写真はデータ保存するものだと思い込んでいました。

レス28
お気に入り19

300

話題

先日、親戚が集まる大きめな食事会があり、
デジカメを持っていたので、写真をたくさん撮りました。

滅多に会わない親戚が大勢集まり、
失敗したら、画像を削除すれば良いしと、
人物や風景などをカシャカシャと...200数十枚撮りました。

後日、CD-Rに画像を入れ、各親戚に送付したのと同日に、
親戚から私に写真が届きました。
(私は写真に写るのが嫌いなため、写っていた2枚分)

ここ10数年、写真を現像(プリントアウト)することがないので、
写真の現像に驚いたのが、正直な感想です。
(後々思うと、写真を現像するかたからすれば、私がおかしいですが)

そして、お手紙に「たくさん撮ってもらったから、お金かかるでしょ?」などと
お金の心配が書かれていました。
「何でお金?」と、最初はピンとこなかったのです。

数分して、「あ、そう言うことか!」と気がつきました。

ここ10数年、私は、
断捨離もあり、写真はデータで持っているだけ、
近所のカメラ屋さんもいつの間にかなくなり、
写真の現像をしたこともなく、現像するなんて発想もなくなり、
写真はデータで保管するものと思い込んでいました。

つまり、「現像して、写真を差し上げる」なんて発想がなかったのです。

一部の親戚は、
「え?こんな形で渡されても、これはどうしたら良いの?」と困惑してしまったようです。

でも、写りの良し悪し関わらず200枚以上撮り、
1枚に何人も写っている訳で、、、現像したら痛い出費です。

現像する方からすれば、
CD-Rはいい加減な対応に見えたことでしょう。

あまり写真撮らなければよかったです。

ユーザーID:7716500288

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数28

レスする
  • 厚意には手間を掛けすぎない

    さすがに200枚を全員に送ってるわけでないようですが、まだ考え直せば良さそうです。

    仕事として頼まれた訳でもない写真を厚意で配るのであれば、自分の手間もかけたくないのは当然ですよね。それと同時に貰った側だってあまりに手間を掛けたとわかるものを貰っても恐縮するものです。

    (※中にはそれを当然という厚かましい人もいますが)

    確かに一番手間がかからないのは、適当にNG写真だけ省いてCDにでも焼いてしまう事ですが、、、これに賛否あったのは承知の通り。

    先のレスで「道具を必要とする贈り物はナシ」と書きましたが、だからと言って自分の寝る暇を削ってまでたくさんの写真を選別する義理もありません。

    >1枚に何人も写っている訳で、、、現像したら痛い出費

    ですよね。

    こういう時はやるとしても1家庭に2、3枚ずつでも充分ですよ。そのうえで「データでお渡しして良いならまだ他にもあります、オンラインアルバムは…です。」とでも添えれば完ぺきでは?相手のデジタル環境にお任せってね。

    厚意ですることは自分も、相手にも負担にならない程度で充分なんですよ。

    それもイヤ(というより、その手間も難しいときだってありますね)なら「いっそ何もしない」選択もアリです。

    写真を撮るのは自分が撮りたいだけなら自分が楽しむやり方でOK。それを皆に見せて褒めてもらいたいならそれなりに手間を掛けなきゃ仕方ない。

    「自分がしたい、してあげたい」気持ちと、労力(金銭)、義理責任とのバランスですよ。

    私は老親には写真をA4サイズで自宅印刷して送ってます。デジタルフォトフレームも使ってましたが、結局A4に印刷したのを一番喜んでます。

    ユーザーID:4405553560

  • パソコンは意外と普及していないです

    PTAをしていて痛感したのですが、パソコンを持っているご家庭は意外と少ないです。持っていたとしても最近の機種は光学ドライブがないことも。
    相手の環境を確かめずに光学メディアを送りつけるのは良い選択ではありません。プリントでもLサイズならば単価30円程度のところもあります。

    >各人ごとに写っている写真を入れてお渡ししました。

    写っている顔を識別して送り先ごとに仕分けたのですか。これは大変な手間だったでしょう。お疲れ様でした。
    でも、仕分けたならば枚数が最小限になるので、なおさらプリントしてしまえば良かったのでは。

    それとクラウドを信用していないとのことですが、単に不慣れなだけでは。公開設定を誤ってプライバシーを損なうことと、容量を超えて予想外の料金が生じること。そこさえ気をつければクラウドは情報共有にとても便利です。

