【駄】入院患者の性差

レス28
(トピ主1
お気に入り27

生活・身近な話題

wow

家族や親族が入院する経験を十回ほどしました。
看護の手伝いや見舞いに訪れるたび、入院患者の性差をひしひし感じました。
2〜6人用の部屋ばかりでしたが、差額ベッドでもそうでなくとも、傾向は変わりませんでした。

入院患者が男性の場合、カーテンは24時間常に閉めっぱなし、同室の患者同士の会話は基本的にありません。
トイレに行く時などたまたま顔を合わせれば挨拶はしても、お互いどこの誰だか基本的に知りません。

しかし入院患者が女性の場合、カーテンは基本的に開けっぱなし、治療上必要な場合のみ閉じられる。
同室の患者同士でよくお喋りしていて室内も賑やか、患者はお互い名前はもちろん家族構成や病状までもよく知ってたりします。

私自身は女性ですが、もし複数部屋に入院することになったら男性のように24時間カーテン閉めっぱなしにしたいと思いました。
それで、感じ悪い奴だと思われても構いません。
そもそも病気で入院してるだけで辛いんです。
余計なことで気疲れしたくない・・・

ユーザーID:2731100376

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数28

レスする
  • 同じく私も閉めっぱなしにしたい

    病気の時ぐらい、静かに安静にしていたいです。気持ちよくわかります。
    それを社交の場だと勘違いして、いろいろ話しかけてほしくないです。

    何十年か前に出産で、個室から大部屋に移った時、六人部屋で、同室の女性たちが何だか様子がおかしく、お互いの出産をあてこすったり、攻撃の一言を浴びせたり、ひどかったです。そういうのの輪に加わっていないと、学校生活ができない不登校の子供だったと勘違いされて、看護師に、「高校を出ていない」と言われました。病院の人たちの性格などもある程度あるので、私は周囲の環境を選んで、カーテンを開けるか決めると思います。

    一応、話を聞かれたくないときは、カーテンを閉め切るとか、話を聞かれてよい時は、開けておくとか、原則があるようですが、私のカーテンは一部壊れていて、少し開け放しになるため、全部家族との話が漏れて、しかも、事務室は入院生活を我慢してください、と追い打ちになるようなことを言われていました。

    こういうのは地獄ですから、開け放しにするかしないかは、患者様の意思を尊重してほしいです。

    具合が悪いのに社交なんて、病院は何を考えているのかと思います。

    ユーザーID:9281294945

  • えー!

    私は、母や娘、自分自身の入院の経験がありますけど、一度もカーテン開けっぱなしはなかったですよ。
    あなたの周囲がたまたまそうだっただけ。

    ほとんどの人が
    「開けっ放しは嫌。プライバシーは守りたい。」
    も思っていると思います。
    もし、同室の患者さんのお見舞いに来た人が男性の場合だってあるでしょう?そんなの絶対に嫌です。

    心配しなくても、カーテン開けっぱなしの方が例外だと思います。

    ユーザーID:3524397088

  • 女性ですが

    一昨年手術のため10日間入院しました。女性だけの4人部屋でしたが、ずーっとカーテン閉めっぱなしで、同じお部屋の方とはたまたまトイレに行く時などにすれ違った時だけ挨拶しただけです。
    入院した時に既に全てのベッドのカーテンが閉められた状態だったので、閉めっぱなしを想定しているものと思われます。
    私はそれで助かりました。手術後は色々あって痛みや苦しさで誰かに愛想を振るったりする余裕ゼロでしたし。
    でも、母が20年前にしょっちゅう入院していた時はカーテン全開でおばさんたちは一日中おしゃべりをしていましたし(その中でカーテン閉めて術後苦しんでいる方もいて気の毒でしたけど)、私が小・中学生の時数回入院した時もずっとカーテン空いてました。

    ユーザーID:0099758461

  • 今でもそんな病院多いですか?

