現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

「よくある手術」と言われても

んー
2019年6月23日 13:11

こんにちは。

先週、手術を受けました。

局所麻酔の簡単な手術ではありましたが、
麻酔は何本もあるし、
所謂、物々しいオペ室での手術で、とても緊張したし、怖かったです。

先生や看護師さんは、こちらの安心材料として、
「よくある手術ですから〜」と仰っていました。

「よくある手術=先生方は慣れている=失敗しない」
と言う流れもわからなくないのですが、、、

こちらとしては、手術など、よくある経験ではなく、
怖くて怖くて、痛くて、たまらなかったです。

今回は簡単な手術であり、もっともっと大変な手術もあるので、
本当に大したことなく、怖がるのも情けないけれど、怖かったです。

待合室で他の患者さん達が落ち着いていらして、不思議でした。

一般的に「よくある手術」と聞くと、怖くなくなるものでしょうか?

ユーザーID:9444272768  


お気に入り登録数:14
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:16本

タイトル 投稿者 更新時間
医師の様子を見て
shobo
2019年6月23日 14:44

「よくある手術」と言われたら、私ならそれは安心材料になると思います。

別に何も言わなくても、言っても、怖いことには変わりないですが
そう言われたら
「ああ、多くの人が乗り越えてきてる手術なんだな。私もがんばろう」って思えます。

自分はすごくすごく心配で怖くて青くなっているのに
先生がなんだか緊張もせずリラックス、ニコニコしていたら
「もしかしたらそんなに心配することないのかも?」って感じますね。

「滅多にない手術ですからねえ」なんて深刻に言われたら
私なら怖いどころか絶望して気絶してしまうかもしれません。

手術は何をどう言われても緊張、恐怖、痛みがありますが、
先生や看護師さんの雰囲気や態度、言動によっては
「大丈夫なのかも…?」って思えて、少し楽になりますね。
楽になるというより、深い絶望から抜け出して、
「ま、なるようになるか」という気持ちで臨めます。

ユーザーID:4700682313
そういう人もいる
よくわからない
2019年6月23日 14:51

それだけですよ。

看護師さんは、事実を言っただけですよ。
「失敗しない」なんて言ってませんよね。
成功率も説明を受けているはずです。

怖がりかどうかまでは、関知しません。

ユーザーID:6424754505
怖さが減ります
やつで
2019年6月23日 15:50

怖さがゼロになったりしないけど減ります。私は手術前提で病院を探した時に、その病院が公表している手術数や術後の感染発症率などを確認し、成功率の高さで安心できたので、そこへ入院しました。だから「よくある手術」と成功率が高そうな返事をもらえる方が安心できます。

でも自分が手術されるのは初めてなんだから、もちろん怖かったですよ。私は正直に医師にそう言いました。医師の返事は「ほとんどの患者さんが初めてです。」そう、皆さん、顔に出てるかどうかはともかく、不安で怖いと思っているのです。

ただ、もしトピ主さんが受験やジェットコースターや胃カメラなど誰もが緊張して怖いと思うような場面で全然その怖さを乗り越えられないタイプなら、他の人よりずっと怖いと感じているのかもしれませんね。

ユーザーID:9775246252
怖いわ
サライ
2019年6月23日 16:34

帝王切開二回受けたけどね。
別によくあるとか言われなかったけど、言われなくても物凄くよくある手術じゃん帝王切開は。分かってるじゃん最初から。
でもそりゃ怖いよ。
あの「事前のリスク説明・サイン」で怖くなるんだよな。
とにかく可能性がちょっとでもあるこた病院側としては告知しとかなきゃいけないから、
大変に碌でもない可能性まで全部聞いて「万一こうなったときはこうすることに同意します」ってな文書にサインしなきゃいけないんだもん。
怖いっつの。

逆に麻酔医さんの事前診察は結構精神安定剤になったわ。
硬膜外麻酔はこう効くから、麻酔医がやりゃあまあ大丈夫だからさーとか、術後の疼痛管理はこういう風にするから痛くないしーみたいな話とか、
「はい背中丸めて」って背骨ザッと触って「あーこれは入れやすいわ、これなら大丈夫大丈夫」とか言って貰ったりな。
全般的に「痛くないよ」っつう話になるからまあ精神上は良いよね。
実際痛くなかったし。

まあなんにせよ受けるしか無いんだから怖かろうが怖くなかろうがどうしようもないよねー。

ユーザーID:7747646666
良くある手術なら不安は減ります
チュン夫
2019年6月23日 16:47

私は昨年心臓の手術をしました。

心臓を数時間止めて、心臓にメスを入れる手術なので、経験の多い隣県の病院を紹介してもらいました。

子供の頃からの持病だったので、その病気や治療法の一通りの知識もありました。

病院では医師が(そんな手術は)「毎日やってますから」とこともなげに言われ、経験値の多い病院で良かったと思いました。

なので、手術の日が近づいても、さほど不安感や恐怖心はありませんでした。

ところが、手術のために病院へ向かう列車に乗ると、さすがに平常心ではなくなり、いつも車窓から眺める美しい景色も「再び眺めることができるのだろうか」などと思いました。