    ユーザーID:2848857084

  • どっちもわかる

    結婚式の写真を義実家にCDで渡したら夫に怒られたのを思い出します

    実は金払いが悪かった腹いせです

    数百枚も現像したら、こっちが破産します
    そういうのを嫁に丸投げした腹いせでもあります

    写真は印刷したほうがいいですよ

    デジタルの保存は保証できないからです
    CDやハードディスクはいずれは壊れる

    オンライン上のサービスは、なくなる可能性もある
    写真そのものがなくなることもあるけど
    いまだに紙以上の記憶媒体はありません

    200枚はいらなくても、厳選の数枚は現像してアルバムにしまったほうがいいです
    思い出した時に見るのは紙のほうが便利です

    CDのついでに集合写真とあと1〜2枚を同封したら親切かもしれません
    自動でアルバム化してくれるものもありますから、それでもいいかも

    結構デジタルに疎い人も多いです
    昨今カメラ屋さんにもっていけば、現像できるんですけどね

    トピ主さんのやり方なら、200枚と集合写真を現像して
    適当に分配すればよかったのでは?

    ユーザーID:6308022720

  • そもそも、写真、要らないかな…

    だいたいは写りが悪いので…。
    というか、撮られるのが嫌かも。

    という事はさておき。
    私も家のプリンターが壊れてからは、写真をプリントする事はほぼなくなりました。
    最近、PCも買い換え、割と高スペックの最新のPCですが、DVDドライブもついていないので、メディアでもらっても見る事はできません。

    一番良いのは、PCでもスマホでも見られるので、Googleドライブとかが良いですね。
    でも、これは世代や個人のスキルに左右されますが。

    あ、ちなみに、結婚式の写真、子供が赤ちゃんの頃の子供の写真については、メディアでもらったのはうれしかったですよ。

    ユーザーID:7079622371

  • メディアをそのまま渡すのは不親切かなあ

    他のレスにもありますが、誰もが自分と同じデジタル環境にいるとは限りません。

    例えば、本をプレゼントするのに電子ブックのデータを贈るのは一般的ではありませんよね?
    (本の場合はデータが閲覧ソフトと紐ついてたりするので、単独でのデータ取得は無理かもですが)

    断捨離とは全く関係のない問題だと思いますよ。
    トピ主さんは他人へ差し上げるものについてはもう少し心を配るべきかと。

    ユーザーID:7201936291

  • あまりいい気はしない

    親しい友達との旅行ならいいですが

    親族程度の付き合いだったら、データで渡すのはやめたほうがいいです
    今の写真は、画質がよく
    拡大したら細部まで丸わかりです。

    へんな顔で脇にほうにチラっと写ってたりしても
    拡大したらわかります。
    また、写真には写りたくない人ってのもいるでしょう
    (トピ主さんだって写りたくないでしょう)

    自分は、大きな手術痕があって、写真撮る時は
    その部位を隠すようにして意識してます
    何枚もパシャパシャ取られると
    自分が意識してない時に無防備に取られて
    人に、知らないところでデータ写真で拡大されて
    ネタで喋られるのかなと思うと 恐怖でしかないです。

    あと写真には表情で本心が出る時があります。
    義理実家で取られた写真、
    嫁二人が引きつり笑いして 一切目が笑ってない不安げな顔写真見た時は
    (強烈な姑のため)
    今後写真に写ったらまずいな って思いましたね。

    なので、他人が絡む時は、データでなく
    プリントで渡した方がいいです
    加工されて勝手にネットで使用ってこともありますし
    自宅での写真だと、拡大すれば背景に写った本タイトルで趣味まで丸わかりです。
    洗濯物が写った日には、、、。(マンションなのでリビングに面してベランダ)

    ただ、自分で保存する場合は
    データとプリントアウトの2種類で保管します。

    データの場合、データの保存形式が変わったり
    消失した場合、復元できなくなる恐れもあるので

    100枚撮っても 気に入った写真4、5枚程度
    写真屋でプリントアウトします。

    自宅プリンタだと劣化するので
    1、2年程度冷蔵庫に貼る写真は
    プリンターでもいいですが

    ユーザーID:4747556164

  • 「CDを焼く」の語源は「焼き付け」

    押し入れさん・ぽちさんに同意します。

    トピ主はCD-Rをお使いですね。ならば、「CDを焼く」とか「DVDを焼く」とかいう表現をお聞きになったことがあるでしょう。
    これらの「……焼く」は「(写真を紙に)焼き付けする」から来ています。
    「(写真を紙に)現像する」から来ているのなら「CD/DVDを現す」などの表現になるはずですが、そうはなっていません。
    したがって、このトピの事例では、「現像」より「焼き付け」を使うほうがベターです。