    私も20年ほど前から、度々入院を経験しています。

    そうですね、10年ほど前なら、トピ主さんと同じように
    基本、昼間はカーテンを開けてみんなでお喋りをしたり
    動ける人が、動けない人のお世話をしたり。
    (物を落としたら拾ってあげたり、ナースコールを代わりに押してあげたり程度ですけど)
    そんな感じでワイワイしてました。

    ただ、ここ数年も度々入院していますが
    今は女性の部屋も、カーテンでずっと仕切られていますよ?
    私も一人で籠っています。

    籠っていたければ、全くオッケー。
    他人に気を遣って、カーテンを開けなくても問題ないですよ。

    お身体ご自愛ください。

    ユーザーID:5906934944

  • 性差は関係無い

    私自身は5回入院経験ありです。
    職場も入院ありの医院でした。

    性差関係ないですよ。
    本人の性格ですよ。

    迷惑だったのが大学生くらいの若い女性でした。
    6人部屋で窓側なのにずっと閉めっぱなし。
    そのせいで通路側と真ん中は日中でも陽が遮られて暗いです。
    看護師の注意も無視。
    カーテンの内側は食事用の台に鏡と化粧品をセットしていて食事が置けず。
    見舞客とカーテンの内側で私室かのように大声で談笑。

    カーテンを閉めていい病院なら1人で籠って下さい。
    見舞客が来たら外へ(談話室など)へ行って下さいね。
    トピ主さんのような人は個室に入るのが一番いいんですけどね。

    ユーザーID:8416589826

  • 家族が入院した時

    亡き祖母と母が同じ病院に入院していました。

    25年前の祖母の時と2年前の母の時とは明らかに違っていました。祖母の時は4人部屋でも和気あいあいとしていましたが、母の入院時は、そんな穏やかな雰囲気はありませんでした。

    私は毎日母のお見舞いに行きましたが、プライバシーを確保するために、カーテンは閉ざしていました。気が合いそうな方がいたらそちら側のカーテンは開けていましたが、基本閉めっぱなしでした。

    私は入院することがあっても相部屋は嫌です。病院でも施設でも個室にしていただきたいと思います。

    ユーザーID:4985288261

  • もし入院したらの話でしょう

    先々の事まで心配ですね
    今時、患者ファーストでない病院ってあるのかな
    病院も患者争奪の競争が厳しいこの時代に。

    でも確かに地域性はあって、生活レベルが高い地域にある病院や
    お高い大学病院だったりすると入院生活の快適度がアップする傾向は否めません。
    どうしても必要ならば、差額ベッド払って個室ですね。

    ユーザーID:1307270232

  • カーテン、閉めていいのですか?

    私自身の入院時、家族の入院時、ともに治療上必要な時以外は、昼間はカーテン解放でしたよ。
    看護の効率上でしょうか?
    入院生活の説明にもあったと思います。

    ベッドの足元から、ベッド脇は腰から下部分を開けて、上半身脇は隣の人の顔が見えないくらいに閉めてましたが。
    でも、それは女性の病室や子供の病室での話です。
    成人男性で入院した家族はいないので。

