「ありがとう」の安売り

レス135
(トピ主1
お気に入り212

家族・友人・人間関係

すずひら

レス

レス数135

レスする
  • ありがとう は言い過ぎなんてありません

    ありがとうに安売りなんてないと思います。
    お友達は相当ひねくれていて他人に媚びない性格なのでしょう。
    媚びないアタシカッコイイ?とんでもない!感じ悪いですよ。
    そのくせ本人は「アタシどうよ?」って空気出してるんです。
    褒める気も失せます。っていうか褒めません。他の人は褒めますけど。

    私の友人にも
    「わざとらしくて嫌・心から感動しないと褒めない」
    という友人が一人いますが、私から見ると お高く留まっている ように見えます。
    自分のことは褒められ待ち顔してるのに、
    他人を褒めないなんてどれだけ自分だけに自信があるのでしょうか?

    人を褒めない、ありがとうが言えない人はいい印象はないですね。

    トピ主様はお友達の言葉なんて気にせず素直に ありがとう を言い続けてほしいです。
    とても素敵な言葉ですし、言えるって大事です。

    ユーザーID:0507593074

  • 心から思う事

    私はトピ内容から、トピ主さんは経験から心で感じた事、思った事を行動にしていると思いました。
    悔い改めた。と思う感じです。

    それなら、トピ主さんの信念になった事だと思いますから、自分の信念は持ち続けて良いと思います。

    思考、マニュアル的に考えて実行している人、1+1=2の様にトピ主さんが「ありがとう」を口にしている訳では無いと思います。
    人格や人間性に変化をもたらすのは、マニュアル的=思考で実践しているより、感じた、思った、本音で変化します。

    私はありがとう。ごめんなさい。と言える人の方が好きです。礼儀から考えても、無礼より良い事です。

    個人の問題、精神的、心理的な問題を抱えてる人は、他人の感謝や愛情を受け取れない人がいます。プロセスは割愛しますが、感謝や愛情が怖い、恐怖を感じさせるから。
    また他にも劣等感、自己欺瞞、自己肯定感の無さから、他人の感謝や愛情を不快に感じたりするんです。

    だから他人から何か指摘や不満を言われたら、現実的な事をふまえて分析します。その時の状態、状況、お互いの発した言葉や話の流れ等。
    本当に自分の問題を、相手に投げてくる人はいます。自分の劣等感等の問題が、不快や不満に感じさせたのに、相手の落ち度、責任にしてくる。

    わからない時には普段から分析力がある人、客観的に物が見れる信頼できる人に相談して下さい。ここで、客観的な判断が出来ない人に相談すると、更に混乱してしまいます。
    こんな経験を重ねて、自分も判断力がつけば相手に振り回されなくなります。
    あなたは、そうなんだね。と思う、自分は自分のままでいる様になれます。
    最後は自分の心に従う事で、変化していきますよ。

    自分の心に従う事が1番大切です。感じたか。
    トピ主さんは感じた事を前向きにとらえて変化させてます。自分の人格や人間性を守る事、維持する、向上させるのは自分にしか出来ません。

    ユーザーID:5409951791

  • 感謝はカウントするものじゃない

    私も言います。だって感謝の気持ちって心から自然に出るんですもの。そしてネガティブな言葉なら飲み込むけど、相手を不快にさせる言葉じゃないんですから言うべきだと思います。

    それを1回だ、2回だとカウントするなんて淋しい世の中だなーと思います。

    ありがとう!と思った相手には、連絡したり会う度に、その時の気持ちが蘇りますもの。
    でも何事も相手があっての事。
    そのお友達のニーズに合わせては如何でしょうか?

    ユーザーID:1230991989

  • 具体例が無いけれど

    主さんの具体例が無いからわからないけれど、
    変な時に使っていなければ、友人が特殊かなあ。
    まぁ、重みが無いって言うのはあるでしょうね。

    よくある例としては、
    閉まりそうなエレベーターに駆け込むときに、
    前の人が開けて待ってくれた場合、「すみません」より「ありがとうございます」の方が、言われた方は嬉しいよね。

    ユーザーID:4120668181

  • 「引き寄せのナントカ」ですか?