    ちなみに、「写真をある枚数、紙に焼き付け(プリント)したあと、追加で焼き付けする」ことを「焼き増し」といいます。「焼き回し」ではありません。

    ユーザーID:8505563367

  • 年代は様々だったのでは

    親戚一同集まりならおそらく高齢者もいると思うので、一人につき数枚程度をプリントして渡せば良かったのではと思います。
    私はスマホやデジカメ写真は外付けハードディスクに保存して、必要があれば自分でプリンターで印刷して友人たちにはあげます。
    PCもスマホもしない年代の友人たちにはそこまで配慮しなければいけないと思いますね。

    ユーザーID:2582541379

  • いいと思うけど

    ちょっと気になるのは、プリントアウトは、現像とは言わないというあたり。
    RAWで撮っていれば、そこからなら現像と言うけど。
    JPGで撮ってるなら、現像しないので。

    プリントアウトでいいと思います。

    CD-RやDVDであげるのは、いいと思いますが、
    「自宅にPCが無かったりしたら、写真屋さんに持って行って
    好きな写真をプリントしてくださいね」等、一言添えたら
    よかったと思います。

    そこから先は、写真屋さんにお願いするとして。

    スマホへ転送も出来なくても、写真屋さんでやってくれますし。
    有料ですが。

    ユーザーID:3933881904

  • CDの売れない時代

    ちょっと話はそれますが…「CDの売れない時代」と言われて久しいですよね。
    私は音楽業界の衰退かと思っていましたが、「CDの再生機(DVD含めて)を持っていない人が多い」と言われて目からうろこでした。
    10代の知人が、CDを渡されてどちらを上にしてセットするか分からなかったという話も。

    自分にとっては普通の形式が通じない場合もあるので、渡す時は相手に尋ねたほうがいいのかも。
    (今回の主さんは善意で渡しているだけなので、そこまでする必要はないと思いますが)

    ユーザーID:7557943014

  • 別にいいと思うけど

    最近まで写真屋で働いてました。

    時々「こんなの貰ったのよー」と言ってCD持ってプリントしに来る方もいましたよ。

    ユーザーID:7788816963

  • 写真というのは・・

    自分で保管・保存するならCDなどのメディアやPC本体でも
    何でも良いですが「写真を撮ったからこれ見てね」とメディアを
    ポンと渡すのはおかしいです。

    若い人なら何とかなるでしょうけど、PCに慣れていない年配の人に
    メディアをそのまま渡すなんて信じられないです。

    まずは相手がどのような人かは確認した方が良い。
    メディアを渡して視聴可能な人が「メディアで渡してくれた方がいい」
    というならそれでいい。

    しかしトピにも書かれてあるように「こんな形で渡されても、
    これはどうしたら良いの?」と困惑するような人にメディアを
    渡すなんて正直言って「失礼」だろうと思います。

    そのメディアはご自身が編集され、厳選された枚数(画像数)なんですかね?
    カメラから取り込んだものをそのまま(枚数も画質も)だったら、
    輪を掛けて失礼だと思います。

    写真の枚数は何枚でも撮られたらいいんですよ。
    そこの問題じゃありません。
    データを印刷することが発想になかった・・そんな発想は今の時点では
    どうでもいいことです。

    「データで保管」と「(他人に見てもらうことを前提とした)画像」。
    この違い分かりますかね?

    データの中にはどうでもいい写真だとか、ややピンがズレているとか、
    露出がおかしいものとか、そんな画像は取り除いて、厳選したもの、
    明るさ調整、トリミング調整した方が良いもの、、などなど
    いろいろあるはずです。

    いくらデータで渡すにしても再生しか出来ない人にしたら、
    「それぐらい」やっておいてほしいものです。

    (ネガ)フィルムカメラだって現像時には可能な範囲で
    露出を調整してくれるし、デジカメデータの印刷だって調節してくれます。

    撮った写真を「人にあげる」ってそういうことなんですよ。
    トピ主の行為は「写真を撮ること」だけであって「人に見てもらうこと」
    ではないんです。

    ユーザーID:7509117245

  • 相手をみる

    CD-Rでデータで渡して大丈夫な相手にはそうする。今なら40代までなら迷わずそうします。50代は微妙なケースがあるので相手を選びます。

    親戚ならあるていど年配者もいるはず。そうであればPCを使わずに見られるプリントを選択する。いちおう「必要ならどの写真のデータが欲しいか連絡ください」とだけメモを添えて。