駅で降りたら、たまたま人を助けるアニメキャラクター絵柄の列車がホームに止まっていて、そのキャラクターにとても励まされました。

手術は無事に終わり、予定通り退院もできて、今は元気になっています。

>一般的に「よくある手術」と聞くと、怖くなくなるものでしょうか?
そう言われたら、経験も豊富で実績もあるので、この医師や看護師&スタッフに任せたら「大丈夫」だろうと思い安心します。

逆に「ほとんどやったことがありません」なんて言われたら、どこまで医師や看護師&スタッフを信頼していいのかわからず、よほど詳しく説明を聞かないと手術に同意できないでしょう。

私は自分の病気や手術の知識を持ち、よくある手術だと知っていたので、不安はほとんどありませんでした。(知らない人はもっと不安だろうと思います)

そう思って悠然と構えていましたが、実際の手術前には、思ったよりも不安になるし怖くもなりました。

それは感情であって「理性(知っている知識)」とは別物です。

人間は感情の動物なので、いくら知識があっても、不安や恐怖を感じるのはどうしようもないのだとわかりました。

ユーザーID:6936397287
う〜ん
mimi
2019年6月23日 23:31

気持は分かるけども、それは慰めで気を和らげるために言ってくれてる物だって事はわかるから・・
優しい言葉だなと思って受け入れればいいだけでは?

そこで「失敗はありますよ」とか「初めてなので自信ありませんが・・」とか言われたらそれこそ怖いじゃないですか〜

あなたが怖がってるからこそ落ち着けようと言ってくれたんだから。
「そう言われても怖い」って思うのはわかるけども、あちらだってどうしようもないんだから
・・優しい励ましだと思って有難いと思う。
それ以上でもそれ以下でもないのでは?

ユーザーID:9986670920
そりゃ
音吉
2019年6月24日 7:57

「この手術をやるのは初めてです」と言われるよりは安心感がありますよ。

そう言われたら、「高齢者や健康状態が悪い人も受けるのかも」とも思います。

ユーザーID:7522221858
では何と言ってほしかったですか?
もうすぐアラカン
2019年6月24日 10:02

良くある手術だからと言われたから、怖がるのがおかしいというのではないですよ。
何を言われても怖いものは怖い ということですよね。

ただ、珍しい手術だとか、難しい手術だと言われたらより不安になりませんか?

>一般的に「よくある手術」と聞くと、怖くなくなるものでしょうか?

よくある手術だと軽く言われたら、怖くなくなるという事ではなくて、より不安を増すことが無いようにという事ではありませんか。

ユーザーID:2354361174
怖くて良いじゃん
かなえ
2019年6月24日 10:39

私は、日帰り手術(部分麻酔)をした事が有ります。
終わったら帰って良い(術後の処置や点滴など有るが)、と言われて、そんなに大変な事じゃないんだな、良かったな・・・と最初は思いました。

しかーし、実際に日にちが近づくと、身体にメスが入るという事実が怖いのです。
夫に相談しても「相手はプロなんだから、信頼しろ」と言うだけだし。
それは、分かるんだけど、怖いものは怖いと思いました。
(夫は数年後に、全身麻酔の手術をする事になり、私の「怖い。プロがやってくれるとしても、怖いものは怖い」を理解したようです)

私の場合、看護師から「良く有る手術」ではなく、「簡単な手術」と言われました(苦笑)
確かに、部分麻酔だし、その日のうちに帰れるし、何時間もかかったり、術後も何カ月も入院するようなのに比べたらメッチャ簡単なんでしょーけれど!

でも、あの時、何を言われても怖さや不安がなくなる訳でもなかったような気もするのです。
「大丈夫ですよ」と言われても、「えーでも・・・怖い」と思ったでしょうし。
「皆さん、不安だと言いますよ」と言われても、怖い気持ちが無くなるとも思えなかったし。

そう考えると、私はちょっと落ち着きました。
良いんですよ。怖くて。
「怖かったけど、無事終わった」と思って下さい。
では、お身体、お大事に。

ユーザーID:4432626163
自分でちゃんと病院を探しましたか?
ホウキ荘2号
2019年6月24日 11:45

私も数年前、初めて手術を受けました。
そりゃ怖かったですけど。。。

自分でも病院を探して(専門医、手術症例数等)、主治医とも相談して紹介状を書いてもらいました。
その病院では「よくある手術」、他院では「まだ実績が少ない手術」です。

自分が納得するまで調べたので、そこ以外では手術を受ける気は無かったですね。


トピ主は自分が受ける手術について、その病院での症例数等調べたりしましたか?