    まず人として
    きちんと相手にお礼の言葉が言えるのは当然の事として。

    トピ主さんは
    「ありがとうと言えば言うほど良いこと」だと思っていませんか?
    よく居ますよね、「引き寄せのナントカ」で
    何でもかんでもありがとうありがとうと言う人。
    私はこの手の人達は苦手です。

    何故か?
    それは気持ちがこもった感謝の気持ちではないから。
    ありがとうと言う事で「自分に」良いことがあるに違いない。
    相手どうこうよりも「自分が」幸せになりたい。
    そういう邪心が透けて見えるからです。

    だからお友達は安売りという言葉を使ったのではないでしょうか。
    よーく考えてみてください。
    正直に言ってくれて、良い人だと思いますよ。
    私なら何も言わずに距離を置くでしょう。
    口先ばかり綺麗事で心の中は自分自分ばかりの人とは
    お付き合いしたくありません。

    ユーザーID:3435189969

  • ちょうどいい回数

    同僚に何にでも「ありがとう」という人がいます。メールを出してもありがとう、です。もちろん特別な仕事をして「ありがとう」と言われるのはいいのですが、日常の仕事にも「ありがとう」と言われると鬱陶しいと感じることがあります。忙しいのに「いいえ」とか何か返答しなきゃならないじゃないですか。

    適度、って言葉があるように「ありがとう」も適度の方が気持ちがこもっているように聞こえます。

    私は同僚にもう少しで「何度も何度もありがとうって言わないで」と言いそうになりました。それほど鬱陶しかったのです。でも言いませんでした。トラブルになりたくなかったからです。

    でも、トピ主さんの友人はトピ主さんに「安売りになっているよ」と教えてくれたのですよね。言ってもらえてよかったと思います。

    「ありがとう」って言うのは当たり前、言われて嬉しくない人はいない、と言っている方たちは、多分、それほど何度も言われた経験がないのでは?言われすぎはうんざりします。同僚から「ありがとう」って言われても気持ちがこもっているなんて少しも思えません。それどころか、「ありがとう」って言っておけばいい人と思われると思っているのかしら、と勘ぐってしまうくらいです。事実その同僚は「かまってちゃん」なので。

    「ありがとう」って声に出して言うことはとってもいいことだと思います。でも限度があるってことも考えてください。言われすぎる方は辛い時もあります。

    ユーザーID:5190858594

  • ありがとうの範囲が広すぎましたね

    >嬉しいことがあった時や何かをして頂いた時
    嬉しい時は、その嬉しさを友達と共有できたということですよね?
    そこでお礼を言ってしまうと、お友達はあなたを嬉しがらせるために何かをしたということになってしまう。
    違うよね?って話になってしまう。
    楽しさや嬉しさを共有できたことは、神に感謝こそすれ、友達に感謝することではない。
    友達でいてくれることへの感謝は、友達の誕生日とか時々伝えればいいこと。
    嬉しかった時や楽しかった時は、ありがとうではなくて、楽しかったね。また行こうとか、嬉しかったね。またしよう・・・等々、喜びを共有できる言葉こそがふさわしいのではないでしょうか?

    何かしてあげた訳ではない。
    一緒に楽しんだだけ。
    なのにお礼を言われてしまう。
    礼を言われる筋合いじゃない。
    友達だもの。わざわざ遊んであげた訳じゃないのにいつもいつも「ありがとう」
    え?あなたを嬉しがらせるためじゃないよ?
    意味のないありがとうだよね?→結果ありがとうの安売り
    お友達の心の中は、こんな風になっているのかもね。

    共に楽しみ、良い結果が得られたのなら、感謝ではなく、喜びが共有できる言葉を選んでみてはいかがでしょうか。
    「昨日はありがとう」ではなくて「昨日は楽しかったね」の方が良い場合もあると思いますよ。

    ありがとうは何かをして頂いたとき。
    友達がいることの喜びは神に感謝するようなこと。
    友達でいてくれることの感謝は毎度毎度だと逆効果だから、時々、そういう雰囲気の時に気持ちを伝えたらいいと思います。

    ユーザーID:1308407719

  • 心をこめる

    「心を込めてありがとう」って、どういう時に言ってるの?
    講義で席とってもらった時?
    お誕生プレゼントもらった時?
    なんにせよ、そうやって友達をディスって、自分アゲするのやめたらどうかな。
    年上の人は一時的にごまかせても、同年代には通用しないよ。

    ユーザーID:2957377689

  • 同じことを他の人にも言われてから考えたら?