    もしオンラインアルバム等を利用しているなら、いちおうそのURLも書いておきます。相手がどの程度PCやデジタル環境に馴染んでいるかはこちらの想像では解りませんから。

    DVDプレーヤーを日常的に使っている人でも、それで音楽CDや、ましてや写真が再生できる事を知らない人だって大勢いる。

    人にナニか贈るときに道具を必要とする状態で贈るのはちょっと配慮が足りないと思う。とくに年配者に「イマドキ」の常識を押し付けるのはナシですね。


    デジタルでのやり取りが当たり前と言ってるトピ主自身「現像」を間違えてますよね。むしろ銀塩フィルムの現像、焼き付けを知らないからでしょうけど、デジタルに関しての知識経験の差はそれくらい人それぞれ雲泥の差ですよ。

    ユーザーID:4405553560

  • あ,DVD

    忘れていました。

    CD-RよりもDVD-Rでファイナライズしたもののほうが互換性は高い,つまり見る方にとって楽だと思います。

    ユーザーID:4274670648

  • 私はアルバム派

    すぐ見えますもん。

    みんなに見せやすいもん。マイパソコンは他人には見せたくないから。

    それに断捨離してないもん。

    とぴ主さんから見てよく撮れたと思われるのを選んで何枚かくれたほうがうれしい。

    ユーザーID:8416120733

  • 相手に合せる

    CD-Rの写真はDVDレコーダやブルーレイレコーダでも見ることが可能な場合があります。テレビにそれらのドライブが付いていれば,テレビだけでも。
    また,カメラのSDカードを(ライトプロテクトしてから)直接テレビやレコーダで見ることも可能である場合があります。光学ディスクドライブがないパーソナルコンピュータも増えました(今は大半?)が,USBインタフェース(Apple製品ならLightningコネクタ)を持たないものはないでしょう。それらのインタフェースに接続するメモリカードリーダ/ライタがあれば,スマートフォンにも使えて便利に使えます。専用のドライバやアプリケーション(あれば便利です)をインストールする必要もないでしょう。
    先方がそれらの操作に慣れてるか,慣れている人の支援を得られるならば,CD-Rだろうとメモリカードだろうと,あるいはクラウドサーバだろうと,何とかなるでしょう。

    礼儀とか親切という観点からは,道具が無くともすぐに見ることができるよう,厳選した数枚をプリントアウトし,別のメディア(こちらは厳選せずに,できるだけ多く)を添付して送れば良いと思います。


    昔,大量かつ頻繁に更新する文書を社内配付する機会があり,媒体にFD(フロッピディスク)を採用したことがありました。ほとんどの部署・担当はそれで問題ありませんでしたが,ごく一部「紙でくれ」と言ってきた人がいました。紙であるメリットを優先したからでしょう。

    ユーザーID:4274670648

  • 横ですが、プリントアウトは現像ではなく焼付

    「プリントアウト」の意味で「現像」ということばを使うかたがおられますが、それをいうなら「焼付」(やきつけ)です。

    デジタル写真における「現像」とは、
    《デジタルカメラ(スマホ含む)等の内部で行われるデータ変換作業》
    のことです。

    いずれにせよ、このトピのようなテーマなら、「焼付」でも「現像」でもなく、たんに「プリント」というのが無難かつ分かりやすいです。

    ユーザーID:0833025234

  • CDRは難しい

    今どきはCDRは難しいですよね。もし頂いたら、え?って思います。
    今となってはクラウドが分からないけどCDRは分かるという人どの程度いるか・・・

    クラウドも面倒だし不安です。
    google photo、人に見せるものは別のアカウントで行いたいです。
    あげてしまった以上、じゃあそれはいつまで管理するのってことにもなります。

    若い子の傾向として写真は好きだけど、なんでもかんでもは撮らないですよね。
    デジタルだって持て余すというのを知ってるからです。
    クラウドに慣れている若い子だって200何十枚も身内の会合をネットにアップなんしませんよ。。。

    自分が映るのは嫌いというのに200枚というのも、断捨離を考えているのに、CDRという物体を郵送するという行動もなにか矛盾を感じます。

    >あまり写真撮らなければよかった
    これにつきますよね。事後の管理ができないのに、それを人に押し付けたんですからね。
    人の写真を撮るからにはそれなりの責任感が必要なんだと思います。