    「カーテン開けっ放し」もビックリですが、「カーテン閉めっぱなし」にもビックリです。

    あと、私は同室の人が雑談してても、混ざったことはありません。
    無理に話しかけている人もいなかったですよ。

    ユーザーID:4568877960

  • 病状や診療科でかわります

    いろんな病院に何回も入院しましたが、病状の重い人ばかりが同室になると、ほぼ、カーテンは閉めっぱなしです。足下は開けますが。

    朝、看護師さんがどのように開けるかでも変わりますし。最近はそんなにたくさん開けないですね。

    ベッドから起きるのも辛いときは、自分でカーテンを開け閉めできませんし。

    整形外科など、手や足が動かせないけど体や頭が元気な人が集まると、退屈なのでおしゃべり大会になる部屋もありますし。

    昔の個人病院は病室が狭かったから、カーテンを開けないと息が詰まる気持ちになるときもありました。

    今は一人分のスペースがわりと広い4人部屋が多いので、病状や退屈度合いでカーテンの開け方も変わりますね。

    最近の経験だと、横はさほど開かず(閉じたままで)足下を少し開けるかたくさん開けるかでした。

    ユーザーID:9747205423

  • 去年から今年にかけて…

    親族男性の計3人が、去年から今年にかけて入院しました。
    東京都内の某大病院と、関東某県の大病院です。
    手術後リハビリも兼ねて院内の廊下をぐるぐる何周も歩き、私も付き添いました。
    どこの病院も病室の入口は全開でしたが、廊下まで賑やかな喋り声が聞こえてくるのは女性達の病室でした。
    男性病室は例外なくカーテンがきっちり閉められ、どこも静まり返ってました。
    「女の部屋は賑やかだな、ビックリしたよ」と彼らは口々に言っていました。

    私自身がこの傾向に初めて気づいたのは、やはり20年くらい前でしょうか?
    性別に関わらず誰でも、とくに病院のような場所では本音はプライバシーを守りたい、だからお金がある入院患者は個室に入るのでしょう。
    でもそれが敵わない場合、なぜか本音と真逆に妙に社交的に振舞う患者が現れるように思います。
    とくに女性に顕著に現れるようです。
    入院患者はそもそも高齢者が多いので、世代的なことも無関係ではないかも知れません。

    昔より改善されてはいるようですが、一般的に女性はおしゃべりが好き(だと本人も周囲も思い込んでいる)、中には本音はお喋りしたくないのにステレオタイプな女性を意識してお喋り好きな演技をする人も現れる。
    ・・・女性はコミュニケーションを重要視する存在なのだろうなと、改めて感じます。

    ユーザーID:2731100376

  • 病状による

    女です。

    内科病棟でカーテン開けっ放しでした。
    整形外科でもカーテン開けっ放しでした。

    出産で総合病院の産科に入院しました。
    大部屋。
    同室の人と知り合えると思ってたのに、カーテン閉めっぱなしなんです。
    なぜ?って思ったら、同室に切迫早産で入院している人が二人もいて閉めてたんですね。
    他の大部屋はカーテン開けて和気あいあいとおしゃべりしてました。
    残念だけど仕方ないなぁと。

    ユーザーID:4087015753

  • 思い込みでは?

    別にそんなこと無いと思うのですが。

    病状にもよるのではと思います。

    急性症状で痛みなどが酷く、すぐ手術、回復したら退院のようなパターンなら、どの段階でも他の患者と社交しているような余裕は無いだろうし、逆に慢性症状で長期の入院が必要な場合なら、本来は人見知りな人でも毎日の退屈を持て余し、他の人と会話を交わすようになるかもしれないし。

    いずれにせよ、入院の病室は社交性が求められるような場じゃないと思います。
    必要無ければカーテン閉めきっておけばいい。
    仮に自分が退屈でおしゃべりを楽しみたい気分でも、普通は「他の患者さんはしゃべるより安静が必要な状況かも」と気遣って干渉しないのがマナーだと思うし。

    病室で入院している人がカーテン閉め切っているからと言って「社交性の無い、感じ悪いヤツ」なんて考える人は普通はいないと思います。
    入院した以上、病室の他の患者たちと気がすすまなくても気疲れしてまでおしゃべりすべきと考える方が不思議。

    ユーザーID:8341838181

  • うちは逆だった

    48歳の私が5年前に入院した際は、私の知る限り6人部屋の患者同士で会話なんて無かったです。それぞれの見舞客とひそひそやってるだけです。
    婦人科系のフロアなので、その階は女性患者のみ。