    主様の性格や、普段の人付き合いの様子、主様とそのご友人との関係を知らないので、トピの情報だけでは判断が難しいですね。

    他人からのネガティブな指摘は、破壊力が大きくて傷つきますよね。
    ましてや、主様の信念でしたからね。
    でも、今回のような場合、他の人に同じことを言われてから対策を考えても良いと思います。

    今回のご友人とは関係のない友人や知人から同じことを言われたら、その時には、
    「私は客観的にそんな風に見えるのかな」と気をつけてみたらいいのではないでしょうか。

    主様のありがとうを好ましく感じている人もいるでしょう。

    他人の言動に敏感に反応しすぎるのも良し悪しですよ。
    今はまだ鈍感力を発揮して良いタイミングだと思います。

    ユーザーID:8219798933

  • 軽い

    友人にも「ありがとう」を連発する子がいます。
    知り合って間もない頃は、気持ちの優しい良い子だと思いました。
    けど付き合いが長くになる従い「ありがとう」の違いに気付きました。

    相手と状況によって口調と言い方が違うんです。
    ・「アリガトウ、アリガトウ」
    ・「ありがとう、ごめんね」
    ・「嬉しい〜有難う」
    ・「ありがとうね!」
    ・「有難う、助かったわ」
    ・「有難うございます。本当に何時もすみません」

    ある種の才能だと感心しています。
    でも昔の様に素直には、彼女を良い子と思えなくなりました

    彼女の「ありがとう」はイコール「今日は良い天気ですね」
    私はそんな風に受け取る事にしています。

    ユーザーID:4350911131

  • 過剰な質の感謝になっていませんか?

    私の身近に何事に対してもとっても深くとっても丁寧にとっても重みのある感謝する人がいます。
    些細で小さくなんて事無い物や事に対しても、とても腰を低くして仰々しく感謝を述べる為、
    周りから「過剰に感謝される為違和感がある」「もっとラフでいいのに」と言われています。

    彼女にとって感謝とは、
    「物事の大小にかかわらず、感謝の気持ちは等しく心を込めるもの」な考え故に起きてる事で、
    その信念は美しいとは思うのですが、
    しかし同時にラフな物事にはラフな感謝、重い物事には重みのある感謝、と言う様に、
    感謝の質や度合いを使い分ける事は大事なんじゃないかなとも思うんです。
    人間関係ってバランスです。
    少ないのはもちろんダメだけど、だからと言って多すぎるのも上手くいきません。
    ラフな物事に深く重みのある感謝をされると、
    感謝の受け手側は戸惑ったり居心地の悪さを感じたり、逆に気を遣わせる事もありますし、
    感謝の質が一律故に本当に重い物事に対してのお礼が薄らんで見え、
    「深い重みのある感謝の安売り」にも思えてしまいます。

    例えるなら、
    「ファーストフード店に入ったのに、『お客様は神様です』精神の店員により、
    ドレスコードが必要な高級レストランのような手厚い接客を受け、
    ファーストフード店にそんないたせりつくせりの対応は求めていない…普通に接客されたい…と思ってしまう」
    と言う感じでしょうか。

    主さんはありがとうの気持ちを大切にするあまり、ありがとうの質が過剰になっていませんか?

    ユーザーID:8156917596

  • 無意識に

    >世の中には心を込めて「ありがとう」と述べてもマイナスに取る方はいるということを知りました。

    わかった。
    トピ主さん、無意識に「自分は正しく健気」をアピールしてるんだけど、それが、周りにはあざとく見えるんですよ。
    自分で「心を込めてありがとう」とか言い切る人って、本当は謙虚じゃないと思うし、その時点で、相手に対してマウンティングしてるんですよ。
    わかるかなあ、この意味。
    もう無意識に、自分は優しい素直な子だから、ありがとうって言ってりゃみんな許してくれる、ってのが身についちゃってるんだろうね。

    ユーザーID:5754358203

  • 心にも思っていない御礼を言う人

    ありがとうと言いすぎるのは嫌な人間です。
    人はありがとうと言われるために何かするわけではないので
    普段はありがとうって期待して行動していないです。