    ユーザーID:2888807280

  • 追伸

    説明が悪く申し訳ないです。

    全員に200枚のデータを渡しているのではなく、
    各人ごとに写っている写真を入れてお渡ししました。
    現像していないので意味はないですけど。

    ユーザーID:7716500288

  • ありがとうございます。

    皆様、レスありがとうございます。

    ちり様
    同感です。
    断捨離中の私に取って、写真が物体になっていると、
    ちょっと戸惑います。
    データ化する手間もありますし、
    現像頂いた行為を無駄にしてしまうので。

    ほしい写真とほしくない写真、データだけあれば良い写真と
    個々人の希望はあると思うので、
    データでお渡しすれば、自由に選択出来ていいと思うのですけどね。


    ひよこぴよ様
    ITの進化には追いつけないですよね。
    皆さん、独学なり、仕事なり、友達伝いなりで、
    日々情報をアップデートしているんですよね。

    考えてみたら、CDドライブもPCに内蔵されていない場合もありますよね。

    グーグルドライブ、グーグルフォトなどクラウドに置いて、
    皆さんにアクセス頂くのは、効率が良いと思います。
    恐らく、若い方ほどこの方法をとると思います。
    写真も大量なので良策ですよね。

    ただ、私がクラウドを信用していないのと、
    意味がわからない人も多いと思い、
    メディアでお渡しするのが良いと思ってしまったのです。


    ことり様
    そうですね、なんの物体かわからないかもですね。
    メールで送れるほどのサイズでもなく、
    クラウドはわかりづらいでしょうし、
    CD-Rが一般的に長く使われているから、
    敢えて、CD-Rにしたのですが、至らなかったです。
    年齢も幅広いですね。
    20代から60代から(最長67歳)でした。

    ユーザーID:7716500288

  • CD-Rを見られない人がいた

    最近は集合写真だけをプリントしてます。
    インターネット経由で発注すると、とても安価なのです。

    OB会の役員をしてるので行事があると200枚以上の写真を撮ります。
    この写真の中から選んだ100枚程度をホームページに掲載します。
    そして、全部の写真を写真用の無料サーバーにアップしてURLを紹介してます。
    過去にCD-Rで届けることをしてましたが、コピーが大変なのと郵送費も気になる金額。
    そしてCD-Rを貰っても見ることが出来ない。との相談を受けました。

    トピ主さん、パソコンデータのバックアップしてますよね。
    パソコンが壊れても、すべての写真を失うことにならない工夫が大切です。
    写真用の無料サーバーにアップしてると、これは写真のバックアップ。

    ユーザーID:8197443742

  • 思い込みって怖いですね

    私も親戚が集まるときに写真撮ったりしますが、
    例えば、夫の実家の法事なら、まんべんなく映っていない人がいないような感じに編集してDVDにします。義父のパソコンでDVD見られるのを知っているので。

    子どもたちの動画も、編集して両実家に送っています。
    写真は、現像して数枚、送ります。
    以前は80代の祖母にもDVD送っていました。再生専用機も送って、操作順に番号シールはって。

    データで受け取ってうれしい人は、自分で現像できるとか、データを他の機器に取り込みたいとか、でしょうね。

    ちなみに私は定期的に現像してアルバムに貼っています。アナログでしょ?
    データ媒体が進化していくので、まあ、フィルム写真のネガがなくなっても現像したものがあればスキャンできたりするのと同じで、データのまま放っておくことはしません。

    ユーザーID:1124623014

  • 自分も困るかな〜

    パソコンはMacだし、映画や音楽はオンラインだし、CDとかDVDの再生機を持ってない。
    ちりさんのおっしゃるように、オンライン上のアルバムが一番助かります。

    ユーザーID:3041990795

  • 自分はデータ保存しても

    差し上げるのはプリントアウトしたものを5〜6枚が親切だったかな。
    そもそもパソコンを持っていない方、パソコンはあってもプリンターを持っていない方、操作の方法に疎い方とそれぞれ。
    またアルバムに貼って楽しむ方と。出してきてめくればいいのだから楽です。

    ことに、年配の方には難しいと思います。

    趣味の会で役をしていますが(60〜80代20名)、60代はともかく所有率が低いです。
    持ってらっしゃても壊れたら(あるいは使えなくなったら)買い換える人はわずか。

    写真はいっぱい撮って差し上げて。
    その中からチョイスしてプリントアウトしてあげればいいこと。
    いっぱいの写真はとぴ主さんの記録用として保存。

    いい加減とは思いません、でもどうしたらいいか分からないという困惑でしょうか。

    ユーザーID:1484710310

  • 写真を厳選して渡せば良い

    自分でパソコンを使いこなしている人なら、CD−Rで200枚の写真をもらってもなんとかすると思います。

    私も大量のデジカメ写真は全部ハードディスクに保管しています。別のハードディスクにバックアップもとります。

    でもパソコンをあまり使わない人。スマホしか使わない人が200枚の写真をもらっても扱いに困ると思います。

    通常はその中で気に入った写真だけを見たくなりますが、その方法は丸投げですか?