ユーザーID:7106411218
理屈ではないので仕方がないのでは。
銀の匙
2019年6月24日 13:17

よくある手術といわれたら、私には安心材料です。
なぜなら、医師が手慣れている。それに、手術中に想定外の事態が起こりにくい。
そう考えれば安心しませんか。

でも、怖いのは理屈ではありませんからね。怖いものは怖い。怖いから怖い。人間ですから、そういう感情はあると思います。それが自然だと考えて、無理に克服することはないのでは。

ところで、トピ主さんは不安なときに人から言われて不安が和らいだ言葉はありますか。それをご家族などに言ってもらってもよいと思います。

ユーザーID:2310282237
安心材料にはなる
ポチ
2019年6月24日 14:41

そりゃ「私も初めての手技ですが頑張ります」よりも「良くある簡単な手術です」のほうが安心材料にはなりますね。

怖いのは怖いですよ。

でもよくある手術という事はみんな慣れてるわけだし、成功事例も多いという事。
レアケースだと言われるよりは絶対に安心材料だと思います。

待合室で落ち着いて見える人も内心は怖い部分もあるはず。
どんな小さい手術でもはやり体を切るわけですから、何かあったらどうしようという考えは当然頭をかすめているでしょう。
でも「良くある手術みたいだから」「ここの先生は腕がいいって聞いたし」などの安心材料を数えて落ち着こうとしているんです。

みんな同じですよ。

ユーザーID:3132187028
誰だって携帯からの書き込み
枇杷
2019年6月24日 14:55

初めての手術は不安ですよ。
だから「よくある手術」は、患者への安心材料だと思います。

私は約10年前、初めての手術が子宮体がんでした。
こういう「生死に関わる」ものは、そういうことは言われないでしょう。

手術は大小に関わらず、身体にメスが入るのだから痛みがないわけないですよ。

ユーザーID:4748064355
ありがとうございます。
んー(トピ主)
2019年6月24日 16:30

皆様、ありがとうございます。

痛みや怖さは人それぞれですね。
この言葉で怖くなくなるのですね。
手術を前にして恐怖のない方は勇ましいです。

説明がうまくできなかったのですが、
この言葉がいやだ。とか、
他の言葉を言って欲しい。とか、
ではなくて、

よくある手術であろうと、なかろうと、
成功しようが、失敗しようが、
手術の行為そのものが、
私は、痛いものは痛いし恐怖や不安である。
皆さんは、手術が怖くないのかな。
という思いでした。

病院は症例数を見て決めているので、
経験値が高いことは分かり切っているのですが、
ただ、病院が公開する症例数は、
病院全体の症例数であって、医師の経験数ではありません。

それなので、この手術に慣れたベテラン医師を探して受診し、
事前に、今回の執刀医はそのベテラン医師であることを確認して手術を決めました。

そうは言っても、嫌な予感はありました。
予感の通り、
手術室にはベテラン医師、中堅医師、研修医2の計4名の医師がいらして、
誰が何をするかも不安になりました。
実際、ベテラン医師は指導のみ、体には触っていません。

だから、その手術は「よくある」けれど、
実際の執刀医が「よくしている」かどうかは、別と捉えています。

やはり、体を切り、体内を人が弄る。
麻酔が効いてなければ痛みが走り、麻酔を足す。
怖いものは怖かったです。

手術のご経験をお話ししてくださった皆様、
本当にありがとうございました。
痛みや不安を思い出させてしまい、申し訳ございませんでした。
術後、皆様が平穏な生活を送れていますようお祈りしております。
お体お大事に過ごされてくださいね。

ユーザーID:9444272768
そうそう携帯からの書き込み
くじら
2019年6月24日 17:17

痛いものは痛い、痛みに対する不安があるから怖い。まったくその通りだと思います。
私の手術は、二箇所からアプローチして大学病院でも二例目でした。
怖いと思ったことはありませんが、手術中は眠っているからお任せする他ないのですが、問題は術後でした。
何回か手術台にあがりましたが、いつもオペ後がきついので、それに対する不安が強かったんです。
それを誰に話すことなく無事元気になりました。

不安だから手術しないという選択肢がないように、元気になりたかったら、医師や看護師の言葉に一喜一憂せず自らも治療に参加協力する姿勢が大切だなと思います。
患者からすれば一生に一度の手術。病院からすれば何回もある術例。痛いのは患者だから、寄り添い方も患者に合わせる必要があるのかも、しれないですね…
ですが、医師しかメスを握れないので限られた人数で時間の中で、多くの患者を切るわけで、現実的にマニュアル通り、不安を煽らずスムーズに導くことが、最優先なのかなと思います。
スムーズか丁寧かと言われれば、患者からすれば丁寧に越したことないですよね。ほかに患者さんがいなければ、の話ですが。

ユーザーID:2130001545
よくある手術ということは
きみこ
2019年6月24日 21:25

>よくある手術であろうと、なかろうと、
成功しようが、失敗しようが、
手術の行為そのものが、
私は、痛いものは痛いし恐怖や不安である。
皆さんは、手術が怖くないのかな。
という思いでした。


よくある手術ということは、
「手術の行為そのものがよくある」(医師目線)ということではなく、
多くの「皆さん」が経験している(患者目線)ということなのでは?

そういう意味で、多くの皆さんも怖くても不安でも手術を受けることを頑張ってる、耐えていると。

もちろん、みんなが経験しているから安心とか成功とかそういうことじゃないですが。

ユーザーID:8048195962
 
現在位置は
です