    人に「ありがとうって言いなよ」と言われた事があります。
    本当に嬉しくて言うのと違いますよね。
    この一軒でありがとうを頻発させるようにしていますが、
    逆に反感を覚える人もいて
    難しいな、と感じているこのごろです。

    ユーザーID:2023073627

  • 私もエールをおしました。

    おばあさまが亡くなられて、感謝の言葉を大事にしようと思われたトピ主さん。
    素敵だと思います。

    私は成人した子供を2人もつ、もういい年したおばさんですが、私自身の生まれ育った家庭では「ありがとう」の言葉は日常にありませんでした。

    そんな私が家庭を持つことになり、子どもも授かり、心掛けたことの一つが、感謝の気持ちを言葉にして伝えること。
    「助かった」「うれしかった」と感じることに対して、主人にも子供にも伝えてきました。

    文章からすると、トピ主さんはまだお若いとお見受けしたのですが、今からそうして、感謝の気持ちを言葉にすることを心がけられるということは、家庭を持ってからでも、自然に感謝の言葉を相手に伝えることができると思います。
    意外と年を取ってくると、感謝の気持ちに鈍感になったり、感謝の気持ちを言葉にして伝えることが難しくなることだって、夫婦間である場合もあると思います。

    感謝の気持ちを言葉に託すことは、時として人間関係の潤滑油にだってなると思うので、素直に感謝の気持ちを感じたのなら、言葉にして相手に伝えるその心構えは、大事にされたらいいと思いますよ。

    ただ、私も、トピ主さんがレスで追加されていたように、「ありがとう」の具体的な内容は付け加えるようにはしているかな・・・。
    特にその場で、返せないような時などは・・・。

    皆さんにいろいろレスをいただけて良かったですね。そのお気持ち、大事にしてくださいね。

    ユーザーID:1581767845

  • 表情や前後の言葉

    ありがとうの多用は確かに言葉をどんどん軽薄にしていきます。

    バイト時代、お客さんに「ありがとう(ございます)」を連発してたら、ママに「事務的になっちゃダメ」って叱られました。
    そんなつもりは無くとも、ありがとうって言っておけばOKと相手に受け取られたら、それはもうありがとうじゃ無くなってしまうのです。
    誤解した方が悪い。
    そう思うこともあるでしょうけど、誤解されたくなければそれなりの工夫は必要です。
    水商売をしている時「伝わらなければ言っていないのと同じ」という格言めいたことをよく言われたものです。
    せっかく感謝して「ありがとう」と言っても伝わらなくちゃね。
    軽いアリガトウと本来のありがとうは実は違うんでしょうね。
    スミマセンに近いアリガトウもあるし、本来の感謝の念を伝える有難うもあるってことです。

    ありがとうを言うときの表情はどうでしょうか?
    目を見て、感謝の念が通じるように言っていますか?
    目は口ほどにものをいいますからね。
    スミマセンに近いアリガトウと、感謝の有難うも発音は一緒です。
    感謝の有難うの時は、前後に何に感謝して、何が楽しかったり有難かったのか言葉を足してもいいかもしれませんね。

    ユーザーID:1027829872

  • 30年前

    イギリスへ新婚旅行に行ったときのこと

    バスや地下鉄の中でちょっと肩が触れたりするだけで「パードン」「ソーリー」イギリスってマナーの国だなって感激しました。
    この、押しつけ感のないさりげなさ、こんな風にさりげなく「すみません」が言えるのが理想だな、って思いました。
    (あくまでも30年前と認識して読んでください)
    当時の日本では(今もかも知れないけれど)人にぶつかっても謝りもしない、と憤っていたので

    それから、小さなスーパーでお買い物をしたときに、レジに座っていたオバサンが
    「サン、キュッ!」って軽くと言うかかわいく言ったのがなんだか とってもほほえましくて
    しばらく真似してました。
    どなたかがおっしゃっていたように、日本語にするなら「ありがと!」って感じですかね。
    ちょっとした事への感謝を伝えるにはいいなって思いました。

    私は「ありがとう」「ごめんなさい」を否定しているわけではありません。

    中身が伴えば、これほど素敵な言葉はないと思います。
    もちろん、人の受取り方は千差万別ですから、ねじくれた受取り方をする人もいるのかも知れませんが
    でも、やっぱり本当に思いを伝えたいなら、ちゃんと伝わるように伝えるしかないと思います。