    家でパソコンを使わない(スマホも持たない)私の妻は写真をプリントしたものでないと見ることができません。

    なので、大量の写真データーから「これ」と思う物を、数枚プリントアウトして渡しています。

    他人に写真を配るときは、ある程度厳選した写真をCD−Rとプリントアウトの両方(または欲しい方片方)で配るのが良いと思います。

    ちなみに私は最近、スライドショーソフトを使って10分程度の動画を作り、そこでたくさんの写真(や動画)を表示させるときもあります。

    テレビやパソコンで動画を見る人なら、こちらの方法も良いと思います。

    ただ、そんな動画があっても、数枚のプリント(又は写真データ)が欲しくなるときはあります。

    >あまり写真撮らなければよかったです。
    写真はたくさん撮れば良いショットが撮れる確率が高くなります。だから、たくさんの写真を撮って、その中から自分が厳選して渡すのが良いと思います。

    昔のフィルムカメラでもマニアは大量の写真を撮りますが、参加者に渡すのは厳選した数枚のプリントアウトでしたよ。(他に渡す方法もなかったし)

    いわゆる「編集」作業ですね。ネットの大量写真から自分に欲しい写真をとりだすのが面倒な人は、雑誌や写真集などで編集者が選んでくれた写真本を買います。それと同じ事です。

    ユーザーID:4145083638

  • デジタル環境の有無によりますよ

    親戚ってことは年齢層が幅広かったのではないですか?
    デジタル環境が整っていない人にCD渡してもただのキラキラな丸い板でしかないですよ。

    その辺はちょっと考えてあげてもよかったかもね。

    ユーザーID:0260693682

  • 私は逆でした

    表計算ソフトで作成したファイルを CD に保存することは最初にパソコンを買った1999年の機種にCDドライブが内蔵されていましたから知っていますが、パソコンから写真を CDに保存できることを知ったのは今年の4月なんです。

    実は、2016年にパソコンを買い替えしましたら、そのパソコンには 「フォト」というソフトが内蔵されていました。今年になって グーグルには「グーグルフォト」というソフトがあることを写真店で教えていただきました。

    つい先週、我家には使用目的によって使い分けている複数のパソコンがありますから、他のパソコンから、メモリ を使わなくとも 「グーグルフォト」「グーグルドライブ」を使うと ファイル 写真の転送ができることに気が付きました。これも写真店の店員さんが、

    「グーグルドライブ」「グーグルフォト」を使うとファイルを移すことができます・・・

    ということで、私(62・男)はその意味がさっぱりわからなかったのですが、実験してみましたらできました。これができればファイル 写真 の転送はほぼ無料 しかしパソコンを買い替えてそれを知ったのは3年後でした。

    それよりも、みなさん どうやってその手法を知るのだろうか・・・これが不思議なんです。パソコン書はありますがその記載されている内容は日本語であっても意味がわからないんです。

    パソコンスクールの教官に聞いてみましたら、新しいことはまだパソコン書にも解説されておらず、マウス操作しているうちに偶然、

    「こんな便利なことができるのか」

    と見つけること(気が付くこと)もあるとのことでした。  

    ユーザーID:0815379433

  • 似たような経験ありです

    CD-Rで送付するのも面倒だったので、
    オンライン上のアルバムに保存して
    「好きな物をダウンロードしてください」と一斉にメールしたら、
    後日 同席した人が現像した写真を渡してきました
    「あれ?もしかしてケチったって思われた?」って思ったけど、
    でも写真が要らない人もいるし、
    気に入る物だけ欲しいと思う人もいるだろうし、
    一応 気を使ったつもりだったんですけどね・・・

    断捨離中の身からすると、
    現像された写真は迷惑です
    結局 頂いたものは捨てました
    それ以来 写真データのやり取りは止めました
    そもそも欲しければ自分で撮ればいいだろうしね
    「送って」と言われたらデータで送りますけど

    ユーザーID:8633360506

レス投稿

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