    今年2月に私の父80歳が入院した際は4人部屋。
    父は怪我入院、そんなに重篤な人はいない感じ。みんなおじさんというかおじいさん。

    父は今でも工場長をしているせいか妙に他人との会話が上手く、周囲とも楽しくしていたようです。
    それこそトピ例のように、名前はもちろん家族構成や普段の趣味みたいなことまで把握してて、こっちが驚きました。
    かといって日頃の父は全然うるさいタイプではなく、むしろ寡黙なんですが。

    私は昔から女同士のお喋りが大っ嫌い。
    看護師さんだけと話したいです。ていうか、そうしてましたし。

    ユーザーID:4441840333

  • 年齢による

    私見ですが、性別より年齢によると思います。年輩の方は、暇を持て余すのか、寂しいのかはわかりませんが、カーテン全開の方が多いですし、よく話かけて来ます。話相手がいなければ看護師さんの迷惑省みず捕まえて話します。私が入院した病院は東京のど真ん中で病室は皆、働き盛りの男ばかりでしたから、全員カーテンをしてなかからキーボードを叩く音がしていました。高齢者は別の部屋に集中していたように感じられました。私の知る限りでは高齢者の患者さんは、寂しがりや、病気自慢、僻み根性丸出し、牢名主的態度とあまり良い心象はありません。

    ユーザーID:8468653062

  • 私も閉めたい

    女性です。
    10年くらい前まで、朝になるとカーテンを開けて、よほどの重病でない限り、会話をする雰囲気がありました。
    正直、苦痛でした。
    お見舞いに行った時も、視線を感じたり。

    でも、数年前、10日くらい4人部屋に入院した時は、カーテン閉めっぱなしでした。
    偶然、顔を合わせた時に、ほんの少し話すことが数回あった程度で、基本的には会話もなく助かりました。
    病気のときに、社交にまで気を遣う余裕ないですよね。
    ただでさえ、看護師さんや先生との会話が丸聞こえで、10日もいると、お互いの病状が、なんとなくわかります。
    せめてカーテンは閉めて、プライバシーを守りたいです。
    最近は、病院もできるだけ早く退院させる方針のようですし、昔よりはさっぱりしている気がします。

    ユーザーID:2509366331

  • 由緒正しい入院生活

    30年ほど前に入院した時は
    由緒正しい入院生活を婦長から説かれました。
    日中は着替えや治療の際以外はカーテンは開けろと言われました。

    今思えば、それも社会復帰した時の為の試練だったかなと思います。
    カーテンを閉め切っていると、
    心を閉ざしがちで、自分の病気と向き合って受け入れることが難しいと思います。
    どんなにひどい病気でも退院して社会復帰するならそういうことは必要でしょうね。

    カーテンを常時閉め切っていることを許す病院の存在を知ってびっくりしました。

    ユーザーID:5537701818

  • 元来の療養の目的

    近年、コミュニュケーション能力という言葉が就活で使われるようになって久しいですが、病院側が勘違いしているのは、コミュニュケーション能力が高いと学歴が高い、療養患者として回復の見込みがある、また妊産婦だと母子関係が優良な関係にあると勘違いして、患者に優劣をつけて、競争させる傾向があるということです。しかし、身体的にも精神的にも健康が脆弱にある人たちをあおって、コミュニュケーションの活発化を図ることが、すべての患者に当てはまることでしょうか。
    療養の目的自体、マイペースで体力を回復させ、健康を取り戻させることにあるので、本来ならゆっくりマイペースな生活ぶりでよいはずです。
    私が経験した産婦人科病棟の見せかけののコミュニュケーションの素振りというのも、会話内容が相手への思いやりでなく、貶めであっても、話しているふりで病院関係者に優れているかに見せるという内容だと思います。

    トピ主さんかなり鋭いところを見ていますね。

    そんな見栄張り合戦に巻き込まれず、マイペースで回復期を過ごされたい方は多いだろうし、健康弱者をいたわることは、病院での最低のマナーだと思います。

    誰でも健康なら、ある程度人付き合いはできるでしょうし、性格の問題ではないと思いますよ。

    病院側に踊らされず、マイペースで療養期間を送れるようにしたいものです。

    ユーザーID:9281294945

  • 性差ではなく病状差では?

