興味があるから受験してみよう ということもできなかったです。

    私がとった資格・免許で 第一級無線技術士(現・第一級陸上無線技術士)の免許を持っていると他の資格の受験科目の一部が「免除」になったことはありましたけれど、無線局・電話局の現場では、

    「科目免除・実務経験を待っているわけにはいかないんだ 今すぐにでも必要な免許なんだ この仕事に従事するための資格ですから 次の試験で必ず合格してくれ 丸暗記してでも合格してくれんと困るんだ たのむ・・・学問追究・理解は合格してからでもできるから・・・」

    なんて上司が部下に頭を下げて頼み込んでくるんですから、命令された立場としては、「これは国家の命令と受け取り 何としてでも合格・免許申請せねば」

    となります。どうしてこうかと言えば、私たちの職場は転勤族でしたから常時一定数以上の免許所持者が法律で義務付けられているからです。

    すごいことはないです。命令に従い国民のために働くためです。

    また資格・免許の知識は自分の命を守ることができます。私も何度か「もしこの資格の知識を知らなかったら 作業ミスなどで命を落していたかもしれない」という体験をしたものです。

    ユーザーID:2007814054

  • 何の面白味も無いですが・・・

    社会福祉士と介護福祉士です。

    ユーザーID:9352488795

  • もう、無理

    50歳を過ぎて一念発起?して 保育士試験を受けました。
    10科目一気に取れるとは思っていなかったので、実技対策をしておらず
    せっかく、筆記が通ったのに、実技2種類のうち1科目でわずか1点足りずに不合格となりました。
    筆記テストが翌年も持ち越すことができたので、翌年は実技試験だけ受けて無事、合格しました。

    後にも先にも試験で資格を頂いたのはこれが初めてでした。

    暇を持て余し、また何か資格試験に挑戦しようかと思いましたが
    保育士試験の時も頭がパンクしそうになって終わったあと、寝込んでしまったことを思い出しました。
    今は本当に何が苦手って「法律が頭に入らない」これが最大のネックです。
    全くもって理解どころか丸暗記すらできません。

    おそらく、私はもうこの先、資格試験にチャレンジすることはないでしょう。
    ちなみに、50を過ぎて取った保育士免許は数年間だけ使ってパートをしました。
    とても楽しい経験でした。

    もっと早いうちに色々チャレンジしていたら違う道が開けたかも、と少し後悔しています。
    ただ、学校を出ればもらえる免許を使ってパートをしていたので
    とりあえず、持っている資格は使うことができたのでそれはそれで良かったと思っています。

    ユーザーID:6868941810

  • 持ってない…

    今まで考えた事はなかったのですが、
    国家資格、1個も持ってませんでした。

    今、私が持っている資格(のようなもの)は、
    中高1級の教員免許と司書教諭免許。
    これは、都道府県の教育委員会が発行するものなので、
    国家資格ではありません。
    (飯のタネにはなってますが。)

    あと、救急救命講座の修了証と、
    16ミリ映写機の取り扱い講座の修了証。
    これも、地方自治体の消防署や教育委員会が発行するもので、
    国家資格ではありません。

    それ以外で持っているものは、
    茶道(裏千家)の正引次と
    華道(古流松月会)の中習と
    ハクビ京都きもの学院の着付け3級と
    英検3級、
    漢検1級。
    (笑)

    自動車の運転免許さえ無い私。
    国家資格なんか、まったく持ってませんでした。
    急に、コンプレックスが芽生えてきました。
    どうしよう。
    いや、でも、
    これでもそこそこ、生きてはいけるんですけどね(笑)

    ユーザーID:3268494091

  • すごいですね!

    トピ主さんたくさん資格をお持ちですね!
    私は看護師資格しか持っていませんが、同じ職場に73歳の同僚がいるので元気でいればいくつになっても仕事に困らない資格だから取って良かったなと思ってます。

    ユーザーID:3909862380

  • 一貫性がないですが

    学校や職種によって取ってみました。

    自動車免許証
    栄養士
    国内旅行業務取扱管理者
    第一種衛生管理者

    一貫性が全然ない感じです。

    ユーザーID:7615165065

レス求!トピ一覧