    少なくとも忠告してくれた人には、その人が不快になるようなことを言わない心づもりが必要です。
    相手を不快にさせても自分の信念を通したければ、それはそれで仕方ないかも知れませんが
    それでは、本来のあなたの言う意義が薄れる気がします。

    あくまでも私ならですが「ありがとう」と言われるより「うれしい」とか「助かった」とか「よかった」と言われる方が好きです。
    「ごめんなさい」より「これから気をつける」と言われた方が納得いきます。

    ありがとう教の人は「ありがとう」 「ごめんなさい」が言える私の方が上なのよ、って 思っているように感じてしまいます。

    ユーザーID:3834400770

  • 言葉の重さ

    軽いありがとうは連発してもいいと思うのです。
    例えば、扉を抑えてもらった、一緒に食事をしていて紙ナプキンを取ってもらった、ちょっとした順番を譲ってもらった、ちょっと待ってもらった、など。
    友人同士なら「ありがとう」じゃなく「ありがと!」で済む程度の軽いありがとうは、連発してもさほど気にならないと思います。

    ただ、SNSつぶやきでよく見かけるような感謝の安売りは、友人さんのおっしゃるように私も感じます。
    「今日も一緒に過ごしてくれてありがとう。友情に心から感謝。」みたいなのを、毎日垂れ流すみたいなのは、薄っぺらな感謝に感じる。
    例えば、「今日も一緒に過ごしてくれてありがとう」と言っていたなら
    「今日も一日楽しかったね!」と言葉を変えてみては?
    「してくれてありがとう」は、頻繁に使うと本当にどんどん薄っぺらな言葉になっていきます。
    別に感謝されるためにやっている訳じゃないんだけど、と反発心さえ生みます。
    「楽しかった」「うれしかった」なら、感想なので、重く感じないし、一日一緒に過ごして楽しかったということは伝わる。

    ユーザーID:7995856824

  • 本当に心から言っているといいきれるのであれば

    あなたの行動を変える必要はないと思います。

    しかし、

    >先日友人に「○○ちゃんはいつもありがとうって言うけど、あんまり言い過ぎで安売りになってるよ。言われても嬉しくない」と言われました。

    そう思われるという事は、言い方、表現の仕方に問題があったのかもしれません。
    本当に一回一回心と絶対こめている自信がありますか?

    つい、いつもの癖としてありがとうという場面ではなかったかもしれないのに言ったことは一度もありませんか?

    10回のうち9回が適切な使い方であっても、一度使い方を間違えた場面があると
    台無しになるという事も覚えて置いてください。

    だからといってありがとうという言葉をやめるべきとは思いませんよ。

    あなたにはあなたの思い入れがあるわけですから。

    ユーザーID:3737530010

  • それこそ、言いたい人には言わせとけ!です

    トピ主さん、受け止める側の主観に振り回されないで下さいね。

    私は、ありがとうときちんと言えるトピ主さんは、素敵な女性だと思います。

    人って十人十色ですから、ありがとう。に対しても、安売りだと切って捨てる様な
    考えの方々もいますけれど、トピ主さんが「ありがとう」を大事にしていらっしゃるなら
    誰が何を言おうとも、胸を張って、動じないで下さいね。

    そうやって、小さな事にまで目をやれるトピ主さんを応援している方々もいます。
    このトピでもいらっしゃるでしょう。
    どうか、元気を出して下さいね。
    もちろん、私もエールを送りますよー。

    ユーザーID:8978569963

  • 「ありがとう」を、滅多に言わない人は

    ちょっとしたことにも、気軽に「ありがとう」と言う人に比べて損してるのでは。

    「ありがとう」を言われた方は、聞いただけでは、
    軽い気持ちで口にしたのか、
    心の底から感謝の念をこめて言われたのか、
    判断できません。
    長く深い付き合いで相手の人格を認め、わざわざ言葉にしなくても心が察せらるようになって、
    軽い「あいがとう」か、価値ある「ありがとう」かが判断できるようになります。

    日常生活でかかわりを持つ程度のつきあいだと、
    1日に10回、軽い気持ちで「ありがとう」を言う人と、
    3年に1回、心をこめた「ありがとう」を口にする人では、
    第一印象で差がついてしまうのでは。