    一度目の入院。簡単な手術で1週間、内科病棟に入院。6人部屋だったがみんなカーテンは閉めたまま。どんな人がいたのか記憶にあらず。

    二度目の入院。骨折で3か月入院。整形が主だが他の科の患者も入ってくる6人部屋。最初はほぼ整形患者でおばさんが多く、カーテン全開で朝になれば勝手に開けられる始末。みんな動けないだけで元気なのでお喋りに花が咲く。
    男性病室も同じ感じ。隣の人と将棋さしていたり。
    夜は車いす集団が集まってトランプ大会。

    そんな元気な人は次々と退院し、次に入ってきたのは脳外科や内科患者。動けず話せず。ほぼ寝ているのでカーテンも閉めたまま。

    私はそもそもお喋りはそんなに好きではなく、最初のおばさん達はちょっと面倒だなと思ったりしていたのだが、3か月も入っていれば見舞客も減るし、どんどん話し相手がいなくなるとキツくてキツくて。
    長期入院患者にはカーテンオープンが必要です。

    ユーザーID:2332027942

  • 土地柄や、入院理由にもよるのでは?

    夫は、過去3回脳梗塞で病院に運ばれ(私が運び)、ICUを経て一般病棟にて入院という経験をしました。
    最初の二回は、差額ベッド代を出して初めから個室をお願いしました。
    が、直近の入院では病状的に緊急性が低いとのことから、4人部屋で入院生活をスタートさせました。
    夫以外は、60代くらいの男性二人で入院理由は「骨折」。
    で、入院してから3日目に、夫が「心が休まらない、ストレスで脳が再出血したらどうしてくれる」
    と医者にガンガン訴えて個室を獲得するのですが、なぜ心が休まらなかったかというと、原因は
    同室の60代男性たちの、のべつ幕なしのおしゃべりだったとのことです。
    確かに、お見舞いに顔を出しても、おじさんトークのBGM音声がものすごく大きくて
    わざわざ病室の外の談話スペースで話をしたくらいのうるささだったので、あれをずっと聞かされたら
    それは、消耗するわな・・・って感じでした。
    ちなみに、入院先は南大阪の総合病院です。もともと地声の大きな人が多い土地柄ですから、
    まあしょうがないのかな、とも思いますが、病院も骨折以外は元気いっぱいの患者と
    脳から出血して、止血はしたとはいえ要観察状態の患者をよくも同じ病室に入れたなと
    今では笑い話になっています。

    夫もそうですが、私も入院するなら個室希望で今までもそうしてきました。
    面白いのは義母で「入院したって聞いたらみんなが気を遣うから内緒でね」と
    友人・知人に内緒で入院、そして同室の人に気を遣うのが嫌で個室を選択したまではいいんですが
    元々寂しがり屋さんなので、入院してから数日、病室から友人に電話して
    「わたし、今入院しててー。」って言いまくり、お見舞いしてもらいまくっていました(笑)

    ユーザーID:8769159015

  • その時によりますよ

    私自身、出産前に絶対安静で2カ月半の入院をしたことがあります。
    そこは婦人科病棟で6人部屋でした。

    私と2人のお婆さん以外のベッドは入れ替わりが頻繁で、人が変わるたびにカーテンの行方は違いました。

    この3年ほどで娘(当時中学生)が3回の入院手術をしました。
    初回は、術後1週間弱ほど4人部屋にいましたが、娘以外はお婆さん世代の方ばかりでカーテンは半開き状態でした。

    その中のお2人はとても饒舌で、お互いに家族情報が駄々洩れでしたが、聞こえてくる内容は楽しいものでした。
    遠方の病院で1人で入院する娘のことも、色々と心配して気にかけていただきました。

