現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

お父さん、時代は令和に入ったよー

渚のシンドバード
2019年6月24日 16:18

誰かに聞いて欲しくて。
書き込ませて下さい。

私は大学を卒業し、今年度に就職したての社会人です。
昨年、私がまだ学生の折、父が病気で他界しました。

昨年、父の闘病中に何度も病院へ行きましたが
もとはガタイがよかった父の体が日に日に痩せていき
顔の色も、昔は血色がよかったのに
末期は黄色っぽい顔色になりました。

弱っていく父をみるのは辛かったですが
いままで仕事で忙しかった父と
はじめて病室でゆっくりと話をしたような気がします。
大した話はしなかったです。
でも、亡くなってしまった今
去年、父と2人で病室で話した普通の会話が
いまは愛おしい時間だったと感じます。

父の死期が近いとわかってからも
私は結局、育ててもらったことや
大学まで行かせてくれたお礼も
きちんと言えなかったです。
言ってしまったら、父が
「ああ、もう自分は死ぬのだな」と思うだろうと思ったので。

ホントは父も自分の病状はわかっていたので
けじめとして、私からお礼やお別れの言葉を
どこかのタイミングで言ったほうがよかったのかもしれませんが。
やはり言えませんでした。

父とは、小学校以来、ゆっくり語らったり
スキンシップなどもありませんでした。
でも、亡くなる数日前に
私が父の手を握りましたら
弱弱しい力ではありましたが握り返してくれました。
そのときの父は、もう言葉もうまくでなくて
看護師さんに痰を吸引してもらうような状態でしたが
父のせいいっぱいの愛情を感じました。

今のわたしが在るのは
父と母が出会ったからです。
この私に命をくれてありがとう、と思います。

なんだか大げさな命の話題になってしまいましたが
はじめて近い人の死に目に合い、考えた次第です。

今、父に言いたいことは、
「お父さん、時代は令和に入ったよー」かな。笑

暗い話題でごめんなさい。
読んでくださりありがとうございました。

ユーザーID:1045112489  


お気に入り登録数:50
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:16本


タイトル 投稿者 更新時間
お気持ちすごく分かります。
お父さんっ子
2019年6月24日 16:49

亡くしてみて改めて気が付かされる感情ってありますよね。
惜しみない大きな愛情が懐かしく愛おしいです。
会いたいなー、話したいなー、ふとした時いつも感じます。

ユーザーID:2034340228
私も。
レンゲソウ
2019年6月24日 22:56

父親にとって娘は愛おしく
成長し思春期・女子大生にもなれば、眩しくて
また、話しかけようにも話題も困り
今日の機嫌は?
元気がないけど病気してない?
悩み事?なんて思いながらも声をかけられず…
後ろ姿を眺め、それが幸せな時間。
きっと、満足だったと思いますよ。
病室で貴女と一緒。最高の時間だったとも思いますよ。
就職し社会人になり、お父さんもホッとされた事でしょう。




そして私…‥
亡き父が名付けてくれた名を説明するのに、
先月から『リッシンベンに、令和の令』と。

ユーザーID:1337820394
全く同じです
通りすがり
2019年6月24日 23:24

私も貴女と同じ理由でお礼やお別れの言葉を言いませんでした。
同じように手を握りました。

握り返してくれた手に愛情を感じたと言う事が、お二人の暖かい関係、
つまり貴女が愛されていた事の証明のように思います。
愛する娘が握ってくれた手の温もりで、貴女のお気持ちは十分伝わった
ことでしょう。
これからも心の中で会話して上げて下さいね。

ユーザーID:6460491743
私も昨年父を亡くしました携帯からの書き込み
もちこ
2019年6月25日 0:51

主さんの投稿を読んで思わず泣いてしまいました。
私は主さんよりは10歳ほど年上ですが、同じく昨年父を亡くしました。私の場合は本当に突然のことでした。
弱っていくお父様を見守ること、さぞかし辛かったろうと思います。
言葉には出さなくとも主さんのお父様への感謝の気持ち、伝わっていたと思います。

お父様と他愛ないこと、話したいですよね。お気持ちよくわかります。うちの父も新元号を知らずに逝ってしまいました。
なんでもないことなのですが、私も次にあったら父に話そうと思っていたことがあったので、それが話せなくなってしまったことがとても残念です。
亡くなったことは受け入れられても、やっぱり父が生きていたらなと思うことがふとした時にあって、寂しくなります。
今この文章を打ちながら、父のことを思ったらものすごく泣けてきてしまいました。