    1日に10回言う人も、全部ひっくるめて一律に「ありがとう」ではなく、
    1月に1回用、1年に1回用と、重みに応じた感謝の言葉を持っていると思います。

    逆に、「ありがとう」を安売りしない人は、
    ちょっとした好意には、どう応じているのですか。
    無言で、ムスッですか。

    ユーザーID:3617193116

  • 安売りと言われるには理由があると思う

    相手の受取方の問題もあるかもしれませんが、
    ありがとうごめんなさいが必ずしも言えていいこととは思いません。
    例えばなんにでもごめんと謝る人。謝るところでもないのに謝る人。
    口癖のように謝る人っていませんか。
    一般的に謝るべきところでもないのにやたら謝る人。
    卑屈に感じてきいているこちらがうんざりしてくることってやっぱりあります。
    言葉そのものではなく、言い方、言うタイミング、言う頻度などなど。
    言葉の意味はすべてを総合して相手に伝わると思います。
    どう言ったかいつ言ったかは重要です。
    なんでもかんでもいえばいいというわけでもないと思います。
    ありがとうもごめんなさいも、いい言葉だからこそ、一歩間違えれば毒になる言葉だと思います。

    安売りと言われるほど、いうところでもないところで口癖のように言ってしまったなどはないでしょうか。
    ありがとうもごめんなさいも、度が過ぎると相手の心を疲弊させる言葉です。
    もちろん、適度にいうことはとても大切です。
    なにかしてもらったらありがとう、悪いことをしたらごめんなさい。基本中の基本です。
    でも、口癖のように頻繁に言っていたなら話は別です。
    レスで、全面的にいいことというようなレスには賛同しかねます。
    相手が捻くれていると決めつけるのもどうかと。
    本当にトピ主さんが言い過ぎなのかもしれません。
    ありがとうもごめんなさいも適量に適切に使ってこそのいい言葉です。
    10回話せば半分は語尾にごめんねがつく人が身近にいましたが、疲れました。
    誤ることでもないのに謝られると負担でした。
    これがありがとうでと本質は変わらないと思います。
    お礼をいわれることでもないのに毎回言われると、ちょっと負担ですね。
    トピ主さんが、言わないと!と自分に課して言っていたり、口癖のようにオートマチックに連発していたなら余計にです。
    ありがとうが形骸化していませんでしたか?

    ユーザーID:9004405856

  • にどめみつをさん

    横レス失礼します。

    >>主さんは決して安売りのつもりはなくて、これやったらいいんじゃねえかと
    >>拙いながらも思いついて、一生懸命やってたんだよ。

    拙くはないと思いますが。
    まあ、置いといて。

    >>先日友人に「○○ちゃんはいつもありがとうって言うけど、あんまり言い過ぎで安売りになってるよ。言われても嬉しくない」と言われました。

    友人さんは「安売り」と思ったわけで、そこは変えられません。
    だから「安売りでもいいじゃない」と私は返信しました。

    そりゃあ、まあ、もったいぶって言ったほうがありがたみは増すかも知れませんが、そもそも、それほどのことでしょうか?

    (嬉しい)→ありがとう という流れなのです。
    日々のちょっとした感謝も伝えれば良かったといのが、おばあちゃんの後悔です。

    まずは(嬉しい)という気持ちがあるのですから、周りがどう言おうとかまわず言えばいいと思います。

    もったいつけるためにありがとうを節約するのは、良いこととは思えません。
    回数が少なければ、ありがたみは増すかも知れませんが、そもそもトピ主さんがどのくらい「ありがとう」を言うか、なんて、誰が数えてるんでしょう?

    今回「嬉しくない」と表明したお友だちには「相手が嫌がっていることはしない」の精神で、ありがとうを減らしたほうがいいと思いますが。

    普段から減らす必要はまったくないと思います。
    「ありがとう」はむしろ日本社会に欠如しはじめた潤滑油だと思ってます。

    世の中のギスギスした空気をやらわらかくするために、感謝の言葉を言いまくってくれるといいなと思います。

    もちろん、私も言います。
    考えるきっかけをくださってありがとうございます。
    にどめみつをさん。

    ユーザーID:8876521998

  • にどめみつを様の意見が面白いかつ同意

    トピ主さんのありがとうはもはや信心の世界なんだと思います。
    ほぼ念仏と同じ。でも念仏と違って相手に話しかける言葉なので、受け取った相手はリアクションをすることになります。
    だから周囲が念仏だなと気づいて流すか、念仏を唱えるのは心の中だけにして、口に出すタイミングをもう少し厳選するかだと思います。