    2回目は、2人部屋で30代の方が同室でした。
    カーテンは開きっぱなしでしたね。
    この時は、病棟の数人の患者さんが、男女交えてひとつの家族のように出来上がっていて、面会時間後に残る娘のことを”末っ子”として大歓迎で迎えていただきました。

    3回目の入院は4人部屋でしたが、カーテンは閉めっぱなしで、どの方が同室かも分かりませんでした。

    ということで、カーテンの開閉は性差ではなく個人差だと思います。

    ユーザーID:5819085995

  • 今でもそうでしょうか

    私が10年以上前に入院した時は、確かに女性部屋はカーテンが開けっ放しでした。
    朝はいきなり隣のベッドの人にカーテンを開けられて
    「部屋が暗くなるからあけるよ!」
    と言われびっくりしました。

    数年前に娘がお産をした時は、婦人科は相部屋でも産科は全員個室限定でした。
    毎日のように通いましたが、相部屋でもカーテンで仕切っていたような・・・

    その病院によって、相部屋になった方の中にボスママっぽい方がいると開けっ放しになるような気がします。

    ユーザーID:6079882944

  • カーテン閉めるの禁止されていました

    家族が入院したある病棟では、
    カーテンを閉めるのは禁止されていました。

    カーテン閉めていたら、なんの前触れもなく、
    看護師さんが「ザーーっ」とカーテンを開けてしまいます。

    4人部屋の個室の廊下に面した壁も扉もほとんどガラス窓で、
    中が見ていて、監視されている気分でした。

    飲食持ち込み禁止なので、
    カーテン閉めて食べることがないようにと、
    もし、カーテンの中で、患者さんに何か起きて
    動けない、声が出せない状態になったら、
    助けを求められず手遅れになり兼ねないからなかな?
    と思いました。

    病棟にいなければ、うちでまったりしている時間。
    プライバシーもなく、常に周りに見張られて、お部屋の方々にも気を配り、
    お見舞いだけでも、毎日気疲れが酷かったです。

    ユーザーID:2741280539

  • 産婦人科の謎が解けました

    トピ主様のご指摘と、トピ立てで、長年謎に思っていたことが解決しました。
    改めてお礼が言いたいです。

    おそらく、私に「高校を出ていない」と言っていた看護師も、周囲に対する発言の数だけを数えていて、(内容はともかくとして)コミュニュケーション能力が低い、よって高校を出ていないと発言していたのだと思います。医療関係といっても、病室での発言数のみ数えているだけで、コミュニュケーション能力と判断していて、相手を不快にさせないか、人間的に良い内容を言っている、相手にプラスのストロークを与えているかという部分は、判断していなかったと思います。その産婦人科の内容を知っている産婦の人たちは、マイナスの言葉や相手にダメージを与える言葉であっても、数だけ出せば、ポイントが高いと、動いていたわけです。

    病院側の利益が身体の回復や体力の回復よりも早く退院させて次の産婦を入れようと思っていて、競争させて、回復を見せかけだけでも早めて、押し出していたんでしょう。
    私は帝王切開で出産したのに、同日の自然分娩の人と同じ日の退院予定で組まれていました。また、同日出産のその人から、ものすごくひどい言葉を言われ続けていました。

    私は、人にはひどい言葉を言えないし、口論することはできないし、おとなしい性格でひどいことを言うなら、話しません。入院生活はずいぶん損をしたと思っていましたが、長年のあの産婦人科の謎が解けました。ちなみに、この病院は南関東の公立病院のお話です。