父の死で、私は今生きている周りの人を大事にしなければなと思いました。
人間いずれ死を迎えるとはいえ、自分を含めて何が起こるかわからないと感じました。
身近な人の死って、色々と考えるきっかけになりますよね。
人間限られた時間ですが、前を見て自分なりに日々一生懸命生きていくのが大事なのかなと思います。
私がこんなこと言うのも変な話ですが、お互い元気出して進んでいきましょう。

ユーザーID:2600150230
共感しました
昭和の人
2019年6月25日 0:59

>今、父に言いたいことは、
「お父さん、時代は令和に入ったよー」かな。笑


今回は初めて明るい改元だったこともあるのか
(私自身は大して興味は無かったのですが)うちの子供達が大騒ぎして喜んでいました。

改元の時に頭をよぎったのが主様と同じ事です。
数年前に両親を亡くしました。
「令和」になるなんて、改元されるなんて、思っても居なかっただろうなぁって。
離れて暮らしていたので
いつものように用事もないのに電話して「令和だって!」と言いたくなりました。

ああすれば良かったかな・・って
親をおくる時、後悔したり心残る人の方が多い気がします。私もです。
それも普通なのかもしれないなと思っています。

ユーザーID:8910832508
涙腺がー
エッサッサ
2019年6月25日 17:23

トピックスを読んで、じんわり涙が。

で、もちこさんのレスを読んで涙腺崩壊です。

私は2年前に身近な人をなくしました。

確かに、あのとき、こんなふうに声をかければよかったなんて思ってしまいます。

でも、あのときに戻っても、きっと気の利いたことは言えないんだろう。

結局、同じ空間で、心穏やかに過ごした時間がある。これが一番だと思います。

ユーザーID:3637770935
お礼を言わない優しさや愛情もある携帯からの書き込み
なみ
2019年6月25日 19:28

私の父も数年前に他界しております。

日に日に弱っていく父に
『ありがと』って言えなかった。。
トピ主さんと同じように別れの挨拶みたいだから。。ずっとずっといつものように会話してたいもん。

お父さんも、死を覚悟していたけど私の前ではおちゃらけてました。『新たな世界ってどんな感じかなぁ(笑)』って。

今思う。
ありがとうを言わない愛もある。

本当の最期は私と手を握って、いつも通りバイバイした後。
だから、私が全うした時お父さんに
『よう!久しぶり』って会える気がする

なんだろう。うまく言えないけど、トピ主さんとお父さんの間には温かくて熱い愛が確実にあると感じました。

ユーザーID:0590289144
暗くない携帯からの書き込み
たまちゃん
2019年6月27日 9:02

希望のある話です。
泣いてしまいました。

優しくて、悲しいお話。

ユーザーID:9420778542
きっと幸せいっぱいで逝かれたと思います携帯からの書き込み
ぱぱです。
2019年6月27日 14:48

親が子供を育てるのはある意味当たり前のことです。社会人になって改めて感謝の気持ちを言葉にしてなくても(できなかったとしても)、親に感謝の気持ちを抱いてくれるような娘さんに成長してくれたことが、一番の感謝であり、お父さんもそういう娘さんを持てたことが一番の幸せと思います。
最期、握り返してくれて良かったですね。きっとお父さんからの感謝の気持ちですよ。

ユーザーID:2847299423
同じような感じでした(20年前)
ちょこまろ
2019年6月27日 15:12

42歳ですが、20年前の大学4年の夏、父は逝きました。
父51歳、私21歳
筋肉質だった身体がやせ細り、黄疸で黄色くなった目など・・
今でも思い出すと、切なくなります。
病室では普通通りに過ごすのがいいと思ってお礼も言わず、過ごしてました。
トピ様は日がまだ浅いので、お辛いでしょう。
でも、幸せに生きていかれることが、一番お父さんも喜ばれると思います。


私も教えたいな

「おとーさん、令和になったよ!」

今は
 「一生懸命働いて育ててくれてありがとう、
 旦那さんも子どももいて幸せに過ごしてるよ」

って伝えたいです。

皆様、思い出させてくれてありがとうございます。
一日一日大切に生きて生きたいですね。

ユーザーID:6098533200
うらやましいです
猫フェチ
2019年6月27日 16:21

父は子煩悩で、幼稚園前の思い出はいくつかありますが、どれも楽しい、なつかしい思い出ばかりです。
でも、夫婦仲が悪く、幼稚園に行く頃から、私と父が話をしていると、いつも母が割って入って、父から私を引き離していました。
父は酒に負けて、アルコール依存症に。酔って近所のどぶ川に自転車から落ちて
負傷、その際の輸血で肝炎から肝硬変に。
アルコール漬けでも、肝炎の気配などまったくなかったのに、なんとも言えない最後です。
病院で危篤の際に、18歳の私は母から病室を追い出されました。
結局、父の死に目には会わせてもらえませんでした。
亡くなった時の気持ちは「これで楽になったね」でした。
それでも、いままで自分が生きてきた中で、時折、父に護られていると思うことがあります。
そのときには心の中で「ありがとう」と言います。