    以下は心の汚れた私の本音です。

    トピ主さんはお祖母さんの経緯があってこの境地に達せられそれはすごく素敵なことだと思います。

    でも私は過度な「ありがとう」が苦手です。

    道端で売ってるヘタウマな文字で書かれた「おやじ おふくろ ありがとう」「今日も一日感謝」みたいな色紙とか。

    当然私も両親(故人ですが)に感謝もしていますし、今の自分はほぼ周囲の力と幸運だけでここまで来たと自覚していますが、私はその感謝をあえて言葉にしたくない、行動や心持として持っておきたいのです。

    例えば友人と待ち合わせして食事をし、別れ際に「今日はありがとう」これは私も言います。が、待ち合わせに来た段階で「来てくれてありがとう」と言われると、確かに私と友達でいてくれて、今日この場にお互い無事に来ることができた幸せと幸運は有難い事だと思いますが、そこはもう少し軽く考えてもいいんじゃないかなと思ってしまいます。

    嫌なこと言ってくる人に対しても「これは私を成長させてくれる言葉だから有難く聞かなくちゃ」とか。
    自分がその境地に達し、実践している人はすごいと思うけれど、何となくモヤモヤしちゃう。
    「そう?ただのマウンティングだから無視すればいいのに」って思う。

    自分が自堕落で大雑把な人間なので、余りにも毎日丁寧、真面目、真摯に生きている人を見るとしんどくなってくるのです。

    というのが、過度なありがとうを苦手とする心の寂しい人間の本音でした。

    ユーザーID:8315079870

  • 確かに、定価で買った後セールになってるとがっかり

    なんで「安売り」肯定派の方々って、まったくお礼を言えない非礼な人と
    比較して「それよりずっといいよ!」ってなってるの・・・

    主さんのお友達は「普通にお礼を言える人より言い過ぎて安売りみたいに
    なってるよ」って指摘してると思うのですが・・・

    それから、どなたかがおっしゃっていますが、結局のところ主さんの
    「ありがとう」返しを「安売り」って言っちゃってる人がたくさん・・・

    主さんは決して安売りのつもりはなくて、これやったらいいんじゃねえかと
    拙いながらも思いついて、一生懸命やってたんだよ。
    信心深いんだよ。本人の中では安くはしてないの。

    「安売りでいいじゃない」なんて言っちゃってる人いるけど、擁護してる
    ふうで、お友達くらいの火の玉ストレートな気がするよ。

    まあセールは喜んで群がる人多いから、悪くもないんだろうけど。

    お礼を言われて「ああよかった、感謝してもらってうれしいな」って後に
    同じテンションで、ちょっとしたことで「ありがとう」ってその人が
    言いまくってたら「なんだ、あれの一環だったか」とは思うかなあ・・・

    主さんが満足するか、主さんの「ありがとう」の価値を調整して他人の
    感情を慮るかのどちらかでしょうね。

    私も「美人だ美人だ」って褒めてくれる人がいて喜んでいたんだけど、
    他の人やそうでもない(失礼)人にも言いまくってるのを聞いて、
    あれは違ったんだなと思ったよ。

    っていうか、私が言われた時点で気付くべきだった。

    ユーザーID:7048796475

  • エールとびっくりの数の差のわりには

    「びっくり」に該当するであろう内容のレスが多いのがおもしろいですね。
    思うに、トピ文だけ読んで「ありがとう」というのなんてあたりまえでしょと
    思った方々がぽんとエールを押してるのだと思います。
    で、あたりまえすぎてわざわざレスしない。

    そのことの意味は決して小さいものではないと思います。

    私個人は、ありがとうを普通に言いますし、別に理屈をこねたりは
    しないですね。エールをぽんと押した皆さんと同じ感性という
    ことになるかな。

    ありがとうを多用してむかつく人と言う人にもたぶん会ったことは
    ありません。会ったことあるかも知れないけど忘れました。その程度です。

    ユーザーID:6318315348

  • 安売りしない。→軽々しく言わない。と考えれば良いのでは?