    トピ主様、貴重なご指摘ありがとうございました。

    ユーザーID:9281294945

  • 私も閉めっぱなしにしたい

    と言うか、個室希望です。
    数年前、手術が必要な病気で入院したのですが、かなり痛みがありました。数時間おきに痛み止めを注射してもらうのですが、50分しか効かず、次の注射までひたすら痛みに耐えていました。
    そんな時、病室を変えられました。
    そこが酷かった。大声で喋り続ける女性がおり、この人がボス的存在で他の人達もこの女性に追随して喋る喋る。痛みとうるささでイライラ、たまらずカーテンを閉めたら一瞬シーン、なんで締めるのかしらね、迷惑だったのかしら、等ヒソヒソ。
    全部聞こえてますけど。

    結局病室変えて欲しいと希望を出しました。
    次の病室は高齢の女性だけの喋る必要が全くない部屋で、ゆっくり休めました。

    大声で喋り続けて迷惑じゃないって考えるって、凄いです。
    次入院する事があったら、絶対個室です。カーテンじゃ足りないくらいです。

    ユーザーID:7996008346

  • 病状と土地柄と性格…??

    このトピを読んで少々驚きました。
    私の祖父や父、従兄などの男性親族が入院した際、お見舞いに行きましたが、同室の方々と「親戚か!」とツッコみたくなる程、お互いのことをよく知っていて、喋り倒してました…。
    退院後も長〜くお付き合いが続いてました。
    友人知人のお見舞いの際も同様でした。
    実家があるのはかなり大きな都市ですが、他人と喋ることに心理的ハードルが全くないので、そのせいかもしれません。
    逆に祖母の方が入院時は静かでしたね。

    病状にもよるでしょうし、勿論性格によるところも大きいかと思いますが、性差は感じたことがありません。

    ユーザーID:2008409671

  • 静かなもんでしたよ

    おととし都内の大病院の4人部屋へ入院しましたが、カーテンはきっちり閉ざされ誰もおしゃべりせずとても静かでした。
    私は閉塞感が苦手なのでカーテンは50cmほど開けた状態で、イヤフォンつけてずっとタブレットでゲームなどやっていました。
    年齢も病状も様々で術後の人もいるし、お喋りに興じるという雰囲気では無かったように思います。

    ユーザーID:0594103243

  • 閉めていました

    地方の総合病院です。
    医療保険で料金を気にせず個室を利用しますが空きがない時は3人〜4人の大部屋です。
    8年間で外科(105日)、婦人科(5日)、整形外科(日帰り)で手術を伴う入院でした。
    閉めたままでしたが看護師も一言声かけして開けてくれました。
    入院中は顔色も悪く目の下にくま、当然ですが化粧もできず、長期なら白髪も目立ちます。そんな状況だったら女性は医療関係者や家族以外に見られたくありません。

    女性の部屋でも夫や男性のお見舞いもあります。面会時間いっぱい夫が付き添っている人もいました。
    カーテンを閉めても声は聞こえるので談話室に行ける人は病室を出ていました。

    病院や診療科によって違いがあるかもしれませんが、患者の希望で病室の外に名前を出さない、面会制限、入院の問い合わせに答えないとか患者のプライバシー保護にも気を使ってくれるようになりました。

    ユーザーID:4551888550

  • 病院の性質によるかも

    こどもの入院に付き添いしました。急性期の病院では基本的にカーテンは閉めっぱなし、食事もベッドの上でした。2か月入院していましたがとても長い2か月でした。

    その後のリハビリテーション病院では処置や着替え、寝るとき以外は基本的にカーテンは開けっ放し、食事は食堂で楽しくワイワイにぎやかに。老若男女、付き添いのママたちもみんなでおしゃべりを楽しんでいました。一人になりたい人はカウンター席にいました。

    リハビリ病院ではそこでの生活の全てがリハビリなので、みなさん病棟を歩いたり階段の上り下りをしたり、周りを散歩したりとオープンに前向きに過ごしていました。みんなの頑張りが新しく入院してきた人にも影響して、という感じでした。とても充実した3か月でした。

    ユーザーID:0994922397

レス求!トピ一覧