ユーザーID:9163956615
身近な人の死
リック
2019年6月28日 10:25

近い身内が亡くなると、残された人は
自分の生き方を見直したり
人とのかかわりを考えさせられたりする
きっかけになりますよね。

トピ主様はお父様の愛情をたくさん受けて育ってこられた。
この先は、亡くなられたお父様も納得されるような
すてきな人生を歩んで下さいね。

ユーザーID:0386804021
ありがとう
はっぱ
2019年6月28日 19:56

なんか元気を貰ったような気分です。

うちも2年前に夫を亡くしました。
子供らは大学1年生と高校2年生でした。

この先のことを考えると不安なことばかりでした。
子供の就職とか不利にならないか等、心配は今も尽きません。

不安な気持ちが続くような時は、安定剤のお世話になることもあります。

父親を亡くしても、トピ主さんの明るく元気な様子が感じられ、うちも心配ばかりせず頑張ろうと思えました。

ありがとう。
仏壇に『令和になったよ』と伝えたいと思います。

ユーザーID:1676233955
20年後…
あずき
2019年6月30日 20:46

トピ主さんと同じ頃に父を亡くし、40代になりました。
結婚して子供が生まれ、新しい家族ができました。
父のこと、たまには思い出すけど、新しい家族との生活でいっぱいいっぱい。
こうやって時が過ぎていくなんて…悲しみにくれていた20代には信じられなかったかも。

でも不思議ですが、父に言いたいことはトピ主さんと同じです。
トピ主さんもきっと、新しい生活が待っていますよ。

ユーザーID:0915026944
私も。。携帯からの書き込み
あず
2019年7月16日 21:57

お父さん、時代は令和にはいったよー。伝えたい。

不出来な娘だったのに、どんな時でも否定せず認めてくれて。立派な部分もなかったのに。。

普段あまり褒められることも無かった。仕事の愚痴なんて言ったら「あんたみたいな部下を扱う上司が気の毒だ。」なんて一喝。

でも、本当にどうしようもなくうまく行かなかった時に

「立派な娘じゃなくてごめんね。結婚もしなかったし、結局こんなもん。真面目に生きてこなかったからなのかな。」

なんてメールを送った時に

「貴方は私が思う以上に素直で優しい人に育ってくれました。お父さんが思う以上に真面目に優しく育ちましたよ」

なんて返事が。

お父さん、貴方が亡くなるとき。お医者さんにいきなり余命一ヶ月と言われ。。私はあんなに強いお父さんがそんな訳ないと。

どんな時でも人の為、緊急入院する直前まで人のために仕事してたよね。後から聞いたら、その時本当に立ててるのが不思議だったそう。

そんな貴方の娘だから、仕事を疎かにしてはなんて思ったんだよね。お父さんが本当に1ヶ月で他界するなんておもってもなく。

仕事優先。部下優先。お父さんもそれを疎かにしたら怒るよねなんて。

でも、今思うに仕事放り投げてお父さんの余命。めいいっぱい一緒にいたらよかった。「仕事放って見舞いに来たんか」って言いながら、看護師さんやお医者さんに自慢してたんだってね。

私の部下が同じ状況になったら、嫌われてでも、無理矢理仕事取り上げてでも。大切な家族と最後の時間は確保したいと思う。

家族が亡くなる時に、どれだけ頑張って努力したとしても後から後悔することがある。お客さんから言われた言葉だけど。

やっぱり不出来な娘でした。

苦痛のない世界で、ゴルフ三昧。大好きな車乗り回して。あともう少し、私はこちらで頑張ります。

ユーザーID:3022768750
泣きました
間延び
2019年7月21日 13:58

このトピよみながら、亡き両親を思い出しています。

両親がいなかったら、今のわたしはいない。

命をありがとうという気持ち、わかります。

人と人とのめぐりあわせって素敵ですね。

生きているこの時間を大切にしたいですね。

ユーザーID:8262143169
 


現在位置は
です