    言葉に出して伝える以上は、ちゃんと気持ちを込めましょう。
    その都度感謝の気持ちを込めて丁寧に「ありがとう」を言うクセをつければ、そぐわない場面で過剰に「ありがとう」と口に出す失敗は防げるはずです。

    言葉に出して「ありがとう」と言いたくならないときは、実はたいして感謝していないのです。
    「ありがとう」「ごめんなさい」を言えない子供は、感情が育っていないからでしょう。
    やってもらって当たり前、親が代わりに謝ってくれて当たり前、子供だからと大目に見てもらえて当たり前、な環境にいるからです。

    ユーザーID:5023380562

  • マナーは習うもの

    感謝の気持ちは自然にでるもの、ありがとうは心がけて言うもの
    ではない的なレスを読んで。

    そうですか???

    小さいこどもには教えないと「ありがとう」も「ごめんなさい」も
    言えるようにはなれないと思いますけど。

    もちろん親の背中を見て育つ場合もあるでしょう。
    でも生活の場面でのいろいろな言葉、大人が教えることって
    多いですよね?

    なんにも教えられずに育ったらしい子って時々いるけど、
    挨拶もお礼もなんにも言えず、かわいそうなことになってますよ。

    大人向けのマナー本がたくさん本屋に並んでるのは需要がある
    からでしょう。上を目指してる人が買うだけじゃなく、家庭で
    ろくに教えてもらえず損したと思ってる社会人も買ってるんじゃ
    ないでしょうか。

    ユーザーID:2238638848

  • わかるような気がする

    友人に四六時中「ごめんね」という人がいます。
    あまりに言うので、イライラするようになりました。
    ごめんねごめんねって言いすぎだし、そこまで連発する言葉って軽いと思うんですよね。
    ありがとう、も同じじゃないかな。
    もう癖になって、ずーっと口癖のように言う「ありがとう」はイラっとするかも。
    本当の「ありがとう」ではないと思うし、本当の「ありがとう」が伝わらなくなるかもよ。
    多分、本人が意識してる以上に「ありがとう」言ってるんだと思う。

    ユーザーID:5464814447

  • 心の中でしてくれ

    自己満足のためにして欲しくないのでしょう。トピ主自身、祖母の死をきっかけにとなっていますが、それまでは感謝の意を述べたこともそう思ったこともなかったわけで、それが世間一般の流れです。

    後は言動が一致しないと言うのもあります。感謝の言葉は言えても態度がそうではないとかね。

    トピ主はその友達に切られると思います。類友を探した方がトピ主にとっても気が楽だと思います。
    お礼言わなくちゃ!って必死で思うのも浅ましいというか暇なんだろうなーって思いました。自分がしていることは正しいと世間に見せつけ認められたい思いなのかな?

    あまり言われるとこっちが罪悪感を抱きますしね。自己中なのは否めないのかな?

    ユーザーID:2689025052

  • 2度目かどうかわからない

    ともかく、「不快なありがとう」があるとおっしゃる方々も
    だからと言って身内以外にはっきりそれを伝えたという人は
    見当たらないようですね。(見落としてたらすみません)

    ということは、言ってくる人の方がずっと少数派で
    「言ってくる」ということ自体があれれな可能性は高いですよね。

    以前別トピで、やはり「こういうこと言われた」というトピ主さんに
    「そういうこと言う人がへん」という擁護が多いトピがありました。
    もしその通りであってもわざわざ言うことではない、と。

    同じようなトピでもそれぞれのトピ主さんの書き方によって
    反応が違って興味深いです。今回はおばあさまのエピソードに
    ひっかかった人が多いのでしょうか。私には特にひっかかりはあり
    ませんでしたが、人それぞれですね。

    主さんはご友人に真意を確かめてみるとのことですので、それが
    一番手っ取り早いでしょう。「身近な不快なあの人」の話がいろいろ
    出てますが、ではそれをその「不快な人」に皆さん伝えてるかと
    いうとそんなことはない人がほとんどですよね?

    一部ではありますが、「わざわざ伝えてくる人」であるということは
    そのまますっとばし、主さんが「身近な不快なあの人」タイプであろうと
    決めつけているようなレスにはちょっと違和感があります。

    ユーザーID:3464797840

レス求!トピ一覧